憧れて入ったパティシエの世界・・・ですが、実はパティシエの世界はとても離職率が高く続けられる人が少ない職種でもあります。

仕事の環境や給与の問題、体力的な問題など理由は様々ですが、新卒でパティシエとして働き始めた人の内3割が一年以内に退職していると言うデータもあります。

厳しく長い修行期間の代わりに一生失うことのない技術を身につけられるパティシエですが、目標をもっていたはずの人でも途中で挫折してしまうことが多いのです。

パティシエを辞めたいと感じてしまう人は、一体何が原因なのでしょうか。

今回はパティシエを目指す前に知っておいて欲しい現実や退職理由、その対処方法を見ていきましょう。

「パティシエ」が自分に向いているか診断するにはこちら →

パティシエの仕事環境とは?

キッチンの中での仕事が主なパティシエは外から見えにくい世界です。

実際にパティシエとして働いている人たちは、どのような環境でどのような仕事をしているのでしょうか。

詳しくお話します。

キッチン内は寒い!

温度管理が大切なケーキを作るキッチン内は、夏でも冬でも一定の温度に保たれています。

ケーキを製造するのに相応しい温度は大体20度前後とされており、一流のパティスリーであれば冬でもキッチン内が暖かくなることはありません。

夏は良いのですが、冬になると寒くて仕方ないことも少なくありません。

しかし優先するべきは製造したケーキ。

暖房をきかせるわけにはいきません。

コツコツ地味な作業が多い

修行期間の長いパティシエは、入社してすぐにキッチンでケーキを作れるという事はありません。

最初は材料の計量から始まり、フルーツのカット、バターのカットなど想像しているよりも地味な作業が続きます。

華やかな世界を想像している人ほど現実の壁に当たってしまい、早期に退職してしまいます。

体力がいる作業が多い

繊細なケーキを作るパティシエですが、実はとても体力のいる仕事です。

家庭のお菓子作りでは目にしないほど大きなボウルとホイッパー(泡立て器)で大量のクリームを泡立てたり、一度に40個の卵が入った鍋を混ぜ続けなければならなかったりと、一日の仕事が終わる頃には腕が上がらなくなってしまうことも少なくありません。

また製造業務以外でも重い小麦粉の袋を運んだり、大量のフルーツを運んだり特に女性にとってきつい仕事もたくさんあります。

労働時間が長い

パティシエや料理人の仕事はその他の職業に比べて労働時間が長くなる傾向にあります。

朝早くから開店時間までに全てのケーキを仕上げショーケースに並べ、開店中は次の日のケーキの仕込みに追われます。

細かな作業がとても多いので、人手が足りないお店はどうしても長時間労働になってしまいます。

特にクリスマスやバレンタインなどは本当に夜中まで仕事をすることになります。

上下関係が厳しい

こだわりの強い性格の人が多いパティシエの世界は、上下関係に厳しい世界でもあります。

職人気質と言われる人が多く、にこやかに仕事を教えてくれる人はあまり多くないと言えます。

入社直後の新人パティシエの場合、仕事時間のほとんどがフルーツカットのみや計量のみなど先輩パティシエたちのサポートをすることになります。

下積み時代を過ごし、「この人にならお店のレシピを教えても良い」と認められない限り実際の製造業務が回ってくることはありません。

また、決して広くない厨房内で長時間の業務になるため独特の緊張感が漂っているお店もあります。

パティシエの仕事に興味はあるけど、自分に向いているか心配な人はこちらから相談してみると良いでしょう。

「パティシエ」が自分に向いているか診断するにはこちら →

パティシエ辞めたい…3個のよくある理由とそれの対策とは?

入りたくて入ったパティシエの世界ですが、どうして離職してしまう人が多いのでしょうか。

次にパティシエを辞めたいと感じている人に多い理由と、その山場を乗り越える対策についてお話します。

長時間労働

現在「働き方改革」が国によって進められており一般の企業は残業をなるべくしないようにしようという風潮がありますが、パティスリーではそう簡単にはいきません。

洋菓子業界は長年人手が不足していることもあり、パティシエたちの労働時間が短くなるにはまだまだ時間がかかるように思えます。

パティシエを辞めてしまう人の中には長時間労働に耐えられなくなった、という方が少なくありません。

それに対する対策とは?

ケーキを作ることは好きで、知識も技術もあるのに労働時間が理由で他業種に転職してしまうのはとてももったいない事です。

そのような場合は他の大手のパティスリーへの転職を視野に入れてみましょう。

比較的大きな会社の工場や直営店はたくさんのパティシエが在籍しており仕事を分担して行えるため、労働時間は比較的短いお店がたくさんあります。

お給料が安い

技術を身につけることのできるパティシエの仕事は、薄給であることが多いです。

それは「仕事を教えてもらっている」と言う職人世界独特の考え方が残っているためです。

しかし、技術を教わっていると分かっていてもお給料が安いと言うのは大きなストレスとなり退職を選ぶ人は多いのです。

それに対する対策とは?

お給料の問題は転職で解決できる場合もありますが、まず目に見える資格を取得することをおすすめします。

製菓衛生師、菓子製造技能士などの資格を取れば資格手当をいただける場合があり給与のアップにつながります。

将来に対する不安

パティシエとしてお店に入っていみると、従業員の年齢層が若く驚きます。

実際に私の働いていたお店は30代の中堅パティシエは一人もおらず、専門学校を出たばかりの方やパティシエ歴1年、2年と言うとても若い方ばかりでした。

パティシエの仕事を長く続けることは実はとても難しく、99%のパティシエは10年以内に辞めてしまうと言われています。

年齢を重ねると「いつまでこの体力のいる仕事ができるのか?」と将来に対する不安が出てきます。

その結果、まだ転職の幅が広い20代のうちに辞めてしまう人が多いのです。

それに対する対策とは?

パティシエの仕事を続けるために明確な目標を作ってみましょう。

何歳までに独立するでもいいですし、お菓子教室を開く事を目標にしても良いでしょう。

目標のある人は将来に対する不安を持ちにくくなります。

若く体力のあるうちは精一杯技術と知識を身に着け、年齢を重ねたら無理のない範囲でパティシエとして働けるように環境を整えていけば一生続けることのできる仕事です。

もし、目標がなく将来について悩んでるのであれば、こちらの転職エージェントでアドバイスを貰うと良いでしょう。

「パティシエ」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回はパティシエの離職理由やその対処法についてお話しました。

パティシエ歴10年以上になる私も、下積み時代に何度も何度も「もう辞めたい」と思ったことがありました。

実際に違う業種に転職したこともあります。

しかし、結局お菓子作り、パティシエという職業が好きで現在も働いています。

今、つらくて辞めたいと思っている方。

一度初心に返って、仕事としてではなく趣味の一つとして休日にケーキを作ってみてください。

そしてできるなら、それを家族や大切な友人などに食べてみてもらってください。

自分の作るケーキを食べてもらうことの嬉しさや楽しさを思い出して、もう少し頑張ってみませんか?

この山場を乗り越えればパティシエとして一皮剥けることでしょう!

「パティシエ」が自分に向いているか診断するにはこちら →

パティシエがブラックな仕事だと感じる瞬間は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

パティシエ求人

パティシエ求人についてもっと深堀りした情報を見る

ホテルパティシエ求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

「パティシエ」と一言で言ってもその働き口はとてもたくさんあります。ケーキ店で働くパティシエ、独立を目指すパティシエ、カフェで働くパティシエ、レストランで働くパティシエ・・・と言う具合です。中には海外留学を目標にしているパティシエもいますし、専門学校などで教壇に立つパティシエもいます。今回は、その中でもホテルパティシエ求人に迫ってみましょう。同じパティシエでも仕事内容はホテルとその他では全く変わってきます。ホテルパティシエはどんな仕事?まず、皆さんはホテルのティールームやパティスリーに行ったことがあるでしょうか。ケーキ店のケーキよりも、よりきらびやかで装飾の細やかなケーキが販売されていたのではな

パティシエとして就職を成功させるには?やっておくべきこと、面接対策など、経験者が解説します!

パティシエになりたい!という目標を早くから持って製菓の専門学校に通っている方や、やっぱりパティシエになりたいと進路を変えられる方、みなさんそれぞれ今までの道は違ってきているでしょう。しかし、パティシエになりたいと決めたならこの先進むべき道は同じ。就職活動です。パティシエは窓口をとても広く開いている職種です。専門学校に通っても、通っていなくても社会人になってからのスタートラインは同じです。もちろん、専門学校に通っている方は学校で学んだ知識や技術を大いに活かして活躍していけるでしょう。全くの未経験の方は人一倍の努力が必要になる厳しい世界です。今回は、パティシエとしての就職を成功させるためにやってお

レストランパティシエ求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

有名なレストラン、ウェディングも行うゲストハウス、ホテルのレストランなどには必ずその店のデザート類や店頭で販売されているケーキ、コース料理の最後のデセールを担当するパティシエが在籍しています。調理師がケーキも作っているお店も少なくありませんが、やはり専属のパティシエの作るものはレベル違いのことが多く「料理は美味しいのにデザートがイマイチ・・・」と言うところもあります。ケーキ屋で働くのではなく、レストランで働くパティシエたちの仕事内容はどんなものなのでしょうか?その労働環境や求人の募集内容は?詳しくご紹介していきましょう!レストランパティシエのおおまかな仕事内容レストランで働くパティシエの仕事内

パティシエの仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

手先が器用な人が集まるイメージのあるパティシエ業界。細かい作業が多く、なおかつデザインのセンスも問われるお菓子を作る仕事はなかなか難しい職業だと思っていませんか?確かに繊細で独特な作業が多く大変ですが、慣れてくるとこんなに面白い仕事は他にありません。今回はパティシエの仕事をしたいけれど向いているかどうか分からない方、その世界に進みたいけれど迷っている方に向けてパティシエに向いている人の特徴やキャリアについてお話します!パティシエはどんな仕事?パティシエの仕事の範囲はとても広く、たくさんのお店で活躍しています。ケーキ屋、ホテルのパティスリー、カフェ、レストランなど私達の身近にあるものからメーカー

カフェパティシエ求人は多い?少ない?募集内容相場や仕事内容、バイト募集もあるかなど経験者が解説します

皆さんの街にもケーキがとてもおいしいと評判のカフェはありませんか?ケーキ店ではなくホテルの中にあるわけでもないのに、とてもレベルの高いケーキやデザートを提供してくれるカフェが増えています。そのようなお店、実はしっかりと修行を積んだパティシエが在籍しているかもしれません。少し前までパティシエ業界の中ではカフェのデザートはあまりおいしくない、と思われていました。実際のところ冷凍で販売されているケーキを使っていたり、製菓の技術をあまり持たないアルバイトや料理が本業の調理師が作っていた店が多くありました。しかし最近はカフェの増加に伴い他店との違いを出すべく洋菓子専門のパティシエが在籍する所が増えている

パティシエの転職先はどんなところがある?成功させるためにやるべき3個のことや上手な転職方法を解説します

今も昔も、子供のなりたい職業ランキングの上位に位置する「パティシエ」。フランス語でケーキ職人を意味するこの言葉は日本でもすっかりお馴染みの職業になりましたね。近年はテレビや雑誌などで取り上げられる回数も増え、パティシエと言う職業に憧れを持つ方も増加しています。果たしてケーキ職人のお仕事、現実はどのようなものなのでしょうか?今回はパティシエの転職についてご紹介して行きたいと思います。パティシエの仕事ってどんな仕事をするの?一口にパティシエと言っても、その仕事は多岐に渡ります。個人店の場合、お客様にご注文をお伺いして商品をお渡しする接客販売、材料や梱包材の発注業務、完成した商品の梱包や補充、新商品


パティシエ求人に関するコラム

パティシエアルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった2個のことやそこで身に付く力とは?

美しい洋菓子を作る「パティシエ」と言う職業。飲食業界の中で、調理師とはまた違う技術を必要とするこの職種に憧れを持っている方も多いでしょう。パティシエは子供たちの将来なりたい職業にも常に上位にランクインする人気の仕事です。しかし実は離職率のとても高い、難しく厳しい業界であることももう周知の事実となっていますよね。パティシエに憧れはあるけれど、続けられるのか、生涯やっていける仕事なのかどうか不安に思う方は、まずアルバイトから始めてみませんか。パティシエにもアルバイト募集があり、短時間や週に2、3日でも良いと言うお店も少なくありません。まずはアルバイトから始めて、パティシエ業界を肌で感じることは職業

パティシエがブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間と、それでもこの仕事は楽しいと思う4個の理由

長年子供のなりたい職業の上位に位置するにも関わらず、「ブラック」と揶揄されることの多いパティシエ業界。クリエイティブでやりがいのある仕事であることは間違いありませんが、他業種に比べて離職率も高く業界全体で人手不足に陥っています。働き方が重視され始めた近年、従来通りの縦社会や厳しい労働環境ではなり手が減ってしまい、将来的に業界全体の衰退に繋がってしまいます。今回はパティシエとして長年働いてきた私が、この業界がブラックと言われてしまう所以や実際に経験した事例、しかしながらやりがいを感じる瞬間などをご紹介していきます!経験者の私が思う、パティシエの仕事がブラックな理由とは?私は10年以上パティシエと

パティシエ給料の相場は?給料を上げるためにやるべき6個のことも紹介します

繊細で美しいケーキを作る職人「パティシエ」。子供のなりたい職業ランキングでも常に上位にランクインするとても人気の職業です。高校卒業後も製菓の専門学校へ入学したり、直接店舗で雇用され修行に入る方が多いパティシエ業界ですが「薄給」であるイメージは確かにありますよね。でもそれは本当なのでしょうか?今回はパティシエの給料について詳しくお話していきます。パティシエの給料の相場はどのくらい?パティシエの給与は本人の技術や経験によって大きく左右されます。パティシエの平均年収は200万から300万の間とされていますが、経験を積んだパティシエの中には月収40万円から50万円以上の方もいます。基本的には年功序列で

パティシエの仕事内容3個の役割と業務。経験者が教えます!

美しいケーキを作り出すのが仕事のパティシエと言う職業。昔は「ケーキ職人」と呼ばれていましたが、フランス語の「パティシエ」はすっかり定着しましたね。ケーキ工房の中やホテルのカフェなど活躍の場はたくさんあるパティシエですが、一体どのような仕事を毎日行っているのでしょうか。子供の頃はケーキを毎日食べたいからパティシエになりたいと思っていた方でも、「体力仕事」だと聞いて諦めてしまった方も多いのではないでしょうか。今回はケーキ職人、「パティシエ」について、パティシエ歴10年以上の私が仕事内容ややりがい、求められる人物像などについてお話していきます!パティシエの仕事は大きく3個の役割に分けられる私が働いて

パティシエ女性の仕事内容や給料は?働きやすい職場やおすすめの求人の見つけ方を解説!

近年人気のある「パティシエ」と言う職業。実はこのパティシエと言う言葉は、フランス語で「男性の洋菓子職人」を意味します。女性の洋菓子職人は「パティシエール」と呼ばれもちろん言葉の発祥の地フランスにもたくさんいます。パティシエの世界は男性が多いと言われていますが実際はどうなのでしょうか?体力仕事である洋菓子業界にパティシエールはあまりいないのでしょうか?筆者の経験から言いますと、女性パティシエの数は年齢によって人数に大きな差があります。専門学校を卒業した20歳代の若い女性パティシエはたくさんいるのですが、経験を積んだ30代の女性パティシエ、独立した女性パティシエは少ないのが現状です。やはりまだまだ