福祉にこれまで縁がなかった人でも、社会福祉士という資格の名前くらいは聞いたことがある人が多いかもしれません。

実はとってもやりがいがあって、面白い、そして奥深い仕事なんです。

そして福祉の世界では、有資格者は重宝されるので、一度社会福祉士の試験に合格してしまえば、それを強みに転職して、どんどんステップアップできます。

あなたも社会福祉士の資格を取ってみませんか?

社会福祉士の大まかな仕事内容とは?

社会の中で困りごとを抱えている方々の希望を聞きとり、ご本人が暮らしやすい環境を整えていくために、各種関連機関と連携、調整を行うのが、社会福祉士の業務です。

とても漠然とした表現ですが、例えば障害者や病気の患者さん、児童や高齢者など、本人の意思や自由が制限されがちだったり、生きにくさを感じている方々が、どうしたら、暮らしやすくなるかを支援していきます。

そのような活動は、ボランティア団体や町内会でも行っているように聞こえますが、その業務遂行には医療制度や年金、成年後見などの専門知識が必要なため、社会福祉士が国家資格として定められています。

どんな分野に進みたいか

社会福祉士の資格を活かして働ける職場はたくさんあるので、自分自身、障害や高齢者、児童、母子支援など、どの分野に進みたいのかを考えることが大切です。

最近は都市部に限られますが、外国人技能実習生や無戸籍の人への支援など、新たな社会的ニーズに対応する団体で勤務する人も出てきました。

やはり社会福祉士の支援対象となる「社会的に立場が弱くなりがちで困りごとを抱えている人」という条件には、時代背景によって当てはまる方々が異なったり、新たに出てきたりするのですね。

社会福祉士の仕事は魅力とはどんなところ?

感謝される

社会福祉士の仕事の魅力は、何と言っても利用者さんから感謝される機会が多いということでしょう。

病院の退院支援室に勤務する社会福祉士は、患者さんの病気が治って、これからの生活を安定して送れるよう、専門知識を活かしてともに考えていくので、頼りにされる存在です。

また高齢者や障害者施設で働く場合、高齢に伴う症候群や障害は治る見込みのないことも多いです。

しかしその中でも、高齢化や障害を抱えながらも、社会の中でありのままに生きていけるようにするには、どうしたら良いか、考えるのが仕事です。

そのため、利用者さんや家族からお礼を言われることがとても多くあります。

これは、福祉以外の、例えば事務や営業など一般企業の仕事ではあまりないことだと思います。

職場の人間関係に悩んだりしても、利用者さんからの笑顔や言葉によって救われることは多々あります。

そういう意味では、利用者さんから助けられている格好になるので、どちらが支援者なのか分からなくなりそうな時もあります。

自分の強みや弱みを知れる

社会福祉士の仕事を通じて、利用者さんと関わっていると、支援者は自分自身のことをも深く知ることができ、自分の癖や考え方、強みや弱みを改めて学ぶことになります。

支援者は自分自身のことも利用者さんが暮らしやすくなるための社会資源とみなして考えます。

利用者さんがどのような支援者に関わっているかということは、支援過程において大切だからです。

仕事を通じて自分自身を知ることは、人生においてとっても役立ちました。

利用者さんとの関係性の中で表出された自分自身の言動の特徴は、家族や友人と接するときにも出やすいからです。

自分自身を知る事で、家族や友人とも仲良くやっていくために、役立つことがあります。

周囲からの評価

真面目な話ばかりしましたが、ちょっと裏話もご紹介しましょう。

社会福祉士の資格を持っていると、福祉の現場では「ちゃんと勉強してきて、知識もそれ相応にある人」として、一目置かれます。

職場だけではなく、利用者さんのための関係者会議やケア会議を開いてほかの機関や病気のソーシャルワーカーと話し合う場でも、「社会福祉士の〇〇です」と名乗ることができます。

実は福祉の現場では無資格でも働ける仕事がたくさんあり、利用者さんのお世話はしていますが、社会福祉学を理解している人ばかりとは限らないのです。

そういう意味でも、福祉の仕事を続けるなら、取得しておいたほうが仕事がしやすくなるでしょう。

利用者さんから学ぶことが多い

著者は障害のある方の支援の日中活動支援を仕事にしていますが、彼らと接していると、とても学ばせてもらうことがとても多くあります。

たとえば、集団で行動していても、全く急ごうとしない利用者さんがいます。

新人の頃は、時間も決まっているのでとても焦りました。

でも急ぐというのは、支援者側の都合でした。

その方にとっては急ぐ理由など、どこにもないのです。

著者にとっては、周囲の人たちに合わせて動くということが当然だと思って生きてきましたが、それが正しいとは限らないこと、そして周囲に合わせることにどれだけの意味があるのかということを突き付けられた気がしました。

自分の中で、固定概念が覆される思いがしました。

このようなエピソードが、毎日のように起こるのです。

障害のある方々と一緒にいることで、人間的にとても勉強させてもらっています。

社会福祉士の仕事をお考えの皆様へお伝えしたいこと

同じ福祉の仕事でも、利用者さんに対する考え方や、支援の仕方は基本は共通していても、かなり多様になっています。

自分と考え方が合わないところで勤めると、「自分はこの仕事に向いていないのではないか」と感じてしまうこともあるかもしれません。

ただ施設はいろいろあり、支援の仕方に正しい、間違いは基本的にはないと思っています。

あまり自信を無くさずに、自分に合う職場を見つけると、働きやすいと思います。

まとめ

社会福祉士の仕事の魅力について、少しでも伝わりましたでしょうか。

人間が人間を、時には人生の先輩を支援するということは、難しいと感じることもあります。

それでも、一生懸命接しようとしていれば、気持ちは伝わります。

オフィスでがつがつ働くよりも、人間同士の日々の交流を大切にできる仕事でもあります。

まだイメージがわかないという方は、多くの施設がボランティアを受け入れていますので、まずは福祉に接してみてはいかがでしょうか。


関連キーワード

社会福祉士求人

社会福祉士求人についてもっと深堀りした情報を見る

社会福祉士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための注意点

安定した仕事がしたいとか、人の役に立ちなどといった理由から、社会福祉士を目指す社会人の方は多いですよね。福祉の仕事の経験がなくても、社会福祉士に転職することは可能なのでしょうか?著者も会社員を続けながら大学に通い、社会福祉士の資格を取ったので、その経験を基に解説していきます。社会福祉士への転職で狙い目な職場の特徴とは? 社会福祉士の職場と言っても、多種多様な仕事があります。転職する際にはどんな職場を狙ったらよいのでしょうか?具体的に見ていきましょう。前職の経験を生かせる福祉の現場では、福祉系専門学校を出た後にずっと福祉職場で働いているという方も多くいます。もちろん専門職として続けているのは素晴

社会福祉士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

誰かの役に立ちたいという高い志をもって社会福祉士を目指しても、実際のところ、低賃金ではなかなか仕事を続けられない…と考える人は多いと思います。将来結婚したり、子育てをしたりたいと考えている人にとっては、生涯年収がご自身のライフプランに密接にかかわってきますから、当然のことです。資格を取ってしっかり稼いで、理想に近い人生を目指しましょう!社会福祉士の給料の相場はどのくらい?社会福祉士の一般的な年収は250万円~500万円ほどと言われており、残念ながら高給取りとは言えません。しかし勤務地や勤続年数などの条件によっては、年収アップも見込めます。どんな働き方だと給与がよいのか、確認してみましょう。正社

社会福祉士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

社会福祉士は、福祉全般を範囲とする、福祉の専門職です。社会福祉士が担当する分野は多岐にわたり、そこで接する人や抱える問題も様々。そんな社会福祉士の仕事は、どのような人に向いているのでしょうか。社会福祉士の仕事内容を踏まえながら、向き不向き・活かせる経験などをご紹介します。社会福祉士にはどんな仕事があるの?社会福祉士が働く分野は、「病院」「介護」「障害」「子ども」「地域」「公的扶助」と、広い分野を担当します。主に、生活上での悩みを抱える相談者(クライエント)との面談を行い、支援の計画を立てていきます。これを「相談援助」と呼び、社会福祉士の仕事の中心となる業務です。支援計画を立てて終わりではなく、


社会福祉士求人に関するコラム

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

社会福祉士は女性に向いている?向いている点、できること・大変なことなどを解説します

福祉の職場は、女性が多いイメージが強いですが社会福祉士もまた、たくさんの女性が活躍しているお仕事です。人に寄り添う仕事である社会福祉士は、女性に向いているお仕事なのか?社会福祉士が女性に向いている点女性社会福祉士ならではの出来ること女性が社会福祉士として働く上で大変なことなど、社会福祉士を目指す女性に役立つ情報を解説していきたいと思います。社会福祉士とはどんな仕事? 社会福祉士は、生活する中での様々な困り事や悩み事を解決に導くお仕事です。困り事や悩み事の相談にのり、どうしたら解決できるのかを一緒に考え、使える福祉サービスや制度を提案していきます。相談の内容や対象者は、多岐にわたり、高齢者の介護

社会福祉士として働くメリットとは?私が感じた良いところをまとめました

福祉職はまだまだ、「きつい・きたない・きけん=3K」と言うイメージが根強いお仕事です。しかし一方で福祉職を目指したくなるような魅力溢れるお仕事でもあります。私は、社会福祉士として10年間、様々な職場で経験を重ねてきました。人間を相手にするお仕事ですので、人間関係に悩まされること。自分の力の無さに福祉職を辞めようと考えたことも何度もありました。それでも、社会福祉士として働き続けてきた理由は何なのか?私が感じた、社会福祉士として働くメリットと、働いてきて良かった点をご紹介していきます。社会福祉士の仕事ってどんな仕事?社会福祉士の仕事の軸となるのが「相談業務」です。問題や悩みを抱えた人の相談にのり、

社会福祉士の派遣が向いている人の4つの特徴や必要なスキル・適正、働く上での注意点まで。

社会福祉士も正社員やパートなど、様々な働き方があります。他の職業と同様に、派遣会社から出向いて働く派遣社員の社会福祉士も、もちろんいます。社員が育休中で人手が足りない時などに、来てもらうことが多いようです。では、社会福祉士として派遣社員になったら、どんな仕事をするのでしょうか?一緒に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員の仕事とはどんな仕事?社会福祉士として派遣社員になったら、多くは福祉施設や病院で働くことになると思います。仕事内容はその施設によって異なりますが、具体的に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員が得意な人の4つの特徴とは?同じ社会福祉士の中にも、派遣社員として働くことが得意な人と

社会福祉士の服装ってどうあるべき?様々な会社における服装から、あるべき姿まで

社会福祉士の国家資格を持っている方の仕事の一つに相談業務というものがあります。高齢者分野で言えば、地域の高齢者の方もしくは高齢者の方を介護している家族より生活に関する相談が寄せられます。その相談内容について伺い既存のサービスを提案する事で、解決するきっかけを作っていく重要な役割を担っているのが社会福祉士です。相談業務という事は相手との信頼関係をどれだけ作れるのかがポイントになってきます。関係性を作るためには当然相談援助スキルなども必要になってきますが、それ以前に服装などの外見もとても重要な部分になります。ここでは社会福祉士の服装などを中心に記していきます。社会福祉士の服装ってどうあるべき?地域