どういう仕事であれ、どういう職種であれ、ブラックだと感じてしまう人はいらっしゃると思います。

ここではブラックな仕事だと感じてしまう点に加え、それでも仕事のやりがいを感じる部分も併せてお伝えします。

経験者が紹介!社会福祉士がブラックと感じた2個の瞬間とは?

経験者だからこそ感じる、社会福祉士がブラックだなと感じてしまった点をお伝えします。

ただ、あくまで個人の主観の部分に当てはまるところなので、あらかじめご了承をお願いします。

相談業務の幅が広い

ここでは地域包括支援センターでの社会福祉士としての体験談をもとに説明していきます。

地域包括支援センターでのお仕事は相談業務がメインになります。

地域住民からの悩み事や困りごと、住民だけでなく地域の事業所の方からもこの対応をどうすれば良いのか等の相談事を持ちかけられる場合があります。

地域での困りごとに関してはまず情報として地域包括支援センターに伝える流れが出来ている関係で、来館者や電話が終日鳴りっぱなしの場合があります。

これに加えて、自分が抱えている要支援者の担当も行わなければならず、仕事の幅がかなり広く、業務量もそれだけ多くあります。

その上、給料は一般と比べてそんなに高いとは言い切れません。

このようなことを考え始めてしまうと、この職種はブラックだなと感じてしまう所があります。

相談員の負担が大きい

ここではデイサービスの生活相談員として勤めていた頃に感じた体験談をもとに説明していきます。

社会福祉士に求められるものは先ほどの地域包括支援センター同様、相談業務に関わることです。

相手の話を聞いていく中でニーズを見つけていきます。

そのうえで、ニーズに対してこのデイサービスでどのような取り組みが行えるのかを模索していくことが一つの大きな仕事になります。

又、相談内容にはたいてい家族が絡んでくる問題も多々発生していきます。

その影響で家族対応も相談員としての業務に組み込まれていきます。

更に、ケアマネジャーとの関係性も保っていかなければなりません。

なぜなら、ほとんどの場合ケアマネジャーからご利用者の方を紹介してもらうのでケアマネジャーとの関係性が取れていなければご利用者を紹介してもらえないという事態も発生していきます。

このことは運営を行って行く上での大切な業務内容につながりますので、プレッシャーや精神的な負担は大きいと言えます。

生活相談員の場合はたいてい現場の介護業務も担当することになります。

朝夕の送迎や添乗に加え、レクリエーションや体操、お風呂介助や食事介助等、全般を任されるケースもあります。

生活相談員というだけで一般の介護職に比べて給料が高い場合が多いですが、その分仕事の負担も大きくなってしまうという点が挙げられます。

大変だけど、私が思う社会福祉士の仕事のやりがいは?

これまではブラックだなと感じてしまう点を中心に説明してきました。

しかし闇があれば光があるように、必ず表裏一体になっています。

ここからはそれでも社会福祉士としてのやりがいを説明していきます。

自分のスキルアップに繋がる

スキルアップというのは、自分にとって今までにないような事態に遭遇し、それを乗り越えたからこそ取得できるものだと思っています。

そういう視点で考えれば、社会福祉士というのはスキルアップに繋がっていくことがやりがいの一つとして挙げられます。

相談業務というのはいろんな種類が存在します。

毎日同じような相談内容が来るわけではありません。

必ず予測しないような相談内容を持ちかけられることがあります。

それに対して対処していく流れを通して、社会福祉士としてのスキルアップに繋がっていきます。

大変だからこそ取得できる大切な財産です。

人間が好きになる

社会福祉士だけに言えることではありませんが、相談業務を主としている職種の場合、人間の深いところにまで踏み込む場合があります。

その方の考えや信念、幼少期や家庭環境等、普通の職種では知ることのできないような部分まで知る場面が増えていきます。

それゆえ、大変な部分もあります。

相手の深いところに関わるわけですから知らなかった方が良かった情報とも出会いますし、対応ひとつでクレームに発展するリスクもあります。

しかし、これだけ人間の深いところに関わっていると、次第に人間自体が好きになってきます。

どんな苦手な人でも相手の深いところには必ず悲しみや涙があり、そこに触れることのできる貴重な職種の一つです。

表面上では好きになれない部分でも、深いところから見れば愛着が湧いてくるのがわかります。

これらのことからも、この仕事をやっていてのやりがいを感じとることが出来ます。

将来に通じる能力を習得できる

社会福祉士は大変な部分もありますが、ここで培ってきた経験や知識は将来に通じてくる部分が数多くあります。

よく聞く話が介護職との比較です。

介護職は生活を支える役割があります。

食事介助や排せつ介助、入浴介助を行うことが一般的です。

これらの業務は身体的にも負荷がかかりやすい為、若いうちなら良いですが年齢を重ねるとともに辛くなっていく現状があります。

そうなってくると、ケアマネジャー等の相談職を希望される方が多くいらっしゃいますが、相談職にはこれまで説明した通り介護職とはまた違った問題が多数発生していきます。

このことが原因で相談職を辞退され、介護現場一筋でやっていくケースもあります。

介護キャリアを積んだ方が相談業務に移行していく流れが多い中、社会福祉士として今のうちに相談業務の経験を積まれることは将来的な視点から見てもかなり有効的な手段と言えます。

将来に通じる能力を習得することができるのが社会福祉士なのです。

まとめ

正直、社会福祉士というのは大変な部分が多く見受けられます。

しかし、大変な部分があるのではなく、大変な部分しか見ていないと言い換えることが出来ます。

大変な部分ゆえに、やりがいも多数あるのがこの仕事です。

社会福祉士として仕事をされるようでしたら、きちんとメリット・デメリットをきちんと見極めたうえで、今後仕事をするのか等を決断されるのが良いと思います。


関連キーワード

社会福祉士求人

社会福祉士求人についてもっと深堀りした情報を見る

社会福祉士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための注意点

安定した仕事がしたいとか、人の役に立ちなどといった理由から、社会福祉士を目指す社会人の方は多いですよね。福祉の仕事の経験がなくても、社会福祉士に転職することは可能なのでしょうか?著者も会社員を続けながら大学に通い、社会福祉士の資格を取ったので、その経験を基に解説していきます。社会福祉士への転職で狙い目な職場の特徴とは? 社会福祉士の職場と言っても、多種多様な仕事があります。転職する際にはどんな職場を狙ったらよいのでしょうか?具体的に見ていきましょう。前職の経験を生かせる福祉の現場では、福祉系専門学校を出た後にずっと福祉職場で働いているという方も多くいます。もちろん専門職として続けているのは素晴

社会福祉士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

誰かの役に立ちたいという高い志をもって社会福祉士を目指しても、実際のところ、低賃金ではなかなか仕事を続けられない…と考える人は多いと思います。将来結婚したり、子育てをしたりたいと考えている人にとっては、生涯年収がご自身のライフプランに密接にかかわってきますから、当然のことです。資格を取ってしっかり稼いで、理想に近い人生を目指しましょう!社会福祉士の給料の相場はどのくらい?社会福祉士の一般的な年収は250万円~500万円ほどと言われており、残念ながら高給取りとは言えません。しかし勤務地や勤続年数などの条件によっては、年収アップも見込めます。どんな働き方だと給与がよいのか、確認してみましょう。正社

社会福祉士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

社会福祉士は、福祉全般を範囲とする、福祉の専門職です。社会福祉士が担当する分野は多岐にわたり、そこで接する人や抱える問題も様々。そんな社会福祉士の仕事は、どのような人に向いているのでしょうか。社会福祉士の仕事内容を踏まえながら、向き不向き・活かせる経験などをご紹介します。社会福祉士にはどんな仕事があるの?社会福祉士が働く分野は、「病院」「介護」「障害」「子ども」「地域」「公的扶助」と、広い分野を担当します。主に、生活上での悩みを抱える相談者(クライエント)との面談を行い、支援の計画を立てていきます。これを「相談援助」と呼び、社会福祉士の仕事の中心となる業務です。支援計画を立てて終わりではなく、


社会福祉士求人に関するコラム

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

社会福祉士は女性に向いている?向いている点、できること・大変なことなどを解説します

福祉の職場は、女性が多いイメージが強いですが社会福祉士もまた、たくさんの女性が活躍しているお仕事です。人に寄り添う仕事である社会福祉士は、女性に向いているお仕事なのか?社会福祉士が女性に向いている点女性社会福祉士ならではの出来ること女性が社会福祉士として働く上で大変なことなど、社会福祉士を目指す女性に役立つ情報を解説していきたいと思います。社会福祉士とはどんな仕事? 社会福祉士は、生活する中での様々な困り事や悩み事を解決に導くお仕事です。困り事や悩み事の相談にのり、どうしたら解決できるのかを一緒に考え、使える福祉サービスや制度を提案していきます。相談の内容や対象者は、多岐にわたり、高齢者の介護

社会福祉士として働くメリットとは?私が感じた良いところをまとめました

福祉職はまだまだ、「きつい・きたない・きけん=3K」と言うイメージが根強いお仕事です。しかし一方で福祉職を目指したくなるような魅力溢れるお仕事でもあります。私は、社会福祉士として10年間、様々な職場で経験を重ねてきました。人間を相手にするお仕事ですので、人間関係に悩まされること。自分の力の無さに福祉職を辞めようと考えたことも何度もありました。それでも、社会福祉士として働き続けてきた理由は何なのか?私が感じた、社会福祉士として働くメリットと、働いてきて良かった点をご紹介していきます。社会福祉士の仕事ってどんな仕事?社会福祉士の仕事の軸となるのが「相談業務」です。問題や悩みを抱えた人の相談にのり、

社会福祉士の派遣が向いている人の4つの特徴や必要なスキル・適正、働く上での注意点まで。

社会福祉士も正社員やパートなど、様々な働き方があります。他の職業と同様に、派遣会社から出向いて働く派遣社員の社会福祉士も、もちろんいます。社員が育休中で人手が足りない時などに、来てもらうことが多いようです。では、社会福祉士として派遣社員になったら、どんな仕事をするのでしょうか?一緒に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員の仕事とはどんな仕事?社会福祉士として派遣社員になったら、多くは福祉施設や病院で働くことになると思います。仕事内容はその施設によって異なりますが、具体的に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員が得意な人の4つの特徴とは?同じ社会福祉士の中にも、派遣社員として働くことが得意な人と

社会福祉士の服装ってどうあるべき?様々な会社における服装から、あるべき姿まで

社会福祉士の国家資格を持っている方の仕事の一つに相談業務というものがあります。高齢者分野で言えば、地域の高齢者の方もしくは高齢者の方を介護している家族より生活に関する相談が寄せられます。その相談内容について伺い既存のサービスを提案する事で、解決するきっかけを作っていく重要な役割を担っているのが社会福祉士です。相談業務という事は相手との信頼関係をどれだけ作れるのかがポイントになってきます。関係性を作るためには当然相談援助スキルなども必要になってきますが、それ以前に服装などの外見もとても重要な部分になります。ここでは社会福祉士の服装などを中心に記していきます。社会福祉士の服装ってどうあるべき?地域