美味しいまかないが食べられるのが飲食店でのアルバイトの魅力ですよね?

お肉が好きなら焼肉やハンバーガー屋さん、パスタが好きならイタリアンと、自分の好きな料理で職場を選ぶ人も少なくないと思います。

私が選んだのは中華料理店でした。

週4〜5日働きたかったので、栄養のバランスも取れてメニューも豊富な中華料理にしたのです。

実際、美味しいまかないが昼夜2食付いていたことで、食費はほとんどかからなくて済みました。

その他にも料理を学ぶことができたり、思いがけず語学も学ぶことごできて最高のアルバイト先でした。

今回はそんな中華料理店のアルバイトで働いてみた感想をご紹介したいと思います。

中華料理店のアルバイトをやってて良かった3個のこと

中華料理のお店で働いてみて良かったなと思ったのはこんなところ!

料理を教えてもらえたこと

私が働いていた中華料理屋さんでは、お客さんがいない時間にキッチンの人が下ごしらえや味付けのポイントなどを丁寧に教えてくれました。

調理器具の使い分けや、美味しい野菜の見分け方、食材の保存の仕方など、本当にためになることばかり教えてくれて、今でも参考にしています!

家庭でもできる青椒肉絲や麻婆豆腐の作り方も教えてもらい、本格的な味を自宅でも作れるようになったのが嬉しかったです。

もともとはホールで働いていたのですが、料理好きということが広まり簡単な調理の手伝いをさせてもらえるようになりました!

まかないが美味しい!

飲食店で働く楽しみの一つがまかないですよね!

私が働いていたお店では食べたいメニューをリクエストできたので、その日食べたいものを作ってもらえたのが嬉しかったです。

同期は10代ばかりだったのでみんな食欲旺盛だったのですが、ご飯の量も自分で好きなだけ盛れたのでお腹いっぱい食べることができました!

食材が残ってしまった場合は、思いがけず高級な食材が出てきてびっくりしたことも!

英語や中国語を覚えられたこと

私が働いていた中華料理屋さんはキッチンの人たちは全員中国の方でした。

日本語がカタコトだったので最初はコミュニケーションの取り方に戸惑いましたが、慣れてくるうちに中国語と日本語をお互いに教え合いながら会話するようになりました。

英語も交えて会話をしながら、自然に外国語を覚えることができて良かったなと思います!

その頃から外国人観光客が増えてきていたので、中国語や英語で簡単な説明ができるようになり、お客さんにも喜んでもらえたのが嬉しかったです。

中華料理店のアルバイトで気を付けたいポイント

働くのは楽しいことばかりではありません。

気を付けたいポイントをまとめてみたので参考にしてみてくださいね!

油の匂いや火傷に注意

中華料理のキッチンはとても油っぽく、髪や服に匂いがついてしまいます。

香水などではごまかせず、シャワーを浴びないと取れない強力な匂いです。

なので、仕事後にでかけることが多い人には向いていないかもしれません。

火傷や包丁での怪我も多いので、最新の注意が必要です。

油汚れの洗い物も多いので、手荒れケアも欠かせません。

キッチンは男の戦場

中華料理のキッチンは基本的に男性が回しています。

何十キロもあるお米などの食材を運んだり、大きな中華鍋を使ったりと、力仕事も多いのが現実です。

女性で入るのなら、かなりの覚悟と努力が必要だと思います。

中途半端な気持ちでなく、しっかりとした覚悟を持っていることを周りの人にも理解してもらい、働きやすい環境を自分で作っていきましょう。

調理経験の少ない人は空き時間にも積極的に練習しましょう。

代わりが少ないので休めない

ホールよりもキッチンの方が人数が少ないので、急な休みは絶対に禁物です。

代わりを見つけようと思っても、もともとの人数が少ないため急な場合はなかなか難しいもの。

キッチンが1人休むだけでお店には大打撃なので、予定が変わりやすい人、体調が不安定な人にはおすすめできません。

もちろんホールだって急なお休みはNGです。

アルバイトだからといって甘えず、しっかり自己管理をして休みなどの迷惑をかけないように気をつけましょう。

中華料理店のアルバイトはこんな人におすすめです!

中華料理店でのアルバイトはこんな人たちにぜひおすすめ!

料理の勉強をしたい人

将来飲食系の仕事や料理の道に進みたい人にはおすすめの仕事です。

最初は簡単な調理の手伝いから始まりますが、徐々にまかないを任されるようになったり、年数とともに着実にスキルアップしていくことができます。

中華料理屋さんはメニューが多く、同時にいくつもの調理をしなくてなりません。

最初は大変ですが、それができるようになれば他のお店に行った時も重宝されるでしょう。

食費を節約したい人

昼から夜まで通しで働けば、昼食と夕食2食のまかないが出ます。

これはかなり食費の節約になりますよ!

しかも栄養面もばっちりで言うことなしです!

メニューにあるものからまかないのオリジナルまで、飽きることなく食べることができました。

こんな料理が食べたいとリクエストしたら、希望の食材で作ってくれたことも!

体力に自信がある人

キッチン、ホール共に忙しく重いものを運んだりするので、体力に自信のある人におすすめです。

実際キッチンでは何キロもあるお米を一日に何度も運んだりしますし、ホールでも大皿料理を両手に持って運ぶのはなかなか力を使います。

私は筋トレなんかしなくても十分筋肉がつきましたよ!

働いているだけで自然とたるんでいた二の腕が引き締まったのが嬉しかったです。

まとめ

選択肢の多い飲食店でのアルバイト。

中華料理店のキッチンは力仕事が多く、特にハードだと言われています。

しかしできるようになれば他の飲食店でもその経験が活かせるはずです。

いろいろな料理を勉強したい人は、掛け持ちしてみるのもいいかもしれませんね。

中華料理は家族で訪れる人も多いので、基本的に忙しいお店が多いと思います。

忙しくて時間があっという間に過ぎていく、そんな働き方をしたい人にはおすすめですよ!

美味しいまかないもかなり魅力的です。

美味しく食べて楽しく働きたい、そんな人にもぜひおすすめしたいと思います。


関連キーワード

中華料理店求人