料理が好きな人、食べることが好きな人の中には「調理師になって、美味しい料理をつくりたい!」と思う方も多いのではないでしょうか。

プロの調理師に憧れて、調理の専門学校に通う方もいるでしょう。

でも、知っていますか。

調理師の仕事は離職率がとても高く、専門学校から斡旋された新入社員でも、一年経たずに調理師業界を去ってしまうことが本当によくあります。

調理師の仕事は厳しく辛く、そして長い修行期間に耐えられるかどうかがまず最初の壁になります。

仕事を続け、活躍をする人がいる一方、調理を一生の仕事にしたいと入社してきた新人でも、半年後には現実と理想のギャップに苦しんで退職を選んでしまうことは珍しくありません。

調理師という仕事は一体どのような仕事なのでしょうか?

一体何が原因で、いわゆる「ブラック業界」と言われてしまっているのでしょうか。

今回は調理師の仕事を辛いと感じる瞬間とその乗り越え方をご紹介して行きます。

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

調理師って大変なの??

インターネットで「調理師」と検索すると、付随して「つらい」「ブラック」「辞めたい」などとネガティブな言葉が並びます。

なんでも情報を手に入れられる社会の中で、調理師という仕事のイメージは決して良くはありません。

しかし、実際にどんなことが大変なのか、何が原因で離職してしまうのかは現場で働いてみないと分かりませんよね。

情報だけを鵜呑みにして調理師への道を進むことを諦めてしまうのはとてももったいないことです。

まず調理師と言う仕事のどこが大変なのか、経験者の私がお話しましょう。

大変なことを理解した上で、それでも調理師になりたいという覚悟を決めることができればきっと立派な調理師になれます。

長時間労働は覚悟しよう

今社会では「長時間労働」が大きな問題となっています。

企業を中心に長時間労働をなくそうと言う動きが出ていますが、調理師の働く飲食業界ではまだそのような大きな動きは見られません。

法定労働時間は8時間と定められており、一日8時間以上は働きたくない、残業をしたら残業代はきっちりもらいたいと考える方は調理師として働くのは大きなストレスがかかってしまいます。

「調理師の仕事は長時間労働」とは良く言われることですが、これは間違いではありません。

もちろん働く場所にもよります。

学校給食を作る施設や大手企業の経営するお店で働く調理師であれば、労働時間は守られている場合も多いです。

しかし、個人店で調理師として働くことになると、一日12時間労働は覚悟しておきましょう。

新人の時の給与は安い

一日12時間も働き、毎日4時間も残業しているのだから給与は高いはずと思っていませんか。

調理師の仕事で残業代がきちんと付くお店を、私個人的には見たことがありません。

もちろん条件を優先して職場探しをすれば、良い環境に出会えることもあるでしょう。

しかし、基本的には固定給で残業をしてもまったく給与に反映されないか、基本給がとても低く設定されており、残業代を加味しても給与は低いままと言うことが多いです。

特に新人の時の給与はとても低いです。

平均して15万円から17万円の間くらいでしょう。

新人時代は「お金を稼ぐ」時ではなく「将来のために技術を身につける」時だと割り切って働かなければいけません。

上下関係は厳しい

調理師の世界は縦社会です。

オーナーはもちろん、先輩調理師の意見や言葉は絶対です。

どんなに理不尽なことがあっても従わなければいけないと言う雰囲気が漂っています。

現在、会社でのパワハラが問題となって良くニュースでも報道されていますが、調理師の世界でも良くあることです。

人間関係を上手に作れる人、メンタル面の強い人でないと先輩調理師の厳しい指導に耐えかねて退職を選んでしまいます。

もちろん、先輩調理師も新人のことが嫌いでなど、個人的な感情で動いているのではありません。

自分も新人時代に同じような厳しい上下関係の中で調理を学んで来たため、新人には厳しくするのが正しいと思っているのです。

休日は少ない

一日12時間以上も立ち仕事をし、休日も少ないのが調理師の仕事です。

少しずつ改善されて来てはいますが、まだまだ一般企業に比べると休日日数は少ないでしょう。

調理師として働く中で有給休暇を取ったことがある、と言う人に出会ったことはありません。

休日日数は月に5回、6回が普通です。

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

調理師がつらいと感じる5個の瞬間とその乗り越え方とは?

調理師の仕事は決して楽な仕事ではありません。

しかし、今現在一流と呼ばれるシェフたちも、有名店で腕をふるっている調理師たちも、みんなつらい時期を乗り越えて腕を磨いて来たのです。

つらいと感じる瞬間はありますが、考え方や行動ひとつで乗り越えることができる壁とも言えます。

調理師の仕事がつらいと感じる瞬間とその乗り越え方を見ていきましょう。

長時間労働が続く時

ゴールデンウイーク、お盆、年末年始は調理師にとってつらい時期です。

お客様の数が増え、それに比例して仕事の量も増えて行き、そして労働時間は長くなります。

特にクリスマスから年末にかけては、家にいる時間よりも職場にいる時間のほうが長くなることも少なくありません。

そんな時、「もう辞めようかな」と思うことは誰にでもあります。

その乗り越え方とは?

「忙しくて嫌だ」と思ってしまうと調理師の仕事はつらく厳しいことだらけに感じてしまいます。

繁忙期、長時間労働が続く時こそ「今、自分が成長している」と考えるようにしましょう。

繁忙期を乗り越えれば、年間を通してそれ以上に疲れる時期はありません。

調理師として繁忙期を乗り越えれば、調理師として成長することができます。

また、クリスマスにはいつもと違うメニューを作るお店も増えますから、勉強をする良い機会だと捉えるようにしましょう。

給与が安いと感じる時

仕事量、仕事内容とお給料が見合っていないと感じてしまうと、仕事に行くことがつらくなってしまいますよね。

働いても働いてもお給料が上がらない、いつまで経っても生活が苦しいままだと感じる時、調理師たちはどのようにして乗り越えているのでしょうか。

その乗り越え方とは?

給与に不満を抱いてしまった時にぜひ試してほしいのが、飲食店専門の転職サイトを覗くことです。

飲食業界を専門にしている転職サイトにはたくさん良い条件の求人がありますが、その多くが「経験者」を求めています。

まずは、自分が調理師としての経験を積まなければいけないと言うことを再確認することで気持ちが落ち着きます。

経験を積んで、その後より良い条件のところに転職できる、今は我慢の時だと自分を励ましましょう。

将来が不安に感じる時

自分は調理師として成長できているのだろうか、将来はどうなるんだろうと言う不安を抱えてつらい気持ちになってしまうこともあります。

一般のサラリーマンなどに比べると不安定だと言われる職業ですから、不安に思うこともあるでしょう。

調理師としての将来に不安を抱えてしまった時はどうすれば良いのでしょうか。

その乗り越え方とは?

まずは初心に返りましょう。

調理師としての仕事を始めた時は不安より希望の方が大きかったはずです。

技術を身に付けて、将来は独立をすると考えていたのではないでしょうか。

調理師の仕事を続けていくことで手に職が付くので、本当は不安に思うことなど一つもありません。

調理師としてある程度の経験を積んでいれば働き口は日本全国、どこへ行っても必ず見つかります。

休日に出勤している時

膨大な料の仕込みが終わらず、休日出勤をしている時もつらい気持ちになってしまいますよね。

数少ないお休みのはずなのに、どうして出勤しなければいけないんだ、と思ってしまうでしょう。

そんな時はどうやって乗り越えれば良いのでしょうか。

その乗り越え方とは?

今、つらいことは必ず将来の糧になると考えましょう。

仕込みが終わらず休日出勤になったのは誰のせいでもなく、自分の力不足だと考えることができる人はつらい経験を必ずプラスに変えられます。

その日一日は将来のために使う時間だと考え、腐らずに早く仕事を終わらせて自宅で休みましょう。

仕込みの量が多くて仕事が終わらない時

特に繁忙期に起こることですが仕事量があまりにも多く手に負えず、全く終わりが見えないと言う状態もとてもつらく感じてしまいます。

「この仕事、いつになったら終わるんだろう」「何時になったら家に帰れるんだろう」と泣きたくなることもありますし、実際に心が弱いと泣きながら仕事をしている調理師も目撃します。

調理師の仕事はつらいことばっかり、と愚痴の一つもこぼしたくなるでしょう。

その乗り越え方とは?

自分の手に負えない量の仕込みがある時は、素直に周囲に助けを求めることで解決します。

調理師の仕事はチームワークが大切です。

一人の調理師が全ての仕込みを担う必要はありません。

先輩調理師に助けを求めたり、オーナーシェフに「この量は一人ではきつい」と伝えることで助け舟を出してくれるはずです。

早く終わらせるコツを教えてくれたり、実際に手助けしてくれる先輩に出会えるとつらい時期も乗り越えて行けます。

キツい時もあるけど、調理師がおすすめの理由

ここまで、調理師の仕事のつらい部分ばかりをご紹介してきました。

つらいことだけに焦点を当ててしまうと、調理師の仕事はとても楽しい仕事だとは思えません。

しかし、楽しいことややっていて良かったと思うことも多いのです。

キツいことも多いけれど、楽しいこともある。

それが調理師の仕事です。

おすすめの理由を見ていきましょう。

やりがいがある

毎日暇を持て余して時間が過ぎるのを待つ仕事と、仕事量は多いけれど「今日も働いた!」と思える仕事では満足感が全く違います。

調理師の仕事はもちろん後者です。

一日を終えた時、「今日も忙しかったけれど、あの仕事ができるようになった」「あのお客様はとても喜んでくれていたな」と思えることが多く、とてもやりがいを感じることのできる仕事です。

調理師のやりがいは、こちらの記事を参考に!

手に職が付く

調理師としての経験を積むと、手に職がつくのも大きなメリットです。

プロの調理師の仕事は誰にでもできることではありません。

料理は家庭でできますが、料理に対して対価を頂けるのは調理師だけです。

調理師として確かな技術と知識を身に付けることで、どこででも働くことができるようになります。

思い切って海外で働いてみるのも良いですし、Iターン、Uターンの場合でも仕事を見つけられないと言うことはほとんど起こりません。

「好きなことで稼いでいる」と思える

料理が好き、食べることが好きと言う動機から調理師の仕事を始める人が多いでしょう。

「好きなことで生活をしていけている」と言う人は実はとても少ないのです。

調理師を続けて行くと自分の興味のあることで稼ぎ、生活を成り立たせていると言う自信が付きます。

働き口が多い

「手に職がつく」と言う理由のところでも少し触れましたが、働き口が多いことも調理師の仕事をおすすめする理由のひとつです。

その気になれば世界中どこででも働ける仕事は、調理師以外にはなかなかありません。

調理師が足りないと言うことは良くありますが、調理師の働き口がないと言うことはあり得ません。

将来独立も視野に入る

将来独立をしたいと考えている方にも調理師に仕事はおすすめです。

自ら会社を起こして仕事を作っていくのはとても大変なことですが、調理師は比較的多くの方が独立開業をしています。

何か自分で仕事を起こしたいと考えている方にとって調理師はとても良い選択肢になります。

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回は調理師の仕事のつらいところ、大変な時とその乗り越え方についてお話をしました。

調理師の仕事はつらいこともたくさんありますが、その分やり遂げた時の達成感を強く感じられる仕事です。

今現在、調理師への道を進もうとしている方はある程度の覚悟を持って臨みましょう。

そうすることで、理想と現実のギャップを埋めることができます。

最初から覚悟を決めている人だけが生き残って行ける世界と言っても過言ではありません。

つらい時は自分の感情と向き合いつつ、調理師として働くメリットにも必ず目を向けるようにしましょう。

そうすることで早期退職を防ぐことができます。

覚悟が決まったら、調理師としての一歩を踏み出しましょう。

調理師の仕事のつらいことは、あなたの人生の糧になることでしょう!


関連キーワード

調理師求人

調理師求人についてもっと深堀りした情報を見る

調理師正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

プロの料理人になりたいと思ったことはありませんか?白いコックコートに長いサロン、コック帽をかぶったプロの料理人はその立ち姿や料理をしている姿などとてもかっこいい職業です。自分の腕や知識で世界中で働くことのできる料理人に憧れている人も多いでしょう。しかし、料理人の世界はとても厳しいと言われたり、労働時間が長い、修行の期間は薄給であることなどから転職をためらっている人が多いのも事実です。料理の世界はお客さんとして来店するだけでは見えにくく、本当はどのような仕事内容なのか分からないまま転職してしまうのは不安ですよね。そこで今回は、プロの調理師で飲食業界で働くこと15年の筆者が、調理師の仕事内容や年収

調理師の転職を成功させるために!狙い目なお店の特徴と上手に転職するための3個の注意点

転職活動というのは人生の大きな転機のひとつですよね。その中で現在市場規模が海外まで数限りなく広がっている飲食業界、その最前線の現場で働く調理師の転職活動に対しての、メリットやデメリットなどをいくつかの項目に分けてご説明していきたいと思います。注意した方がいい点や、転職を成功させるための秘訣、「本当に転職をした方がいいのかな?」という疑問にもお答えしていきたいと考えておりますので参考にして頂ければ幸いです。筆者は自身でも多数の飲食店で修行したのち都内で飲食店を独立開業、その後飲食に携わる様々な分野で活動を行う会社を設立いたしました。そのため、飲食業界のすみずみまで把握していますので現場の生の情報

調理師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術・成長術を教えます

仕事を決める上で重要なのはやはり収入面ですよね。さて、そんな中でレストランなどで活躍するシェフやコックさんといった調理師の世界での年収相場はどうなっているかご存知でしょうか?現在では飲食店がどんどんと増えていき、世の中にはた数多くの調理師が勤めています。飲食業界への就職や転職を考えていて、その年収とはどれくらいなのか気になる人もいるかもしれません。ここではそんな気になる調理師の年収をご説明していきます。筆者は飲食業界にて15年の経験を持ち、自身でも多数の飲食店で修業したのち都内にて独立、飲食に関する総合的な仕事を取り扱う会社を起業し運営しております。長年の経験で培われた知識と、一昔前から現在に

調理師の仕事はどんな人に向いている?向いている人の7個の特徴やキャリアについて解説します

世の中にある仕事のほとんどには色々な人間的な適正があると思いますが、ここでは「調理師」の仕事の適正について説明していこうかと思います。どんな人が向いているのか、逆にどんな人が向いていないのか?など素朴な疑問に寄り添ってお答えしていきますので、仕事選びの参考にしてみて下さい!筆者は一応飲食歴としては15年と長年飲食業界に携わってきました。自身としても色々な飲食店で修行し、その後独立し飲食に関係する小さな会社を起業した経験がありますので多くの調理師の方と働き、雇用もしてきました。ですので現場のリアルな声をお届けできるかと思いますのでぜひ見ていってくださいね。調理師はどんな仕事?調理師とはレストラン


調理師求人に関するコラム

調理師アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

アルバイトを始めようと考えた時、皆さんは何を重視して選びますか。長く働けるアルバイトを選ぶコツはやはり「楽しめるかどうか」が重要になってきます。人と話すことが好きな方は接客業を、パソコンが好きな方はパソコンを使った業務のあるアルバイトを選ぶことでストレスなくアルバイトに打ち込めます。料理が好きな方は調理補助としてアルバイトをしてみるのはいかがでしょうか。「調理師」と名乗ることができるのは調理師免許を持っている人だけですが、調理補助としてなら短時間のアルバイトでも求人を見つけることができます。今回は飲食店でアルバイトとして調理をする「調理補助」に注目してお話をしていきましょう!新しいアルバイトを

調理師を辞めると決めた6個の理由。経験者が解説します!

「料理が好きだから」「人に喜んでもらうのが好きだから」と言う理由で足を踏み入れた飲食業界でも、日々の仕事に追われ疲れて退職してしまう人は後を絶ちません。離職率がとても高いと言われる飲食業界は今人手不足に陥っています。労働条件、人間関係、給与など理由は様々ですがたくさんの有能なシェフたちが飲食業界を後にするのを目にし、若い頃は「どうして?」と思っていましたが、経験を重ねるに連れてその理由が私にも分かってきました。そこで今回は、調理師を辞めたいと思った瞬間についてお話します。経験者が紹介!調理師を辞めたいと思った6個の理由とは?15年以上調理師として働いている私も調理師を辞めようと思ったことが何度

調理師のメリットややりがい。これから就職や転職を考えたい人に向けて!

今現在、日本で一番求人数が多いのが「飲食業」です。飲食業と一言でいってもたくさんのお店があり、その中でもホール担当や調理担当に分かれます。調理師の仕事はとてもやりがいのある楽しい仕事ですが、その労働環境や条件などが悪い意味で注目を集めてしまい人手不足に陥っています。しかし、きちんとした待遇で働けるお店もたくさんあります!「条件が良くないと聞くから」「きつい仕事だと聞くから」と言う理由で調理師への道を諦めてしまうのは本当にもったいないことです。今回は料理を作るプロ、「調理師」に注目してその仕事内容や調理師として働くメリット、やりがいや進んだ先にある将来などについてお話をして行きましょう。今現在調

調理師の仕事は女性でも出来る?女性経験者の私が、できること・大変だったことを解説します

現代は、昔に比べると外で働く女性が多くなりましたね。結婚してからも正社員で仕事を続ける人は増えていますし、子供を育てながらでもバリバリ仕事をこなすキャリアウーマンはたくさんいます。一昔前は男性の仕事とされていた業界にも女性の進出が目立つようになりましたが、調理師の世界はまだまだこれから。女性調理師の数はあまり多くありません。今回は、今から女性の進出が期待される料理業界・調理師業界の仕事で、女性だからできることや大変だったことなどをお話していきましょう!私も女性ですが調理師でもあります。女性ならではの大変なことも経験してきましたが、女性は調理師に向いていると言う考えを持っています。女性だからこそ

調理師辞める理由は何が多い?9個の理由と辞めるのを決める前に考えておきたいこと

美味しい料理を作るプロである調理師。レストランやホテルなど少しかしこまった場所からカフェ、ファミリーレストランなど私達の身近なお店にも調理師は在籍しています。学校給食や病院食、介護施設での食事を作っているのも調理師です。活躍の場の多い調理師ですが、実はとても離職率の高い仕事の一つでもあります。現在、調理師として働いている方の中には「もう料理業界から転職しよう」と考えている人も多いでしょう。調理師は離職が多いという情報に不安を覚える調理師志望の方もいるでしょう。どうして一度は志した調理の道を離れてしまう人が多いのでしょうか?今回はその理由や辞める前に必ず考えて欲しいことなどをご紹介していきます。