これから飲食店で働いてみたいと求人情報誌を読みながら考えている人の中では、「でも飲食ってブラックな企業が多いって聞くよなぁ」という意見の方もいるかと思います。

たしかに一昔前には「飲食=ブラック」とか「飲食=底辺」などといったあまり良くないイメージが付いてしまっていましたが、現在ではそんな企業はほとんど存在しません。

これは東京なら東京の最低賃金、沖縄なら沖縄の最低賃金というのは決まってますから、それを下回ることはあり得ないわけです。

しかしそうは言っても気になるのが飲食企業の体質。

ここではそんな飲食業界に詳しい筆者が、懇切丁寧にホワイト企業の見分け方について徹底解説していきます。

ブラックかホワイトかというのはある程度求人情報を見れば分かりますし、面接の方法でも察知できます。

そういった抑えておくべきポイントを教えていきますので、ぜひ参考にしてもらえればと考えています。

それでは各項目ごとに気になる実態を見ていきましょう。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

飲食店にブラックな職場はまだ多い?

飲食業界に携わっていると、こういった質問をよく耳にすることがあります。

果たしてブラック企業というのはまだ多いのでしょうか?

答えは「ノー」です。

もちろん完全にゼロということは他業種も含めてあり得ませんので、存在することは存在します。

特に飲食業界における一番のブラックポイントは「勤務時間の長さ」ですね。

他の企業よりも圧倒的に稼動している時間が長いわけですから、その分働く時間も長くなります。

現在多くの普通の飲食店の場合は、そんなに長時間労働というのはありません。

これは何故かというと、人材へのケアという観点もありますが「生産性が悪い」という経営的側面があるからです。

たとえば一人の人間を8時間以上働かせる場合には法定規則に則り超過した分には「時給の25%をアップして付与」しなければなりません。

大きな企業でこれを行わない場合まず監査が入りますね。

そうすると業務停止命令が出ますから、かなりのリスクです。

それなら単純に考えて人を2人雇った方が安上がりなんです、人件費という面では。

16時間を1人の人間に働かせるのと8時間ずつ2人に分担させるのでは、後者の方が時給25%アップがない分圧倒的に人件費が安く済みますよね?

ですから基本的にはブラック企業というのはかなり少なくなってきているのが現状です。

「スーパーブラック」なところではタイムカードを8時間分に抑えて10時間~12時間働かせるということもあったようですが、そんなところは論外ですし従業員のモチベーションも低く飲食店としてのクオリティーも限りなく低いです。

そんなところにお客さんが集まるわけもなくドンドンつぶれていってるわけですから、かなり飲食業界はホワイト化してきたといえるでしょう。

飲食店の仕事に興味はあるけど、自分に向いてるか心配な人は、こちらから相談してみると良いでしょう。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

飲食転でブラックだと思う職場の特徴

さて、それでも先ほど書いたように「スーパーブラック」な飲食店もいまだに存在します。

ここではブラック飲食店とされる店の特徴を書き上げますので、これに該当しているところで働いている方は、今すぐに転職をすることをおススメいたします。

また、これから働こうとしている人でこういった部分が不明確な企業では、働かないように気を付けてください。

長時間労働で残業代が出ない

上記でも触れましたが、「8時間分のタイムカード計算で10時間以上働かされる」というのがブラック飲食の特徴です。

理由は先ほど述べたように法定規則で時給をアップさせなければいけないところを支払いたくないからですね。

基本的に働いているのにお金が出ないというのは契約違反です。

最初の契約書に「お店が忙しいときや人が足りないときには、8時間でタイムカードを切ってでもその後無償で手伝ってもらうことがあります」とでも書いてあれば話は別ですが、そんな契約内容でオーケーする人なんていませんよね?

昔は寿司屋や和食の板前など「修行期間中は寝る間も惜しんで働いて勉強しろ」という文化があった業種もありますし、それ自体は本人の「一人前に早くなりたい」という希望もあるでしょうから否定しませんが、そういったところを勝手に美徳と取って普通の飲食店に持ち込んだ経営者がいるわけです。

それがブラック飲食の起源ともいえます。

休めない

そういった環境下だと休日も取れないというのを昔はよく耳にしました。

実際に年末などの繁忙期はどこの飲食店でも休みが少なくなりがちですが、それとは別の理由でブラック飲食では休みが取れないのです。

それが「人材不足」というブラック飲食が抱える共通の悩みです。

長時間労働をずっと強いられてくることによる、モチベーションの低下。

それに伴う退職者の多さによって、店舗は常に人が足りないという状態。

そうなると休みの日でも出勤しなければならないことも多くなるのは必然ですよね?

基本的にこういった悪循環を解決できないところがブラック飲食の特徴ともいえます。

今の職場がブラックかもと感じたら、こちらから相談してみると良いでしょう。

給与が安い

そして、そんなに働いたのにも関わらず給与が安い。

まさに絵に描いたような「ブラック飲食」の出来上がりです。

「長時間労働」「休みが少ない」「低賃金」はある意味ブラック飲食企業側からすれば三種の神器ともいえる条件です。

もし現在務めている飲食店がこれに該当する場合はいますぐに転職を考えて下さい。

心身ともに不健康になっていきますので、働き続けることを本当におススメできません。

昇給が見込めない

ブラック飲食では、働いていて唯一の希望である「昇給」すら見込めないのが現状です。

働く前であれば必ず面接時に昇給は年に何回査定があって、どれくらいの幅で給料がアップするのかを確認することを強くおススメします。

「働く前にそんなこと聞けないよ」と思う方もいるかもしれませんが、それはブラック飲食の思うツボです。

しっかり給料や昇給の金額を確認をしながら面接を進める、それを嫌がるような企業であればブラック飲食かもしれませんしあなたのことを不採用にするかもしれません。

逆にそういうところだったら採用にならなくてラッキーだったと思うくらいで大丈夫です。

給与や勤務時間が良くない状態なのを経営者が改善する気が無い

労働環境が劣悪なのに、それを改善する意識や経営手順を踏まない経営者ほど怖いものはありません。

スタッフに何かしらの説明をするなり、フォローをしなければ従業員も辞めていってしまいますよね?

そういった経営努力をしていない会社では働くだけ時間の無駄ですから、これも転職のきっかけとして基準に入れておいていいと思います。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ブラックなお店に勤めるデメリット

色々とブラック飲食の特徴を見てきましたが、実際にあなたにとって将来的にどんなデメリットがあるかをここではご紹介していきます。

ぜひ自分の働き方の改革のひとつとして参考にしてみてください。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

体を壊す可能性が高い

先ほども書きましたが「長時間労働」「休みが少ない」「低賃金」、これでは人は生活していけません。

きっと食生活は荒れて、睡眠時間も少ないはずですからまず身体を壊します。

もちろん周りでそこまでひどいブラック飲食ではないにしろ働きすぎで身体を壊した人間をたくさん見てきました。

心を病む可能性が高い

身体を壊すだけでなく、「心を病む」事態になると大変です。

心は身体よりも治りにくく、また解決方法も人によって違います。

一度壊れた心のバランスを整えるには大変な努力も必要ですので、そういったことにならないように早めに現在の自分の職場環境を冷静になって見つめなおすことが必要ですね。

貴重な労働時間の無駄使い

人生は有限ですからその中で働ける時間、言い換えれば生涯収入の絶対数というのは決まっているわけです。

その貴重な時間をそんなブラック飲食で浪費するというのは時間の無駄使い以外なにものでもありません。

「でも一応正社員だしなぁ・・・」と考える人もいるかもしれませんが、そういったところで正社員として3年間働くよりもどこかでアルバイトをしながら実用的な資格を取るための勉強をした方が5年10年先を考えたらよっぽと有益ですよ。

身体や心を壊すリスクを負ってまで現在の仕事をしなければいけない理由をもう一度よく考えた方がいいと思います。

もし、上記で紹介したことに当てはまるのなら、こちらからもっと自分に合った仕事を出して貰うと良いでしょう。

飲食店でホワイトな職場の4個の特徴とその見分け方

さて、ブラック飲食について長くご説明してきましたが「それじゃあどういったところがホワイト飲食なの?」と疑問に感じるかと思います。

ここではどういったところで働くのがいいのか条件面をメインにしてご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。

福利厚生が整っている

正社員になるのであればまずこちらをチェックしてみてください。

飲食業界がホワイト化されてきたとはいえ、まだまだ社会保障が完備されているところは多くはありません。

厚生年金、社会保険、住民税などの手続きを企業がちゃんとしてくれるのかは大事なポイントのひとつですので、あらかじめ予習していきましょう。

ちなみにこういった社保完備でないところにありがちなのは、手取りの給料がいいというケース。

これに関しては自分で手続きがやれてなおかつ経費を引いた額に納得出来ればいいですが、年金は国民年金扱いですので厚生年金に比べて将来のバックは少なくなりますね。

休憩や休暇がきちんと取れる

休みの希望や休憩時間が守られているところはホワイト飲食といって良いですが、こちらは現在ではほとんどの企業で守られていると思います。

昔のように休日なのに呼び出されるといったこともないでしょうから、大半の飲食店で安心して働けるようにはなっています。

法令遵守

企業のコンプライアンスというのが近年重要視されていますが、最初に述べたような「基準以上の労働時間に対する超過分の給与25%アップ」が守られているところはホワイト飲食といえるでしょう。

これは面接時に聞けば分かりますし、ちゃんとした企業なら募集内容にも書いてありますので見分けやすいかと思います。

勤怠管理がしっかりしている

ある程度店舗数が多いところでは、必ず勤怠管理がタイムカードもしくはパソコン上のシステムで管理されているのが現代の常識です。

これがおろそかなところはちょっと怖いですから、働くのを辞めたほうがいいでしょう。

こちらで紹介したような飲食店で働きたい人は、ここから候補を出して貰うことができます。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

飲食店でホワイトな職場を求人で見分けるには?

求人数

基本的にはあまり「大量募集」というところはおススメできません。

それだけ離職率が高いということですから。

ねらい目は「3人程度」「若干名」などと書いてあるところですね。

給与や残業代のシステム

先ほどご説明した法定基準の給与アップが募集要項に書いてあればホワイト飲食確定です。

こういったところは見つけやすいので、重点的に探すことをおススメします。

ホワイトな飲食店をお探しの人は、こちらの転職エージェントを利用してみるのも良いでしょう。

飲食店でホワイトな職場を面接で見分けるには?

求人と実際の雇用条件の差異

求人情報をしっかり頭の中に入れておいて、面接時にはちゃんとその条件で合っているかを確認しましょう。

実際に同じ内容が書かれた契約書が用意されているところであればホワイト飲食認定です。

休暇取得や残業について具体的に教えてくれるかどうか

こちらも上記と同じになりますが、シフト表などを実際に見せてくれるお店は良いお店です。

面接官が、働く側の人間が不安にならないように配慮出来る人間性ということだけでもかなり良い職場だと思いますね。

将来の上司に当たるわけですから、円滑なコミュニケーションと快適な労働環境のためにもどういった人なのかをチェックするのは大事です。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

雇用契約で書面があるかどうか

書面がしっかりとあるかどうかは企業としての体質として重要な部分です。

口約束など社会ではなんの意味も効力もありませんので、しっかりと全ての契約は書類にて済ませるようにしましょう。

他にもホワイトな職場か見極めるポイントを教えて欲しい人は、こちらから相談してみると良いでしょう。

まとめ

ブラックな飲食店をご説明しながら、逆説的にホワイトな飲食店の探し方を見てきましたがいかがでしたでしょうか。

現在はだいぶブラック飲食という概念はなくなってきましたが、ごくまれにまだ存在していますのでご紹介したような内容のところであれば働くのは止めておいた方がいいでしょうね。

特に重要なのは勤怠管理の有無です、ここがしっかりしてないところは他の管理体制もボロボロというところが多いですから。

飲食業界もずいぶんと様変わりをして一般的な企業とあまり変わらないくらいの好条件な会社が増えましたので、ぜひとも自分にとって最適な飲食店を見つけてみてくださいね。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

飲食求人

飲食求人についてもっと深堀りした情報を見る

名古屋の飲食店求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気なお店・エリア・年収相場を解説します

日本を代表する大都市の一つ、名古屋にはあまり知られていませんが、東海地方の名物が集結するグルメの街としての顔もあります。日本でグルメというと大阪、福岡、北海道などの名前が上がりますが、実は名古屋もグルメの豊富な都市です。グルメが豊富ということはそれだけ飲食店が豊富ということです。飲食店が豊富だと当然ですが、求人も豊富にあります。名古屋は、愛知県の玄関口である名古屋駅があり、在来線や新幹線が停車するため、地方や都市部から人が多く行き交います。また、名古屋独自で発展した繁華街も多くあるため、昼夜賑わいのある飲食エリアも存在しています。今回は、名古屋の飲食店求人にスポットをあてて名古屋の飲食店求人に

ケーキ屋の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための注意点

ケーキ店で働いているけれど最近なんだかマンネリ気味という方、ここ数年ステップアップのことを考えているという方、そろそろ転職の時期かもしれませんね。私は20年近くケーキ店でパティシエとして働いて来ましたが、パティシエという職業は何度か転職をして色んなお店を見てこそ力が付くと言う一面が大いにあると感じています。一般のオフィス勤めであれば転職回数はとても重要視されますが、パティシエは極端に短い期間の転職をのぞけば回数はマイナスポイントにはなりません。今回は、ケーキ店で働くパティシエたちの転職事情をいろんな角度からご紹介して行きましょう。本当に転職して良い?パティシエが転職を考えるタイミングとはパティ

ケーキ屋の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

特別な技術を必要とするパティシエという仕事。子どもたちの将来なりたい職業ランキングでも常に上位に入っている、華やかで明るい印象の世界です。パティシエたちは日々切磋琢磨しながら新しいケーキを生み出し、私達の生活を彩るケーキを製造しています。とても明るく素敵な世界に見えますが、実は忍耐とたゆまぬ努力が必要な世界。オフィス勤務に比べると体力も必要ですし、労働時間もとても長く覚悟がないと働き続けられない厳しい世界です。そんな修行を乗り越えて活躍するパティシエたちの懐事情は一体どうなっているのか、気になるところですよね。今現在は会社員として働いている人の中にも、やっぱりパティシエへの道を諦めきれない!と

うどん屋の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

うどん屋さんはお子様からお年寄りまで幅広い世代に人気で、1人でも家族でも入りやすい親しみのある飲食店です。うどん屋の仕事をしてみたいなと思っても、どんな仕事をしているのかや、どんな人がうどん屋に向いているのかなど、気になる点も多いかと思います。そんなうどん屋の仕事や求人情報について、仕事の選び方や選ぶ際の注意点をご紹介していきたいと思います。うどん屋ではどんな仕事をするの?うどん屋の仕事は調理スタッフとホールスタッフがあり、それぞれ役割が違います。調理スタッフはうどんを茹でたり、出汁やトッピングを準備します。トッピングには揚げ物が多く、天ぷらやかき揚げなどを揚げていきます。お客さんが食べ終わっ

居酒屋の就職を成功させるには?やっておくべきこと、面接対策など、経験者が解説します!

「居酒屋で働いてる人ってみんな楽しそう! 私もバイトしてみようかな~」「でも忙しそうだし、私にできるかな?」居酒屋といえば定番のアルバイトですよね。また、正社員でも「未経験可」「やる気のある方大歓迎」などの門戸の広い求人が多く、気になる人も多いのではないでしょうか?そんな皆さんに向けて今回の記事では、居酒屋の仕事内容を中心に、居酒屋で就職するにはどうすればよいのか?などを居酒屋で3年間働いてきた筆者が徹底的に解説していきます。居酒屋の仕事はどんな仕事?「お客様に料理やドリンクを運んだりするんでしょ?」実は、お客様には見えないところで大変な仕事がたくさんあります。居酒屋では、おおまかに「キッチン

飲食コンサルタントの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

これから飲食コンサルタントの仕事を目指している方、転職をお考えの方、年収について非常に興味が有るかと思います。ここでは、飲食コンサルタントの年収についてご紹介させて頂きます。飲食コンサルタントの年収の相場はどのくらい?飲食店コンサルタントの年収は、個人のスキルは勿論の事、努める会社によっても様々ですし、個人で起業した場合は、仕事した分全てが収入に成りますので、相場は有って無い様なものです。どの様な形で飲食店のコンサルタントの仕事をしたとしても、その人のスキルにより大幅に年収が変わると言うのが、現状です。それだけに、毎日休まず10年働いたからと言って収入が上がる分けでなく、逆に勤務年数が短くても

ピザデリバリーバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「友人を集めてホームパーティー」「悪天候で買い物に行くのが億劫」そんな時にみなさんも一度はピザデリバリーを注文した経験があるのではないでしょうか。比較的時給が高く、効率良く稼げるピザデリバリーバイトについてここでは解説していきます。ピザデリバリーバイトの大まかな仕事内容誰しもが街で一度は見かけた事のある、屋根付きの三輪原付きバイクが、ピザデリバリー用のバイクです。基本的にはこのバイクを運転して、注文を受けた商品をお客様の元に届けるのが主な仕事内容となります。そこまで注文の数が多くない通常時の仕事内容を一例として、実際の業務の流れは下記のようになります。1.主にインストアスタッフが電話やネットで

ピザ屋バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ピザは、日本の食卓シーンでもおなじみの料理となっており、人気の高い料理です。マルゲリータやシーフード、チキンなど、様々な種類があるのも魅力の一つです。ピザが好きな人は、あの良い匂いの中で働いてみたいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。そんな魅力溢れるピザ屋のバイト求人でよくある募集内容や、おすすめの求人内容などについて紹介をしていきます。ピザ屋バイトってどんな仕事?ピザ屋バイトの仕事は大きく分けて、店内でピザを作るインストア業務と、ピザをバイクで配達するデリバリー業務に分けられます。インストアとデリバリーで、給料は変わります。デリバリーの場合は、空き時間にチラシ配りを行うことがあり

ファミレスのキッチンバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

ファミリーレストランは気軽に行くことができる身近な飲食店ですよね。特に近年ではドリンクバーは当たり前、値段もお手頃で美味しい料理が食べられるというイメージです。そこで働いている人は、学生などの若いアルバイトの人や、長年いるベテランまで様々です。今回はそんな身近にあるファミリーレストランのキッチンでのバイトについてご紹介いたします!ファミレスのキッチンバイトの大まかな仕事内容ファミリーレストランのキッチンでは、お客様から注文をいただいた品物を作るお仕事です。食事の部門からデザート部門まで幅広く調理担当します。近年様々な大手チェーン店が増えてきましたが、殆どの調理場が半調理品の仕上げ作業という場合

牛丼屋求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

街によくある牛丼屋。あれだけの速さでご飯が出てくるのは、牛丼屋ならではと思います。そんな牛丼屋で働くにはどうしたらよいのでしょうか?アルバイト、正社員含めて牛丼屋求人について解説をしていきます。牛丼屋の仕事ってどんな仕事?牛丼屋はファーストフードに分類される飯屋です。24時間365日休まないお店です。その中では、牛丼や定食類を作ったり、仕込みをする「キッチン」、お客様に提供し、食器類を片付け、テイクアウト用の品を揃える「ホール」大まかにはこの二つの役割から仕事が成立します。キッチンは、牛丼のお肉の煮込み、ご飯炊き、サラダや、定食、トッピングなどの仕込みや、配送された食材を冷蔵庫にしまう作業も行


飲食求人に関するコラム

ホールスタッフの仕事内容14個の業務。経験者が教えます!

レストランや喫茶店などの飲食店で働くホールスタッフは、どのような仕事をしているか知っていますか?注文を取って出来上がった商品をお客様に渡す、レジで会計するという流れが、お客の立場からでも垣間見れる仕事ですね。ホールスタッフが行っている裏方の仕事はなかなか目に見えないものです。そこで、ホールスタッフの仕事内容について掘り下げ、詳しく紹介していきます。ホールスタッフの大まかな仕事内容は?お客様と一番接する機会が多いのがホールスタッフです。お店の印象は料理の美味しさもありますが、スタッフの印象も随分多くあります。来店から帰るまで、お客様に心地良いひと時を過ごしてもらうために、十分な気配りをしながら業

回転寿司の仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

今ではお手頃に食べれるようになった回転寿司屋さん。皆さんもよく行かれると思います。100円均一からお皿の色でお値段が変わる本格的なにぎりたてのお寿司を提供する回転寿司屋さんもあります。今回はそんな回転寿司屋さんでは、実際どのようなお仕事をされてるのか、仕事内容をいくつかをピックアップして、わかりやすくお話したいと思います。回転寿司の仕事の大まかな内容は?やはり、回転寿司と言えど、お寿司を提供する場ですので、お寿司を作るスタッフ、仕込みをするスタッフ、サイドメニューを用意するスタッフなどキッチンの中やホールと言われるお客様がお座りになっているお席の周りで、遅れてるお寿司やレーンに流せない商品、ド

飲食店のホールの仕事のコツとは?失敗談も交えて、3年働いた私が解説します!

外食をしたことはきっと誰にでもあると思います。その時、接客していた店員さんは、素敵でしたか?イマイチと思う部分がありましたか?お店の食事がとっても美味しくても、店員の動作が乱暴だったり素っ気無くされると、同じお店にまた行きたいとは思えなくなってしまいます。そんな「接客業と言えば」の代表のような飲食店のホールの仕事やコツについて解説します。飲食店のホールの仕事内容まず、レストランに入るところから想像してみましょう。「いらっしゃいませ、何名様でいらっしゃいますか?」「お席にご案内いたします」「メニューがお決まりの頃、お伺いします」など、お店に入って食事をして外へ出るまでの全てを案内するのが、飲食店

飲食業界の転職エージェントでおすすめな会社7選とその理由・エージェントを使うメリットとは?

飲食業界で転職を考えているあなた、どのような方法で転職活動を始めていますか?求人サイトやハローワーク、転職エージェントなどを使う人が多いですよね。でも、飲食業界で転職をするなら転職エージェントを利用するのが一番です。飲食業界は労働時間が不規則だったり、休日があまりとれなかったり、離職率が高い職場だったり、あまりよくない労働環境の会社もありますよね。それを求人や面接で判断するのはとても難しいです。転職エージェントなら、業界独自の情報やその会社の情報が詳しくありますので、入社してから「こんなはずじゃなかった!」という失敗を防ぐことができます。今回は飲食業界で転職するにあたってのおすすめの転職エージ

飲食店の仕事はつらいと感じる人の7個の理由と事前につらい職場を見抜く方法とは?

現在、飲食店で働いていて毎日つらいなぁと嘆いている多くの方々。その気持ち、分からないでもないですよ。筆者も元々飲食店で雇われながら生活をしてきましたので、充分理解出来ます。そんな飲食店で働いていて「つらい」と感じる理由を解説していきながら、今後飲食店で働こうと考えている人へ失敗しない飲食店選びに関するアドバイスを送っていきたいと思っています。飲食店がつらいと感じる原因や根本は基本的にどこも同じです。そういったことに対してどう対処していけばいいのか、必見の内容となっております。飲食店のおおまかな仕事内容飲食店では基本的にホールとキッチンの2つに仕事が分けられます。そうした中で悩みというのはほとん