バーでの仕事って少し大人の雰囲気でどこか謎めいていて興味が湧きますよね?

その反面分からない部分も多く、求人が出ていても、なかなか応募する勇気がない人もいるのではないでしょうか。

ネットで調べてみると、最近では女性バーテンダーも増えているそうです。

今回は実際の経験を元に、バーでの仕事内容や、必要なスキルについてご紹介したいと思います。

「バー」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

バーの仕事はどんな仕事?

バーでの仕事内容はお酒を作ることをイメージする方が多いのではないでしょうか。

ですが、仕事はお酒を作ることだけではありません。

仕入れや接客なども合わせていくつかご紹介したいと思います。

店内清掃

バーは立派な飲食店です。

店内の清掃はもちろん、ビルの共有部分やお店に面した道路部分も清掃する必要があります。

グラスに水の跡が付いていないかなどのチェックもします。

お客さんはお手洗いの利用回数も多いので、お手洗いの清掃は念入りにしていました。

営業中もちょこちょこ見に行って汚れていれば清掃します。

仕入れ

お酒の減り具合をチェックして、少なくなったお酒を業者さんに注文します。

希少なお酒は入ってくるまでに時間がかかる場合があるので、早めに注文しなければなりません。

日本産のウィスキーなど人気商品は値段が高騰する可能性があるので、まとめ買いすることもあります。

お客さんからのリクエストが入ることもあるので、頼んでいる業者さんがどんなお酒を取り揃えているか日々チェックしていました。

お酒の提供

お酒の提供はバーテンダーとしてのメインの仕事になります。

お酒に詳しいお客さんや飲み慣れているお客さんだと、トワイスアップやダブルなどの専門用語を使うこともあるで知識が必要です。

オススメのカクテルを聞かれたり、好きなお酒を使ってリクエストをされたりするので、それに応えられる技量を求められます。

バーに来るお客さんが全員お酒が飲めるわけではないので、ノンアルコールのカクテルの知識も持っておく必要があるでしょう。

接客

バーの醍醐味は会話でもあります。

カウンターで横並びになったお客さん同士が仲良くなることも珍しくありません。

一方で、1人で来てバーテンダーや店員との会話を楽しむお客さんもいます。

仕事の悩みを聞いたり世間話をしたり、お客さんが楽しめるような会話ができると好ましいです。

キッチン

バーの中には軽食を提供するお店もあります。

私が働いていたところではオムレツが人気で、奥のキッチンにこもってよく作っていました。

足りなくなったおつまみなどを近くの酒屋さんに買いに行ったり、グラスやお皿を洗ったりもします。

バーの仕事に向いている人の3つの特徴とは?

バーで働くのに向いている人の特徴をまとめてみました!

おしゃべり好きな人

お客さんは飲みながら程良い会話を求めています。

そのお客さんが楽しめる会話を提供できるかはとても大きなポイントになります。

お酒の美味しさというよりも、店員さんとの会話やお店の雰囲気を楽しみにしているお客さんも多いので、楽しい会話ができるおしゃべり好きの人には向いていると思います。

お酒が好きな人

お酒をメインに扱うお店ですから、お酒好きにはたまらない職場ですよね!

私が働いていたお店ではお客さんからお酒をいただく機会も多かったです。

お客さんの中にはかなりお酒に詳しい方もいるので、ためになる話やウンチクが聞けたりもしますよ!

将来飲食店を出したい人

将来飲食店の経営や独立を考えている人にもオススメです。

お酒にこだわっているお店は繁盛する傾向が高いので、バーで修行してから出店する人も少なくありません。

お客さんの人脈を作るのにも大変役立つと思います。

「バー」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

逆にバーの仕事に向いていない人の特徴は?

では、逆にどんな人がバーでの仕事に向いていないのでしょうか?

立ち仕事が苦手な人

バーでの仕事は基本的に立ち仕事です。

昼間の仕事と掛け持ちしていた人は、足の疲れやむくみに悩んでいました。

足に負担のない靴や着圧系の靴下で対処している人も多かったです。

長時間の立ち仕事になるので、体力的に不安のある方には少々辛いかもしれません。

おしゃべりが苦手な人

お客さんは飲みながら適度な会話を求めています。

その空気を読んで、適切な会話ができるかはかなり重要なポイントです。

人見知りの人、初めて会う人とおしゃべりするのが苦手という人には向いていないかもしれません。

バーの仕事で活かせる経験

職場で過去の経験が活かせるかは大きなポイントですよね!

バーではどんな経験が活かせるのでしょうか?

接客、サービス業の経験

バーでのお仕事は立派な接客業です。

お客さんの求める会話や雰囲気を察して、サービスを提供することが大切になります。

過去同じように飲食店やその他サービス業で働いた経験がある方は、間違いなくその経験を活かすことができるでしょう。

調理の経験

飲食店で調理の経験があると、ちょっとした時に役立ちます。

私は以前飲食店のキッチンで働いていたので、ジントニックに使うライムを切ったり、おつまみを盛りつけたりするときに重宝されました。

オムレツやパスタなどの軽食を出しているところでは調理を任されることもあります。

「バー」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

独立はもちろん、高級ホテルのバーで働くという選択肢もあります。

お酒好きが興じて酒蔵で働き始めた人もいましたし、お酒に力を入れている飲食店から引き抜かれた人もいました。

お客さんに好かれていると、お店を移った後も贔屓にして来店してくれる場合もあります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

元は接客業ですから、同じ接客業やサービス業界で経験を活かすことができるでしょう。

会話力が身に付いた人は営業職に転職して成功した人もいます。

まとめ

人との会話を楽しむバーでの仕事は、働く方も楽しく時間があっという間に過ぎていきました。

バーに来るお客さんは紳士的で世間的立場が高い人が多く、自分のためになる話しもたくさん聞くことができました。

その経験はかけがえのないものであり、今の自分に役立っていると思います。

将来飲食関係で働きたい人、人脈を広げたい人にはぴったりのお仕事なので、ぜひ一度経験してみてほしいです。

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。

関連キーワード

バー求人

バー求人についてもっと深堀りした情報を見る

バーテンダーの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

現在バーテンダーという職業に興味を持って仕事を探していたり、バーテンダーになってみたもののこの先はどういったキャリアアップの方法があるのか模索しているあなた。意外とバーテンダーという仕事の給料事情を解説してくれている記事ってありませんよね。バーテンダーの年収はどれくらいなのか?そして、自分が貰っている給料は適正なのかどうか?こんな疑問をお持ちなのではないでしょうか。ここでは、そんなバーテンダーの給与相場や転職のときに必要なキャリアアップ術を徹底的にご紹介していきます。筆者自身もバーテンダーとして15年以上のキャリアがあり、飲食業界やバー業界には詳しいかと思いますので、安心してご覧になっていって

バーテンダーとはどんな仕事?その仕事内容やバーにおいての役割、なり方など詳しく解説します!

スポットライトを浴びるカウンターの中で、かっこ良くカクテルを作るバーテンダー。一度はそんな仕事に憧れたことがある人もいるかもしれません。しかし、「いまいちバーテンダーの仕事って何をやるのか分からない」とう人も少なくないはずです。ここでは、「バーテンダーとはどんな仕事なの?」という疑問に対して、いくつかの項目に分けてお答えしていこうと思っていますので、ぜひチェックしていってみてくださいね。それではまず、一番基本的なことからご説明していきたいと思います。ちなみに、筆者は自身で独立してバーを経営していますので、ここで紹介する内容はしっかりとした中身のある情報となっています。ご安心ください!バーテンダ

バーテンダーの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

夜景の見えるバーでグラスを傾けながら色とりどりのカクテルを楽しむ、そんな小説やドラマに出てきそうなシチュエーションで欠かせない存在といえばバーテンダーですね。少し渋めなマスターがシェイカーを振る仕草などはとてもサマになっていて画になります。そんな誰しもが一度は憧れたであろう職業であるバーテンダーですが、バーテンダーという仕事にはどんな人が向いているのでしょうか。ここではバーテンダーに向いている人の特徴やバーテンダーとしての実際の仕事内容などを分かりやすくご説明していきます。筆者自身若い頃からバーの現場で働き、キャリア15年以上の経験がありますので現場のリアルな声をお届けしたいと思っています。そ

バーテンダーの正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

カウンターの中で、映画やドラマのワンシーンのように格好良くカクテルを作るバーテンダー。そんなバーテンダーの正社員求人に関する情報を、ここではご紹介していきます。バーテンダーの年収事情やおすすめの求人情報のポイントなど、これからバーテンダーとして就職を考えている方には必見の内容となっておりますので、是非最後までご覧になっていってください。自身でもバーテンダーの経験が15年以上あり、その後独立して店舗を経営していた実績のある筆者が分かりやすく解説していきます。実際の現場での雇用条件や労働環境を見ていきますので、お役に立てるかと思います。それではさっそくバーテンダーとしての仕事内容から見ていきましょ

バーテンダーが向いている人の8個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

バーテンダーという仕事に憧れを持っている人も少なくないのではないでしょうか?バーと一言に言っても、一流ホテルの最上階にあるバーや銀座などに多いオーセンティックバー、穴場のデートスポットになるようなバーまで形態は様々です。最近では女性のバーテンダーも多くなってきているのだとか。寡黙で黙々と仕事をこなす渋いバーテンダーさんは女性からも憧れの存在です。最近では飲食店やチェーンの居酒屋、アミューズメント施設でもバーテンダーを雇用しているところがあります。今回は、そんな気になるバーテンダーとしての仕事内容をまとめてみました。どんな人がバーテンダーの職に向いているのか、その特徴や転職後に活かせる仕事なども

バーテンダーバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

映画やドラマの中で、役者さんたちがオシャレなバーでお酒を飲んでいるシーンはとても画になりますが、その中で映るバーテンダーというのも格好良く見えたりしますよね。誰でも少しぐらいはそんなバーテンダーという職業に憧れを持った経験があるかと思います。これからバーテンダーという道に進みたいと思っている方や、少し興味があるという方のために、ここでは「バーテンダー」としての第一歩となるバーでのアルバイト求人についてご紹介していきたいと思います。筆者は高校を卒業後すぐにバーテンダーのアルバイトをはじめ、都内のバーをいくつか渡り歩いて修行した後に東京で独立開業をした経験がありますので、リアルな現場の声をお届けで

バーテンダー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

鮮やかな間接照明の中で格好良くシェイカーを振ってカクテルを作るバーテンダー。ホテルの最上階など夜景の見えるバーでビシッとしたベストとネクタイをしながら、落ちついた佇まいでカウンター越しにお客さんと会話をする風景はまるで映画やドラマのワンシーンのようですね。そんなバーテンダーという仕事に憧れたことは、一度くらいはあるのではないでしょうか。ここではそんなバーテンダーという職業に興味を持ったあなたの「どうやったらバーテンダーになれるのか?」「どんな場所で働けるのか?」そして、「資格とか経験とかってどうすればいいんだろう?」という疑問に対して詳しく細かくそして分かりやすく解説していきます。筆者は都内の