美味しいまかないが食べられるのが飲食店でのアルバイトの魅力ですよね?

お肉が好きなら焼肉やハンバーガー屋さん、パスタが好きならイタリアンと、自分の好きな料理で職場を選ぶ人も少なくないと思います。

私が選んだのは中華料理店でした。

週4〜5日働きたかったので、栄養のバランスも取れてメニューも豊富な中華料理にしたのです。

実際、美味しいまかないが昼夜2食付いていたことで、食費はほとんどかからなくて済みました。

その他にも料理を学ぶことができたり、思いがけず語学も学ぶことごできて最高のアルバイト先でした。

今回はそんな中華料理店のアルバイトで働いてみた感想をご紹介したいと思います。

中華料理店のアルバイトをやってて良かった3個のこと

中華料理のお店で働いてみて良かったなと思ったのはこんなところ!

料理を教えてもらえたこと

私が働いていた中華料理屋さんでは、お客さんがいない時間にキッチンの人が下ごしらえや味付けのポイントなどを丁寧に教えてくれました。

調理器具の使い分けや、美味しい野菜の見分け方、食材の保存の仕方など、本当にためになることばかり教えてくれて、今でも参考にしています!

家庭でもできる青椒肉絲や麻婆豆腐の作り方も教えてもらい、本格的な味を自宅でも作れるようになったのが嬉しかったです。

もともとはホールで働いていたのですが、料理好きということが広まり簡単な調理の手伝いをさせてもらえるようになりました!

まかないが美味しい!

飲食店で働く楽しみの一つがまかないですよね!

私が働いていたお店では食べたいメニューをリクエストできたので、その日食べたいものを作ってもらえたのが嬉しかったです。

同期は10代ばかりだったのでみんな食欲旺盛だったのですが、ご飯の量も自分で好きなだけ盛れたのでお腹いっぱい食べることができました!

食材が残ってしまった場合は、思いがけず高級な食材が出てきてびっくりしたことも!

英語や中国語を覚えられたこと

私が働いていた中華料理屋さんはキッチンの人たちは全員中国の方でした。

日本語がカタコトだったので最初はコミュニケーションの取り方に戸惑いましたが、慣れてくるうちに中国語と日本語をお互いに教え合いながら会話するようになりました。

英語も交えて会話をしながら、自然に外国語を覚えることができて良かったなと思います!

その頃から外国人観光客が増えてきていたので、中国語や英語で簡単な説明ができるようになり、お客さんにも喜んでもらえたのが嬉しかったです。

中華料理店のアルバイトで気を付けたいポイント

働くのは楽しいことばかりではありません。

気を付けたいポイントをまとめてみたので参考にしてみてくださいね!

油の匂いや火傷に注意

中華料理のキッチンはとても油っぽく、髪や服に匂いがついてしまいます。

香水などではごまかせず、シャワーを浴びないと取れない強力な匂いです。

なので、仕事後にでかけることが多い人には向いていないかもしれません。

火傷や包丁での怪我も多いので、最新の注意が必要です。

油汚れの洗い物も多いので、手荒れケアも欠かせません。

キッチンは男の戦場

中華料理のキッチンは基本的に男性が回しています。

何十キロもあるお米などの食材を運んだり、大きな中華鍋を使ったりと、力仕事も多いのが現実です。

女性で入るのなら、かなりの覚悟と努力が必要だと思います。

中途半端な気持ちでなく、しっかりとした覚悟を持っていることを周りの人にも理解してもらい、働きやすい環境を自分で作っていきましょう。

調理経験の少ない人は空き時間にも積極的に練習しましょう。

代わりが少ないので休めない

ホールよりもキッチンの方が人数が少ないので、急な休みは絶対に禁物です。

代わりを見つけようと思っても、もともとの人数が少ないため急な場合はなかなか難しいもの。

キッチンが1人休むだけでお店には大打撃なので、予定が変わりやすい人、体調が不安定な人にはおすすめできません。

もちろんホールだって急なお休みはNGです。

アルバイトだからといって甘えず、しっかり自己管理をして休みなどの迷惑をかけないように気をつけましょう。

中華料理店のアルバイトはこんな人におすすめです!

中華料理店でのアルバイトはこんな人たちにぜひおすすめ!

料理の勉強をしたい人

将来飲食系の仕事や料理の道に進みたい人にはおすすめの仕事です。

最初は簡単な調理の手伝いから始まりますが、徐々にまかないを任されるようになったり、年数とともに着実にスキルアップしていくことができます。

中華料理屋さんはメニューが多く、同時にいくつもの調理をしなくてなりません。

最初は大変ですが、それができるようになれば他のお店に行った時も重宝されるでしょう。

食費を節約したい人

昼から夜まで通しで働けば、昼食と夕食2食のまかないが出ます。

これはかなり食費の節約になりますよ!

しかも栄養面もばっちりで言うことなしです!

メニューにあるものからまかないのオリジナルまで、飽きることなく食べることができました。

こんな料理が食べたいとリクエストしたら、希望の食材で作ってくれたことも!

体力に自信がある人

キッチン、ホール共に忙しく重いものを運んだりするので、体力に自信のある人におすすめです。

実際キッチンでは何キロもあるお米を一日に何度も運んだりしますし、ホールでも大皿料理を両手に持って運ぶのはなかなか力を使います。

私は筋トレなんかしなくても十分筋肉がつきましたよ!

働いているだけで自然とたるんでいた二の腕が引き締まったのが嬉しかったです。

まとめ

選択肢の多い飲食店でのアルバイト。

中華料理店のキッチンは力仕事が多く、特にハードだと言われています。

しかしできるようになれば他の飲食店でもその経験が活かせるはずです。

いろいろな料理を勉強したい人は、掛け持ちしてみるのもいいかもしれませんね。

中華料理は家族で訪れる人も多いので、基本的に忙しいお店が多いと思います。

忙しくて時間があっという間に過ぎていく、そんな働き方をしたい人にはおすすめですよ!

美味しいまかないもかなり魅力的です。

美味しく食べて楽しく働きたい、そんな人にもぜひおすすめしたいと思います。


関連キーワード

中華料理店求人

飲食求人についてもっと深堀りした情報を見る

名古屋の飲食店求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気なお店・エリア・年収相場を解説します

日本を代表する大都市の一つ、名古屋にはあまり知られていませんが、東海地方の名物が集結するグルメの街としての顔もあります。日本でグルメというと大阪、福岡、北海道などの名前が上がりますが、実は名古屋もグルメの豊富な都市です。グルメが豊富ということはそれだけ飲食店が豊富ということです。飲食店が豊富だと当然ですが、求人も豊富にあります。名古屋は、愛知県の玄関口である名古屋駅があり、在来線や新幹線が停車するため、地方や都市部から人が多く行き交います。また、名古屋独自で発展した繁華街も多くあるため、昼夜賑わいのある飲食エリアも存在しています。今回は、名古屋の飲食店求人にスポットをあてて名古屋の飲食店求人に

ケーキ屋の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための注意点

ケーキ店で働いているけれど最近なんだかマンネリ気味という方、ここ数年ステップアップのことを考えているという方、そろそろ転職の時期かもしれませんね。私は20年近くケーキ店でパティシエとして働いて来ましたが、パティシエという職業は何度か転職をして色んなお店を見てこそ力が付くと言う一面が大いにあると感じています。一般のオフィス勤めであれば転職回数はとても重要視されますが、パティシエは極端に短い期間の転職をのぞけば回数はマイナスポイントにはなりません。今回は、ケーキ店で働くパティシエたちの転職事情をいろんな角度からご紹介して行きましょう。本当に転職して良い?パティシエが転職を考えるタイミングとはパティ

ケーキ屋の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

特別な技術を必要とするパティシエという仕事。子どもたちの将来なりたい職業ランキングでも常に上位に入っている、華やかで明るい印象の世界です。パティシエたちは日々切磋琢磨しながら新しいケーキを生み出し、私達の生活を彩るケーキを製造しています。とても明るく素敵な世界に見えますが、実は忍耐とたゆまぬ努力が必要な世界。オフィス勤務に比べると体力も必要ですし、労働時間もとても長く覚悟がないと働き続けられない厳しい世界です。そんな修行を乗り越えて活躍するパティシエたちの懐事情は一体どうなっているのか、気になるところですよね。今現在は会社員として働いている人の中にも、やっぱりパティシエへの道を諦めきれない!と

うどん屋の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

うどん屋さんはお子様からお年寄りまで幅広い世代に人気で、1人でも家族でも入りやすい親しみのある飲食店です。うどん屋の仕事をしてみたいなと思っても、どんな仕事をしているのかや、どんな人がうどん屋に向いているのかなど、気になる点も多いかと思います。そんなうどん屋の仕事や求人情報について、仕事の選び方や選ぶ際の注意点をご紹介していきたいと思います。うどん屋ではどんな仕事をするの?うどん屋の仕事は調理スタッフとホールスタッフがあり、それぞれ役割が違います。調理スタッフはうどんを茹でたり、出汁やトッピングを準備します。トッピングには揚げ物が多く、天ぷらやかき揚げなどを揚げていきます。お客さんが食べ終わっ

居酒屋の就職を成功させるには?やっておくべきこと、面接対策など、経験者が解説します!

「居酒屋で働いてる人ってみんな楽しそう! 私もバイトしてみようかな~」「でも忙しそうだし、私にできるかな?」居酒屋といえば定番のアルバイトですよね。また、正社員でも「未経験可」「やる気のある方大歓迎」などの門戸の広い求人が多く、気になる人も多いのではないでしょうか?そんな皆さんに向けて今回の記事では、居酒屋の仕事内容を中心に、居酒屋で就職するにはどうすればよいのか?などを居酒屋で3年間働いてきた筆者が徹底的に解説していきます。居酒屋の仕事はどんな仕事?「お客様に料理やドリンクを運んだりするんでしょ?」実は、お客様には見えないところで大変な仕事がたくさんあります。居酒屋では、おおまかに「キッチン

飲食コンサルタントの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

これから飲食コンサルタントの仕事を目指している方、転職をお考えの方、年収について非常に興味が有るかと思います。ここでは、飲食コンサルタントの年収についてご紹介させて頂きます。飲食コンサルタントの年収の相場はどのくらい?飲食店コンサルタントの年収は、個人のスキルは勿論の事、努める会社によっても様々ですし、個人で起業した場合は、仕事した分全てが収入に成りますので、相場は有って無い様なものです。どの様な形で飲食店のコンサルタントの仕事をしたとしても、その人のスキルにより大幅に年収が変わると言うのが、現状です。それだけに、毎日休まず10年働いたからと言って収入が上がる分けでなく、逆に勤務年数が短くても

和食求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

未経験OKの飲食店の仕事は、求人がたくさんあり応募しやすい仕事ですが、その種類は多岐にわたります。今回は、飲食店の中で和食料理店の仕事について紹介します。和食のお仕事にはどんなものがあるの?飲食店で勤務する場合、主にホールで働くかキッチンで働くかのどちらかの選択になります。ホールスタッフの場合は、和食料理店に限らず洋食店であってもイタリアンレストランであっても、基本的に仕事内容は同じです。朝出勤したら店舗の清掃をし、テーブルやイスのセットをしたりナフキンや爪楊枝を揃えて、お客様をお迎えする準備をします。そしてお客様が来店されたら元気に「いらっしゃいませ」とお声がけをし、お席に案内します。お水や

ピザデリバリーバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「友人を集めてホームパーティー」「悪天候で買い物に行くのが億劫」そんな時にみなさんも一度はピザデリバリーを注文した経験があるのではないでしょうか。比較的時給が高く、効率良く稼げるピザデリバリーバイトについてここでは解説していきます。ピザデリバリーバイトの大まかな仕事内容誰しもが街で一度は見かけた事のある、屋根付きの三輪原付きバイクが、ピザデリバリー用のバイクです。基本的にはこのバイクを運転して、注文を受けた商品をお客様の元に届けるのが主な仕事内容となります。そこまで注文の数が多くない通常時の仕事内容を一例として、実際の業務の流れは下記のようになります。1.主にインストアスタッフが電話やネットで

ピザ屋バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ピザは、日本の食卓シーンでもおなじみの料理となっており、人気の高い料理です。マルゲリータやシーフード、チキンなど、様々な種類があるのも魅力の一つです。ピザが好きな人は、あの良い匂いの中で働いてみたいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。そんな魅力溢れるピザ屋のバイト求人でよくある募集内容や、おすすめの求人内容などについて紹介をしていきます。ピザ屋バイトってどんな仕事?ピザ屋バイトの仕事は大きく分けて、店内でピザを作るインストア業務と、ピザをバイクで配達するデリバリー業務に分けられます。インストアとデリバリーで、給料は変わります。デリバリーの場合は、空き時間にチラシ配りを行うことがあり

ファミレスのキッチンバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

ファミリーレストランは気軽に行くことができる身近な飲食店ですよね。特に近年ではドリンクバーは当たり前、値段もお手頃で美味しい料理が食べられるというイメージです。そこで働いている人は、学生などの若いアルバイトの人や、長年いるベテランまで様々です。今回はそんな身近にあるファミリーレストランのキッチンでのバイトについてご紹介いたします!ファミレスのキッチンバイトの大まかな仕事内容ファミリーレストランのキッチンでは、お客様から注文をいただいた品物を作るお仕事です。食事の部門からデザート部門まで幅広く調理担当します。近年様々な大手チェーン店が増えてきましたが、殆どの調理場が半調理品の仕上げ作業という場合