居酒屋アルバイトの求人を見ても、お店が多くてどうやって選んだら良いか分からない…。

居酒屋は、お店によって時給も待遇も様々です。

そこで、今回は居酒屋アルバイト経験者が語る、居酒屋アルバイトの選び方を徹底的に見ていきましょう。

これを読めば、あなたにぴったりの居酒屋がきっと見つかるはずです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「居酒屋 バイト」の仕事例をチェック

居酒屋バイトの選び方

では早速、居酒屋アルバイトの選び方のポイントを見ていきましょう。

学校や家からの距離

まず、一番先に考えることは居酒屋のある場所です。

学校帰りにアルバイトに行く人は、学校からどのくらいの距離か、家から向かう人は家からの距離を見ます。

求人情報には、最寄りの駅やバス停の記載がありますが、「徒歩○分」はあくまで目安ですので、実際の場所や距離を調べましょう。

マップなどのアプリを使用すれば、出発地点から目的地までの距離が簡単に分かります。

個人的な意見ですが、交通機関を使うなら5km〜6km、自転車なら2km圏内が良いと思います。

これなら、大体10分〜30分ほどの時間で通うことができます。

これ以上時間をかけて通勤するくらいなら、近くのお店で1時間多く働いた方がお得だからです。

また、午前0時頃まで働くことを考えているなら、距離の基準は学校より家を基準にすることをおすすめします。

居酒屋のアルバイトは夜遅くまで働くことが多いため、帰り道は意外と危険だからです。

女性なら、なるべく迎えに来てもらうようにしたいところです。

時給

居酒屋のアルバイトの場合、だいたい最低賃金からプラス50円〜100円くらいが相場のようです。

最低賃金は地域により異なりますが、他のアルバイトと比較して決して高いとは言えません。

ただ、夜22時以降の賃金は、昼間の時給の1.25倍になります。

しかも、この時間以降は平日だと忙しくなることがあまりないため、22時以降の居酒屋アルバイトは結構お得です。

ただし18歳未満であれば、夜22時以降は働けないので注意が必要です。

居酒屋バイトの時給は、こちらの記事を参考に!

シフトが合っているか

シフトが自分の生活に合うかも重要です。

応募や面接の際に、週に何回勤務すれば良いか、1回の勤務で何時間ほど入れば良いかを必ず確認しましょう。

特に学生は、試験や就活のためシフトに入れない時期があります。

この場合は、求人情報の段階で学生の採用状況をある程度把握し、面接の時には休みが必要な時期をきちんと伝えましょう。

週1回~3回OK、1日3時間~4時間OKなどと書いてある居酒屋は割と個人の生活を考慮してくれますが、これは好きな時間にシフトに入れるという意味ではありません。

あくまで他のスタッフとの調整や、大きな宴会が入った時の一時的な増員など、店側の事情に左右されるものになります。

そのため、スケジュールの穴埋めにアルバイトしたいのであれば、居酒屋のアルバイトは不向きです。

仕事の内容

居酒屋アルバイトの仕事を大きく分けると、ホールスタッフと厨房スタッフに分かれます。

ホールスタッフの仕事はお客さんの接客全般で、厨房スタッフは料理の仕込みやオーダーの入った料理を作ることです。

ホールスタッフは立ち仕事で、客席と厨房の行き来の繰り返しです。

厨房スタッフは蒸し暑い中、何十人分ものから揚げを揚げ続けたり中華鍋を振るったりしなければなりません。

ホールスタッフも厨房も、どちらも体力勝負なお仕事です。

服装なども注意

制服があるかどうかは、求人情報の段階でチェックしましょう。

ただし、制服支給と書いてあってもエプロンやTシャツのみの支給が多く、パンツやスリッパは自前になることが多いです。

パンツは注文を取る時に片膝をつくため膝が破れたり、スリッパは動き回るため甲の部分が破れたりなど、使い込むとどうしても買い替えが必要になります。

こうした費用がかかることは覚悟しましょう。

ただし、上下共に支給してくれるお店もあり、そういったところは良いアルバイト先と言えます。

まかないも気になる!

まかないがあるかどうかは、求人情報でもハッキリ書いているところが多いです。

働く側にしてみたら、晩ご飯代が浮く上に栄養満点の美味しい料理がガッツリ食べられるため、一人暮らしにはかなり嬉しい特典です。

少し時給が安くても、まかないがしっかりしていれば満足度は変わるはずです。

お店の雰囲気は馴染めそうか

お店の雰囲気選びも重視しましょう。

店の外観や客席の様子の写真などを公開している求人情報はよくありますが、最近ではアルバイトの年代や男女比を公開している求人情報もあります。

また、実際に働いているスタッフの様子や現場の様子を撮影した動画を配信し、求人募集をしているお店もあります。

こうした情報を応募の前に見ておくと、お店の雰囲気がつかみやすいと思います。

これは後にサイトをまとめていますので、参考にして下さい。

スキルは得られそうか

ホールスタッフなら、忙しい時間も少人数で切り抜けなければならないため、周囲との協調性やリーダーシップが自然と身につきます。

それと、意外と役立つ経験となるのがお会計です。

宴会などの会計では5万円を超える支払いも珍しくありません。

現行法では、5万円以上の支払いに関する領収書は、200円の印紙を貼り割り印をしなければ納税したことになりません。

領収書の交付や印紙税の納税方法を知ることは、社会人になった後も、経理はもちろん営業職でも金銭のやりとりが絡む契約書の作成には印紙が必要になりますので、多くの職種で役立つことでしょう。

厨房スタッフなら料理のスキルはもちろん身につきますし、発注も行うようになれば在庫管理のノウハウも身につけることができます。

将来自分で飲食店を経営したい人は、その時の経験値にすることができます。

交通費の支給があるかどうか

もし月に8万5,000円ほど稼ぐ気持ちのある方なら、交通費の支給があるかどうかもアルバイト先を選ぶポイントにして下さい。

中には、アルバイトにも交通費を支給してくれるお店があります。

ここで気になるのが税金の話です。

アルバイトの場合、1年間に貰う給料が103万円を超えた場合、超えた金額に対して所得税がかかります。

そのため、アルバイトやパートの給料を103万円未満に調整して働いている人もいます。

ところがこの交通費は、給料と一緒に貰うお金なのに扱いが違います。

バス代や電車賃などの実費は、いくら貰っても所得税の対象になりません。

つまり、103万円の計算をする時に、加えなくて良いのです。

103万円の調整をしている人にとっての交通費は、何も心配せずに受け取れるお金というわけです。

車や原付、自転車を使って通勤する場合は、距離に応じて所得税の対象とならない金額に上限がありますので、注意して下さい。

チェーン店と個人店の違い

個人店とチェーン店では仕組みが違うため、それぞれの一般的な特徴をまとめました。

未経験者なら、まずはチェーン店に勤めることをおすすめします。

フランチャイズやチェーン店は経営者は法人で、あちこちに〇〇店があるものです。

求人情報にも、小さく○○株式会社、などお店のネーミングと無関係な会社名が書かれていることで察しがつきます。

チェーン店では店の経営を本社が管理しているため、メニューやその調理方法は全て決められていることから、自分たちで創意工夫する余地はほとんどありません。

また、地名度が高いため常に忙しく、個人店に比べ時給も若干高めのようです。

更に、接客マニュアルなどのマニュアルも用意されている場合が多いため、未経験者でも安心して働ける魅力があります。

個人店は個人が経営しているお店で、個人事業主の理念がそのままお店に反映されるため、店の雰囲気は様々です。

中には、アルバイトが考えたメニューや店のレイアウトを採用してくれることもあり、アルバイトでも経営に参画している実感が得られるのは個人店の魅力です。

また、常連さんを大事にするため、個に対応する接客力が求められます。

マニュアル通りの仕事ではなく、お店独自の考えに合った仕事を意識することが必要です。

居酒屋バイトの良いところ

居酒屋アルバイトは最初は大変ですが、続けていれば楽しくて忘れられない想い出が沢山できます。

ここでは、居酒屋アルバイトの魅力を一気にお伝えします!

スタッフ同士が仲良くなれる!

居酒屋のアルバイトは同世代が多く、同じアルバイトを通じて連帯感が生まれることから、自然と仲良くなることが多いです。

また、勤務終了の時間が遅いことから、自然とアルバイト同士の日中の行動パターンも似てくるため、プライベートも一緒に遊ぶようになったり恋愛対象になったりすることが多いです。

忙しい時間を一緒に乗り越えた連帯感は、とにかく強いのです。

髪型など自由度が高い

居酒屋のアルバイトは、基本的に髪型は自由、アクセサリーも仕事に支障がなければOKなところが多いです。

これは他のアルバイトに比べてかなり自由度が高いと言えます。

求人情報に髪型・ピアスOKなどの記載があるところはこれに該当しますので、チェックしてみましょう。

ただし、不衛生に見えてしまう長い爪や束ねていない髪は、飲食店全般でNGです。

お店のルールに従って楽しく働きましょう。

お料理やお酒の知識が身につく

厨房スタッフは、居酒屋ならではの料理や味付けをする内に、お酒に合うメニューや食材の知識が身につきます。

ホールスタッフはドリンクの対応をすることが多く、自然とカクテルや焼酎の種類と銘柄などお酒の知識が身につきます。

これによって、プライベートで友達と飲みに行った時、飲み物選びに困らない上に友達にも説明してあげられます。

また、お酒のプレゼントをする時に、相手の好みを聞き出したり喜ばれそうなお酒を選んだりする際にも役立つ知識になります。

まかないが美味しい!

居酒屋のまかないはかなり真剣に作ってくれる店が多く、お金を払って食べるレベルのものも少なくありません。

個人店なら、このまかないから新作メニューが誕生することもあります。

一人暮らしの学生さんにとって、人が作った美味しい手料理を食べるのは幸せそのもの。

居酒屋の求人情報では、まかないの美味しさをアピールしているものも沢山あります。

ぜひ、まかないに力を入れてくれそうなお店を選びましょう。

遅い時間は時給が良い! 

夜22時以降は、普段の時給×1.25倍で時給計算される決まりになっています。

居酒屋は遅くまで開いている店も多いため、夜でも働けるなら、ぜひ22時以降のシフトを勝ち取りましょう。

ただし、前述した通り、18歳未満であれば夜22時以降は働けません。

バイト未経験者も多いから安心

居酒屋アルバイトの求人情報のほとんどに、「未経験歓迎」の文字があります。

その通り居酒屋のアルバイトは未経験者が多く、更に初めてのアルバイトに選ぶ人が多いように感じます。

そのため、店側も未経験者を育てることに慣れています。

必要な仕事は教えてもらえるので、基本的なことは1ヶ月もすればほとんど覚えることができるでしょう。

大手の居酒屋なら、接客マニュアルや研修が用意されているところもあります。

必要なのはやる気と体力ですから、心配いりません。

接客はコミュニケーション能力がつく

ホールスタッフの場合、お客さんとのコミュニケーションを通じて、洞察力やコミュニケーション能力が向上します。

居酒屋のアルバイトをしていると、自然とお客さんを見るようになります。

「飲み物が減ったな、そろそろおかわりかな」などと考えながらお客さんを見ていると、自然とお客さんの次の動きが見えてくるようになります。

そうすると、相手が必要としている行動を自分から提案することができる、いわゆる気が利く人になっているのです。

最初は「お客さんとのコミュニケーションなんて、一体何を話したら」と思うのが当たり前です。

ところが、少し慣れると、いつの間にか自分からお客さんに何かしたくて話しかけずにいられなくなっていますよ。

これは社会人になってからも、同僚や上司とのコミュニケーションの場で必ず活かせる一生もののスキルになります。

厨房ならお料理のスキルが身につく!

厨房スタッフの場合、未経験者でも料理のスキルが身につきます。

しかも、作る量が家庭のそれとは比べものにならないため、気づけば実家の母より上手くなっていることがあるかも知れません。

人に食べてもらう料理を作るというのは、最初は緊張すると思います。

特に居酒屋のベテラン厨房スタッフは、駄目なところは駄目ときちんと指導します。

職人気質なスタッフもいるため、厳しい指導も時にはあるかもしれません。

しかし、お客さんが満足して帰っていく様子をひと目見れば、必ず自信がつくはずです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

居酒屋バイトの嫌なところ

もちろんアルバイトと言えどお仕事ですから、楽しいことばかりではありません。

次は嫌なところもしっかり見ていきましょう。

忙しい!

営業時間中は、新規の来店、予約客の対応などとにかく忙しいため、体力がないと辛いです。

特に新規のお客さんの来店が重なった時はドリンクも料理も注文が一度に殺到するため、仕事だけに集中しなければいけません。

けれど、辛いばかりではありません。

仕事に集中している分、気づけばあっという間に2時間過ぎていることもざらです。

これは、じっとしている仕事より体を使うアルバイトの方が断然時間が早く過ぎてくれるという、忙しいアルバイトの特典です。

更にこの忙しさを乗り切った時には、当日のスタッフ全員に「みんなでやり切った」という連帯感と達成感が生まれます。

酔っ払いの接客

お酒の席では必ずと言って良いほど、1人2人は、深く酔ってしまうお客さんが出てきます。

そんなお客さんが吐いてしまったトイレの掃除も、もちろんアルバイトの仕事です。

また、すっかり眠ってしまって、閉店になっても帰らないお客さんもいます。

そんなお客さんを起こしてタクシーに乗せるのも、もちろんアルバイトの仕事です。

怖いお客さんや態度の悪いお客さんの接客

酔っぱらうと、アルバイトに因縁をつけ怒鳴りつけてくるお客さんもごく稀にいます。

お客さんなので我慢しなければならない場面も出てきますが、自分一人で手に負えない時は、迷わず社員さんを呼びましょう。

酔っ払いの対応は、経験が必要です。

慣れた人の対応をよく見ていれば、その内それに対応する話術が身についてきます。

メニューを覚えるのが大変

居酒屋はとにかくドリンクと料理のメニューが多く、全て覚えなければなりません。

厨房スタッフはもちろんホールスタッフも、お客さんからおすすめメニューを尋ねられたり料理の説明を求められたりすることが多いためです。

余談ですが、おすすめメニューは自分の主観や思いつきで決めてはいけません。

勧めたいのに在庫がない、なんてことになれば、お客さんから不信感を抱かれてしまいます。

開店前に、その日のおすすめや在庫の状況を厨房に確認しておけば大丈夫です。

生活が乱れやすい

居酒屋の閉店は大体午前0時をまわります。

そのため夜型の生活になってしまい、恋人とすれ違ったり、学生の場合は本業の勉強に集中できなくなることがあります。

自分で時間管理をする強い意志が必要です。

体育会系!

居酒屋のアルバイトには、体育会系の部活のような一面があります。

まず、仕事内容がとにかく体力勝負です。

そして、営業時間中は常に全員で大きな声を出します。

注文を受けた時も、料理が仕上がった時も、とにかく大きな声で互いに合図を送り連携を図ります。

このノリが苦手という人は、もしかしたら居酒屋のアルバイトは不向きかも知れません。

けれど、この大きな声を出し合うことが、まるで部活のような連帯感を生んでくれます。

こうした活気ある中で忙しい時間を全員で乗り切った時は、まさに大会で試合に勝った時のような清々しさと感動があるのです。

アルバイトに達成感や充実感を求めるなら、居酒屋のアルバイトは本当におすすめです。

繁忙期は休みをとりづらい

12月の忘年会、1月の新年会、4月の歓迎会のシーズンは、あっという間に予約でいっぱいになります。

予約が決まれば必要なアルバイトの人数が割り出されるため、人手が足りない日の休みは当然とりづらくなります。

帰省のタイミングや、学校のテスト期間などは、アルバイト同士で調整する必要がでてきます。

タバコ臭い

居酒屋は喫煙に制限がないため、タバコの煙が苦手な人には辛いところです。

ただ、喫煙者の人口は減少傾向にあります。

JTが発表した、日本の喫煙者人口では、2009年に2601万人だった喫煙人口が、2017年には1917万人にまで減少しています。

この差は、684万人、つまりこの9年間で約25%も喫煙者人口が減っていることになります。

また喫煙者の中には、電子たばこに乗り換えた人もいるでしょう。

電子たばこなら、タバコの煙の臭いはしません。

そうは言っても、減っただけでは解決になりませんよね。

こればかりは、「年々マシになっている」としか言いようがありません。

体力を使う

居酒屋は基本的に立ち仕事のため、慣れない内は1回のアルバイトで体力を使い切り、くたくたになることでしょう。

間違いなく初日からふくらはぎが筋肉痛になります。

体力に自信がなければ、居酒屋のアルバイトはおすすめしません。

ただし、この疲れは仕事に慣れれば解消できます。

その理由は、自然と体力がつくことです。

ジョッキや料理がのった皿をいくつも持って動く内に、自然と筋力がついてきます。

また、体が物を運ぶことに慣れてくるため、体のバランスが整い、動きもスマートになってきます。

更に、アルバイトに慣れれば仕事の手順が分かってくるため、無駄な動きがなくなります。

例えば、お客さんにそろそろ2杯目のドリンクが必要になる頃だ、というのは、慣れてくれば分かります。

そうすると、通りがかりにおかわりの注文を尋ねれば、お客さんから呼ばれて駆けつけるその1回の動きが省けます。

また、片づけの手順も、慣れればスムーズに最小限の動きで行えるようになります。

仕事に慣れることで体力の問題はクリアできます。

ナンパやセクハラなどがある場合も・・・ 

酔ったお客さんは、基本的に陽気な人ばかりです。

ただし、陽気になりすぎて、女性のアルバイトをナンパしたりセクハラまがいの発言をしたりしてくることもあります。

ノリで対応できる範囲を超え目に余るようであれば、お店として対応してもらえるよう、すぐに社員に報告しましょう。

普段は温厚で優しいタイプの社員さんやアルバイトの先輩がきちんと対応してくれ、お客さんが「すみません」という感じになった時は、ちょっとキュンとしますよ。

テーブルやトイレの後片付けが大変

後片づけは、ホールスタッフの仕事になります。

テーブルの上のお皿やコップを下げたり、食べこぼしやドリンクのしみ込んだ座布団を処理したりと、片づけは大仕事です。

下げられたお皿やコップを洗うのは厨房スタッフの仕事です。

調理をしながら一気に洗うので、時間もかかるしかなり疲れます。

そして、一番大変なのはトイレ掃除です。

トイレットペーパーがなぜか水浸しの床に転がっていたり嘔吐物があったりで最初は少し抵抗がありますが、だんだん驚かなくなります。

とは言え、嘔吐物が詰まったトイレの処理は、何度やっても暗い気持ちになります。

居酒屋で働くために大切なこと

居酒屋のアルバイトは、大変なこともあるけれど、楽しくてやりがいのある仕事です。

次は、居酒屋のアルバイトをするために大切なことをご紹介します。

お店で使う専門用語を覚えよう

「お通し」「キープ」「おあいそ」など、居酒屋で使う用語は結構多いです。

これらはスタッフがというよりお客さんが普通に使ってくるため、意味が分からないとちょっと恥ずかしい思いをします。

「お通し」とはお客さんに最初に出す小鉢に入った料理で、付け出しとも言います。

「キープ」とは焼酎のボトルの飲み残しを、次回まで店で保管しておくことです。

「おあいそ」はお勘定のことです。

それと、今では少なくなりましたが、お客さんのオーダーを手書きの伝票で取る店の場合は、料理名やドリンク名の略称も覚えなければなりません。

伝票への記載は全て略称ですし、オーダーもその略称でホールから厨房に通すため、料理名とドリンク名の略称を覚えないことには仕事になりません。

最近では、オーダーエントリーシステムと言って、手書きの伝票は使わずホールスタッフがリモコンのような形の端末を持って注文を入力するタイプや、客席におかれたタブレットでお客さん自身が注文を入力して、データ送信するシステムが増えています。

機械操作を覚えるか伝票の書き方を覚えるかの違いで、ホールスタッフの覚える仕事量はさほど変わらないと思います。

優先順位をつけてスピーディに動けるようにする

居酒屋のアルバイトでは、お客さんの来店が重なった場合、全てを効率良くこなすために、自分の行動には常に優先順位をつけておくことが大切です。

オーダーが重なった時、どれを一番に行うか迷っている暇はありません。

店にもよりますが、最優先は新規来店のお客さんのファーストドリンクと1回目の料理の注文が基本です。

また、仕事をスピーディに行うためには、自分でお客さんの注文をエスコートしてあげる必要もあります。

例えば1回目の料理の注文時に、お客さんが鉄板焼き1品のみを頼んできたとします。

それで注文を取り終えてしまうのはNGです。

なぜなら、鉄板焼きは普通に作っても時間がかかる上、混んでいる時間帯なら30分以上お待たせしてしまう場合があるからです。

もし、ドリンクだけ出した状態で料理を何十分も待たせたら、間違いなく余計なクレームを受けることになりますし、おそらくクレームになる前にそのお客さんは2回目の注文をしてきます。

そうすると、お互いに時間を損したことになります。

そのため、最初のオーダー時に、お客さんのことを考え、なるべく早く出せるサラダや炒めものを二品ほど勧めておくのです。

そうすれば注文は1回で済みますし、お客さんもすぐに料理が来て満足してくれます。

小さなことのようですが、このちょっとした時間の節約が忙しい時間帯こそ重要になります。

自分の担当をどうしたら自分だけで回せるか真剣に考えれば、それぞれの料理にかかる時間と厨房のその日の体制を把握するところに辿り着きます。

そうやって自分の担当するお客さんの注文のスピードをある程度までコントロールできるようになれば、キツいはずの仕事が格段に楽しくなり、最初から最後まで集中して仕事ができるようになります。

居酒屋アルバイトは体力だけでなく知恵の勝負でもあるのです。

スタッフ同士の連携が肝

いくら仕事に慣れても、繁忙期やお客さんが何組も重なった時は一人で全て対応することはできません。

そんな時は、スタッフ同士の連携が肝です。

慣れてくると、一人が料理のオーダーを取っている間にもう一人がドリンクを作る、そして残りの一人がお通しを運ぶ、厨房スタッフは次々と入ってくるオーダーを料理の手順や量を考えながら手際良く調理する…こうした分担が瞬時にできるようになります。

頭がパニックになりそうなほどドリンクの注文が殺到した時、他のスタッフがさっとビールを注いでくれた時は、相手に心から尊敬と感謝の気持ちが湧いてきます。

そして、何度かアルバイトに入ると、一緒に働きやすいスタッフとそうでないスタッフがはっきり分かれてきます。

ぜひ、他のスタッフから頼りにされる仕事を目指しましょう。

いつも笑顔で元気よく!

居酒屋と言えば、元気な笑顔や大きな掛け声が印象的ですよね。

ホールスタッフが明るい笑顔を見せてくれると、お客さんも明るい気持ちになれます。

逆に、ホールスタッフが無愛想な態度でしか接客できなければ、どんなに料理が美味しくても、お客さんからすれば「暗い店」「店員がイマイチ」という評価にしかなりません。

どんな時でも明るく元気でいることは、居酒屋アルバイトの一番大切な条件かもしれません。

失敗しても悩みすぎないこと

居酒屋アルバイトは、とにかく頭も体も忙しいです。

そのため、ミスも起こりやすくなります。

注文ミス、ドリンクの作り間違い、グラスを割る。

私が知る最大のミスは、大人数の宴会の予約の受付ミスです。

電話予約を受けた際、その日にちを1日前と勘違いして受付をしてしまい、当日になってお客さんが来ないことからそれが発覚したのです。

もちろん、用意した宴会料理のほとんどがパーになりました。

お店のその日の売り上げは当然赤字です。

予約の受付をした新人アルバイトの男の子はかなり落ち込んでいました。

確かに、お店に損をさせるようなミスはあってはいけません。

けれど、ミスは誰にでもあります。

そして、時間が経つと笑い話になるものです。

「仕事の失敗は仕事で取り返せ」、かつてこんな言葉をかけてもらったことがありますが、この言葉の意味は、落ち込むことでは何も解決しないということです。

しっかり反省した後は、落ち込まないようにしましょう。

まとめ

初めてのアルバイトとしてハードルが低く、飛び込みやすい居酒屋バイト。

しかし、その仕事内容は意外と多岐にわたり、頭も体力も使います。

だからこそ身につくスキルも沢山あり、また魅力ややりがいも多いものです。

居酒屋バイトに興味のある方は、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
ユーザー満足度No.1!テレビCMでもお馴染み。高時給バイトも多数あります。 公式サイト 公式サイト
求人件数も豊富で、やりたいバイトが見つかりやすい!圧倒的におすすめなバイト求人サイトです。 公式サイト 公式サイト
マッハバイトで応募して採用されると、最大で1万円、最低でも5,000円の祝い金を貰える! 公式サイト 公式サイト



居酒屋バイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

居酒屋バイトの時給はどのくらい?これからバイトを探すならぜひチェックしよう!

あなたは、「バイト」と聞いてどのような仕事を思い浮かべますか?まずほとんどの方が思い浮かぶのが居酒屋ではないでしょうか。大学時代、4年間居酒屋バイトをしていた私が居酒屋バイトの時給をメインにご紹介。居酒屋バイトを検討しているあなた!参考にしてみてはいかがでしょうか。居酒屋バイトの給料の相場はどのくらい?居酒屋バイトの給料相場は、そのお店の形態や種類、もちろん地域によって異なります。例えば、私が働いていた居酒屋は個人経営店だったので昇給等のマニュアルはなく、日々の頑張りを時給に反映させる、というような時給の決まり方でした。もちろん基本給はありますが、店長に「時給を上げてほしい」との旨を伝える機会

アルバイトなら居酒屋がおすすめな5個の理由

大学生にとって不動の人気を誇るアルバイトである居酒屋のバイト。なぜ、そんなにも人気があるのでしょうか。そんな大人気な居酒屋がバイトにおススメな5個の理由をお教えします。居酒屋といっても街には沢山のお店がありますよね。どこで働いたらいいんでしょうか?そんな数ある居酒屋を選ぶ上での注意点も合わせてお話したいと思います。これから居酒屋でアルバイトをしようと思っている方はぜひとも参考にしてくださいね。居酒屋アルバイトの仕事内容ってどんな内容? 簡単に居酒屋バイトの仕事内容をご紹介します。居酒屋のバイトは大きく分けてホール業務とキッチン業務に分けて募集がされます。7割〜8割の人がホール業務に従事している

居酒屋バイトが辛いと感じる人の5個の理由と乗り越え方

大学生に人気のアルバイトである居酒屋バイト。経験したことがある人も少なくないのではないでしょか。人気のアルバイトではありますが、良いことばかりではありません。今回は居酒屋バイトをこれからしようと思っている人や現在している人に向けて、居酒屋バイトでよく直面する辛いと感じるポイントとその乗り越え方や向き合い方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。居酒屋バイトのおおまかな仕事内容とは?居酒屋のアルバイトは大きく二種類の業務に分類されます。ホール業務とキッチン業務と言われるものです。ホール業務ほとんどのアルバイトがホール業務に従事することになります。場所によってはホール業務しか募集をしていない居

居酒屋アルバイトがおすすめな11個の理由とは?働きやすい居酒屋の特徴や待遇を解説します

大学生の皆さん!アルバイトはしていますか?何かとお金のかかる学生生活は、しっかり稼げて楽しいアルバイトがしたいですよね。加えて、交際関係が広がって仲間が沢山できたり、自分の世界が広がったり、知識が身についたりするアルバイト先があれば自分の将来にも役に立ちます。学生の内はしっかりアルバイトをして、楽しい体験もしたい!というあなたにおすすめなのが「居酒屋」でのアルバイトです!キツいというイメージがある「居酒屋」のアルバイトですが、きちんと仕事先を選べばメリットが沢山あります。今回は居酒屋のアルバイトに注目してお話をしていきましょう!居酒屋の仕事はどんな仕事?居酒屋のアルバイトはホール業務とキッチン

居酒屋バイトの仕事内容をご紹介!どんなことをするの?働く前に業務内容を確認しておこう

本記事では、居酒屋バイトの仕事内容を通してそのやりがいなどをご紹介していきたいと思います。この記事を読んで、居酒屋バイトはただキツい仕事ではないという点をご理解いただき、その良さを知った上で求人に応募していただけたら幸いです。是非最後までご一読ください。居酒屋バイトの仕事は大きく3個の役割に分けられるホール担当ホール担当は主に接客業務を行います。お客様から伺ったオーダーをキッチン担当に届け、料理を提供し、片付けていくのが大まかな仕事内容です。お客様と接する機会の最も多い担当であり、お店の顔であるとも言えます。ホールでのミスはお客様に直接ご迷惑をおかけすることになるので、常に緊張感を持ちつつも笑

居酒屋バイトを辞めたい時はどうしたら良い?よくある7個の原因と対策。

居酒屋のアルバイトってなんだか一度は体験してみたいアルバイトですよね。私自身も居酒屋でアルバイトはしましたし、友達にも多かったですが、様々な事情で「辞めたい」という時もきます。ただアルバイトとはいえ、辞めたいと思ったからすぐ辞められるものではないですよね。辞めるか辞めないか、辞めるにはどうしたらいいか色々と悩むものです。居酒屋を辞めたいと感じてしまう7個の原因と対策とは?どんなアルバイトも仕事も辞めたい時期というのはやってくるものです。私自身も何度も「辞めたい」と思う瞬間や時期がありました。そんな居酒屋バイトの辞めたいと感じる原因と対策をご紹介していきます。店長や先輩との人間関係居酒屋のアルバ

居酒屋のバイトが楽しいと思う瞬間はこれ!身につく経験やスキルについても教えます!

アルバイトにも様々なものがありますが、その中でもメジャーなアルバイトとして居酒屋でのアルバイトが挙げられます。居酒屋にお客さんとして行ったことはあっても、実際に店員として働いてみると、お客さんとして行くのとはまた異なった視点からお店全体を見ることになります。そうすると、これまでお客さんとして行くことでは見えなかったり気づくことができなかった面が見えてくるものです。本記事では居酒屋でのアルバイトを考えている人に、実際に働き、お店全体を見た中で感じたことや、経験を通して、アルバイト先以外で役に立ったことについてご紹介します。また、居酒屋でのアルバイトを考えていない人にとっても、新しいアルバイト先の

東京の居酒屋バイト求人の時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

東京の居酒屋バイトの時給の相場や、やりがいってなんだと思いますか?今回はそんな東京の居酒屋求人事情について詳しく解説させていただきます。やってて良かった3個のことや、そこで身に付く力とはどのような事なのでしょうか?他のアルバイトでは、経験出来ない居酒屋のアルバイトならではな情報を詳しくご紹介したいと思います。居酒屋求人を東京で探している方はぜひ最後までご覧ください。私は東京のこんなところで居酒屋のアルバイトをやりました私が働いていた居酒屋は、東京の都心から少し外れたところにありました。ですが、駅前と言う立地のお陰で、それなりにお客様は沢山来ていただきました。そんなに大きなお店では、ありませんで

調布の居酒屋バイト求人の募集内容をご紹介!おすすめ求人のポイントも教えます!

学生がアルバイトをしようと考えると、一番最初に検討をするのが飲食店のアルバイトではないでしょうか。その中でも居酒屋は「酔っ払いが多い」「夜遅くまで働く」というマイナスイメージも多い仕事です。そこで調布の居酒屋バイト求人を、ホールスタッフとして1年間働いていた私が「どんな仕事があるの?」「どんな人が向いているの?」といった皆さんの疑問・不安にお答えします。居酒屋はどんな仕事?居酒屋は基本的には夜に営業をしています。しかし、ランチもやっているお店があったり、個人店やチェーン店、さらに提供する料理やお酒の価格帯によってその雰囲気が大きく変化します。でも、全体的には人と接するのが好きな明るいスタッフが

居酒屋バイトのコツを4個のポイントで解説!悩んだらこれを見て!

初めて自らお金を稼ぐ。今まで経験したことのない新しい業種に飛び込む。色々な理由でアルバイトを始める、始めようとしている方もいらっしゃると思います。しかし、新しいことに挑戦したり、今までのキャリアが通じるかも分からない他業種に足を踏み入れるのは中々勇気が必要です。今回は、これから居酒屋でアルバイトをしてみたい、アルバイトから始めてみようと興味を持って踏み出そうとしている方に、居酒屋で数年アルバイト経験のある私の経験談も織り交ぜながら居酒屋バイトのコツをご紹介します。居酒屋バイトは慣れるまで辛い?居酒屋に限らず新しい環境は今までの経験や知識では対応出来ないことが多いです。そもそも考えても答えが出な

バイトを居酒屋でやるべき5個の理由

アルバイトと言えば最初に何を思い浮かべますか?ファーストフード店やコンビニなど飲食業の接客を中心とした仕事を思い浮かべた方も多いのではないでしょうか。実際求人誌を見ると、1年に数回特集が組まれる人気業種でもありますよね。働いたことはなくても利用したことはある、ご飯を食べに行ったことがあるなど、飲食業に直に触れる機会は多いと思います。そのため、初めて働くアルバイトにそういった利用したことのある飲食業を選ぶ方も結構いるのではないでしょうか。実は私自身そんな新人アルバイトの一人でした。私が初めて本格的にアルバイトとして働いたのは和食の居酒屋さんでした。最初は勿論バイト代欲しさに働き始めるわけですが、

居酒屋のバイトがきついと感じる6個の瞬間。経験者が解説します

皆様、アルバイトを探すときどんなお仕事を探しますか?数あるアルバイトの中でも圧倒的に求人が多く、かつその職を選ぶのが多いのが飲食系ではないでしょうか。その中でも居酒屋のアルバイトを選ぶ方も少なくないのではないでしょうか。何を隠そう筆者も、居酒屋を含め3つの飲食系アルバイトを経験してきました。ちなみに筆者は全ての飲食系アルバイトでホールスタッフ担当でした。その経験から、居酒屋のアルバイトできついと感じたことなどについて紹介したいと思います!居酒屋のおおまかな仕事内容とは?気持ちよくお客様をお迎えして、元気よく接客、テキパキと飲み物やお食事を提供して、また気持ちよくお帰り頂く。これが全てと言っても

大学生向け居酒屋バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

大学生で居酒屋バイトをしている人を必ずと言っていいほど見かけたことがありますよね。居酒屋でのアルバイトが大学生に人気なバイトの一つなのは、いったいどんな理由があると思いますか?ここでは実際に居酒屋バイトを大学生のうちに経験してみたいと考えている方のために、居酒屋バイトで学べることや役立つこと、お勧めの求人などをご紹介します。居酒屋バイトのやりがいや事前に知っておくべきことをここでお話しさせていただきますので、ぜひ最後までご覧ください。居酒屋はどんな仕事?居酒屋でのバイトは、接客を担当するホールスタッフと調理を担当するキッチンスタッフに分かれています。人と接することが好きな方や料理が得意、または

居酒屋の時給の相場は?バイトが時給を上げるためにやるべきことも紹介します

居酒屋でのアルバイトに興味ありませんか?大人の雰囲気が漂う居酒屋は、どことなく敷居が高いイメージを抱きがちです。そんな居酒屋ですが、働くお店によって時給がかなり違っていますよね。時給の相場や貰えるお金の決まり方はどのようになっているのでしょうか?働くからには沢山のお金を貰いたいはずです。今回は居酒屋の時給や求人あれこれについてご紹介致します!居酒屋バイトの時給の相場はどのくらい?食べ物や飲み物を提供するサービス業の中でも、居酒屋バイトの時給はとりわけ高めに設定されていることが多いように思います。時給相場は地域により異なりますが、都市部の相場が約900円~1,200円程になります。地方でも約88

居酒屋バイトで大変だった3個のこと、働いてみないと分からないことばかり!

居酒屋アルバイトとはどのようなものなのでしょう?楽しそうでお洒落で大人びたイメージを持っている居酒屋でのお仕事には、華やかそうに見えても居酒屋ならではの大変さがあります。働くことになってから思い描いていたイメージを壊さないように、今の内から居酒屋アルバイトで大変そうなところや難しそうなところを知っておくことも大切かもしれません。居酒屋バイトで大変だったことそれぞれのお客様に合わせた対応をしなければならない居酒屋バイトと一口に言っても、お店の規模や各店舗によって違いは様々。全国的に展開しているチェーン店の居酒屋には、毎日沢山のお客様が来店されます。次から次へと訪れるお客様の注文を取り、料理やドリ

居酒屋のバイト面接で聞かれる内容は?服装やチェックポイントなど事前に把握しておこう!

バイト情報誌には居酒屋の求人がたくさん掲載されています。居酒屋のバイトというとスタッフ同士が仲良く、楽しそうなイメージもあり、学生や若い人には人気があるアルバイトです。実際、居酒屋のバイトはどのような仕事をしているのでしょうか。また面接はどのような感じで行なわれ、どのような人が採用されやすいのでしょうか。今回は居酒屋の仕事内容と面接を中心に紹介します。居酒屋のバイトはどんな仕事内容?居酒屋には行ったことがあるけれど、スタッフはどのような仕事をしているかがわからない人もいると思います。バイトをするにあたって、どのような仕事をしているかを事前に知っておくと、イメージがつきやすく、仕事を早く覚えるこ

居酒屋アルバイトはホールとキッチンどっちがおすすめ?それぞれのメリット・デメリットを紹介

居酒屋でアルバイトをしてみたい!という方は、まずはホールスタッフとキッチンスタッフの違いを知りましょう。あなたに向いているのは、一体どちらなのでしょうか。今回はそんな居酒屋のホールとキッチンの業務の違いを徹底的に解説させていただきます。また、居酒屋バイトのメリットもご紹介しますので、初めてのアルバイトに「居酒屋」を検討している学生さんは特に必見ですよ。居酒屋でバイトを探している方へ居酒屋のアルバイトは、ホールスタッフとキッチンスタッフの二つに分かれます。今回は、それぞれのお仕事内容と、メリット・デメリットをご紹介します。ホールのお仕事内容お客さんに関すること全般がホールスタッフのお仕事になりま

居酒屋バイトの人気店の4個の特徴と、人気店への採用される方法

居酒屋バイトの人気店ってどんな店舗だと思いますか?居酒屋のバイトをしたいけど、どう選んでいいかわからないという人もたくさんいると思います。とくに居酒屋アルバイト未経験の方は、人気店で働いてみたくても自分に出来るか不安だったりで、どこを選んで何をすればいいのかさえも分からないですよね。そこで、この記事では、やってみたい人気の居酒屋バイトを採用へ導く方法をご紹介したいと思います。参考にしていただけたら嬉しいです。居酒屋のバイトを探している方へ居酒屋のアルバイトを探しているあなた、数あるお店の中から、みんな一体どうやって選んでいるの?という疑問をお持ちではありませんか?そして、条件の良い希望のお店を

居酒屋バイトのおすすめ理由5選。学生に人気の基準はこれだ!

今回は、居酒屋バイトがおすすめの理由8選と仕事内容などを紹介したいと思います。アルバイトにも沢山の職種がありますが、特によく目にするのが居酒屋のバイトではないでしょうか。居酒屋ならではの仕事内容や、おすすめな理由があるんです。逆に辛いこともありますが、居酒屋に向いている人なら頑張れそうですよね!居酒屋でバイトしてみたい人も経験者もこの記事を読んで参考にしてください!居酒屋バイトってどんなお仕事をするの?居酒屋バイトのお仕事は、お客さんにお店の料理やお酒を楽しんでもらうことです。居酒屋は、そのほとんどが年齢や性別を問わず幅広い方が利用できる店になっています。仕事帰りの会社員、大学生のコンパ、小さ