大学生に人気のアルバイトである居酒屋。

大学生の多くの人が経験したことがあるのではないでしょか。

人気のアルバイトではありますが、良いことばかりではありません。

今回は居酒屋バイトをこれからしようと思っている人や、現在している人に向けて、居酒屋バイトがよく直面する辛いと感じるポイントとその乗り越え方や向き合い方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

居酒屋バイトのおおまかな仕事内容とは?

居酒屋のアルバイトには大きく分けて2種類に分類されます。

ホール業務とキッチン業務と言われるものです。

ホール業務

ほとんどの大学生がホール業務に従事することになります。

ところによってはホール業務しか募集をしていない居酒屋も少なくありません。

キッチン業務は正社員が担当をすることが多いためです。

そもそも一人暮らしを始めたばかりでろくに料理をしたことがない学生にお店の料理を任せるというのは難しいです。

いくらレシピがあるといっても忙しいときには限られたキッチンスペースの中で、優先順位をつけて料理を提供できるようなオペレーションを考えるのも必要です。

そのため、キッチンは正社員が担当し、人が足りていないホール業務にアルバイトの募集をかけるのです。

ホール業務の主な仕事はお客様へのサーバント(料理出し)、注文を取ること、レジの業務、皿洗いが挙げられます。

また並行してドリンクを作るのもホール業務の仕事になることがあります。

ドリンクを作ったり、注文をとったりといろいろな業務をこなす必要があります。

開店前の業務

開店前には、予約の確認やテーブルのセッティングを行います。

テーブルにある箸や調味料などを切らしていないか確認します。

しっかりと用意をしておけば、忙しい営業時間中に「醤油無くなったのでください」などの注文が入らなくなります。

予約の確認業務は、電話で受けることが多いですが最近ではホットペッパーなどの便利なアプリがあるのでネット予約する人も増えています。

ブッキングを間違えないようにしっかりと管理をしましょう。

お客様入店時の仕事

お客様が入店したら、まず席に案内できるかどうか確認することがあります。

残席や予約席、満席だった場合にどれくらいで最初のお客様が出て行くかなど、各テーブルの状況を把握しておく必要があります。

空き席があり、無事に席まで案内ができたらお水やおしぼり、メニュー表などを出します。

チェーン店でなければ本日のおすすめメニューなどについての説明をすることも多いです。

大抵、すぐにフードメニューを決められる人は少ないので、お客様が決めかねている様子でしたら「先にお飲物お伺いしましょうか?」と一言添えるだけで、スムーズに進みます。

この一言があるとお店の印象も良くなる上に、自身のオペレーションもスムーズに進めることができます。

ドリンクの提供

日本人の風習とでも言うべきでしょうか、最初の一杯目は生ビールを頼む方がほとんどです。

生ビールをサーバーから次ぐ際には泡のバランスに気をつけましょう。

お人数だと入れているうちに最初の方に継いだグラスの泡が消えて行くので最後の方に均等になるように調整をしましょう。

ドリンクを運ぶ際は、一気に運ぼうと無理をせずにこぼさないように丁寧に運ぶことを心がけましょう。

ドリンクの提供が終わるとタイミング的に怒涛のフードメニューの注文が始まるので、聞き漏らしがないようにしましょう。

また、フードメニューに写真がない場合はどんな料理か、どれくらいの量があるのか聞かれることがあるのでわかりやすくこ耐えられるようにしましょう。

特に量については「女性が2人で食べられるくらいです」などと目安をつけて答えるとわかりやすいでしょう。

閉店後の業務

閉店の際にはレジ締めがあります。

その日の売り上げなどを集計する作業です。

お金を扱うので、バイトがやらずに社員がやるケースも多いです。

キッチン業務

居酒屋のアルバイトでキッチンの募集はホールほど多くありませんが、少なからずあります。

調理師を目指している方には特におすすめです。

お金を稼ぐという目的であればホール業務をおすすめします。

仕込み

特に煮物料理や汁物などは事前に仕込みが必要になります。

その日の予約状況によってはコース料理なども準備をしなくてはいけません。

大人数になればなるほど仕込みは大変になりますが、コース料理はメニューが決まっている分、仕込みをしておけば営業中にバタバタすることがなくなるというのはメリットです。

調理

忙しい時の調理場はまるで戦場です。

作業効率・優先順位に気をつけながらしっかりとした料理を出すことを心がけましょう。

食材管理

使った食材や余った食材を管理する必要があります。

発注は社員がするので、アルバイトは残りの食材を把握しておく程度で大丈夫です。

皿洗い

ホール業務が兼任してくれる場合もありますが、シンクがキッチンにある以上、やらないわけにはいきません。

忙しくなってくると洗い物はどんどん溜まって行く上に、お皿は限られた数しかないので洗わないと料理を提供できなくなってしまいます。

食洗機があるところもありますが、油物は食洗機だけでは落ちないので手洗いが必要です。

居酒屋バイトの仕事がつらいと感じる5個の理由と乗り越え方は?

正直、居酒屋のアルバイトは楽ではありません。

どんな点に辛いと感じる人が多いのでしょうか。

とにかくバタバタする!

とにかく忙しいです、特に金曜日と土曜日の夜は他の日と比べ物にならないくらいにお客様が来ます。

それを乗り越えるための方法とは?

不可抗力なので仕方がないことです。

しかし考え方を変えて見てください。

暇だと時間がすぎるのは遅く感じるし、何もしていないのに給料をもらうのって罪悪感を感じませんか?

意外にも、暇を味わってみると忙しい方がいいなと思う人も結構多いはずです。

そもそもなるべく楽にお金を稼ぎたいという人は飲食店は向いていません。

全然繁盛していないような店でも、立地にはよりますが週末は結構お客様が来るものです。

シフトの自由が効きにくい

先述したように金曜日と土曜日は忙しくなるので、お店側から入って欲しいという要望が’あります。

大学生である以上、金曜日の夜と休日こそ自分の自由な時間なので結局遊びに行く機会が減ってしまいます。

また、学生バイトを多く雇っている居酒屋だと、テスト期間中は人手不足になったり、夏休みや春休みは人手が増えてバイトに入りにくくなったりと他の学生の状況が自分のシフトに影響することがあります。

それを乗り越えるための方法とは?

これはもはや仕方がないことです。

採用されるケースは稀だと思いますが、最初の面接時に入れる曜日を指定して忙しくなる週末を避けるというのも一つの手です。

そして仮に週末を中心にシフトに入って欲しいと言われたとしても、お店側も強制することはできないはずなので断る勇気を持つことも大切です。

あなたが大学生である場合、本業は大学生です。

バイトではありません。

もし勉強がアルバイトの時間に占有されて十分にできずに単位を落として留年なんかになってしまったら、本末転倒です。

また仮にもバイトを休む場合は、同僚に代わりに出てもらうなど必ず根回しをしておきましょう。

ドタキャンやバックれなどをすると必ずトラブルになります。

お客様の絡み

酔っ払っているお客さんに絡まれる可能性があります。

特に女性だとセクハラまがいなことをされる可能性もありますので十分に注意してください。

また、若いお客様層だと悪ノリで店員に色々と喋りかけてきたりする場合もあります。

お酒の力ってすごいですからね。

それを乗り越えるための方法とは?

適度に相手にしないことが大切です。

全くの無視をすると後日食べログなどに接客が悪かったなどと書かれてしまうので、注意が必要です。

適度に困った感じを出していれば、周りの同僚が助けてくれたり、ほかのお客さんや絡んでくるお客さと一緒のグループの人が察して諌めてくれるでしょう。

粗相の処理

飲みすぎてお店で戻してしまったなんて経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

そういう場面には掃除をしなくてはなりません。

できればあまりやりたくない仕事ですが、居酒屋バイトの宿命とも思った方が良いでしょう。

そんなに滅多に起こることはありませんが、お店中で口論や喧嘩が発生するということもあります。

お酒って怖いですね。

それを乗り越えるための方法とは?

なるべく遭遇しないリスクヘッジをする方法があります。

上記のようなケースは、比較的単価の安い学生さんたちが来やすいお店で起こることが多いです。

特に学生の飲み会などは一気飲みをする人たちなど後を絶ちません。

ということは単価が高く、お客さんの層が社会人中心のお店で働くことで、お酒慣れしていない人に遭遇するケースが少なくなるわけです。

やはり夜のバイトは疲れる

居酒屋バイトをするほとんどの人は大学生の人が多いと思います。

朝早くから大学に行き、講義を受けたり、勉強をしたりした後にアルバイトというのは案外辛いものです。

大学で課題が出されれば、アルバイトがない貴重な休みにやるか、アルバイトで疲れた体に鞭を打って徹夜をする羽目になります。

それを乗り越えるための方法とは?

計画的にシフトを組むことである程度、自信のスケジューリングをすることができます。

例えば、課題がよく出る講義がある曜日の前日にはバイトを入れないでおくと、講義前日の時間を使って課題に取り組むことができます。

大学の授業は前期と後期で時間割は決まっているはずなので、それに沿ってシフトに入る曜日を固めておくことをお勧めします。

毎週何曜日に入るか決まっている方が、店側としてもシフト管理がしやすいはずです。

つらい時もあるけど、居酒屋バイトがおすすめの理由

接客業の楽しさを味わえる

やはり何と言ってもお客様からのありがとうと、喜んだ顔を見ることができるのが接客業の良さです。

居酒屋のバイトは酔っ払いも多いですが、しっかりと「ごちそうさま」と言っていただける丁寧なお客様もいます。

そんな一言を聞けば、「辛いけれど、この言葉があれば続けられる」と思うでしょう。

ドリンクの種類を覚えられる

居酒屋ではカクテルを中心に様々なお酒を提供しています。

これがお酒を覚えたての大学生には結構なお役立ち情報で、お酒の作り方を知っているとかなり役立ちます。

将来、異性と2人でバーに行った時などお酒の名前を知っているとちょっとかっこいいと思いませんか?

またあなたが男性ならバーテンダーに頼ることなく、女性の好みに合わせてお酒を見立ててあげることができます。

またカクテルだけでなく、日本酒なども知っておくと将来仕事で接待をするときなどに意外に活きてきます。

お酒は大人の嗜みなので教養と思って勉強しておくと良いでしょう。

普段では食べられない料理を目にすることができる

筆者は昔スペインバルでアルバイトをしていました。

ポジションはバーカウンターで、ドリンクは作るし、ホール業務はするし、簡単なキッチン業務はするしという絶妙な立ち位置でした。

生ハムの原木からハムをスライスするというのはなかなか貴重な経験になりました。

また、その当時、季節メニューの一つにナスのマリネがあったのですが、小さい頃からナスが嫌いな自分でも美味しく食べることができました。

決して食わず嫌いだったわけではないのですが、その料理を食べてから野菜の中でも一番好きなくらいにナスが好きになりました

賄いを食べることができる

上記とも関係しますが、お店で出しているメニューやシェフの創作料理を賄いとして食べることができます、普通なら¥1,000くらいする食べ物が¥500くらいで食べられるというのは飲食店ならではのメリットです。

居酒屋アルバイトがおすすめな理由は、こちらの記事も参考に!

まとめ

居酒屋バイトがつらいと感じる人の5個の理由と乗り越え方をご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

雇われて、給料をもらっている以上、責任を持って仕事をすることはもちろんですが、忙しさの割に時給が低い、忙しい時に駆り出されるなど労働条件の待遇が合わないと感じたら、気軽にやめて次のアルバイトを探すことをお勧めします。

正社員よりも安い賃金で働いているアルバイトという雇用形態の利点は責任がないことです。

自分がやめたら店が回らなくなるとか考える方もいるでしょうが、あなたの将来を保証してくれる訳ではありません。

辛いと思ったら気軽にアルバイトを変えてみましょう。

色々経験しておくことも大切ですよ。


関連キーワード

居酒屋バイト求人