飲食の転職で注意したほうが良いことについての写真

飲食の転職をしようと思っている方もいますよね。

この記事では、転職で失敗しないように飲食の転職で注意したほうが良いことを紹介します。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

飲食サービス業界へ転職をお考えの方へ

飲食サービスは一番身近で、一番間口の広い、一番奥の深い仕事です。

不特定多数の人と接し、「一期一会」の気持ちでサービスをしなくてはいけない仕事です。

飲食業といっても種類は様々

様々な種類の飲食業で働く店員

大手チェーン店の社員はマネジメントが主な仕事

大手チェーン店での社員の場合は、まずは店舗での「シフト管理」「スタッフ教育」「在庫管理」「売上管理」が主な仕事になります。

そのため、その店舗の業務を全て把握しておく必要がありますので、まずは自分自身がその店舗で調理や接客などを学ぶことになります。

店舗の開店から閉店までの流れ、開店準備(店舗の電源を入れ、フライヤーのスイッチを入れたり、炊飯したりなどのキッチン業務から、テーブルセッティング、看板出し、お冷サーバーのセッティング、レジのセッティングなどのフロア業務)と閉店作業(清掃、片付け、食材チェック、レジ締、電源OFFの確認など)は、最初に必ず覚えなくてはいけません。

店舗のメニュー名や種類、その盛り付け方、提供の仕方などを知っておかなければ、スタッフへの指導も出来ません。

そのお店独自のルールを覚えるのはもちろん、接客の基本となる言葉遣いや身だしなみなどもスタッフの見本とならなくてはいけません。

また、担当の店舗のことだけではなく、本部との連携も必要となります。

オールマイティにバランス良く仕事が出来る人に向いている仕事です。

専門店や個人経営店は専門的な調理技術が必要になることも

専門店の場合は、調理のオペレーションが複雑であったり、より専門知識がないと出来ないことがありますので、調理に関しては特に力を入れて、身に着けておく必要があります。

個人経営のお店に関しては、より経営者が近い存在ですので、一緒にお店を作り上げていくというお仕事になりますので、従業員としてだけではなく、経営者に近い視点でお店の運営をすることになります。

飲食の転職で注意したほうが良い7個のこと

飲食の転職で注意したほうが良いことを考える店員

年間休日数が少ない

飲食店サービス業では、お店を開けてなんぼですので、店休日が多いところでも週1日。

年中無休のところもありますので、休みは交代制になります。

ほかの職種では、法定休日や所定休日のほかに、バースデー休暇やリフレッシュ休暇など独自の休暇で年間休日数を充実させているところも多いですが、飲食サービス業の場合、多くの人が休みの日が稼ぎ時ですので、どうしても、それ以外の日程でシフトのやりくりをしなくてはいけません。

更に、慢性的に人手不足なところも多いため、シフトのやりくりの難しさから、年間休日数が法的休日ギリギリで設定されているところが多いようです。

有給取得率も低い

年間休日数が少ない理由の1つに慢性的な人手不足がありますが、同じ理由が有給取得率の少なさにつながります。

年間休日数分のシフトをやりくりするだけでも、大変なのに、有給休暇の分まで考慮をしていては、もっとやりくりが大変になってしまうからです。

また、シフトを組むのが自分自身の仕事になっていると、人手が足りないと自分をシフトの頭数に入れてしまいますので、余計に休みが取れない状況になってしまいます。

それが、慢性的に続くと、有給休暇が取れないことが当たり前の状態になってしまい、取得率が少ないという結果につながってしまいます。

離職率の高い業種

年間休日数の少なさや有給休暇取得率の低さが、離職率の高さの原因の1つではあると思います。

また、1日の拘束時間も長くなることが多く、せっかくシフトをやりくりして取った休みの日も、お店が空いていれば、出勤するはずだったスタッフが急に欠勤になったり、トラブルが発生したりで、出勤になったり、出勤しないまでも対応をしなくてはならなくなったりして、身体も心も十分に休めることが出来ません。

また、そういう日々が続くと、「いつまでこの状態が続くのか」という将来への不安にもつながり、離職に至ることになっています。

サービス残業が多い

お店が忙しかったり、人手が足りなくて忙しかったりすると、「接客」「調理」といったお店を回すことが最優先になります。

そのため、それ以外の仕事が後回しになってしまいますので、閉店後や開店前にその仕事をすることになります。

そうするとどうしても、労働基準法に定められたラインを超えることになりますし、人件費もオーバーしてしまうことになるので、サービス残業をしてしまうことになります。

体育会系のお店が多い

体力が必要な仕事ですし、先輩後輩、店長とスタッフなどの上下関係がはっきりしている職場なので、体育会系のノリになってしまうお店が多いです。

親しくなれば、縦とのつながりや横とのつながりが出来て、団結してお店の運営にあたることが出来て、仕事もしやすいです。

業務中の事故が多い業種

調理で火を扱いますので、ケガや事故が起こったり、衛生面での管理が不十分で食中毒や異物混入の事故が起こったり、デリバリーをしているお店では交通事故なども起こりえます。

事故が起こった際の対処とその後の予防策、そして、何よりも事故を起こさないオペレーションやルールの徹底が必要です。

クレーム対応

「注文したのと違う料理が来た」「注文した料理がこない」「満席でなかなかお店に入れない」「注文を取りに来ない」など、飲食サービス業はほんのちょっとしたことがお客様のクレームにつながります。

特に、今は対応ミスがSNSなどを通じて、インターネット上で拡散されてしまうこともありますので、クレームを真摯に受け止め、そのクレームをお店に活かす対応を行う必要があります。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

飲食業に向いている人とは?

人と接するのが好きな人

良いことも悪いこともダイレクトに返ってくるお仕事ですので、人が好きで人と接することが好きな人には向いている職業です。

多くのいろんなタイプの人と接するお仕事ですから、自分自身の成長にも大きく影響します。

自分のファンをどれだけつかむことが飲食店での接客業の楽しいところです。

体力がある人

声が大きくて、笑顔で人に接することが出来て、体力があって、身体を動かして仕事をするのが好きな人は、ぜひ、一度は飲食業でのお仕事をしてもらいたいと思うくらい向いていると思います。

飲食業の仕事は1日中、立ち仕事ですし、意外とたくさん店内を歩き回ります。

また、休みがほかの業種より少なかったり、1日の勤務時間が長かったりしますので、体力がないと続かないお仕事です。

責任感の強い人

お店は営業日と営業時間をきちんと守って運営をしなくてはいけません。

また、衛生面では保健所の指導に基づいた管理を行い、シフトに穴をあけてほかのスタッフに迷惑をかけることの無いように自分自身の健康管理などを行わなくてはいけません。

また、材料が足りなくて、提供できないメニューが出ないように在庫や発注管理にも気を付けなくてはいけません。

「お店を運営する」ということに強い責任感を持てることが大切です。

協調性のある人

お店の運営は複数のスタッフで行います。

よりよい接客をするためには、調理担当やホール担当などスタッフみんなのチームワークが重要です。

チームワークを大切にすることが出来る協調性のある人は飲食業に向いていますし、協調性のある人にとって、飲食業は達成感ややりがいを感じることが出来る職業だと思います。

毅然とした態度を取れる人

お客様の中にはとても残念ですが、理不尽な要求をして来られる方がいらっしゃいます。

その時に、スタッフやお店、ほかのお客様を守るために、毅然とした態度で応対をする必要があります。

毅然とした応対が出来なかったために、スタッフやほかのお客様の信用や信頼を失うことはお店の運営に大きく影響します。

「引くべきところ」と「引いてはいけないところ」の見極めが出来ることは飲食業のお仕事に従事するにあたって大切な要素です。

素早く丁寧な対応ができる人

「お皿が欠けていた」「お冷クラスに汚れが残っていた」などのクレームはもちろんですが、「注文した商品をシェアしたいので取り皿が欲しい」などのお客様のご要望や「うっかりグラスを倒してお冷をこぼした」など突発的なことに関しても、素早く丁寧に対応できる人は、お客様はもちろんですが、ほかのスタッフや店長などからも好感を持たれて、頼りにされます。

慌てることなく適切な対応が出来るように、目配りや気配りをして、仕事中は常に心の準備をしておかなければいけません。

それが出来る人、それが出来るようになりたい人には飲食業のお仕事はお勧めです。

食べること・飲むことが好きな人

やはり、「食べること」「飲むこと」が好きな人の方が向いています。

そういう人は自分のお店で提供しているメニューにも興味が持てて、積極的にお店の味を楽しみ、お店の味を広めようとするからです。

お客様に「おすすめは何ですか」と聞かれたときに、ほかのスタッフに確認したり、答えられなかったりするとお客様はがっかりします。

スタッフが活き活きとおすすめしてくれると「じゃあ、それ注文しようかな」となり、そこでお客様とのコミュニケーションがうまく取れます。

お客様とのコミュニケーションは飲食業のお仕事をする上で、モチベーションを上げる要因の一つです。

将来自分で飲食店を経営したいと思っている人

「将来、カフェを経営したい」「ラーメン店をやりたい」など飲食店を開きたいと思っている人にとっては、良い修業の場、勉強の場になると思います。

自分が経営しようと思っている飲食店と同じタイプのお店で働くのもプラスになりますが、思い切って全然関係のないお店で働いてみるのもプラスになります。

人気ラーメン店の店主が「日本料理のお店で修業して出汁の取り方や盛り付けを勉強したことが自身のラーメンのメニュー開発に役立った」というようなことは良く聞くお話です。

自分のお店を成功させている人は、経験を自分のお店の運営に活かすことが出来ます。

カフェを経営したいのであれば、コーヒーの知識を得るためにコーヒーショップで働いたり、パン作りを学ぶためにパン屋で働いみたり、バーや居酒屋でお酒の勉強もできますし、専門店で学んだ料理をアレンジして自分のお店のメニューに加えることも出来たりします。

お店の運営を吸収したいと思っている人には良い経験になると思います。

研究熱心な人

飲食店に勤めていると、ほかの飲食店に行ったときに、そのお店のサービスの仕方、メニューの名前の付け方、値段の付け方、味や調理方法、メニューの原価まで自分のお店とついつい比べてしまいます。

そして、そういう風にほかの飲食店を分析し、研究し、学習の材料にすることが出来るようになると、飲食業はもっと面白くなっていきます。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

飲食業の魅力とは?

お客さんの感謝の言葉がやりがいになる

「おいしかった」「ありがとう」「また来ますね」などお客様からダイレクトに気持ちを受け取ることが出来ます。

食べたり、飲んだりは人の生活に欠かせないもので、飲食店での食事は笑顔や幸せな顔があふれています。

そういったお客様の言葉や笑顔が飲食業でお仕事をする上での一番のやりがいです。

マネジメントやスタッフ教育できる機会が多い

飲食店の運営での大きなポイントに「人を育てる」ということがあります。

マネジメントやスタッフ教育が行き届いているお店は、お客様の満足度も高くなりますが、働いているスタッフの満足度にもつながります。

マネジメントやスタッフ教育を行うためには、全体を把握する力や個々のレベルの見極め、運営に必要なものが判断出来るようにならなくてはいけません。

また、自分自身が手本とならなくては教育や指導が出来ないため、よりレベルの高い仕事能力が身に付きます。

一般の会社や職種よりも、飲食業はマネジメントやスタッフ教育を任されるまでの期間が短いですし、そういった機会を得ることが多いので、その分早く、その能力を見つけることができ、活かすことが出来るのです。

マネジメントやスタッフ教育が身につくとほかの職種にも応用が利きます。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  飲食の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  飲食の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
飲食店に特化した転職支援サービスです。外食特化の転職エージェントでは業界トップクラス! 公式サイト 公式サイト
自分らしい働き方で仕事を探せる!他とは違う「自分らしい」「やりがいがある」仕事を見つけたいなら。 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

転職 飲食求人

飲食求人についてもっと深堀りした情報を見る

名古屋の飲食店求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気なお店・エリア・年収相場を解説します

日本を代表する大都市の一つ、名古屋にはあまり知られていませんが、東海地方の名物が集結するグルメの街としての顔もあります。日本でグルメというと大阪、福岡、北海道などの名前が上がりますが、実は名古屋もグルメの豊富な都市です。グルメが豊富ということはそれだけ飲食店が豊富ということです。飲食店が豊富だと当然ですが、求人も豊富にあります。名古屋は、愛知県の玄関口である名古屋駅があり、在来線や新幹線が停車するため、地方や都市部から人が多く行き交います。また、名古屋独自で発展した繁華街も多くあるため、昼夜賑わいのある飲食エリアも存在しています。今回は、名古屋の飲食店求人にスポットをあてて名古屋の飲食店求人に

ケーキ屋の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための注意点

ケーキ店で働いているけれど最近なんだかマンネリ気味という方、ここ数年ステップアップのことを考えているという方、そろそろ転職の時期かもしれませんね。私は20年近くケーキ店でパティシエとして働いて来ましたが、パティシエという職業は何度か転職をして色んなお店を見てこそ力が付くと言う一面が大いにあると感じています。一般のオフィス勤めであれば転職回数はとても重要視されますが、パティシエは極端に短い期間の転職をのぞけば回数はマイナスポイントにはなりません。今回は、ケーキ店で働くパティシエたちの転職事情をいろんな角度からご紹介して行きましょう。本当に転職して良い?パティシエが転職を考えるタイミングとはパティ

ケーキ屋の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

特別な技術を必要とするパティシエという仕事。子どもたちの将来なりたい職業ランキングでも常に上位に入っている、華やかで明るい印象の世界です。パティシエたちは日々切磋琢磨しながら新しいケーキを生み出し、私達の生活を彩るケーキを製造しています。とても明るく素敵な世界に見えますが、実は忍耐とたゆまぬ努力が必要な世界。オフィス勤務に比べると体力も必要ですし、労働時間もとても長く覚悟がないと働き続けられない厳しい世界です。そんな修行を乗り越えて活躍するパティシエたちの懐事情は一体どうなっているのか、気になるところですよね。今現在は会社員として働いている人の中にも、やっぱりパティシエへの道を諦めきれない!と

うどん屋の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

うどん屋さんはお子様からお年寄りまで幅広い世代に人気で、1人でも家族でも入りやすい親しみのある飲食店です。うどん屋の仕事をしてみたいなと思っても、どんな仕事をしているのかや、どんな人がうどん屋に向いているのかなど、気になる点も多いかと思います。そんなうどん屋の仕事や求人情報について、仕事の選び方や選ぶ際の注意点をご紹介していきたいと思います。うどん屋ではどんな仕事をするの?うどん屋の仕事は調理スタッフとホールスタッフがあり、それぞれ役割が違います。調理スタッフはうどんを茹でたり、出汁やトッピングを準備します。トッピングには揚げ物が多く、天ぷらやかき揚げなどを揚げていきます。お客さんが食べ終わっ

居酒屋の就職を成功させるには?やっておくべきこと、面接対策など、経験者が解説します!

「居酒屋で働いてる人ってみんな楽しそう! 私もバイトしてみようかな~」「でも忙しそうだし、私にできるかな?」居酒屋といえば定番のアルバイトですよね。また、正社員でも「未経験可」「やる気のある方大歓迎」などの門戸の広い求人が多く、気になる人も多いのではないでしょうか?そんな皆さんに向けて今回の記事では、居酒屋の仕事内容を中心に、居酒屋で就職するにはどうすればよいのか?などを居酒屋で3年間働いてきた筆者が徹底的に解説していきます。居酒屋の仕事はどんな仕事?「お客様に料理やドリンクを運んだりするんでしょ?」実は、お客様には見えないところで大変な仕事がたくさんあります。居酒屋では、おおまかに「キッチン

飲食コンサルタントの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

これから飲食コンサルタントの仕事を目指している方、転職をお考えの方、年収について非常に興味が有るかと思います。ここでは、飲食コンサルタントの年収についてご紹介させて頂きます。飲食コンサルタントの年収の相場はどのくらい?飲食店コンサルタントの年収は、個人のスキルは勿論の事、努める会社によっても様々ですし、個人で起業した場合は、仕事した分全てが収入に成りますので、相場は有って無い様なものです。どの様な形で飲食店のコンサルタントの仕事をしたとしても、その人のスキルにより大幅に年収が変わると言うのが、現状です。それだけに、毎日休まず10年働いたからと言って収入が上がる分けでなく、逆に勤務年数が短くても

和食求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

未経験OKの飲食店の仕事は、求人がたくさんあり応募しやすい仕事ですが、その種類は多岐にわたります。今回は、飲食店の中で和食料理店の仕事について紹介します。和食のお仕事にはどんなものがあるの?飲食店で勤務する場合、主にホールで働くかキッチンで働くかのどちらかの選択になります。ホールスタッフの場合は、和食料理店に限らず洋食店であってもイタリアンレストランであっても、基本的に仕事内容は同じです。朝出勤したら店舗の清掃をし、テーブルやイスのセットをしたりナフキンや爪楊枝を揃えて、お客様をお迎えする準備をします。そしてお客様が来店されたら元気に「いらっしゃいませ」とお声がけをし、お席に案内します。お水や

ピザデリバリーバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「友人を集めてホームパーティー」「悪天候で買い物に行くのが億劫」そんな時にみなさんも一度はピザデリバリーを注文した経験があるのではないでしょうか。比較的時給が高く、効率良く稼げるピザデリバリーバイトについてここでは解説していきます。ピザデリバリーバイトの大まかな仕事内容誰しもが街で一度は見かけた事のある、屋根付きの三輪原付きバイクが、ピザデリバリー用のバイクです。基本的にはこのバイクを運転して、注文を受けた商品をお客様の元に届けるのが主な仕事内容となります。そこまで注文の数が多くない通常時の仕事内容を一例として、実際の業務の流れは下記のようになります。1.主にインストアスタッフが電話やネットで

ピザ屋バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ピザは、日本の食卓シーンでもおなじみの料理となっており、人気の高い料理です。マルゲリータやシーフード、チキンなど、様々な種類があるのも魅力の一つです。ピザが好きな人は、あの良い匂いの中で働いてみたいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。そんな魅力溢れるピザ屋のバイト求人でよくある募集内容や、おすすめの求人内容などについて紹介をしていきます。ピザ屋バイトってどんな仕事?ピザ屋バイトの仕事は大きく分けて、店内でピザを作るインストア業務と、ピザをバイクで配達するデリバリー業務に分けられます。インストアとデリバリーで、給料は変わります。デリバリーの場合は、空き時間にチラシ配りを行うことがあり

ファミレスのキッチンバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

ファミリーレストランは気軽に行くことができる身近な飲食店ですよね。特に近年ではドリンクバーは当たり前、値段もお手頃で美味しい料理が食べられるというイメージです。そこで働いている人は、学生などの若いアルバイトの人や、長年いるベテランまで様々です。今回はそんな身近にあるファミリーレストランのキッチンでのバイトについてご紹介いたします!ファミレスのキッチンバイトの大まかな仕事内容ファミリーレストランのキッチンでは、お客様から注文をいただいた品物を作るお仕事です。食事の部門からデザート部門まで幅広く調理担当します。近年様々な大手チェーン店が増えてきましたが、殆どの調理場が半調理品の仕上げ作業という場合