皆さんバリスタの仕事に興味はありませんか?

普段あまり耳にしないバリスタの仕事ですが、実は誰でも簡単に始められる仕事なのです。

今回は、そんなあまり知られていないバリスタの仕事について、バリスタ求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します。

バリスタの仕事に興味がある人やバリスタとして働いてみたいと考えている人、またこれから何か新しい仕事を始めようと考えている人は要チェックです!

ぜひ、バリスタの仕事について確認してみてください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

バリスタのおおまかな仕事内容

まず初めに、簡単にバリスタの仕事内容について説明します。

バリスタの基本的な仕事内容はコーヒーやエスプレッソ、カフェラテ、カフェモカなどをコーヒーマシーンやエスプレッソマシーンを使って作ることです。

コーヒーマシーンやエスプレッソマシーンを使う所が多いですが、中にはコーヒーマシーンやエスプレッソマシーンを使わない所もあります。

また、コーヒー以外のドリンク、ココアや紅茶なども淹れたりします。

もっと詳しい仕事内容は、以下の記事をご覧ください。

バリスタの求人ではどんな働き先が募集されている?

バリスタはチェーン店カフェや個人営業のカフェなどの求人がよく出ています。

詳細は以下の記事で解説しているので、ご覧になってみてください。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

バリスタの仕事を始めるにあたって私がおすすめするのは、5人程度の少人数で回せるような、あまり大規模でないチェーン店のカフェです。

メインはもちろんコーヒーなどのドリンクで、ちょっとした軽食も提供するような形態のお店を指します。

私がこういうカフェをおすすめする理由は、スタッフが多過ぎず働くのに丁度良い人数だからです。

また本格的なランチを提供しているお店ではキッチンに立つこともあるため、調理の要らない簡単な軽食だけを扱っているお店が良いでしょう。

こういうお店だとバリスタとしてしっかり働けるため、おすすめです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

バリスタ求人でよくある募集内容とは?

バリスタ求人でよくある募集内容についてまとめてみました。

給与相場

パートやバイトだと、平均時給は大体1,000円前後です。

お店により交通費が出る所があります。

バリスタのバイト情報についてはこちらも参考に。

勤務時間や休日、残業

残業はないのが一般的です。

バイトやパートの場合、勤務時間や休日のシフトは自己申告制で決められることが多いです。

平均して週3日~4日で働く人が多いですね。

勤務場所

チェーン店の場合、人手不足などで他店舗にヘルプとして出勤してほしいとお願いされることもあります。

求められる人物像

清潔感があり、ある程度のスピード感と正確さがある人

お客さんに飲み物を提供する仕事なので、もちろん清潔感がある人が求められます。

また朝などのピーク時はオーダーが殺到することもあるため、ある程度のスピード感と正確さがある人も求められます。

以前にバリスタの経験などがあれば、尚更良いです。

コーヒーが好きでコーヒーの知識などがある人

コーヒーが好きな人やコーヒーに興味がある人、またコーヒーについての知識などがある人はより良いと思います。

お客さんからよくコーヒーの種類や違いなどを訊かれることがあるため、そういう時にお客さんにしっかりと説明できるほど知識がある人は尚更重宝されるでしょう。

向いている人の特徴を知りたい人は、以下の記事もご覧ください。

必要なスキルや資格、経験

お店にもよりますが、基本バリスタの仕事をするのに資格などは必須ではありません。

バリスタ未経験者でもバリスタとして働くことができます。

バリスタの資格やバリスタとして働いていた経験があると尚更良いですが、資格がなくても働けます。

正社員などとして働くのならばバリスタの資格を取得するのも良いかと思いますが、絶対に資格を取らないといけないというわけではありません。

もちろん資格はあるに越したことはないので、気になる人は以下の記事をチェックしてみて下さい。

バリスタのおすすめ求人のポイント

私がおすすめするバリスタのおすすめ求人ポイントについてまとめてみました。

しっかりとバリスタの研修が受けられる

バリスタの仕事は初めてという人がほとんどだと思いますので、研修期間などがある程度設けられている所がおすすめです。

やはり1週間~2週間で研修が終わってしまう人と比べると、時間をかけてゆっくりとバリスタやコーヒーの知識を身につけコーヒーを淹れられるようになった人では、結果的に仕事のスピードや身についている知識・経験なども変わってきます。

そのため、研修をしっかりと受けられる所をおすすめします。

バリスタの研修と共にコーヒーの知識も身につく

一般的にバリスタの研修では、コーヒーの淹れ方だけでなくコーヒーやコーヒー豆の種類についても学びます。

今まで知らなかったコーヒーの知識などが身につけば、コーヒーについて更に興味を持ったり、バリスタの仕事がとても楽しくなったりします。

そのためにも、研修はコーヒーの淹れ方だけでなくコーヒーについての勉強もできるような所をおすすめします。

バリスタの雇用形態による違い

バリスタの雇用形態による違いについて少しお話したいと思います。

まず初めに、パートやアルバイトは出勤日数や出勤時間などを自身で決められる自己申告制の所が多く、自分の希望が通りやすくなっています。

それと違って正社員は一般的に希望が通りにくく、人手不足の日や時間帯に出勤しなければなりません。

お給料は、バイトやパートは基本的に時給制で、働けば働くほど稼げます。

正社員は一般的に時給制のことが多く、バイトやパートよりまとまった金額を貰えます。

また、お店によってはボーナスが貰える所もあります。

仕事内容はほとんど同じですが、正社員になるとシフトや売り上げなどを管理したりすることもあります。

簡単に説明すると、バイトは自分の好きなスタイルで働くことができますが、給料は自分の頑張り次第です。

正社員は出勤日などは自分の希望が通らないこともありますが、その分給料はしっかり貰えて、場合によってはボーナスが貰えることもあります。

バリスタ求人についてよくある疑問

バリスタ求人についてよくある疑問とその答えをまとめてみました。

資格がないけど働けるの?

はい、働けます。

バリスタは資格がなくても働けます。

資格がないから働けないということはありません。

むしろ、バリスタとして働いている人の中で資格を持っているという人の方が少ないと思います。

もし求人広告に「バリスタの資格がある人」と書いてあればもちろん資格が必要になりますが、そのような募集はまだ見たことがありません。

資格のことなど何も書いていなかったり未経験者大歓迎と書いてあったりする所は、資格がなくても働けます。

経験がなくても働くことができるの?

はい、働けます。

もちろんバリスタとしての経験があるととても良いですが、バリスタの経験がない方でもバリスタとして働くことが可能です。

未経験者の方は基本的にバリスタの研修がありますが、研修が終わるとお店でバリスタとして働けます。

研修も必要ですが、早くバリスタとしてしっかり働けるようになりたいという方は、実践で沢山のコーヒーを淹れることをおすすめします。

また、研修中はシフトを詰めて入れるという工夫をするのも良いと思います。

バリスタって難しい?

そんなことはありません。

誰でもすぐに働けるようになります。

バリスタと聞くと「コーヒーやラテを淹れたりするのって難しいのでは?」と思う方が多いと思います。

もちろん、バリスタはいくつかの研修をこなさなければなりません。

ただコーヒーを淹れるだけでなく、ラテを淹れたりモカを淹れたりとレシピも多く覚えなければいけません。

居酒屋などのバイトに比べると研修期間は少し長いかもしれませんが、しっかりと研修をこなすと早い人で1ヶ月程でレシピを覚え、コーヒーを難なく淹れられるようになります。

バリスタの仕事を完全に覚えた後は「次はスピードアップする!」など自分で課題を決めて働けば、よりバリスタとしてのスキルが身につきますよ。

コーヒーについての知識がないけど大丈夫?

はい、大丈夫です。

初めの内はコーヒーの知識がなくても働けます。

しかし、コーヒーについても多少は勉強することをおすすめします。

コーヒー豆の違いや、カフェラテやカフェオレ、カフェモカやカプチーノの違いなどについて、お客さんに訊かれることもよくあるからです。

コーヒーについてとても詳しくなる必要はありませんが、ある程度の知識は身につけることをおすすめします。

お客さんの質問に対してしっかりと答えられるぐらいの知識があると良いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はバリスタの仕事について、バリスタ求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説しました。

あまり耳にしないバリスタという仕事ですが、案外誰でも簡単に働くことができると分かっていただけたでしょうか?

今回こちらの記事を見てバリスタの仕事に興味が湧いた、バリスタの仕事をしてみたいという方がいましたら、ぜひ求人検索をしてみてください。

バリスタの仕事はコーヒーが好きな人はもちろん、コーヒーにあまり詳しくない人にもおすすめです。

コーヒーが好きな人は、コーヒーの淹れ方など実際にバリスタとして働いてみないと分からないことも知ることができるでしょう。

コーヒーに詳しくない人は、バリスタをしている内にコーヒーについての知識が身につき、バリスタの仕事が楽しくなってくるはずです。

バリスタは、働けば働くほどコーヒーが上手に淹れられるようになったり、コーヒーについての知識がついてきたりと、楽しい仕事です。

今回こちらの記事を見て、バリスタの仕事について興味を持っていただけたら嬉しく思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

飲食求人

バリスタ求人についてもっと深堀りした情報を見る

バリスタにおすすめな5つの働き先とその特徴。働きやすさや待遇など!

これからバリスタの仕事を始めたいと考えている方、どこで働こうか迷っていませんか?今では、街に出ればカフェも喫茶店も至る所にありますよね。今回は、バリスタとして働くにあたっておすすめの働き先やそのポイントなどについて詳しくお話していきたいと思います。これからバリスタとして働きたい、けど、どのようなお店で働くのが良いのか分からない。そんな人は必見です!バリスタのおおまかな仕事内容まず初めに、バリスタのおおまかな仕事内容について説明します。カフェや喫茶店などでコーヒーを淹れ、お客さんに提供するという仕事内容です。もちろんバリスタだからと言ってコーヒーを淹れるだけではありません。エスプレッソやカフェラ

バリスタの仕事内容は?キツい?向いている人の特徴をチェックして挑戦してみよう!

バリスタと聞くと、どのようなイメージが浮かびますか?私は、白いシャツにソムリエエプロンをしてコーヒーを淹れる…そんな姿を思い浮かべ、かっこいいなぁなどと思います。皆さんも、そんな格好良いバリスタとしてカフェや喫茶店でバリスタとして働いてみたい!と思ったことはないでしょうか?最近はバリスタの資格がなくても働ける所があり、初めてバリスタに挑戦したい人にもおすすめです。そこで、カフェでバリスタとして働いていた私が、ズバリ!バリスタとはどんな人に向いている仕事なのか、資格がなくてもバリスタとして働けるのかなど詳しく解説していきたいと思います!バリスタの資格がないけどカフェや喫茶店でバリスタの仕事をした

バリスタバイト求人の時給や募集内容・おすすめ求人

最近、海外のカフェがどんどん上陸しており、有名なチェーン店から個人営業のお店まで、日本にも多くのカフェがありますよね。ちなみにこのカフェでコーヒーを淹れる仕事をする人を、バリスタと呼んでいます。テレビでよく見る、コーヒーをおいしく淹れたり可愛いラテアートを作ったりする人たちのことです。本格的なカフェなどでバリスタの資格を必要とする所もありますが、基本的には資格がなくても就ける職業です。今回は、資格がなくてもバリスタとして働けるバリスタバイトの求人についてお話していきたいと思います。バリスタバイトはどんな仕事?バリスタとは主にカフェなどでコーヒーを淹れる人のことです。したがって、バリスタのバイト

バリスタになるには?資格や勉強しておくべきこと

最近よく「バリスタ」という職業を耳にします。皆さんはバリスタと聞いた時、どのようなイメージを持たれますか。多くの方がカフェでコーヒーを淹れる人のことを思い浮かべるでしょう。その通りです。しかし、バリスタはただコーヒーの淹れ方が分かるだけでなく、コーヒーに対する豊富な知識、コーヒーをお出しするお客様に対する接客スキルにも富んでいなければプロとは名乗れません。さてここでは、そんなバリスタになるにはどうしたら良いか、あらゆる情報をご紹介します。人気の資格、バリスタとは?「バリスタ」という言葉は元々イタリア語の「barista」が由来であり、エスプレッソや酒類を提供する「bar(バール)」で給仕をする