居酒屋バイトの人気店ってどんな店舗だと思いますか?

居酒屋のバイトをしたいけど、どう選んでいいかわからないという人もたくさんいると思います。

とくに居酒屋アルバイト未経験の方は、人気店で働いてみたくても自分に出来るか不安だったりで、どこを選んで何をすればいいのかさえも分からないですよね。

そこで、この記事では、やってみたい人気の居酒屋バイトを採用へ導く方法をご紹介したいと思います。

参考にしていただけたら嬉しいです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「居酒屋 バイト」の仕事例をチェック

居酒屋のバイトを探している方へ

居酒屋のアルバイトを探しているあなた、数あるお店の中から、みんな一体どうやって選んでいるの?という疑問をお持ちではありませんか?

そして、条件の良い希望のお店を見つけたあなた、条件の良いお店は応募者も多いため適当に面接を受けても不採用になる場合があります。

今日はこうした方々に、居酒屋バイトの人気店の特徴と、人気店に採用される方法をご紹介します。

居酒屋バイトの人気店の特徴

まずは、どんなお店がアルバイト先として人気があるのか、見ていきましょう。

マニュアルがしっかりしている

大手チェーン店などでは、接客マニュアルなどがしっかり用意されている場合がほとんどです。

こうしたマニュアルがあれば、そのお店のコンセプトや、接客時の細かい指示がわかるため、アルバイトをする側としては安心です。

食べ物やお酒にこだわりがある

食べ物やお酒にこだわりのあることで有名な居酒屋は、お客さんからはもちろん、アルバイト先としても人気があります。

例えば、串の種類の多さや焼酎の銘柄の多さで勝負している店、地元食材を扱うことを売りにしている店、低価格であることを徹底している店など、有名店には、お客さんの印象に残りやすいアピールポイントがあります。

こうした有名店でアルバイトをすれば、友達や家族に自慢できる上飲みに来てくれることもあるし、まかないの味も期待できます。

学生さんなら、就職活動においてアルバイト経験を訊ねられた時も、有名店がアルバイト先なら、面接官にその多忙ぶりや頑張りが伝わりやすくなるでしょう。

お店やスタッフさんの雰囲気が良い

居酒屋のスタッフといえば、明るく元気なイメージや、スタッフ同士が友達のように仲が良いイメージがあります。

アルバイト先として人気が高いのも、お店やスタッフさんの雰囲気が良いところです。

こうしたお店は、スタッフ同士のコミュニケーションが円滑で、お互いに助け合えるため働きやすく、良い人間関係が築けます。

そのため、学生さんを問わずアルバイト先として人気が集まります。

求人案内ではこうした雰囲気を伝えるため、店内やスタッフの写真、コメントを載せ、働きやすさをアピールしているものが多く見られます。

また、スタッフの年齢層や学生さんの割合を載せているお店もあります。

時給が高い・残業がない

時給が高いことのメリット

アルバイトをする側として一番気になるのはやはり時給です。

時給は、どのお店も大体その地域の最低賃金にプラス50円〜100円くらいというのが相場です。

時給が50円違えば、1日5時間、月に15日働いた場合で、3,750円の違いになります。

更に、22時以降であれば、時給×1.25倍の賃金となるため、ベースとなる時給が高ければ割り増し後の総支給額もその分上がります。

ただし、「時給が高い」=「お得」と一概には言えません。

例えば、時給が少し安くても交通費の支給があるお店は、時給が高く交通費の支給がないお店と比べると大差ない場合が多いからです。

更に、通勤に時間のかかるお店の場合、いくら時給が良くてもその分働く時間も限られるためお得とは言えません。

また、まかないがないお店や制服の支給がないお店は、時給が良くても注意が必要です。

時給が安くてもまかないがあればその分の晩ご飯代を節約できますし、制服が支給されればアルバイト用の衣類代が節約できます。

そのため時給に大差がなければ、こうした特典のあるお店の方が最終的にお得になる場合があるのです。

稼ぎを重視するなら、時給、交通費、まかない、制服の少なくともこ四つの点で総合的に判断しましょう。

残業がないことのメリット

残業がないことは、稼ぎたい人には物足りないかもしれませんが、学生など本業が別の人にはありがたい条件ですよね。

学生を多く雇っているところは試験勉強や就職活動などにも理解があり、配慮してくれる場合も多いでしょう。

また、大手チェーン店の居酒屋なら人件費もコスト管理の一つですから、忙しい日でも最低限の人数で対応し、余分な人員の残業はさせてくれません。

また、残業代が発生する時間単位にも注目です。

アルバイトの多くは、タイムカードといって機械に自分のカードを通し出勤時間と退勤時間を自己管理します。

そして、勤務時間を超えた分に残業代が支払われるわけですが、それが15分未満なら0分とする、30分未満なら0分とする…など、この時間単位ルールはお店によって異なります。

大手チェーン店では、何と分単位で残業代を計算してくれるお店もあるようです。

そのため、時給が高くても残業代が30分未満0円のお店と分単位で出るお店とでは支給額に差が出てきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

人気店へ採用される方法

晴れて希望する居酒屋を見つけたあなた、条件の良い人気店はそれだけ希望者も多く、不採用となることも珍しくありません。

人気店へ採用される方法を見ていきましょう。

面接は清潔感のある服装で行こう

飲食店のアルバイトをする上で求められるのは、外見の清潔感です。

居酒屋の中には派手なメイクやアクセサリーなどを認めてくれるお店もありますが、やはり面接の時はこれらを控えた方が無難です。

中には和をコンセプトとしたお店や落ち着いた雰囲気を重視したお店もあるため、そのお店に合った服装や髪形で働くことが求められます。

求人案内などで、実際に働くスタッフの髪型や服装を見てお店の雰囲気を把握することはできるかもしれませんが、それでも最初は、清潔感のある服装、髪型で面接に行きましょう。

元気に笑顔で答えよう

面接の時に面接官が一番重視している点は、居酒屋なら「元気さ」と言えるでしょう。

特にホールスタッフの場合、清潔感のある服装で丁寧な言葉づかいができても、「元気な接客ができそうにないな」と思われると採用してもらえません。

お店の雰囲気に合わないスタッフを、お客さんの前に安心して出すことができないからです。

おどおどしたり目を泳がせたり「えーと…」と何度も言葉を濁すのはNGです。

「元気さ」をすぐに示すことができる対策として、まず質問されたら胸を張って「ハイッ!」と笑顔で返事をしましょう。

この返事をしてから質問に対する回答をすると「元気が良いな」と思ってもらえますよ。

正しい敬語で話そう

面接時

正しい敬語が使えることは接客の強みになり、お客さんと話すことにも自信が持てるようになります。

敬語とは「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」のことです。

面接官との対話の中で、面接官や店側の人の動作に関することを「尊敬語」、自分自身に関することなら「謙譲語」、それ以外の時は「丁寧語」、という感覚で使い分けます。

体育会系の部活動をしていた方なら「です」「ます」の丁寧語と、「〇〇という理由から応募致しました」などの謙譲語は、自然と目上の人に使うことができるかもしれません。

けれど、自信がない方でもあまり心配する必要はありません。

面接は、基本的には相手からの質問に対し自分のことを説明する、その繰り返しなので、最低限の丁寧語だけでも語尾をはっきり、きちんと対応することが大切です。

自分のことは謙譲語を使うのが望ましいのですが、よく分からない時は「です」「ます」の丁寧語さえ徹底すれば、面接官への誠意は伝わります。

敬語を上達させるには?

何にでも言えることですが、人の真似をすることが一番早く身につきます。

例えば、ニュース番組のアナウンサーの話し方。

報道のプロであるアナウンサーは、常に正しい日本語を意識し敬語をしっかり使っているので、参考になると思います。

また、一番良いのは、身近に「この人、敬語の使い方が上手だな」と思う人を見つけることです。

そして、その人の話し方をとことん聞いて、自分の敬語のレパートリーを増やすのです。

間違いやすい敬語

飲食店の店員さんが間違いやすい敬語としてよく挙げられるのが、丁寧さを意識しすぎて余分な言葉を添えてしまう、「〇〇のほうはいかがでしょうか」の「のほう」という言葉。

正しくは「〇〇はいかがでしょうか」です。

こういった誤った敬語に違和感を持つ方もいるため、面接の時には気を付けましょう。

すぐに辞めない・土日も働けることは重要

すぐに辞めないことは重要

面接では、「すぐに辞めてしまわないか」ということも採用のポイントになります。

そのため、家から遠いお店を選んだ場合はその理由や、学生であれば何年生まで働けるか、などを細かく質問されるでしょう。

口ごもってしまうと面接官から「何も考えてないのか」と思われてしまい、雇いたい気持ちが湧きません。

遠いお店なら、どうしてこのお店を選んだかの合理的な理由を用意しましょう。

例えば、以前客として来店した時に受けた感銘などのエピソードや、そのお店の募集内容の具体的にこういう部分に対して他店にない魅力を感じたなど。

また学生なら、何年生のいつ頃から就職活動が始まるのか、試験が何月にあるのか、などを把握して面接に臨みましょう。

適当なことを言って後から事実と違った、ということになれば、お互いに嫌な想いをします。

土日も働けることも重要

土日は飛び込みのお客さんも多く、居酒屋としては金曜に続いて忙しい曜日であるため、この日に働ける人は大歓迎です。

土日も働けるのなら、面接時に積極的にアピールしましょう。

ホールのお仕事を志望するなら

ホールスタッフのお仕事は、お客さんを満足させることにあります。

ホールスタッフの面接でアピールすべきことを見ていきましょう。

臨機応変な対応がとれることをアピールしよう

ホールスタッフに求められるものは元気の良さだけでなく、お客さんのニーズがきちんと理解でき臨機応変な対応がとれることです。

例えばお客さんがメニュー選びで迷っている時に本日のおすすめをさっと教えられ、気分の悪そうなお客さんに声をかけられる、ちょっとした質問や遊び心のある会話にも笑顔できる、などです。

こうした接客ができるお店は、お客さんも楽しい時間を過ごせるため、リピーターを獲得できるのです。

逆に、たった一人で不躾なホールスタッフが入ればお客さんに不快感を抱かせ、そのお客さんがお店に来店することはなくなるでしょう。

そのため、面接では対話力を見られます。

面接中の雑談で対話力の査定が行われていることを忘れないように、しっかり返事をしましょう。

具体的には、言われたことにきちんと対応することです。

目を見ながら相槌を打つ、「そうですか、それは面白いですね」「それなら、私にもできそうです」などの受け答えをするなどして、相手の話をきちんと聞いていることをしっかり伝えることが大切です。

嫌なお客さんにも柔軟に対応できることをアピールしよう

面接官によっては、居酒屋のアルバイトがどうしても直面する酔っ払いの相手や嘔吐物の処理、女性ならセクハラ客がいるなど、デメリットの部分を面接時に伝えてくることがあります。

こうした場合、もし他店でのアルバイト経験などがあれば対応できることをアピールしやすいのですが、そうでない場合はアピールするポイントがありません。

その場合は「他では経験のできないことなので、自分自身の成長になると思います」や、学生なら、「社会人になって、職場の飲み会で酔っている人への気遣いができたり、柔軟な対応ができるようになれたりすると思うので、社会勉強として頑張ります」と、前向きな気持ちを伝えましょう。

「そうなんですか…」と言って笑ってごまかされるよりも、面接官からの信頼感がぐっと高まりますよ。

キッチンのお仕事を志望するなら

キッチンのお仕事も、居酒屋の運営そのものに関わる大事な仕事です。

面接官は、まずこの仕事を長く続けてくれるかどうかを期待しています。

特にキッチンスタッフの場合ノウハウを教えるのに労力がかかるため、すぐ辞められると損失が大きいのです。

そのため、店の指導についてきてくれる、実直で根気強い人材かどうかを重視しています。

お酒や料理に興味があることをアピールしよう

長く続けてくれるかどうかを判断する一つの基準に、お酒や料理に興味があるかどうかが挙げられます。

興味がない場合、調理の仕方や器具の取り扱いなどの知識がなく「イメージと違った」と言われ、すぐに辞められる可能性があるためです。

そのため、調理の専門学校に通っている場合や、もともとお酒や料理が好きでプライベートでもよく楽しんでいる場合は、しっかりアピールしましょう。

志望動機は事前に考えていこう

ホールスタッフ、キッチンスタッフ共に、志望動機は事前に考えてから面接に臨みましょう。

できれば志望動機だけは15秒〜30秒くらいの間で簡潔にスラスラ言えるくらい暗記した方が、面接官に熱意が伝わります。

また、履歴書に書いたことと矛盾がないかも重要です。

履歴書を事前に企業に送る面接方式の場合は、送る前に必ず履歴書のコピーをとっておきましょう。

こうすれば、面接の前になって、自分の志望動機が何だったか忘れてしまったということもなくなります。

志望動機として、説明しやすいのは、

  • 人とコミュニケーションをとることが好き
  • 社会勉強のため
  • お酒やお料理が好き

などですが、自分らしい前向きな志望動機であれば、何でも構いません。

面接で有利なことはアピールしよう

これ以外にも、面接官に「私はこの仕事ができます!」とアピールすることが大切です。

面接で有利なことは是非アピールしましょう。

飲食店や接客のアルバイト経験があると有利

接客の経験、特に飲食店の経験があれば是非アピールしましょう。

ただし、この経験をアピールした場合、必ずと言って良いほど訊ねられるのは「そのアルバイトで大変だったこと」「どうして辞めたのか」の二つです。

この「大変だったこと」は、単に面接官の好奇心で尋ねられるものではありません。

あなたが、どういうことを困難と感じ、それに対して自身でどう対処したのかということが知りたいのです。

そのため、「残業が多くて大変でした」という感想だけのエピソードやお店の批判になることはできるだけ避けましょう。

例えば、「人数が少ない体制の時に、飛び込みの団体客が次々にやってくる日がありましたが、自分で先を読んでお客さんが帰った後の片づけを早く済ませたり取り皿や箸のストックを空いた時間に下準備しておいたりすることで、少しずつですが余裕を持って仕事ができるようになりました」などの具体的なエピソードが良いでしょう。

「どうして辞めたのか」は、一番考えるところです。

正直に理由を話すのが原則ですが、「体力的にキツくて…」「人間関係が…」など、今回のアルバイト先にも通じるような理由はできるだけ避けましょう。

職場への距離が遠かった、もう少し稼ぎたいので長い時間働けそうなところを探した、など面接官が納得できる前向きな退職理由を簡潔に説明しましょう。

調理に関する実績や資格があれば伝えよう

キッチンスタッフも、調理師の免許や他店での経験があれば積極的にアピールしましょう。

調理系の専門学校に通っている、または卒業したなどの経験も面接官としては採用したくなるポイントですので、しっかりアピールしましょう。

また、将来自分の店を持ちたいなど、調理の仕事に携わっていく熱意があれば、なお歓迎されることでしょう。

通いやすい条件だと長続きしそうだと思ってもらえる

自宅から近いところや通いやすい条件で選んだあなたは、きっと長く続けることを前提にそのお店を選んだことと思います。

前述したように、面接官は「すぐに辞めてしまわないか」を採用のポイントの一つにしているので、自宅の近くや通いやすい条件の場所を選んだあなたは「長く続ける気持ちがあるからこそ、通いやすい場所にしました」ということをアピールしましょう。

「長続き」という点では、例えば継続している習い事や部活動の話をしても良いでしょう。

真面目で継続力のある印象を持ってもらえますよ。

体力勝負の居酒屋!スポーツの経験はぜひアピールを!

運動系の部活動をしているなら、そのことぜひアピールしましょう。

居酒屋のアルバイトはとにかく体力勝負なため、長く続けている部活動や、成績・記録を残した大会などがあれば、絶好のアピールポイントになります。

好きな居酒屋でバイトが決まりますように!(まとめ)

いかがでしたか?ぜひ、誰もが羨む人気店の居酒屋の一員となって、輝いてくださいね!

実際に居酒屋バイトの求人募集を探す時はこちらの記事も参考にしてみて下さい!

居酒屋バイト求人の選び方を10個のポイントで紹介します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




居酒屋バイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

居酒屋バイトの時給はどのくらい?これからバイトを探すならぜひチェックしよう!

あなたは、「バイト」と聞いてどのような仕事を思い浮かべますか?まずほとんどの方が思い浮かぶのが居酒屋ではないでしょうか。大学時代、4年間居酒屋バイトをしていた私が居酒屋バイトの時給をメインにご紹介。居酒屋バイトを検討しているあなた!参考にしてみてはいかがでしょうか。居酒屋バイトの給料の相場はどのくらい?居酒屋バイトの給料相場は、そのお店の形態や種類、もちろん地域によって異なります。例えば、私が働いていた居酒屋は個人経営店だったので昇給等のマニュアルはなく、日々の頑張りを時給に反映させる、というような時給の決まり方でした。もちろん基本給はありますが、店長に「時給を上げてほしい」との旨を伝える機会

アルバイトなら居酒屋がおすすめな5個の理由

大学生にとって不動の人気を誇るアルバイトである居酒屋のバイト。なぜ、そんなにも人気があるのでしょうか。そんな大人気な居酒屋がバイトにおススメな5個の理由をお教えします。居酒屋といっても街には沢山のお店がありますよね。どこで働いたらいいんでしょうか?そんな数ある居酒屋を選ぶ上での注意点も合わせてお話したいと思います。これから居酒屋でアルバイトをしようと思っている方はぜひとも参考にしてくださいね。居酒屋アルバイトの仕事内容ってどんな内容? 簡単に居酒屋バイトの仕事内容をご紹介します。居酒屋のバイトは大きく分けてホール業務とキッチン業務に分けて募集がされます。7割〜8割の人がホール業務に従事している

居酒屋バイトが辛いと感じる人の5個の理由と乗り越え方

大学生に人気のアルバイトである居酒屋バイト。経験したことがある人も少なくないのではないでしょか。人気のアルバイトではありますが、良いことばかりではありません。今回は居酒屋バイトをこれからしようと思っている人や現在している人に向けて、居酒屋バイトでよく直面する辛いと感じるポイントとその乗り越え方や向き合い方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。居酒屋バイトのおおまかな仕事内容とは?居酒屋のアルバイトは大きく二種類の業務に分類されます。ホール業務とキッチン業務と言われるものです。ホール業務ほとんどのアルバイトがホール業務に従事することになります。場所によってはホール業務しか募集をしていない居

居酒屋アルバイトがおすすめな11個の理由とは?働きやすい居酒屋の特徴や待遇を解説します

大学生の皆さん!アルバイトはしていますか?何かとお金のかかる学生生活は、しっかり稼げて楽しいアルバイトがしたいですよね。加えて、交際関係が広がって仲間が沢山できたり、自分の世界が広がったり、知識が身についたりするアルバイト先があれば自分の将来にも役に立ちます。学生の内はしっかりアルバイトをして、楽しい体験もしたい!というあなたにおすすめなのが「居酒屋」でのアルバイトです!キツいというイメージがある「居酒屋」のアルバイトですが、きちんと仕事先を選べばメリットが沢山あります。今回は居酒屋のアルバイトに注目してお話をしていきましょう!居酒屋の仕事はどんな仕事?居酒屋のアルバイトはホール業務とキッチン

居酒屋バイトの仕事内容をご紹介!どんなことをするの?働く前に業務内容を確認しておこう

本記事では、居酒屋バイトの仕事内容を通してそのやりがいなどをご紹介していきたいと思います。この記事を読んで、居酒屋バイトはただキツい仕事ではないという点をご理解いただき、その良さを知った上で求人に応募していただけたら幸いです。是非最後までご一読ください。居酒屋バイトの仕事は大きく3個の役割に分けられるホール担当ホール担当は主に接客業務を行います。お客様から伺ったオーダーをキッチン担当に届け、料理を提供し、片付けていくのが大まかな仕事内容です。お客様と接する機会の最も多い担当であり、お店の顔であるとも言えます。ホールでのミスはお客様に直接ご迷惑をおかけすることになるので、常に緊張感を持ちつつも笑

居酒屋バイトを辞めたい時はどうしたら良い?よくある7個の原因と対策。

居酒屋のアルバイトってなんだか一度は体験してみたいアルバイトですよね。私自身も居酒屋でアルバイトはしましたし、友達にも多かったですが、様々な事情で「辞めたい」という時もきます。ただアルバイトとはいえ、辞めたいと思ったからすぐ辞められるものではないですよね。辞めるか辞めないか、辞めるにはどうしたらいいか色々と悩むものです。居酒屋を辞めたいと感じてしまう7個の原因と対策とは?どんなアルバイトも仕事も辞めたい時期というのはやってくるものです。私自身も何度も「辞めたい」と思う瞬間や時期がありました。そんな居酒屋バイトの辞めたいと感じる原因と対策をご紹介していきます。店長や先輩との人間関係居酒屋のアルバ

居酒屋のバイトが楽しいと思う瞬間はこれ!身につく経験やスキルについても教えます!

アルバイトにも様々なものがありますが、その中でもメジャーなアルバイトとして居酒屋でのアルバイトが挙げられます。居酒屋にお客さんとして行ったことはあっても、実際に店員として働いてみると、お客さんとして行くのとはまた異なった視点からお店全体を見ることになります。そうすると、これまでお客さんとして行くことでは見えなかったり気づくことができなかった面が見えてくるものです。本記事では居酒屋でのアルバイトを考えている人に、実際に働き、お店全体を見た中で感じたことや、経験を通して、アルバイト先以外で役に立ったことについてご紹介します。また、居酒屋でのアルバイトを考えていない人にとっても、新しいアルバイト先の

東京の居酒屋バイト求人の時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

東京の居酒屋バイトの時給の相場や、やりがいってなんだと思いますか?今回はそんな東京の居酒屋求人事情について詳しく解説させていただきます。やってて良かった3個のことや、そこで身に付く力とはどのような事なのでしょうか?他のアルバイトでは、経験出来ない居酒屋のアルバイトならではな情報を詳しくご紹介したいと思います。居酒屋求人を東京で探している方はぜひ最後までご覧ください。私は東京のこんなところで居酒屋のアルバイトをやりました私が働いていた居酒屋は、東京の都心から少し外れたところにありました。ですが、駅前と言う立地のお陰で、それなりにお客様は沢山来ていただきました。そんなに大きなお店では、ありませんで

調布の居酒屋バイト求人の募集内容をご紹介!おすすめ求人のポイントも教えます!

学生がアルバイトをしようと考えると、一番最初に検討をするのが飲食店のアルバイトではないでしょうか。その中でも居酒屋は「酔っ払いが多い」「夜遅くまで働く」というマイナスイメージも多い仕事です。そこで調布の居酒屋バイト求人を、ホールスタッフとして1年間働いていた私が「どんな仕事があるの?」「どんな人が向いているの?」といった皆さんの疑問・不安にお答えします。居酒屋はどんな仕事?居酒屋は基本的には夜に営業をしています。しかし、ランチもやっているお店があったり、個人店やチェーン店、さらに提供する料理やお酒の価格帯によってその雰囲気が大きく変化します。でも、全体的には人と接するのが好きな明るいスタッフが

居酒屋バイトのコツを4個のポイントで解説!悩んだらこれを見て!

初めて自らお金を稼ぐ。今まで経験したことのない新しい業種に飛び込む。色々な理由でアルバイトを始める、始めようとしている方もいらっしゃると思います。しかし、新しいことに挑戦したり、今までのキャリアが通じるかも分からない他業種に足を踏み入れるのは中々勇気が必要です。今回は、これから居酒屋でアルバイトをしてみたい、アルバイトから始めてみようと興味を持って踏み出そうとしている方に、居酒屋で数年アルバイト経験のある私の経験談も織り交ぜながら居酒屋バイトのコツをご紹介します。居酒屋バイトは慣れるまで辛い?居酒屋に限らず新しい環境は今までの経験や知識では対応出来ないことが多いです。そもそも考えても答えが出な

バイトを居酒屋でやるべき5個の理由

アルバイトと言えば最初に何を思い浮かべますか?ファーストフード店やコンビニなど飲食業の接客を中心とした仕事を思い浮かべた方も多いのではないでしょうか。実際求人誌を見ると、1年に数回特集が組まれる人気業種でもありますよね。働いたことはなくても利用したことはある、ご飯を食べに行ったことがあるなど、飲食業に直に触れる機会は多いと思います。そのため、初めて働くアルバイトにそういった利用したことのある飲食業を選ぶ方も結構いるのではないでしょうか。実は私自身そんな新人アルバイトの一人でした。私が初めて本格的にアルバイトとして働いたのは和食の居酒屋さんでした。最初は勿論バイト代欲しさに働き始めるわけですが、

居酒屋のバイトがきついと感じる6個の瞬間。経験者が解説します

皆様、アルバイトを探すときどんなお仕事を探しますか?数あるアルバイトの中でも圧倒的に求人が多く、かつその職を選ぶのが多いのが飲食系ではないでしょうか。その中でも居酒屋のアルバイトを選ぶ方も少なくないのではないでしょうか。何を隠そう筆者も、居酒屋を含め3つの飲食系アルバイトを経験してきました。ちなみに筆者は全ての飲食系アルバイトでホールスタッフ担当でした。その経験から、居酒屋のアルバイトできついと感じたことなどについて紹介したいと思います!居酒屋のおおまかな仕事内容とは?気持ちよくお客様をお迎えして、元気よく接客、テキパキと飲み物やお食事を提供して、また気持ちよくお帰り頂く。これが全てと言っても

大学生向け居酒屋バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

大学生で居酒屋バイトをしている人を必ずと言っていいほど見かけたことがありますよね。居酒屋でのアルバイトが大学生に人気なバイトの一つなのは、いったいどんな理由があると思いますか?ここでは実際に居酒屋バイトを大学生のうちに経験してみたいと考えている方のために、居酒屋バイトで学べることや役立つこと、お勧めの求人などをご紹介します。居酒屋バイトのやりがいや事前に知っておくべきことをここでお話しさせていただきますので、ぜひ最後までご覧ください。居酒屋はどんな仕事?居酒屋でのバイトは、接客を担当するホールスタッフと調理を担当するキッチンスタッフに分かれています。人と接することが好きな方や料理が得意、または

居酒屋の時給の相場は?バイトが時給を上げるためにやるべきことも紹介します

居酒屋でのアルバイトに興味ありませんか?大人の雰囲気が漂う居酒屋は、どことなく敷居が高いイメージを抱きがちです。そんな居酒屋ですが、働くお店によって時給がかなり違っていますよね。時給の相場や貰えるお金の決まり方はどのようになっているのでしょうか?働くからには沢山のお金を貰いたいはずです。今回は居酒屋の時給や求人あれこれについてご紹介致します!居酒屋バイトの時給の相場はどのくらい?食べ物や飲み物を提供するサービス業の中でも、居酒屋バイトの時給はとりわけ高めに設定されていることが多いように思います。時給相場は地域により異なりますが、都市部の相場が約900円~1,200円程になります。地方でも約88

居酒屋バイトで大変だった3個のこと、働いてみないと分からないことばかり!

居酒屋アルバイトとはどのようなものなのでしょう?楽しそうでお洒落で大人びたイメージを持っている居酒屋でのお仕事には、華やかそうに見えても居酒屋ならではの大変さがあります。働くことになってから思い描いていたイメージを壊さないように、今の内から居酒屋アルバイトで大変そうなところや難しそうなところを知っておくことも大切かもしれません。居酒屋バイトで大変だったことそれぞれのお客様に合わせた対応をしなければならない居酒屋バイトと一口に言っても、お店の規模や各店舗によって違いは様々。全国的に展開しているチェーン店の居酒屋には、毎日沢山のお客様が来店されます。次から次へと訪れるお客様の注文を取り、料理やドリ

居酒屋のバイト面接で聞かれる内容は?服装やチェックポイントなど事前に把握しておこう!

バイト情報誌には居酒屋の求人がたくさん掲載されています。居酒屋のバイトというとスタッフ同士が仲良く、楽しそうなイメージもあり、学生や若い人には人気があるアルバイトです。実際、居酒屋のバイトはどのような仕事をしているのでしょうか。また面接はどのような感じで行なわれ、どのような人が採用されやすいのでしょうか。今回は居酒屋の仕事内容と面接を中心に紹介します。居酒屋のバイトはどんな仕事内容?居酒屋には行ったことがあるけれど、スタッフはどのような仕事をしているかがわからない人もいると思います。バイトをするにあたって、どのような仕事をしているかを事前に知っておくと、イメージがつきやすく、仕事を早く覚えるこ

居酒屋アルバイトはホールとキッチンどっちがおすすめ?それぞれのメリット・デメリットを紹介

居酒屋でアルバイトをしてみたい!という方は、まずはホールスタッフとキッチンスタッフの違いを知りましょう。あなたに向いているのは、一体どちらなのでしょうか。今回はそんな居酒屋のホールとキッチンの業務の違いを徹底的に解説させていただきます。また、居酒屋バイトのメリットもご紹介しますので、初めてのアルバイトに「居酒屋」を検討している学生さんは特に必見ですよ。居酒屋でバイトを探している方へ居酒屋のアルバイトは、ホールスタッフとキッチンスタッフの二つに分かれます。今回は、それぞれのお仕事内容と、メリット・デメリットをご紹介します。ホールのお仕事内容お客さんに関すること全般がホールスタッフのお仕事になりま

居酒屋バイトのおすすめ理由5選。学生に人気の基準はこれだ!

今回は、居酒屋バイトがおすすめの理由8選と仕事内容などを紹介したいと思います。アルバイトにも沢山の職種がありますが、特によく目にするのが居酒屋のバイトではないでしょうか。居酒屋ならではの仕事内容や、おすすめな理由があるんです。逆に辛いこともありますが、居酒屋に向いている人なら頑張れそうですよね!居酒屋でバイトしてみたい人も経験者もこの記事を読んで参考にしてください!居酒屋バイトってどんなお仕事をするの?居酒屋バイトのお仕事は、お客さんにお店の料理やお酒を楽しんでもらうことです。居酒屋は、そのほとんどが年齢や性別を問わず幅広い方が利用できる店になっています。仕事帰りの会社員、大学生のコンパ、小さ