介護の業界において専門職と呼ばれている資格はいくつも存在します。

例えば介護福祉士やケアマネジャー等がこれに該当しますが、それに加えて社会福祉士という資格があります。

この社会福祉士という資格について、「どういう仕事内容なのか」「社会福祉士としてのやりがいって何があるのか」等を私の体験談も交えながら説明していきます。

社会福祉士の大まかな仕事内容について理解しておこう

介護福祉士という資格を取得した方の仕事内容は文字通り介護に関することの仕事内容に限られます。

その一方、社会福祉士という資格は名前に社会福祉という文字が付いているだけに、仕事業務は介護だけにとどまりません。

社会福祉なので高齢者関係はもちろんのこと、障害者関係や児童関係、生活困窮者関係や病院関係、地域包括支援センターなど、その仕事分野は多岐にわたります。

配属されている場所において、仕事内容の多少の違いはありますが、社会福祉士の仕事としては主に相談業務がメインになります。

悩み事を抱えている地域住民の方、もしくは施設利用者の方々とお話を行い、その悩みを解決していく、又は、解決できる関係機関へその方を繋げていくなどの仕事業務です。

別な言葉で表現するのであれば、コーディネーターや必要機関への橋渡し役等の表現もできます。

それが社会福祉士としての大まかな仕事内容です。

社会福祉士の仕事のやりがいってどんなもの?

相談業務がメインになる仕事のため、社会福祉士の仕事における立ち位置は、かなり重要なポジションになっていきます。

なぜなら相談される方にとっては、社会福祉士の対応ひとつ、回答ひとつでその後の生活に大きな影響を及ぼしてしまう可能性があるからです。

その方の人生に関わりのある重要なポジションだからこそ、大変な事や苦労することも多くあります。

時には相談対応に不備があるとしてクレームに結びついてしまい、状況によっては大きなことに発展してしまうリスクも存在します。

しかし、そんな重要なポジションだからこそ、住民や利用者の悩みを解決できた時は、ものすごい達成感に包まれます。

自分がいなければ、この人の人生に進化発展は無かったんだと強烈な自己肯定感を感じることもあります。

これらの事こそ社会福祉士としてのやりがいに大きく結びついてくるものです。

経験者の私が社会福祉士の仕事でやりがいを感じた瞬間

ここでは私の体験談を交え、社会福祉士としての仕事のやりがいを紹介していきます。

私は大学卒業と同時に社会福祉士の国家試験に合格し資格を取得しました。

その後は特別養護老人ホーム・デイサービス・高齢者福祉センター等の高齢者分野を中心に仕事をしてきました。

困っているAさんを介護保険のシステムにご案内したケース

私が高齢者福祉センターに勤務している時の事でした。

そもそも高齢者福祉センターとは地域の高齢者の方を対象に介護予防事業の運営や生きがいづくりを作ることを目的としている施設です。

基本的には自立できている方が対象となるので、元気な高齢者が来館されるような場所です。

しかし、普段利用されるAさんより自宅での生活を送るうえで悩みがあり、相談を受けることがありました。

現在は一人暮らしのAさん、調理や掃除等を行うのですが、膝や腰の痛みが以前より増して出てきてしまっているため、とてもしんどいとの相談内容です。

始めはAさんの訴えを聞きながら傾聴の姿勢を行い、話が一段落ついたところでヘルパーさん等手伝ってくれる人がいることを提案しました。

Aさんはヘルパーさんの存在自体は分かっていましたが、ヘルパーを使ってしまう事への抵抗や、利用するにしてもどのように手続きをしたら良いか分からないという返答を頂きました。

なぜヘルパーを使うことに抵抗を感じてしまうのかというを訴えを聞いているうちに徐々にそういう思いが柔らかくなっていき、最終的には本人よりヘルパーサービスを使ってみようかしらという言葉を頂くことができたので、次は介護保険の概要に関する大まかな説明をしました。

ただ説明するだけでは情報量が多い為理解に追いつかないと判断し、紙1枚で簡単に図を描きながら説明をしました。

一通り概要を説明した後は介護保険申請が可能な地域包括支援センターの紹介を行い、来館し申請手続きを行う様お伝えしました。

Aさんを見送った後、地域包括支援センターにも連絡を入れAさんの件を伝え、無事に申請に至ったとの報告をもらいました。

社会福祉士として介護保険の概要は網羅しているのでそれが発揮できた事例になります。

相談業務のやりがいは今回のケースのように困っている方の力になれた時に感じるケースが多いです。

介護予防運動教室に社会福祉士としての経験を融合させたケース

私は社会福祉士でいる傍ら、介護予防運動指導員としても地域活動を行っています。

いつまでも人の世話にならず、自分の力だけで生活を送ることができるように立位運動・座位運動などを併用しながらトレーニングを行っています。

週1回開催される運動教室で体操参加者の方を飽きさせないようにいろんな運動を取り入れ実践していく、普通の介護予防運動指導員としてはこういう流れが一般的です。

しかし、これではある欠点が生まれてしまいます。

それは参加者が体操教室に100%依存してしまっているということです。

健康維持のために週1回運動教室に通っている事は運動教室に全く通わずに引きこもっている人に比べればかなり良い状態と言えますが、これで終わってしまっては本当の意味で介護予防とは呼べません。

介護予防を継続するためには依存から主体性へとシフトさせる必要があります。

これが必要な背景として、例えば体操教室に依存してしまった場合、定員などの理由で体操教室に参加することが出来なかった、又、参加していたとしても参加者同士のけんかなどで体操教室に行きたくないといって辞退されるケースは少なくありません。

更に定員を超える申し込みを頂いた体操教室において、抽選から外れてしまった方から「この体操に参加できなかったら運動する機会が無いの」という電話まで頂くことがあります。

運動する機会が無くなってしまうということは、その方の廃用症候群を進めてしまう可能性が出てきてしまいます。

体操教室だけに依存してしまっては、いつこういう状況になってしまうか分かりません。

そうならないために、健康や運動に対して教室のみに依存せず主体性を持つことが求められるのです。

このような現状の中において社会福祉士の資格を取得しているのだから主体性を認識させるような取り組みをしてみようと思い立ちました。

いろいろと悩んだ結果考えついたのが、参加者の1日の生活全体をコーディネートしてみようということでした。

今までは体操教室に来たその時間だけその方のADL等を見ていましたが、その時間だけでなく生活全体を網羅して主体性を育ててみようという考え方です。

社会福祉士の資格取得の時に学んだ対人援助論に関しての知識や、ケアマネジャーなどが仕事でよく使う介護保険サービス運用に関しての流れを参考に独自にプランを作成。

まずは体操参加者に趣旨を説明し、希望者を募ります。

その後作成した生活記録シートを元にその方の基本情報を把握します。

基本情報を元にその方に合った家でもできる簡単な運動を伝えるとともに、ケアプランのように長期目標・短期目標を自分で設定してもらいました。

更に運動をどれだけ実践したのかを記録するシートを作成し毎週体操教室に参加する度にその記録シートを持ってくるよう伝え、モニタリングを実施。

自宅で運動が出来ていなかった場合は再アセスメントを行い、再びモニタリングを行います。

それを体操教室の期間(3か月)実施しました。

この取り組みを行うことで得られた効果は2つあります。

まずは体力測定において効力を発揮しました。

握力や片足立ちなどの記録が、このプログラムを実施する前に比べて数値があがっているという変化が見られるようになりました。

もう一つは主体性の発揮です。

運動教室が終わった後でも定期的に私のところに記録シートを持ってきてくれるようになりました。

私が伝えた運動だけでなく、ご自身でいろいろと調べられ、その運動も毎日取り入れているとのこと。

自分で調べて運動を実践しているということはまさしく主体性が発揮できていると言って良いでしょう。

感想を聞いてみると、運動しなくてはいけないことは知っているがきっかけが中々つかめなかった。

今回の事がきっかけで運動に対して前向きに取り組めるようになったと好評価を頂きました。

今回の事例は社会福祉士としての知識や経験があったからこその取り組みの一つです。

相談業務はいろんな範囲で応用が出来ます。

人の人生に関わっていくことがこの仕事の大きなやりがいの一つに繋がります。

Bさんの体型から異常を見抜き、関係機関に繋いだケース

この事例も高齢者福祉センターでの事例です。

ほとんど毎日のように来られているBさんという方がいらっしゃいます。

毎日、おはようございます等のあいさつを交わし時々数分お話しするといった関係性でした。

ある朝、いつものようにBさんが来館され挨拶を交わすのですが、その時に何か違和感を感じました。

気のせいかと思い、その日はそれで終わったのですが、翌日もBさんに会った時に違和感を感じてしまったので、いったい違和感の正体はなんなのか探し続けた所、体型に関して違和感を覚えたことが判明しました。

Bさんはもともと小柄な方でしたが、いつもより更に小柄になったというか、やせてしまっているのではないかと感じ、周囲に人がいないところを見計らってBさんに私が感じた違和感を正直にお伝えしました。

それを聞いたBさんから近いうちに相談したいことがあると言われ、後日二人きりで施設内の部屋を借りお話を伺いました。

その結果、金銭的な理由で食べ物を毎日満足に食べれていない、こんなこと人にも言えないし、誰に相談したらよいのかわからずに困っていたとの言葉を頂きました。

本人より困っているという言葉が聞けたので、本人了承の下、地域包括支援センターに相談しました。

相談した結果、地域包括支援センターで担当者が対応するから一度来館してもらいたいという言葉が聞けたので、本人にそのことを伝え地域包括支援センターに行っていただくようお伝えしました。

その後、関係機関を紹介され援助を受けているとの報告を頂きました。

今回のケースのように悩み事の種類にもよりますが、困っていても中々話してくれないケースは多いです。

本人より聞き出すためには信頼関係をどこまで構築できているのかによります。

社会福祉士として常にアンテナを張り、いろんな方と関係性を築いていくということも立派な仕事の一つです。

このような視点からも社会福祉士としてのやりがいを見出すことが出来ます。

後輩育成

今まで数名の社会福祉士を取得した後輩たちと接してきたことがあります。

私の直属のスタッフにも同じ資格を持っているものがいるのですが、なぜ社会福祉士を取得したのか、今後は資格を活かしてどのような事を行いたいのか等のヒアリングを行いましたが、その後輩に限らず皆さんわからないと回答されたり、きちんとした方向性を持っていなかったりするというケースが多いです。

そのうちの何人かは周りのみんなが試験勉強してたから自分も勉強していたら合格した、大学の先生に取っといたほうが良いからと言われて勉強して取得した等の事を聞かされました。

その人たちの目的は資格を取るという目的で止まってしまっているため、資格取得した後どうするかという事に関しては今まで考える機会が無かったという事です。

社会福祉士は高齢者分野に関しては資格手当というものが発生する場合が多いです。

社会福祉士として雇っているのだから無資格の人に比べたら高いお金を払うということです。

それにもかかわらず専門職としての将来におけるプランが無いというのはあまりにもったいないと思い、資格取得している後輩に対して接する態度を変化させていきました。

いつまでも後輩という立場ではなく、一人のプロの専門職としての態度に切り替えたのです。

具体的には何か困難事例が起こった時に「社会福祉士としての観点からはどう考えるの?」などの問いかけを繰り返し実施していきました。

その中で後輩の内面に社会福祉士としてのプロ意識が徐々に育ち始め、色々と勉強しなおすようになっていきました。

今では積極的に相談支援などに関わってくれるようになりました。

人を援助するには私一人の視点だけでは偏った考え方になりがちです。

いろんな視点を取り入れながら支援の方向性を考えていかなければ、本当にその人に合った提案をしているかどうかわからず自己満足で終わってしまうケースも発生してしまいます。

後輩という枠を卒業し一人のプロの相談員として仕事に就いた時に、育成という視点からやりがいを感じることができました。

社会福祉士の仕事でやりがいを感じるために私がやったこと

ここでは社会福祉士としてのやりがいを感じるために行ったことを体験談を踏まえてお伝えします。

社会福祉士としての役割を追及する

社会福祉士として、自分がこの職場において何が出来るのか、自分にしかできないことは何なのか、このことを常に自分の心に問いていました。

決められた作業や仕事をするのは正直誰でもできます。

ただ、社会福祉士として職場でどういう動きをするのかは、その人自身が意識していなければできないことです。

常に疑問を持ち、追求することで自分にしかできないやりがいに出会えることが出来ます。

知識をつける

相談職を主とする者としては当たり前のことかもしれませんが、介護を取り巻く法律や制度はかなりのスピードで変化をしていきます。

その関係で常に知識を最新のものにアップデートしておく必要があります。

又、対人援助というのは明確な正解がない為、勉強してもしきれません。

ですので、常に勉強する姿勢が大切です。

制度を活用し、人の支えになることでやりがいを感じることが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

いくつか事例を紹介させていただきましたが、社会福祉士はとてもやりがいのある仕事です。

社会福祉士として名乗る以上は相応の責任が伴うものですが、人の明日を支える、それを間近で実感できるのが社会福祉士の特権です。

そしてそのことが一番のやりがいにつながると思っています。