現在居酒屋で働いていて、自分の職場に不満があったりもっと給料が高いところがいい!と考えている人は少なくないかと思います。

そうしたときに問題を解決するには転職が効果的。

もっといい労働環境を求めるのは当然のことですからね。

ここでは居酒屋の転職で、狙い目の会社を見分けるコツや上手く転職する方法をご紹介していきたいと思います。

飲食業界に15年以上います筆者が簡単に分かりやすく説明しますので、どうぞ参考にしてみてくださいね。

「居酒屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

居酒屋の転職で注意したほうが良い3個のこと

一過性の衝動での転職に注意

まず始めに注意して欲しいのは「本当に転職するべきかどうか」を今一度考えてみてください。

一過性の衝動だけで転職をするのは禁物です。

現在勤めている会社でのキャリアも中途半端に終わってしまわないか?

努力次第では職場環境の改善が見込めないのか?

こうした部分をもう一度考えてみる必要はありますよ。

転職を考えている理由が何かひとつだけだったとしたら、もしかしたらそのまま働いている方が得策の場合もありますので。

ブラック企業に注意

転職する際に一番気をつけなければいけないのはブラック企業が運営している居酒屋かどうかという点です。

こちらを回避するには転職サイトでの口コミチェックや実際に働いている人へリサーチをかけることが不可欠です。

最近では少なくなってきたブラック飲食店ですが、やはりまだまだありますからね。

かなり注意が必要かと思います。

福利厚生の有無

せっかく転職するのであれば福利厚生が整っているところへ行ったほうが圧倒的に給料アップへの近道です。

それだけで年収50万円くらいは軽く上がりますので、そうしたところを重要なチェックポイントとして転職先は探しましょう。

最近では「福利厚生あり、残業代あり」というところもかなり多いですからね。

雇用形態別の注意点

アルバイトの場合

現在、非正規雇用として居酒屋で勤務している方。

いわゆる居酒屋バイトという形ですが、ちょっと給料が安いなぁと感じることもあるかもしれません。

こうした方々の中には「8時間以上の労働で時給アップ、夜10時以降での時給アップ」という条件を知らない人が多いかと思います。

本来はこうした労働条件は受けて当然の権利なのですが、飲食店の中でも特に居酒屋ではこの概念が浸透していないように感じられますね。

この条件を満たすだけで、収入は劇的にアップしますのでぜひ現在居酒屋でアルバイトしている方には転職を検討してみてもらいたいと思います。

また、アルバイトであっても昇給査定というのはあって然るべき制度です。

そうした部分も是非知っておいてもらいたいと思います。

正社員の場合

現在居酒屋で働いていて正社員の場合は、何年働いているのかという部分が重要になってくるかと思います。

3年未満ならちょっと考え直したほうがいいですし、3年以上勤続年数が経っているのであれば問題なく転職活動に励んでもらってかまわないです。

なぜかというと、離職率が高い飲食業界において「信用」というのは非常に大事です。

好条件の居酒屋に転職を考えたときに、やはり相手側も人を選びますからあなたが信用できる人間かどうかを履歴書で判断してきます。

そういった中で勤続年数が1年程度で転職を繰り返している人などはかなりの確率で除外されてしまいますので、なるべくひとつの店舗で働く際には3年程度を目安に働くことをおススメいたします。

もちろん現在働いているところがあまりにもブラックな環境であればこの限りではありません。

面接の際にその旨も伝えて事情を理解してもらうことも時には必要ですからね。

新卒で入社したばかりの場合

新卒で居酒屋チェーン企業などに勤めた場合の転職でもっとも注意しなければならないのは退職・転職の理由です。

ものすごいブラックな労働環境ならともかく、ある程度の保障がある中で転職をしようとなると新しい職場の面接官も「なぜ辞めてうちにきたのか?」という明確な理由が知りたくなります。

新しいところへの転職希望理由や、辞める職場に対してのなにかしらハッキリとした理由は必ず求められますのでしっかりと答えられるようにしておきましょう。

「居酒屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

居酒屋で転職する人は多い?

居酒屋業界での転職というのは少なくはありません。

大きな理由としては給料をアップさせるためというものが一番だと思いますね。

やはり他の業界に比べて低賃金なところが多く、また福利厚生などの条件面でもまだまだ整っているところが少ないのが現状です。

そうした中ではやはり転職せざるを得ないですし、離職率も高めとなっています。

転職すること自体は悪いことではありませんが、あまり何度も繰り返していると履歴書の職歴欄が見栄え悪くなりますので注意が必要となります。

本当に現在の職場から離れるべきかどうかはしっかりとした検討をすること、これは社会人としても当たり前の心構えですね。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

転職理由を明確にしよう

さきほども申し上げたように、転職をする際には必ず理由が求められます。

なぜ辞めてきたのか?という部分は新しく採用する側として一番重要なこと。

それが分からないと受け入れる側としても相手が何を求めているのか不明確で即採用と判断しづらいですからね。

筆者も飲食店を経営していますが、雇用関係を結ぶときには相手の求めることを理解したうえで採用・不採用を決めています。

経験や実績もたしかに見ますが、実はそうした「飲食業界で働く理由」というのが重要視されます。

こうしたところが、抑えておきたい転職成功へのポイントです。

雇用条件の確認やお店のリサーチをしっかりしよう

せっかく慣れ親しんだ職場を離れて心機一転あたらしい所で頑張るわけですから、雇用条件やお店の雰囲気は最低限抑えておきたいポイントとなります。

福利厚生は整っているのか?

残業代は出るのか?

ボーナスは支給されるのか?

こうした諸条件はのちのち響いてきますから、しっかりと最初のうちに確認しておくことをおススメします。

基本給だけ高くてもこれらが満たされていないと年収アップにつながりませんからね。

一番いい転職は相手から声をかけてもらうこと

他の業界でもそうですが、転職において一番いい条件というのは相手側から求められて職場を移ることです。

ある程度こちらの希望も通りますし、給料などの面においても待遇がアップします。

また、自分のやりたい仕事にも繋がりますからやりがいもありモチベーションが高く働けるというメリットもありますね。

そうした点ではやはり業界における横の繋がりを大事にして、コネクションの構築というのがいい転職への近道といえるでしょう。

筆者もいくつかの飲食店を渡り歩きましたが、その半分ほどはこうした形をとってきました。

声をかけて貰えたことがありがたいと感じましたし、またその中でも着実に給料もアップしていきました。

転職するに当たっての必要な心構え

すべての希望が通る転職は殆ど無い

そうした転職活動ですが、やはり全てあなたの希望通りということはまずありません。

職場には必ず一長一短な部分が伴います。

給料が良ければその分管理職としての責務が強くあったり、単純作業の繰り返しだったりします。

また休みが多かったり比較的働くことへの自由度が高いところでは給料があまり上がったりはしません。

そうした点を踏まえた上で転職活動を行いましょう。

妥協せずに探そう

しかしだからといって諦めた気持ちで転職活動をしていては待遇改善に繋がりません。

「これは仕方がない、これは必ず欲しい」といったように自分の中での優先順位をハッキリと決めて転職先を探していくと必然的に自分にマッチした職場が見つかると思います。

基本的には現在の職場を退職する主な理由から分かることですから、自己分析を怠らないように心がけましょう。

現在の勤め先は円満退職を心がける

飲食業界というのは非常に横の繋がりが強く、また良くも悪くも話が回るのが早いです。

「どこそこで働いていた○○はこんな人だった」という噂話ていどのものでさえ流れていくものですから、現在の職場を辞める際にはしっかりとした理由と態度で円満に退職手続きを進めましょう。

そうしないと後々面倒なことになったりしますからね。

実際に筆者の知り合いでも変な噂話で転職がダメになりかけたケースがあります。

それが真実と違ってもやはり印象がだいぶ変わってきてしまうようですね。

居酒屋の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

基本給の高い求人を探す

居酒屋業界だと基本給が年収の大半を占めます。

正直、この基本給が生命線ですからなるべく高いところを選びましょう。

なかなかボーナス3ヶ月分という居酒屋もありませんからね。

そうした点を踏まえると基本給の大事さが分かるかと思います。

福利厚生が充実している求人を探す

給与明細の額面で考えるならやはり福利厚生がしっかり整っているところをおススメします。

手取りは少なくなるかもしれませんが、年収ベースではちゃんと収入アップに繋がっていると思いますので。

あとはそうした会社では賞与もしっかり支払われるところが多いです。

現在の職場がボーナスなしであれば、ちょっとでも貰えたらかなり嬉しいですよね。

将来性のある求人を探す

転職先の居酒屋は将来的に成長しそうな会社が運営しているかどうか、というのもかなり大きなポイントです。

「ただいま絶賛店舗拡大中です」といった感じで勢いがあり、人材に対して投資しようとしている会社はかなり狙い目ですので探してみることをおススメします。

実際にそういった店舗を知っていますが、かなり給料のベースが高く人気の就職先として街では知られた存在に成長していっていますね。

「居酒屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

居酒屋で人気な職種や業界とその理由

居酒屋で働くということはキッチンかホールかの2択です。

どういった特徴があり、その人気の理由となっているのかを簡単に解説していきましょう。

キッチン

居酒屋の調理スタッフというのは昔からアルバイトの定番のようなものですが、現在ではかなり専門的な知識や技術が必要となっています。

人気な理由

手に職を付けられるというのはかなり大きな利点です。

料理人の世界において、居酒屋の料理というのは得てして評価が低く見られがちですが最近ではそんなこともありません。

より専門的で高度な技術が必要とされる居酒屋の職場もありますから、今後活きてくるスキルが身に付けられたりもしますよ。

ホール

居酒屋のホールというのはある意味お店の看板のようなもの。

その中で個性を出して働いていけますので非常に人気の高い職種といえるでしょう。

人気な理由

飲食業界において居酒屋のホールが人気な理由と言えば、比較的自由な容姿で働けるという点です。

それがその人の個性になり、またお店の名物にもなります。

正社員やアルバイト問わず個性的なスタッフがいる居酒屋はインパクトがありますから、それだけで宣伝効果に繋がりますからね。

そういった部分に寛容な点が人気の理由のひとつといえるでしょう。

転職前に自分の強みやスキル、弱みなどを振り返ってみましょう

居酒屋勤務で転職を考えた際に必要なことは「自分は何が出来る人間なのか」を知ることです。

居酒屋で得られるスキルというのは色々ありますが、それがどういったところで最大限活かせるのか理解することによって転職先も探し方も変わってきます。

数字に強いのか、それとも接客スキルに自信があるのか、または専門的な料理が作れるのか・・・。

色々な自分の強みがあるかと思いますので、それを理解して見直してみましょう。

ものすごく単純な例を挙げると「魚を丸まる一匹姿造りに出来る」というスキルがあるのなら魚介類に特化した居酒屋に転職してみるなどが考えられますよね。

およそそうしたところでは包丁さばきに自信のあるスタッフが欲しいでしょうから、比較的スムーズに話がまとまりますし給料も良いかと思います。

こうした点からも自己分析からの転職先選びは有効であると考えられていますね。

まとめ

居酒屋業界での転職を検討している方へいくつかその注意点や覚えておきたいポイントをご紹介してきました。

自分の勤続年数やスキルなど、いろいろと振り返ってみると自然に転職先やその流れが分かるかと思いますのでぜひ自己分析をしてみてくださいね。

また、妥協せずに自分の希望に優先順位を付けてみるというのも重要なところです。

なにを求めていて、なにが自分にとって優先するポイントなのかをしっかりと把握してみましょう。


関連キーワード

居酒屋求人

居酒屋求人についてもっと深堀りした情報を見る

居酒屋の就職を成功させるには?やっておくべきこと、面接対策など、経験者が解説します!

「居酒屋で働いてる人ってみんな楽しそう! 私もバイトしてみようかな~」「でも忙しそうだし、私にできるかな?」居酒屋といえば定番のアルバイトですよね。また、正社員でも「未経験可」「やる気のある方大歓迎」などの門戸の広い求人が多く、気になる人も多いのではないでしょうか?そんな皆さんに向けて今回の記事では、居酒屋の仕事内容を中心に、居酒屋で就職するにはどうすればよいのか?などを居酒屋で3年間働いてきた筆者が徹底的に解説していきます。居酒屋の仕事はどんな仕事?「お客様に料理やドリンクを運んだりするんでしょ?」実は、お客様には見えないところで大変な仕事がたくさんあります。居酒屋では、おおまかに「キッチン

居酒屋バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

あなたは、「バイト」と聞いてどのような仕事を思い浮かべますか?まずほとんどの方が思い浮かぶのが居酒屋ではないでしょうか。大学時代、4年間居酒屋バイトをしていた私が居酒屋バイトの時給をメインにご紹介。居酒屋バイトを検討しているあなた!参考にしてみてはいかがでしょうか。居酒屋バイトの給料の相場はどのくらい?居酒屋バイトの給料相場は、そのお店の形態や種類、もちろん地域によって異なります。例えば、私が働いていた居酒屋は個人経営店だったので昇給等のマニュアルはなく、日々の頑張りを時給に反映させる、というような時給の決まり方でした。もちろん基本給はありますが、店長に「時給を上げてほしい」との旨を伝える機会

東京の居酒屋バイト求人の時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

東京の居酒屋バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とはどんな事か。ある意味、他のアルバイトでは、経験出来ない居酒屋のアルバイトについて、ご紹介したいと思います。私は東京のこんなところで居酒屋のアルバイトをやりました私が働いていた居酒屋は、東京の都心から少し外れたところにありました。ですが、駅前と言う立地のお陰で、それなりにお客様は沢山来ていただきました。そんなに大きなお店では、ありませんでしたが、アルバイトの人数は多かったと思います。東京の居酒屋バイト求人の時給は?私が貰っていた時給は、1050円ぐらいだったと思います。あとは、賄いが出たのと、臨時で入った時には

調布の居酒屋バイト求人の募集内容・募集店にはどんなものがある?気になる時給やおすすめ求人の特徴など、経験者が解説します!

学生がアルバイトをしようと考えると、一番最初に検討をするのが飲食店のアルバイトではないでしょうか。その中でも居酒屋は「酔っ払いが多い」「夜遅くまで働く」というマイナスイメージも多い仕事です。そこで調布の居酒屋バイト求人を、ホールスタッフとして1年間働いていた私が「どんな仕事があるの?」「どんな人が向いているの?」といった皆さんの疑問・不安にお答えします。居酒屋はどんな仕事?居酒屋は基本的には夜に営業をしています。しかし、ランチもやっているお店があったり、個人店やチェーン店、さらに提供する料理やお酒の価格帯によってその雰囲気が大きく変化します。でも、全体的には人と接するのが好きな明るいスタッフが

大学生向け居酒屋バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

大学生に人気なバイトの一つとして挙げられるのが、居酒屋でのアルバイトです。ここでは実際に大学生で居酒屋でのバイトを経験してみようと考えている方のために、居酒屋バイトで学べることや役立つこと、お勧めの求人などをご紹介します。居酒屋はどんな仕事?居酒屋でのバイトは、接客を担当するホールスタッフと調理を担当するキッチンスタッフに分かれています。人と接することが好きな方や料理が得意、または上手くなりたいという方にはおすすめの職種です。バイトの大まかな仕事内容ホールスタッフは入店したお客さんの案内から注文取り、お会計までの接客を担当します。規模が小さいお店ではホールスタッフがカクテルなどのお酒を作ること

居酒屋店長の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

会社帰りに同僚や友人と立ち寄ることが多い居酒屋さん。ワイワイガヤガヤと活気があって元気をもらえますよね。最近では多種多様な居酒屋さんがあり、それぞれ特徴的なお店も増えてきました。そんな居酒屋さんで働き、全体を取り仕切っている店長さんはどれくらいの年収を貰っていると思いますか?一般的には飲食業界は低賃金といったイメージがありますが、それは昔の話かもしれません。ここではそんな居酒屋店長の年収相場などをご紹介していきたいと思います。また、給料アップを狙っての転職に関して上手に行うためのテクニックもあわせてご説明していきますので、現在居酒屋で働いている人は必見ですよ。それではさっそく居酒屋店長の給料相

居酒屋の正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

これから就職を考えている方の中で、飲食業界を検討している人も多いかと思います。ここではそんな方に向けて、大手居酒屋チェーンを含む居酒屋業界における正社員求人情報の内容や求められる人物像、はたまたどんなところがおすすめなのかといった点についてご紹介していきたいと思います。よくある募集内容の中でも精査することによって優良企業を探す手がかりになるかもしれませんので、ぜひチェックしていってくださいね。自身も居酒屋勤務経験があり、現在は飲食関連会社を経営している筆者が分かりやすく解説していきます。それでは飲食経験がある方にもそうでない方にも、理解しやすいように仕事の内容から見ていきましょう。居酒屋の仕事

居酒屋の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術・キャリアアップ術を教えます

大手居酒屋チェーン企業に就職というともしかしたら「給料が安そう」という印象を持っている方もいるかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか?飲食の現場に15年以上のキャリアを持ち、自身でも飲食関連会社を経営しています筆者が詳しく解説していきますのでどうぞご覧になっていってください。居酒屋の年収や相場、さらには転職やキャリアアップの方法までを一挙ご紹介していきます。それではさっそく見ていきましょう。居酒屋の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合月給¥175,000~¥230,000年収¥3,000,000前後正社員で転職した場合月給¥210,000~¥270,000年収¥4,00

居酒屋の時給の相場は?バイトが時給を上げるためにやるべきことも紹介します

居酒屋でのアルバイトに興味ありませんか?大人の雰囲気が漂う居酒屋はどことなく敷居が高いイメージを抱きがちです。そんな居酒屋ですが、働くお店によって時給がかなり違っていますよね。時給の相場やもらえるお金の決まり方はどのようになっているのでしょうか?どうせなら沢山のお金をもらいたいはずです。今回は居酒屋の時給や求人あれこれについてご紹介致します!居酒屋バイトの時給の相場はどのくらい?居酒屋のように食べ物や飲み物を提供するサービス業のなかでも、居酒屋バイトの時給はとりわけ高めに設定されていることが多いように思います。時給相場は地域により異なりますが、都市部の相場が約900円~1,200円程になります

居酒屋の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容やメリット・デメリットや向き不向きについて解説します

居酒屋のアルバイトは学生さんなどに大人気ですが、一体どんな人に向いているのでしょうか。今回は、居酒屋の仕事に向いている人や、仕事内容、メリット・デメリットなどについて解説します。居酒屋の仕事はどんな人に向いているの?居酒屋の仕事に向いている人とは、どんな人でしょうか。居酒屋のアルバイトに向いている人と向いていない人について解説します。向いている人居酒屋のアルバイトには、明るい接客ができる人が求められます。明るい接客には、大きな声や元気のよい返事が不可欠です。運動部などで、声を出すことに慣れているなら、適任でしょう。また、体力も求められます。重いグラスや皿を何往復もしながら運んだり、アルバイトの