バーでお酒を飲むのは、社会人になったら、お酒が飲めるようになったら一度は体験してみたいと思う人が多いのではないでしょうか。

おしゃれなバーでバーテンダーが振舞ってくれるカクテルは普段家で飲むお酒や居酒屋のお酒とは違って格別な大人の味がします。

バーテンダーの洗練された立ち振る舞いや手さばきがいつもと違う空間の演出を後押ししているかのように見入ってしまいます。

そんなおしゃれなバーで働いてみたいと憧れる人も少なくないかと思います。

実際には学生からは人気の高いアルバイトとして名前が上がります。

バーテンダーに憧れる人もいますし、お酒を勉強したい人、将来はバーを開きたい人など様々な人がバーで飲むだけでなく、バーで働きたいと考えています。

今回は、そのバーでの仕事内容について紹介していきます。

バーの大まかな仕事内容

バーの仕事といえば、もちろんバーテンダーがお酒を作ることですし、アルバイトでバーの仕事を始めた人、特に未経験で始めた人からするとバーテンダーとしてお酒を振舞うことが目標という人も多いです。

ただ、バーの仕事としてはバーテンダーがお酒を作るだけではありません。

お酒を作るためにはお酒を仕入れしないといけないですし、シェイカーなどの器具の管理、お店の清掃なども大切な仕事になります。

実際にバーの全体的な仕事内容を見ると実は居酒屋の仕事と大きな差があるわけではありません。

お酒を作る以外に仕込み、店内清掃、接客、会計など居酒屋もバーも同じです。

ただ、バーの場合は、居酒屋と客層であったり、接客方法が元気いっぱいに声を張ってというわけではないですし、落ち着いたお店で仕事帰りの一杯を期待してバーに立ち寄る人は、元気いっぱいの接客やスピード提供などの居酒屋を期待しているわけではなく、落ち着いてゆっくりお酒を飲むことを期待しているのでお店の雰囲気を演出するのもバーの仕事の一つになります。

バーの仕事は大きく3個の役割に分けられる

開店前

開店前の準備は、カクテルを作る際に使うシェイカーなどの器具を準備したり、レジの準備、お酒などの補充をします。

足りないお酒や当日使用する材料などが足りない場合は、発注や買い出しなどの補充をし、在庫が切れないようにこまめに管理していきます。

当日しか仕込めないような食材は開店前に仕込みをしてしまいます。

営業中

お店が開店してから閉店まで営業中の仕事は、主に接客とお酒を作ることです。

お客様のオーダーを取ったり、お酒が少なくなっているお客様におかわりを勧めてみたり、オーダーを受けたお酒を作ったりします。

お客様との会話を聞いたり、何かアドバイスや意見を求められたら話をしたりと接客といっても居酒屋やレストランと違ってオーダーを受けて、品物を提供するだけでなく、実際にお客様と会話することもバーの仕事になります。

閉店時

お店の営業が終わると使った器具やグラスなどの洗浄や片付け、テーブルなどを拭いて店内の清掃やトイレの清掃をします。

他にはレジを清算したり、後片付けをします。

お店によっては、お店の営業時間が終わった後にバーテンダーの研修やコンテストに向けての練習であったり、勉強会をしたり、マーケット情報であったり、トレンドをシェアしたりします。

開店前の3個の業務

仕込みや仕入れをする

バーの仕事内容は、お酒を作ることがもちろんメインになりますが、それだけが全ての仕事というわけではありません。

お店の営業前に開店準備として軽食やカクテルに使う食材や材料を仕込んだり、在庫が少ない、もしくは少なくなっているお酒を仕入れたり、軽食やカクテルに使う食材や材料が足りなければ近くのスーパーなどに買い出しや業者へ発注などをしなければなりません。

万が一、お店の営業中に食材や材料、お酒がなくなってしまったら、せっかく来店されるお客様をがっかりさせてしまいかねません。

空間作り、雰囲気作りをする

意外かもしれませんが、非日常の空間の演出であったり、雰囲気づくりは開店前にチェックしておく必要があります。

例えば、バーの内装はすでに決まっているのでこれを変えることはできません。

しかし、バーの雰囲気はその都度、演出していくことができます。

例えば、お店によってはハロウィンであったり、クリスマスなどの飾り付けをしたり、BGMを季節やイベント毎に変えてみたりします。

他にも買い出しした食材や材料、納品したものをカウンターに放置していたり、片付けがきちんと出来ていなかったらお客様に不快感を与えてしまいますし、非日常の空間を楽しみたいのに楽しめなくなってしまいます。

そのため、開店前にしっかりと片付けの確認をする必要があります。

また、店内に流すBGMの音量や選曲もバーの雰囲気にあったものを選択しないとムードを壊してしまいかねません。

店内清掃

お店の営業が終わったら、もちろんですが、店内の清掃をします。

レジを清算したり、在庫チェックなどの閉店後にすることがあります。

他にもトイレの清掃やお店入り口のチェックをして汚れやゴミがないか、清潔に保てているかを確認します。

当然ですが、バーも飲食店なので清潔な状態に保つ必要がありますし、綺麗にしておくことは大前提です。

汚れが目立っていたり、臭かったりするとお客様はたちまち来なくなります。

いくら美味しいお酒や軽食を提供していたとしても、バーテンダーの腕が良かったとしても店内が汚ければ美味しくなくなってしまいます。

営業中の3個の業務

カクテルやお酒を提供する

バーの営業中は、メインの仕事といえば、お酒を作ることと接客することです。

お客様のオーダーを受けてお酒を提供しますし、カクテルなどのお酒の注文をもらってバーテンダーがお酒を作って提供したりします。

バーテンダーの仕事はカクテルを作ることがメインではありますが、バーに来店するお客様全員がカクテルを注文するわけではありませんので、お店によっては生ビールであったり、瓶ビールなどを提供しているところもあります。

他にもバーテンダーとソムリエを兼ね備えているようなお店でしたらワインやシャンパンなどを提供しているところもあります。

接客をする

バーの仕事は、接客も大切な業務の一つです。

来店されたお客様と会話をしたり、オーダーを取ったりすることもあります。

もちろん、全てのお客様がバーテンダーやバーのスタッフとの会話を望んでいるわけではないので、お客様の中にはまったりと一人で静かに過ごしたい場合もありますのでその辺は臨機応変な接客対応が求められます。

お客様の雰囲気や状況を見ながらおかわりを勧めてみたり、様子を伺ったりと付かず離れずの距離を保ちながらの接客は、バーテンダーの腕の見せ所です。

軽食を作る

バーは、居酒屋のようにがっつりした食事を提供していません。

そのため、軽食を扱っているところは軽食を作ることがあります。

作るといってもサンドイッチであったり、チーズの盛り合わせなどを準備することです。

軽食のメニューはお店によって異なります。

お店によっては軽食は扱わず、ミックスナッツやチップスだけのところもありますので軽食を作るのはお店によりけりです。

閉店時の3個の業務

閉店作業

お店の営業が終わったら、閉店作業をします。

バーの閉店作業も他の居酒屋やレストランなどと作業に差はありません。

お店の清掃であったり、トイレの清掃、レジの清算や後片付け、シェイカーなどの器具の洗浄や片付けなどがメインになります。

お酒の在庫がなくなっているなどの連絡事項があれば、翌日の担当者に向けて連絡をしたり、発注をしたりすることもあります。

練習・コンテストへの準備

お店によってはお店に営業が終わったらコンテストへ参加するバーテンダーは、コンテストに向けてのカクテルの練習やコンテスト用のカクテルの考案をします。

普段の業務で練習するわけにはいきませんので閉店後に練習をするお店が多いです。

また、未経験でバーの仕事を始めた人や駆け出しのバーテンダーは、お店の閉店後に先輩バーテンダーからお酒の作り方やバーテンダーについて教育したり、実際にカクテル作りを練習したりします。

勉強会

お店の営業が終わったらこれもお店によりますが、勉強会を開くことがあります。

バーの仕事は競合が多いため、お客様に来店してもらうためにはどうすればいいかだけでなく、現在のマーケット情報であったり、トレンドがどうなっているのかシェアしたりします。

勉強会で新商品をオーナーや店長に提案したり、お店の売上を上げるためにはどうしたらいいかの意見交換もします。

バーの仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

バーの仕事は立ち仕事で大変だと聞いてバーの仕事を避けている人、憧れてたけど仕事が大変と聞いてちょっと気後れしてしまった人は特に一読頂きたいのですが、バーの仕事でやりがいを感じるところ、モチベーションに繋がるところがどこか紹介していきます。

自分が作った1杯をお客様が喜んでくれた時

バーの仕事でやはり花形はバーテンダーとしてお客様にお酒を振舞うことです。

このお酒を振舞う、カクテルを作ることは単純なように見えて奥が深いです。

そのため、毎年バーテンダーの腕を競うコンテストがあるくらい大切なことです。

加えてカクテルを作るといっても何百種類もあるお酒の中から配合しなければなりませんし、中にはお客様の好みに合ったものをバーテンダーがセレクトすることもよくあります。

そのため、オーダーを頂いたカクテルやオススメの1杯をシェイクやステア、ビルドなど様々な器具とテクニックを使い、お客様に合った1杯を作っていきます。

自分が作ったカクテルをお客さまが喜んでくれた時、再度来店頂いた時、友達などを連れてきてくれた時は、バーテンダーとして大きなやりがいを感じるところです。

ファンができる、お客様から指名してもらえた時

バーの仕事、バーテンダーとしてお客様を楽しませることも大切な接客の一つです。

初めて来店したお客様、常連のお客様、色々なお客様がいますが来店頂いたお客様にはどなたも楽しんで頂くように努めなければいけません。

会話のスキルも多少必要ですが、話すばかりが楽しませる方法ではありません。

他にも話を聞いて欲しいだけのお客様のいますので話をしやすい雰囲気を作ったり、色々な方法で楽しんで頂くことが重要です。

その中で何度か来店して頂いたり、顔見知りになったお客様から指名されたり、目当てで来店してもらえるようになったらバーの仕事に大きなやりがいを感じます。

お酒の知識がつく

バーテンダーの仕事をしたら、やはり酒に詳しくなります。

お酒が好きだとかお酒の知識をつけたいのならバーテンダーはもってこいの仕事です。

ウィスキー、バーボンなどの普段あまり飲まない蒸留酒の銘柄だけでなく種類や価値まで理解できるようになるのでお酒が好きでお酒について色々と勉強したい人にはバーのバイトはおすすめです。

面白いポイント

接客を学ぶことができる

バーでは接客も大切です。

ムードやお酒を楽しむ人がメインですが、やはりそのムードであったりお酒を美味しく味わって頂くには、接客も大切です。

そのため、おかしな言葉遣いや敬語がきちんと使えないのではせっかくのムードを壊してしまいかねません。

また、接客用語を学ぶのが接客ではなく、お客様との会話を楽しんだり、場合によっては話しかけて欲しくない人もいますのでその場その場の空気を読みながらお客様と接する方法を学ぶことができます。

色々な人で会える

毎日色々な人がバーにやってきます。

ビジネスパーソンや会社役員、ビジネスオーナーなどもいれば、芸能人や著名人がお忍びでやってきたり、人生の何たるかを語ってくれる人など様々です。

色々な人と出会えて、色々な人と知り合えるので気づいたらバーの近辺の人たちと知り合いになっていたやバーの仕事を通じて知り合った人が増えていることも多々あります。

人と出会うことが好きな人には色々な人に出会えるバーの仕事はおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はバーの仕事内容について紹介しました。

バーの仕事といっても居酒屋やレストランと仕事内容が近いところがあります。

そのため、バーの仕事が未経験だから、バーテンダーをやったことがないから不安と思う人でもバーの仕事に興味があるならチャレンジしてみて下さい。

最近では未経験者であっても応募可能なアルバイト求人が増えてきています。

チャンスは増えてきているので未経験者も経験したことある人もバーの仕事に興味がある、バーテンダーをやってみたい、お酒に詳しくなりたいなどの希望があればぜひチャレンジしてみましょう。

バーテンダーやバーの仕事を経験することで得られるスキルは将来に役立つことが多かったりします。

もちろんデメリットもありますがメリットややりがいも多いのできっと楽しい仕事だと思います。


関連キーワード

バー仕事

バー求人についてもっと深堀りした情報を見る

バーテンダーの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

現在バーテンダーという職業に興味を持って仕事を探していたり、バーテンダーになってみたものの、この先はどういったキャリアアップの方法があるのか模索しているあなた。意外とバーテンダーという仕事の給料事情を解説してくれている記事ってありませんよね。バーテンダーの年収はいくらくらいなのか?はたまた自分が貰っている給料は適正なのかどうか?こんな疑問をお持ちなのではないでしょうか。ここではそんなバーテンダーの給与相場や転職のときに必要なキャリアアップ術を徹底的にご紹介していきます。筆者自身もバーテンダーとして15年以上のキャリアがありますので、飲食業界やバー業界には詳しいかと思いますので安心してご覧になっ

バーテンダーとはどんな仕事?その仕事内容やバーにおいての役割、なり方など詳しく解説します!

スポットライトを浴びるカウンターの中で、カッコよくカクテルを作るバーテンダー。一度はそんな仕事に憧れたことがあるかもしれません。しかし、「いまいちバーテンダーの仕事ってなにをやるのか分からない!」といった人も多いはずです。ここではそんなバーテンダーとはどんな仕事なの?という疑問に対して、いくつかの項目に分けてお答えしていこうと思っていますのでぜひチェックしていってみてくださいね。それではまず一番基本的なことからご説明していきたいと思います。ちなみに筆者は自身で独立してバーを経営していますので、ここで紹介する内容はしっかりとした中身のある情報となっています。ご安心ください!バーテンダーとはどんな

バーテンダーの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

夜景の見えるバーでグラスを傾けながら色とりどりのカクテルを楽しむ、そんな小説やドラマに出てきそうなシチュエーションで欠かせない存在といえばバーテンダーですね。少し渋めなマスターがシェイカーを振る仕草などはとても様になっていて画になります。そんな誰しもが一度は憧れるであろう職業がバーテンダーですが、実際は若い方でも活躍している方がたくさんいます。さて、そんなバーテンダーという仕事にはどんな人が向いているのでしょうか。ここではバーテンダーに向いている人の特徴やバーテンダーとしての実際の仕事内容などを分かりやすくご説明していきます。筆者自身若いころからバーの現場で働き、キャリア15年以上の経験があり

バーテンダーの正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

カウンターの中で映画やドラマのワンシーンのように格好良くカクテルを作るバーテンダー。そんなバーテンダーの正社員求人に関する情報を、ここではご紹介していきます。バーテンダーの年収事情やおすすめの求人情報のポイントなど、これからバーテンダーとして就職を考えている方には必見の内容となっておりますので、是非最後までご覧になっていってください。自身でもバーテンダーの経験が15年以上あり、その後独立して店舗を経営していた実績のある筆者が分かりやすく解説していきます。実際の現場での雇用条件や労働環境を見ていきますので、お役に立てるかと思います。それではさっそくバーテンダーとしての仕事内容から見ていきましょう

バーテンダーが向いている人の8個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

男性ならバーテンダーの仕事に憧れを持っている人は少なくないのではないでしょうか?バーと一言に言っても、一流ホテルの最上階にあるバーや銀座などに多いオーセンティックバー、穴場のデートスポットになるようなバーまで形態は様々です。最近では女性のバーテンダーも多くなってきているのだとか。寡黙で黙々と仕事をこなす渋いバーテンダーさんは女性からも憧れの存在です。最近では飲食店やチェーンの居酒屋、アミューズメント施設でもバーテンダーを雇用しているところがあります。今回は、そんな気になるバーテンダーとしての仕事内容をまとめてみました。どんな人がバーテンダーの職に向いているのか、その特徴や転職後に活かせる仕事な

バーテンダーバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

映画やドラマの中で、役者さんたちがオシャレなバーでお酒を飲んでいるシーンはとても画になりますが、その中で映るバーテンダーというのも格好よく見えたりしますよね。誰しも少しくらいはそんなバーテンダーという職業に憧れをもった経験があるかと思います。これからバーテンダーという道に進みたいと思っている方や、ちょっと興味があるという方のためにここでは「バーテンダー」としての第一歩となるバーでのアルバイト求人についてご紹介していきたいと思います。筆者は高校を卒業後すぐにバーテンダーのアルバイトをはじめ、都内のバーをいくつか渡り歩いて修行したあとに東京で独立開業をした経験がありますのでリアルな現場の声をお届け

バーテンダー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

鮮やかな間接照明の中で格好良くシェイカーを振ってカクテルを作るバーテンダー。ホテルの最上階など夜景の見えるバーでビシッとしたベストとネクタイをして落ちついた佇まい、カウンター越しにお客さんと会話をする風景はまるで映画やドラマのワンシーンのようですね。そんなバーテンダーという仕事に憧れること、一度くらいはあるのではないでしょうか。ここではそんなバーテンダーという職業に興味を持ったあなたの、「どうやったらバーテンダーになれるのか?」「どんな場所で働けるのか?」はたまた、「資格とか経験とかってどうすればいいんだろう?」という疑問に対して詳しく細かくそして分かりやすく解説していきます。筆者は都内の数々