街中でよく見かけるビラ配りやティッシュ配り。

これらの仕事は、お店や商品の宣伝のために行われるサンプリングという仕事です。

サンプリングの仕事は求人でもよく見かけますが、サンプリングの仕事を経験するとその後のキャリアはどうなるのでしょうか。

今回はサンプリングの仕事を経験した筆者が、仕事内容や向き不向き、サンプリングの仕事をした後のキャリアなどについて解説していきます。

サンプリングの仕事内容とは?

街中で見かけることもあるサンプリングの仕事ですが、実際にはどのような仕事をしているのでしょうか。

チラシやティッシュなど配るものは、自分で選べるのでしょうか。

この章では、筆者の経験に基づいてサンプリングの仕事内容について紹介していきます。

街中でビラやチラシ、サンプル商品などを配布する

街中で、チラシ入りのティッシュやチラシを配っているのを見かけることがありますよね。

それがサンプリングの仕事のひとつです。

サンプリングの仕事は、街中でお店や商品の宣伝のためにチラシ、サンプル商品を配布することです。

何を配るのかは、その現場によって異なる

サンプリングの仕事で何を配るのかは、現場によって異なります。

ティッシュのときもあれば、チラシ、サンプル商品のこともあるので、何を配るかのは一概には言えません。

配布物によっては通行人が積極的にもらってくれる場合もありますが、チラシだとなかなかもらってくれないことが多いので難しいです。

ティッシュやサンプル商品だと通行人が積極的にもらってくれるのでたくさん配布できることが多いです。

配布現場に集合して、サンプリングの仕事を始める

あらかじめ連絡を受けていた配布現場に集合して、簡単に説明を受けた後、サンプリングの仕事を始めます。

ノルマはなく、シフトの時間が終了すれば帰れます。

ただ、あまりにも余っていると気まずいのでなるべく多く配りたいところです。

シフトの時間が終了、配布数を報告して解散

シフトの時間が終了したら、配布が終わっていなくても帰れます。

責任者に配布数を報告して、現場で解散です。

逆にシフトの時間よりも早く配布が終わってしまえば、その分早く帰れます。

サンプリングの仕事は大変?

暑い日も寒い日も屋外で立っているサンプリングの仕事は、やはり大変そうに見えます。

それ以外でもサンプリングの仕事は大変なのでしょうか。

この章では、筆者の経験を振り返って、サンプリングの仕事の大変さについて紹介していきます。

暑い日や寒い日はやはり大変

サンプリングの仕事は屋外でやることが多いので、天候に左右されがちです。

やはり暑い日や寒い日は大変でした。

暑い日はとにかくこまめに水分を摂って、寒い日はカイロを体に貼ったりして、サンプリングの仕事をしていました。

ノルマはないので配布しきれなくても大丈夫

サンプリングの仕事といえば、ノルマがありそうなイメージかもしれません。

しかし、ほとんどのところではノルマはないので配布しきれなくても大丈夫です。

私が経験した現場でも、ノルマが課されたところはありませんでした。

とはいえあまりにも配れていないと気まずいので、自分が頑張れる範囲で配布していました。

ひとつの仕事を地道にやるのが好きな人にはおすすめの仕事

サンプリングの仕事は、配布物を渡すことに尽きます。

ひとつの仕事を地道にやるのが好きな人にはおすすめです。

逆に、ひとつの仕事だけでは飽きてしまうという人にはおすすめできません。

長時間のシフトが辛く感じてしまうでしょう。

サンプリングの仕事はどんな人に向いている?向いている人の5個の特徴とは?

求人でも見かけることの多いサンプリングの仕事。

サンプリングの仕事は、どんな人に向いているのでしょうか。

この章では、筆者の経験を通してサンプリングの仕事はどのような人に向いているのかを解説していきます。

積極的な人

サンプリングの仕事は、積極的な人に向いています。

サンプリングの仕事は、自分から積極的に動かないとなかなか配布できません。

ただやみくもに配布するだけでなく、自分から積極的に考えて、工夫して動ける人がサンプリングの仕事に向いています。

忍耐強い人

サンプリングの仕事は、忍耐強い人に向いています。

サンプリングの仕事では、通行人に無視されることも多いです。

通行人に無視される状況の中を耐えて、何時間も配布を続けられる忍耐強さが求められます。

体力と気力がある人

サンプリングの仕事は、長時間立ちっぱなしでも、愛想よく配布を続けられる体力のある人が向いています。

まずサンプリングの仕事は長時間立ちっぱなしなので、それが苦にならない体力が必要です。

そして、長時間愛想よく通行人に配布しなければならないのでその気力もある人がサンプリングの仕事に向いています。

ものおじしない人

サンプリングの仕事は、ものおじしない人に向いています。

サンプリングの仕事では、人ごみの中で積極的に声かけをして配布しなければなりません。

そんな中でものおじせず積極的に配布できる人が、サンプリングの仕事に向いています。

ひとつの仕事を地道にコツコツするのが好きな人

サンプリングの仕事は、配布物をひたすら渡すのをコツコツやるのが仕事です。

なのでサンプリングの仕事は、ひとつの仕事を地道にコツコツするのが好きな人に向いています。

集中して配っていると、時にはあっという間にシフトが終わってたりします。

それくらい集中して、ひとつの仕事を地道にコツコツやるのが好きな人には、サンプリングの仕事が向いています。

逆に、サンプリングの仕事が向いていない人って?

どんな仕事にも向き不向きはあります。

サンプリングの仕事も、向いている人がいれば向いていない人もいます。

求人に応募する前に、自分がサンプリングの仕事に向いているのかどうか気になりますよね。

この章では、筆者の経験を通してサンプリングの仕事に向いていない人について解説していきます。

消極的な人

サンプリングの仕事に向いてない人は、消極的な人です。

サンプリングの仕事は、自分から積極的に配布しなければなりません。

人混みの中でものおじしてしまったり、自分から積極的に動けない人は、サンプリングの仕事には向いていません。

体力がない人

サンプリングの仕事は、体力がない人には向いていません。

長時間立ちっぱなしで配布しなければならないサンプリングの仕事は、長時間立ちっぱなしでも苦にならない体力が必要です。

長時間立ったままの仕事はきついという人には、サンプリングの仕事は向いていません。

打たれ弱い人

サンプリングの仕事は、打たれ弱い人には向いていません。

何人もの人に無視され続けて心が折れそうになることもありますが、強い心を持って配布し続けなければなりません。

なかなか配布できないからといって、心が折れて諦めてしまうような打たれ弱い人は、サンプリングの仕事に向いていません。

飽きっぽい人

サンプリングの仕事は、飽きっぽい人には向いていません。

サンプリングの仕事は、配布物を渡すだけです。

とはいえ配布物を受け取ってもらうには、自分でいろいろと工夫して地道にコツコツやらなければなりません。

ひとつの仕事をコツコツやるだけでは飽きてしまうという人には、サンプリングの仕事には向いていません。

サンプリングの仕事で活かせる経験

サンプリングの仕事では、積極的に自分から動かなければならないので、人生において様々な経験を活かすことができます。

この章では、筆者が感じたサンプリングの仕事で活かせる経験について紹介していきます。

接客の経験

サンプリングの仕事では、接客の経験を活かせます。

接客で経験した、人への接し方はサンプリングの仕事でも活かすことができます。

サンプリングの仕事は、通行人への接し方ひとつで配布数が変わってきます。

印象よく配布した方がたくさん配布できるので、接客の経験を活かして通行人に好印象を持ってもらえるよう配布しましょう。

運動の経験

サンプリングの仕事では、長時間立ちっぱなしになるので体力も重要です。

運動の経験で得た体力はサンプリングの仕事に活かせます。

サンプリングの仕事は、体力に自身があるという方にはおすすめの仕事です。

その後のキャリアについて

サンプリングの仕事では様々な経験を得られるので、キャリアアップや他の仕事にもこの経験を活かすことができます。

自分で工夫して積極的に動いていく経験は、どんな仕事にも活かすことができます。

サンプリングの仕事を通して、大勢の人の中でもものおじしないようになれば、さらに大勢の人の中で働くことになるイベントスタッフやキャンペーンガールなどといった仕事もできます。

この章では、サンプリングの仕事のその後のキャリアについて紹介していきます。

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

サンプリングの仕事についた後のキャリアアップとしては、イベントスタッフ、イベントディレクターやキャンペーンガールなどイベント関連のスタッフへの道があります。

イベントスタッフやキャンペーンガールの仕事も集客や宣伝の役割を担うことがあるので、サンプリングの仕事での経験を十分に活かすことができます。

またサンプリングの仕事の現場を多数経験することで、イベントディレクターとして現場を統括する立場としてキャリアアップすることができます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

飲食業などの接客の仕事でも、サンプリングスタッフでの経験を活かすことができます。

サンプリングでの声かけの経験や、積極的に自分から動いていく姿勢は、接客の仕事においても役に立ちます。

サンプリングの仕事を経験した後の自分の変化

サンプリングの仕事を通して、自分の中で変化したと思うことが何点かありました。

サンプリングの仕事自体は楽だとは言えません。

しかし私にとってプラスの変化があったので、今ではサンプリングの仕事をして良かったと思っています。

この章では、筆者が感じたサンプリングの仕事を経験した後の自分の変化について紹介していきます。

積極的になれた

サンプリングの仕事をしてよかったことは、仕事でも私生活でも積極的になれたことです。

サンプリングの仕事をする以前の私は、ものおじしがちで消極的な性格でした。

しかし、サンプリングの仕事ではものおじしていても配布物は減りません。

サンプリングの仕事をしていくうちに、積極的に行動していけるようになりました。

サンプリングの仕事を経験して積極的に自分から行動する姿勢を身につけました。

疲れていても笑顔を保てるようになった

サンプリングの仕事をしていて良かったことは、疲れていても笑顔を保てるようになったことです。

サンプリングの仕事は、印象が大事です。

暗い顔で疲れ切った印象の人から配布物を渡されても、受け取ろうという気持ちにはならないですよね。

そこでサンプリングの仕事で心がけていたのが、長時間立ちっぱなしで疲れていても笑顔で明るく接することでした。

そういう心がけをしていくうちに、他の仕事や私生活でも疲れていても笑顔を保てるようになりました。

サンプリングで働いている人の大変さが分かった

サンプリングの仕事をしてよかったことは、街中でよく見かけるサンプリングの大変さが分かったことです。

街中でよくティッシュ配りやビラ配りに出会うことがありますが、そういった人達に対して優しく接しようという気持ちになれました。

拒否するときはただ無視するだけでなく、「すみません」など一言言うようになりました。

私自身サンプリングの仕事をしているときに、無言で無視されるのが結構辛かったからです。

この経験を経て、街中のサンプリングしている人の大変さが分かり、サンプリングしている人に対して優しく接しようと思えるようになりました。

忍耐強くなった

サンプリングの仕事をして良かったことは、忍耐強くなったことです。

サンプリングの仕事では、無視されることも日常的で、働いていて辛く感じるときもありました。

しかしサンプリングの仕事で働いていくうちに、例え無視されても強い心を持って配布できるようになっていきました。

まとめ

サンプリングの仕事は、配布物を渡すというひとつの仕事から、様々な経験を得ることができます。

一見大変そうな仕事に見えますが、その分得られる経験はその後のキャリアにも役立ちます。

求人も多く採用もされやすいサンプリングの仕事は、すぐに始められるので時間のある人にはおすすめの仕事です。

自分の好きなようにシフトをいれられるのも魅力的。

サンプリングの仕事は、アルバイトをしたいけど定期的にシフトに入れない人や、他のアルバイトとかけもちしたいという人にもおすすめです。