高層ビルの最上階や素敵なバーのカウンターでお酒を楽しむ光景は大人になったようでドキドキしますよね。

そんなバーには必ず素敵なバーテンダーがつきものです。

さて、もしあなたがバーテンダーに興味があるとしたら、バーテンダーになるにはどうしたら良いのか疑問だらけですよね?

そんなあなたの疑問に徹底的にお答えします。

筆者である私は19歳からバーで働き26歳で都内に小さなバーを独立開業した経験がありますので、どんな小さな疑問にもアドバイスできるかと思います。

ここではバーテンダーという仕事に就いて、その後どんな就職先や展望があるのかを詳しくご紹介していきますので参考にしてみてください。

まずは入門編からさっそく見ていきたいと思います。

「バーテンダー」が自分に向いているか診断するにはこちら →

バーテンダーになるには?

バーテンダーになるためには、まず求人情報誌やインターネットのサイトでバーの求人を調べるやり方があります。

もちろん、街を歩いていて看板などにバイト募集などの紙が貼ってあるパターンも考えられますが、闇雲に探しても見つかりませんので、まずはどんなバーで働きたいかをイメージしましょう。

また、現在ではバーテンダースクールや調理関係の専門学校でもバーテンダーの技術は磨けます。

そのあたりのお話からしていきたいと思います。

バーテンダーの専門学校やスクールとは?

バーテンダーになるには特殊な免許は必要ありませんが、いきなり現場で働くのが不安という方にはこうしたスクール制度もあります。

実際に筆者も、スクール卒業経験のある方と働いたこともあります。

学べること

基礎的なバーテンダーの技術とお酒の知識、あとは接客などに関するマナーを学べます。

入学金や入学資格

バーテンダースクールなどのいわゆる「習い事」の部類に入るものであれば、その授業料は10万円〜20万円(だいたい20回程度の授業回数)ほどです。

また専門学校になるとバーテンダー以外の能力や知識を養ってくれたり、就職先を斡旋してくれる意味も込めて1年間で100万円前後の費用が掛かります。

入学資格はスクールに関しては特になく、専門学校においては一般常識レベルのテストをクリアすれば誰でも入学可能となっています。

卒業の難易度

基本的には真面目に授業を受けていれば卒業できます。

途中で辞めたり興味がなくなったりしない限りは確実に卒業できると言えるでしょう。

バーテンダーの資格とは

バーテンダーという職業には、厳密に言って必要な資格はありません。

自分のスキルアップや人脈を広げるための資格はいくつかありますが、これがなければカウンターに立ってはいけないというようなものはありませんので、ご安心ください。

それではバーテンダーとして働いていく上で取得する可能性がある資格をいくつかご紹介していきます。

ちなみにご紹介するものは全て民間資格で、現在国が定めるバーテンダーとしての資格はないということだけ頭に入れておいてくださいね。

取得のメリット

バーテンダーが資格を取るにあたってのメリットはだいたい3つです。

「スキルアップ」「人脈を広げる」「個人のバーテンダーとしての信用度」といったところですね。

この中で一番重要なのは「バーテンダーとしての信用度」。

バーテンダーというのは常に勤勉でなくてはいけませんので、そういった部分で何かしらの資格を持っていると「この人はバーテンダーという仕事についてきちんと考えている人だな」と周りやお客さんから納得してもらえるメリットがあります。

バーテンダーの資格の種類

NBAやHBAの協会員としての資格

バーテンダーは大きく3つに分かれます。

NBAという「日本バーテンダー協会」、HBAという「ホテルバーテンダー協会」、そして最後に「無所属で街のバーで雇われるか独立するか」というように、どちらかの協会に入るか、それとも自分のスキルを磨くために一人で勉強していくかというように分かれています。

基本的にスクールなどを卒業するメリットとしては、この「NBA」に入れるように口を利いてくれることがメリットですね。

逆に専門学校などはホテルなどへの就職を斡旋してくれますので、「HBA」といった感じです。

ソムリエやビールマイスターなどのお酒に関する資格

これは様々なものがあり、ソムリエのワインから始まりビールや日本酒など実に多種多様です。

ちなみに筆者はウイスキーの資格として「ウイスキーコニサー」というものを持っています。

バーテンダーの資格の難易度や合格率

資格の難易度はそれぞれですが、分かりやすく説明するならば「1年間真剣に勉強して受かる確率50%ほど」といった感じです。

あえて言うなら、取りやすい資格には何の効果もありません。

一般のお酒好きの方でも取れるような資格ではカウンターに立つ上で意味を成さないからです。

ですので、ある程度難易度の高い資格を持っているとバーテンダーとしての信用度に繋がるわけです。

「バーテンダー」が自分に向いているか診断するにはこちら →

バーテンダーの就職先や募集状況は?

バーテンダーの就職先はそれぞれですが、基本的には街で「BAR」と書かれているお店全てが対象と言えます。

もちろん「和食ダイニングバー○○」のようなチェーン展開しているようなところは含まれません。

あくまでバーテンダーというのはカウンターがあり、そこで対面するお客さんがいて初めてバーテンダーとして仕事に就くわけですから。

バーテンダーの主な就職先

有名なバーやホテルのバーなどは人気の就職先ですね。

しかし、就職先というよりも「修行先」と捉えてもらった方が良いかもしれません。

正社員としてバリバリ働いて経験を積みたい人向け

「正社員」というものにこだわる場合は、やはりホテルに就職してバー事業部に希望を出すのが一番です。

経営母体がホテルですから福利厚生もしっかりしていますし、街の高級店のようなバーで働くのと変わらない上流階級のお客さんを相手することによって多くの経験を積めるからです。

ある程度プライベート優先で働きたい人向け

まだそこまで将来独立などの具体的な人生設計は立てていないけどバーテンダーに興味があるという方や、アルバイトとしてバーテンダーをやってみたいという方には、街で見かけるダイニングバーやダーツバーといったところをおすすめします。

こちらは正社員としてしっかり入らなければシフト制で休みもありますし、プライベートの時間も確保できます。

ただ、基本的には週末などは出勤になりますので、週末に何か趣味や用事がある方は止めた方が良いでしょう。

バーテンダーに人気の就職先

最初にバーテンダーになりたいというきっかけにもよりますが、やはり老舗のオーセンティック(正統派)バーは誰しもが修行してみたいと思う場所だと思います。

将来バーテンダーとして独立する際にもしっかりとした実績と「看板」になりますので、東京銀座などにいくつかある有名店は人気があります。

また、高級ホテルのラウンジや夜景の見えるバーなども人気です。

やはり客層も豊かですし、こちらも確かな実績になりますから。

バーテンダーの働き口はどの程度あるの?

バーテンダーの働き口は探そうと思えば無限にあると言って良いでしょう。

ちなみに筆者は、どうしても働きたいお店に直接お願いをしに行って、最初は断られたものの何度か通っている内に正式に採用していただいた経験があります。

自分のフィーリングに合ったところで勉強したり働いたりするのが上達の一番の秘訣ですから、自分がやりたいお店のイメージを強く持つことが大事ですね。

ちなみに飲食業界自体は万年人材不足ですので、お酒を少し学んでみたいという感じであれば、まずは近所のカウンターのあるお店を探してみても良いかもしれません。

恐らくすぐに働けると思います。

バーテンダーの転職事情

バーテンダーにとって、転職とは自身のスキルアップのために行います。

この店で勉強できることはなくなった!と自分が納得した人が次のお店へと移って行きます。

もしくは良いバーテンダーであれば引き抜きにあうケースもありますね。

そういった場合は、給料が飛躍的にアップしたりします。

バーテンダーの平均給与

未経験であればおよそ20万円弱、経験者で30歳前後であれば30万円弱といったところでしょうか。

40代となると、お店のチーフバーテンダーか独立している方が殆どだと思いますので、平均給与というのは自分の頑張り次第となってきます。

バーテンダーの将来性

バーテンダーという職業の将来性は無限です。

自分でカクテルの勉強を沢山してオリジナルカクテルが本に載るくらいまでにしてみせるか、はたまたカクテル大会で優勝して有名バーテンダーとして独立するか。

そんなバーテンダーの将来性とサクセスストーリーまでの道のりをいくつか見ていきましょう。

大会やコンクールに出場して有名になる

まずは年に何度か行われている大手飲料メーカー主催のコンクールやホテルでのコンペティションに出場して、そこで結果を出すことが一番分かりやすい目標です。

年齢別や男女で分かれたりもしていますし、出場するためには相当な勉強を必要としますので、自分の糧にもなりますね。

お店やホテルの管理職

お店でチーフバーテンダーやホテルのバー事業部部長などの管理職に就くことは社会的にも認められますし、ステップアップとしてはとても確実な方法です。

年数は掛かりますが努力していれば必ずなれますので、安定志向の方にはおすすめの働き方です。

独立開業

およそバーテンダーを目指す人の7割は独立開業を目指していると思います。

自分の好きな内装でお店を設え、自分の好きなお酒や音楽を店内に満たすというのは最高の喜びです。

私も若い頃に独立しましたが、やはりバーテンダーとしてのやりがいを何倍にも感じましたし、モチベーションも更に高まったことを覚えております。

「バーテンダー」が自分に向いているか診断するにはこちら →

働き先を選ぶ時の注意点

バーテンダーになりたいからといって、働くお店をすぐに決めるのは禁物です。

どのようなバーテンダーがいて、どのような想いで働いているのかをまず認識した上で応募したり面接に臨んだりしましょう。

知識や経験を積めるお店を探そう

バーテンダーに必要なのは知識と経験です。

いくらお店の雰囲気が自分に合っていたとしても、そこで働いている先輩バーテンダーが無知であったら勉強になりませんよね。

最低限のお酒の作り方くらいは教われるかもしれませんが、その先に必要な経験は伴ってきません。

なので、働くお店を決める際には、最低一度は下見のために自分で飲みに行ってみましょう。

バーテンダーは常連さんと一見さんで接客の仕方を変えます。

これは常連さんを贔屓にしているわけではなく、一見さんに対しての配慮なのです。

お店の雰囲気やお酒の好みや料金をその人が理解しているかどうかによって話しかけ方や作るお酒の味を変える必要があるからです。

居心地を良くするためにバーテンダーは最大限の努力をしますので、そういった配慮ができる人なのかどうかを確かめるためにも、事前リサーチは必須事項とも言えますね。

求人の探し方

求人情報誌やサイトを見ている際に、良いお店かそうではないかを見分ける単純な方法があります。

「バーテン募集」と書いてあるお店はまずハズレです。

バーテンダーという言葉には意味があります。

それを「バーテン」と表記するのは、いかにそのお店が不勉強かをさらけ出している行為であり、こういったお店で勉強になることはまずありませんので、スルーした方が良いでしょう。

ちなみに、そういったところは大概お給料が良いです。

目先のお金に釣られて行ってもバーテンダーとして大した経験にはなりませんのでご注意いただければと思います。

まとめ

バーテンダーという職業に興味を持ったあなたの疑問にお答えしてきましたがいかがでしたか?

読む前より少しだけバーテンダーという仕事について理解していただけたかと思います。

バーテンダーになるためにはいくつもルートがあり、自分の思い描く将来像に一番近いものを選べば間違いないと思います。

お店選びに関しましては解説した注意点をもとに、1度お店に行ってみることをおすすめします。

バーテンダーという仕事は本当にやりがいのある仕事です。

筆者である私も15年ほどの経験がありますが、未だに勉強することが多く、学ぶことに終わりのない仕事だなとつくづく思います。

しかし、やはり接客をしている時間が何よりも楽しいですし、そういった実感をこれを読んでいるあなたにも感じてもらえたらと思っています。

ぜひバーテンダーという職業に対して一歩踏み出してみてくださいね。

バーテンダーに向いているかどうかは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

バーテンダー求人

バーテンダー求人についてもっと深堀りした情報を見る

バーテンダーの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

現在バーテンダーという職業に興味を持って仕事を探していたり、バーテンダーになってみたもののこの先はどういったキャリアアップの方法があるのか模索しているあなた。意外とバーテンダーという仕事の給料事情を解説してくれている記事ってありませんよね。バーテンダーの年収はどれくらいなのか?そして、自分が貰っている給料は適正なのかどうか?こんな疑問をお持ちなのではないでしょうか。ここでは、そんなバーテンダーの給与相場や転職のときに必要なキャリアアップ術を徹底的にご紹介していきます。筆者自身もバーテンダーとして15年以上のキャリアがあり、飲食業界やバー業界には詳しいかと思いますので、安心してご覧になっていって

バーテンダーとはどんな仕事?その仕事内容やバーにおいての役割、なり方など詳しく解説します!

スポットライトを浴びるカウンターの中で、かっこ良くカクテルを作るバーテンダー。一度はそんな仕事に憧れたことがある人もいるかもしれません。しかし、「いまいちバーテンダーの仕事って何をやるのか分からない」とう人も少なくないはずです。ここでは、「バーテンダーとはどんな仕事なの?」という疑問に対して、いくつかの項目に分けてお答えしていこうと思っていますので、ぜひチェックしていってみてくださいね。それではまず、一番基本的なことからご説明していきたいと思います。ちなみに、筆者は自身で独立してバーを経営していますので、ここで紹介する内容はしっかりとした中身のある情報となっています。ご安心ください!バーテンダ

バーテンダーの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

夜景の見えるバーでグラスを傾けながら色とりどりのカクテルを楽しむ、そんな小説やドラマに出てきそうなシチュエーションで欠かせない存在といえばバーテンダーですね。少し渋めなマスターがシェイカーを振る仕草などはとてもサマになっていて画になります。そんな誰しもが一度は憧れたであろう職業であるバーテンダーですが、バーテンダーという仕事にはどんな人が向いているのでしょうか。ここではバーテンダーに向いている人の特徴やバーテンダーとしての実際の仕事内容などを分かりやすくご説明していきます。筆者自身若い頃からバーの現場で働き、キャリア15年以上の経験がありますので現場のリアルな声をお届けしたいと思っています。そ

バーテンダーの正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

カウンターの中で、映画やドラマのワンシーンのように格好良くカクテルを作るバーテンダー。そんなバーテンダーの正社員求人に関する情報を、ここではご紹介していきます。バーテンダーの年収事情やおすすめの求人情報のポイントなど、これからバーテンダーとして就職を考えている方には必見の内容となっておりますので、是非最後までご覧になっていってください。自身でもバーテンダーの経験が15年以上あり、その後独立して店舗を経営していた実績のある筆者が分かりやすく解説していきます。実際の現場での雇用条件や労働環境を見ていきますので、お役に立てるかと思います。それではさっそくバーテンダーとしての仕事内容から見ていきましょ

バーテンダーが向いている人の8個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

バーテンダーという仕事に憧れを持っている人も少なくないのではないでしょうか?バーと一言に言っても、一流ホテルの最上階にあるバーや銀座などに多いオーセンティックバー、穴場のデートスポットになるようなバーまで形態は様々です。最近では女性のバーテンダーも多くなってきているのだとか。寡黙で黙々と仕事をこなす渋いバーテンダーさんは女性からも憧れの存在です。最近では飲食店やチェーンの居酒屋、アミューズメント施設でもバーテンダーを雇用しているところがあります。今回は、そんな気になるバーテンダーとしての仕事内容をまとめてみました。どんな人がバーテンダーの職に向いているのか、その特徴や転職後に活かせる仕事なども

バーテンダーバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

映画やドラマの中で、役者さんたちがオシャレなバーでお酒を飲んでいるシーンはとても画になりますが、その中で映るバーテンダーというのも格好良く見えたりしますよね。誰でも少しぐらいはそんなバーテンダーという職業に憧れを持った経験があるかと思います。これからバーテンダーという道に進みたいと思っている方や、少し興味があるという方のために、ここでは「バーテンダー」としての第一歩となるバーでのアルバイト求人についてご紹介していきたいと思います。筆者は高校を卒業後すぐにバーテンダーのアルバイトをはじめ、都内のバーをいくつか渡り歩いて修行した後に東京で独立開業をした経験がありますので、リアルな現場の声をお届けで


バーテンダー求人に関するコラム

バーテンダーを辞めたい…と感じる人の4個の理由と乗り越え方とは?

憧れのバーテンダーの仕事をしてみたものの思っていた以上に大変だった…とか、昼夜逆転することで友達や恋人との時間がすれ違ってしまった…など、様々な問題があり、バーテンダーを辞めたいと思う人も少なくないと思います。実際に、バーテンダーを始めたら昼夜逆転して大学生は朝の授業に行きづらくなったり、夜型になったことで昼間に友達と遊ぶことが減ったりするのは事実です。中には、まだ頑張ってみようかな…とか、続けたいけど様々な理由で辞めないといけないのかな…と考えている人もいらっしゃると思います。今回は、バーテンダーを辞めたいと思う理由やその乗り越え方について紹介していきます。バーテンダーのおおまかな仕事内容と

バーテンダーの仕事は女性でもできる?女性経験者の私が、できること・大変だったことを解説します

バーテンダーの仕事はお酒を作って提供するだけだけと思われがちです。しかし、実際は立っている時間は長く、やるべきこともたくさんあり、かなり大変な仕事です。それでも、お酒が好きな人、興味がある人、人と話すことが好きな人にはとても向いている仕事です。私は学生時代からいくつものアルバイトをしてきましたが、人と関わることがこんなにも楽しいと思えた仕事は初めてでした。お店を離れた今でも連絡を取り合うお客様もいます。バーテンダーとして仕事をした経験は、今の自分に大きく影響しています。しかし前述したように、最初の頃はかなり大変な仕事だったことも事実。そんな大変なバーテンダーの仕事を女性でもできるのか、と不安に

バーテンダーって資格があるの?資格の取り方から仕事探し・働き先まで経験者が解説します

私がバーテンダーになったのは、とある映画のワンシーンがきっかけでした。パリッと整ったシャツとベストでシェーカーを振るバーテンダーの姿があまりにかっこよくて、私もあんな風にやってみたいなぁという思いからアルバイトの募集を探すようになったのです。実際バーテンダーの募集はあまり多いとは言えず探すのには苦労しましたが、希望していた銀座のオーセンティックバーでのアルバイトにこぎつけることができました。そこで働いていた時に経験したことは、私の人生に大きな影響を与えてくれました。今回は私の経験をもとに、仕事探しや資格、バーテンダーになるための心構えなどをご紹介していきたいと思います。以前の私のようにバーテン