求人サイトなどを見ていると、よく「調理師募集」と目にしますよね。

飲食業界は慢性的な人手不足に陥っており、求人数も業界でトップです。

飲食業界は窓口が広く、未経験者であってもやる気があれば採用される世界ですので飲食業で働いてみようかな?と思った時が応募のタイミングです。

しかし、「調理師」と名乗るのは「調理師免許」が必要なことをご存知でしょうか。

料理業界が初めてでも、料理の初心者でも現場で仕事を覚えていくことはできますが、調理師となるのは調理師免許の取得が必須です。

今回は、「調理師」になるために必要な調理師免許の取得方法や調理師免許を持つことで増える働き口などについて詳しく見ていきましょう!

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

調理師免許の取得方法にはどんな流れがあるの?

調理師免許を持っている、と公言する有名人も多くいますよね。

それほど取得が難しい免許ではないのかな?と思っていませんか?

飲食店の開業に調理師免許は必須ではありませんし、飲食業に従事する方以外も取得しているイメージですよね。

しかし、調理師免許はれっきとした国家資格。

一定の調理技術と確かな知識が必要です。

かと言って、独学での取得がとても困難、と言うわけでもありません。

専門学校を出ていない方でも、飲食業に今から足を踏み入れよう!と言う方でも一定の条件を満たせば自力での取得が可能な国家資格です。

調理師免許の取得方法を詳しく見ていきましょう。

調理師免許の取得方法は大きく分けて二通りです。

試験内容についても詳しくご紹介します。

調理師養成施設に通う

これが最も一般的で確実な方法です。

厚生労働省の指定する調理師養成のための施設に通い卒業をすれば、調理師試験を受験せずに取得が可能です。

調理師の養成学校は、一年制・二年制の専門学校はもちろん、短期大学や四年制大学の専門の学部、さらに専門のコースを持つ高等学校、職業訓練校などですね。

全国各地に指定されている養成施設があり、夜間の授業を設けているところも多いので働きながら学校に通うことも可能です。

この取得コースはほとんどの場合授業料もかかりますし、社会人である場合通学が大変と言うデメリットがあります。

しかし専門の講師に師事することができますし、卒業試験をパスすれば免許は取得できるのでやはり一番確実な道と言うことができます。

実務経験を積みながら取得を目指す

二つ目の方法は飲食業界ではとても良く見かける取得方法です。

料理人の世界は専門学校を卒業していない方がたくさん働いています。

実は私もその一人。

全く関係のない四年制大学の学部を卒業し、飲食業界へと足を踏み入れました。

就職活動をしている時、調理師免許を持っていないと言うのは自分自身引け目に感じていました。

しかし、レストランに面接に訪れた際「今は持っていないが、将来的に取得を目指している」と言うことを強くアピールすることで、採用してもらうことができました。

お店のオーナーも「取得を焦る必要はない、基礎をきっちり学んで行きましょう」と言ってくださったことを覚えています。

店舗や企業に入社し現場で基礎力と経験を付けて行くルートを選ぶ方も多い調理師業界、駆け出しの頃は調理師免許を持っていないシェフ見習いがとてもたくさん働いています。

実務経験を積みながら調理師免許の取得を目指す方の受験資格はただ一つ。

「2年以上の実務経験」です。

2年間、週4日、1日6時間以上勤務をしていれば、アルバイトやパートであっても受験資格を得られます。

シェフ見習いとして正社員になれば時間的な制限に引っかかることはほぼありません。

受験資格の取得は難しくないので、後は自分次第。

現場での知識が活かされる内容もありますが、基本的には受験対策が必要な試験です。

調理師免許試験は実技がありません。

マークシート方式の座学で合否が決まります。

試験内容は「食文化概論」「食品学」「栄養学」「食品衛生学」「公衆衛生学」「調理理論」の6つの分野に分かれます。

全ての分野で平均点以上を取得しなければ合格はできません。

私が調理師免許を取得した際、一番大変だったのは法律に関する問題です。

「食品衛生学」と「公衆衛生学」に含まれる「衛生法規」の分野は対策をしていないと、働いている現場で自然に覚えられる内容ではありませんでした。

逆に「食文化概論」や「調理理論」は料理に興味のある方なら苦労せず勉強を進めていくことができるでしょう。

実際に調理に現場で使える知識も多く、一生役に立つ内容であることに間違いありません。

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

調理師免許が必要な仕事や働き先にはどんなものがある?

さて、続いて調理師免許が必要な仕事や調理師免許を持っているからこそ働ける職場などについて見ていきましょう。

調理師の仕事範囲は広く、いろいろな働き方を検討できる職種です。

外食産業

調理師免許取得者の多くは外食産業での仕事に従事しています。

いわゆるシェフと呼ばれる仕事ですね。

レストランやホテル、居酒屋など私達の身近にあるお店で調理師の知識を活かして美味しい料理を作っています。

利用者にとっては素材や調理法、世界の料理に精通する調理師だからこそ作れる料理を楽しむことができる場所であり、調理師にとっても存分に腕を振るうことができる働き口です。

外食産業の求人はとてもたくさんあり、調理師免許を持っていないからという理由で採用を見送られることは少ないと言えるでしょう。

実際の現場で働きながら調理師免許の取得を目指す人たちにとって、料理業界に足を踏み入れる第一歩となる職場です。

求人数は多い外食産業ですが、給与体系は厳しく設定されているところが多いです。

見習いの時から十分な給与がいただける職場は少なく、最初は月額15万円から17万円ほどのスタートとなるでしょう。

労働時間も長く、残業代が支給されるお店は少ないと言ってしまってよいです。

厳しい労働環境が取り上げられることの多い外食産業ですが、腕を認められ驚くほどの高給をもらっている調理師がいるのも事実です。

自分の頑張り次第で待遇が良くも悪くもなる職業です。

給食センター、社員食堂などの大量調理

学校給食を作る施設で働く調理師も多いですね。

給食センターの募集は、正社員であれば調理師免許の保持が求められます。

パート・アルバイトであれば調理師免許は必ずしも必要ではありません。

会社に所属する栄養士や一緒に働く調理師たちと相談をしながら日々の献立を決めたり、栄養面や衛生面に細心の注意を払いながら実際に調理を行います。

各市町村の運営する給食センターや学校内にある給食センター、企業の社員食堂などが働き口です。

外食産業の調理師のように、一皿一皿に時間をかけて調理ができるわけではありません。

毎日大量の野菜をカットしたり、見たこともないような大鍋で料理を行います。

何人もの調理師や料理人が在籍しているのが一般的です。

全ての仕事がきっちりと分担され、一人の調理師への負担が大きくなることは少ないと言えるでしょう。

大量調理の求人は外食産業に比べると少なくなっていますが、決して狭き門と言うわけではありません。

しっかりと求人をチェックして探してみましょう。

大量調理を行う施設での仕事の大きな特徴は、労働環境が良いと言うことです。

週休二日制、一日の労働時間は8時間としっかり定められているので女性の調理師にも働きやすい環境が魅力です。

また、給与体制も整えられています。

調理師のように腕を磨けば給与が上がるシステムではありませんが、安定して一定のお給料がいただける職場と言うことができるでしょう。

男性の調理師の方も、結婚を機に大量調理を請け負う企業に転職されるシェフは多数いらっしゃいます。

調理師業界で労働条件を重視する方は、大量調理を行う企業を視野に入れると良いでしょう。

病院や介護施設などの調理師

調理師免許試験で学んだ特別食に対する知識を活用できるのが病院や介護施設などの調理師です。

流動食やゼリー食と言ったお年寄りにも食べやすい料理を朝昼夜の3食提供をしたり、病気などで食事の制限がある方に提供する料理を作るのが主な仕事です。

外食産業に比べると細かな制限や心遣いが必要な職種ですが、そのぶんやりがいも大きいと言えるでしょう。

介護施設は今日本で一番必要とされているサービスです。

施設の増加に伴い、調理師も必要とされています。

インターネットの求人サイトや紙媒体での求人誌、ハローワークなどでも多数の求人を見つけることができるでしょう。

介護施設や病院などで働く調理師の労働環境は、早朝出勤があることが特徴です。

施設を利用する方、または入院をされている方の食を3食全て支える仕事ですから、早朝4時5時出勤でお昼には仕事を終えて帰宅すると言う生活を送っている人も少なくありません。

給与も外食産業に比べると高くなっているところが多いです。

独立開業

調理師免許を取ったからと言って独立開業ができるわけではありません。

しかし、調理師の免許は一定の技術と知識を持っていると言うことの証明になるため、独立開業を目指す大きな一歩となることには違いありません。

飲食業界で働く私が目撃した「調理師免許の力」の一つに「社会的な信用」が挙げられます。

調理師として長年仕事を続けていると、独立して自分のお店を持ちたいと言う目標を持っている方に良く出会います。

そんな料理人たちが、いざ独立をしよう!とした時に、最初に必要になるのが資金です。

先程もお話しましたが、調理師の給与は決して高くはありません。

独立するだけの資金を用意するには銀行からの融資が必要になる人が多いのです。

そのような場合、「調理師免許の有無」は融資基準に大きく影響します。

経験豊富で料理の腕も確かなシェフでも、調理師免許を持っておらずその能力を証明できないまま融資を断られると言う状況があるのです。

逆に、飲食業の経験はそこまでないにも関わらず、調理師免許を持っているため融資を受けられると言う場合も見てきました。

もちろん、銀行の融資はその他の要素も組み合わさって判断されることですので一概には言えませんが、取っておくに越したことはありません。

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

どんな会社で調理師の募集があるの?

1. 年間休日が120日以上ある会社

調理師免許を活かした仕事で、年間休日120日を確保してワークライフバランスも重視したい方も多いと思います。

例えば、ホンダグループのホンダ開発株式会社では社員食堂での調理師を募集しています。

新日本製薬 株式会社でも社内カフェテリアの調理師を中途採用しています。

タイミングによっては募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

2. 年収400万円以上の会社

年収400万円以上可能な調理師の仕事にはどんな企業から出ているのでしょうか?

例えば、ハートスフードクリエーツ株式会社は大阪府・兵庫県内の保育園や幼稚園、小中学校での調理師を募集しています。

また、中尾食品グループのさぬき丸一製麺株式会社では、商品開発の担当者を募集しています。

タイミングによっては募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

その他に調理師の募集は?

上記の会社以外にも調理師の仕事はたくさん募集されています。

見てみたい人は、以下のボタンからチェックしてみて下さい。

\他にもたくさん「調理師」の募集中の仕事があります/

(他の会社も含めて募集を確認できます)

調理師の仕事の探し方とは?

気になる調理師の働き方はみつけられたでしょうか?

調理師免許を取得できれば、働き口は大きく広がります。

続いて仕事の探し方をご紹介して行きましょう。

インターネットの求人サイトや求人誌

調理師として仕事を探す際、一番情報量が多いのがインターネットの求人サイトです。

「調理師」とキーワードを入れて検索してみると大量の求人が毎日更新されていますので、良いものをじっくり探しましょう。

求人誌であれば、調理師求人の特集が組まれていることがあるのでその号を見逃さずに購入しましょう。

また、近年は調理師に特化した求人サイトも登場しています。

全て飲食業界に関する職ですので、ぜひチェックしてみてください。

お店や企業のホームページ

行きたいお店がある場合や行きたい企業がある場合はホームページを必ずチェックしましょう。

求人情報サイトには出さず、自社のホームページ上にて求人を載せている場合もよくあります。

紹介

実は、調理師の転職や就職でとても良くあるのがこの「紹介」と言う方法です。

飲食業界で働いていると、自然と調理師同士の繋がりが出来ていきます。

「知り合いのお店が募集している」「うちのお店で従業員を探している」などと声を掛け合うことは本当に良くあることなのです。

全く飲食業に携わったことのない方にはハードルの高い探し方になりますが、顔の広い人に声をかけてみるのも良い手です。

飲食店に出入りする食品業者や配達業者など、一見調理と関わりがないようなところから思わぬ誘いがあるかもしれません。

まとめ

今回は調理師免許の取得方法と、取得後の働き先などについてお話をしました。

「調理師」と言う仕事に必要な免許についてご理解いただけたでしょうか。

もしあなたが「料理人になりたい」と思っていたり、「将来は独立開業をしたい」と言う夢を持っているなら、調理師免許の取得を強くおすすめします。

全国どこへ行っても経験と知識の証明となってくれる調理師免許は、あなたの生活を守ってくれるお守りのようなものです。

日本の飲食業界は世界からも注目されていますので、調理師免許を持っていれば職を失うことはないと言ってしまって良いでしょう。

学校に通っても良し、独学で学んでも良し。

生涯使える調理師免許、ぜひ取得に向けて一歩進んでみましょう!

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

実際に調理師求人を探す時は、こちらの記事を参考に!