ドーナツ屋のアルバイトは学生や主婦にも人気があり、求人のチラシや広告にも載っていることが多い職業です。

自分でも働くことができるか、どのようにドーナツを作っているのか等気になることも沢山あると思うので、ドーナツ屋のアルバイトの仕事内容や疑問について答えていきたいと思います。

ドーナツ屋バイトにはどんな仕事があるの?

ドーナツ屋はドーナツを作る以外にも接客や開店、閉店後の掃除等しないといけないことが沢山あるので詳しい仕事内容を紹介していきたいと思います。

ドーナツのコーティング

ドーナツにチョコレートをコーティングやシュガーをまぶす仕事になります。

こちらの仕事はキッチンに入ると一番初めに教わる仕事になります。

チョコレートのコーティングは簡単に出来るイメージがありますが、細かな量が決まっている店であれば厳しく指導される場合やチョコレートが汚くついていると購入してくれるお客さんも少なくなってしまいます。

またシュガーはドーナツが温かいうちに付けないといけなく、忘れてしまうと怒られることもあるので忘れないようにしましょう。

クリームを絞る

ドーナツのコーティングになれてくると次に教わるのがクリームを絞る仕事です。

クリームの量や種類も決まっており、初めからピッタリの量を入れることは難しいですが、力加減を覚えると簡単に決まった量を絞ることが出来るようになります。

またクリームの入れ忘れや違うクリームを入れてしまうとトラブルになるので、しっかりと全てのドーナツにクリームが入っているか等の確認も忘れないようにしましょう。

オーブンでアップルパイ等を温める

こちらの仕事は朝に行う仕事なので、朝早くにアルバイトをしたい方は覚える必要がある仕事になります。

卵をパイに塗りオーブンで温めるだけなので、オーブンの操作方法を覚えてしまうと簡単に出来る仕事です。

ドーナツを揚げる

基本的にアルバイトの方が任されることは少なく、店長や社員、バイトリーダのような立場の方が行う仕事になります。

基本的にアルバイトがキッチンで行うお仕事は揚がってきたドーナツをコーティングする形になります。

接客やレジ打ち

ドーナツ屋さんにもよりますが、ドーナツをお客さんがセルフで取る形になっているドーナツ屋さんと、お客さんが注文されたドーナツを店員が取っていく2種類の接客方法があります。

後者の場合はドーナツの種類を覚える必要があるので、種類を覚える自信がない方はお客さんがセルフでドーナツを取る形の店でアルバイトをするようにしましょう。

またレジ打ちはタッチパネル式のレジが多く、ドーナツの絵が書いているので種類を完璧に覚える必要はありません。

ドーナツ屋バイト求人でよくある募集内容とは?  

つぎにドーナツの募集内容について解説していきたいと思います。

職種

職種にはドーナツの製造や販売、店の清掃の三種類に分けられていることが多いです。

ドーナツの製造や販売はイメージが簡単に出来ると思いますが、店の掃除は他にも売れ残ったドーナツの数や、シュガーやチョコレートを入れているケースの掃除等、店内以外にも細かな掃除を任されます。

その分時給もあがるので、お金を沢山稼ぎたい方は掃除作業を覚えることをオススメします。

給与相場

ドーナツ屋の給与はシフトによって変動がありますが、ガッツリとシフトに入れば10万円前後は稼ぐことも可能です。

またドーナツ屋さんは、時給が上がるのも早くWワークをさせてくれることも多いので、ガッツリと稼ぎたい方にもオススメです。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は朝のドーナツを作る方の場合は開店の3時間前には勤務する必要があります。

朝早くからの勤務はしんどく感じる方もいると思いますが、お客さんもいないのでドーナツ作りにだけ専念すればいいのでとても楽です。

また焼きたてのドーナツが食べられる、昼には仕事が終わるので、プライベートもしっかりと楽しむことが出来ます。

接客が苦手な方の場合は、開店時間までドーナツを仕上げ開店後には勤務を終えるシフトを組む方もいます。

夜だけ働くこともできるので融通が利きますが、クリスマスや元旦にもシフトが入る可能性もあるので、どうしても元旦やクリスマスは休みたいという方にはあまりオススメはしません。

福利厚生

アルバイトでもしっかりと経験を積むと、社会保険や健康診断等の手当がつく場合もあります。

アルバイトの場合はまかないや社内割引が待遇に入ります。

求められる人物像

ドーナツ屋に求められる人物像としましては、職場の方と上手にコミュニケーションが取れる方です。

接客が苦手な場合はキッチンや閉店後の掃除、ドーナツを作るのが遅い場合は接客を頑張ればいいので、心配する必要はありません。

キッチンの場合はどれぐらいのドーナツを作るべきか、接客の場合はレジ打ちをするべきか、ドーナツを箱に詰めていく作業をするべきか等、職場の方とコミュニケーションをとる機会がとても多い職業になるので、しっかりと職場の方とコミュニケーションを取れる方が求められます。

コミュニケーション能力を上げたい方にもオススメ

ドーナツ屋でアルバイトをしている方はコミにケーション能力が高い方が多いので、コミにケーションをとるのが苦手で人見知りの方でも、向こうから喋ってくれることや仲良くなり食事に行く機会等も沢山あり、コミにケーション能力も自然と身に付きます。

マニュアルもしっかりとしているので、初めてアルバイトをする方にもオススメです。

ドーナツ屋バイトのおすすめ求人のポイント

ドーナツ屋の求人のチラシや募集は沢山見ると思います。

そんな数ある求人の中でどこに注目するべきかを紹介していきます。

Wワーク可能

ドーナツ屋はWワーク可能な店が多いのも学生から人気のある理由の一つです。

学生の間に色々なアルバイトを経験したい方や、夏休みは短期バイトでガッツリ稼ぎたい方もいると思います。

またドーナツのアルバイトは日によって仕事の内容が変わる訳ではありません。

キッチンの場合は揚がったドーナツのコーティング、レジ打ちの場合にも箱詰め等毎日決まった仕事を確実にこなすことが大切になりますが、週5日や6日も同じことをしていると飽きてしまいます。

そうならない為にもドーナツ屋で働く際にはWワーク可能な店を選ぶことをオススメします。

細かな優遇が利きそうな職場かどうか

ドーナツ屋は学生のアルバイトも多く、なるべく学生が入れるようにシフトを工夫してくれる店長もおられます。

テスト期間は一週間休んでも大丈夫な店もあるので、学生はしっかりと自分が働きたいドーナツ屋が学業や部活のことも考えてくれている職場かどうか確認する必要があるので、しっかりと自分が働きたいと思う職場に足を運び、学生が多い職場は基本的にテスト期間や部活のことを考えてくれる店長のことが多いので事前に学生が沢山働いている職場かどうか確認しておきましょう。

自宅から近いかどうか

学生の間は車ではなく、バイクや自転車通勤をする方が多いと思います。

ドーナツ屋は雨や雪が降っているときの方が、お客さんの入りがよくなるドーナツ屋もあり、天候が悪くても勤務しやすい近場がオススメです。

また閉店後の掃除をしていると22時~23時すぎにもなるので、なるべくドーナツ屋の職場を選ぶ際は自宅から近い職場を選ぶようにしましょう。

制服や職場の雰囲気で決めてしまうのもオススメ

ドーナツ屋のアルバイトを始めた理由の中でも、制服が可愛いという理由で始めた方はとても多いです。

またドーナツ屋は一人でコツコツとする仕事ではないので、職場の雰囲気はとても大切になります。

実際に足を運び職場の雰囲気を確かめ、良いと感じた場合は働いてみるのもオススメです。

特別な資格や技術は要らないアルバイトなので、気になる方は是非挑戦してみて下さい。

ドーナツ屋バイトの仕事についてよくある疑問

ドーナツ屋で働くまではどのようにドーナツを作っているのか、自分がどれぐらいの仕事を任せられるか等、疑問に思うことも沢山あります。

またドーナツ屋は接客やキッチンのマニュアルがしっかりしているので、しっかりと自分が働けるのか不安な方もいると思います。

ドーナツ屋についてよくある疑問に答えてきたいと思います。

ドーナツはどのように作っているの?

ドーナツは一般的にも利用されている強力粉やケーキ用としても利用されている薄力粉を使い店内で一から作っています。

粉には決まった水の分量や卵を入れて機会で混ぜたりする仕事は最初の間は任されず、ドーナツを揚げる仕事を学生に任せる店は少ないので、心配する必要はありません。

キッチンかレジ打ちのどちらがオススメ?

こちらは人にもよりますが、接客が得意でないという方の場合はキッチンがオススメです。

ですが学生は夕方からの出勤がおくなり、夕方にはドーナツが全て仕上がっているのでキッチンを出来る機会はありません。

どうしてもキッチンをしたい方は、土日だけでもいいので開店前の出勤を希望してみて下さい。

制服は購入する必要があるの?

制服は基本的に貸し出しを行っている店が多く、一度貸し出された制服は自宅に持って帰ることになります。

自宅で洗濯をして職場の持っていく形になるので、沢山出勤する方であれば制服を多く渡されることもありますが、基本的には乾くのが早い素材になっているので、一着でも十分間に合います。

帽子の場合はキッチンと接客用に分けられていることがあり、接客用の帽子は共有している店が多いです。

またドーナツ屋の店内は油が床についており、とても汚れるので靴も専用の靴を貸してくれます。

アルバイトに向かう際の服装は?

基本的にアルバイトに向かう際の服装は決まっておらず、学生の場合は制服でアルバイトにこられる学生さんもおられます。

ですが靴下の色が決まっているドーナツ屋もあるので面接時に、どのような恰好がいいのか聞いてみるようにしましょう。

ピアスや指輪等は、ドーナツの中に入ってしまうと危険でありトラブルにもなるので、勤務する際はしっかりと外すようにしましょう。

面接に適した服装は?

アルバイトの面接なので清潔感のある私服であれば問題ありません。

ドーナツ屋は髪の毛を染めている方も多いですが、面接時には細かくチェックされる店長もいるので、時間やお金に余裕のある方は黒染めをすることをオススメします。

面接ではどのような質問をされるの?

こちらは店長にもよると思いますが、志望動機やどのような勤務態度でアルバイトに臨むのか等、難しいことを聞いてくる店長は少なくどれくらいシフトに入れるのかを確認した後に、少し雑談をする程度で終わることが多く、面接に落とされる方も少ないのであまり心配する必要はありません。

転勤や出張はあるの?

学生のアルバイトに転勤をさせることはありませんが、少し別の店舗のお手伝いに行って欲しいということは頼まれる可能性があります。

いつもと違う職場で働くので不安に感じる方もいると思いますが、ドーナツ屋はマニュアルがしっかりとしているので、人間関係が気にならない方であればいつもと違う職場なので楽しく感じると思います。

勉強会には参加するの?

アルバイトの場合は勉強会に参加しなくても大丈夫ですが、ショッピングモールの中に店を構えている、ドーナツ屋の場合は防災訓練等に参加しないといけない可能性があります。

男性がドーナツ屋のアルバイトをしても大丈夫?

ドーナツ屋のアルバイトは女性が多く8対2ぐらいの割合で女性が働いています。

上手くコミュニケーションがとれるか心配な方もいると思いますが、実際働いてみるとあまり気になりません。

店長は男性の方が多いので、可愛がってもらえることが多いです。

ドーナツ屋で働いてみたいが、上手く溶け込めるか心配な方もいると思いますが、良い経験になると思うので是非働いてみて下さい。

まとめ

ドーナツ屋のアルバイトはマニュアルもしっかりとしているので、一度覚えてしまうとドーナツ屋の店であればどこでも働けてしまいます。

職場の雰囲気がいい店が多く、時給も上がりやすいアルバイトなので中々アルバイトが長く続かない人やアルバイトを初めてする方にはオススメのアルバイトになります。

新人の指導も積極的にさせてくれる店が多く、お客さんの気遣いやビジネスマナー等も身に付くので将来活かせることも多いと思うので是非気になる方はドーナツ屋さんで働いてみて下さい。