アルバイトってたくさんあるのでどんなものを選んでいいか迷いますよね。

今回は、居酒屋バイトのおすすめの理由などを紹介します。

居酒屋バイトってどんなお仕事をするの?

居酒屋バイトのお仕事は、お客さんに、お店の料理やお酒を楽しんでもらうことです。

居酒屋は、そのほとんどが、年齢、性別を問わず幅広い方が利用できる店になっています。

仕事帰りの会社員、大学生のコンパ、小さな子どもを連れてのママ友会、常連さん・・・

そんな様々な人たちに、楽しいひと時を過ごしてもらうお手伝いをするのが、居酒屋バイトのお仕事になります。

お客さんを楽しませたい、体力にはまあまあ自信がある、料理の勉強がしたい・・・

そんな熱意のある元気な方にぜひおすすめのアルバイトです。

それでは、具体的にどんな仕事をするのか見ていきましょう。

接客をするホールスタッフ

接客をするホールスタッフは、お客さんが来店してからお会計をしてお店を出るまでの、お客さんに関する全般を担当します。

ホールスタッフは、その店の顔です。

そのため、とにかく明るく元気な方にお勧めする仕事です。

仕事内容は、まず、お客さんが来店したら、元気な挨拶をし、席へ案内し、注文をとります。

次に、注文を調理スタッフに伝え、ドリンクや、調理スタッフが作った、出来たての料理を席へ運びます。

その後も、追加注文の対応をしたり、注文がなく落ち着いている時は、お客さんの席を自分で見て回り、お客さんとコミュニケーションをとりながら、料理や飲み物を勧めます。

お客さんが会計を済ませ後も、席の片付けや、電話対応、予約席の準備など、お客さんがいないところでの仕事も多くあります。

忙しく動き回ることの多い役割ですが、お客さんと会話し、感謝の言葉をもらうことができるのは、ホールスタッフだけの魅力です。

特にこれから社会にでる学生さんにとって、お客さんから「ありがとう」と言われる喜びを知るということは、必ず役に立つ経験になります。

調理をする調理スタッフ

調理スタッフは、調理場内で、調理を作ることがお仕事です。

調理スタッフは片手で中華鍋を振るったり、大量の揚げ物を次々に大皿に盛っていくなど、力勝負なところもあるため男性が中心です。

また、焼き鳥などを焼く焼き台がある店では、1人が焼き台につきっきりの状態になり、汗を拭きながら、焼き物を作ります。

調理スタッフは、営業時間内は、料理を作っていくことがお仕事ですが、営業時間前には、仕込みをしたり、営業時間後には、材料の発注なども行います。

さらに居酒屋バイトについて知りたい人は、こちらの記事も合わせて参考に!

居酒屋バイト求人の選び方を10個のポイントで紹介します。

居酒屋バイトおすすめの理由!

体力勝負できつそうなイメージのある居酒屋のアルバイトですが、嬉しい、楽しいアルバイトの特典が沢山あります。

まかないが美味しい

アルバイトが終わる時刻は、どんなに暇な日でも、21時は過ぎてしまいます。

そんなお腹ぺこぺこな時間に、遅番の調理スタッフが、店にある材料で作ってくれるまかないご飯。

新しいメニューの開発の場にも活用されており、かなり真剣に考えて作ってくれるため、お金を出して食べるくらいの美味しいものが出てきます。

同年代との出会いがある

居酒屋のアルバイトは、学生さんが多いため、同年代の異性の出会いの場にもなります。

特に、調理場で真剣に鍋を振る調理スタッフのたくましい腕は、私自身もドキドキして見ていました。

たまにですが、お客さんとの出会いもあります。

ほとんどがその場のノリで終わってしまいますが、もし相手が積極的なら連絡先を書いて渡してくれるような場合もあります。

また、異性との出会いだけでなく、仲間ができるのも嬉しいポイントです。

居酒屋のアルバイト同士は、生活リズムが似てくるため、プライベートも仲良くなることが多いです。

非番の日に、アルバイト先の店に来て、常連さんたちと一緒に飲む、なんてこともよくあります。

遅い時間帯は時給が良い

労働基準法により、午後10時から午前5時までの間は、深夜時間帯として賃金を割り増しして支給する決まりがあります。

居酒屋は、午前0時ころまで営業する場合が多いため、もし深夜時間帯に勤務すれば、その時間帯は、普段の時給×1.25倍で時給計算されます。

ただし、18歳未満の方は、深夜時間帯は働けません。

活気が良い

居酒屋のアルバイトの印象と言えば、「大きな声」ではないでしょうか。

大きな声で返事をすることは、他のスタッフとの連携ミスも防ぎますし、お店全体の雰囲気が明るくなります。

若い年代が多い上、お客さんもお酒が入って陽気なのでノリもよく、居酒屋は、常に活気があって楽しい雰囲気に包まれています。

髪型・服装などは比較的自由

髪型については、女性の場合、長ければ1つか2つに束ねていればOKで、色や長さの制限は特にありません。

調理場スタッフは頭にタオルやバンダナを巻いて仕事をしますが、女性と同じく、髪型そのものに制限はありません。

服装は、ホールスタッフの場合、制服支給が多いですが、エプロンのみの支給であとは私服、というパターンもあります。

この場合の私服も、動きやすければ特に制限はなく、ジーンズにTシャツといったラフな格好でもよいところが多いです。

ピアスや邪魔にならないネックレスくらいなら、アクセサリーもOKです。

ただし、長いネイルアートは、NGの場合が多いため、事前の面接でお店に確認し、短めの派手でないものにするなどの対応を提案してみましょう。

未経験者でも働きやすい

ホールスタッフ、調理スタッフともに、未経験者でも働きやすいのが居酒屋の特徴です。

特に専門的な知識は必要ありません。

お酒の種類が覚えられる

お酒って本当に種類が多くて難しい名前が多いですよね。

メニューに何のお酒か書いてくれている場合はいいのですが、カクテルの名称しか書いてない場合、これが、ジンベースなのかラムベースなのか、何のフルーツで割ってくれるのか、さっぱりわかりません。

 けれど、居酒屋でアルバイトをしていれば、ひととおりのカクテルの作り方は嫌でも身に付きます。

 お酒に詳しくない人と居酒屋に来て、カクテル選びに迷っていたら、「これが〇〇のカクテルで飲みやすいですよ」などとアドバイスをすることができます。

社会人として役立つ経験が多い

居酒屋のアルバイトは、社会人になっても役に立つ経験が多いです。

例えば、ホールスタッフの場合、接客を通じて、相手が何を求めているか考える洞察力を鍛えることや、対話能力を鍛えることができます。

また、忙しい時間も少人数で切り抜けなければならないため、協調性やリーダーシップも自然と身に付きます。

将来、どんな職場でも必要となるスキルばかりです。

調理スタッフの場合は、仕込み、調理の中で技術を自分のものにすることができます。

また、発注管理を行うようになれば、在庫管理や原価に対する感覚を磨くことができ、将来自分で店を経営する時のノウハウも身に付けることが出来ます。

調理スタッフは、将来自分の店をもちたい調理師学校の学生さんにもお勧めのアルバイトです。

\居酒屋のバイトに「やりがい」があると感じた人は/

居酒屋バイトの辛い所

居酒屋のアルバイトは、もちろん楽しい部分ばかりではありません。

居酒屋のアルバイトによくある、辛いところ、困るところを見ていきましょう。

酔っ払いに絡まれる

お酒が入って陽気になるのはわかるのですが、中には女性スタッフに絡んでくるお客さんがいます。

特にご年配のお客さんだと、このご時世完全にアウトなセクハラ発言も堂々としてくることがあります。

ある程度は、我慢する場面も出てくるかも知れませんが、仕事に慣れるにつれ、それを交わす技術も身についてきます。

忙しい

とにかく営業時間中は動き回ってばかりで、座る暇がないくらい忙しいです。

お店にとってはいいことですが、スタッフは、若くて体力がないと結構つらいです。

私は、ゴム製のスリッパを居酒屋のアルバイト用に買って履き続けたところ、約3か月でアッパーが完全に破れて履けなくなってしまいました。

また、忙しさのため、接客に十分な時間が割けなくなる場合があります。

特にお客さんの来店が重なる時間帯では、料理や飲み物を待たせてしまうことで、クレームになることもあります。

忙しい中でも常に気を張って集中しておく必要があるので、勤務終了時は、ぐったりするほど疲れていることがあります。

勤務時間が遅い

居酒屋の開店時間は、大体午後6時で、ピークが午後8時ころ、その後もチラホラお客さんが続き、ラストオーダーが午後11時ころ、閉店は大体午前0時ころになると思います。

そのため、学生さんだと、生活リズムが乱れ、午前中の授業は結構つらくなってしまいます。

さらに悪循環なのは、夜型生活になってしまうと、学校の友達と疎遠になるため、ますますアルバイト中心生活になってしまいます。

本来の学業を疎かにしないために、自分の時間管理は自分できちんとできる意思の強さが必要になります。

お酒やタバコが苦手な人には辛い

アルバイト中にお酒を飲むことはありませんが、スタッフはお酒が好きな人が多いため、その人たちと飲む機会は増えます。

そのためお酒が苦手な人は、素面でその飲み会に付き合うことになるため、結構辛いです。

また、居酒屋は喫煙に制限がないため、タバコが苦手な人には辛いところです。

ただ、最近はアイコスの普及や分煙思考の定着から、周りに吸わない人がいる場所で堂々とタバコを吸う人は少なくなったように感じます。

こんな人に向いています!

居酒屋のメリット、デメリットを踏まえ、居酒屋のアルバイトに向いている人を見ていきましょう。

人とのコミュニケーションが好きな人

ホールスタッフにとっては、絶対に外せない要件です。

お客さんに無愛想な態度でしか接客できなければ、どんなに調理スタッフが美味しい料理を作っても、お客さんの満足度は高くなりません。

また、お客さんに対してはもちろん、内部ともうまくコミュニケーションをとる力も必要です。

忙しい時間帯を限られた人数で乗り切るためには、内部と協力して仕事が進められる協調性が必要です。

お酒や食事が好きな人

居酒屋で働く人はお酒が好きな人が多いように思います。

最初は、お酒が飲める、と思って志望する場合もあるかも知れませんが、お酒がタダで飲めるかどうかは店によりけりです。

通常、お酒は保存が効く商品で、かつ価格も高いため、タダで飲めることはないと思います。

それでも、やはり居酒屋なので、お酒や食事が好きな人の方が向いています。

理由は、自分が好きな物だからこそ、相手が何を求めているか想像し易いからです。

どういうタイミングでおかわりしたいか、どんな味のおつまみがおすすめか、それは、お酒とそれに合う食事に日ごろから親しんでいる人の方が的確な勧め方ができると言えます。

気配り上手な人

ホールスタッフは、気配り上手な人が向いています。

ただし、最初から自信がある人なんてほとんどいませんので、まずは店が作った接客マニュアルを、最初は守っていれば、標準的なサービスは必ず出来るようになります。

けれど、気配りとは、最終的には、相手が何を必要としているか、こうしたら喜んでくれるんじゃないか、と自分の考えを持って相手を観察し、行動して経験を積み、磨いていくものです。

気配り上手な人もそうでない人も、ぜひホールスタッフとして、その感性を磨き、自信に繋げましょう。

若さと体力が必要

ホールスタッフ、調理スタッフともに、若さと体力は欠かせません。

ホールスタッフは、呼ばれたら素早くお客さんの元へ向かったり、お皿やジョッキをいくつももって颯爽と歩き続けなければならないため、腕や足腰が強くないと辛いです。

調理スタッフは、とにかく熱い中、ずっと鍋を振るったり、洗い物をし続けるため、こちらも体力勝負になります。

\「自分でも出来そう!」と思ったら/

経験者は個人店で働くのもおすすめ!

個人店では、店のオーナー=店長だったり、オーナーと店長が親子だったりと、割と小規模で経営を行っている場合が多く、アットホームな雰囲気が魅力です。

オーナーや店長の個性によって雰囲気が違う!

個人店なので、店内のレイアウト、メニューのデザインは全てオリジナルです。

オーナーや店長によっては、アルバイトに、メニューのレイアウトを任せしてくれたりもするので、アルバイトでも経営陣と一緒に意見を出し合える魅力があります。

食事やお酒にこだわったお店も多い

食事も、全てオリジナルです。

そのため、女将さんの田舎の家庭料理が入っていたり、常連さんからお土産でもらった特産品をすぐに小鉢としてメニューに加えたりという、自由さがあります。

お酒も同様です。

独自のルートで買い付けためずらしいお酒や、常連さんの希望でお酒を仕入れたりなど、個に対応するスタイルがあります。

このようなお店のホールスタッフとして働くには、常連さんの好きなお酒やマイグラスを早く覚え、キープボトルの管理を行い、お客さん一人ひとりを大切にする丁寧な接客が好まれます

また、オリジナル料理の魅力をお客さんに説明する対話能力も求められます。

マニュアルが無いお店も多い

業務マニュアルなどがないお店も多いです。

その場合は、オーナーや店長、女将さんの大切にしている店の雰囲気を読み取り、わからないことは自分から積極的に尋ね、店に合った接客をすることが求められます。

ぴったりの居酒屋のバイトが見つかりますように!(まとめ)

居酒屋のアルバイトは、体力的には大変ですが、得るものは沢山あります。

人と接するのが好きな人、お酒と料理が好きな人は、ぜひ、自分に合った居酒屋のアルバイトを探してみて下さい。

  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
ユーザー満足度No.1!テレビCMでもお馴染み。高時給バイトも多数あります。 公式サイト 公式サイト
求人件数も豊富で、やりたいバイトが見つかりやすい!圧倒的におすすめなバイト求人サイトです。 公式サイト 公式サイト
マッハバイトで応募して採用されると、最大で1万円、最低でも5,000円の祝い金を貰える! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

居酒屋バイト求人

居酒屋バイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

居酒屋バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

あなたは、「バイト」と聞いてどのような仕事を思い浮かべますか?まずほとんどの方が思い浮かぶのが居酒屋ではないでしょうか。大学時代、4年間居酒屋バイトをしていた私が居酒屋バイトの時給をメインにご紹介。居酒屋バイトを検討しているあなた!参考にしてみてはいかがでしょうか。居酒屋バイトの給料の相場はどのくらい?居酒屋バイトの給料相場は、そのお店の形態や種類、もちろん地域によって異なります。例えば、私が働いていた居酒屋は個人経営店だったので昇給等のマニュアルはなく、日々の頑張りを時給に反映させる、というような時給の決まり方でした。もちろん基本給はありますが、店長に「時給を上げてほしい」との旨を伝える機会

東京の居酒屋バイト求人の時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

東京の居酒屋バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とはどんな事か。ある意味、他のアルバイトでは、経験出来ない居酒屋のアルバイトについて、ご紹介したいと思います。私は東京のこんなところで居酒屋のアルバイトをやりました私が働いていた居酒屋は、東京の都心から少し外れたところにありました。ですが、駅前と言う立地のお陰で、それなりにお客様は沢山来ていただきました。そんなに大きなお店では、ありませんでしたが、アルバイトの人数は多かったと思います。東京の居酒屋バイト求人の時給は?私が貰っていた時給は、1050円ぐらいだったと思います。あとは、賄いが出たのと、臨時で入った時には

調布の居酒屋バイト求人の募集内容・募集店にはどんなものがある?気になる時給やおすすめ求人の特徴など、経験者が解説します!

学生がアルバイトをしようと考えると、一番最初に検討をするのが飲食店のアルバイトではないでしょうか。その中でも居酒屋は「酔っ払いが多い」「夜遅くまで働く」というマイナスイメージも多い仕事です。そこで調布の居酒屋バイト求人を、ホールスタッフとして1年間働いていた私が「どんな仕事があるの?」「どんな人が向いているの?」といった皆さんの疑問・不安にお答えします。居酒屋はどんな仕事?居酒屋は基本的には夜に営業をしています。しかし、ランチもやっているお店があったり、個人店やチェーン店、さらに提供する料理やお酒の価格帯によってその雰囲気が大きく変化します。でも、全体的には人と接するのが好きな明るいスタッフが

大学生向け居酒屋バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

大学生に人気なバイトの一つとして挙げられるのが、居酒屋でのアルバイトです。ここでは実際に大学生で居酒屋でのバイトを経験してみようと考えている方のために、居酒屋バイトで学べることや役立つこと、お勧めの求人などをご紹介します。居酒屋はどんな仕事?居酒屋でのバイトは、接客を担当するホールスタッフと調理を担当するキッチンスタッフに分かれています。人と接することが好きな方や料理が得意、または上手くなりたいという方にはおすすめの職種です。バイトの大まかな仕事内容ホールスタッフは入店したお客さんの案内から注文取り、お会計までの接客を担当します。規模が小さいお店ではホールスタッフがカクテルなどのお酒を作ること

居酒屋の時給の相場は?バイトが時給を上げるためにやるべきことも紹介します

居酒屋でのアルバイトに興味ありませんか?大人の雰囲気が漂う居酒屋はどことなく敷居が高いイメージを抱きがちです。そんな居酒屋ですが、働くお店によって時給がかなり違っていますよね。時給の相場やもらえるお金の決まり方はどのようになっているのでしょうか?どうせなら沢山のお金をもらいたいはずです。今回は居酒屋の時給や求人あれこれについてご紹介致します!居酒屋バイトの時給の相場はどのくらい?居酒屋のように食べ物や飲み物を提供するサービス業のなかでも、居酒屋バイトの時給はとりわけ高めに設定されていることが多いように思います。時給相場は地域により異なりますが、都市部の相場が約900円~1,200円程になります

居酒屋バイトの人気店の4個の特徴と、人気店への採用される方法

居酒屋のバイトをしたいけど、どう選んでいいかわからないという人もいると思います。この記事では、居酒屋バイトの人気店の特徴や、採用される方法などを紹介したいと思います。居酒屋のバイトを探している方へ居酒屋のアルバイトを探しているあなた、数あるお店の中から、みんな一体どうやって選んでいるの?という疑問をお持ちではありませんか?そして、条件のよい希望のお店を見つけたあなた、条件のよい店は応募者も多いため、適当に面接を受けても不採用になる場合があります。今日はこうした方々に、居酒屋バイトの人気店の特徴と、人気店へ採用される方法をご紹介します。居酒屋バイトの人気店の特徴まずは、どんなお店がアルバイト先と

居酒屋バイトのバイト仕事一覧はこちら >