これから飲食店で働いてみたいと求人情報誌を読みながら考えている人の中では、「でも飲食ってブラックな企業が多いって聞くよなぁ」という意見の方もいるかと思います。

たしかに一昔前には「飲食=ブラック」とか「飲食=底辺」などといったあまり良くないイメージが付いてしまっていましたが、現在ではそんな企業はほとんど存在しません。

これは東京なら東京の最低賃金、沖縄なら沖縄の最低賃金というのは決まってますから、それを下回ることはあり得ないわけです。

しかしそうは言っても気になるのが飲食企業の体質。

ここではそんな飲食業界に詳しい筆者が、懇切丁寧にホワイト企業の見分け方について徹底解説していきます。

ブラックかホワイトかというのはある程度求人情報を見れば分かりますし、面接の方法でも察知できます。

そういった抑えておくべきポイントを教えていきますので、ぜひ参考にしてもらえればと考えています。

それでは各項目ごとに気になる実態を見ていきましょう。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

飲食店にブラックな職場はまだ多い?

飲食業界に携わっていると、こういった質問をよく耳にすることがあります。

果たしてブラック企業というのはまだ多いのでしょうか?

答えは「ノー」です。

もちろん完全にゼロということは他業種も含めてあり得ませんので、存在することは存在します。

特に飲食業界における一番のブラックポイントは「勤務時間の長さ」ですね。

他の企業よりも圧倒的に稼動している時間が長いわけですから、その分働く時間も長くなります。

現在多くの普通の飲食店の場合は、そんなに長時間労働というのはありません。

これは何故かというと、人材へのケアという観点もありますが「生産性が悪い」という経営的側面があるからです。

たとえば一人の人間を8時間以上働かせる場合には法定規則に則り超過した分には「時給の25%をアップして付与」しなければなりません。

大きな企業でこれを行わない場合まず監査が入りますね。

そうすると業務停止命令が出ますから、かなりのリスクです。

それなら単純に考えて人を2人雇った方が安上がりなんです、人件費という面では。

16時間を1人の人間に働かせるのと8時間ずつ2人に分担させるのでは、後者の方が時給25%アップがない分圧倒的に人件費が安く済みますよね?

ですから基本的にはブラック企業というのはかなり少なくなってきているのが現状です。

「スーパーブラック」なところではタイムカードを8時間分に抑えて10時間~12時間働かせるということもあったようですが、そんなところは論外ですし従業員のモチベーションも低く飲食店としてのクオリティーも限りなく低いです。

そんなところにお客さんが集まるわけもなくドンドンつぶれていってるわけですから、かなり飲食業界はホワイト化してきたといえるでしょう。

飲食転でブラックだと思う職場の特徴

さて、それでも先ほど書いたように「スーパーブラック」な飲食店もいまだに存在します。

ここではブラック飲食店とされる店の特徴を書き上げますので、これに該当しているところで働いている方は、今すぐに転職をすることをおススメいたします。

また、これから働こうとしている人でこういった部分が不明確な企業では、働かないように気を付けてください。

長時間労働で残業代が出ない

上記でも触れましたが、「8時間分のタイムカード計算で10時間以上働かされる」というのがブラック飲食の特徴です。

理由は先ほど述べたように法定規則で時給をアップさせなければいけないところを支払いたくないからですね。

基本的に働いているのにお金が出ないというのは契約違反です。

最初の契約書に「お店が忙しいときや人が足りないときには、8時間でタイムカードを切ってでもその後無償で手伝ってもらうことがあります」とでも書いてあれば話は別ですが、そんな契約内容でオーケーする人なんていませんよね?

昔は寿司屋や和食の板前など「修行期間中は寝る間も惜しんで働いて勉強しろ」という文化があった業種もありますし、それ自体は本人の「一人前に早くなりたい」という希望もあるでしょうから否定しませんが、そういったところを勝手に美徳と取って普通の飲食店に持ち込んだ経営者がいるわけです。

それがブラック飲食の起源ともいえます。

休めない

そういった環境下だと休日も取れないというのを昔はよく耳にしました。

実際に年末などの繁忙期はどこの飲食店でも休みが少なくなりがちですが、それとは別の理由でブラック飲食では休みが取れないのです。

それが「人材不足」というブラック飲食が抱える共通の悩みです。

長時間労働をずっと強いられてくることによる、モチベーションの低下。

それに伴う退職者の多さによって、店舗は常に人が足りないという状態。

そうなると休みの日でも出勤しなければならないことも多くなるのは必然ですよね?

基本的にこういった悪循環を解決できないところがブラック飲食の特徴ともいえます。

給与が安い

そして、そんなに働いたのにも関わらず給与が安い。

まさに絵に描いたような「ブラック飲食」の出来上がりです。

「長時間労働」「休みが少ない」「低賃金」はある意味ブラック飲食企業側からすれば三種の神器ともいえる条件です。

もし現在務めている飲食店がこれに該当する場合はいますぐに転職を考えて下さい。

心身ともに不健康になっていきますので、働き続けることを本当におススメできません。

昇給が見込めない

ブラック飲食では、働いていて唯一の希望である「昇給」すら見込めないのが現状です。

働く前であれば必ず面接時に昇給は年に何回査定があって、どれくらいの幅で給料がアップするのかを確認することを強くおススメします。

「働く前にそんなこと聞けないよ」と思う方もいるかもしれませんが、それはブラック飲食の思うツボです。

しっかり給料や昇給の金額を確認をしながら面接を進める、それを嫌がるような企業であればブラック飲食かもしれませんしあなたのことを不採用にするかもしれません。

逆にそういうところだったら採用にならなくてラッキーだったと思うくらいで大丈夫です。

給与や勤務時間が良くない状態なのを経営者が改善する気が無い

労働環境が劣悪なのに、それを改善する意識や経営手順を踏まない経営者ほど怖いものはありません。

スタッフに何かしらの説明をするなり、フォローをしなければ従業員も辞めていってしまいますよね?

そういった経営努力をしていない会社では働くだけ時間の無駄ですから、これも転職のきっかけとして基準に入れておいていいと思います。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ブラックなお店に勤めるデメリット

色々とブラック飲食の特徴を見てきましたが、実際にあなたにとって将来的にどんなデメリットがあるかをここではご紹介していきます。

ぜひ自分の働き方の改革のひとつとして参考にしてみてください。

体を壊す可能性が高い

先ほども書きましたが「長時間労働」「休みが少ない」「低賃金」、これでは人は生活していけません。

きっと食生活は荒れて、睡眠時間も少ないはずですからまず身体を壊します。

もちろん周りでそこまでひどいブラック飲食ではないにしろ働きすぎで身体を壊した人間をたくさん見てきました。

心を病む可能性が高い

身体を壊すだけでなく、「心を病む」事態になると大変です。

心は身体よりも治りにくく、また解決方法も人によって違います。

一度壊れた心のバランスを整えるには大変な努力も必要ですので、そういったことにならないように早めに現在の自分の職場環境を冷静になって見つめなおすことが必要ですね。

貴重な労働時間の無駄使い

人生は有限ですからその中で働ける時間、言い換えれば生涯収入の絶対数というのは決まっているわけです。

その貴重な時間をそんなブラック飲食で浪費するというのは時間の無駄使い以外なにものでもありません。

「でも一応正社員だしなぁ・・・」と考える人もいるかもしれませんが、そういったところで正社員として3年間働くよりもどこかでアルバイトをしながら実用的な資格を取るための勉強をした方が5年10年先を考えたらよっぽと有益ですよ。

身体や心を壊すリスクを負ってまで現在の仕事をしなければいけない理由をもう一度よく考えた方がいいと思います。

飲食店でホワイトな職場の4個の特徴とその見分け方

さて、ブラック飲食について長くご説明してきましたが「それじゃあどういったところがホワイト飲食なの?」と疑問に感じるかと思います。

ここではどういったところで働くのがいいのか条件面をメインにしてご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。

福利厚生が整っている

正社員になるのであればまずこちらをチェックしてみてください。

飲食業界がホワイト化されてきたとはいえ、まだまだ社会保障が完備されているところは多くはありません。

厚生年金、社会保険、住民税などの手続きを企業がちゃんとしてくれるのかは大事なポイントのひとつですので、あらかじめ予習していきましょう。

ちなみにこういった社保完備でないところにありがちなのは、手取りの給料がいいというケース。

これに関しては自分で手続きがやれてなおかつ経費を引いた額に納得出来ればいいですが、年金は国民年金扱いですので厚生年金に比べて将来のバックは少なくなりますね。

休憩や休暇がきちんと取れる

休みの希望や休憩時間が守られているところはホワイト飲食といって良いですが、こちらは現在ではほとんどの企業で守られていると思います。

昔のように休日なのに呼び出されるといったこともないでしょうから、大半の飲食店で安心して働けるようにはなっています。

法令遵守

企業のコンプライアンスというのが近年重要視されていますが、最初に述べたような「基準以上の労働時間に対する超過分の給与25%アップ」が守られているところはホワイト飲食といえるでしょう。

これは面接時に聞けば分かりますし、ちゃんとした企業なら募集内容にも書いてありますので見分けやすいかと思います。

勤怠管理がしっかりしている

ある程度店舗数が多いところでは、必ず勤怠管理がタイムカードもしくはパソコン上のシステムで管理されているのが現代の常識です。

これがおろそかなところはちょっと怖いですから、働くのを辞めたほうがいいでしょう。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

飲食店でホワイトな職場を求人で見分けるには?

求人数

基本的にはあまり「大量募集」というところはおススメできません。

それだけ離職率が高いということですから。

ねらい目は「3人程度」「若干名」などと書いてあるところですね。

給与や残業代のシステム

先ほどご説明した法定基準の給与アップが募集要項に書いてあればホワイト飲食確定です。

こういったところは見つけやすいので、重点的に探すことをおススメします。

飲食店でホワイトな職場を面接で見分けるには?

求人と実際の雇用条件の差異

求人情報をしっかり頭の中に入れておいて、面接時にはちゃんとその条件で合っているかを確認しましょう。

実際に同じ内容が書かれた契約書が用意されているところであればホワイト飲食認定です。

休暇取得や残業について具体的に教えてくれるかどうか

こちらも上記と同じになりますが、シフト表などを実際に見せてくれるお店は良いお店です。

面接官が、働く側の人間が不安にならないように配慮出来る人間性ということだけでもかなり良い職場だと思いますね。

将来の上司に当たるわけですから、円滑なコミュニケーションと快適な労働環境のためにもどういった人なのかをチェックするのは大事です。

雇用契約で書面があるかどうか

書面がしっかりとあるかどうかは企業としての体質として重要な部分です。

口約束など社会ではなんの意味も効力もありませんので、しっかりと全ての契約は書類にて済ませるようにしましょう。

まとめ

ブラックな飲食店をご説明しながら、逆説的にホワイトな飲食店の探し方を見てきましたがいかがでしたでしょうか。

現在はだいぶブラック飲食という概念はなくなってきましたが、ごくまれにまだ存在していますのでご紹介したような内容のところであれば働くのは止めておいた方がいいでしょうね。

特に重要なのは勤怠管理の有無です、ここがしっかりしてないところは他の管理体制もボロボロというところが多いですから。

飲食業界もずいぶんと様変わりをして一般的な企業とあまり変わらないくらいの好条件な会社が増えましたので、ぜひとも自分にとって最適な飲食店を見つけてみてくださいね。


関連キーワード

飲食求人