福祉のお仕事と聞くと、介護福祉士やケアマネージャーを思い浮かべる方が多いと思います。

しかし福祉の需要が高まるにつれ、介護福祉士やケアマネージャー以外にも社会福祉士の必要性が見直されつつあります。

そこで今回は、今後活躍が期待される「社会福祉士」についてまとめてみました。

社会福祉士になるには?

社会福祉士になるためには、国家試験を受ける必要があります。

そして、国家試験を受けるためには、受験資格を得なければならず、最短でも4年かかるため決して楽な道のりとは言えません。

そこで現役社会福祉士の私が、社会福祉士としての必要な資格や勉強、適性、働き先の見分け方などを徹底解説したいと思います。

社会福祉士になるために必要な資格は?

社会福祉士になるために、所持していなければならない資格は特にありません。

ただし、誰でも社会福祉士の国家試験を受験できるわけではなく、学歴や職歴によって指定科目の履修や実務経験等が必要となります。

定められた条件を満たした者のみが、社会福祉士の国家試験を受けるための「受験資格」を取得することができます。

受験資格の取得方法は、学歴や職歴・所持している資格などにより様々です。

  • 福祉系の専門学校や短大、大学から目指すルート。
  • 一般の大学や短大から目指すルート。
  • 相談援助の実務経験を積みながら目指すルート。

上記のような様々な方法があります。

福祉系の学校へ行っていない方、福祉外の職歴しかない方でも社会福祉士を目指すことが可能です。

勉強しておくべきこととは?

社会福祉士は、高齢者・障害者・児童・生活困窮者など、幅広い人を対象に相談業務を行うお仕事です。

そのため、試験科目が多く、学びの範囲が広いことで知られています。

科目数は18科目。

  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 心理学理論と心理的支援
  • 社会理論と社会システム
  • 現代社会と福祉
  • 地域福祉の理論と方法
  • 福祉行財政と福祉計画・社会保障
  • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  • 所得者に対する支援と生活保護制度
  • 保健医療サービス
  • 権利擁護と成年後見制度
  • 社会調査の基礎
  • 相談援助の基盤と専門職
  • 相談援助の理論と方法
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 高齢者に対する支援と介護保険制度
  • 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  • 就労支援サービス、更生保護制度

(引用:www.sssc.or.jp/shakai/gaiyou.html 公益財団法人 社会福祉振興・試験センターHPより)

このように、社会福祉制度のみならず心理学や医学的な知識も必要となってきます。

これだけの科目があると、「得意分野でカバーしよう!」と思うかもしれませんが、社会福祉士の試験は1科目でも0点の科目があると、いくら他の科目で良い点を取っても不合格となってしまします。

そのため、18科目を満遍なく勉強しておく必要がありますので注意しておきましょう。

適性の見分け方とは?

社会福祉士のあるべき姿がまとめられている、日本社会福祉士会の倫理綱領と行動規範には、

  • すべての人間をかけがえのない存在として尊重する
  • 利用者の利益を最優先にする
  • 利用者に暖かい関心を寄せ、立場を認める

などと記されており、社会福祉士は人の立場に立ち、人のために行動するすることが求められています。

社会福祉士として求められる適正について詳しく見ていきましょう。

人と接することが好きな人

対人援助のお仕事である社会福祉士は、とにかく人と接する機会が多いです。

社会福祉士の仕事は、人の悩みを聞くことから始まります。

相談者の問題解決は、社会福祉士1人の力では成り立たず、たくさんの人と連携・協力する必要があります。

「毎日毎日、誰かと向き合い、話し合い、人のことを考える。」この繰り返しです。

そのため、人と接することが苦手だと、自分の方が精神的に参ってしまう可能性もあります。

コミュニケーション能力も重視されるお仕事ですが、コミュニケーションは経験により上達します。

まずは、苦痛を感じず人と接することができるか?が大切な条件でしょう。

聞き上手な人

社会福祉士には、相談者の話を批判せず、あるがままを受け入れる=受容という考え方が求められます。

また、怒りや悲しみなどの負の感情も、相手が表現できるように接することが大切であるとされています。

簡単に言うと、どんな理不尽な話でも、どんなに怒鳴られても泣かれても、まずは相手の話を聞きましょうということになります。

そこから、少しずつ本来の悩みを聞き出していくということになります。

そのため、ついつい話の途中で口を出したくなる。

間違ったことを言われるとすぐ否定したくなる。

などの態度は、社会福祉士としての考えにはそぐわないとされます。

とにかく人の話を聞くのが上手。

つい、本心や本音を話したくなるような人は、社会福祉士に向いているでしょう。

相手の立場になって考えられる人

利用者の利益を最優先しなければならない社会福祉士は、本人に不利益がなければ、本人の意向を大切にしなければなりません。

新人の時は、高い理想があり、経験を重ねていくと自分の譲れない信念が生まれてきやすいものです。

そのため、自分の理想や信念に基づいた支援を押し付けてしまう恐れもあるかもしれません。

しかし自分が良いと思うことと、相手が望むことは必ずしも一致するとは限りません。

相手が何に悩み、何を望んでいるのか?

常に相手の立場で考え、行動できるかが大切になってきます。

社会福祉士の就職先や募集状況は?

せっかく社会福祉士を目指しても、就職できなければ資格を活かすことができません。

社会福祉士は、どんなところで働くことが出来るのか?

募集状況はどうなのか?

就職の気になる点をチェックしていきましょう。

社会福祉士の主な就職先

社会福祉士は、高齢者・障害者・児童・病気の方・生活に困っている方など、様々な方を対象に相談業務を行います。

相談の対象範囲が広いため、就職先も多岐に渡ります。

社会福祉士が活躍している主な職場を見ていきましょう。

高齢者施設や障害者施設

生活相談員や生活支援員として、利用者や家族の相談及びサービス利用の手助けを行います。

  • 施設利用の手続き
  • 個別の支援計画書の作成
  • サービスが適切に提供されているかのチェックと評価
  • 関係機関との連絡や調整
  • 利用者の介護業務

など、施設の利用者がより良いサービスを受けられるようにサポートしていきます。

市役所や地域包括支援センター

地域で生活する人たちが困った時に、まず窓口となるのが市役所や地域包括支援センターです。

  • 介護保険を利用したい方
  • 病気やケガで働けず、生活に困っている方
  • 医療費が高くて困っている方

など、幅広い相談に応じます。

「悩みや困り事があるけれど、どこに相談したら良いかわからない…。」

という方も多く、相談の内容に応じて、必要な機関へと繋いでいく役割を担います。

病院

病院では、医療ソーシャルワーカーとして病気や入院生活の不安に寄り添い、療養のサポートを行います。

  • 病気や治療に関して、医師や看護師には話しにくいことの相談
  • 入院生活での不満や不便な点などの改善
  • 入院費や治療費の支払いについて
  • 退院後の社会復帰について
  • 退院後の施設利用について

など、心理面や金銭面・生活面など、通院・入院から退院後までを計画的に支援していきます。

高齢者施設や障害者施設で働くよりも、より医療面での知識が求められてきます。

学校や児童養護施設

学校では、スクールカウンセラーとして、児童や保護者の悩みをケアしていきます。

  • 不登校やいじめ、家庭環境の問題など、学校生活で生じる問題の解決
  • 教職員や保護者に対する講習会の実施
  • 生徒へのカウンセリング

などを行っています。

勉強や友人関係のストレスなど、子どもの悩みに寄り添い、安心して学校生活を送れるようサポートする役割を担っています。

児童養護施設では、社会福祉士は児童指導員と呼ばれています。

虐待や親の病気など、家庭の事情により親元を離れて暮らす子供たちの生活面と精神面のサポートを行います。

入所児童だけでなく、その両親や家族の相談にも応じ、子供が過ごしやすい環境作りにもアプローチします。。

社会福祉士の働き口はどの程度あるの?

福祉職は、慢性的な人手不足と言われていますが、実際に人手が足りていないのは介護福祉士です。

求人を見ていても、社会福祉士の求人よりも介護福祉士の求人の方が圧倒的に多いことがわかると思います。

しかし、私は地方に住む社会福祉士で4回の転職経験がありますが、毎回1ヶ月程度で転職先を見つけてきました。

そのため、求人不足で悩んだ経験はないのです。

もちろん地域差はありますが、高齢化が進む日本では、福祉のニーズが高まることは必須です。

福祉を必要とする人が増えると、社会福祉士のニーズも高まり需要が増えると考えられます。

もともと、求人数の少ない市役所や医療ソーシャルワーカーなどは、就職先が限定されており競争率は高くなります。

高齢者施設や障害者施設の求人が比較的多く、希望する分野によって就職の難易度も変化してくるでしょう。

そのため、少し広い範囲で仕事を探して見ることをおすすめします。

社会福祉士の転職事情

厚生労働省による平成29年雇用動向調査では、「医療・福祉職」の離職率は14.5%でした。

産業別に離職率を見ると、「宿泊・飲食サービス業」、「卸売・小売業」に次いで3位という結果になっています。

この数字は、全ての医療職と福祉職の離職率を表した数字のため、社会福祉士だけの離職率というわけではありません。

ですが、やはり医療・福祉職は、他の産業に比べて離職率は高めであることがわかります。

離職する人が多ければ、転職する人も必然的に多くなるでしょう。

転職はマイナスというイメージが、まだまだ根強いですが、社会福祉士の場合は、即戦力となる経験者を欲しがる傾向が強いです。

転職する際は、今までの経験を十分にアピールしてみましょう。

社会福祉士の働き先の見つけ方

仕事を探す=ハローワークというイメージはありませんか?

最近では、ネットで福祉職に特化した求人サイトも増えてきています。

求人情報は、色々比較してみたほうが良いので、1つの方法にこだわらず、色々な手段で情報を入手するようにしましょう。

働き先を見つけるときに注意したいポイントは?

自分の希望に合いそうな求人を見つけても、すぐに飛びつくことはおすすめしません。

社会福祉士の主な仕事は「相談業務」とされていますが、実際には業務内容が曖昧で、職場によってかなり差が出てくる場合もあります。

出来る限り長く働いていける職場を選べるよう、注意点を確認してみましょう。

業務内容が希望と合っているか?

社会福祉士になったからには、相談業務がしたい!と考えている方も多いと思います。

しかし、高齢者や障害者施設では、相談業務以外にも介護業務や雑用を担わなければならない施設もたくさんあります。

実際には、相談業務よりも現場に駆り出される時間や事務作業に追われる時間の方が長い…。なんてことも有り得ます。

介護業務を行わず、相談業務中心に働きたい人は、市役所や病院。

介護業務にも携わりたい人は、高齢者や障害者施設などを中心に仕事を探してみると良いでしょう。

働いてから、イメージしてた仕事と違った…。とならないように、事前にしっかりと業務内容を確認することも忘れないでください。

社会福祉士は自分1人ではないか?

社会福祉士の人員配置基準は、施設に1人いればOKという場合も多いです。

そのため、1人で全ての業務を賄わなければならず、困った時の相談相手もいない…。なんてこともあるのです。

ベテランであれば、新しい職場でも、すぐに仕事に取り組むことができるでしょう。

しかし、未経験や経験の浅い場合は、しっかりと指導が受けられる環境であるのかを確認しておきましょう。

社会福祉士の私が考える社会福祉士としての適性とは?

社会福祉士として10年間働いてきましたが、色々なタイプの社会福祉士を見てきました。

その経験から、私が現場で感じた「社会福祉士に必要な適性」をご紹介したいと思います。

感情移入しすぎない人

社会福祉士は、人の心に寄り添うお仕事ですが、感情に流されてはいけません。

新身になることは大切ですが、あくまで専門家としての意見や考えを提案することが仕事です。

感情移入しすぎてしまうと、本当に良い支援はできません。

相談者と社会福祉士という立場を忘れずに、仕事と割り切れる気持ちを持っていることが望ましいと思います。

自分の限界を理解している人

社会福祉士の仕事は、のめり込んでしまうと際限がなくなってしまいます。

仕事以外の時間でも、頭の中は相談者のことでいっぱい…。となってしまうと、いくら仕事熱心でもいつかは疲れてしまいます。

自分の限界を理解し、自分自身の心身の健康を保つことができる。

これは、社会福祉士として大切なことではないでしょうか。

受け流しが上手な人

相談業務を行っていると、感情をぶつけられたり、文句を言われ罵倒されるようなこともあります。

これらは不安な気持ちの表れではありますが、全てを真に受けていては精神が持ちません。

相談内容やその方の心情は汲み取って、その他はさらりと受け流す。

それくらいのさっぱりとした気持ちが大切になってきます。

お給料よりもやりがいを重視できる人

資格取得までの道のりが長く、勉強しなくてはならないことも多い社会福祉士ですが、まだまだ社会からの評価は高いとは言えません。

そのため、仕事の大変さと給料が釣り合っていないのでは?と感じる社会福祉士も少なくありません。

人を幸せにする仕事といえば、とても素敵に聞こえますが、実際のところ、「仕事に見合った給料を貰いたい!」と思うのは、ある意味当然のことでしょう。

しかし、社会福祉士の仕事で大儲けはできません。

給料<やりがいと思える心の余裕はありますか?

まとめ

社会福祉士の適性を見ていると、高い人間性が求められることがわかります。

しかし、どの社会福祉士もそれぞれの個性があり、性格も様々です。

完璧ではなくても、自分の志を忘れない社会福祉士を目指していきましょう。


関連キーワード

社会福祉士求人

社会福祉士求人についてもっと深堀りした情報を見る

社会福祉士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための注意点

安定した仕事がしたいとか、人の役に立ちなどといった理由から、社会福祉士を目指す社会人の方は多いですよね。福祉の仕事の経験がなくても、社会福祉士に転職することは可能なのでしょうか?著者も会社員を続けながら大学に通い、社会福祉士の資格を取ったので、その経験を基に解説していきます。社会福祉士への転職で狙い目な職場の特徴とは? 社会福祉士の職場と言っても、多種多様な仕事があります。転職する際にはどんな職場を狙ったらよいのでしょうか?具体的に見ていきましょう。前職の経験を生かせる福祉の現場では、福祉系専門学校を出た後にずっと福祉職場で働いているという方も多くいます。もちろん専門職として続けているのは素晴

社会福祉士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

誰かの役に立ちたいという高い志をもって社会福祉士を目指しても、実際のところ、低賃金ではなかなか仕事を続けられない…と考える人は多いと思います。将来結婚したり、子育てをしたりたいと考えている人にとっては、生涯年収がご自身のライフプランに密接にかかわってきますから、当然のことです。資格を取ってしっかり稼いで、理想に近い人生を目指しましょう!社会福祉士の給料の相場はどのくらい?社会福祉士の一般的な年収は250万円~500万円ほどと言われており、残念ながら高給取りとは言えません。しかし勤務地や勤続年数などの条件によっては、年収アップも見込めます。どんな働き方だと給与がよいのか、確認してみましょう。正社

社会福祉士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

社会福祉士は、福祉全般を範囲とする、福祉の専門職です。社会福祉士が担当する分野は多岐にわたり、そこで接する人や抱える問題も様々。そんな社会福祉士の仕事は、どのような人に向いているのでしょうか。社会福祉士の仕事内容を踏まえながら、向き不向き・活かせる経験などをご紹介します。社会福祉士にはどんな仕事があるの?社会福祉士が働く分野は、「病院」「介護」「障害」「子ども」「地域」「公的扶助」と、広い分野を担当します。主に、生活上での悩みを抱える相談者(クライエント)との面談を行い、支援の計画を立てていきます。これを「相談援助」と呼び、社会福祉士の仕事の中心となる業務です。支援計画を立てて終わりではなく、


社会福祉士求人に関するコラム

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

社会福祉士は女性に向いている?向いている点、できること・大変なことなどを解説します

福祉の職場は、女性が多いイメージが強いですが社会福祉士もまた、たくさんの女性が活躍しているお仕事です。人に寄り添う仕事である社会福祉士は、女性に向いているお仕事なのか?社会福祉士が女性に向いている点女性社会福祉士ならではの出来ること女性が社会福祉士として働く上で大変なことなど、社会福祉士を目指す女性に役立つ情報を解説していきたいと思います。社会福祉士とはどんな仕事? 社会福祉士は、生活する中での様々な困り事や悩み事を解決に導くお仕事です。困り事や悩み事の相談にのり、どうしたら解決できるのかを一緒に考え、使える福祉サービスや制度を提案していきます。相談の内容や対象者は、多岐にわたり、高齢者の介護

社会福祉士として働くメリットとは?私が感じた良いところをまとめました

福祉職はまだまだ、「きつい・きたない・きけん=3K」と言うイメージが根強いお仕事です。しかし一方で福祉職を目指したくなるような魅力溢れるお仕事でもあります。私は、社会福祉士として10年間、様々な職場で経験を重ねてきました。人間を相手にするお仕事ですので、人間関係に悩まされること。自分の力の無さに福祉職を辞めようと考えたことも何度もありました。それでも、社会福祉士として働き続けてきた理由は何なのか?私が感じた、社会福祉士として働くメリットと、働いてきて良かった点をご紹介していきます。社会福祉士の仕事ってどんな仕事?社会福祉士の仕事の軸となるのが「相談業務」です。問題や悩みを抱えた人の相談にのり、

社会福祉士の派遣が向いている人の4つの特徴や必要なスキル・適正、働く上での注意点まで。

社会福祉士も正社員やパートなど、様々な働き方があります。他の職業と同様に、派遣会社から出向いて働く派遣社員の社会福祉士も、もちろんいます。社員が育休中で人手が足りない時などに、来てもらうことが多いようです。では、社会福祉士として派遣社員になったら、どんな仕事をするのでしょうか?一緒に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員の仕事とはどんな仕事?社会福祉士として派遣社員になったら、多くは福祉施設や病院で働くことになると思います。仕事内容はその施設によって異なりますが、具体的に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員が得意な人の4つの特徴とは?同じ社会福祉士の中にも、派遣社員として働くことが得意な人と

社会福祉士の服装ってどうあるべき?様々な会社における服装から、あるべき姿まで

社会福祉士の国家資格を持っている方の仕事の一つに相談業務というものがあります。高齢者分野で言えば、地域の高齢者の方もしくは高齢者の方を介護している家族より生活に関する相談が寄せられます。その相談内容について伺い既存のサービスを提案する事で、解決するきっかけを作っていく重要な役割を担っているのが社会福祉士です。相談業務という事は相手との信頼関係をどれだけ作れるのかがポイントになってきます。関係性を作るためには当然相談援助スキルなども必要になってきますが、それ以前に服装などの外見もとても重要な部分になります。ここでは社会福祉士の服装などを中心に記していきます。社会福祉士の服装ってどうあるべき?地域