気軽に入ることのできるカフェから敷居の高いレストランまで様々な場所で働く調理師はとても魅力ある仕事です。

子供の頃、「将来はコックさんになりたい!」と思っていた方も多いのではないでしょうか。

自分の腕やアイデアで独立を果たすこともできる調理師はとてもやりがいのある仕事でもあります。

調理師と言えばもちろん美味しい料理を作ってお客様に提供するのが仕事ですが、他にはどのような仕事をしているのでしょうか。

インターネット上では「修行期間がつらい」と度々話題にもされていますが、それは本当の情報なのでしょうか?

今回は、調理師の仕事内容や良い面・悪い面、調理師のキャリアについてお話していきます!

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

調理師とはどんな仕事?

まず調理師とはどのような仕事なのかご説明しましょう。

調理師を名乗ることができるのは調理師免許試験に合格し資格を持っている料理人のみです。

食材に対する知識、調理方法、栄養学などに精通しその確かな知識を持って調理を行い料理をお客様に提供しその対価としてお金を頂く仕事です。

調理師の仕事は料理を作ることだけと思われがちですが、接客業務も含まれますし一つのお店での勤続年数が長くなれば、お店全体を取り仕切り営業全般に責任を負ったりお店の営業活動を行ったり、新しい農家と契約するために地方に足を運んだりと調理以外の業務も請け負います。

調理師の役割とは?

一般の企業でも部長、係長、社員と役割があるように、調理師にも経験年数やその腕の良さ、知識によってそれぞれ役割があります。

詳しく見ていきましょう。

シェフ

料理人のことを「シェフ」と呼ぶことがありますが、実はフランス料理の世界では「シェフ」と言うのは料理長にのみ使う言葉です。

日本ではその辺りの線引が曖昧になっていますが料理人としてお店に入る場合「シェフ」と言うのは一人しかいないと覚えておきましょう。

個人店はシェフ自らが独立しお店を経営している場合が多いのですが、ホテルなどはその腕を買われてシェフとして雇われています。

シェフはそのお店の料理全てに責任を負い同じお店で働く調理師たちを指揮、指導をしたり品質の管理や新しい料理の考案などを中心に行います。

スー・シェフ

日本語で言うと副料理長のことです。

シェフの右腕的な存在であり、調理師としての経験も知識も確かな方が選ばれます。

シェフの仕事がキッチン内に収まらないのとは対象的にスー・シェフの仕事は料理についてが中心です。

コック

シェフ、スーシェフ以外の調理師は全てコックと呼ぶのが正しいとされています。

コックの役割も腕や経験によって様々です。

提供するすべての料理を一人のコックが作ることはほとんどありません。

たくさんのコック、ホール担当のスタッフなどとコミュニケーションを取りながらタイミング良く料理を出していく必要があります。

営業時間内はオーダーを作り、その他の時間には仕込みを行います。

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

調理師の具体的な仕事内容とは?

具体的な業務

料理を作る

何と言っても一番大きな仕事は料理を作ることです。

一日の大半をキッチンで過ごす調理師が多いでしょう。

調理はお店の形態によって異なりますが、営業時間中はオーダーをこなしオープン前や閉店後は仕込みを行うお店がほとんどです。

決して広くないキッチンの中で新米の調理師からベテランの調理師まで一緒に仕事をします。

基本的には担当する場所や料理が決められている分業制です。

例えばイタリアンレストランの場合、アンティパストと呼ばれる冷菜や前菜を担当する調理師がおり、パスタを作る調理師、メインのお肉やお魚料理を作る調理師、加えてデザートを作る専門のパティシエと呼ばれる調理師がいます。

キッチンで働く調理師は駆け出しの頃からすぐに料理を作らせてもらえるわけではありません。

最初はお皿洗いや簡単な野菜のカットなど下積み時代を過ごし長い年月をかけ徐々に一人前になって行くのです。

接客業務

調理師もホールに出て接客に当たることも少なくありません。

オープンキッチンのお店であれば仕事をしながらカウンターのお客様とお話もしますし、お店が忙しくなれば自分で料理も運びます。

料理は温度がとても大切です。

ホールスタッフが忙しく、料理が出来てからテーブルに届くまで5分以上かかるなどと言うことは決してあってはいけません。

また、お食事を終えたお客様に調理師自らが感想を聞く場合も多々あります。

実際に自分たちの料理で満足していただけているのか知る良い機会なのでとても大事な業務と言えます。

新商品の考案

季節に合わせた食材を使った新商品の考案も調理師の大きな仕事です。

新商品もただ季節感があれば良いと言うわけではなく、お店の雰囲気と合っているかどうかも重要ですのでとてもセンスの問われる業務です。

新しい商品を考えるためには料理の腕と食材に対する知識が必要ですので、好奇心が旺盛な性格であったり勉強をし続けられる向上心のある方にぴったりです。

食材や材料の発注業務

調理師として働いていると、食材の発注を任されることもあります。

実際に市場に足を運ぶこともありますし、契約している農家や生鮮品を販売するお店から食材が届くこともあります。

この食材を使おうと決めるのはシェフやスー・シェフの仕事ですが、決まった食材を管理したり発注したりするのは調理師の仕事の一つとなるでしょう。

料理の品質管理

料理の品質管理も調理師ひとりひとりが気をつけるべきことです。

お客様の中には「いつもと同じ味」を求めてご来店される方、初めてお店に来てくださった方などそれぞれに目的があります。

いつもと同じ味を求めて来てくださるのに、作った調理師が違うから今日は味も盛り付けも違います、と言うのは飲食店として決してあってはいけません。

またご新規のお客様でも少しの料理の違いでその一度きりのご来店になるか、また再訪してくださるかが変わります。

衛生管理

食べ物を扱う仕事ですから衛生管理は絶対に欠かせません。

一年中気をつけなければいけないことですが、夏は食材が傷みやすく調理師にとって大変な時期でもあります。

ダスターと呼ばれる布巾は営業中でも時間を決めて消毒をするお店が多いですし、使用する器具、調理台の上などキッチン内は常に清潔に保ちます。

先輩コックが使った調理器具の洗浄は新米コックの仕事となります。

洗い残しのないように、かつ素早く洗浄を行います。

仕事の流れ

開店前

オープン前はキッチン内の準備をします。

オーブンを指定された温度に設定をしたり、洗浄機を稼働さるなどの調理に必要な機械のことから今日使う食材のチェック、営業に必要な材料のチェックを行います。

その後オープンまでの時間は仕込みに当たります。

日持ちのしない料理はこの朝の時間に全て仕込みをし、昼や夜のオーダーに使います。

シェフやスー・シェフの指導の元、仕込みを進めていきます。

営業中

営業中に最優先するのはオーダーです。

どんなに仕込みが立て込んでいても、お客様にお出しする料理が一番重要です。

品質をしっかりチェックしながら手早くきれいに料理を仕上げて行きましょう。

シェフはホールでお客様と会話をしていたり、営業活動を行っていたりするので任されたところは調理師がそれぞれ責任を持って作業に当たります。

自分の担当する料理が終わればすぐに仕込みに当たると言うわけではありません。

まだオーダーを抱えている後輩がいれば手伝いますし、洗い物も積極的に行いましょう。

飲食業、特に調理はチームワークが必要です。

小さなことの積み重ねで先輩コックから信頼されるようになるので、周りを良く見て声をかけながら仕事をしましょう。

キッチン内が全て落ち着いて洗い物もなくなれば仕込みに移ります。

特に忙しいお店では仕込みの時間は長くは取れません。

素早く正確に空いた時間を見つけて行います。

閉店後

閉店後、お客様も帰られて今日の仕込みも全て終わっていれば閉店作業に入ります。

店内、キッチン内全ての清掃、材料の発注、明日の準備や予約確認をします。

新商品の考案などは閉店後行うこともあります。

調理師はどういう人と仕事で関わるの?

調理師は仕事でたくさんの人と出会います。

ぜひ良好な関係を保っておくべき人脈をご紹介しましょう。

農家の方

調理師の仕事で重要な食材を提供してくれる農家の方と直接会う機会も何度もあります。

珍しい野菜や、味は良いのに形が悪いからと言う理由で捨ててしまう野菜をとても安く販売してくれたりもするので、農家の方とはしっかりコミュニケーションを取っておきましょう。

食品会社の営業マン

自社製品を使って欲しいとたくさんの営業マンが訪れます。

この方達も食のトレンドや他店で人気の商品などについてとても詳しいので、取り入れるか取り入れないかは別として会話するのをおすすめします。

特に次々と新しいものが入ってくるワインなどは営業マンとコミュニケーションを取っていると希少なものでも手に入れやすくなります。

調理師の給料事情は?

次に調理師のお給料について見ていきましょう。

調理師の給与は経験年数や本人の腕、お店への貢献度などで変わります。

ホテルのシェフクラスになると年収1000万円以上の方も少なくありません。

しかしそこにたどり着くまでには様々な努力が必要ですし、見習いコックの場合はぎりぎり生活できるくらいのお給料のお店も多いです。

辛い修行期間も全て自分の将来に繋がると捉えて乗り越えましょう。

調理師でやりがいを感じること

料理が好き、食べることが好きな人にとって調理師という仕事はとてもやりがいのあるものです。

続いて調理師として働く中でやりがいだと感じることをご紹介します!

料理に対する知識が増える

料理が好き、料理の腕を上げたいと思う人は調理師にやりがいを感じるでしょう。

調理師はプロ集団ですから本当にたくさんの知識を持っています。

その知識を働きながら学ぶことができ、またすぐに活かすことの出来る環境です。

おいしい料理との出会い

今まで想像もしなかった料理との出会いが調理師にはあります。

こんなに美味しいものがあったのか!と感じることもしばしば。

良い職場や面倒見の良いシェフと出会えれば勉強のためと色んなお店に連れて行ってくださったりもします。

自分の考案した料理を形にできる

シェフに一人前のコックとして認めてもらえれば、お店の新商品の考案を任されたりもします。

これは調理師の仕事の醍醐味と言えるでしょう。

使う食材やその料理の位置付け、お皿や料理の色合いなど全て自分で考えシェフや先輩コックたちのGOが出ればメニューに加えてもらえます。

何度も試作を重ねる必要がありますが、その分注文が入った時の喜びはとても大きくなります。

お客様に喜んでもらえる

大げさではなく、美味しい料理は人を幸せにできます。

人に喜んでもらうのが好きだという方は調理師としてとてもやりがいを感じるでしょう。

調理師の仕事で良い面とは?

やりがいのある調理師の仕事ですが、良い面も悪い面もあります。

それぞれを見ていきましょう。

手に職が付く

調理師の良い面で一番大きいのは手に職が付く事でしょう。

努力次第で独立を果たすこともできますし、海外勤務なども視野にいれることができます。

未経験でも始められる

調理師と名乗るには調理師免許が必要ですが、それは実務経験2年以上で受験資格を得られます。

さらに学歴・職歴・年齢は不問の求人が多く、調理師になりたいと思えばいつでもチャレンジできます。

職場数が多い

一口に調理師と言っても働き口は様々です。

レストランやホテルで働く調理師もいれば学校給食や病院食、会社の社員食堂で働く調理師など仕事が見つからないと言ったことは起こりません。

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

調理師の仕事で悪い面とは?

長時間労働になりがち

調理師の仕事は仕込みの量やお客様の滞在時間によって長時間労働になりがちです。

毎日何時に帰宅できるという保証はありません。

ヤケドや小さい切り傷はしょっちゅう

調理師の仕事で大きな怪我をするという事態はほとんどありませんが、小さなヤケドや切り傷は日常茶飯事です。

また、長時間の食器洗浄や何らかのアレルギーにより手荒れを起こしてしまい皮膚科にかかっている調理師も少なくありません。

修行期間は薄給

見習いコックの期間はとても長く、加えて薄給です。

将来のためと考えることができれば良いですが、お給料のためだけに調理師として働くのはおすすめできません。

調理師がブラックな仕事だと感じる瞬間は、こちらの記事を参考に!

調理師に就くためにはどうしたらいい?

調理師に就職するために

求人数も多く未経験でも挑戦できる調理師として就職をするのは難しくありません。

しかし、足を踏み入れてから一人前になるまでが大変な仕事です。

必要なスキルや資格、経験は?

調理師と名乗るには調理師免許が必要です。

調理師免許がなくてもコックとして働くことはできるので、働きながら資格の取得を目指す人も大勢います。

経験はあるに越したことはありませんが、未経験歓迎の求人も多く見つけられます。

調理師の中には、未経験の方が仕事を教えやすい、覚えるのが早いと言う意見の人もいます。

調理師を目指す方は、こちらの記事を参考に!

調理師で転職を成功させるために

求人の多い調理師としての転職を成功させるために、やるべきことや覚えておくべきことをご紹介します。

優先するべきものを考える

まずは自分の優先するべきものを決めましょう。

薄給でも労働時間が長くてもそのお店の料理を覚えたいのか、ワークライフバランスを重視するのか、給与の良い案件を選ぶのか、自分に合った条件の求人を探しましょう。

将来を見据えて転職先を選ぶ

調理師としてこの先のステップアップが望める環境かどうかを見極めて転職先を選びましょう。

現在流行っていて集客数のあるお店でも一過性のもので終わらないか、店舗を増やす可能性はあるのか、そのお店でスー・シェフやシェフの役職に付けるのかなどを考えましょう。

まとめ

今回は調理師についてお話しました。

料理の仕事はやはり厳しく、目標のある人でないと長く続けることはできません。

その代わり一生失くすことのない技術や知識を身につけられる魅力的な仕事でもあります。

良い面、悪い面両方を踏まえた上で調理師としての一歩を踏み出しましょう!


関連キーワード

調理師求人

調理師求人についてもっと深堀りした情報を見る

調理師正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

プロの料理人になりたいと思ったことはありませんか?白いコックコートに長いサロン、コック帽をかぶったプロの料理人はその立ち姿や料理をしている姿などとてもかっこいい職業です。自分の腕や知識で世界中で働くことのできる料理人に憧れている人も多いでしょう。しかし、料理人の世界はとても厳しいと言われたり、労働時間が長い、修行の期間は薄給であることなどから転職をためらっている人が多いのも事実です。料理の世界はお客さんとして来店するだけでは見えにくく、本当はどのような仕事内容なのか分からないまま転職してしまうのは不安ですよね。そこで今回は、プロの調理師で飲食業界で働くこと15年の筆者が、調理師の仕事内容や年収

調理師の転職を成功させるために!狙い目なお店の特徴と上手に転職するための3個の注意点

転職活動というのは人生の大きな転機のひとつですよね。その中で現在市場規模が海外まで数限りなく広がっている飲食業界、その最前線の現場で働く調理師の転職活動に対しての、メリットやデメリットなどをいくつかの項目に分けてご説明していきたいと思います。注意した方がいい点や、転職を成功させるための秘訣、「本当に転職をした方がいいのかな?」という疑問にもお答えしていきたいと考えておりますので参考にして頂ければ幸いです。筆者は自身でも多数の飲食店で修行したのち都内で飲食店を独立開業、その後飲食に携わる様々な分野で活動を行う会社を設立いたしました。そのため、飲食業界のすみずみまで把握していますので現場の生の情報

調理師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術・成長術を教えます

仕事を決める上で重要なのはやはり収入面ですよね。さて、そんな中でレストランなどで活躍するシェフやコックさんといった調理師の世界での年収相場はどうなっているかご存知でしょうか?現在では飲食店がどんどんと増えていき、世の中にはた数多くの調理師が勤めています。飲食業界への就職や転職を考えていて、その年収とはどれくらいなのか気になる人もいるかもしれません。ここではそんな気になる調理師の年収をご説明していきます。筆者は飲食業界にて15年の経験を持ち、自身でも多数の飲食店で修業したのち都内にて独立、飲食に関する総合的な仕事を取り扱う会社を起業し運営しております。長年の経験で培われた知識と、一昔前から現在に

調理師の仕事はどんな人に向いている?向いている人の7個の特徴やキャリアについて解説します

世の中にある仕事のほとんどには色々な人間的な適正があると思いますが、ここでは「調理師」の仕事の適正について説明していこうかと思います。どんな人が向いているのか、逆にどんな人が向いていないのか?など素朴な疑問に寄り添ってお答えしていきますので、仕事選びの参考にしてみて下さい!筆者は一応飲食歴としては15年と長年飲食業界に携わってきました。自身としても色々な飲食店で修行し、その後独立し飲食に関係する小さな会社を起業した経験がありますので多くの調理師の方と働き、雇用もしてきました。ですので現場のリアルな声をお届けできるかと思いますのでぜひ見ていってくださいね。「調理師」が自分に向いているか診断するに


調理師求人に関するコラム

調理師アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

アルバイトを始めようと考えた時、皆さんは何を重視して選びますか。長く働けるアルバイトを選ぶコツはやはり「楽しめるかどうか」が重要になってきます。人と話すことが好きな方は接客業を、パソコンが好きな方はパソコンを使った業務のあるアルバイトを選ぶことでストレスなくアルバイトに打ち込めます。料理が好きな方は調理補助としてアルバイトをしてみるのはいかがでしょうか。「調理師」と名乗ることができるのは調理師免許を持っている人だけですが、調理補助としてなら短時間のアルバイトでも求人を見つけることができます。今回は飲食店でアルバイトとして調理をする「調理補助」に注目してお話をしていきましょう!新しいアルバイトを

調理師の仕事が辛い…と感じる5個の瞬間とその乗り越え方

料理が好きな人、食べることが好きな人の中には「調理師になって、美味しい料理をつくりたい!」と思う方も多いのではないでしょうか。プロの調理師に憧れて、調理の専門学校に通う方もいるでしょう。でも、知っていますか。調理師の仕事は離職率がとても高く、専門学校から斡旋された新入社員でも、一年経たずに調理師業界を去ってしまうことが本当によくあります。調理師の仕事は厳しく辛く、そして長い修行期間に耐えられるかどうかがまず最初の壁になります。仕事を続け、活躍をする人がいる一方、調理を一生の仕事にしたいと入社してきた新人でも、半年後には現実と理想のギャップに苦しんで退職を選んでしまうことは珍しくありません。調理

調理師を辞めると決めた6個の理由。経験者が解説します!

「料理が好きだから」「人に喜んでもらうのが好きだから」と言う理由で足を踏み入れた飲食業界でも、日々の仕事に追われ疲れて退職してしまう人は後を絶ちません。離職率がとても高いと言われる飲食業界は今人手不足に陥っています。労働条件、人間関係、給与など理由は様々ですがたくさんの有能なシェフたちが飲食業界を後にするのを目にし、若い頃は「どうして?」と思っていましたが、経験を重ねるに連れてその理由が私にも分かってきました。そこで今回は、調理師を辞めたいと思った瞬間についてお話します。経験者が紹介!調理師を辞めたいと思った6個の理由とは?15年以上調理師として働いている私も調理師を辞めようと思ったことが何度

調理師のメリットややりがい。これから就職や転職を考えたい人に向けて!

今現在、日本で一番求人数が多いのが「飲食業」です。飲食業と一言でいってもたくさんのお店があり、その中でもホール担当や調理担当に分かれます。調理師の仕事はとてもやりがいのある楽しい仕事ですが、その労働環境や条件などが悪い意味で注目を集めてしまい人手不足に陥っています。しかし、きちんとした待遇で働けるお店もたくさんあります!「条件が良くないと聞くから」「きつい仕事だと聞くから」と言う理由で調理師への道を諦めてしまうのは本当にもったいないことです。今回は料理を作るプロ、「調理師」に注目してその仕事内容や調理師として働くメリット、やりがいや進んだ先にある将来などについてお話をして行きましょう。今現在調

調理師の仕事は女性でも出来る?女性経験者の私が、できること・大変だったことを解説します

現代は、昔に比べると外で働く女性が多くなりましたね。結婚してからも正社員で仕事を続ける人は増えていますし、子供を育てながらでもバリバリ仕事をこなすキャリアウーマンはたくさんいます。一昔前は男性の仕事とされていた業界にも女性の進出が目立つようになりましたが、調理師の世界はまだまだこれから。女性調理師の数はあまり多くありません。今回は、今から女性の進出が期待される料理業界・調理師業界の仕事で、女性だからできることや大変だったことなどをお話していきましょう!私も女性ですが調理師でもあります。女性ならではの大変なことも経験してきましたが、女性は調理師に向いていると言う考えを持っています。女性だからこそ