仕事を決める上で重要なのはやはり収入面ですよね。

さて、レストランなどで活躍するシェフやコックといった調理師の年収相場はどうなっているかご存知でしょうか?

近年では飲食店がどんどん増えており、数多くの調理師がそうした店に勤めています。

飲食業界への就職や転職を考えていて、その年収はどれくらいなのか気になる人も少なくないでしょう。

この記事では、気になる調理師の年収をご説明していきます。

飲食業界にて15年の経験を持つ筆者は、多数の飲食店で修業した後に都内にて独立、現在では飲食に関する仕事を総合的に取り扱う会社を起業し運営しています。

長年の経験で培われた知識と、一昔前から現在に至るまでの調理師の収入面での推移を見てきた確かな経験を基に説明していきますので、ぜひ読んで参考にしてみて下さい。

それでは早速、調理師の収入面について解説していきましょう。

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

調理師の年収や給料の相場はどのくらい?

飲食業界というと一昔前までは「低収入」というあまり良くないイメージがありましたが、現在はどうなっているのでしょうか。

正社員やアルバイトなど働き方によっても変わるので、ここではパターン別に見ていきましょう。

正社員で新卒入社した場合の調理師の給料相場

高校や大学を卒業して新卒で入社した場合の調理師の給料の相場は「月収18万円~23万円」「年収250万円~300万円前後」といったところです。

これを低いと認識するか高いと認識するかは個人の感覚によるでしょう。

この調理師の新卒採用の給料相場で大事な要素は「働いて給料を貰いながら勉強できる」という点です。

通常スキルアップのために勉強しようと思ったら、教材や授業料などでお金がかかりますよね?

調理師の給料相場を少ないと感じる人もいるかもしれませんが、そのような勉強代が引かれていると考え更に実務経験を積めるという点を加味すると、決して少ないとは言えないでしょう。

正社員で転職した場合の調理師の給料相場

転職した場合の収入は経験年数に大きく左右されますが、基本的には転職前より10%~20%程アップするのが一般的です。

中には30%以上アップする方もいますが、それは稀なケースと言えます。

具体的に提示すると、新卒採用で5年勤続経験があり「月収23万円、賞与あり、年収300万円」の20代半ばであれば、「月収26万円、賞与あり、年収350万円」程に収入がアップするのが大体の相場感だと思います。

もちろん特殊なスキルや技能がある場合はもう少し上がりますし、30歳前後であれば「年収400万円前後」が妥当であると言えるでしょう。

パート・アルバイトの場合の調理師の給料相場

パートやアルバイトでの採用も多い飲食業界ですが、いわゆるフリーターという状態での年収相場は「200万円~250万円」といったところです。

これはやはり賞与などが含まれないためであり、フルタイム勤務したとしても300万円に届くことはあまりありません。

しかし母体となる企業のスケールが大きい場合にはその限りではないということもお伝えしておきます。

実際に筆者は20代前半に若い内での独立を考えていました。

そのため長い勤続を考える正社員ではなくフリーターという名目でいくつかの店舗を渡り歩きましたが、国内大手飲料メーカーが出資・運営する企業の飲食・レストラン事業部にて店舗スタッフとして働いていた頃の年収は300万円~330万円程でした。

これは「給与明細の額面で30万円弱」程の年収です。

もちろん賞与はありません。

正社員でなくとも努力とスキル次第でこれくらいの年収も可能なのが、飲食業界の特徴の一つと言えるでしょう。

料理長やシェフなど

経験を積んでスキルも充分に蓄えられた頃、調理師は料理長やメインシェフという肩書きをもらうことになります。

店舗のスケール感にもよりますが、30代半ばから40代前半の料理長であれば「年収450万円前後」が相場です。

また企業が運営する飲食店の料理長や料理開発部門での部長といった役職ですと、40歳から50歳の方で年収500万円~600万円というのが平均的な年収だと思います。

それ以上の年収を求める場合はやはり独立を考えたほうが良いでしょう。

基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

年に2回が基本ですが、もちろん1回という会社もあります。

賞与なしで基本給が平均より高いという場合もありますね。

大体が年収の10%~20%といったところで、多い会社で30%程です。

昇給

賞与や基本給が少ない調理師の世界ですが、昇給は他の業界よりも頻繁にあるようです。

これはスキルや経験値といったものが目に見えやすく、経営者側からとしても人材の価値が把握しやすいからでしょう。

有能な人材はどこの業界でも重宝されますが、調理師は慢性的に不足しているので、実力があれば昇給という会社が多いのが特徴です。

残業代や各種手当

正社員であれば福利厚生などは基本的に完備されていますが、残業代などの手当ては他の業界と比べて手厚くはありません。

飲食店は営業時間に伴って勤務時間も長くなるにが当然なので、残業代という概念があまりないのです。

もちろん残業代が出ないということはありませんが、深夜勤務手当てなどに回される場合が多いです。

アルバイトなどについてはお得な面もあります。

まずアルバイトなどの時給制労働の従業員は、法定規則に則って1日の勤務時間が8時間を超過した分には25%の給与が付与されます。

更に夜10時以降には深夜勤務手当てというのものが労働法で定められているので、この場合も25%がプラスされます。

つまり、夕方4時から深夜2時までの1日10時間労働が基本のお店だとしたら、夜10時から12時までは時給が25%アップ、深夜12時から2時までは50%アップということです。

こうなると必然的に月収が多くなりますよね。

月に残業なく200時間働いて時給1,000円なら月収20万円ですが、残業と深夜勤務の手当てを利用すると月収が23万円~25万円になるのです。

同じ勤務時間で同じ時給でも給料にこれほど差が出るのは、深夜勤務が当たり前である飲食店ならではの世界だと言えるでしょう。

こうした理由から、社会的な実績や経験値を上げるよりも独立志向があり現金を貯めたい人の中には、あえて正社員ではなくアルバイトなどで働くことを選ぶ人もいるのです。

年収が高い人は何が違うの?

他の人と比べて給与が高く貰える調理師の特徴とは一体何なのかを、それぞれのケースに当てはめてご説明していきます。

スキル

特殊な技能を持っているとやはり収入は高くなります。

例えばその人にしか再現できないオリジナル料理やスイーツなど店舗の看板メニューになるようなものを作れる有益なスキルを持っていると、必然的に給与が上がります。

役職

年齢が上がっていけば様々な管理能力や店舗経営のための能力が求められます。

単純に「美味しい料理を作る」という技術以外に、原価の管理や人件費の調整などで利益を上げる力を身につけ、厨房での管理職としての役割を与えられると給与が高くなっていきます。

勤続年数

長く働ける人に安心して仕事を任せたいというのはどこの業界も同じですが、調理師業界においても勤続年数は年収を左右します。

勤続年数が長いというのは、店舗のレシピや運営能力を確実に習得している貴重な人材である証拠です。

そのような従業員はなかなか補充することができないので、給与を上げて長く続けてもらいたいというのが経営者の本音でしょう。

地域

働く場所が東京都の一等地のレストランなのか、それとも地方の小さな飲食店なのかによっても調理師としての給与は変わってきます。

客単価とその売り上げから算出されるのが従業員への給与であるため、必然的に売り上げの高い地域のほうが給与は高くなるのです。

アルバイトなどにおいては各都道府県で最低賃金に違いがあるので、調べる必要がありますね。

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

調理師が年収を上げるためにやるべき3個のこと

今よりも年収を上げたい!という調理師の方が実践できることをご紹介します。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

店舗の売り上げをアップする努力をするので給与を上げてほしいと直接交渉するのは、一つの有効な手段です。

「3ヶ月連続で月の売り上げを前年比より10%上げるので月給に○○万円足してほしい」などの具体案を提示しましょう。

スキルアップを図って昇給する

スキルアップを兼ねて働いている店舗の料理とは違うジャンルの料理の知識やテクニックを身につけ、お店の売りとなるメニューを開発するなどの努力をすることで昇給が実現するかもしれません。

転職する

自身の経験や技術に自信があれば、転職活動を行いそれを評価してくれる所に移るのも収入アップの基本的な方法です。

転職について、詳しくはこちらをチェック

起業・独立する

収入を更に上げたい!という強い意欲を持っているのであれば、やはり起業・独立を目指しましょう。

そうすれば収入に上限などありません。

自分の頑張り次第でどこまでも収入アップが可能です。

年収アップのための求人の選び方

転職が収入アップのための基本的な方法と説明しましたが、詳しくはこちらを参考にしてみてください。

給与相場が今よりも高い所を探そう

自分の年齢と経験に見合った適正な会社を見つけることが大事です。

無理をしても長続きしないので、まずは現在の収入より10%~20%アップする求人情報を探すのが良いでしょう。

賞与や昇給制度をチェック

現在の職場に賞与などの手当てがないのであれば、賞与がある所に転職するとそれだけで収入が上がります。

このとき、面接の際に賞与がどれだけ貰えるのかは細かく確認しましょう。

また、昇給などの査定がどれくらいのペースで行われるかも訊いてみてくださいね。

交通費や福利厚生は?

交通費は当然支給されるものですが、飲食店の中には福利厚生が完備されていない所が沢山あります。

それを差し引いての給与金額なのかを転職前にしっかり確認しましょう。

経験者が教える、実際に給料がアップするのはこんな時

多くの飲食店では勤務年数に応じて給与が上がります。

具体的には1年に1度、5,000円~1万円ほどが基本給に加算されていきます。

また副料理長や料理長などの役職に就き管理職となると数万円ほど基本給に加算され、賞与も上がります。

その他には何が給与に反映されるかというと、基本的には料理の上手さです。

鮮やかな見た目のものが作れたり飾り切りなどの技術に長けているのが認められれば、昇給は難しくはないでしょう。

調理師の成長術

下積みは必要

いきなり飛び抜けた存在にはなれないのが調理師の世界です。

地道な下積みを重ね、職場の先輩の技術を学び、他の店舗の料理を食べてその味を覚え、様々な経験をオリジナルの料理に結びつけていく。

そのようなレベルに達するのに最低でも5年、長くて10年はかかります。

好きな料理を自分の人生の職業として選び、ロングスパンで料理と向き合える人が輝ける世界です。

作って食べてもらう経験を積む

自身の作った料理を様々な人に食べてもらって意見を聞き、経験として蓄えていくのは大切なことです。

食べる相手がいてこその調理師ですから、食べる人の声に耳を傾ける時間というのは何よりも大事かもしれません。

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

年齢別や働き方のパターン別に調理師の年収の相場、更に収入を上げるための転職術や成長術をご説明してきましたがいかがでしたか?

調理師の年収が低いと感じるか高いと感じるかは個人によりますが、確実に言えるのは「培った経験がお金に繋がる」ということ。

独立や転職の際に、それまでの実績や経験が必ず年収アップに直結するのが調理師の世界です。

調理師として年収を上げていきたいのならば、技術を磨くことはもちろん、管理職など役職をもらうために数字の勉強も必要です。

独立をしなかったとしても、調理師としての経験を積みながら店舗の利益向上のために経営面のことも考えられる人材は貴重ですので、ぜひそこを目標にしてみてください。

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →



関連キーワード

調理師求人

調理師求人についてもっと深堀りした情報を見る

調理師アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

アルバイトを始めようと考えた時、皆さんは何を重視して選びますか。長く働けるアルバイトを選ぶコツはやはり「楽しめるかどうか」が重要になってきます。人と話すことが好きな方は接客業を、パソコンが好きな方はパソコンを使った業務のあるアルバイトを選ぶことでストレスなくアルバイトに打ち込めます。料理が好きな方は調理補助としてアルバイトをしてみるのはいかがでしょうか。「調理師」と名乗ることができるのは調理師免許を持っている人だけですが、調理補助としてなら短時間のアルバイトでも求人を見つけることができます。今回は飲食店でアルバイトとして調理をする「調理補助」に注目してお話をしていきましょう!新しいアルバイトを

調理師の仕事が辛い…と感じる5個の瞬間とその乗り越え方

料理が好きな人、食べることが好きな人の中には「調理師になって、美味しい料理をつくりたい!」と思う方も多いのではないでしょうか。プロの調理師に憧れて、調理の専門学校に通う方もいるでしょう。でも、知っていますか。調理師の仕事は離職率がとても高く、専門学校から斡旋された新入社員でも、一年経たずに調理師業界を去ってしまうことが本当によくあります。調理師の仕事は厳しく辛く、そして長い修行期間に耐えられるかどうかがまず最初の壁になります。仕事を続け、活躍をする人がいる一方、調理を一生の仕事にしたいと入社してきた新人でも、半年後には現実と理想のギャップに苦しんで退職を選んでしまうことは珍しくありません。調理

調理師のメリットややりがい。これから就職や転職を考えたい人に向けて!

今現在、日本で一番求人数が多いのが「飲食業」です。飲食業と一言でいってもたくさんのお店があり、その中でもホール担当や調理担当に分かれます。調理師の仕事はとてもやりがいのある楽しい仕事ですが、その労働環境や条件などが悪い意味で注目を集めてしまい人手不足に陥っています。しかし、きちんとした待遇で働けるお店もたくさんあります!「条件が良くないと聞くから」「きつい仕事だと聞くから」と言う理由で調理師への道を諦めてしまうのは本当にもったいないことです。今回は料理を作るプロ、「調理師」に注目してその仕事内容や調理師として働くメリット、やりがいや進んだ先にある将来などについてお話をして行きましょう。今現在調

調理師の仕事は女性でも出来る?女性経験者の私が、できること・大変だったことを解説します

現代は、昔に比べると外で働く女性が多くなりましたね。結婚してからも正社員で仕事を続ける人は増えていますし、子供を育てながらでもバリバリ仕事をこなすキャリアウーマンはたくさんいます。一昔前は男性の仕事とされていた業界にも女性の進出が目立つようになりましたが、調理師の世界はまだまだこれから。女性調理師の数はあまり多くありません。今回は、今から女性の進出が期待される料理業界・調理師業界の仕事で、女性だからできることや大変だったことなどをお話していきましょう!私も女性ですが調理師でもあります。女性ならではの大変なことも経験してきましたが、女性は調理師に向いていると言う考えを持っています。女性だからこそ

調理師辞める理由は何が多い?9個の理由と辞めるのを決める前に考えておきたいこと

美味しい料理を作るプロである調理師。レストランやホテルなど少しかしこまった場所にも、カフェやファミリーレストランなど私達の身近なお店にも、調理師は在籍しています。学校給食や病院食、介護施設で食事を作っているのも調理師です。活躍の場の多い調理師ですが、実はとても離職率の高い仕事の一つでもあります。現在調理師として働いている人の中には「もう料理業界から転職しよう」と考えている人も少なくないでしょう。また、調理師は離職が多いという情報に不安を覚える調理師志望の人もいるはずです。どうして一度は志した調理の道を離れてしまう人が多いのでしょうか?今回は、その理由や辞める前に必ず考えてほしいことなどをご紹介

働きながら調理師免許を取るには?やっておくべきこと、仕事の探し方などを教えます

「調理師免許」は飲食業界でとても信頼の厚い資格です。「名称独占資格」であり、調理師免許を保持している人しか調理師と名乗ることはできません。飲食業界は求人数がその他の業界より多く、調理師免許がなくても料理人の修行をすることは可能です。しかし調理師免許を持っていることで一層信頼度が増しますし、基本的な知識や技術を勉強しているという証明にもなります。また、調理師免許は飲食業界での転職の際にも大きなアドバンテージになります。働きながら取得を目指すことのできる資格ということもあり、社会人の中にも取得を目指している方も少なくないでしょう。今回は、働きながら調理師免許を取得する場合にやっておくこと、勉強する

調理師免許が必要な仕事や働き先にはどんなものがある?おすすめを経験者が紹介します

求人サイトなどを見ていると、よく「調理師募集」と目にしますよね。飲食業界は慢性的な人手不足に陥っており、求人数も業界でトップです。飲食業界は窓口が広く未経験者であってもやる気があれば採用される世界なので、飲食業で働いてみようかな?と思った時が応募のタイミングです。しかし、「調理師」と名乗るには「調理師免許」が必要なことをご存知でしょうか。料理業界が未経験でも料理の初心者でも現場で仕事を覚えていくことはできますが、調理師となるには調理師免許の取得が必須です。今回は、「調理師」になるために必要な調理師免許の取得方法や、調理師免許を持つことで増える働き口などについて詳しく見ていきましょう!調理師免許

調理師がブラックな仕事だな…と感じた8個の瞬間と、それでも調理師の仕事は楽しいと思う4個の理由

「調理師」という仕事について、皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?美味しい料理を作る楽しい仕事だと思う反面、どこか「キツそう」「大変そう」というイメージもあるのではないでしょうか。調理師になる人たちは間違いなく料理好きが高じてその道へ進むのですが、現実の厳しさや生活のために道半ばで諦めてしまう場合も少なくないのです。確かな技術とやる気を持っているにも関わらず、待遇や労働条件の悪さのために他の道へ進んでしまうことはとても残念なことです。今回は、飲食業界の実態や「ブラック」と揶揄される原因に迫っていきたいと思います。経験者のも実感する調理師の仕事のブラックなイメージ筆者はパティシエとして

調理師の仕事内容と良い面・悪い面・やりがいを感じること・キャリアについて詳しく解説します

子供の頃「将来はコックさんになりたい!」と思っていた方も少なくないのではないでしょうか。気軽に入ることのできるカフェから敷居の高いレストランまで、様々な場所で活躍できる調理師はとても魅力のある職業です。腕を磨けば独立を果たすこともできるので、非常にやりがいがあります。調理師と言えばもちろん美味しい料理を作ってお客様に提供するのがメインの仕事ですが、他にはどのような仕事をしているのでしょうか。インターネット上では「修行期間が辛い」と話題にあがることも多いですが、それは本当の情報なのでしょうか?今回は、調理師の仕事内容や良い面・悪い面、調理師のキャリア、やりがいについてお話していきます!調理師とは

調理師の正社員求人の募集内容を解説!おすすめ求人の特徴も

プロの料理人になりたいと思ったことはありませんか?白いコックコートに長いサロン、コック帽をかぶったプロの料理人はその立ち姿や料理をしている姿などとてもかっこいい職業です。自分の腕や知識で世界中で働くことのできる料理人に憧れている人も多いでしょう。しかし、料理人の世界はとても厳しいと言われたり、労働時間が長い、修行の期間は薄給であることなどから転職をためらっている人が多いのも事実です。料理の世界はお客さんとして来店するだけでは見えにくく、本当はどのような仕事内容なのか分からないまま転職してしまうのは不安ですよね。そこで今回は、プロの調理師で飲食業界で働くこと15年の筆者が、調理師の仕事内容や年収

調理師になるには?免許取得などやるべきことをご紹介!調理師になりたい人はチェック!

レストラン、カフェ、ホテルなど様々な場で活躍している「調理師」たち。白いコックコートとサロンを身につけて、真剣に料理に向き合う姿はとてもかっこよく素敵に見えます。「生きることは食べること」と言われるくらい、おいしいお料理との出会いは人生を豊かにしてくれますよね。そんなおいしいお料理を作るプロの調理師になりたいという方も多いでしょう。どれだけ料理が好きで家で作っていても、やはり毎日仕事として料理を作っているプロにはかないません。プロの料理人が持っている知識や技術は積んできた経験に裏打ちされた確かなものだからです。今回は調理師を目指す方へ、調理師になるにはどうすればいいのか、また調理師の仕事内容に

調理師の転職を成功させるために!狙い目なお店の特徴と上手に転職するための3個の注意点

転職活動というのは人生の大きな転機のひとつですよね。その中で現在市場規模が海外まで数限りなく広がっている飲食業界、その最前線の現場で働く調理師の転職活動に対しての、メリットやデメリットなどをいくつかの項目に分けてご説明していきたいと思います。注意した方がいい点や、転職を成功させるための秘訣、「本当に転職をした方がいいのかな?」という疑問にもお答えしていきたいと考えておりますので参考にして頂ければ幸いです。筆者は自身でも多数の飲食店で修行したのち都内で飲食店を独立開業、その後飲食に携わる様々な分野で活動を行う会社を設立いたしました。そのため、飲食業界のすみずみまで把握していますので現場の生の情報

調理師はどんな人に向いている?性格など向いてる・向いてない人の特徴を教えます!

世の中にある仕事にはそれぞれに人間的な適正があると思いますが、この記事では「調理師」の仕事の適正について説明していこうと思います。どんな人が向いているのか、逆にどんな人が向いていないのか、素朴な疑問に寄り添ってお話していきますので、仕事選びの参考にしてみて下さい!筆者は15年もの長きにわたって飲食業界に携わってきました。様々な飲食店で修行した後独立して飲食に関係する小さな会社を起業した経験があり、多くの調理師と共に働き雇用もしてきました。現場のリアルな声をお届けするので、ぜひ見てみてくださいね。調理師の大まかな仕事内容調理師は食材の仕入れから保管、衛生面での管理、そして調理と食に携わること全般