美しい洋菓子を作る「パティシエ」と言う職業。

飲食業界の中で、調理師とはまた違う技術を必要とするこの職種に憧れを持っている方も多いでしょう。

パティシエは子供たちの将来なりたい職業にも常に上位にランクインする人気の仕事です。

しかし実は離職率のとても高い、難しく厳しい業界であることももう周知の事実となっていますよね。

パティシエに憧れはあるけれど、続けられるのか、生涯やっていける仕事なのかどうか不安に思う方は、まずアルバイトから始めてみませんか。

パティシエにもアルバイト募集があり、短時間や週に2、3日でも良いと言うお店も少なくありません。

まずはアルバイトから始めて、パティシエ業界を肌で感じることは職業を選ぶ上でとても良いことです。

今回はパティシエアルバイトについてご紹介して行きましょう。

私はこんなところでパティシエのアルバイトをやりました

実は私自身もパティシエアルバイト経験者です。

小さな頃からケーキをつくることに興味があったのですが、パティシエと言う職業に就くことに少し不安があったのでまずはアルバイトを始めてみようと大学生時代に個人のケーキ店でアルバイトを始めました。

初めてのアルバイトでしたから、まずは接客から学びその後自分で希望をして作る方に入れてもらうことができました。

恐らく、大きなお店であれば簡単にキッチンに入れてもらえることはなかったと思います。

シェフとパティシエ数人の小さなお店だったこと、正社員の退職のタイミングと重なったことなどから製造のアルバイトに入ることができました。

今では最初から製造部でのアルバイトも募集されていますから、根気よく探しましょう。

パティシエアルバイトの時給は?

パティシエアルバイトの時給はお店によりまちまちですが、概ね900円から1100円くらいの間でしょう。

できる仕事が増えれば少しずつ時給が上がっていくシステムのところが多く、お店への貢献はしっかりと返って来ます。

決して高い時給ではありませんが、自分の楽しめることでお金を稼ぐことができるのはパティシエアルバイトの大きなメリットと言えるでしょう。

パティシエアルバイトでやりがいを感じたこと

次にパティシエアルバイトでやりがいを感じたことをご紹介して行きましょう。

何よりも楽しい

パティシエの仕事もそうですが、アルバイトとなると更に地味な作業が多くなります。

毎日材料の計量をしたり、大量のフルーツを決まった形にカットし続けたり、同じ仕上げを何十個、クリスマスやバレンタインなどの繁忙期には何百個と続けたりと忍耐が必要な仕事でもあります。

しかし、ケーキ作りが好き、ケーキを見ているだけで幸せな気分になれると言う人にとってはこんなにも楽しく好きなものに囲まれた仕事はありません。

アルバイトも仕事も楽しんで働けるのが一番です。

ケーキ作りの技術が間近で見れる

ケーキ店でプロのパティシエたちの技術を近くで見ることができるのは、パティシエアルバイトの特権です。

プロのパティシエたちはケーキの飾り付けや焼成の技術はもちろん、食材の選び方や取扱いなどにも精通しています。

家庭で作るケーキとの違いは明白ですし、本に載っていないこともとても多くあります。

市販の料理本には一番重要なポイントが載っていないと気がつくことも多いでしょう。

お客様に喜んでもらえる

ケーキは誕生日や何かの記念日など特別な時間を彩るために使っていただける事が多く、お客様に喜んでもらえることが多いのもやりがいの一つです。

「こんな風に作って欲しい」とイラストを持ち込んで来るお子様もいますし、サプライズでケーキを用意すると楽しそうに話されるお客様もいます。

そんな方々にケーキを渡す時や、ご予約を頂いていたケーキをお店する時の笑顔や「わあ!」と言う簡単の言葉などに支えられているパティシエはとても多いです。

全てのケーキが揃ったショーケースは圧巻

朝一番のパティシエの仕事はショーケースをケーキでいっぱいにすることです。

飾り付けられたばかりのケーキがショーケースに並ぶと、何とも言えない幸せな気持ちになります。

頑張れば任される仕事が増える

パティシエの仕事は努力すればするほど自分に返ってくる仕事でもあります。

出来なかったことができるようになったり、苦手だと思っていたことができるようになったりと自分の成長を自分で感じることもできますし、評価もしてもらえます。

例えアルバイトであっても本人のやる気があれば任される仕事はどんどん増え、気がつけは数種類のケーキ作りを担当していることもあるでしょう。

まずは何事も基本が大切です。

仕上げ作業や計量など忍耐のいる作業が最初は続きますが、頑張って乗り越えましょう。

キレイに盛り付けができた時

ケーキ店の中にはカフェを併設しており「アシェット・デセール」と呼ばれるお皿に盛り付けられてその場でしか食べることのできないデザートを提供しているお店も少なくありません。

そのデセールは手の込んだ盛り付けをしなければいけない場合が多く、なおかつ手早く行わなければいけません。

一朝一夕でできるものでも、覚えられるものでもありませんがお皿にきれいに盛り付けができるようになった時はとても嬉しく「もっと頑張ろう!」「もっとスピードを上げよう!」とモチベーションが上がります。

パティシエアルバイトをやっていて良かった2個のこと

次にパティシエアルバイトをやっていて良かったことをご紹介して行きましょう。

アルバイトは接客から事務系、軽作業とたくさんありますが、その中でも「パティシエ」と言うアルバイトはまだまだ珍しいと思いますし実際にアルバイトでパティシエをしていると言う方は決して多くはありません。

パティシエのアルバイトを経験することで、人とは違う経験をすることができるでしょう。

「パティシエ」と言う仕事がよく分かる

まずパティシエアルバイトをしていて一番良かったと言っても過言ではないことが、「パティシエと言う仕事への理解が深まる」ことです。

私のようにパティシエになりたいと心のどこかで思いながらもできるのかどうか不安があると言う方は、まず職業自体への理解を深めて行きましょう。

パティシエの仕事は家庭でケーキを作るのとは大きく異なりますし、楽しいことばかりではありません。

好きで入った世界でも、一年足らずで退職していく正社員もとても多いです。

厳しい世界だと理解した上で覚悟を決めてパティシエの世界に進むことはパティシエの世界ではとても大切なことです。

得意なお菓子が増える

パティシエアルバイトで作るようになったケーキは家でも再現可能です。

お菓子作りが好きだ、趣味だと言う人にとってはケーキを教えてもらいながらさらにお給料も発生する、とても良い職場になるでしょう。

プロのレシピを学ぶことができるのも、パティシエアルバイトの特権です。

パティシエアルバイトで身についたこんなスキル

パティシエは技術職ですから、アルバイトであっても特殊なスキルが身につきます。

続いてはパティシエアルバイトで身についたスキルをご紹介して行きましょう。

梱包技術

パティシエアルバイトと言っても最初から作る側に回れることは少なく、最初の仕事はケーキの梱包や箱詰めなどの作業です。

リボン掛けや包装紙での梱包ができるようになりますから、この先小売業で働く場合は活かすことができるでしょう。

包丁が上手く使えるようになる

包丁が使えるようになります。

特にフルーツの飾り切りや美しく見えるようにカットする技術が身につきます。

ケーキの仕上げ

実際にケーキに触れる用になってから、一番最初に与えられる仕事はケーキ類の仕上げ作業です。

フルーツの艶出しや乾燥を防ぐためのナパージュを塗ったり、デコレーション用の粉砂糖をふりかけたりと言った簡単な作業から学ぶことができます。

ケーキ作り

パティシエアルバイトで身につくスキルと言えばケーキ作りです。

実際にお客様にお出しするケーキを焼成したり、クリームを絞ったりする技術が身につきます。

誰にでも教えてくれることではないので、アルバイトを始める際に必ず最初から「ケーキを作りたい」と言う気持ちを伝えておきましょう。

パティシエのアルバイトをやっている中で嬉しかった瞬間

続いてパティシエのアルバイトをやっている中で嬉しかった瞬間をご紹介して行きましょう。

できる仕事が増えた時

技術が必要なアルバイトですから、最初からたくさんの仕事を任されることはありません。

徐々にできる仕事が増えていくのですが、できる仕事が増えたなあと感じる時や社員のパティシエやシェフパティシエから頼りにされていると感じるようになるととても嬉しかったです。

お客様に喜んでもらえた時

自分の作ったケーキが店頭に並ぶようになると、それを購入して笑顔で帰っていくお客様を見た時もとても嬉しく思いました。

自分の作ったものを選んでもらえた喜びはもちろん、少し誇らしく感じるような気持ちにもなるでしょう。

ケーキの作り方を教えてもらえた時

新しいケーキの作り方を教えてもらえた時や、新作のケーキに対して「これ、どう思う?」と社員のパティシエたちから意見を求められた時も自分もパティシエになれたようでとても嬉しく思いました。

パティシエは職業柄とても細かな性格の人が多く、商品に対するこだわりが強い人が多いので本当に頼りになると感じる人でないとケーキに触らせてはくれません。

作り方を教えてもらえると言うのは頼りにされている証拠です。

パティシエアルバイトのおすすめの選び方

「パティシエアルバイト」ってどこで選べば良いの?と思っている方もいるでしょう。

実はきちんと選ばないと、パティシエとは名ばかりで出来合いのものに仕上げを施すだけと言うお店も少なくありません。

せっかくケーキ作りを身に着けようと思ったのに、出来合いを仕上げるだけでは物足りなく感じてしまいますよね。

しっかり学べる職場を選びましょう。

個人店がおすすめ

個人店で、働いているパティシエの人数が少ない職場の方が教えてもらいやすく、またキッチンに入れてもらいやすいです。

シェフパティシエとの距離が近く、疑問に思ったことをすぐに聞ける相手がいるのも大きなアドバンテージですね。

大きなお店で何人もパティシエが在籍していると、シェフが全く現場におらず、他のパティシエたちも忙しく働いているので話しかけづらいと言うことも起こります。

パティシエアルバイトは小ぢんまりとした店舗がおすすめですよ。

店頭に「パティシエ見習い募集」と書いてあるお店

ケーキ店の中には店頭に「パティシエ見習い募集」と書いて張り出されているお店も多いです。

「見習い」募集ですから、未経験でも十分にチャンスがあります。

学生さんなど働ける時間に限りのある方は要相談になりますが、フリーターでパティシエをやってみたいと言う方はまずはアルバイトの「見習い」から始めましょう。

学べる環境も整っていることが多いですよ。

パティシエアルバイトはこんな人におすすめです!

パティシエは適正のある無しがはっきりとわかれる仕事です。

誰でもこなせる仕事ではありません。

ケーキ店の欲しい人材、こんな人ならアルバイトとして雇いたい!と思う人の特徴をご紹介しましょう。

手先の器用な人

手先の器用な人はパティシエアルバイトとしての適性があります。

もちろん最初から完璧にこなす必要はありませんが、ケーキ以外でも物づくりをしていたり、細かな作業が得意な方は早く仕事に慣れることができるでしょう。

お菓子作り経験者

お菓子作りが好きな方にはパティシエアルバイトはとてもおすすめです。

全くのゼロから始めるより、ご家庭でも作ったことのある人の方が覚えも早くケーキの扱いにも慣れているでしょう。

面接では必ず「家でもお菓子を作りますか?」と聞かれますよ。

継続して働ける人

短期間のみのアルバイトではなく、長期間継続して働ける人にもおすすめのアルバイトです。

すぐに覚えて即戦力になれる職種ではありませんから、お店は長く勤めてくれる人材を探しています。

パティシエになりたい人

アルバイトを採用する際「将来はパティシエになりたい」と言う人をお店側は欲しがります。

パティシエになりたいと考えている人はアルバイトをすることでパティシエとはどんな仕事なのか、どんな大変なことがあるのかを実際に体験することができます。

まとめ

今回は「パティシエ」と「アルバイト」についてご紹介しました。

アルバイトと言えども良い商品を作る責任がある、大変な仕事です。

まずは接客販売を覚えることからになりますし、すぐには思ったような仕事をさせてもらえることはありませんが、アルバイトからパティシエになった人は私の周りにも多くいます。

パティシエと言う仕事に興味を持っているなら、最初はアルバイトから始めてみるのもおすすめです。

良い職場、学べる環境の整っている職場を探してみましょう!


関連キーワード

パティシエ求人

パティシエ求人についてもっと深堀りした情報を見る

ホテルパティシエ求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

「パティシエ」と一言で言ってもその働き口はとてもたくさんあります。ケーキ店で働くパティシエ、独立を目指すパティシエ、カフェで働くパティシエ、レストランで働くパティシエ・・・と言う具合です。中には海外留学を目標にしているパティシエもいますし、専門学校などで教壇に立つパティシエもいます。今回は、その中でもホテルパティシエ求人に迫ってみましょう。同じパティシエでも仕事内容はホテルとその他では全く変わってきます。ホテルパティシエはどんな仕事?まず、皆さんはホテルのティールームやパティスリーに行ったことがあるでしょうか。ケーキ店のケーキよりも、よりきらびやかで装飾の細やかなケーキが販売されていたのではな

パティシエとして就職を成功させるには?やっておくべきこと、面接対策など、経験者が解説します!

パティシエになりたい!という目標を早くから持って製菓の専門学校に通っている方や、やっぱりパティシエになりたいと進路を変えられる方、みなさんそれぞれ今までの道は違ってきているでしょう。しかし、パティシエになりたいと決めたならこの先進むべき道は同じ。就職活動です。パティシエは窓口をとても広く開いている職種です。専門学校に通っても、通っていなくても社会人になってからのスタートラインは同じです。もちろん、専門学校に通っている方は学校で学んだ知識や技術を大いに活かして活躍していけるでしょう。全くの未経験の方は人一倍の努力が必要になる厳しい世界です。今回は、パティシエとしての就職を成功させるためにやってお

レストランパティシエ求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

有名なレストラン、ウェディングも行うゲストハウス、ホテルのレストランなどには必ずその店のデザート類や店頭で販売されているケーキ、コース料理の最後のデセールを担当するパティシエが在籍しています。調理師がケーキも作っているお店も少なくありませんが、やはり専属のパティシエの作るものはレベル違いのことが多く「料理は美味しいのにデザートがイマイチ・・・」と言うところもあります。ケーキ屋で働くのではなく、レストランで働くパティシエたちの仕事内容はどんなものなのでしょうか?その労働環境や求人の募集内容は?詳しくご紹介していきましょう!レストランパティシエのおおまかな仕事内容レストランで働くパティシエの仕事内

パティシエの仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

手先が器用な人が集まるイメージのあるパティシエ業界。細かい作業が多く、なおかつデザインのセンスも問われるお菓子を作る仕事はなかなか難しい職業だと思っていませんか?確かに繊細で独特な作業が多く大変ですが、慣れてくるとこんなに面白い仕事は他にありません。今回はパティシエの仕事をしたいけれど向いているかどうか分からない方、その世界に進みたいけれど迷っている方に向けてパティシエに向いている人の特徴やキャリアについてお話します!パティシエはどんな仕事?パティシエの仕事の範囲はとても広く、たくさんのお店で活躍しています。ケーキ屋、ホテルのパティスリー、カフェ、レストランなど私達の身近にあるものからメーカー

カフェパティシエ求人は多い?少ない?募集内容相場や仕事内容、バイト募集もあるかなど経験者が解説します

皆さんの街にもケーキがとてもおいしいと評判のカフェはありませんか?ケーキ店ではなくホテルの中にあるわけでもないのに、とてもレベルの高いケーキやデザートを提供してくれるカフェが増えています。そのようなお店、実はしっかりと修行を積んだパティシエが在籍しているかもしれません。少し前までパティシエ業界の中ではカフェのデザートはあまりおいしくない、と思われていました。実際のところ冷凍で販売されているケーキを使っていたり、製菓の技術をあまり持たないアルバイトや料理が本業の調理師が作っていた店が多くありました。しかし最近はカフェの増加に伴い他店との違いを出すべく洋菓子専門のパティシエが在籍する所が増えている

パティシエの転職先はどんなところがある?成功させるためにやるべき3個のことや上手な転職方法を解説します

今も昔も、子供のなりたい職業ランキングの上位に位置する「パティシエ」。フランス語でケーキ職人を意味するこの言葉は日本でもすっかりお馴染みの職業になりましたね。近年はテレビや雑誌などで取り上げられる回数も増え、パティシエと言う職業に憧れを持つ方も増加しています。果たしてケーキ職人のお仕事、現実はどのようなものなのでしょうか?今回はパティシエの転職についてご紹介して行きたいと思います。パティシエの仕事ってどんな仕事をするの?一口にパティシエと言っても、その仕事は多岐に渡ります。個人店の場合、お客様にご注文をお伺いして商品をお渡しする接客販売、材料や梱包材の発注業務、完成した商品の梱包や補充、新商品


パティシエ求人に関するコラム

パティシエがブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間と、それでもこの仕事は楽しいと思う4個の理由

長年子供のなりたい職業の上位に位置するにも関わらず、「ブラック」と揶揄されることの多いパティシエ業界。クリエイティブでやりがいのある仕事であることは間違いありませんが、他業種に比べて離職率も高く業界全体で人手不足に陥っています。働き方が重視され始めた近年、従来通りの縦社会や厳しい労働環境ではなり手が減ってしまい、将来的に業界全体の衰退に繋がってしまいます。今回はパティシエとして長年働いてきた私が、この業界がブラックと言われてしまう所以や実際に経験した事例、しかしながらやりがいを感じる瞬間などをご紹介していきます!経験者の私が思う、パティシエの仕事がブラックな理由とは?私は10年以上パティシエと

パティシエ辞めたい…と言う人の3個のよくある理由とそれの対策とは?

憧れて入ったパティシエの世界・・・ですが、実はパティシエの世界はとても離職率が高く続けられる人が少ない職種でもあります。仕事の環境や給与の問題、体力的な問題など理由は様々ですが、新卒でパティシエとして働き始めた人の内3割が一年以内に退職していると言うデータもあります。厳しく長い修行期間の代わりに一生失うことのない技術を身につけられるパティシエですが、目標をもっていたはずの人でも途中で挫折してしまうことが多いのです。パティシエを辞めたいと感じてしまう人は、一体何が原因なのでしょうか。今回はパティシエを目指す前に知っておいて欲しい現実や退職理由、その対処方法を見ていきましょう。パティシエの仕事環境

パティシエ給料の相場は?給料を上げるためにやるべき6個のことも紹介します

繊細で美しいケーキを作る職人「パティシエ」。子供のなりたい職業ランキングでも常に上位にランクインするとても人気の職業です。高校卒業後も製菓の専門学校へ入学したり、直接店舗で雇用され修行に入る方が多いパティシエ業界ですが「薄給」であるイメージは確かにありますよね。でもそれは本当なのでしょうか?今回はパティシエの給料について詳しくお話していきます。パティシエの給料の相場はどのくらい?パティシエの給与は本人の技術や経験によって大きく左右されます。パティシエの平均年収は200万から300万の間とされていますが、経験を積んだパティシエの中には月収40万円から50万円以上の方もいます。基本的には年功序列で

パティシエの仕事内容3個の役割と業務。経験者が教えます!

美しいケーキを作り出すのが仕事のパティシエと言う職業。昔は「ケーキ職人」と呼ばれていましたが、フランス語の「パティシエ」はすっかり定着しましたね。ケーキ工房の中やホテルのカフェなど活躍の場はたくさんあるパティシエですが、一体どのような仕事を毎日行っているのでしょうか。子供の頃はケーキを毎日食べたいからパティシエになりたいと思っていた方でも、「体力仕事」だと聞いて諦めてしまった方も多いのではないでしょうか。今回はケーキ職人、「パティシエ」について、パティシエ歴10年以上の私が仕事内容ややりがい、求められる人物像などについてお話していきます!パティシエの仕事は大きく3個の役割に分けられる私が働いて

パティシエ女性の仕事内容や給料は?働きやすい職場やおすすめの求人の見つけ方を解説!

近年人気のある「パティシエ」と言う職業。実はこのパティシエと言う言葉は、フランス語で「男性の洋菓子職人」を意味します。女性の洋菓子職人は「パティシエール」と呼ばれもちろん言葉の発祥の地フランスにもたくさんいます。パティシエの世界は男性が多いと言われていますが実際はどうなのでしょうか?体力仕事である洋菓子業界にパティシエールはあまりいないのでしょうか?筆者の経験から言いますと、女性パティシエの数は年齢によって人数に大きな差があります。専門学校を卒業した20歳代の若い女性パティシエはたくさんいるのですが、経験を積んだ30代の女性パティシエ、独立した女性パティシエは少ないのが現状です。やはりまだまだ