今現在、日本で一番求人数が多いのが「飲食業」です。

飲食業と一言でいってもたくさんのお店があり、その中でもホール担当や調理担当に分かれます。

調理師の仕事はとてもやりがいのある楽しい仕事ですが、その労働環境や条件などが悪い意味で注目を集めてしまい人手不足に陥っています。

しかし、きちんとした待遇で働けるお店もたくさんあります!

「条件が良くないと聞くから」「きつい仕事だと聞くから」と言う理由で調理師への道を諦めてしまうのは本当にもったいないことです。

今回は料理を作るプロ、「調理師」に注目してその仕事内容や調理師として働くメリット、やりがいや進んだ先にある将来などについてお話をして行きましょう。

今現在調理師を目指そうかと迷っている方必見です。

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

調理師とはどんな仕事?

調理師とは「調理師免許」を取得し、その知識や技術を生かして料理をする職人のことを言います。

「調理師」と名乗ることができるのは調理師免許保有者だけで、免許のない人は「料理人」や「調理補助」と呼ばれます。

国家資格である調理師免許試験は、料理の技術だけではなく栄養に関する知識、衛生管理ができる能力、食文化への理解など幅広い知識が求められます。

料理全般に精通している調理師の働き口は多岐にわたり、個人店のレストランからホテルのレストラン、学校給食や病院・介護施設での調理などがあります。

調理師免許を取得していると仕事に困ることはありません。

もちろん料理がメインお仕事になる調理師ですが、継続年数やその人の特性によってはお店の経営全てを任されることもあります。

調理を担当して数年後、ホール業務を任される人もいますし経理を任される人もいます。

飲食店に関係する全ての業務を経験できると言っても過言ではありません。

調理師として働くメリットとは?

「キツイ」と言うイメージが定着してしまっている調理師の仕事ですが、もちろん調理師として働くメリットはたくさんあります。

辛い修行期間を経て一人前の調理師になった時には、全ての苦労が報われる職種です。

調理師として働くメリットを上げていきましょう。

手に職が付く

長い修行期間を経て、一人前の調理師になれた時には既に「手に職」が付いた状態です。

手に職を付ければ仕事に困ることはありませんし、世界中どこに行っても働くことができます。

日本で確かな技術と知識を身に着け、海外へと自分の世界を広げていく調理師も多いです。

自分の腕のみでのし上がっていくことのできる世界ですから、大きなやりがいを感じることができるでしょう。

働き口が多い

調理師の仕事は働き口が多いのも特徴です。

東京都内は言わずもがな、地方都市でも多くの調理師募集求人が常に出されています。

働き口が多いと言うのはそれだけ労働者側が勤務先を選べると言うことですので、自分にあった職場を見つけやすいと言えるでしょう。

経験を活かして調理関係の仕事に就ける

調理師の技術や知識は他業種にも繋がる部分が多いです。

調理師と言えばレストランや学校給食だけだと思いがちですが、料理教室や企業の商品開発、調理師の専門学校に携わる調理師も多数存在します。

一度身につけた知識や技術は一生モノですから、キャリア途中での方向転換も可能です。

将来独立を目指せる

将来独立を目指せることも大きなメリットのひとつです。

調理師には「将来自分の店を持つ」と言う夢を持って働く方がたくさんいますが、調理師として修行を積むことでその夢を叶えることができます。

独立開業は簡単なことではありませんが、調理師として長年経験を積むと経営のノウハウや流行りのお店の作り方なども身につけることができるでしょう。

調理師として働くと自分のお店を持つことはただの夢ではなく、現実的な目標として見ることができます。

人脈が広がる

毎日違ったお客様がご来店されるので、人脈が広がることも大きなメリットです。

特にオープンキッチンのレストランなどお客様と調理師が対面することのできる場であれば、その人脈の広がり方は他業種の比ではありません。

中にはお店で知り合ったお客様から独立を進められたり、さらには独立開業のスポンサーになってくださったりと言ったことも現実に起こります。

人間関係を広げられると言うのは調理師の強みの一つです。

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

調理師のやりがいとはどんなところ?

続いて調理師のやりがいについて見ていきましょう。

料理が好きな方が進む道が調理師ですが、「料理が好き」と言う気持ちだけでは続けて行くのが辛いこともあります。

そんな時、仕事のやりがいが調理師を支えてくれます。

料理が楽しい

「調理師になる前はただ料理が好きだった」と言う調理師が多いのですが、そんな人たちにとって毎日調理をし、お金を払って食べて貰える人がいるというのはとても楽しくやりがいのひとつになります。

調理師は仕事と趣味が一緒になった人が多いのも特徴です。

喜んでもらえる

お客様の特別な日や何かの記念日などに自分の作った料理を食べてもらえるのは大きなやりがいです。

自分の料理を喜んでもらえ、「美味しかった」と言う言葉をいただけた時は「調理師になってよかった」と強く感じます。

私が心の底から「調理師になってよかった!!」と思った経験は、ご老人のお客様に「こんな美味しいものを食べられて、長生きしてよかったと思う」と声をかけられたことです。

涙が出そうになるほど嬉しかったのを今でも強く覚えています。

こんな経験ができるのは調理師と言う仕事のほかはなかなかありません。

人を喜ばせたい、人の喜ぶ顔が見たいと言う方は調理師の仕事に誇りを持てるでしょう。

新商品を生み出す楽しみ

調理の世界は日々トレンドが変わります。

同じ商品を提供し続けて、それでも集客ができるお店は確かに存在しますがほんの一握りです。

一流と言われるお店でも、試作と試食を繰り返し新しい商品を開発することはとても大切です。

その新商品を作り出すのは調理師の大きなやりがいです。

一筋縄ではいかない難しい作業ではありますが、商品が完成した時の達成感やその商品がお客様に選ばれた時の感動、さらに「美味しい」と言ってもらえた時の喜びは何物にも変えられません。

最初は自分のアイデアや想像でしかなかったものが、一つの商品として店頭に並ぶ時に大きなやりがいを感じます。

成長が目に見える

調理師の仕事は成長が目に見えやすい仕事でもあります。

料理はとても「正直」で、努力すればその分必ず自分に返ってきます。

昨日失敗したことが今日はできるようになっていたり、最初は「無理だ」と感じていた量の仕事を難なくこなせるようになったりと自分で自分の成長を感じる時にやりがいが生まれます。

成長が目に見えるのは自分のことだけではなく、後輩や新人調理師の成長もはっきりと感じることができます。

最初は何もできなかった新人が、立派な調理師になっていく姿は先輩調理師としてのやりがいを感じるでしょう。

先輩やシェフに認めてもらえた時

長く辛い修行期間を経て、シェフや先輩調理師から認めてもらえた時は「調理師を選んで良かった」と感じます。

調理師はプロですので、簡単には褒めてくれたり仕事を任せてくれたりはしません。

そんな中で「この仕事は任せた」と言ってもらえることが増えるとやりがいを感じます。

一人前に近づいていく過程を楽しむことができる方は調理師にぴったりですよ。

これから調理師を目指す方へ

これから調理師を目指す方に、知っておいて欲しいこと、やっておいて欲しいことをお話しましょう。

調理師の世界はやりがいも多い反面、とても辛く途中で投げ出したくなることもあるでしょう。

事実、調理師として働き始めて3年後の離職率は50パーセント前後と半数近くが退職してしまっている現実があります。

せっかく調理師を志したにも関わらず、退職してしまうのはもったいないですし悲しいことです。

調理師を生涯続けて行けるよう、今から準備をしておきましょう。

準備が整ったら、ぜひ調理師への道を進み始めてください。

大変なことはたくさんあると覚悟を決めよう

調理師への道を進み始めた直後は、長い労働時間や仕事量の多さに「こんなにきつい仕事なのか」と思うことも出てくるでしょう。

加えて新人の頃のお給料はその他の職業と比べてみてもとても少ないのが一般的です。

生活も切り詰めなければならず、さらには休日も多くありません。

こんな大変な思いをするなら他の職に就こうと思ってしまうことも一度や二度ではないと思います。

実際、私もそうでした。

最初から大変なことはたくさんあると覚悟を決めて調理師を志す人と「料理が好きだから」と言う理由で調理師を目指す人とはモチベーションに大きな差が出ます。

一人前の調理師になるには必ず苦労が付きものです。

覚悟を決めて望みましょう。

「何年後にこうなっている」と具体的に目標を定めよう

一人前になるための修行期間はとても長く、目標や初心を忘れてしまっては辛いだけで全く身にならない場合があります。

調理師として働き始める前に必ず期限を設けることをおすすめします。

メイン料理の調理を任されることを目標にしても良いですし、独立開業など長期的な目標でも構いません。

時間を区切るのもポイントです。

そうすることで修行時間を限られたものと思え、辛くても貴重な時間を大切に過ごせるようになります。

体が資本。体調には十分注意しよう

調理師は一日中の立ち仕事に加え、火を使ったり重いものを運んだりと大変な肉体労働です。

調理師の転職・退職理由の一つに「体の不調」が上げられることは多く、実際に体を壊してしまい調理師を辞めたくないのに辞めざるを得なくなってしまった人はたくさんいます。

重いものを持つことで腰を痛める人、下を向いての作業が多いので首を痛める人、洗剤で手がひどく荒れてしまい食材に触れなくなってしまう人など原因も様々です。

確かに休日も少なく、体調に影響が出やすい職種ではありますが自分で管理をすることで体調不良は避けられます。

無理をせず、十分に注意をして仕事に当たりましょう。

良いお店かどうかはスタッフを観察すれば分かる

「ブラック」と呼ばれる労働環境の良くない職場が混じっているので、職場選びには注意が必要です。

良い職場か、働きやすい環境が整えられているかどうかは入社する前でも働いているスタッフを観察すれば分かります。

ホールスタッフ・キッチンスタッフが笑顔で良いサービスをしてくれるお店なら、極端に労働環境が悪いということは少なくなります。

逆にホールスタッフに全く笑顔がない、事務的に仕事をこなしているだけと感じるお店はスタッフが疲弊している可能性が高いです。

良い職場を選ぶために、必ず足を運ぶようにしましょう。

転職エージェントを利用しよう

調理師の職場探しには転職エージェントがとても有効です。

間にエージェントが入ることで、問題となるほどの長時間労働や給与支払いの遅れ、条件を満たしているにも関わらず社会保険に未加入であるなど問題のある職場は淘汰されます。

初めて調理師として働く場合はコツを押さえても良い職場を自分で見分けることは難しいかもしれませんので、転職のプロに任せてみるのをおすすめします。

厳しい職人の世界でも、明らかなパワハラ・セクハラは絶対にダメ

一昔前、「調理師は職人の世界だから」と言う理由で明らかなパワハラ、場合によってはセクハラが確かにありました。

誰にでもある失敗をヒステリックに叱られたり、物を投げられたり、毎日叱られて精神的に疲労してしまう人も確かに存在しました。

現在では、そんな職人の世界も少しずつ変わってきています。

今までのやり方では人が育たないということに気が付き始め、改善しているお店もたくさんあります。

もし、調理師として頑張ろう!と入社したお店に明らかなパワハラ・セクハラが残っていた場合、無理をしてそのお店で続ける必要はないと私は思います。

働き口の多い調理師の世界です。

良い職場探しに精を出しましょう。

尊敬できるシェフ・先輩調理師の元で働こう

調理師にとって目標とする人が側にいるのはモチベーションアップの大きな要素です。

尊敬できるシェフや先輩調理師に師事できる環境が何よりも成長に繋がります。

自分が「おいしい!」と思えるお店で働くことをおすすめします。

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回は調理師に注目し、そのメリットややりがいについてお話をしました。

キツイ仕事ではありますが、その分自分に返ってくるリターンも大きい仕事だと言うことを理解していただけたでしょうか。

覚悟を決め、目標を定めたら調理師への第一歩を踏み出してください。

辛い中にもやりがいを見つけることができる仕事を通して、大きく成長することができるでしょう!


関連キーワード

調理師求人