「キツそう」「接客が大変そう」「労働時間が長そう」など、あまり良くないイメージが先行しがちな飲食業界。

大学生の4人に1人が就職したくない業種として飲食業を挙げたというデータもあります。

長時間労働や給料が安い、福利厚生がしっかりしていないなど、いわゆる「ブラック企業」として認定されてしまっている飲食業。

もちろんそんなお店だけではなく、しっかりと法律を守り従業員が安心して働ける環境のお店もあります。

労働環境の改善が叫ばれている中、飲食業界も徐々に変化してきています。

本当は料理や接客が好きなのに、これらの飲食業の悪いイメージに縛られて「やっぱり飲食は辞めよう」などと思っていませんか?

向いている人にとっては飲食業ほど自分が楽しみながら働ける仕事はありません!

こんなに毎日成長ややりがいを感じられる仕事は他にないと一生の仕事に飲食業を選ぶ人がいる一方、離職してしまう人も多いのが飲食の世界です。

飲食業の離職率は30パーセント前後と他業種に比べると飛び抜けて高くなっていますが、これは飲食業の「入職率の高さ」にも一因があります。

飲食業は学歴や職歴に関係なく多くの人に門戸を開いている職種です。

そのため安易に就職を決めて、現実を目の当たりにしてすぐに退職してしまう人が多いのも飲食業の特徴です。

しかし、「飲食業は誰にでもできる仕事」だというイメージがまず間違いだと私は思っています。

誰にでもできる仕事ではありませんし、飲食業で働く人たちは仕事に誇りを持っています。

そこで今回は、飲食業に向いている人の特徴や重宝されるであろうスタッフの特徴、また転職先を選ぶにあたって飲食業で培われた力を活かせる職種や具体的な仕事を紹介していきます!

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

飲食業とはどんな仕事?

飲食業とはどのような仕事なのか、ざっくりとご説明しましょう。

お客様に美味しい料理、お店自体のコンセプト、素敵な空間、そしてサービスを提供しその対価にお金をいただくという仕事です。

料理が美味しいというのは基本中の基本で、インテリアやお店の雰囲気、そしてホールスタッフのサービスが素晴らしいなどの付加価値が付けば、そのお店は沢山のお客様を呼ぶことができ流行りのお店となります。

お客様が大勢足を運んでくれるようになれば経営が安定し、経営が安定すれば従業員に還元され、従業員に還元され始めればモチベーションが上がり更に良い料理やサービスを提供できるようになる、というのが流行っているお店の好循環です。

飲食の大まかな仕事内容

飲食業の大まかな仕事内容を見ていきましょう。

飲食の仕事は大きく分けると料理を作るキッチンの仕事とサービスを担当するホールの仕事の二つです。

キッチンの仕事には調理技術はもちろん、新しい料理を作り商品化するクリエイティブな能力も必要になります。

調理の確かな知識を持ち、衛生管理に対する意識も高く保たなければなりません。

オーダーが入れば一定の品質を保ちつつ素早く調理をし、お店によってはそれを自らお客様の席まで運びます。

調理師に接客は必要ないと思われるかもしれませんが、料理を作る調理師と直接話をしたいというお客様も大勢いらっしゃいます。

調理師自身の接客スキルも必要となる場面は多くあるので、そのことを覚えておきましょう。

一方、ホールスタッフの仕事は何と言ってもサービスです。

お客様のご来店から退店まで全ての時間、気持ち良く過ごしていただき、またお店に足を運んでもらえるように完璧なサービスが求められます。

求めるサービスの質はお客様によって差があるのでそれを見抜き、お客様が期待する以上のサービスを提供する力が必要となります。

ホールスタッフは料理を運ぶだけが仕事ではなく、料理の素材や調理方法についてもお客様に訊かれたら答えなければなりません。

料理に関する深い知識も必要になるでしょう。

また、店長ともなると、普段の業務に加えて人を育て人材を管理する仕事も任されます。

スタッフの管理、シフトの作成や管理、アルバイトの募集、面接など他人とのコミュニケーションが重要となってきます。

また、売上の管理やお店の経理関係を任されることが多くなるでしょう。

勤続年数が上がるにつれて、「現場」の仕事ではなく人やお店の「管理」へと業務内容が変わっていきます。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

飲食が向いている人の11個の特徴とは?

飲食業は身近にあるため誰にでもできる仕事だと思われていますが、そうではありません。

飲食業を楽しめる人の特徴はいくつかあり、逆に向いていない人にとってはとても「キツい」仕事となってしまうのです。

ここでは飲食業に向いている人の特徴を、飲食業界経験10年以上の私が目撃した実際の例を交えながら見ていきましょう。

人とコミュニケーションを取るのが好きな人

飲食業で一番大切なことは、人とのコミュニケーションです。

コミュニケーションはお客様と従業員の間だけに発生するものではなく、従業員同士にとっても重要な意味を持ちます。

特にキッチンのスタッフには人見知りな性格であったり、自分の目の前の作業に集中してしまい周りが見えなくなってしまう人が少なくありません。

または調理師は調理だけをしていれば良い、そもそもコミュニケーションは必要ないと考えている人がいますが、それは大きな間違いと言っても過言ではありません。

飲食店での大量の調理はとても1人でこなせるものではなく、キッチンスタッフ同士は必ず協力し日々の仕事を行わなければなりません。

ホールスタッフ同士の関係もお店の雰囲気に大きく影響します。

実際に私が経験した職場の中で、オーナーがスタッフとのコミュニケーションを怠っていると感じるお店がありました。

オーナーと言えども一緒に現場に立っている以上、従業員との人間関係はとても大切です。

怠っていると言っても指導をしないというものではなく、従業員がミスをした際にどうしてそうなったのかの理由も聞かずに頭ごなしに叱りつけたり、忙しい時間帯に自分の思い通りに動けない従業員に対して必要以上に責めたりなど、側で見ていてとても辛くなる類のものでした。

一緒に働くスタッフの間にはいつも重苦しい空気が流れており、のびのびと仕事ができる環境ではありませんでした。

そのお店はやはり従業員の入れ替わりがとても激しく、長く勤めてくれる従業員が見つからず、人手が足りない時はオーナーの家族が助けに来るというのを繰り返していました。

私はオーナーとの付き合いが長く飲食業を始める前からの知り合いでしたのでできるだけフォローをしようと努めましたが、オーナーは全く聞く耳を持ちませんでした。

その後そのお店にはアルバイトと社員が一人もいなくなってしまい、人手が足りず経営ができなくなったのをきっかけに私も退職しました。

人間関係を上手く形成できない人は、オーナーになってもこの例のようにいつまでも躓いてしまいます。

このオーナーはチームで行う飲食業には向いていなかったと今でははっきりと分かります。

この場合はオーナーですから自業自得と言えますが、コミュニケーション不足な人材が従業員として働いている場合、経営者にとってそれはとても大きな損失となってしまいます。

お客様とのコミュニケーションはもちろん、従業員同士の関係も良好に保てる人が飲食業には特に向いているでしょう。

お客様の事を考えられる人

お客様にサービスをするのが好きな人、人に喜んでもらうのが好きな人は飲食業にとても向いています。

飲食サービスはある程度のマニュアルが用意されていますが、そのマニュアル通りのサービスに加えて更に自分で考えて動くことが必要になる場合があります。

例えばお子様連れのお客様のお食事をサポートすることがあったり、アレルギーのあるお客様へは料理を詳しく説明しておすすめをしたりとお客様によって接客を変えなければなりません。

マニュアル外のことはできません、と断るのは簡単ですが、それではお客様の心を掴むことはできないのです。

よく飲食業界では「自分がしてもらって嬉しい接客」を常に心がけるようにと言われます。

簡単そうに聞こえますが、特に忙しい時間帯となると細かいところにまで目が届かなくなってしまいます。

どのお客様へもご来店いただいた感謝の気持ちを忘れず、常に気を配りながらサービスができる人が向いていると言えるでしょう。

体力のある人

飲食業は立ち仕事である上に、店内を忙しく動き回る仕事でもあります。

声をかけられれば急いで移動し、一日に何度もキッチンとホールを行き来しなければなりません。

お店によっては階段の昇り降りなどもあるでしょう。

立ち仕事をしたことがないと、一日の労働にはとても耐えられません。

加えて飲食業の場合は労働時間が長い傾向にあるので、半日以上立ちっぱなしになることも珍しくありません。

キッチンでもホールでも重い食材を運んだり、何十枚というお皿を運んだりと体力の必要な業務が多々あります。

飲食業で働きたいけれど体力に自信のない人はまず体力作りから始めましょう。

食べることが好きな人

飲食業はキッチンでもホールでも食べることが好きな人が向いています。

様々な食材や料理に興味を持つことができ、家でも料理をすることが好きな人にとって飲食業はとても楽しい職場となります。

流行りの食べ物をいち早く試すことができたり、綺麗な盛り付けを家でも再現できたり、キッチンスタッフはプロの調理師の集まりであるため、料理について勉強できたりと食にまつわる良いことが沢山あります。

美味しい料理で幸せになれると考える人にはうってつけの仕事ですよ。

パートやアルバイトであっても料理に興味があり、本人のやる気さえあればキッチンでの仕事をさせてもらえることも良くあります。

特にパンやケーキなどを作ることのできる人はとても重宝されるでしょう。

実際に、料理教室でパン作りを習っていたアルバイトの主婦がお店のパン作りにアドバイスをするようになり、徐々にお店もパンを外注せずに済むようになっていき、最終的にはそのアルバイトの主導で「パンも全て自家製です」と言えるようになったお店を知っています。

そのアルバイトの方も料理教室で習った知識を活かすことができた上に、自分の趣味で作っていたパンがお客様に喜ばれるのはとても嬉しいと話していました。

食べること、作ることが好きな人にとっては知識と経験を大いに活かすことのできる場です。

将来は独立しようと考えている方

将来自分のお店を持ちたいと思っている人は飲食業に向いています。

確かに労働時間も長く給料も高いとは言えませんが、その分技術と知識が身につきます。

自分の腕一本で独立することができるのは大きな強みです。

辛い修行期間も将来のためだと思うことができる人は、飲食業を続けていくことができるでしょう。

最近は、将来は海外で働いてみたいと目標を掲げる人も多くなっています。

日本で仕事を何年か続けた後海外のお店に挑戦したいなど長期間目標を持ち続けられる人にとって、飲食業はとても魅力的な仕事です。

逆に、将来の独立は考えていないという人は飲食業にはあまり向きません。

最初は料理が好きで仕事をしていても、年齢が上がるに連れて労働条件や給与の面で折り合いがつかず違う業種へと転職する人が多いです。

将来独立を考えているなら、こちらの記事を参考に!

忙しい時間が好きな人

飲食店はお客様にゆっくりとお食事を楽しんでもらう場所ですが、スタッフの仕事はいつも山積みです。

キッチンスタッフはお客様が店内にいる時はオーダーに、いない時間は仕込みに追われます。

ホールスタッフもお客様の対応、電話応対、清掃と一日中休める時間はありません。

特にピーク時や繁忙期のホールスタッフの忙しさは目が回るほどです。

ゆっくりと自分のペースで仕事をするよりも仕事中は忙しく働きたい人には、とても向いている職種と言えるでしょう。

メンタル面で強い人

仕事はマイペースではいけませんが、メンタル面ではマイペースを保てる人が飲食業には向いています。

ご来店されるお客様の中には店員への態度が横暴であったり、お店に非がないことを問題視して事を大きくし謝罪を求めてくるいわゆる「悪質クレーマー」などが混じっています。

お店の料理や接客に問題があった場合のクレーム対応だけでも精神的にとても疲れてしまうのに、悪質なクレーマーや横暴なお客様と接することの疲労度は計り知れません。

そんなことをに一日中引きずっていては従業員自身にとっても良くありませんし、お店の雰囲気にも影響します。

過ぎたことは切り替えて、後に引きずらないメンタルの強さも求められます。

また感情が顔に出てしまう人、短気な人も飲食業には向いていません。

忙しい時間帯に仕事が重なることはよくあることで、いちいち腹を立てていては仕事になりませんしストレスを抱えてしまいます。

お客様に接する時はどれだけ忙しくても常に笑顔でなければならないし、従業員同士も礼儀を忘れてはなりません。

決して広くないキッチン内、店内で毎日顔を合わせるスタッフ同士の関係を良好に保てるメンタルの強さも必要になります。

人を育てるのが好きな人

新人の頃は自分が上司から仕事を教わる立場ですが、飲食業の場合自分が思っているよりも早く人を育てる仕事を任されることがあります。

部下を育てる力はチームで仕事をする飲食業にとって必要不可欠です。

どのように動けば周りの動きと噛み合うのか、マニュアルでは伝えきれない部分を根気良く教えることができる人が飲食の世界では良い上司となれるでしょう。

従業員やアルバイトがお店にとってもお客様にとっても良いスタッフとなるかは全てお店の教育にかかっています。

一昔前は、特にキッチン内は職人の世界であるため、雑用が新人の仕事だという考えの人が多かったのですが、人手不足の昨今ではキッチン希望で入社すれば最初から料理の仕事を覚えてもらうというスタイルが増えています。

今までのような「細かくは教えない」「見て学べ」という考え方では人が定着しにくく、そういった考え方は業界全体で見直されつつあります。

人を育てるというのは部下の為だけではなく、周囲からの自分自身への信頼にも繋がります。

人を育てる力は努力次第で身につけることができますので、今上司として働いている方にもぜひ意識してほしい力の一つです。

人のフォローができる人

周囲のフォローができる人もとても向いています。

視野を広く持ち、一緒に働いているスタッフが今どこで何をしているのか、次にどう動くのかを先読みしてフォローができる人や、仕事が追いついていないところにさっとフォローに入ることができる人は、飲食業の中で信頼を得やすいと言えるでしょう。

仕事が沢山ある中で目の前のことだけに集中してしまうタイプの人は、ホールスタッフだけでなくキッチンスタッフとしても周囲と上手くいかないでしょう。

自分の仕事をしながら周りへも関心を持つことができる人が飲食業には向いています。

レストランの店長候補の人材は、元々キッチンスタッフであってもホールでの仕事を任されることがとても多いです。

それは、店全体を見ながら困ったことがあればいつでもその部署へフォローに入れるように、という意味があります。

将来独立を目指す人や店長職に就きたいと思っている人は、オールマイティに仕事をこなす必要があるでしょう。

クリエイティブな人

飲食業のやりがいはいくつもありますが、中でも格別なのが自分で考えた料理をお店のメニューとして提供できることだと思います。

本や他のレストランなどで得たアイデアはもちろん、自分で考えた料理が何度も試作を重ねて形になっていくという経験は本当に格別です。

他業種で味わうことは難しい、素晴らしい経験となるでしょう。

お店によってはオーナーや先輩シェフのみならず、入社してすぐの新人にも新しい料理の考案を任せてくれるところもあるでしょう。

難しい業務になりますが、先輩たちからアドバイスをもらいながら仕上げた料理がお客様へ直接届けられ、料理の感想を聞くことができたり反応を見ることができるのは飲食業ならではです。

新しい物や珍しい食材を試すことに興味を持てたり、食の流行に敏感な人は飲食業に向いていますよ。

しかし、必ずしもクリエイティブな一面が必要になるわけではありません。

伝統を守り、古くから営業を続けている飲食店も多々あります。

これは同じ飲食業でもお店のスタイルによって求められる人材が変わると言えます。

新しいものが好きな人は、古くから続く日本料理店などよりもフレンチやイタリアン、またはカフェなどでの勤務が向いています。

伝統的な料理を学びたい人は、新進気鋭のレストランより古くから愛されてきたお店を選びましょう。

自分に合ったお店選びも、飲食業を続けていく上で大事な要素です。

数字に強い人

数字に強い、という要素も必要です。

飲食業は原価に対して販売価格を設定したり、売上に対しての適正な人件費を算出したり、とお店のデータを数字で表現することがとても多い業界です。

適当に計算していては、全く利益が上がらなかったり人件費や材料費がかかりすぎたり、といった事態にも陥りかねません。

経営について勉強をし、数字での管理ができる人は特に飲食業での独立に向いているでしょう。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

飲食のスキルを活かせる職種・仕事にはどんなものがある?

飲食の現場で培ったスキルを利用して転職しよう!と決めた場合、どのような仕事が向いているのでしょうか。

オススメの業種やそこで使えるスキルなどをご紹介していきましょう。

営業職

飲食業を経験していた人が転職先を探す場合、一番多いのが営業職だと言われています。

いわゆる一般消費者向けの「B to C」ビジネスであれば、その力を大いに発揮することができます。

会社の商品をお客様に売り込むことや、飲食業で培った接客スキルなど似ている部分が多いと言えるでしょう。

私の周りにも飲食業からの転職で営業職に就いた人は大勢います。

彼らの転職先は様々で、最初はその企業の大量の商品を覚えないといけなかったり、営業とはどういう仕事なのか分からず四苦八苦していた印象ですが、慣れてくると飲食店での接客経験がとても役に立つと話しています。

ホールの仕事をしていて、お客様と話をするのが好きだった人や商品を売り込むのが得意だという人は営業職を選ぶことをオススメします。

飲食以外の接客業・販売業

飲食店ホールの仕事をしていた人にとって、「物を売る」業種への転職はうってつけです。

アパレル、雑貨などの接客業やデパ地下での食品販売などはお手のものでしょう。

物を売るのではなく、エステや旅行業などサービスを売る仕事にも順応しやすいでしょう。

特にアパレルなどのお客様と話すのことの多い業種から飲食への転職、またその逆はとても多いです。

飲食業はサービスが基本になりますので、そこで働いていた経験を活かして良い販売員になれることでしょう。

ホテル業界

こちらも「おもてなし」を基本とした業種ですね。

ホールスタッフはやはりこのように、お客様をお迎えする業種への転職が有利です。

飲食業で鍛えたサービス力とExcelやWordなど少しパソコンのスキル、語学力などがあれば、ホテルのフロント業にも採用されやすくなるでしょう。

介護職

人とのコミュニケーションが重視される介護職は、飲食経験者にとって転職しやすい職業の一つとなります。

介護職も人手不足ですが、飲食業と比べると労働条件の良い会社が多く、転職しても給料が下がるということが少ないようです。

日本の介護職はこれからも需要が増え続けると考えられます。

介護職員の労働環境も更に改善されていくことでしょう。

未経験でも応募でき、働きながら資格取得を目指すことができるのも良い点です。

専門学校講師・料理教室講師

キッチンスタッフとして実績があり、教えることが好きであれば、専門学校や料理教室の講師などでも活躍できるでしょう。

飲食業と違い、決まった生徒に決まった時間教えることが仕事なので、自分の時間が確保しやすくなります。

また飲食業で調理をしていた経験を大いに活かすことができる業種でなので、忙しい飲食業では忘れがちな「料理が好きでやっていた」という気持ちを思い出すことができます。

料理教室で働きながら、もう一度飲食業界にチャレンジする方も少なくありません。

給食調理員

飲食業で働いていた人は、調理師免許を持っている人が多いでしょう。

そんな人にオススメなのが給食調理員の仕事です。

飲食店と違い接客はなく、売上を気にすることもありません。

調理の仕事の中では一番労働時間が守られており、休日も多いという声もあります。

必ず決まった時間に出社し決まった時間に料理を仕上げるといったルーティーンワークになりますが、料理が好きな人には良い転職先となるでしょう。

一方で衛生管理は飲食店よりも更に厳しく行われています。

子どもたちに提供する食事なので、アレルゲン除去などに対して細心の注意を払う必要があります。

飲食業でのアレルギー管理は、基本的にはお客様から申告があった場合に応える形になり、お客様ご自身で選んでいただくことが多いですが、学校給食では普通給食・アレルゲン除去給食のそれぞれの情報を学校側から各家庭へ伝えてもらい、各家庭に判断してもらうことになります。

アレルギー除去食のメニュー作りではアレルゲンを除去しつつ、栄養面でも過不足のないよう調理師は栄養士と連携して仕事をしていくことになります。

アレルギーは命に関わることもある重大な問題です。

普通給食だけでなくアレルゲン除去給食を作る責任と覚悟を持って転職をしましょう。

介護施設での調理師

調理師免許を活かせる仕事として、介護施設や病院内での調理業務が挙げられます。

介護施設での調理師は食べる人に合わせた調理法の知識が必要となる職種ですが、飲食業を経験していた人にとってはそれほど骨の折れる調理ではないでしょう。

食事の提供をしている介護施設は増え続けている上に、その施設には調理師を配置しなければならないと決まっていることもあり、介護施設での調理師の仕事は今後も需要の高い職業と言えます。

こちらも栄養士が在籍していることが多く、調理師は料理に集中することができます。

仕事内容は飲食業と大きな差はなく、買い出しや材料の発注業務、調理、盛り付けなどです。

朝食から夕食まで全て数が決まっているので、準備をしておけば慌てずに提供することができるでしょう。

調理は好きだけれど飲食業の慌ただしさが合わなかったという人や長時間の労働が体力的に無理があるといった人は、介護施設の調理員を目指してはいかがでしょうか。

これから飲食の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

飲食業の良いところ、悪いところも理解した上でやはり飲食業を経験してみたい!

そう思っていただけた人へ、飲食業で就職するためのコツや必要な資格、スキルなどをご紹介しましょう。

飲食の仕事で就職するために

飲食業で就職するために、まずは職場探しから始めましょう。

飲食業の求人募集はかなりの数があるので、その中から自分に合った会社を選びます。

全くの未経験でも応募できるのが飲食求人の良いところです。

労働条件には必ず目を通し、納得の行く求人を探しましょう。

個人的には企業母体が他業種の案件がオススメです。

他業種が母体となっている場合、飲食業界にありがちないわゆる「体育会系」のお店である可能性は少ないでしょう。

労働環境も良い場合が多く、労働環境の良い職場は人間関係も良好で良い人材が集まっています。

また、長時間労働に耐えてでも知識や技術を手に入れたい場合は個人店がオススメです。

経営者や現場で指揮をとるシェフとの距離が近く、分からないことや迷った時にはすぐに指示を仰ぐことができるでしょう。

覚悟が必要なことは確かですが、その分リターンも大きいと言えます。

資格は必要?

飲食業に就くために特別な資格は必要ありません。

調理師免許は調理員として働き出して2年経過後か、専門学校を卒業するかのどちらかで受験資格が得られます。

働きながら調理師免許取得を目指すこともできます。

調理師免許を持っていると転職の際有利になるので、取得することをオススメします。

また、飲食業界の中でもケーキ屋やカフェでの就職を目指す場合は、「製菓衛生師」や「菓子製造技能士」の資格を持っていれば一定の技術の証明にもなります。

こちらも働きながら受験資格を得ることができるので、まずは現場で飲食業を体験すると良いでしょう。

必要なスキルや経験は?

未経験からでも始められる案件が多いので、特別な経験やスキルは必要ありません。

学生時代のアルバイトであっても接客経験があれば大いに活かすことができるでしょう。

また、現在他業種で営業などをしている人は、入社後すぐにホール業務で活躍できるでしょう。

未経験から飲食業での調理師を目指す人は、家での調理経験も役に立ちます。

料理が好きであること、何よりもその気持ちが大切です。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回は、飲食業が向いている人の特徴を中心にお話をしました。

飲食業が誰にでもできる簡単な仕事ではない、ということが少しでもご理解いただけたでしょうか。

「好きだから続けられる」職種の筆頭であると言っても過言ではない飲食業。

精神面で辛いことや体力的にキツいことも多い職種ではありますが、飲食業をやっていて良かったと感じられる経験もとても多いのが特徴です。

あなたも、思い切って飲食業へ転職してみませんか。

今までの仕事とは少し違う、成長を感じられる毎日を過ごせることでしょう。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  飲食の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  飲食の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
飲食店に特化した転職支援サービスです。外食特化の転職エージェントでは業界トップクラス! 公式サイト 公式サイト
自分らしい働き方で仕事を探せる!他とは違う「自分らしい」「やりがいがある」仕事を見つけたいなら。 公式サイト 公式サイト


関連キーワード

飲食求人

飲食求人についてもっと深堀りした情報を見る

ピザ屋の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

ピザはイタリア料理ですが、日本人にも大変人気のある料理です。そんな日本人に人気のピザですが、自宅で食べる場合、皆さんはどこでピザを購入するでしょうか。スーパーやパン屋などで購入することもできますが、ピザ屋で購入をする人も多いでしょう。では、普段ピザを購入するピザ屋では、一体どんな仕事をしているのでしょうか。知られざる仕事内容について紹介をしていきます。ピザ屋の大まかな仕事内容ピザ屋の仕事内容は、大きく分けて二つに分けられます。一つ目は、店内でピザを調理する仕事です。二つ目は、調理してできあがったピザを配達する仕事です。ピザ屋は、どの店もこの基本的な仕事の流れで経営を行っています。ピザ屋の仕事は

名古屋の飲食店求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気なお店・エリア・年収相場を解説します

日本を代表する大都市の一つ、名古屋にはあまり知られていませんが、東海地方の名物が集結するグルメの街としての顔もあります。日本でグルメというと大阪、福岡、北海道などの名前が上がりますが、実は名古屋もグルメの豊富な都市です。グルメが豊富ということはそれだけ飲食店が豊富ということです。飲食店が豊富だと当然ですが、求人も豊富にあります。名古屋は、愛知県の玄関口である名古屋駅があり、在来線や新幹線が停車するため、地方や都市部から人が多く行き交います。また、名古屋独自で発展した繁華街も多くあるため、昼夜賑わいのある飲食エリアも存在しています。今回は、名古屋の飲食店求人にスポットをあてて名古屋の飲食店求人に

ケーキ屋の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための注意点

ケーキ店で働いているけれど最近なんだかマンネリ気味という方、ここ数年ステップアップのことを考えているという方、そろそろ転職の時期かもしれませんね。私は20年近くケーキ店でパティシエとして働いて来ましたが、パティシエという職業は何度か転職をして色んなお店を見てこそ力が付くと言う一面が大いにあると感じています。一般のオフィス勤めであれば転職回数はとても重要視されますが、パティシエは極端に短い期間の転職をのぞけば回数はマイナスポイントにはなりません。今回は、ケーキ店で働くパティシエたちの転職事情をいろんな角度からご紹介して行きましょう。本当に転職して良い?パティシエが転職を考えるタイミングとはパティ

ケーキ屋の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

特別な技術を必要とするパティシエという仕事。子どもたちの将来なりたい職業ランキングでも常に上位に入っている、華やかで明るい印象の世界です。パティシエたちは日々切磋琢磨しながら新しいケーキを生み出し、私達の生活を彩るケーキを製造しています。とても明るく素敵な世界に見えますが、実は忍耐とたゆまぬ努力が必要な世界。オフィス勤務に比べると体力も必要ですし、労働時間もとても長く覚悟がないと働き続けられない厳しい世界です。そんな修行を乗り越えて活躍するパティシエたちの懐事情は一体どうなっているのか、気になるところですよね。今現在は会社員として働いている人の中にも、やっぱりパティシエへの道を諦めきれない!と

うどん屋の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

うどん屋さんはお子様からお年寄りまで幅広い世代に人気で、1人でも家族でも入りやすい親しみのある飲食店です。うどん屋の仕事をしてみたいなと思っても、どんな仕事をしているのかや、どんな人がうどん屋に向いているのかなど、気になる点も多いかと思います。そんなうどん屋の仕事や求人情報について、仕事の選び方や選ぶ際の注意点をご紹介していきたいと思います。うどん屋ではどんな仕事をするの?うどん屋の仕事は調理スタッフとホールスタッフがあり、それぞれ役割が違います。調理スタッフはうどんを茹でたり、出汁やトッピングを準備します。トッピングには揚げ物が多く、天ぷらやかき揚げなどを揚げていきます。お客さんが食べ終わっ

宅配寿司求人の時給や募集内容、おすすめ求人の4個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説

宅配寿司をやってみたいなと思っている人にとって貴重なお話をご紹介!宅配寿司求人はどのような仕事で、どんな職種があるのか、どのような人を求めているのか、気になりませんか?お仕事に慣れることで大幅な時給アップも図れたりすることができるお仕事です!美味しいお寿司を提供することができる、宅配することで多くの笑顔を見ることができる、宅配寿司アルバイトについて、宅配寿司でアルバイトしたことのある筆者が細かく解説します!宅配寿司の大まかな仕事内容宅配寿司ってどんな仕事をするのか、気になる方もいるでしょう。そんな方のために簡単にご説明します。大きく分けると、「メイク」「デリバリー」「店長」の三つにお仕事内容・

居酒屋の就職を成功させるには?やっておくべきこと、面接対策など、経験者が解説します!

「居酒屋で働いてる人ってみんな楽しそう! 私もバイトしてみようかな~」「でも忙しそうだし、私にできるかな?」居酒屋といえば定番のアルバイトですよね。また、正社員でも「未経験可」「やる気のある方大歓迎」などの門戸の広い求人が多く、気になる人も多いのではないでしょうか?そんな皆さんに向けて今回の記事では、居酒屋の仕事内容を中心に、居酒屋で就職するにはどうすればよいのか?などを居酒屋で3年間働いてきた筆者が徹底的に解説していきます。居酒屋の仕事はどんな仕事?「お客様に料理やドリンクを運んだりするんでしょ?」実は、お客様には見えないところで大変な仕事がたくさんあります。居酒屋では、おおまかに「キッチン

飲食コンサルタントの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

これから飲食コンサルタントの仕事を目指している方、転職をお考えの方、年収について非常に興味が有るかと思います。ここでは、飲食コンサルタントの年収についてご紹介させて頂きます。飲食コンサルタントの年収の相場はどのくらい?飲食店コンサルタントの年収は、個人のスキルは勿論の事、努める会社によっても様々ですし、個人で起業した場合は、仕事した分全てが収入に成りますので、相場は有って無い様なものです。どの様な形で飲食店のコンサルタントの仕事をしたとしても、その人のスキルにより大幅に年収が変わると言うのが、現状です。それだけに、毎日休まず10年働いたからと言って収入が上がる分けでなく、逆に勤務年数が短くても

和食配膳が向いている人の3個の特徴や必要なスキル・適正とは?

アルバイトを始める場合、一番やりやすそうで募集が多いアルバイトといえば、飲食店ではないでしょうか。でも飲食店とひとくくりに言っても、様々な場所での仕事があります。できた料理を配膳する仕事であれば、ファミリーレストランやファーストフード店もあれば、居酒屋やホテルなどもよく似た仕事です。一度働いた経験があれば、次の職場でも経験を活かすことのできる仕事ですが、職場が変わると仕事の仕方も全く変わってきます。今回は、和食料理屋さんで配膳の仕事をするスタッフにスポットを当てて、紹介していきます。和食配膳はどんな仕事?和食配膳の仕事は、和食料理屋さんでお客様が気持ちよく料理を満喫できるように、おもてなしをす

和食求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

未経験OKの飲食店の仕事は、求人がたくさんあり応募しやすい仕事ですが、その種類は多岐にわたります。今回は、飲食店の中で和食料理店の仕事について紹介します。和食のお仕事にはどんなものがあるの?飲食店で勤務する場合、主にホールで働くかキッチンで働くかのどちらかの選択になります。ホールスタッフの場合は、和食料理店に限らず洋食店であってもイタリアンレストランであっても、基本的に仕事内容は同じです。朝出勤したら店舗の清掃をし、テーブルやイスのセットをしたりナフキンや爪楊枝を揃えて、お客様をお迎えする準備をします。そしてお客様が来店されたら元気に「いらっしゃいませ」とお声がけをし、お席に案内します。お水や

ホールスタッフの仕事内容14個の業務。経験者が教えます!

レストランや喫茶店などの飲食店で働くホールスタッフは、どのような仕事をしているか知っていますか?注文を取って出来上がった商品をお客様に渡す、レジで会計するという流れが、お客の立場からでも垣間見れる仕事ですね。ホールスタッフが行っている裏方の仕事はなかなか目に見えないものです。そこで、ホールスタッフの仕事内容について掘り下げ、詳しく紹介していきます。ホールスタッフの大まかな仕事内容は?お客様と一番接する機会が多いのがホールスタッフです。お店の印象は料理の美味しさもありますが、スタッフの印象も随分多くあります。来店から帰るまで、お客様に心地良いひと時を過ごしてもらうために、十分な気配りをしながら業

回転寿司の仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

今ではお手頃に食べれるようになった回転寿司屋さん。皆さんもよく行かれると思います。100円均一からお皿の色でお値段が変わる本格的なにぎりたてのお寿司を提供する回転寿司屋さんもあります。今回はそんな回転寿司屋さんでは、実際どのようなお仕事をされてるのか、仕事内容をいくつかをピックアップして、わかりやすくお話したいと思います。回転寿司の仕事の大まかな内容は?やはり、回転寿司と言えど、お寿司を提供する場ですので、お寿司を作るスタッフ、仕込みをするスタッフ、サイドメニューを用意するスタッフなどキッチンの中やホールと言われるお客様がお座りになっているお席の周りで、遅れてるお寿司やレーンに流せない商品、ド

ピザデリバリーバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「友人を集めてホームパーティー」「悪天候で買い物に行くのが億劫」そんな時にみなさんも一度はピザデリバリーを注文した経験があるのではないでしょうか。比較的時給が高く、効率良く稼げるピザデリバリーバイトについてここでは解説していきます。ピザデリバリーバイトの大まかな仕事内容誰しもが街で一度は見かけた事のある、屋根付きの三輪原付きバイクが、ピザデリバリー用のバイクです。基本的にはこのバイクを運転して、注文を受けた商品をお客様の元に届けるのが主な仕事内容となります。そこまで注文の数が多くない通常時の仕事内容を一例として、実際の業務の流れは下記のようになります。1.主にインストアスタッフが電話やネットで

ピザ屋バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ピザは、日本の食卓シーンでもおなじみの料理となっており、人気の高い料理です。マルゲリータやシーフード、チキンなど、様々な種類があるのも魅力の一つです。ピザが好きな人は、あの良い匂いの中で働いてみたいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。そんな魅力溢れるピザ屋のバイト求人でよくある募集内容や、おすすめの求人内容などについて紹介をしていきます。ピザ屋バイトってどんな仕事?ピザ屋バイトの仕事は大きく分けて、店内でピザを作るインストア業務と、ピザをバイクで配達するデリバリー業務に分けられます。インストアとデリバリーで、給料は変わります。デリバリーの場合は、空き時間にチラシ配りを行うことがあり

ファミレスのキッチンバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

ファミリーレストランは気軽に行くことができる身近な飲食店ですよね。特に近年ではドリンクバーは当たり前、値段もお手頃で美味しい料理が食べられるというイメージです。そこで働いている人は、学生などの若いアルバイトの人や、長年いるベテランまで様々です。今回はそんな身近にあるファミリーレストランのキッチンでのバイトについてご紹介いたします!ファミレスのキッチンバイトの大まかな仕事内容ファミリーレストランのキッチンでは、お客様から注文をいただいた品物を作るお仕事です。食事の部門からデザート部門まで幅広く調理担当します。近年様々な大手チェーン店が増えてきましたが、殆どの調理場が半調理品の仕上げ作業という場合

飲食店のホールの仕事のコツとは?失敗談も交えて、3年働いた私が解説します!

外食をしたことはきっと誰にでもあると思います。その時、接客していた店員さんは素敵でしたか?イマイチと思う部分はありましたか?お店の食事がとても美味しくても、店員の動作が乱暴だったり素っ気なくされると同じお店にまた行きたいとは思えなくなってしまいます。そんな「接客業と言えば」の代表のような飲食店のホールの仕事やコツについて解説します。飲食店のホールの仕事内容まず、レストランに入るところから想像してみましょう。「いらっしゃいませ、何名様でいらっしゃいますか?」「お席にご案内いたします」「メニューがお決まりの頃、お伺いします」など、お客様が店に入って食事をして外へ出るまでの全てを案内するのが、飲食店

牛丼屋求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

街によくある牛丼屋。あれだけの速さでご飯が出てくるのは、牛丼屋ならではと思います。そんな牛丼屋で働くにはどうしたらよいのでしょうか?アルバイト、正社員含めて牛丼屋求人について解説をしていきます。牛丼屋の仕事ってどんな仕事?牛丼屋はファーストフードに分類される飯屋です。24時間365日休まないお店です。その中では、牛丼や定食類を作ったり、仕込みをする「キッチン」、お客様に提供し、食器類を片付け、テイクアウト用の品を揃える「ホール」大まかにはこの二つの役割から仕事が成立します。キッチンは、牛丼のお肉の煮込み、ご飯炊き、サラダや、定食、トッピングなどの仕込みや、配送された食材を冷蔵庫にしまう作業も行

ウェイトレスの仕事内容3個の業務。経験者が教えます!

レストランのウェイトレスの仕事内容って、なんとなく分かるけどどこまでが役割なんだろうって思いますよね。レストランのウェイトレスの仕事内容を、これから順に紹介していきますね。ウェイトレスの仕事は大きく3個の役割に分けられるキッチンキッチンでの主な役割は、シェフのアシスタントの役割です。お客様にお出しする料理を作るのがシェフなら、お客様にお出し出来る様に整えるのがウェイトレスです。コースであれば、前菜の盛り付け、お味噌汁やライスの用意、お漬物や小皿料理の用意などがあります。お店によっては、サラダの下ごしらえやお漬物の用意、お味噌汁の具材の用意など簡単な仕込みがある場合があります。ホールこちらはもう

ドーナツ屋バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ドーナツ屋のアルバイトは学生や主婦にも人気があり、求人のチラシや広告にも載っていることが多い職業です。自分でも働くことができるか、どのようにドーナツを作っているのか等気になることも沢山あると思うので、ドーナツ屋のアルバイトの仕事内容や疑問について答えていきたいと思います。ドーナツ屋バイトにはどんな仕事があるの?ドーナツ屋はドーナツを作る以外にも接客や開店、閉店後の掃除等しないといけないことが沢山あるので詳しい仕事内容を紹介していきたいと思います。ドーナツのコーティングドーナツにチョコレートをコーティングやシュガーをまぶす仕事になります。こちらの仕事はキッチンに入ると一番初めに教わる仕事になりま

居酒屋バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

あなたは、「バイト」と聞いてどのような仕事を思い浮かべますか?まずほとんどの方が思い浮かぶのが居酒屋ではないでしょうか。大学時代、4年間居酒屋バイトをしていた私が居酒屋バイトの時給をメインにご紹介。居酒屋バイトを検討しているあなた!参考にしてみてはいかがでしょうか。居酒屋バイトの給料の相場はどのくらい?居酒屋バイトの給料相場は、そのお店の形態や種類、もちろん地域によって異なります。例えば、私が働いていた居酒屋は個人経営店だったので昇給等のマニュアルはなく、日々の頑張りを時給に反映させる、というような時給の決まり方でした。もちろん基本給はありますが、店長に「時給を上げてほしい」との旨を伝える機会

ラーメン屋求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老若男女問わず人気の国民食であるラーメン、店に何度も食べに行く人も多いのではないでしょうか。店内に入ると、活気のある声が響き渡りおいしそうな匂いもしてきて、期待に胸を膨らませてラーメンが出てくるのを心待ちにしている人もいるでしょう。ラーメンを通してワクワク感や幸せを提供してくれるラーメン屋ですが、従業員になって提供する側になってみたいと感じたことはないでしょうか。ラーメン屋のおすすめ求人ポイントや、募集内容について紹介をしていきます。ラーメン屋求人にはどんな仕事があるの?ラーメン屋の仕事内容は、大きく分けて調理担当と接客担当の二種類となります。そのため、ラーメン屋の求人についても、この二種類の

ファミレス求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

学生の方や主婦の方、更にはシルバーの方など、ファミレスは採用の枠が広く、またシフトがかなり融通が効くこともあり、人気のアルバイトです。また、正社員や契約社員の求人も他業種と比較して多いのも魅力の一つで、就職や転職の選択肢として検討されている方も多いのではないでしょうか。働き先としてファミレスは大変魅力的ですが、経験のない方には募集内容やわからないことなどたくさんあるでしょう。そこで、今回はファミレス求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します。ファミレスの仕事内容とは?実際に、どんな仕事があるのか気になりますよね。それでは、まず最初にファミレスの仕事内容につい

大阪の喫茶店バイト求人で人気なお店・エリアや時給相場を解説します

喫茶店のバイトというとあまり最近は馴染みがないかもしれません。特に若い世代には喫茶店というよりカフェとしての認識が浸透していると思います。ところで喫茶店とカフェって違うのでしょうか?ほとんどの人が、喫茶店を英語で訳したらカフェだから一緒ではないかと思っているかもしれません。確かに営業業態はそこまで差はありません。ただ、実は、飲食店として営業していくには食品営業許可が必要なのですが、喫茶店とカフェではこの食品営業許可が違います。カフェは、イメージとしてサンドイッチなどの軽食とコーヒー・紅茶と思うかもしれませんが、最近のカフェは、例えば、タリーズでパスタが提供されたり、スターバックスではお酒が飲め

京都カフェ求人の特徴や、人気なエリア・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

京都といえば、古き良き日本をイメージする人が多いかと思います。観光地で有名な清水寺や金閣寺、八坂神社、祇園、四条や三条などがあります。そんな京都は、街の至るとろこにカフェがあります。古い喫茶店やモダンなカフェ、日本人にも外国人にも人気の高いカフェは町家を改装したものがあります。意外にカフェの多い京都では、カフェの仕事が多く、学生を中心に人気だったりします。また、外国人が多いため、外国語を使って仕事ができるので京都だけでなく隣の大阪からバイトをしにくる人も少なくありません。今回は、京都のカフェ事情や京都のカフェ求人について紹介します。京都のカフェで仕事をしてみたいと思っている人や興味がある人はぜ

うどん屋求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アルバイトで一番需要が高く、近年時給争い担っているのが「飲食店」。その中でも人気なバイトが居酒屋ですが、夜には働きたくないなぁという学生さんに一定数需要があるのが、レストランや定食屋などの日中に動く飲食店かと思います。私も夜遅く働きたくない、でも土日は暇だからその時間に働きたい、と思い昼間忙しい飲食店のバイトに応募しました。そんな私が選んだのが「うどん屋」。地場チェーンである程度お店は繁盛し、土日のアルバイターを求めていたので応募に至りました。ただ日中の飲食店の時給はさほど高くないのが前提!でもかなり楽しく働けますよ!私の経験を元にうどん屋求人のお仕事についてお伝えします!うどん屋のおおまかな

ウェイターバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の4個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

ウェイターには様々な種類があります。レストランだけでなく、披露宴やパーティーのウェイターもあります。結婚式といえば人生最高の日とも言われ、一生に残る感動の場です。人生で一度は体験してみたいですよね!披露宴でのウェイターバイトをすれば、貴方も感動の場に参加することが出来ます!そんな披露宴ウェイターバイトを中心に、時給や募集要項、おすすめの求人4個の特徴。向き不向きな人、やりがいなどをすべて解説します!ウェイターのおおまかな仕事内容結婚式の流れをご存知でしょうか?ウェイターに関連する基本的な流れを完結に説明すると、【新郎新婦入場】→【乾杯】→【食事と歓談】→【余興】→【謝辞】→【退場】と、なってお

サンドイッチ店求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

サンドイッチの店舗はサブウェイを中心に日本でも浸透してきました。手軽に食べれる、さっと食事を済ませれるとかあんまり多くの食事を取れないけど何か食べたいなんて時にコンビニやサンドイッチ屋でサンドイッチを購入する人も少なくないと思います。一方でサンドイッチのお店の仕事内容はあまり知られていません。サンドイッチを作ると一言で言ってしまえばそれまでですが、サンドイッチを作るにも色々と仕事内容が分かれていたりします。現在日本にあるサンドイッチのお店は、従来の食パンに具材を挟んで四角や三角に切って店頭に並べるタイプのお店とサブウェイのようにコッペパンのようなパンに具材を挟むお店とほぼ二つに分かれます。店舗

飲食店長の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するためにやっておくべき3個のこと

外食産業で拡大の一途を辿る飲食店は店長でお店の雰囲気、従業員や商品の質が変わります。ここでは、そんな飲食店の店長の転職について取り上げ、成功するために狙い目な会社の特徴と上手に転職するためにやっておくべきことをご紹介します。飲食店長の転職で注意したほうが良い3個のこと飲食店の店長は注意しなければならないことがたくさんあります。ここでは、数ある注意点の中でも十分気を付けなければならない項目についてご紹介いたします。転職した途端に売上が急激に下がることがないようにする飲食店では店長が変わった途端、売上が急落するケースが少なくありません。原因としては、「味が変わる」、「雰囲気が変わる」、「従業員が入

ドーナツ屋のアルバイトをやって良かった3個のこと。そのメリットや、そこで身に付いた力を紹介!

沢山のドーナツ屋があり、アルバイトとして働く方も多く人気のある職業です。ドーナツ屋さんで働いたメリットや働いて身につくスキルの紹介や、どのようなドーナツ屋で働くべきかを紹介したいと思います。ドーナツ屋のアルバイトをやって良かった3個のこととは?ドーナツ屋さんで働いていると良かったと思えることも沢山あります。どのような時に良かったと感じるか等を紹介したいと思います。アルバイトの幅が増えるドーナツ屋はチェーン店も多く、チョココーティングのやり方やクリームの絞り方等、一度覚えてしまうとどこの職場でも通用することが多いです。ドーナツ屋で働いた経験を活かしパン屋さん等で働く方も多いです。就職活動の際に良

洗い場求人でよくある募集内容や仕事の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ホテル業界の縁の下の力持ちとして、大きな役割を担っているのがホテルの洗い場のお仕事!夏休みや長期休みを利用したアルバイトといったイメージが定着していますが、実は非常に奥が深い仕事です。洗い場の仕事効率がそのままホテルの営業成績に大きく影響を及ぼすということが、ホテル業界の中ではとても重要視されていることを知っている人はなかなかいないのではないでしょうか?そして、通称洗い場のエキスパートと称され、“専属の正規社員”がいるという事実も意外と知られていない事実かもしれません。今回は、そんな洗い場求人でよくある募集内容や仕事の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説していきます!洗い場の

ファミレス正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ファミレスでの仕事と言うと、きついというイメージを持っている方も多いかもしれません。しかし、実際にはお客様が食事をする時間を通して接客できるため、良いこともダイレクトに伝えていただけるお仕事です。特に正社員となり、店長としてお店を任されるようになると、普通の会社員とは違い、主体的にお店を運営することができます。ここでは、ただ机に向かうだけではない、ファミレス正社員の魅力をご紹介します。ファミレスの仕事はどんな仕事?ファミレスの仕事は、主に「ホール」と「キッチン」に分かれています。「ホール」は、お客様が食事をするスペースでの仕事を指し、席へのご案内から、注文受け、食事の提供、お会計とテーブルの後

飲食業界の転職エージェントでおすすめな会社7選とその理由・エージェントを使うメリットとは?

飲食業界で転職を考えているあなた、どのような方法で転職活動を始めていますか?求人サイトやハローワーク、転職エージェントなどを使う人が多いですよね。でも、飲食業界で転職をするなら転職エージェントを利用するのが一番です。飲食業界は労働時間が不規則だったり、休日があまりとれなかったり、離職率が高い職場だったり、あまりよくない労働環境の会社もありますよね。それを求人や面接で判断するのはとても難しいです。転職エージェントなら、業界独自の情報やその会社の情報が詳しくありますので、入社してから「こんなはずじゃなかった!」という失敗を防ぐことができます。今回は飲食業界で転職するにあたってのおすすめの転職エージ

ベーカリーへの転職を考えてる人はチェック!ベーカリーが働いて欲しいスタッフはどんな人?

ベーカリーの仕事と聞いてどんなことをイメージしますか?パンに囲まれた職場ですか?それとも朝が大変なイメージですか?ベーカリーの仕事と聞くとほとんどの人は、当然ですがパンや朝が早い、女性が多い職場、厳しい仕事のイメージではないかと思います。ベーカリーの仕事は、華やかなイメージがあったり、おしゃれな店内やおしゃれなパンがあるので憧れる人も少なくありません。事実、ドラマや映画などで見るベーカリーはすごくおしゃれに見えます。ただ、実際にどういった仕事があるのかについてはあまり詳しく知っている人はいないかもしれません。朝が早いからベーカリーは向いていないとか、手先が器用じゃないからベーカリーの仕事は務ま

飲食店の仕事はつらいと感じる人の7個の理由と事前につらい職場を見抜く方法とは?

現在、飲食店で働いていて毎日つらいなぁと嘆いている多くの方々。その気持ち、分からないでもないですよ。筆者も元々飲食店で雇われながら生活をしてきましたので、充分理解出来ます。そんな飲食店で働いていて「つらい」と感じる理由を解説していきながら、今後飲食店で働こうと考えている人へ失敗しない飲食店選びに関するアドバイスを送っていきたいと思っています。飲食店がつらいと感じる原因や根本は基本的にどこも同じです。そういったことに対してどう対処していけばいいのか、必見の内容となっております。飲食店のおおまかな仕事内容飲食店では基本的にホールとキッチンの2つに仕事が分けられます。そうした中で悩みというのはほとん

イタリアンレストランの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

求人などを見てこれから仕事を始めようとしている方は沢山いると思います。興味がありやってみたい仕事に応募する時、「この仕事は私に向いているかな?」「未経験だけど大丈夫かな?」と不安ですよね。今回は人気のイタリアンレストランの仕事について解説していきます。イタリアンレストランの仕事には、どんな仕事がある?レストランなので、大まかに言うと「ホール」と「コック」に分かれます。ホールは給仕係で、お客様へ料理を運んだり注文を伺ったりするのが主な仕事です。コックは調理担当となり、注文を受けた料理を調理して提供をします。雇用形態別の大まかな仕事内容や役割主な募集形態は正社員とパート・アルバイトです。正社員正社

レストランの転職を成功させるために!狙い目な会社の特徴と上手に転職するための3個の注意点

これから飲食業界のレストラン勤務に初めて挑戦する方や、すでに働いていて別のレストランに転職したいと考えている方々へ向けて、転職に関する注意ポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。また、良い転職先の条件や上手な転職方法も解説していきます。必見の情報ばかりですので、ぜひチェックしていってくださいね。レストランの転職で注意したほうが良い3個のこと給与や役職はリセットされる今まで働いてきた実績を見られますが、あなたの実力までは慮ってはくれません。そうしたときに給与や役職などはリセットされる傾向にありますので、ご注意ください。ただし、引き抜きやヘッドハンティングのような形で話を持ちかけてくれてい

カフェアルバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

求人媒体で多く見かけるのが飲食店のアルバイトです。幅広い年齢層で募集しているので、学生さんや主婦の方も働きやすいですよね。「週2日から」など少ない日数でも働けたり、シフトが2週間毎の提出だったりと融通が利くところも嬉しいポイントです。中でもカフェのアルバイトは若い人たちに大人気です。制服や賄いなども気になりますよね。話題のスポットの近くやお洒落なカフェで一度は働いてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。今回は、カフェで働くために必要なスキルや時給などをお伝えします。カフェのアルバイトの給料の相場はどのくらい?カフェのアルバイトは、時給が安いイメージがありませんか。確かにレストランやダ

焼肉屋の仕事はどんな人に向いている?得意な人の特徴などを解説!

今、焼肉屋の仕事に興味を持っている人や、何か仕事を始めたいなと思っている人はいませんか?今回はそんな人たち必見!焼肉屋の仕事はどんな人に向いているか、また得意な人の特徴について詳しく解説していきます。何か自分に当てはまるものがあったり、ピンとくるものがあればあなたは焼肉屋での仕事に向いているのかもしれません。自分が焼肉屋での仕事に向いているかどうかチェックしてみてください。焼肉屋の仕事はどんな仕事?まず初めに焼肉屋での仕事とはどういったものなのか、簡単にお話ししていきます。焼肉屋での仕事はだいたい大きく分けて5つに分かれています。レジ、ウェイトレス、キッチン、ドリンカー、洗い場。この5つの仕事

ベーカリー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ベーカリーやパティシエの仕事を、正社員として働いてみたいと考えている人や憧れている人は少なくありません。毎年小学生のなりたい仕事では、パティシエやブーランジェリーはランクインしています。ただ、正社員として働いてみたいと思っても、アルバイト経験がないのにいきなり正社員で働かせてもらえるかどうか不安ですし、アルバイトでベーカリーの仕事をしたことない人にとっては、どういう業務があるかわかりません。ベーカリーで働くイメージは、朝早くてしんどい、体育会系や立ち仕事といったところかと思います。今回は、ベーカリーの正社員としての仕事内容を紹介としたいと思います。アルバイト経験はないけれど、ベーカリーの仕事に

寿司屋アルバイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

元気で明るいイメージのお寿司屋さん。リーズナブルな100円寿司や高級なカウンターのお寿司など一口にお寿司屋さんといっても色々なお寿司屋さんがありますよね。そんなお寿司屋さんのアルバイトの仕事をご紹介します。私はこんなところで寿司屋のアルバイトをやりました私が働いていたお寿司屋さんは100円寿司と高級なカウンターのお寿司の中間的な価格帯の個人経営の回転寿司屋さんでした。ちょうど駅に近い回転寿司屋さんでしたので地元のお客様だけではなく、県外からの観光客のお客様や外国人のお客様も多いお店でした。とても明るく活気のあるお店作りをしているお寿司屋さんでしたので、とにかく常に「元気」が求められるようなとこ

飲食店の店長を辞めたいと思う人の3個の理由。飲食店長なら絶対共感!

飲食店の店長を務めている時に、様々なプレッシャーから辞めたいと思うことがあります。そのプレッシャーと戦う中で、店長には様々な辞めたい理由が存在します。ここでは、飲食店店長なら絶対に共感できる、飲食店店長が辞めたいと思う理由をご紹介していきます。飲食店の店長を辞めたいと思う3個の理由とは?飲食店店長が辞めたいと思う瞬間は、店舗での様々な出来事が重なって訪れることが多いです。このような瞬間は頻繁に訪れ、その都度本当に辞めることのないように対策をしています。ここでは、その中でもよくある飲食店店長を辞めたいと思う瞬間をご紹介していきます。店長として勤務している店舗の売上不振飲食店の売り上げは、店長の力

キッチンスタッフの仕事内容11個の業務。経験者が教えます!

ここではキッチンスタッフの仕事内容をキッチン経験者が紹介します!キッチンの業務って料理作るだけだと思っていませんか?そんなことないんですよ!もっと細かい業務がたくさんあるんです。それではどんな業務があるのか解説していきましょう!キッチンスタッフの仕事は大きく3個の役割に分けられるディシャップ担当ディシャップは「ディッシュアップ」という言葉の略です。調理場から調理が終わり盛り付けられた料理を、ホール担当者に渡す場所のことを指します。調理場担当調理場はホールが取ってきたオーダーを確認し、それぞれの持ち場の担当が調理するところになります。ドリンカー担当ドリンカーも調理場と同じでホールが取ってきたオー

飲食店でブラックだなと思う11個の職場の特徴と対策とは?経験者が教えます

一昔前までは飲食業界で働いていると「ブラック」だとか「低賃金」といったイメージが付いて回ってきましたが、最近では比較的に飲食業界全体がホワイト化してきています。しかし、まだまだ昔ながらの企業体質が残っている飲食店が多いのもまた事実です。この記事では、そんなブラック飲食店で働いている方に対してのアドバイスや、これから飲食業界で働いてみようと検討している方に対してブラック飲食店の特徴をご紹介していきますので、働くお店選びの参考にしていただきたいと思います。筆者は飲食業界に15年以上従事し、現在は飲食関連会社の代表を務めていますので、過去から現在までの飲食店事情に精通しています。経験に基づいた確かな

飲食店の仕事内容16個の業務。向いている人・向いていない人の特徴についても解説します

近年の飲食業界は企業間の競争がより一層激しくなってきています。飲食店として高い質を求められる時代となった現代では、お客様からの信頼が重要なカギとなっています。お客様第一である飲食店において、飲食店店長はお客様に満足していただけるよう常に品質を高く維持することに努め、更に磨きをかけようと日々切磋琢磨しています。ここでは、そんな飲食店の仕事内容やその業務についてご紹介します。飲食店の仕事は大きく4個の役割に分けられるホールお客様が来店されたときの接客対応を中心に行います。具体的には、お客様の席への誘導、お冷の提供、ご注文の承り、商品の提供、会計、後片付けの一連の流れを行います。キッチンお客様が満足

飲食店辞めたい…と言う人の7個のよくある理由とそれの対策とは?

近年の外食産業の発展に伴い、飲食店は増加傾向にあります。その中で、飲食店に従事する従業員の離職率が高いことから、その業務形態や勤務時間などが問題視されています。飲食店にとって従業員の確保は大きな課題です。従業員の離職率はなぜ高くなったのでしょうか。ここでは、「飲食店を辞めたい」という人の理由と、飲食店側ができる離職対策について徹底解説していきます。飲食店の仕事環境とは?飲食店の仕事環境は、他職種と比べて独特の世界があります。例えば、世間が休日のときがお店にとっての稼ぎ時であることから「土日祝日に休みが取りにくい」、食事の時間帯になるとお客様が集中し「体力的にハード」などといった特徴があります。

飲食店でホワイトな職場の4個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

これから飲食店で働いてみたいと求人情報誌を読みながら考えている人の中には、「でも飲食ってブラックな企業が多いって聞くよなぁ」と思っている方もいるのではないでしょうか。確かに一昔前には「飲食=ブラック」といったあまり良くないイメージが付いていましたが、現在ではそんな企業はほとんど存在しません。給与の面では東京なら東京の最低賃金、沖縄なら沖縄の最低賃金というのが決まっているため、それを下回ることはあり得ないのです。しかしそうは言っても気になるのが飲食企業の体質。ここでは、飲食業界に詳しい筆者が、懇切丁寧にホワイト企業の見分け方について徹底解説していきます。その店がブラックかホワイトかというのは求人

飲食店で独立したい人が学ぶべき10個のことと、働きながら経験を積める飲食店の見つけ方

現在飲食店で働いている方や将来漠然とでも飲食店で独立を考えている方などに向けて、飲食店で独立をして失敗をしないためのコツや方法などをご紹介していきます。ここでは、どんなところで働いて経験を積めばいいのか、またどんなスキルをいま学ぶべきなのかといった内容にも触れていきますので非常に実践しやすいかと思います。筆者自身も飲食経験は15年以上のキャリアを持ち、実際に都心で飲食店を開業し現在も現役で飲食関連会社を経営しておりますので、ノウハウや過去の経験からリアルな情報をお届けできるかと思います。独立までには色々なステップがありますが、そういった流れも解説していきますのでぜひ興味がある方はご覧になってい

ファミレスの仕事内容6つの業務と向いている人の特徴

みなさんは、ファミレスの仕事というと、どんな業務を想像しますか?今回は、学生時代、3年間ファミレスで働いた経験をもとに、ファミレスの仕事内容を徹底的にご紹介いたします。ファミレスの仕事は大きく2個の役割に分けられるファミレスの仕事の役割1:ホール主に接客を担当します。お店の「顔」でもあるため、接客スキルが求められます。お会計からお料理運び、ドリンクを作るドリンカーまで、業務内容はとても幅広いです。ファミレスの仕事の役割2:キッチンお料理を作ります。キッチンの中でも「前菜担当」や「揚げ物担当」など、お料理によってポジションが分かれていることが多いです。お料理をお客様に出せるように配膳を最終確認す

飲食がブラックと言われる5個の理由やブラックなお店の特徴。飲食コンサルタントが業界事情を解説します

「働き方改革」という言葉のもと様々な業界で従業員の働き方の見直しが進められている昨今ですが、その影響は飲食業界にも及んでいます。一昔前には「飲食=ブラック」「低賃金、長時間労働、サービス残業」というマイナスなイメージが強かった飲食業界ですが、現在はどうなっているのでしょうか?ここではそんな飲食業界の今をリアルに切り取ってご説明していきたいと思います。筆者は飲食業界に携わり15年、多数の飲食店での勤務を経てその後独立。現在は飲食に関わる様々な事柄に対して仕事を行う飲食の総合会社を経営しています。長年の知識と経験で、飲食業が一昔前から現在に至るまでどういった流れになっているかを分かりやすく実際の例

料理人になるには?資格の取り方から取得後の就職や修行、転職のことまで経験者が解説します

美味しい料理やSNS映えするようなオシャレな料理。お店で食べる料理って家で出てきたり自分が作ったりするものとは全然違いますよね。最近では様々な料理の専門店も増えて一昔前より飲食店がものすごく細分化されてきました。さて、そんな素敵な料理の数々を作り出す「料理人」というお仕事に興味をもっているあなた。「どうやったらなれるの?」「資格は必要なの?」「よく板前さんとかの修行って厳しいと聞くけど、実際のところは?」という様々な疑問があると思います。ここではそんなあなたの「料理人になるため」の疑問や質問をわかりやすく徹底解説していきます。一応ではありますが、筆者は飲食歴15年で自身でも様々な場所で修行を積

飲食の転職で人材紹介を使うメリットとは?おすすめのエージェントも解説!

飲食業界への就職・転職を考えたとき、あなたはどのように活動を行っていくでしょうか?自身で求人広告を片っ端から見比べる、ハローワークを利用するなど様々な方法があると思いますが、この記事では、飲食での転職をする際に人材紹介を使うメリットを紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。転職エージェントとは?転職エージェントとは、転職にあたり求職者に専任のキャリアアドバイザーがついて、面接対策や履歴書・職務経歴書などの書類の作成アドバイスなどのサポートを提供してくれるサービスです。求職者と企業のミスマッチがないように、求職者に合った企業や求職者のキャリアを活かせるような会社を紹介してもらえま

飲食求人でおすすめな13個の業態やお店。稼ぎやすいものから働いていて楽しいものまで!

仕事を探す上で、皆さんが重要視するポイントは何ですか?給料が高くて、シフトが自由に選べて、やりたい事ができて、あとはオトクなことがあればいいな!なんて思い描きながら、求人情報誌をめくっているのでは?特に学生のアルバイトでは、学業やクラブとの両立から時間の制限がネックになり、選べる業種も絞られてきますよね。そんなときに、やはり上位候補に上がるのは飲食業界ではないでしょうか?夜の営業時間帯での求人が多く、店舗によっては賄い付きの仕事もあり、仕事探しにおいては目に留まりやすいですね。しかし、飲食店の種類も数も多く、「どのお店で働くのがいいのか分からない」「もし自分に合わなかったらどうしよう」と悩んで