最近よく耳にする「バリスタ」という職業。

皆さんはバリスタと聞いた時、どのようなイメージを持たれますか。

多くの方がカフェでコーヒーを淹れる人のことを思い浮かべるでしょう。

その通りです。

しかしバリスタはただコーヒーの淹れ方が分かるだけでなく、コーヒーに対する豊富な知識、またコーヒーをお出しするお客様に対する接客にも富んでいなければプロのバリスタとは名乗れません。

さてここではそんなバリスタになるにはどうしたらいいか、また仕事内容やその後のキャリアまで、あらゆる情報をご紹介致します。

「バリスタ」が自分に向いているか診断するにはこちら →

人気の資格、バリスタとは?

「バリスタ」という言葉は元々イタリア語の「barista」が由来であり、エスプレッソや酒類を提供する「bar(バール)」で給仕をする人のことを言います。

バリスタはコーヒーを美味しく淹れるためのテクニックを熟知していることはもちろんのこと、他にも必要とされる能力がいくつかあります。

まずは世界各地で採れるコーヒー豆の豊富な知識。

コーヒー豆の成分、栽培方法、焙煎方法、抽出方法はいくつも存在し、それぞれの方法が融合してやっと一杯のコーヒーが出来上がります。

バリスタはこれらの知識を熟知し、一杯一杯のコーヒーの味や特徴を把握していなければなりません。

次にレベルの高い接客の能力。

いくら知識が豊富で美味しいコーヒーを淹れることができても、それをお客様に提供し喜んで頂かないと全く意味がありません。

コミュニケーションを積極的にとり、各お客様の好みに合ったコーヒーを淹れます。

そしてそのこだわりの最高の一杯でお客様を笑顔にしてこそ一流のバリスタです。

つまりバリスタとは、コーヒーの知識と淹れる技術に富んだ接客のプロなのです。

バリスタの受験資格

バリスタになるためには特に必要とされる資格はありません。

ほとんどの人は未経験から専門学校に通うか、コーヒーショップでのアルバイトでの研修を通して知識と技術を取得します。

その中でも更にスキルアップを目指すバリスタが取得することのできる有名な資格は現在日本に2種類あります。

SCAJ のコーヒーマイスターもしくはJBAバリスタライセンスです。

バリスタの資格取得ルート

1.SCAJコーヒーマイスター

SCAJ(一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会)が認定する資格です。

この協会はバリスタが、深い知識と技術を習得した上で飲用者にコーヒーの魅力を伝えることのできるプロフェッショナルを育成する講座(「コーヒーマイスター講座」)を設けています。

勉強期間は約3ヶ月です。

この講座は春と秋の2回に開催されています。

開催場所は主に東京と関西の会場ですが、不定期で福岡でも開催することがあります。

毎回全国から多くの受講者が集まり、2017年の段階では計4,653名のコーヒーマイスターの資格取得者がいます。

また更にレベルの高い資格を取得したい場合はコーヒーマイスター中級資格(SCAJアドバンスド・コーヒーマイスター)の資格もあります。

資格の認定期間は3年で、更新可能です。

以下がコーヒーマイスターの資格を取得するまでのルートです。

資格取得ルート1

「コーヒーマイスター養成講座」を受講。これは専用テキストを使った自宅学習となります。

コーヒーの歴史、産地、技術と幅広く知識を身につけることができます。

資格取得ルート2

実技講習会への参加。ここでは座学と共にカッピングを行います。

所要時間は3時間です。

資格取得ルート3

資格認定試験を受験。1時間の筆記試験で、6割以上が合格ラインです。

合格をすると協会より認定証が与えられます。

資格取得ルート4

更にレベルの高いコーヒーマイスター中級資格(SCAJアドバンスド・コーヒーマイスター)の資格を取得するためにはまず講座(スクーリング)と実習(スキルアップセミナー)を受講し、それぞれの試験に合格しなければなりません。

2. JBAバリスタライセンス

JBA(一般社団法人 日本バリスタ協会)が認定する資格です。

この協会では正しい知識と技術を身につけることにより市場に品質の高いコーヒーを提供できるバリスタを育成するための環境を設けています。

ここでは「JBAバリスタライセンス」を取得することができ、レベルは1−3に分かれています。

それぞれのレベルの講座を受講し試験に合格する必要があります。

どのレベルもライセンスを取得するまでの期間は計3日です。

開催場所は主に東京と大阪です。

レベル1は基礎的な知識と技術を持ちエスプレッソコーヒーの抽出をできる者に、レベル2はコーヒーだけでなくそれに関連する水や牛乳の知識と、技術面では器具やマシーンの知識を持つ者に、そしてレベル3は高度な知識と技術の上に接客サービスにも特化した総合力のある者に資格が認定されます。

レベル3を取得している者は更なるステップアップとして「JBAインストラクター」のライセンスを取得することもできます。

資格の認定期間は3年で、更新可能です。

以下がJBAバリスタライセンスを取得するまでのルートです。

レベルによって内容は多少異なりますが、どのレベルも流れは同様です。

資格取得ルート1

スクールをJBAの認定校で受講。座学講習と実技講習があり、受講期間は計2日間です。

コーヒーの知識、エスプレッソの抽出方法、テイスティングやフォームの作り方を学びます。

資格取得ルート2

JBAでのライセンス試験を受験。筆記と実技の試験を1日かけて行います。

合格をするとJBAよりライセンスカード及びバッジが与えられます。

バリスタの合格率はどれくらい?

SCAJコーヒーマイスターの合格率は平均約80パーセントです。

JBAバリスタライセンスの合格率は残念ながら非公開となっていますが、内容の難易度はさほど高くありません。

また未経験者でも専門学校やアルバイト先でバリスタとして活躍することができます。

コーヒーが好きでコーヒーに関する知識に興味と情熱があり、学ぶ意欲がある方。

また接客向いている方であればどなたでもバリスタになることができます。

「バリスタ」が自分に向いているか診断するにはこちら →

バリスタの就職先や募集状況は?

バリスタと呼ばれる定義は就職先・アルバイト先によってさまざまです。

バール、カフェ、レストラン、それぞれの場所で働くバリスタの役割や求められる知識量は異なります。

知識がさほどなくともマニュアル通りにその場にある材料でコーヒーを淹れることができればそれで良いとされる場所もあれば、提供する一つ一つのコーヒー豆の種類にこだわりを持ち例えアルバイトであろうがレベルの高い知識、技術、接客を研修で身につけなければバリスタと呼んでもらえない所もあります。

バリスタの募集は比較的多く、未経験でアルバイトからでも始められることが多い職業ですが、自分がどのようなバリスタになりたいかに合わせて勤め先は選ぶべきです。

バリスタに人気の就職先はどんなとこ?

コーヒーを扱う接客のプロとして働くバリスタが活躍することのできる就職先はさまざまあります。

場所によって内容はもちろん多少異なりますが、一杯のコーヒーを通してお客さまを喜ばせるという目的は皆一緒です。

1.カフェ

コーヒーを提供する場所といえばカフェ。

バリスタが最もその腕を見せることのできる代表的な場所です。

場所によってはそのお店でのバリスタになるための充実した研修制度を設けている所もあります。

それこそ上記に述べた資格取得のためのコーヒーの知識や技術を基礎から高度なものまで店舗で学ぶことができてしまうのです。

また接客を通してサービスの腕にも磨きをかけることができるので総合的に一流のバリスタとして成長し続けることができる場所こそ、カフェなのです。

2.バール・レストラン

本来バリスタとはイタリアのバールで給仕する人のことを言います。

バールではコーヒー・エスプレッソの淹れ方に富んでいる他、お店で提供するお酒についての知識も豊富に持っていなければなりません。

更にカフェと異なる点として、お料理やデザートを扱う、という点もあります。

お酒にせよコーヒーにせよ、それぞれのお料理に合った一杯をその都度提供できなければなりません。

3.自分のお店を開く

これは主に、一度カフェやバールで修行を積んだ経験者が進む道です。

バリスタは特にこれといった資格が必要とされないので、比較的独立しやすい職業であることは間違いありません。

ただしオーナーバリスタになるからには相当な知識量と技術量が必要となる他、お店を経営し続けるノウハウも必要となります。

4.海外留学

就職とは異なりますが、現代のコーヒーブームに合わせてバリスタ留学を行う方も多くいます。

主に人気な留学先はオーストラリアとシアトルです。

これらの国はカフェ文化が特に根強く、それぞれの国特有のコーヒー文化や技術を学ぶことができるのでバリスタとして視野を広げ成長できる最適な方法です。

そのままアルバイトやインターンを通じて海外でバリスタとして就職する方もいるほどです。

子育てや介護などある程度プライベート優先で働きたい人向け

お子様がいても、介護を行っている方であっても、バリスタとして活躍されている方はたくさんいらっしゃいます。

働き先によってそれぞれの雇用形態は異なりますが、プライベートを優先させながらもバリスタとして働きたい方々はアルバイトとしてパートタイムでカフェ等で働く方が多いです。

日中の空いている時間に毎週何日か通うだけで十分バリスタとして腕を磨くことができます。

正社員やお店の経営者になってしまうと業務内容や責任の幅が広がるので拘束時間が長くなってしまいます。

勤務時間は平均8時間前後、週休は2日程度です。

もちろん正社員や契約社員でも産休・育休・介護休暇制度のある会社もあるのでよく情報収集をし、自分の生活のペースに合った就職先を選ぶことが大切です。

おすすめの働き先は、こちらの記事を参考に!

バリスタの転職事情

バリスタは一般的にサービス業の一つとして認識されます。

なのでバリスタとして経験のある方の転職先はサービスに関連する職業が主です。

ホテル、レストラン、アパレル、航空会社等があげられます。

またバリスタはコーヒーだけでなく飲食を全般的に好む方が多いので、ソムリエの資格を取得するバリスタ経験者もいます。

バリスタの平均給与はどれくらい?

バリスタの給与は勤務先、雇用形態、経験によって異なります。

アルバイトで働く場合の時給はだいたい800円〜1000円です。

社員だと月給が20万円前後、年収に換算すると300万円程です。

ただし経験が豊富でバリスタの大会で入賞をしたことがあるような一流の有名バリスタであれば年収500万円以上稼げる場合もあります。

また独立して自分のお店を経営するオーナーバリスタである場合は、そのお店の場所や規模にもよりますが年収はだいたい400万円〜700万円です。

経験者が語る!できるバリスタはこんな人

コーヒーが心から好き

バリスタはコーヒーを扱う職業。

コーヒーの専門家として毎日働くからこそ、コーヒーに対する愛は必須です。

それもただコーヒーを飲むことが好きなだけでなく、たった一杯のコーヒーが出来上がるまでの工程はとても複雑なので、その奥深い背景まで熟知する意欲がなければなりません。

その上でそれぞれのコーヒーの特徴や味の表現を豊かに行い、お客様に情熱を持って接することができてこそバリスタのプロです。

向上心がある

知識や技術をある程度持ち合わせていても、一流のバリスタになるためには常に修行が必要です。

お豆の種類、挽き具合、鮮度、温度、湿度、水の量、など全てに左右される繊細なコーヒーであるからこそ、その扱いかたも慎重である必要があります。

より美味しい一杯を提供できるよう弛まない努力を常に行い続けることが大事です。

接客が好き

自分の淹れたコーヒーを通してお客様を笑顔にしたい、喜ばせたい、という志はどのバリスタも持っているはずです。

積極的にコミュニケーションをとり、それぞれのお客様の好みや気分に合った一杯をお出しすることに情熱を持つことができる方こそ「できるバリスタ」なのです。

「バリスタ」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか。

バリスタとはまさにコーヒーと接客のプロです。

努力が必要な仕事ではありますが、そこから生まれるお客さまの笑顔を見るととびきり嬉しく、やりがいを感じます。

情熱を持ったバリスタが日々世界中で活躍をしているからこそ、その一杯で今日もまた沢山のお客様が笑顔になっていることでしょう。

バリスタバイトの求人募集を探す時は、こちらの記事を参考に!



バリスタ求人についてもっと深堀りした情報を見る

バリスタの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

バリスタって聞くとどんなイメージをしますか?私は、白いシャツにソムリエエプロンをしてコーヒーを淹れるそんな姿を思い浮かべ、かっこいいなぁなんて思います。皆さんにとってはバリスタとはどんなイメージですか?もしできるのならば、カフェや喫茶店でバリスタとして働いてみたい!なんて思ったことはないでしょうか?また、今ではバリスタの仕事をするのにバリスタの資格がいるところと、資格がなくても働けるところがあります。今回は、カフェでバリスタとして働いていた私がズバリ!バリスタとはどんな人に向いている仕事なのか、資格がなくてもバリスタとして働ける仕事について詳しく解説していきたいと思います!バリスタの資格がない

バリスタバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!コーヒーの豆知識もご紹介!

皆さん、カフェでバリスタのバイトに憧れたことはありませんか?バリスタって名前を聞くだけでもなんだかかっこいいですよね。今では海外からもどんどん新しいカフェが日本に上陸していて、有名なチェーン店から個人営業のお店まで、日本にもたくさんのカフェがあります。自分のお気に入りのお店のコーヒーを自分で入れてみたいと思ったことはありませんか?ちなみにバリスタって知っていますか?あのテレビでよく見るコーヒーをおいしく淹れたり、かわいいラテアートを作ったりする人たちのことです。しかし、カフェの中でもそういった本格的なバリスタとして働くためには、バリスタの資格が必要なところがあります。今回は資格がなくてもバリス