「働き方改革」という言葉のもと様々な業界で従業員の働き方の見直しが進められている昨今ですが、その影響は飲食業界にも及んでいます。

一昔前には「飲食=ブラック」「低賃金、長時間労働、サービス残業」というマイナスなイメージが強かった飲食業界ですが、現在はどうなっているのでしょうか?

ここではそんな飲食業界の今をリアルに切り取ってご説明していきたいと思います。

筆者は飲食業界に携わり15年、多数の飲食店での勤務を経てその後独立。

現在は飲食に関わる様々な事柄に対して仕事を行う飲食の総合会社を経営しています。

長年の知識と経験で、飲食業が一昔前から現在に至るまでどういった流れになっているかを分かりやすく実際の例を交えて解説していきます。

現場の生の声が分かる貴重な情報を包み隠さずお伝えしていきますので、参考にしていただければと思います。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

飲食はブラックと言われている?

一昔前まで飲食業界は全体的にブラック企業が多かった印象があります。

それはやはり、料理人の世界というのは地道で長い下積み時代を過ごすのが当たり前とされていて、その頃の名残が現在でいうところの「サービス残業」などに繋がっていった結果だと思います。

「苦労して得た経験こそが活きる」というのはどこの業界も一緒かと思いますが、飲食業界の場合、例えば寿司職人で一人前になろうとしたら10年かかるとされていました。

実際の企業で10年というと大卒で新卒採用なら32歳です。

32歳にならないとプロジェクトを任せられない、営業を行うことができないなどという業界は他にはないでしょう。

そういったところから「飲食=ブラック」というイメージがついたのかもしれません。

しかし、現在はそんなところは少ないのです。

10年も人を育てている余裕がないからとも言えますね。

実際、チェーン展開を活発に行う大手飲食企業などでは働き始めて数年で店長、10年もすればエリアマネージャーとなり管理職として努力次第では高待遇な環境を用意してくれます。

職人の世界においても、現代では修行期間は長くても5年といったところでしょうか。

2年~3年ほど真面目に経験を積めば一人前の戦力として認められるようになってきているのが現状です。

もし、飲食の仕事に興味があるのなら、自分に飲食の仕事が向いているかこちらで相談してみるのも良いでしょう。

飲食でブラックな職場の特徴とは?

それでもいわゆるブラックな職場というのはどこの業界にも存在します。

飲食業界も例外ではなく、ブラック飲食店が存在するのは事実です。

ブラック飲食店に勤めてしまうことのないよう、ブラックな職場の特徴を具体的な例を挙げて説明していきましょう。

見習い期間や研修が長い

ブラック飲食店の中には「正社員登用あり」を謳い文句に、安定した職を求める人たちを囲い込んでいいように使うところがあります。

これは正社員という魅力に惹かれた人に対して、実際は「しばらくの間は研修期間」など様々な理由をつけて勤務開始から1年〜2年もの間非正規雇用として扱い、正社員登用してくれないようなところです。

こういったところはブラック飲食店と言って良いでしょう。

その後正社員になったとしても、デメリットの方を多く感じることになると思われます。

したがって、敬遠するべき職場ですね。

勤務時間が長い

飲食店は365日24時間休むことなく稼動しています。

もちろん定休日があるところなどもありますが、多くの飲食店は毎日営業しています。

会社規模が大きくなればなるほど、年中無休であることが常識としてまかり通っています。

そうなると必然的に勤務時間は長くなり、残業や家に持ち帰る仕事も増えていきますね。

勤務時間はタイムカードを押して給料が発生している時間のことだけを指すのではなく、仕事のことを考え自宅でもやらざるを得ない作業をやっているとしたら、その分の時間も勤務時間として考慮しなくてはいけません。

24時間営業の店舗の場合は急なアルバイトの欠員に対しては社員がカバーをしなくてはいけません。

こうなってしまうと、社員は休日でもうかうかできません。

心の底から休みを満喫できる環境ではなくなってしまうのです。

そういった部分からも、飲食店というのは勤務時間や拘束時間が長いと言えるでしょう。

しかし、これも人手が足りていない一握りのブラック飲食企業での話です。

大半の飲食店では従業員はしっかりと休日を与えられていますし、休みの日まで出勤しろという無茶な命令をされることは稀だと言えるでしょう。

給与が安い

飲食業界は業務内容に対して賃金が安いというイメージをよく持たれています。

実際のところはどうなのかと言うと、確かにそういったところも見受けられるのは事実です。

勤務時間に対して賃金が低く、もう少し貰えても良いのではないか?

と疑問に思う方も多いようです。

しかし、勤務内容においては特別な資格や経歴が必要なく、採用のされやすさから言えば妥当とも取れる金額なので、そこまで問題にはならないかと個人的には思っています。

もちろん多くの場合努力次第で収入は上がりますので、飲食業界に興味を持っている方はご安心ください。

少しでも収入が良いところで働いたい人は、こちらから出してもらうと良いでしょう。

残業代が出ない

こちらにつきましては、飲食業界は特殊かもしれません。

まず、アルバイトやパートタイマーである場合は残業代が出ます。

残業代は時間単位で支払われます。

たまに聞く「タイムカードで退勤を押してその後また働け」というのは現在はほとんどないと言って良いでしょう。

しかし、社員の場合は違います。

まず残業という概念があまりないのが飲食業界の特徴です。

1日の営業時間や業務内容が終わって初めてその日の勤務が終了となる為、1日の勤務時間にがはっきりと決まっているとは言えません。

極端な話ですが、1日12時間以上働いていても「1日分の給料」しか出ないことはざらにあります。

その1日分の給料が高いか安いかは自己判断になりますので、そういった点ではブラックと言える部分はまだあるのかもしれません。

休みが少ない

休みが少ないというイメージも飲食業界は強いかもしれませんが、厳密に言うと「希望の休みが取りづらい」ということです。

自分の好きな日に休みが取れることはあまりなく、基本的にはアルバイトなどが多く人員が余剰している日に合わせて休みを取るといった形が多いかと思います。

しかし、逆に言えば平日に休みが取れることが多いので行楽地などに行く際には空いているというささやかなメリットはありますね。

「今の職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

ブラックなお店の見分け方は?

さて、ここまで説明してきたブラックな飲食店の条件や内容ですが、どうやったら見分けることができるのでしょうか。

できれば履歴書を書いて面接に応募する前に知っておきたいですよね。

ここでは、そんなブラック飲食店の見分け方についてご説明していきたいと思います。

社員やスタッフが明らかに少ない

まず人材が常に足りていないところは「ブラック率高め」と言えるでしょう。

これは離職率が高いことを如実に表しているので、どこの求人情報誌を見てもいつまでも求人情報が載っているところは避けたほうが良いかもしれません。

そういったブラック飲食店の求人情報を見ると大抵のところが「一挙大量募集」や「リニューアル・新店舗開店のため合同募集」などのフレーズが書かれています。

これはつまり「店舗数に対して人材が明らかに不足していて、離職率も高いから多めに採用しておこう」という人材ストックの意味合いが強いのです。

これがどういったことを表しているかというと、「雇った人材を大事にしない」ということなのです。

雇用した人間を教育し育成させるシステムができていないので、人材が安定することなく入れ替わりを繰り返していて、結果としてまともな指導者がいなく離職率が高いということに繋がるのです。

そもそも普通に考えて常に求人情報誌に掲載しているところは慢性的な人材不足なので、仕事も効率化されていません。

そうなれば必然的に残業も多くなり、賃金が上がる前に皆辞めていくわけですね。

あとは前述したことをループしていくだけなので、質の良い職場とは言えません。

これがいわゆるブラック飲食企業における負のスパイラルです。

募集内容と実際の契約内容が違う

あってはならないことですが、募集内容と実際の契約内容が違うというケースもあります。

こういったところはブラック飲食店確定ですので、採用されたとしてもお断りするのが得策です。

その時点で雇用する側とされる側の信頼関係が成り立たないので、ブラック飲食店かどうかを見分けるための分かりやすい指標かもしれません。

採用条件のハードルが低すぎる

採用条件のハードルが高すぎても応募することができませんが、低すぎるというのも実は考えものです。

それはつまり「誰でもいいから働いてくれ!」という相手側からのメッセージに他なりません。

作業内容は単純で特に向上心のない飲食店の特徴ですね。

そういったところはマニュアル化された仕事をただこなすだけの日々が続くだけでキャリアアップも望めないので、転職にも特に有利に働かず、働いている時間がもったいないという印象が強いところです。

応募条件にある程度のハードルを設定するのは、経営者が真剣に現場を見ている証拠です。

それがないようなところは企業体質からして問題があり、オススメできません。

もし、仕事選びに悩んでいるのであれば、こちらから自分に合った仕事を出してもらってはいかがでしょうか。

ワンマン経営

経営者が常に現場を把握して指導するというのは良い面でもありますが、デメリットもあります。

それはトップダウン式の経営の問題点でもあり、現場の声がお店の運営に活かされないということです。

まともな飲食店というのは、実際に現場で働くスタッフが常に試行錯誤して良いお店にしようと努力しています。

それをトップの一声で意見が覆ってしまうということが続くと、スタッフのモチベーションは下がり、結果的に良い人材ほど辞めていきます。

そうすると店にはトップのイエスマンしかいなくなり、向上心のないお店が出来上がってしまいます。

そうしたところは業務内容もしっかりとしていないところが大半なので、勤務していても不満しか出てこないでしょう。

ネットの口コミの内容

一概には言えませんが、ネットの口コミ情報も大事だと思います。

心ない一部のユーザーが何かしら気に食わないことがあって書き込んでいる可能性も否定できませんが、火のないところに煙は立ちません。

更に、良い口コミというのは正直に言って自作自演をしているケースや、はたまたそういったサクラ的な企業にお願いしているケースがあります。

情けないことにネット社会となった現在はそういった工作を行う企業が少なくありません。

何度かニュースでも取り上げられていましたが、それが事実です。

働きたい飲食店が見つかった際には、面接や応募の前に一度こっそり行ってみるのも一つの手。

基本的にネット上の情報を鵜呑みにせず、自分の体感やフィーリングに合った飲食店を探しましょう。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

もちろんブラックな職場ばかりではない

ブラック飲食店について様々なご説明をしてきましたが、実際はそういったところは少なくなってきています。

筆者も某国内大手飲料メーカーが出資・運営する会社の飲食店で働いていたことが過去にありますが、待遇は良く素晴らしい環境で勉強をさせてもらいました。

やはり企業の歴史が古く体制がしっかりしているところは原資に余裕がある分しっかり社員教育をしてくれます。

そうしたところは給料や休みの取り方などの面でも不満が少なく、そうすると良いスタッフが辞めませんので、店内が正常な状態を保っています。

快適な職場と言えますし、キャリアアップにも繋がります。

そういった飲食企業も多数存在しているので、これから飲食業界に進もうという方は安心してください。

飲食業界に進みたいとお考えの方は、こちらから良い会社の候補を出してもらうと良いでしょう。

ホワイトな職場を探すには、こちらの記事を参考に!

飲食で働くメリットは?

飲食業界における表と裏を解説してきましたが、飲食店で働くメリットとはどういったところでしょうか。

働き方のタイプを三つに分けて説明していきましょう。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

パート・アルバイトの場合

子供がいたりしてフルタイム働くことができない主婦の方なども活躍するのが飲食の現場です。

比較的時間に融通が利き、それでいてある程度しっかりとした時給で働けるので人気のアルバイト先と言えるでしょう。

また、学生時代に飲食店で働くことにより目上の方とのコミュニケーション方法を学んで社会へと進んでいく大学生アルバイトも多く、そこで培われる接客スキルや対人関係の構築の仕方などは学んでおいて損がありません。

筆者も学生時代に大手飲食チェーンで働き、そこで学んだ経験がその後の飲食人生を支えてくれています。

派遣社員の場合

大きなホテルの宴会場やキッチンでは、配膳や調理補助として多くの派遣社員が働いています。

派遣社員はアルバイトよりも給料の面でも優遇されますし、派遣先で気に入ってもらえればそのまま正社員として就職することも可能です。

いきなり正社員になるよりじっくりと職場を見ることができるので、慎重に就職先を決めたい方はまずここから始めるのも良いかもしれません。

社員の場合

他の業界よりも圧倒的に正社員として就職することが容易であり、基本的に学歴や経験を重要視しないところが最大の魅力です。

福利厚生がしっかりしている会社なら、飲食企業と言えども他の業界と変わらない保障が受けられますので、安定した仕事に就きたいという考えの方には正社員がオススメです。

更に1年を通して募集しているため中途採用率も高く、真面目でやる気さえあれば誰にでも門戸が開いている謂わば就職の窓口が広いところが飲食業界なのです。

正社員として真面目に働いていると資格取得やスキルアップを支援してくれるところやその先の独立支援までしてくれるところもありますので、向上心がある方にも適した業界と言えるでしょう。

そんな飲食の仕事で働きたいと思ってた人は、こちらから仕事を探してもらうと良いでしょう。

自分に合った飲食店を探そう!

飲食業界に興味があるというあなたには、ぜひ自分に合った飲食店で働いて欲しいと思います。

その中でどういった基準で飲食店を選んだら良いのかを目的などのパターン別に説明していきたいと思います。

スキルアップやキャリアアップを視野に入れたお店選びをしよう

向上心があり将来的には独立を考えている方や収入を今より上げるためのキャリアアップとして考えているのであれば、歴史のある飲食店や企業を選びましょう。

新規参入の飲食店というのはいくら人気があったとしても社会的な信用がまだまだ低く、そこで働いていたとしても履歴書上の職歴に対してあまり加点ポイントにはなりません。

それに対して経営実績の長い企業や飲食店は同じ業界内からの信用も厚く、転職する際にも有利に働きます。

また、長年の経営環境の中で培われたノウハウというのは簡単に勉強できるものではなく、その分歴史のある飲食店や企業は新規参入業者より多くの情報や知識をストックしています。

そうした中から接客であったり調理であったりのスキルを確実に成長させてくれる面でもオススメできると言えるでしょう。

募集内容や実際の契約内容をきちんと確認しよう

前述しましたが、募集内容と契約内容は必ずよく確認してから働き始めて下さい。

例えば正社員になりたいと思って勤め始めるとして、最初の募集内容に「研修期間3ヶ月~」等と記載されていたら研修期間の上限は何ヶ月なのかを最初に聞いておくことも重要です。

3ヶ月を越えてそのままだらだらとアルバイトや契約社員の扱いを受けるとすれば、それはあなたが望んだ労働環境とは言えません。

最初にしっかりと取り決めを交わしておくことが不満なくモチベーションを保ったまま働く秘訣です。

また、賞与などについても同様です。

「賞与年2回」と記載されていたとしたら、いつ貰えるのか?

給料の何%に相当するのかなども事前に確認しておきましょう。

実際にボーナスが出るからと働いて、貰えたのが数万円の寸志だけだったといったケースもあります。

一人では自分に合った仕事を探せるか不安な人は、こちらで一緒に探してもらうと良いでしょう。

事前に客としてお店に足を運んでみよう

飲食店で働くことに興味を持ったら、まずは様々な飲食店にお客さんとして行ってみてください。

そうすると「ここの接客が素敵だな」とか「ここの料理の味を勉強してみたい」などの明確な目標ができます。

やはり人間ははっきりとした目標ができるとそれに向かって頑張ることができるものです。

飲食店であればどこでも良い、という軽い気持ちではなかなか長続きしないので、事前のリサーチは大変重要です。

そしてこの事前のリサーチで一番感じてもらいたいのが「職場の雰囲気」という部分です。

接客スタッフの顔が活き活きとしていれば、もちろんそこは素晴らしい職場環境なのでしょう。

また厨房との連携や料理の出てくるスピード、料理に対しての知識が深いところは良いお店です。

その一つの確認方法が、頼みたい料理がどんな料理なのかを聞いてみることです。

接客スタッフがスラスラと説明できるお店はなかなかのレベルです。

これは接客スタッフが向上心を持ち、出される料理に対して勉強をしっかりしている証拠であり、尚且つ厨房スタッフに気軽に訊けるくらいの人間関係がしっかりと構築できていることの証明でもあります。

接客スタッフと厨房スタッフの仲が悪いお店というのはあるものです。

料理も接客も素晴らしいのに人間関係が上手くいっていないというケースは多々見受けられますが、そういったところに勤務するとやはりストレスフルな状態となり長期的には勤められず、結果としてすぐに辞めてしまうという人も実際にいます。

こういった観点から、働きたいお店が見つかったら事前リサーチをしてそのお店の特徴やフィーリングが自分に合うか、働いているスタッフたちの関係性は良好か等を確認するのが得策と思われます。

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

まとめ

飲食業界の現実を解説してきましたが、あなたはどう捉えられたでしょうか?

基本的に、楽で給料が高い等の好条件な仕事はありません。

必ずどこかに負担が掛かります。

しかしその負担の掛かり方がいびつな形の職場をブラック企業と呼ぶのでしょう。

説明してきた通り、飲食店は確かに勤務時間が長く希望の休みが取れない職場ではあるかもしれません。

しかし、向上心があれば将来のための勉強の時間と割り切りスキルアップのためと思えば、特に他よりも厳しい環境だとは思いません。

むしろ正社員になれるチャンスが多く、他の業界よりもキャリアアップが狙いやすい業界とも言えます。

一般の企業では部長クラスになるには40代半ばくらいが目安となりますが、飲食業界では30代半ばでそれくらいの役職に就くことも可能です。

働き始めたばかりの時に辛いと思うのはどこの業界も同じなのです。

キャリアアップのスピード感が早い分、飲食業という仕事は魅力的な仕事の一つだと思います。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

飲食店を辞めたいと言う人の理由も、こちらの記事を参考に!

  飲食の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  飲食の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
飲食店に特化した転職支援サービスです。外食特化の転職エージェントでは業界トップクラス! 公式サイト 公式サイト
自分らしい働き方で仕事を探せる!他とは違う「自分らしい」「やりがいがある」仕事を見つけたいなら。 公式サイト 公式サイト


関連キーワード

仕事の悩み 飲食求人

飲食求人についてもっと深堀りした情報を見る

ピザ屋の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

ピザはイタリア料理ですが、日本人にも大変人気のある料理です。そんな日本人に人気のピザですが、自宅で食べる場合、皆さんはどこでピザを購入するでしょうか。スーパーやパン屋などで購入することもできますが、ピザ屋で購入をする人も多いでしょう。では、普段ピザを購入するピザ屋では、一体どんな仕事をしているのでしょうか。知られざる仕事内容について紹介をしていきます。ピザ屋の大まかな仕事内容ピザ屋の仕事内容は、大きく分けて二つに分けられます。一つ目は、店内でピザを調理する仕事です。二つ目は、調理してできあがったピザを配達する仕事です。ピザ屋は、どの店もこの基本的な仕事の流れで経営を行っています。ピザ屋の仕事は

ケーキ屋になるには?持っておくべきスキルや勉強しておくべきこと、なり方を解説します!

「パティシエ」と言うフランス語の名前で呼ばれ、メディアのイメージも伴ってとてもおしゃれで人気の高い職業であるケーキ店での製造販売の仕事。子どもたちのなりたい職業ランキングでも常に上位に位置する人気の職業ですが、閉じた世界でもあるため普段どのように仕事をしているのか?また、どうやったらパティシエになれるのか?必要なスキルはあるのか?などたくさんの疑問があるかと思います。仕事内容やその仕事に就くまでのルートも気になりますが、なんとなく男社会である印象もありその道へ進もうかどうしようかと不安を抱えている方もいるでしょう。今回はパティシエと言う職業に就くため、更にはその道で将来は独立を考えている人が持

名古屋の飲食店求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気なお店・エリア・年収相場を解説します

日本を代表する大都市の一つ、名古屋にはあまり知られていませんが、東海地方の名物が集結するグルメの街としての顔もあります。日本でグルメというと大阪、福岡、北海道などの名前が上がりますが、実は名古屋もグルメの豊富な都市です。グルメが豊富ということはそれだけ飲食店が豊富ということです。飲食店が豊富だと当然ですが、求人も豊富にあります。名古屋は、愛知県の玄関口である名古屋駅があり、在来線や新幹線が停車するため、地方や都市部から人が多く行き交います。また、名古屋独自で発展した繁華街も多くあるため、昼夜賑わいのある飲食エリアも存在しています。今回は、名古屋の飲食店求人にスポットをあてて名古屋の飲食店求人に

ケーキ屋の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための注意点

ケーキ店で働いているけれど最近なんだかマンネリ気味という方、ここ数年ステップアップのことを考えているという方、そろそろ転職の時期かもしれませんね。私は20年近くケーキ店でパティシエとして働いて来ましたが、パティシエという職業は何度か転職をして色んなお店を見てこそ力が付くと言う一面が大いにあると感じています。一般のオフィス勤めであれば転職回数はとても重要視されますが、パティシエは極端に短い期間の転職をのぞけば回数はマイナスポイントにはなりません。今回は、ケーキ店で働くパティシエたちの転職事情をいろんな角度からご紹介して行きましょう。本当に転職して良い?パティシエが転職を考えるタイミングとはパティ

ケーキ屋の給料の決まり方や年収は?雇用形態による仕事内容の違いもお話しします!

特別な技術を必要とするパティシエという仕事。子どもたちの将来なりたい職業ランキングでも常に上位に入っている、華やかで明るい印象の世界です。パティシエたちは日々切磋琢磨しながら新しいケーキを生み出し、私達の生活を彩るケーキを製造しています。とても明るく素敵な世界に見えますが、実は忍耐とたゆまぬ努力が必要な世界。オフィス勤務に比べると体力も必要ですし、労働時間もとても長く覚悟がないと働き続けられない厳しい世界です。そんな修行を乗り越えて活躍するパティシエたちの懐事情は一体どうなっているのか、気になるところですよね。今現在は会社員として働いている人の中にも、やっぱりパティシエへの道を諦めきれない!と

居酒屋の勤務時間やスケジュールは?仕事の1日の流れに密着!

美味しい料理に美味しいお酒を提供してくれる居酒屋。レトロな雰囲気の居酒屋からおしゃれなカフェ風のものまで、お店の種類は数え切れないほどありますよね。新人歓迎会や送別会などでも利用する居酒屋、社会人になると行く機会も増えます。学生時代はアルバイト先として居酒屋を選ぶ人も多いでしょう。居酒屋で働く人たちは一体どのようなスケジュールで毎日過ごしているのでしょうか?居酒屋の勤務時間に迫ってみましょう。居酒屋の大まかな仕事内容居酒屋の仕事は大きく分けると二つ、キッチン担当とホール担当に分けられます。学生のアルバイトであっても調理補助としてキッチンに入れることは多く、応募の時点でホール担当かキッチン担当希

うどん屋の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

うどん屋さんはお子様からお年寄りまで幅広い世代に人気で、1人でも家族でも入りやすい親しみのある飲食店です。うどん屋の仕事をしてみたいなと思っても、どんな仕事をしているのかや、どんな人がうどん屋に向いているのかなど、気になる点も多いかと思います。そんなうどん屋の仕事や求人情報について、仕事の選び方や選ぶ際の注意点をご紹介していきたいと思います。うどん屋ではどんな仕事をするの?うどん屋の仕事は調理スタッフとホールスタッフがあり、それぞれ役割が違います。調理スタッフはうどんを茹でたり、出汁やトッピングを準備します。トッピングには揚げ物が多く、天ぷらやかき揚げなどを揚げていきます。お客さんが食べ終わっ

宅配寿司求人の時給や募集内容、おすすめ求人の4個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説

宅配寿司をやってみたいなと思っている人にとって貴重なお話をご紹介!宅配寿司求人はどのような仕事で、どんな職種があるのか、どのような人を求めているのか、気になりませんか?お仕事に慣れることで大幅な時給アップも図れたりすることができるお仕事です!美味しいお寿司を提供することができる、宅配することで多くの笑顔を見ることができる、宅配寿司アルバイトについて、宅配寿司でアルバイトしたことのある筆者が細かく解説します!宅配寿司の大まかな仕事内容宅配寿司ってどんな仕事をするのか、気になる方もいるでしょう。そんな方のために簡単にご説明します。大きく分けると、「メイク」「デリバリー」「店長」の三つにお仕事内容・

カレー屋アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった5個のことやそこで身に付く力とは?

今や、いくつも存在するカレー屋さん。大手チェーン店から個人店まで幅広く、行列のできるお店もありますね。そんな今注目のカレー店でのアルバイトには、いったいどんな魅力があるでしょうか。私はこんなところでカレー屋アルバイトをやりました私がアルバイトしていたのは、全国どこにでもある、皆様ご存知の大手カレーチェーン店です。私の勤務していた店舗は、郊外の大きな道路沿いにあり、平日の昼間はサラリーマンや近所の方で混み合いました。休日は家族連れも多く、お待ちになるお客様も多い人気店でした。カレー屋アルバイトの仕事内容ってどんな内容?一口にカレー屋アルバイトと言っても、たくさんの業務がありました。大きく分けると

転職するなら飲食がオススメな6個の理由。現役飲食店長が解説!

食文化の発展とともに、飲食店もたくさん並ぶようになりました。巷にある飲食店で取り扱う食材はさまざまで、特色ある食材で軒並み人気を博している飲食店も少なくありません。飲食店は、就職しやすい一方で、離職率も高い職種です。しかし、未経験者でも手軽に就職することのできる飲食業界は、飲食店の増加とともに需要が拡大しています。さらに、飲食業界の競合により、従業員の待遇も改善しつつあります。ここでは、飲食店に転職するオススメの理由について現役店長が解説していきます。転職するなら飲食がオススメな6個の理由転職を考えたことのある方も多いと思います。そのなかの選択肢の1つとして飲食店を選ぼうと考えている方もいるの

居酒屋の就職を成功させるには?やっておくべきこと、面接対策など、経験者が解説します!

「居酒屋で働いている人ってみんな楽しそう! 私もバイトしてみようかな」「でも忙しそうだし、私にできるかな?」居酒屋と言えば定番のアルバイトですよね。また、正社員でも「未経験可」「やる気のある方大歓迎」などの門戸の広い求人が多く、気になる人も多いのではないでしょうか?そんな皆さんに向けて、今回の記事では、居酒屋の仕事内容を中心に居酒屋で就職するにはどうすれば良いのか?など、居酒屋で3年間働いてきた筆者が徹底的に解説していきます。居酒屋の仕事はどんな仕事?「お客様に料理やドリンクを運んだりするんでしょ?」実は、お客様には見えないところで大変な仕事が沢山あります。居酒屋では、おおまかに「キッチン」「

飲食コンサルタントの年収はどのくらい?給料が高い人は何が違う?お金事情教えます!

これから飲食コンサルタントの仕事を目指している方や転職をお考えの方は、その年収について非常に興味があるかと思います。ここでは、飲食コンサルタントの年収についてご紹介させて頂きます。飲食コンサルタントの年収の相場はどのくらい?飲食店コンサルタントの年収は、個人のスキルはもちろん、勤める会社によっても様々ですし、個人で起業した場合は仕事した分全てが収入になりますので、相場というものはあってない様なものです。どの様な形で飲食店のコンサルタントの仕事をしたとしても、その人のスキルにより大幅に年収が変わると言うのが、現状です。それだけに、毎日休まず10年働いたからといって収入が上がるわけでなく、逆に勤務

うどん屋のアルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

誰しも仕事を始めるときは何かしらの目的をもっていることと思います。始める動機は人それぞれかと思いますが、やっぱり働いていくうちに業務で手一杯で本来の目的がわからなくなる人も少なくありません。そんな人は実際、働いても長続きをしていないのが事実。やるからにはやりがいを常に持っておくこと、そしてやめるタイミングが来た時に「やっててよかった!」と思えるような仕事になっているとベストですね。今回は、私が学生時代にアルバイトをしていた飲食店のなかでもうどん屋さんのホール業務を通してやりがいや身についたことについてお伝えしましょう!大学生に人気のアルバイトといえば居酒屋ですが、日中に働きたかった私の目的とマ

イタリアンバイトが楽しいと感じる4個の理由やシチュエーション!

未経験でも始めやすい飲食店のバイト。学生の学校帰りや長期連休にお小遣い稼ぎをしたい場合、子供が保育園や学校に行っている間だけ働きたい主婦など、勤務時間を調整して働くことができるので、手軽に始められるバイトのひとつです。今回は、数多くある飲食店の中でイタリアンのお店で働くスタッフが楽しいと思う瞬間を紹介していきます。イタリアンのバイトについて、おさらいしておこうイタリアンレストランが提供するのは、パスタやピザ、ドリアなどが主流です。ドリンクバーやサラダバーがあり、セットで利用できるお店も多く、彩り豊かなデザートが用意されているお店も多くあります。そんなイタリアンレストランで働くスタッフは、キッチ

和食配膳が向いている人の3個の特徴や必要なスキル・適正とは?

アルバイトを始める場合、一番やりやすそうで募集が多いアルバイトといえば、飲食店ではないでしょうか。でも飲食店とひとくくりに言っても、様々な場所での仕事があります。できた料理を配膳する仕事であれば、ファミリーレストランやファーストフード店もあれば、居酒屋やホテルなどもよく似た仕事です。一度働いた経験があれば、次の職場でも経験を活かすことのできる仕事ですが、職場が変わると仕事の仕方も全く変わってきます。今回は、和食料理屋さんで配膳の仕事をするスタッフにスポットを当てて、紹介していきます。和食配膳はどんな仕事?和食配膳の仕事は、和食料理屋さんでお客様が気持ちよく料理を満喫できるように、おもてなしをす

飲食コンサルタントの仕事内容25個の業務。どんなことをするの?役割に分けて見てみよう!

飲食店コンサルタントの仕事を目指している方や興味の有る方は、この記事をご一読頂けましたら参考になると思います。飲食店コンサルタントの仕事について、役割や内容をご紹介します。飲食コンサルタントの大まかな仕事内容飲食店コンサルタントの仕事は、お店の新規出店時、又は営業している店舗を繁盛店に導くプロデュースをするのが大きな目的です。特に新規出店時のプロデュースは、クライアント様とコンセプトから運営方法・店舗づくり各種手続き等、多岐にわたりサポートします。プロデュース次第で店舗の売り上げを大きく左右するので非常に責任の高い仕事ですが、その分自身がプロデュースした店舗が繁盛店になった時の達成感は大きい仕

和食求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

和食求人は、その他の飲食店の求人とどこが違うのでしょうか? 未経験OKの飲食店の仕事は、求人がたくさんあり、応募しやすい仕事ですが、その種類は多岐にわたります。 今回は、飲食店の中でも和食料理店の求人の募集内容について詳しく紹介していきます。 飲食業界の仕事をするなら、和食店への転職、パートやアルバイト雇用もとってもおすすめですよ。和食のお仕事にはどんなものがあるの?飲食店で勤務する場合、主にホールで働くかキッチンで働くかのどちらかの選択になります。ホールスタッフの場合は、和食料理店に限らず洋食店であってもイタリアンレストランであっても、基本的に仕事内容は同じです。朝出勤したら店舗の清掃

ピザ屋アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった5個のことやそこで身に付く力とは?

今回の記事では、自分が過去に実際にやっていたピザ屋のアルバイトに関して経験を混じえながら說明をしていきます。ピザ屋のアルバイトに興味がある、やってみたいけど実際はどんな内容か気になる、という方はぜひ参考にして頂ければと思います。私はこんなところでピザ屋アルバイトをやりました学生時代に、地元でピザ屋アルバイトをやりました。東北の県庁所在地で、そのなかでも比較的住民の数も多く賑わっているエリアになります。当時はまだ今ほどスマホが普及していなかったので、目的地までの道順は基本的に頭のなかで覚えて、覚えるのが大変そうな細かい曲がる箇所などに関してはメモをとっていました。他のアルバイトのメンバーも同じよ

ホールスタッフの仕事内容14個の業務。経験者が教えます!

レストランや喫茶店などの飲食店で働くホールスタッフは、どのような仕事をしているか知っていますか?注文を取って出来上がった商品をお客様に渡す、レジで会計するという流れが、お客の立場からでも垣間見れる仕事ですね。ホールスタッフが行っている裏方の仕事はなかなか目に見えないものです。そこで、ホールスタッフの仕事内容について掘り下げ、詳しく紹介していきます。ホールスタッフの大まかな仕事内容は?お客様と一番接する機会が多いのがホールスタッフです。お店の印象は料理の美味しさもありますが、スタッフの印象も随分多くあります。来店から帰るまで、お客様に心地良いひと時を過ごしてもらうために、十分な気配りをしながら業

宅配寿司アルバイトをやってて良かった3個のことや、ここで身に付く力とは?

宅配寿司と聞いてみなさんはどんなことをイメージをしますか?宅配寿司は、お店でお寿司を提供するような回転寿司、お寿司屋さんではなく、配達だけでお寿司を提供するようなお店です。そんな宅配寿司のお店の仕事をみなさんはどう思いますか?お寿司が安く食べられそう、料理長(店長)が怖そう、料理長(店長)に怒鳴られそう、など。様々なイメージを持つかもしれません。今回は、宅配寿司で実際にアルバイトをしていた経験から、宅配寿司をやっていて良かったことや身に付いた力(スキル)をご紹介します!私はこんなところで宅配寿司のアルバイトをやりました私は都内から離れた、国道沿いのとある店舗でアルバイトをしていました。お客様の

回転寿司の仕事内容をご紹介!活かせる経験は何?大変な点についてもお話しします!

今ではお手頃に食べれるようになった回転寿司屋さん。皆さんもよく行かれると思います。100円均一からお皿の色でお値段が変わる本格的なにぎりたてのお寿司を提供する回転寿司屋さんもあります。今回はそんな回転寿司屋さんでは、実際どのようなお仕事をされてるのか、仕事内容をいくつかをピックアップして、わかりやすくお話したいと思います。回転寿司の仕事の大まかな内容は?やはり、回転寿司と言えど、お寿司を提供する場ですので、お寿司を作るスタッフ、仕込みをするスタッフ、サイドメニューを用意するスタッフなどキッチンの中やホールと言われるお客様がお座りになっているお席の周りで、遅れてるお寿司やレーンに流せない商品、ド

ピザデリバリーバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「友人を集めてホームパーティー」「悪天候で買い物に行くのが億劫」そんな時にみなさんも一度はピザデリバリーを注文した経験があるのではないでしょうか。比較的時給が高く、効率良く稼げるピザデリバリーバイトについてここでは解説していきます。ピザデリバリーバイトの大まかな仕事内容誰しもが街で一度は見かけた事のある、屋根付きの三輪原付きバイクが、ピザデリバリー用のバイクです。基本的にはこのバイクを運転して、注文を受けた商品をお客様の元に届けるのが主な仕事内容となります。そこまで注文の数が多くない通常時の仕事内容を一例として、実際の業務の流れは下記のようになります。1.主にインストアスタッフが電話やネットで

ピザ屋バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ピザは、日本の食卓シーンでもおなじみの料理となっており、人気の高い料理です。マルゲリータやシーフード、チキンなど、様々な種類があるのも魅力の一つです。ピザが好きな人は、あの良い匂いの中で働いてみたいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。そんな魅力溢れるピザ屋のバイト求人でよくある募集内容や、おすすめの求人内容などについて紹介をしていきます。ピザ屋バイトってどんな仕事?ピザ屋バイトの仕事は大きく分けて、店内でピザを作るインストア業務と、ピザをバイクで配達するデリバリー業務に分けられます。インストアとデリバリーで、給料は変わります。デリバリーの場合は、空き時間にチラシ配りを行うことがあり

ファミレスのキッチンバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

ファミリーレストランは気軽に行くことができる身近な飲食店ですよね。特に近年ではドリンクバーは当たり前、値段もお手頃で美味しい料理が食べられるというイメージです。そこで働いている人は、学生などの若いアルバイトの人や、長年いるベテランまで様々です。今回はそんな身近にあるファミリーレストランのキッチンでのバイトについてご紹介いたします!ファミレスのキッチンバイトの大まかな仕事内容ファミリーレストランのキッチンでは、お客様から注文をいただいた品物を作るお仕事です。食事の部門からデザート部門まで幅広く調理担当します。近年様々な大手チェーン店が増えてきましたが、殆どの調理場が半調理品の仕上げ作業という場合

飲食店のホールの仕事のコツとは?失敗談も交えて、3年働いた私が解説します!

外食をしたことはきっと誰にでもあると思います。その時、接客していた店員さんは素敵でしたか?イマイチと思う部分はありましたか?お店の食事がとても美味しくても、店員の動作が乱暴だったり素っ気なくされると同じお店にまた行きたいとは思えなくなってしまいます。そんな「接客業と言えば」の代表のような飲食店のホールの仕事やコツについて解説します。飲食店のホールの仕事内容まず、レストランに入るところから想像してみましょう。「いらっしゃいませ、何名様でいらっしゃいますか?」「お席にご案内いたします」「メニューがお決まりの頃、お伺いします」など、お客様が店に入って食事をして外へ出るまでの全てを案内するのが、飲食店

牛丼屋求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

街によくある牛丼屋。あれだけの速さでご飯が出てくるのは、牛丼屋ならではと思います。そんな牛丼屋で働くにはどうしたらよいのでしょうか?アルバイト、正社員含めて牛丼屋求人について解説をしていきます。牛丼屋の仕事ってどんな仕事?牛丼屋はファーストフードに分類される飯屋です。24時間365日休まないお店です。その中では、牛丼や定食類を作ったり、仕込みをする「キッチン」、お客様に提供し、食器類を片付け、テイクアウト用の品を揃える「ホール」大まかにはこの二つの役割から仕事が成立します。キッチンは、牛丼のお肉の煮込み、ご飯炊き、サラダや、定食、トッピングなどの仕込みや、配送された食材を冷蔵庫にしまう作業も行

カフェ店長のここが辛いよ7選。楽しいことも辛いことも詳しく語ります

カフェの仕事に憧れて働いてみたい人や将来独立開業したい人にとって、カフェの店長は一つの目標であり、経験してみたい役職だと言えるでしょう。実際にカフェの仕事をしている中で店長を目指して入社してくる人は多く、店舗によっては店長資格試験をパスした人にだけ店長になるためのノウハウの研修を受けさせていることもあります。一国一城の主のため決裁権や責任範疇が大きく、仕事は現場作業だけではなく運営面でも色々と管理していかなければなりません。そのため仕事は大変になりますが、反面仕事に対してのやりがいと充実は大きくなります。今回は、経験者が語るカフェ店長の楽しいところや辛いところを紹介します。カフェ店長のここが辛

カフェバイトは未経験でもできる!カフェでの仕事に就く際の3個の注意点

「初めてのアルバイトだけどカフェでバイトをしてみたい」と思う方が一番最初に考えるのは「未経験でも平気なのか」ということですよね。答えはもちろん「イエス」です。未経験でも問題なく始められるカフェのアルバイトですが、働くメリットや注意点等は、応募の前に知っておいた方が良いでしょう。カフェのアルバイトの大まかな仕事内容カフェのアルバイトの大まかな仕事内容は、ホール、キッチン、キャッシャーの三つに分かれます。カフェによって呼び名は変わりますが、仕事内容としてはほとんど変わらないでしょう。ホールフルサービスのカフェの場合、ホールの役割は数多くあります。お客様を席まで案内して注文を取り、キッチンに伝えて、

ウェイトレスの仕事内容を業務ごとにご紹介!この仕事の良いところはココ!

レストランのウェイトレスの仕事内容って、なんとなく分かるけどどこまでが役割なんだろうって思いますよね。レストランのウェイトレスの仕事内容を、これから順に紹介していきますね。ウェイトレスの仕事は大きく3個の役割に分けられるキッチンキッチンでの主な役割は、シェフのアシスタントの役割です。お客様にお出しする料理を作るのがシェフなら、お客様にお出し出来る様に整えるのがウェイトレスです。コースであれば、前菜の盛り付け、お味噌汁やライスの用意、お漬物や小皿料理の用意などがあります。お店によっては、サラダの下ごしらえやお漬物の用意、お味噌汁の具材の用意など簡単な仕込みがある場合があります。ホールこちらはもう

ドーナツ屋バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ドーナツ屋のアルバイトは学生や主婦にも人気があり、求人のチラシや広告にも載っていることが多い職業です。自分でも働くことができるか、どのようにドーナツを作っているのか等気になることも沢山あると思うので、ドーナツ屋のアルバイトの仕事内容や疑問について答えていきたいと思います。ドーナツ屋バイトにはどんな仕事があるの?ドーナツ屋はドーナツを作る以外にも接客や開店、閉店後の掃除等しないといけないことが沢山あるので詳しい仕事内容を紹介していきたいと思います。ドーナツのコーティングドーナツにチョコレートをコーティングやシュガーをまぶす仕事になります。こちらの仕事はキッチンに入ると一番初めに教わる仕事になりま

居酒屋で働くメリット8選。私が感じた良いところをまとめました

おいしい料理とお酒を楽しむ場である居酒屋。みなさんも、友人や職場の仲間達と居酒屋に足を運んだことがあるのではないでしょうか。一言で居酒屋と言っても、おしゃれなカフェのような空間のものから仕事帰りのサラリーマンが溢れる気取らない雰囲気の居酒屋まで、その種類は様々です。居酒屋の店員さんと言えば、大きな声で元気よくオーダーを通したり、お客さんに呼ばれたら笑顔で対応したり、ホール・キッチン問わず忙しく動き回っているイメージではないでしょうか。テキパキと仕事をこなす居酒屋の店員さんを見て「この仕事はキツそう」「忙しそう」というイメージが定着してしまっていますよね。居酒屋の仕事はその「キツい」「大変そう」

居酒屋バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

あなたは、「バイト」と聞いてどのような仕事を思い浮かべますか?まずほとんどの方が思い浮かぶのが居酒屋ではないでしょうか。大学時代、4年間居酒屋バイトをしていた私が居酒屋バイトの時給をメインにご紹介。居酒屋バイトを検討しているあなた!参考にしてみてはいかがでしょうか。居酒屋バイトの給料の相場はどのくらい?居酒屋バイトの給料相場は、そのお店の形態や種類、もちろん地域によって異なります。例えば、私が働いていた居酒屋は個人経営店だったので昇給等のマニュアルはなく、日々の頑張りを時給に反映させる、というような時給の決まり方でした。もちろん基本給はありますが、店長に「時給を上げてほしい」との旨を伝える機会

ファーストフードバイトをおすすめする理由教えます!コンビニやファミレスとの違いは?

ファーストフード店でアルバイトしようと考えたことはありませんか?興味はあるけれど、実際のところどうなのだろう…と気になっている方も多いのではないでしょうか。学生時代に大手ハンバーガーショップでアルバイトを経験した私から見て、ファーストフード店のアルバイトは、一度経験してみた方が良いおすすめのお仕事です!私の経験や人の話などから、ファーストフード店の特徴やおすすめの点などを検証していきましょう。ファーストフードのバイト先にはどんなところがあるの?様々なファーストフード店が、街中にあふれています。マクドナルドやモスバーガーなどのハンバーガーショップ、吉野屋やすき屋などの丼物系、ドミノやピザハットな

ラーメン屋求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老若男女問わず人気の国民食であるラーメン、店に何度も食べに行く人も多いのではないでしょうか。店内に入ると、活気のある声が響き渡りおいしそうな匂いもしてきて、期待に胸を膨らませてラーメンが出てくるのを心待ちにしている人もいるでしょう。ラーメンを通してワクワク感や幸せを提供してくれるラーメン屋ですが、従業員になって提供する側になってみたいと感じたことはないでしょうか。ラーメン屋のおすすめ求人ポイントや、募集内容について紹介をしていきます。ラーメン屋求人にはどんな仕事があるの?ラーメン屋の仕事内容は、大きく分けて調理担当と接客担当の二種類となります。そのため、ラーメン屋の求人についても、この二種類の

ラーメン屋の仕事内容を経験者がご紹介!やりがいや面白いポイントはこんなところ!

国民食は数あれど、気がづけばまた新しいラーメン屋ができていると感じる程、ラーメンは日本人に必要とされ、愛されている食べ物です。国民食の中でも人気は上位であると言えるでしょう。そんな人気国民食のラーメンですが、作ってくれるラーメン屋は一体どんな仕事をしているのか、気になったことはないでしょうか。人気国民食のラーメンを作る、ラーメン屋の仕事内容を紹介していきます。ラーメン屋の大まかな仕事内容ラーメン屋は、大きく分けて、ラーメンを作る調理担当とお客様対応を行うホール担当で組織されています。調理担当は、ラーメン作りに関連した業務全般を担当します。ホール担当は、お客様対応全般を担当します。ラーメン屋の仕

居酒屋でホワイトな職場の5個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

テレビなどで居酒屋の長時間労働が問題になっているニュースを、一時期は度々目にしました。残念なことに最悪の事態に陥ってしまったケースもあり、ブラック企業は社会問題ともなりました。時間が経つと風化していきがちですが、居酒屋はとても身近であり、自分自身や身近な人が働こうとしていることも多いと思うので、居酒屋ってやっぱりブラックなの?という問題はかなり気になるかと思います。そんな居酒屋でのお仕事で、ホワイトな職場の特徴について今回考えていきたいと思います。居酒屋にブラックな職場はまだ多い?居酒屋=ブラックなイメージが様々なニュースや報道でついてしまったことにより、逆にホワイトな居酒屋を強みとして頑張っ

バイトならバーがおすすめな5個の理由。私がコレで得をしたり勉強になった!

お酒が飲めるようになって、社会人になってから、何かのきっかけでバーへ行くことはあるかと思います。おしゃれなバーへ行くとなんだか大人になった気分ですし、手早くお酒を作っていくバーテンダーを見ると惚れ惚れしたり、憧れたりします。もちろん、おしゃれなバーでバーテンダーとして働くことに憧れる人も多いかと思います。大学生やフリーターなどには、人気のアルバイトの一つと言っても過言ではありません。夜が遅い仕事ですが、時給がいいのとお酒について学べることや色々な人と知り合える仕事です。今回は、バーテンダーの仕事にスポットを当てて、バーテンダーの仕事内容やおすすめの理由などについて紹介していきます。バーのバイト

アルバイトなら居酒屋がおすすめな5個の理由

大学生にとって不動の人気を誇るアルバイトである居酒屋バイト。なぜ、そんなにも人気があるのでしょうか。これから居酒屋バイトをしようと思っている方はぜひとも参考にしてください。居酒屋アルバイトの仕事内容ってどんな内容? 簡単に居酒屋バイトの仕事内容をご紹介します。居酒屋のバイトは大きく分けてホール業務とキッチン業務に分けて募集がされます。7割〜8割の人がホール業務に従事しているというのが現実です。ホール業務ホール業務の仕事は多岐に渡ります。サーバントからレジまで多くのことを広い視点を持って同時にこなしていくことが重要です。接客お客様が来店したらまず席に案内することから始まります。新規(予約なし)で

バーテンダーを辞めたい…と感じる人の4個の理由と乗り越え方とは?

憧れのバーテンダーの仕事をしてみたものの思っていた以上に大変だった…とか、昼夜逆転することで友達や恋人との時間がすれ違ってしまった…など、様々な問題があり、バーテンダーを辞めたいと思う人も少なくないと思います。実際に、バーテンダーを始めたら昼夜逆転して大学生は朝の授業に行きづらくなったり、夜型になったことで昼間に友達と遊ぶことが減ったりするのは事実です。中には、まだ頑張ってみようかな…とか、続けたいけど様々な理由で辞めないといけないのかな…と考えている人もいらっしゃると思います。今回は、バーテンダーを辞めたいと思う理由やその乗り越え方について紹介していきます。バーテンダーのおおまかな仕事内容と

定食屋のアルバイトをやってて良かった5個のこと

定食屋のアルバイトってどんなイメージをお持ちでしょうか?定食屋ってなんだか覚えることが多そうとか、接客が大変そうなど、人それぞれ色々な想像があるかと思います。今回は定食屋さんのアルバイトの実体験からやってて良かったと自信を持っていえる点をいくつか紹介したいと思います。定食屋さんのアルバイトに興味がある人にはきっとお役に立てる内容だと思います。最後までお楽しみくださいませ。定食屋のアルバイトをやってて良かった5個のこと定食屋のアルバイトは実生活に役立つ内容が満載です。食に関することだけではなく、社会において役に立つ知識を学ぶことがたくさんあります。そんなたくさんの中から今回はやってて良かった5個

カフェ店長の給料や年収はどのくらい?今すぐ実践!給料アップの方法も教えます!

カフェの店長の待遇、主に給料について紹介します。とても魅力的で人気の高いカフェの仕事ですが、一生の仕事として、あるいは店長として責任を持って務めるにあたり不安を抱かれる方も多いと思います。そのような方々の疑問や不安が少しでも解消されれば幸いです。カフェ店長の給料の相場はどのくらい?カフェの店長は決して極端に給料の良い仕事とは言えません。しかし、普通に生活していくのに支障がない程度は貰えます。また、会社やお店の状況によって待遇面などは大きく変わります。正社員で新卒入社した場合のカフェ店長の給料相場正社員で新卒入社した場合、最初から店長職に就くのは恐らく難しいでしょう。最初は平社員あるいは副店長と

カフェ店長になるには?学んでおくべきことは何?仕事の探し方や注意点までお伝えします!

カフェの仕事というと「お洒落な店内で働く」「可愛い制服」「コーヒーの匂いやお洒落なスイーツに囲まれた仕事」などのイメージを持つ人が多いでしょう。実際にカフェの求人に応募する人も、上記のようなイメージを抱いて働きたいと思っている人も少なくありません。では、カフェの店長の仕事にはどのようなイメージがあるでしょうか?颯爽と仕事をこなす人や仕事ができる人というイメージが多いかもしれません。カフェで働きたいと思っている人の中には「店長をやってみたい」「将来オーナーになりたい」と考える人も多いですが、店長という仕事の実態を知らないという人もいるでしょう。カフェ店長の仕事は思っている以上に大変ですが、それ以

調理師アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

アルバイトを始めようと考えた時、皆さんは何を重視して選びますか。長く働けるアルバイトを選ぶコツはやはり「楽しめるかどうか」が重要になってきます。人と話すことが好きな方は接客業を、パソコンが好きな方はパソコンを使った業務のあるアルバイトを選ぶことでストレスなくアルバイトに打ち込めます。料理が好きな方は調理補助としてアルバイトをしてみるのはいかがでしょうか。「調理師」と名乗ることができるのは調理師免許を持っている人だけですが、調理補助としてなら短時間のアルバイトでも求人を見つけることができます。今回は飲食店でアルバイトとして調理をする「調理補助」に注目してお話をしていきましょう!新しいアルバイトを

ファミレス求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

学生の方や主婦の方、更にはシルバーの方など、ファミレスは採用の枠が広く、またシフトがかなり融通が効くこともあり、人気のアルバイトです。また、正社員や契約社員の求人も他業種と比較して多いのも魅力の一つで、就職や転職の選択肢として検討されている方も多いのではないでしょうか。働き先としてファミレスは大変魅力的ですが、経験のない方には募集内容やわからないことなどたくさんあるでしょう。そこで、今回はファミレス求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します。ファミレスの仕事内容とは?実際に、どんな仕事があるのか気になりますよね。それでは、まず最初にファミレスの仕事内容につい

調理師の仕事が辛い…と感じる5個の瞬間とその乗り越え方

料理が好きな人、食べることが好きな人の中には「調理師になって、美味しい料理をつくりたい!」と思う方も多いのではないでしょうか。プロの調理師に憧れて、調理の専門学校に通う方もいるでしょう。でも、知っていますか。調理師の仕事は離職率がとても高く、専門学校から斡旋された新入社員でも、一年経たずに調理師業界を去ってしまうことが本当によくあります。調理師の仕事は厳しく辛く、そして長い修行期間に耐えられるかどうかがまず最初の壁になります。仕事を続け、活躍をする人がいる一方、調理を一生の仕事にしたいと入社してきた新人でも、半年後には現実と理想のギャップに苦しんで退職を選んでしまうことは珍しくありません。調理

大阪の喫茶店バイト求人で人気なお店・エリアや時給相場を解説します

喫茶店のバイトというとあまり最近は馴染みがないかもしれません。特に若い世代には喫茶店というよりカフェとしての認識が浸透していると思います。ところで喫茶店とカフェって違うのでしょうか?ほとんどの人が、喫茶店を英語で訳したらカフェだから一緒ではないかと思っているかもしれません。確かに営業業態はそこまで差はありません。ただ、実は、飲食店として営業していくには食品営業許可が必要なのですが、喫茶店とカフェではこの食品営業許可が違います。カフェは、イメージとしてサンドイッチなどの軽食とコーヒー・紅茶と思うかもしれませんが、最近のカフェは、例えば、タリーズでパスタが提供されたり、スターバックスではお酒が飲め

京都カフェ求人の特徴や、人気なエリア・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

京都といえば、古き良き日本をイメージする人が多いかと思います。観光地で有名な清水寺や金閣寺、八坂神社、祇園、四条や三条などがあります。そんな京都は、街の至るとろこにカフェがあります。古い喫茶店やモダンなカフェ、日本人にも外国人にも人気の高いカフェは町家を改装したものがあります。意外にカフェの多い京都では、カフェの仕事が多く、学生を中心に人気だったりします。また、外国人が多いため、外国語を使って仕事ができるので京都だけでなく隣の大阪からバイトをしにくる人も少なくありません。今回は、京都のカフェ事情や京都のカフェ求人について紹介します。京都のカフェで仕事をしてみたいと思っている人や興味がある人はぜ

うどん屋求人の募集内容は?おおまかな仕事内容と一緒におすすめ求人のポイント教えます!

アルバイトで一番需要が高く、近年時給争い担っているのが「飲食店」。その中でも人気なバイトが居酒屋ですが、夜には働きたくないなぁという学生さんに一定数需要があるのが、レストランや定食屋などの日中に動く飲食店かと思います。私も夜遅く働きたくない、でも土日は暇だからその時間に働きたい、と思い昼間忙しい飲食店のバイトに応募しました。そんな私が選んだのが「うどん屋」。地場チェーンである程度お店は繁盛し、土日のアルバイターを求めていたので応募に至りました。ただ日中の飲食店の時給はさほど高くないのが前提!でもかなり楽しく働けますよ!私の経験を元にうどん屋求人のお仕事についてお伝えします!うどん屋のおおまかな

ウェイターバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の4個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

ウェイターには様々な種類があります。レストランだけでなく、披露宴やパーティーのウェイターもあります。結婚式といえば人生最高の日とも言われ、一生に残る感動の場です。人生で一度は体験してみたいですよね!披露宴でのウェイターバイトをすれば、貴方も感動の場に参加することが出来ます!そんな披露宴ウェイターバイトを中心に、時給や募集要項、おすすめの求人4個の特徴。向き不向きな人、やりがいなどをすべて解説します!ウェイターのおおまかな仕事内容結婚式の流れをご存知でしょうか?ウェイターに関連する基本的な流れを完結に説明すると、【新郎新婦入場】→【乾杯】→【食事と歓談】→【余興】→【謝辞】→【退場】と、なってお

サンドイッチ店求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

サンドイッチの店舗はサブウェイを中心に日本でも浸透してきました。手軽に食べれる、さっと食事を済ませれるとかあんまり多くの食事を取れないけど何か食べたいなんて時にコンビニやサンドイッチ屋でサンドイッチを購入する人も少なくないと思います。一方でサンドイッチのお店の仕事内容はあまり知られていません。サンドイッチを作ると一言で言ってしまえばそれまでですが、サンドイッチを作るにも色々と仕事内容が分かれていたりします。現在日本にあるサンドイッチのお店は、従来の食パンに具材を挟んで四角や三角に切って店頭に並べるタイプのお店とサブウェイのようにコッペパンのようなパンに具材を挟むお店とほぼ二つに分かれます。店舗

飲食店長の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するためにやっておくべき3個のこと

外食産業で拡大の一途を辿る飲食店は店長でお店の雰囲気、従業員や商品の質が変わります。ここでは、そんな飲食店の店長の転職について取り上げ、成功するために狙い目な会社の特徴と上手に転職するためにやっておくべきことをご紹介します。飲食店長の転職で注意したほうが良い3個のこと飲食店の店長は注意しなければならないことがたくさんあります。ここでは、数ある注意点の中でも十分気を付けなければならない項目についてご紹介いたします。転職した途端に売上が急激に下がることがないようにする飲食店では店長が変わった途端、売上が急落するケースが少なくありません。原因としては、「味が変わる」、「雰囲気が変わる」、「従業員が入

ドーナツ屋のアルバイトをやって良かった3個のこと。そのメリットや、そこで身に付いた力を紹介!

沢山のドーナツ屋があり、アルバイトとして働く方も多く人気のある職業です。ドーナツ屋さんで働いたメリットや働いて身につくスキルの紹介や、どのようなドーナツ屋で働くべきかを紹介したいと思います。ドーナツ屋のアルバイトをやって良かった3個のこととは?ドーナツ屋さんで働いていると良かったと思えることも沢山あります。どのような時に良かったと感じるか等を紹介したいと思います。アルバイトの幅が増えるドーナツ屋はチェーン店も多く、チョココーティングのやり方やクリームの絞り方等、一度覚えてしまうとどこの職場でも通用することが多いです。ドーナツ屋で働いた経験を活かしパン屋さん等で働く方も多いです。就職活動の際に良

洗い場求人の募集内容をご紹介!きつい?仕事内容や向いてる人の特徴もチェックしよう!

ホテル業界の縁の下の力持ちとして、大きな役割を担っているのがホテルの洗い場のお仕事!夏休みや長期休みを利用したアルバイトといったイメージが定着していますが、実は非常に奥が深い仕事です。洗い場の仕事効率がそのままホテルの営業成績に大きく影響を及ぼすということが、ホテル業界の中ではとても重要視されていることを知っている人はなかなかいないのではないでしょうか?そして、通称洗い場のエキスパートと称され、“専属の正規社員”がいるという事実も意外と知られていない事実かもしれません。今回は、そんな洗い場求人でよくある募集内容や仕事の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説していきます!洗い場の

ファミレス正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ファミレスでの仕事と言うと、きついというイメージを持っている方も多いかもしれません。しかし、実際にはお客様が食事をする時間を通して接客できるため、良いこともダイレクトに伝えていただけるお仕事です。特に正社員となり、店長としてお店を任されるようになると、普通の会社員とは違い、主体的にお店を運営することができます。ここでは、ただ机に向かうだけではない、ファミレス正社員の魅力をご紹介します。ファミレスの仕事はどんな仕事?ファミレスの仕事は、主に「ホール」と「キッチン」に分かれています。「ホール」は、お客様が食事をするスペースでの仕事を指し、席へのご案内から、注文受け、食事の提供、お会計とテーブルの後

ベーカリーへの転職を考えてる人はチェック!ベーカリーが働いて欲しいスタッフはどんな人?

ベーカリーの仕事と聞いてどんなことをイメージしますか?パンに囲まれた職場ですか?それとも朝が大変なイメージですか?ベーカリーの仕事と聞くとほとんどの人は、当然ですがパンや朝が早い、女性が多い職場、厳しい仕事のイメージではないかと思います。ベーカリーの仕事は、華やかなイメージがあったり、おしゃれな店内やおしゃれなパンがあるので憧れる人も少なくありません。事実、ドラマや映画などで見るベーカリーはすごくおしゃれに見えます。ただ、実際にどういった仕事があるのかについてはあまり詳しく知っている人はいないかもしれません。朝が早いからベーカリーは向いていないとか、手先が器用じゃないからベーカリーの仕事は務ま

イタリアンレストランの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

求人などを見てこれから仕事を始めようとしている方は沢山いると思います。興味がありやってみたい仕事に応募する時、「この仕事は私に向いているかな?」「未経験だけど大丈夫かな?」と不安ですよね。今回は人気のイタリアンレストランの仕事について解説していきます。イタリアンレストランの仕事には、どんな仕事がある?レストランなので、大まかに言うと「ホール」と「コック」に分かれます。ホールは給仕係で、お客様へ料理を運んだり注文を伺ったりするのが主な仕事です。コックは調理担当となり、注文を受けた料理を調理して提供をします。雇用形態別の大まかな仕事内容や役割主な募集形態は正社員とパート・アルバイトです。正社員正社

レストランの転職を成功させるために!狙い目な会社の特徴と上手に転職するための3個の注意点

これから飲食業界のレストラン勤務に初めて挑戦する方や、すでに働いていて別のレストランに転職したいと考えている方々へ向けて、転職に関する注意ポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。また、良い転職先の条件や上手な転職方法も解説していきます。必見の情報ばかりですので、ぜひチェックしていってくださいね。レストランの転職で注意したほうが良い3個のこと給与や役職はリセットされる今まで働いてきた実績を見られますが、あなたの実力までは慮ってはくれません。そうしたときに給与や役職などはリセットされる傾向にありますので、ご注意ください。ただし、引き抜きやヘッドハンティングのような形で話を持ちかけてくれてい

カフェアルバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

求人媒体で多く見かけるのが飲食店のアルバイトです。幅広い年齢層で募集しているので、学生さんや主婦の方も働きやすいですよね。「週2日から」など少ない日数でも働けたり、シフトが2週間毎の提出だったりと融通が利くところも嬉しいポイントです。中でもカフェのアルバイトは若い人たちに大人気です。制服や賄いなども気になりますよね。話題のスポットの近くやお洒落なカフェで一度は働いてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。今回は、カフェで働くために必要なスキルや時給などをお伝えします。カフェのアルバイトの給料の相場はどのくらい?カフェのアルバイトは、時給が安いイメージがありませんか。確かにレストランやダ

ベーカリー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ベーカリーやパティシエの仕事を、正社員として働いてみたいと考えている人や憧れている人は少なくありません。毎年小学生のなりたい仕事では、パティシエやブーランジェリーはランクインしています。ただ、正社員として働いてみたいと思っても、アルバイト経験がないのにいきなり正社員で働かせてもらえるかどうか不安ですし、アルバイトでベーカリーの仕事をしたことない人にとっては、どういう業務があるかわかりません。ベーカリーで働くイメージは、朝早くてしんどい、体育会系や立ち仕事といったところかと思います。今回は、ベーカリーの正社員としての仕事内容を紹介としたいと思います。アルバイト経験はないけれど、ベーカリーの仕事に

ベーカリーの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、身に付く力について解説します

ベーカリーの仕事というとよくイメージされるのはパンを作っているところ、朝が早いところ、力仕事、体育会系の仕事のイメージかと思います。どれも間違いではありません。ただ、実際の仕事内容がどういうものかはあまり知られていません。ベーカリーの仕事をしてみたいけど、体育会系が苦手だからどうしようかなと考えていたり、力仕事は苦手だなと思っていたり、ベーカリーの仕事は朝が早いから仕事の選択肢から外そうと思っている人がいるかもしれません。今回は、ベーカリーの仕事内容について詳しく紹介していきます。ベーカリーの仕事はどんな仕事?ベーカリーの仕事は意外と知られているようで知られていません。パンを作ること、朝が早い