おいしい料理とお酒を楽しむ場である居酒屋。

みなさんも友人や職場の仲間達と居酒屋に足を運んだことがあるでしょう。

一言で居酒屋と言ってもとってもおしゃれなカフェのような空間のものから、仕事帰りのサラリーマンが溢れる気取らない雰囲気の居酒屋までその種類は様々です。

居酒屋の店員さんといえば大きな声で元気よくオーダーを通したり、お客さんに呼ばれたら笑顔で対応し、ホール・キッチン問わず忙しく動き回っているイメージではないでしょうか。

テキパキと仕事をこなす居酒屋の店員さんを見て、「この仕事はきつそう」だったり「忙しそう」だったりと言うイメージが定着してしまっていますよね。

居酒屋の仕事はそのきつい、大変そうだというイメージから避けられてしまいがちですが、実は働く人にしか得られないメリットもたくさんある魅力的な仕事なのです。

今回は居酒屋のメリットについて、詳しく見ていきましょう。

もしかしたら、あなたにぴったりの仕事かもしれませんよ。

居酒屋にはどんな仕事がある?

たくさんの人が働く居酒屋は、仕事の種類や数もたくさん。

基本的にはホールスタッフ・キッチンスタッフと分かれており、自分の得意な仕事を希望することができます。

料理を覚えたい方はキッチンで、接客が好きな方はホールスタッフとして働くことでストレスや負担も大きくならず、楽しく仕事にあたることができるでしょう。

居酒屋の仕事内容を細かく詳しくご紹介していきます。

料理を作る

まずはキッチンスタッフの一番大きな仕事、「料理を作る」業務の中身を知りましょう。

キッチンスタッフは注文の入った料理をどんどん出していきます。

居酒屋はメニューが多く、料理の範囲もたくさんあるお店が多いので常に数人のキッチンスタッフが手分けをして調理を行います。

おそらくサラダやおつまみなどの冷たいものを盛り付ける担当、フライ物担当、焼き物担当などにポジションが分かれているお店がほとんどでしょう。

キッチンスタッフとして働き始めたら、まずは最初に「盛り付ける」作業から覚えることになります。

飲食店のキッチンスタッフと言うと調理が得意でないといけない、もしくは調理師の資格がいると感じますが、実は特別な資格や経験は必要ありません。

もちろん料理が好きであるに越したことはありませんが、特にチェーン展開をしている居酒屋は料理のクオリティをどこの店舗で食べても一定に保つために、自社工場で製造したものを店舗に運んで、現場での調理は必要最小限に押さえているお店が多いです。

盛り付ける、温める、揚げる、焼くなど基本的な調理がこなせれば、学生のアルバイトでもキッチンで働くことが可能です。

料理に興味のある方はぜひ挑戦してみましょう。

料理を運ぶ

料理を運ぶのは、ホールスタッフのメインの仕事です。

キッチンから出された料理をできるだけ早くにお席に運びます。

慣れたホールスタッフの場合は、大量のドリンクやお皿を両手いっぱいにのせて運んでいますが、最初からそのような技術のいることをする必要はありませんので安心してください。

持てるだけの料理を確実に間違うことなく運んで、お客様に元気よく料理の説明ができれば十分ですよ。

席の管理をする

小さなお店だったり、週末など忙しい時間がやってくることが予め分かっている時は、席の調整もホールスタッフの大切な仕事です。

居酒屋はお酒を飲んで会話を楽しむ人が多いので、一度お客様が席に着かれたら短くても2時間ほどそのテーブルは空きません。

何も考えずに席を埋めてしまうと、後から来店されたお客様を逃すことになってしまいます。

席をしっかりと管理し、お客様の人数に合わせてご案内ができるように計算しながらご案内をします。

食材の発注、管理

その日に用意してある料理の数や、食材の発注などはキッチンスタッフの仕事です。

予約や昨年の客数などのデータを見ながら足りなくならない、けれど余ってしまわない量の食材を発注します。

工場で製造したものを運んできているお店でも発注業務は付きものです。

料理の仕込みをする

夜の営業のみをしている居酒屋は5時6時からの営業が一般的ですが、社員やキッチンスタッフはお昼ごろに出勤して料理の仕込みを行います。

中には仕込みの時間のみで働くパート・アルバイトもあります。

仕込みのみのパート・アルバイトでも料理を覚えることができたり、手際が良くなったりと技術を身につけることができますよ。

店内清掃など

飲食店店内は清潔さがとても重要です。

働くスタッフは店内清掃にもきちんと時間を割いています。

居酒屋で働くメリット8選をご紹介!

居酒屋の主な仕事をご理解いただけたでしょうか。

続いて居酒屋で働くメリットをご紹介していきましょう。

スタッフがたくさんいるので働きやすい

お店の規模や業態にもよりますが、居酒屋にはたくさんのスタッフが在籍しています。

様々な年代の方が働いており、みんなそれぞれ得意なこと、不得意なことがあります。

ドリンクを作るのがとても早い方、ドリンクは得意ではないけれどお客様との会話を楽しめる方など、得手不得手があるのは当然で、居酒屋ではその得意な部分を大いに活かすことができます。

スタッフがたくさんいることでシフトの融通もききやすく、休日の希望も通りやすいのが特徴です。

学生さんにはぴったりのアルバイトですよ。

色んなお客さんと出会える

居酒屋には毎日たくさんのお客様がご来店します。

お酒を楽しむ明るい場ですから、スタッフとして働いていてもお客様とお話をする機会はとても多くあります。

お客様との会話を楽しむことでコミュニケーション能力が身についたり、商品をおすすめする営業の力を得ることができます。

ダブルワークしやすい

居酒屋の営業時間は夜がメインですから、午前中やお昼の時間は自由に使うことができます。

何年か前、居酒屋チェーンが社員を何十時間も拘束し働かせた挙句、休日は会議に出させると言って大問題になりましたが、全部の居酒屋がそんな働き方を強制しているわけではありません。

きちんと休みも取れ、労働時間も守られているお店が今、とても多くなっています。

良い職場に出会えれば、ダブルワークが可能なほど自分の時間を取ることができます。

時給が高めである

パート・アルバイトの方は時給が高いのも居酒屋で働く大きなメリットです。

夕方から深夜まで営業している居酒屋は、夜10時以降の深夜料金が付くので、短い時間でもしっかり稼ぎたい方にはもってこいの仕事です。

加えて今現在、飲食業界は深刻な人手不足に陥っており高い時給で人材を集めようとしているお店も多々あります。

狙い目と言って良いでしょう。

マニュアルがあるので仕事を覚えやすい

全国展開している居酒屋チェーンなどには必ずマニュアルが存在します。

キッチンスタッフのためのマニュアルはもちろん、接客マニュアル、オープン準備のためのマニュアル、閉店作業のマニュアルなどあらゆる仕事がマニュアル化されているので働きやすく、仕事も覚えやすいと言えるでしょう。

常に数人と一緒に働いているので、疑問に思ったことを先輩スタッフに聞きやすい環境でもあります。

明るく元気な雰囲気の中働ける

居酒屋といえば明るく元気な雰囲気の漂うお店ですよね。

そのお店の雰囲気通り、スタッフも元気で楽しい人が多いです。

スタッフ同士の仲もよく、仕事の時間が楽しくなります。

まかないがある

居酒屋で働くメリットとして多くの人が上げるのが「まかないがある」ことです。

美味しいご飯を仕事終わりや仕事の途中に食べさせてもらえるのは、一人暮らしの方にとってはありがたいことですよね。

料理やお酒に詳しくなれる

居酒屋で働けば、料理やお酒に詳しくなることもできます。

違うお店で働く時や、ご自分が外食をする時に役に立つ知識です。

居酒屋での働き方は?雇用形態と特徴をご紹介します!

居酒屋で働いてみようと思った方、次に考えるのは雇用形態です。

居酒屋は正社員、短時間正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトと様々な雇用形態が用意されており、待遇や仕事内容も少しづつ違っています。

それぞれの仕事内容や労働条件などを見ていきましょう。

正社員

まず、会社に所属し正社員として働く方法です。

正社員は社会保険もしっかりと整えられており、個人経営ではなく親会社が企業であれば賞与もあるところが多いですね。

少し前まではいわゆる「ブラック企業」と呼ばれる飲食店が多数ありましたが、労働条件は見直されて来ており法定の一日8時間労働が守られているお店もたくさんあります。

雇用の制限が無いので安定した働き方を求める方にぴったりです。

正社員はキッチン業務からホール業務まで、お店の営業に関わる全ての仕事をこなします。

忙しいところにヘルプに入る働き方、とも言えるかもしれません。

また、パート・アルバイトには任せられない金銭の管理、シフトの作成なども正社員が行います。

最近はパソコンを使って本社とのやりとりを行うお店が増えており、基本的なワード入力やエクセル入力などの能力が求められることも多いでしょう。

正社員はまずはお店で働き、店長を勤めた後はそのエリアのマネージャーへと昇格したり、希望すればメニュー考案などにまわることもできます。

将来を見据えた働き方ができるのが正社員ですが、その分残業や仕事量は増えるでしょう。

短時間正社員

飲食業界でも働き方の多様化が進んでいます。

短時間正社員も近年受け入れられるようになった働き方です。

働く時間が少なくても、社会保険に入ることのできる短時間正社員は特に女性に人気の雇用形態です。

居酒屋は夜の時間帯がメインになる仕事ですが、お昼と夜のダブルワークをしている女性もたくさんいます。

仕事内容は正社員とあまり変わりません。

短い時間で効率よく仕事をこなさなければいけないので、人によっては短時間正社員の方が大変だと言う方もいます。

契約社員

企業と契約した期間、正社員と同じ労働条件で働くのが契約社員です。

有期の働き方で3ヶ月、または半年、一年ごとに更新があります。

正社員ほどの責任はありませんが、契約社員でいる限り昇格はありません。

会社の中で上のポジションを目指す方は契約社員から正社員へとステップアップを図る方が良いでしょう。

契約社員の労働時間は正社員と同じことが多いですし、残業も発生します。

給与は月額で、賞与はある場合が多いですが退職金はないと考えておきましょう。

派遣社員

居酒屋のような飲食店で、最近増えているのが「派遣社員」と言う働き方です。

派遣社員とは企業に所属するのではなく派遣会社に所属し、その派遣会社と企業との契約の上で働く社員のことを言います。

企業との契約の間に派遣会社が入っていると考えると分かりやすくなります。

少し前まで飲食業の派遣社員と言えば、ホール業務が当然でしたが、最近はキッチン業務の派遣社員も増えています。

派遣社員は定められた時給で給与が発生します。

働いた分だけ給与がいただけると言うのはパート・アルバイトと同じですね。

お店までの交通費や賞与もないのが一般的ですが、残業もあまりありません。

自分の時間を守りながら働きたい方、ダブルワークをしたい方などにおすすめの働き方です。

派遣社員でも、条件が揃えば派遣会社の社会保険に入ることができます。

パート・アルバイト

居酒屋で働いてみようと思った方が一番最初に思いつくのがパート・アルバイトでしょう。

学生の時に働いていたと言う方も多いかもしれません。

パート・アルバイトは居酒屋での働き方では最もポピュラーで最大の割合を占めているでしょう。

正社員ほどの責任はなく、シフト制になるので週に2回ほどの出勤でも良いところが多いです。

仕事も決して難しくなく、ホールスタッフであればオーダーを取ったり料理を運ぶことがメインになります。

キッチンスタッフの場合も、盛り付けやお皿洗いなどが主な仕事になるでしょう。

まとめ

今回は居酒屋の仕事内容、居酒屋で働くメリット、さらには居酒屋スタッフの雇用形態などについてお話をしました。

居酒屋の仕事について知っていただけたでしょうか。

興味がある方はぜひ一度、働いてみたい居酒屋に足を運んでみてください。

明るく楽しい雰囲気の中生き生きと働いているスタッフを見れば安心して応募できるでしょう。

居酒屋で、仕事の時間も楽しく過ごしましょう。


関連キーワード

居酒屋求人