テレビで居酒屋での長時間労働が問題になっているニュースを一時期は度々目にしました。

残念なことに最悪のケースに陥ってしまったケースもあり、ブラック企業は社会問題となりました。

時間が経つと風化していきがちなですが、居酒屋はとても身近なものであり、自分自身が働きたいという機会も身近な人が働こうとしている事も多いと思いますので、居酒屋ってやっぱりブラックなの?という所はかなり気になりますよね。

そんな居酒屋でのお仕事でホワイトな職場の特徴について今回考えていきたいと思います。

居酒屋にブラックな職場はまだ多い?

居酒屋=ブラックなイメージが様々なニュースや報道でついてしまった事により、逆にホワイトな居酒屋を強みとして頑張っている会社も多いようです。

確かに居酒屋は食品業界の中でも生き残りにかけて厳しい戦いになりますので、ブラックだったりグレーゾーンな居酒屋が多い現状にはあるようですが、勇気を持って声を出した人たちのお陰で少しずつ改善されていっている傾向にあるでしょう。

居酒屋でブラックだと思う職場の特徴

多くの居酒屋の中で「ここはブラックだな」と思う特徴がいくつかあります。

そんないくつかの特徴をまとめてご紹介します。

サービス残業を求められる

ブラックの特徴的な傾向として長時間労働が思い浮かぶと思います。

ブラックな居酒屋は残業も多いですが、サービス残業を当然のように強いられることが多いです。

忙しいから残って残業をしてくれというだけではなく、忙しい日だから早めに出勤してくれと言いながら、タイムカードは通常勤務通り押さなくてはいけないなど。

自分一人が言われるわけではなく、周りがみんな当たり前にそうしているので、その通りにしてしまったり、協調性がないと思われたくなかったり、様々な理由でサービス残業をしなくてはならないものになるようしむけられる傾向にあります。

サービス残業は、本来自分自身の自発的な気持ちから残業するものです。

残業に厳しい時代になったにも関わらずサービス残業はほとんどの会社でなくなりませんが、強制的であったり長時間であったりするケースは居酒屋では本当に多いです。

忙しい時に勤務時間通り帰るなんて申し訳ないと思う気持ちは当然生まれると思いますが、残業して当然というような風潮には疑問を持つべきです。

店長や先輩の発言が絶対的権力を持つ

ブラック居酒屋によくありがちなのが、体育会系の縦社会構造。

体育会系が悪いわけではありません。

元気な声に明るい接客は居酒屋の基本であり、体育会系の人達に共通する素晴らしい部分です。

私自身、中学・高校と体育会系の部活動で厳しい縦社会を勉強させてもらった身です。

しかし、近年部活動での顧問や先輩からの厳しい指導に社会が注目し関心が高くなっている時代です。

昔はこうだったと強い態度で縦社会を強制するような店長や先輩は要注意です。

居酒屋は比較的勤務時間が長かったり、体力的にきついところも多いですが、体が疲れているうえに店長や先輩に理不尽な要求をされたりすると判断力が鈍りなかなか正しい判断ができず、言いなりになってしまう事も多いです。

なにより大きな声で厳しく叱られたりすると委縮してしまい、考える力が低下します。

人の入れ替わりが激しい

居酒屋といえば学生やフリーター、独立したい人など様々な人が明るく活気良く働いているイメージですが、人の入れ替わりも激しいです。

そしてブラック居酒屋の場合はより入れ替わりが激しいです。

つい最近働いていた人がすぐ辞めてしまっていたり、コロコロと人が変わるイメージです。

当然働きにくい環境なので辞める人が多いわけですが、時給が良かったり表面上の好条件ですぐ次の人が入ってきたりするので、気付きにくい場合もあります。

お店の雰囲気がどんよりしている

ブラック居酒屋になってしまう原因は、社員を思いやらない会社の行き届かない方針だけでなく、厳しい飲食店業界で生き残っていく為に経費をギリギリまで削り、人手不足に近い状態でなんとかお店を回そうとしているというような場合も多いです。

上層部にできるだけ人を削られ、現場はどう考えても人手不足な中必死に営業する為、何かと手が回らない事が多いです。

その為店内の清掃があまり行き届いていなかったり、お店の装飾など雰囲気づくりやお手洗いの掃除など、細かいようで重要なところをないがしろにしいる傾向があるように思います。

お店全体の雰囲気もバタバタと忙しそうではあるものの、どこか殺伐とした雰囲気を感じるようであれば、ブラックかな?と注意してみてもいいかもしれません。

ブラックな職場の特徴は、こちらの記事も参考に!

居酒屋でホワイトな職場の5個の特徴

ブラックな居酒屋の特徴をいくつかご紹介しましたが、その特徴を踏まえたうえで、最近どんどん増えているホワイトな居酒屋についてもご紹介していきいます。

従業員に活気がある

ブラックな居酒屋は体育会系な傾向がある事をご紹介しましたが、居酒屋は基本的に明るく元気な体育会系な雰囲気の所が多いですよね。

その中でも注目してほしいのはただ明るく、声が大きいという部分ではなく、従業員の表情です。

ホワイトな職場は従業員の表情がイキイキしているんです。

ブラックな職場の場合は、表面上明るく元気にしなくてはいけないので繕っている場合が多いので、表情に緊張感があります。

些細な部分ですが、案外分かりやすく表情や動きに活気は出るものです。

勤務中の同僚同士のコミュニケーションや店長からの指示にも日頃の振る舞いが出るものですので、ホワイトな職場はお客様の前だけでなく、従業員間でも笑顔が多いです。

社風が社員を大切にする社風

居酒屋の基本的な体制が社員を大切にするような社風である場合、上層部がその社風に沿うよう指示する為、その通りの居酒屋が多いです。

ブラックな会社の場合上層部は現場に無関心で店長任せにしている事が多かったりしますが、従業員ファーストな会社は社長や幹部が現場に顔を出したり、店長を大切にしています。

そして、店長も従業員を大切にします。

前働いていた従業員が時折遊びに来る

私の以前働いていた居酒屋では、働いていいる従業員はもちろんのこと、以前勤めていた従業員が辞めてからもよく食事に来たり、遊びに来ていました。

自分が知らない昔の従業員が何人も店長や他の先輩に会いに来ているのを見ると、働いていて楽しかったんだなと思ったものでした。

そして、店長や先輩達が一緒に働いていた時の人望が厚かったんだなと思いました。

そういったお店は従業員を大切にしてくれるお店です。

給料がしっかり支払われ、時にボーナスなど臨時賞与がある

お給料は働くうえでとても大切なことです。

ブラックな職場は給与面においてルーズであったり、求人とちょっと違うというような事がある場合もあります。

しかし、ホワイトな居酒屋ではきちんと求人や面接で話した通りのお給料を頂けます。

そして、場合によっては繁忙期や想定外に忙しかった時などに臨時賞与をくれる所もあります。

頑張ったら頑張った分だけ正当に評価してもらえるという事はとても大事なことです。

休みがきちんとあり、休日に急に呼び出されない

ブラックの典型的な例は長時間労働と連続勤務です。

忙しいから・誰かが急に休みになったからなど、お店側の事情で休日出勤させられる事も少なくありません。

ホワイトな居酒屋ではきちんと希望の休みを取れたり、徹底したシフト管理で従業員一人一人の負担を少なくしている傾向にあります。

そして、休日に無理矢理呼び出されるという事は少ないです。

居酒屋でホワイトな職場を求人で見分けるには?

働いてみないと職場の環境は分かりませんが、求人を見ただけでも分かる情報も沢山あります。

そのポイントについて解説します。

勤務時間

求人票には厳しい規定に沿った勤務時間が書いてある為、実際の労働時間とは違う場合も多いですが、ブラックな居酒屋の場合比較的ざっくりとした時間が記載されている場合が多いです。

何時~何時というような感じでシフト制で一日何時間だいたい入るのか分からないというような感じです。

そして、実際に面接に行ってみると「仕込みがあるから一時間早く入って」「閉店後は清掃と閉め作業で一時間はかかるから」など後から知らされる事も多いです。

勤務時間はできるだけ詳細が分かりやすい所を選ぶといいかもしれません。

時給

ブラックだから時給も安いのでは?と思うかもしれませんが、確かに比較的安い所が多いです。

人員を減らし、低コストでお店を運営しようとしている場合が多いので時給も安い所が多いですが、高すぎる所も注意が必要です。

時給を高くしないと人が集まらないような環境のお店が高時給にしている場合も多いです。

実際に何ヵ月も応募がない場合、時給UPしましたという求人をよく見かけます。

単純に立地条件など他の理由でなかなか人が来てくれないという求人もありますが、高すぎる時給の場合少し疑ってみてもいいかもしれません。

元気で明るい職場アピール

求人にやたら「元気で明るい働きやすい職場です!」というようなアピールがある場合があります。

やはり職場環境は誰しも気になりますし、居酒屋の場合ブラックが多いイメージがついてしまっているので、そのようなキャッチコピーになりがちなのかもしれませんが、元気で明るい職場、体力のある方大歓迎など体育会系な雰囲気をにおわせている所は少し注意が必要です。

元気で明るく、思いやりのある職場ももちろんありますが、気合と根性でなんでも頑張るといった風潮がある所もあります。

あまり見ない求人

ホワイトな居酒屋は居心地も良く働きやすい為、人の入れ替わりはあまり激しくないです。

その為求人を出すことも少なく、見かけるとすぐ決まってしまう事も多いです。

ブラックの場合、かなり頻繁に求人をみかけます。

頻繁に見かける求人は注意が必要です。

居酒屋でホワイトな職場を面接で見分けるには?

求人票で分かる情報は限られていますが、面接ではその職場の上層部や店長と直接話ができる機会です。

面接は自分自身を見て頂く機会ではありますが、自分自身が会社を見る機会でもあります。

ホワイトな職場であるか見分けるポイントをご紹介します。

態度

面接官もやはり居酒屋など人と関わる仕事をしている以上、表向き優しそうであったり好印象に見えるかもしれません。

しかし、ブラックな場合は面接官(だいたいの場合が店長)が少し大きな態度であったり、面接自体が適当な事が少なくありません。

ホワイトな居酒屋では丁寧な面接、お互いの認識のずれがないかしっかり働く意思を確認してくれたり、向かい合って話す事で人柄も伝わってきます。

一緒に働く大切な上司ですので、この時にきつい態度であったり、上から目線であったりする場合は気をつけましょう。

求人と条件に違い

実際に面接して話す時に働いた後の細かい話を具体的にするかと思いますが、ブラックな居酒屋の場合、時給や勤務時間など求人と全く違うなんて事が結構あります。

働いてみて全然違ったとなると面接で話したよね?なんて言われかねないので、面接では疑問に思った事はできるだけ質問しましょう。

ホワイトな居酒屋の場合、求人と条件にあまり違いが無く、具体的な話もきちんと説明してくれます。

履歴書を見て、懸念される問題は事前に確認してくれたり、こちらの働く前の不安をできるだけ取り除いて働きやすい職場づくりに努めてくれるのが素晴らしい店長です。

働きはじめ

ブラックな居酒屋の場合とにかく早く即戦力が欲しいと思っているので、面接してすぐ翌日から出勤であったり、慣れない新人のうちから長時間を任されたり、する場合があります。

面接の日にどれくらい入れるか、すぐ入れるかなど聞かれた場合そのようなケースの可能性はあります。

ホワイトな居酒屋もできるだけ早く働いてくれる人が欲しいはずですが、新人の教育には時間をかけてくれます。

きちんと先輩とマンツーマンで教育をしてくれたり、最初のうちはすぐに独り立ちはさせずに先輩と一緒のシフトにするなどの配慮があります。

面接時に研修があるなど導入の説明をしっかりしてくれるかでも見分けられると思います。

まとめ

居酒屋でホワイトな職場の特徴や求人・面接についてまとめてみましたがいかがでしたか?

活気ある楽しい雰囲気の居酒屋での仕事は一度はやってみたいという方も多いですよね。

働くならホワイトな楽しい職場選びをできるように、今回の記事が少しでもお役に立てればと思います。


関連キーワード

居酒屋求人

居酒屋求人についてもっと深堀りした情報を見る

居酒屋の就職を成功させるには?やっておくべきこと、面接対策など、経験者が解説します!

「居酒屋で働いてる人ってみんな楽しそう! 私もバイトしてみようかな~」「でも忙しそうだし、私にできるかな?」居酒屋といえば定番のアルバイトですよね。また、正社員でも「未経験可」「やる気のある方大歓迎」などの門戸の広い求人が多く、気になる人も多いのではないでしょうか?そんな皆さんに向けて今回の記事では、居酒屋の仕事内容を中心に、居酒屋で就職するにはどうすればよいのか?などを居酒屋で3年間働いてきた筆者が徹底的に解説していきます。居酒屋の仕事はどんな仕事?「お客様に料理やドリンクを運んだりするんでしょ?」実は、お客様には見えないところで大変な仕事がたくさんあります。居酒屋では、おおまかに「キッチン

居酒屋バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

あなたは、「バイト」と聞いてどのような仕事を思い浮かべますか?まずほとんどの方が思い浮かぶのが居酒屋ではないでしょうか。大学時代、4年間居酒屋バイトをしていた私が居酒屋バイトの時給をメインにご紹介。居酒屋バイトを検討しているあなた!参考にしてみてはいかがでしょうか。居酒屋バイトの給料の相場はどのくらい?居酒屋バイトの給料相場は、そのお店の形態や種類、もちろん地域によって異なります。例えば、私が働いていた居酒屋は個人経営店だったので昇給等のマニュアルはなく、日々の頑張りを時給に反映させる、というような時給の決まり方でした。もちろん基本給はありますが、店長に「時給を上げてほしい」との旨を伝える機会

東京の居酒屋バイト求人の時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

東京の居酒屋バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とはどんな事か。ある意味、他のアルバイトでは、経験出来ない居酒屋のアルバイトについて、ご紹介したいと思います。私は東京のこんなところで居酒屋のアルバイトをやりました私が働いていた居酒屋は、東京の都心から少し外れたところにありました。ですが、駅前と言う立地のお陰で、それなりにお客様は沢山来ていただきました。そんなに大きなお店では、ありませんでしたが、アルバイトの人数は多かったと思います。東京の居酒屋バイト求人の時給は?私が貰っていた時給は、1050円ぐらいだったと思います。あとは、賄いが出たのと、臨時で入った時には

調布の居酒屋バイト求人の募集内容・募集店にはどんなものがある?気になる時給やおすすめ求人の特徴など、経験者が解説します!

学生がアルバイトをしようと考えると、一番最初に検討をするのが飲食店のアルバイトではないでしょうか。その中でも居酒屋は「酔っ払いが多い」「夜遅くまで働く」というマイナスイメージも多い仕事です。そこで調布の居酒屋バイト求人を、ホールスタッフとして1年間働いていた私が「どんな仕事があるの?」「どんな人が向いているの?」といった皆さんの疑問・不安にお答えします。居酒屋はどんな仕事?居酒屋は基本的には夜に営業をしています。しかし、ランチもやっているお店があったり、個人店やチェーン店、さらに提供する料理やお酒の価格帯によってその雰囲気が大きく変化します。でも、全体的には人と接するのが好きな明るいスタッフが

大学生向け居酒屋バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

大学生に人気なバイトの一つとして挙げられるのが、居酒屋でのアルバイトです。ここでは実際に大学生で居酒屋でのバイトを経験してみようと考えている方のために、居酒屋バイトで学べることや役立つこと、お勧めの求人などをご紹介します。居酒屋はどんな仕事?居酒屋でのバイトは、接客を担当するホールスタッフと調理を担当するキッチンスタッフに分かれています。人と接することが好きな方や料理が得意、または上手くなりたいという方にはおすすめの職種です。バイトの大まかな仕事内容ホールスタッフは入店したお客さんの案内から注文取り、お会計までの接客を担当します。規模が小さいお店ではホールスタッフがカクテルなどのお酒を作ること

居酒屋の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

現在居酒屋で働いていて、自分の職場に不満があったりもっと給料が高いところがいい!と考えている人は少なくないかと思います。そうしたときに問題を解決するには転職が効果的。もっといい労働環境を求めるのは当然のことですからね。ここでは居酒屋の転職で、狙い目の会社を見分けるコツや上手く転職する方法をご紹介していきたいと思います。飲食業界に15年以上います筆者が簡単に分かりやすく説明しますので、どうぞ参考にしてみてくださいね。居酒屋の転職で注意したほうが良い3個のこと一過性の衝動での転職に注意まず始めに注意して欲しいのは「本当に転職するべきかどうか」を今一度考えてみてください。一過性の衝動だけで転職をする

居酒屋店長の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

会社帰りに同僚や友人と立ち寄ることが多い居酒屋さん。ワイワイガヤガヤと活気があって元気をもらえますよね。最近では多種多様な居酒屋さんがあり、それぞれ特徴的なお店も増えてきました。そんな居酒屋さんで働き、全体を取り仕切っている店長さんはどれくらいの年収を貰っていると思いますか?一般的には飲食業界は低賃金といったイメージがありますが、それは昔の話かもしれません。ここではそんな居酒屋店長の年収相場などをご紹介していきたいと思います。また、給料アップを狙っての転職に関して上手に行うためのテクニックもあわせてご説明していきますので、現在居酒屋で働いている人は必見ですよ。それではさっそく居酒屋店長の給料相

居酒屋の正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

これから就職を考えている方の中で、飲食業界を検討している人も多いかと思います。ここではそんな方に向けて、大手居酒屋チェーンを含む居酒屋業界における正社員求人情報の内容や求められる人物像、はたまたどんなところがおすすめなのかといった点についてご紹介していきたいと思います。よくある募集内容の中でも精査することによって優良企業を探す手がかりになるかもしれませんので、ぜひチェックしていってくださいね。自身も居酒屋勤務経験があり、現在は飲食関連会社を経営している筆者が分かりやすく解説していきます。それでは飲食経験がある方にもそうでない方にも、理解しやすいように仕事の内容から見ていきましょう。居酒屋の仕事

居酒屋の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術・キャリアアップ術を教えます

大手居酒屋チェーン企業に就職というともしかしたら「給料が安そう」という印象を持っている方もいるかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか?飲食の現場に15年以上のキャリアを持ち、自身でも飲食関連会社を経営しています筆者が詳しく解説していきますのでどうぞご覧になっていってください。居酒屋の年収や相場、さらには転職やキャリアアップの方法までを一挙ご紹介していきます。それではさっそく見ていきましょう。居酒屋の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合月給¥175,000~¥230,000年収¥3,000,000前後正社員で転職した場合月給¥210,000~¥270,000年収¥4,00

居酒屋の時給の相場は?バイトが時給を上げるためにやるべきことも紹介します

居酒屋でのアルバイトに興味ありませんか?大人の雰囲気が漂う居酒屋はどことなく敷居が高いイメージを抱きがちです。そんな居酒屋ですが、働くお店によって時給がかなり違っていますよね。時給の相場やもらえるお金の決まり方はどのようになっているのでしょうか?どうせなら沢山のお金をもらいたいはずです。今回は居酒屋の時給や求人あれこれについてご紹介致します!居酒屋バイトの時給の相場はどのくらい?居酒屋のように食べ物や飲み物を提供するサービス業のなかでも、居酒屋バイトの時給はとりわけ高めに設定されていることが多いように思います。時給相場は地域により異なりますが、都市部の相場が約900円~1,200円程になります


居酒屋求人に関するコラム

居酒屋の勤務時間やスケジュールは?仕事の1日の流れに密着!

美味しい料理に美味しいお酒を提供してくれる居酒屋。レトロな雰囲気の居酒屋からおしゃれなカフェ風のものまでお店の種類は数え切れないほどありますよね。新人歓迎会や送別会などでも利用する居酒屋、社会人になると行く機会も増えます。学生時代はアルバイト先として居酒屋を選ぶ人も多いでしょう。居酒屋で働く人たちは一体どのようなスケジュールで毎日過ごしているのでしょうか?居酒屋の勤務時間に迫ってみましょう。居酒屋の大まかな仕事内容居酒屋の仕事は大きく分けると2つ。キッチン担当とホール担当に分かれます。学生のアルバイトであっても調理補助としてキッチンに入れることは多く、応募の時点でホール担当かキッチン希望か選べ

居酒屋で働くメリット8選。私が感じた良いところをまとめました

おいしい料理とお酒を楽しむ場である居酒屋。みなさんも友人や職場の仲間達と居酒屋に足を運んだことがあるでしょう。一言で居酒屋と言ってもとってもおしゃれなカフェのような空間のものから、仕事帰りのサラリーマンが溢れる気取らない雰囲気の居酒屋までその種類は様々です。居酒屋の店員さんといえば大きな声で元気よくオーダーを通したり、お客さんに呼ばれたら笑顔で対応し、ホール・キッチン問わず忙しく動き回っているイメージではないでしょうか。テキパキと仕事をこなす居酒屋の店員さんを見て、「この仕事はきつそう」だったり「忙しそう」だったりと言うイメージが定着してしまっていますよね。居酒屋の仕事はそのきつい、大変そうだ

居酒屋ホールの仕事内容3個の業務。経験者が教えます!

居酒屋ホールの仕事内容3個の業務。経験者が教えます!本記事では居酒屋のアルバイトのうち、ホール担当の仕事内容について、ご紹介していきます。お客様と直接接することが多いことから、働く前におおよその予想はつくかもしれませんが、実際に働いてみた中でのやりがいや、開店前や閉店後についてもご紹介していきます。居酒屋ホールの仕事は大きく3個の役割に分けられるお客様からのオーダーを受けるホールの仕事としての基本中の基本です。入店初日からやる仕事の一つともいえます。お客様が何を注文されたかを正確に聞き取り、キッチン担当のスタッフに伝え、調理を終えた料理をお客様に提供するところまでが、一通りの流れになります。た

深夜居酒屋の時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

深夜居酒屋は、高い時給が魅力のアルバイトです。しかし、時給の高さだけが魅力ではありません。深夜居酒屋のアルバイトには、この仕事でなければ得る事の出来ないやりがいや、身に付くスキルがあるのです。実際の体験談や、気になる時給、深夜居酒屋で働くうえでのメリットとデメリットを紹介します。私はこんなところで深夜居酒屋のアルバイトをやりましたオフィス街にある深夜居酒屋でアルバイトをやりました。お客さんの年齢層も高いため、比較的落ち着いた雰囲気の居酒屋です。週末になると混み合いますが、客層も良いため大きなトラブルも起こりませんでした。深夜居酒屋のアルバイトの時給は?数ある飲食店の中でも、深夜居酒屋は時給の高

居酒屋でブラックだなと思う9個の職場の特徴とは?経験者が教えます

学生のアルバイトの定番でもあり、フリーターの就職率が高い業界といえばやはり「居酒屋」ですが、ちょっとブラックなイメージもありますよね。休みがなかったり、それでいて給料が安かったりとあまり割りに合わないことが多いという印象を持っている方も少なくないかと思います。しかし、もちろん全ての居酒屋がそういったブラック飲食店なわけではありません。ここではそんなブラックな居酒屋とそうでない居酒屋を区別して判断するための情報をご紹介していきます。筆者自身もかつてある程度ブラックなところで働いていた経験がありますので、現場の声をリアルにお届けできるかと思いますのでどうぞご覧になっていってください。その後色々な飲