福祉職はまだまだ、「きつい・きたない・きけん=3K」と言うイメージが根強いお仕事です。

しかし一方で福祉職を目指したくなるような魅力溢れるお仕事でもあります。

私は、社会福祉士として10年間、様々な職場で経験を重ねてきました。

人間を相手にするお仕事ですので、人間関係に悩まされること。

自分の力の無さに福祉職を辞めようと考えたことも何度もありました。

それでも、社会福祉士として働き続けてきた理由は何なのか?

私が感じた、社会福祉士として働くメリットと、働いてきて良かった点をご紹介していきます。

社会福祉士の仕事ってどんな仕事?

社会福祉士の仕事の軸となるのが「相談業務」です。

問題や悩みを抱えた人の相談にのり、解決策を一緒に考え提案し、問題解消までをサポートしていくお仕事です。

  • 高齢者施設
  • 障害者施設
  • 児童福祉施設
  • 病院や保健所
  • 市役所や社会福祉協議会

など、働く場所は多岐に渡り、相談相手や相談の内容も様々です。

  • 家族の介護に悩んでいる方には、介護保険サービスを。
  • 生活困窮者には、就労支援や生活保護の受給を。
  • 病気療養中の方には、社会復帰の支援を。

など、それぞれの相談内容と本人の状況に応じ、ベストな解決方法を導いていきます。

実際に制度やサービスを利用するための支援も行い、必要に応じて関係機関へ繋ぎ、連携しながらサポートしていきます。

困っている人を支援する制度やサービスは色々ありますが、それらを知らないと活用することはできません。

そのため、社会福祉士が相談者と必要な制度やサービスを繋ぎ合わせていく役割を担っています。

社会福祉士で働くメリット6選

社会福祉士は、相談のプロ・スペシャリストと呼ばれています。

人と常に接するお仕事のため、精神的な苦労が多いとも言われていますが、人の人生を豊かにし幸せにできる仕事でもあります。

社会福祉士として働くと、やりがいはもちろん様々なメリットを得ることもできます。

そこで今回は、社会福祉士として働く6つのメリットをご紹介していきます。

人間関係に強くなれる

社会福祉士は、困っている全ての人が相談援助の対象となります。

  • 障害や認知症などから、コミュニケーションが取りにくい人。
  • 問題があることを認めようとしない人。
  • 不満を抱え、八つ当たりしてくる人。
  • 悩みすぎて精神的に不安定になっている人。

など、色々なタイプの方が相談にやってきます。

最初は、相談を受ける立場のこちら側が精神的に参ってしまうのでは?と思うような場面もたくさんあるでしょう。

しかし人間慣れていくもので、経験を重ねていくと対処方法と動揺しない強い心が身に付いていきます。

コミュニケーションの引き出しが多い分、プライベートでの人付き合いにも応用することができます。

嫌味や悪口・文句などを聞き流す力が付くため、私はプライベートでの人間関係のストレスが軽減されました。

アドラー心理学では、「人の悩みは全て対人関係にある。」と言われるほど、人との付き合い方は重要とされています。

培ったコミュニケーション能力で人間関係が円滑にいけば、日々の悩みも解消できるかもしれません。

自分に役立つ知識が身に付く

社会福祉士は、高齢者・児童・障害者・生活困窮者など、様々な方たちの相談に応じます。

相談に応じて制度や法律を紹介する仕事のため、困った時に使える知識が豊富に身に付きます。

制度の新設や改正が行われる場合などでも、常に最新のお役立ち情報をGETすることができます。

  • 入院や通院などで医療費が高額になってしまった…。
  • 怪我をして仕事ができなくなってしまった…。
  • 子供の発達が遅い気がする…。
  • 最近、おばあちゃんの物忘れがひどくなってきた…。

など、このような生活上の悩みの多くは、福祉制度やサービスで解消することができます。

しかしいくら良い制度やサービスがあっても、知っていないと役には立ちません。

社会福祉士の仕事で身に付けることのできる知識は、必ず自分や家族などの人生の助けになるでしょう。

また、1度資格を取得してしまえば、ケアマネージャーのように更新する必要はありません。

それでも最新の情報や知識を得ることができるのです。

福祉業界での地位や専門性が高まる

一般的には、まだまだ認知度の低い社会福祉士ですが、福祉業界では重宝される存在でもあります。

ケアマネージャーと比べると、まだまだ弱い資格のように感じられますが、人員配置基準の問題から社会福祉士の求人は意外と多いです。

社会福祉士の仕事は、医師や弁護士などの業務独占の仕事とは異なり、名称独占の資格です。

そのため、実際には社会福祉士の資格がなくても、社会福祉士と同じ仕事をすることができます。

しかし、社会福祉士の資格を持っている者の方が、就職にも有利ですし周囲からの信頼度も高くなります。

少しづつではありますが、社会福祉士は需要と共に地位や専門性が認められつつある資格です。

今後、更に知名度を上げていくことも期待できるのではないでしょうか。

  • 高齢者が増えれば高齢者分野。
  • 子供が増えれば児童分野。
  • 景気が悪くなり、生活が苦しい人が増えれば生活困窮者の分野。

など、社会福祉士は、社会の変化に応じて必要な分野で働き続けることができます。

良い条件で働くことができる

社会福祉士は、福祉職の中では比較的お給料が高めの求人が多いです。

働く場所にもよりますが、介護福祉士と比較すると、基本給や資格手当も高い傾向にあります。

社会福祉士は相談援助のプロ。

介護福祉士は介護のプロ。

お互い専門分野は異なりますが、福祉職の中では社会福祉士は待遇の良い資格と言えます。

ただし、地域差や夜勤の有無で、介護職員の方が給料が高い場合もあります。

仕事の幅が広がる

社会福祉士の活躍の場は、とても広く、働く場所も多岐に渡ります。

  • 高齢者や障害者、児童福祉の施設
  • 市役所や地域包括支援センター
  • 病院や保健所

など、働く場所や仕事の内容などの選択肢を広く持つことができます。

高齢者や障害者施設では、直接介護業務を行うこともあり、利用者と近い距離で働くことができます。

市役所などでは、公務員として安定した働き方が可能です。

また、病院や保健所では、医療分野の知識も身に付けることができます。

このように一口に社会福祉士と言っても、色々な働き方があり、得られる物も大きく異なってきます。

例えば、相談業務だけではなく、直接介護にも関わりたい場合は、高齢者や障害者の施設。

介護はしないで、相談業務中心に行いたい場合は、市役所や病院。

など、自分のやりたい仕事の割合に応じて、仕事を選択することが可能です。

キャリアアップも目指すことができる

社会福祉士として経験を重ねていくと、いくつかの条件がありますが自分で事務所を立ち上げ、独立型社会福祉士として活躍することも可能です。

独立型社会福祉士とは、法人や組織に属さない働き方で、自分の実力とやる気次第で可能性が広がるためモチベーションも高まるでしょう。

成年後見人も請け負えるため、施設などで働くケースとはまた違った形で相談者を援助していくこともできます。

独立型社会福祉士は、仕事の幅を自分で選択できるため、高齢者分野と障害者分野など異なる分野を掛け持つことも可能です。

中には、ケアマネージャーの資格と合わせて幅広く支援を行っている方もいらっしゃいます。

資格を活かしながら、自分自身で仕事をカスタマイズし、チャレンジしていける点は大きな魅力と言えるでしょう。

経験者が語る!私が社会福祉士で仕事をしていてよかったと感じた瞬間

私は、社会福祉士として特別養護老人ホームや市役所・病院などに勤務してきました。

働き始めた頃は、社会福祉士として悩むことのほうが圧倒的に多かったのですが、経験を重ねるごとに、「この仕事を続けてきて良かった!」と思うことも増えてきました。

私が感じた、社会福祉士として働いてきて良かったことをご紹介します。

専門職としての自信がついた

私が高校を卒業した当時は、社会福祉士は今よりもっとマイナーな資格でした。

「知名度が低く、仕事の定義も曖昧」そんなイメージが強かったです。

専門学校を卒業し社会福祉士を取得。

生活相談員として働き始めましたが、実際の仕事の大半が雑用と現場での介護業務でした。

正直、お金をかけて専門学校に通った意味がなかったのでは?とまで感じていました。

しかし、相談員と言う立場上、介護職員よりも利用者とコミュニケーションを取れる時間は長かったため、徐々に「話をよく聞いてくれる人」と認識されるようになっていきました。

介護職員は業務に追われがちのため、「お風呂に入りたくない。」と言う人がいれば、相談員がじっくり話を聞きます。

そうすると、怒っていた利用者様・意地を張っていた利用者様も徐々に落ち着いていきます。

利用者様との距離が近く、良い関係を築いている介護職員たちを羨ましく思っていましたが、私にしかできない役割があると実感し、社会福祉士としての自信と自覚が養われていきました。

それまでは、ケアマネージャーや看護師などに引け目を感じることもありましたが、やるべき仕事が異なるのだから、比べても仕方がないと思えるようになりました。

今では、社会福祉士と言う資格に誇りと自信を持って働いています。

知識が自分の家族の役に立った

私は主に高齢者分野を中心に経験を積んできたため、介護保険制度は特に専門分野でした。

そのため、祖父母の要介護認定の申請からサービス利用の手続き、施設選びなど、自分が持っている知識をフル活用してサポートすることができました。

介護サービスをスムーズに利用できたため、介護する側の両親への負担も最小限に抑えることができたのではと思います。

親戚の相談にのることも多く、頼りにされている実感と、知識が活かせる喜びを感じています。

困っている方を助けるための制度はたくさんありますが、こちらから聞かないと教えてもらえないことがほとんどです。

この状況では、この制度が使える!と知っていると知らないとでは、その後の生活に大きな差が生じてしまいます。

その点、「知らなくて損した…。」と言うことがなく、福祉制度の恩恵をしっかり受けることができています。

体への負担が減った

専門学校を卒業して1年間は、介護職として特別養護老人ホームで働いていました。

当時は、介護職あるあるの腰痛と不規則勤務による生活リズムの乱れに悩まされる日々。

そのため社会福祉士取得後は、夜勤なしの職場へ生活相談員として転職しました。

転職後の職場でも介護に携わる機会はありましたが、その頻度は少なくなり、規則的な勤務のため、体への負担がぐっと減りました。

社会福祉士の資格を活かした生活相談員と言う立場上、体へ負担のない範囲で、大好きな現場での仕事も続けていくことができました。

感謝の気持ちで満たされる

私は、両親が共働きだったため、小さい頃から祖父母に世話をしてもらってきました。

そのため、おじいちゃんおばあちゃんが大好きで、「高齢者の方の役に立ちたい!手助けをしたい!」という純粋な気持ちから、福祉職を目指すようになりました。

しかし実際に働いてみると、想像以上に大変な仕事で理想通りには行かないことばかりでした。

次第に、「こんなに頑張っているのにお給料は低いし、残業ばかりでプライベートな時間が少ない…。」などと、不満を抱くようになっていきました。

当時は、まだ社会福祉士として働くメリットに気がついておらず、目先のことばかりを考えていたのです。

そんな時、たまたま担当したご家族から、「デイサービスを利用するようになっておばあちゃんの笑顔が増えました。ありがとうございます。」と、お礼を言われる機会がありました。

本人も「デイサービスに来ることが人生の楽しみだ!」と言ってくださり、自分も本当に嬉しかったことを覚えています。

利用者様やご家族の笑顔を見たり、感謝されるたびに、「私が福祉を志した理由は、これなんだ。」と、初心に帰らせてもらうと同時に、「こちらこそ、ありがとうございます。」と胸がいっぱいになります。

これは、社会福祉士はもちろん、福祉職の最大の魅力だと思っています。

まとめ

どんな仕事にもメリットとデメリットがあるように社会福祉士の仕事も善し悪しがあります。

しかし、メリットがデメリットを上回っているからこそ続けて行けるのだと思います。

社会福祉士としての働き方に悩んでいる方や社会福祉士を目指して頑張っている方に、いま一度、社会福祉士の魅力を感じていただけたらと思います。


関連キーワード

社会福祉士求人

社会福祉士求人についてもっと深堀りした情報を見る

社会福祉士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための注意点

安定した仕事がしたいとか、人の役に立ちなどといった理由から、社会福祉士を目指す社会人の方は多いですよね。福祉の仕事の経験がなくても、社会福祉士に転職することは可能なのでしょうか?著者も会社員を続けながら大学に通い、社会福祉士の資格を取ったので、その経験を基に解説していきます。社会福祉士への転職で狙い目な職場の特徴とは? 社会福祉士の職場と言っても、多種多様な仕事があります。転職する際にはどんな職場を狙ったらよいのでしょうか?具体的に見ていきましょう。前職の経験を生かせる福祉の現場では、福祉系専門学校を出た後にずっと福祉職場で働いているという方も多くいます。もちろん専門職として続けているのは素晴

社会福祉士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

誰かの役に立ちたいという高い志をもって社会福祉士を目指しても、実際のところ、低賃金ではなかなか仕事を続けられない…と考える人は多いと思います。将来結婚したり、子育てをしたりたいと考えている人にとっては、生涯年収がご自身のライフプランに密接にかかわってきますから、当然のことです。資格を取ってしっかり稼いで、理想に近い人生を目指しましょう!社会福祉士の給料の相場はどのくらい?社会福祉士の一般的な年収は250万円~500万円ほどと言われており、残念ながら高給取りとは言えません。しかし勤務地や勤続年数などの条件によっては、年収アップも見込めます。どんな働き方だと給与がよいのか、確認してみましょう。正社

社会福祉士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

社会福祉士は、福祉全般を範囲とする、福祉の専門職です。社会福祉士が担当する分野は多岐にわたり、そこで接する人や抱える問題も様々。そんな社会福祉士の仕事は、どのような人に向いているのでしょうか。社会福祉士の仕事内容を踏まえながら、向き不向き・活かせる経験などをご紹介します。社会福祉士にはどんな仕事があるの?社会福祉士が働く分野は、「病院」「介護」「障害」「子ども」「地域」「公的扶助」と、広い分野を担当します。主に、生活上での悩みを抱える相談者(クライエント)との面談を行い、支援の計画を立てていきます。これを「相談援助」と呼び、社会福祉士の仕事の中心となる業務です。支援計画を立てて終わりではなく、


社会福祉士求人に関するコラム

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

社会福祉士は女性に向いている?向いている点、できること・大変なことなどを解説します

福祉の職場は、女性が多いイメージが強いですが社会福祉士もまた、たくさんの女性が活躍しているお仕事です。人に寄り添う仕事である社会福祉士は、女性に向いているお仕事なのか?社会福祉士が女性に向いている点女性社会福祉士ならではの出来ること女性が社会福祉士として働く上で大変なことなど、社会福祉士を目指す女性に役立つ情報を解説していきたいと思います。社会福祉士とはどんな仕事? 社会福祉士は、生活する中での様々な困り事や悩み事を解決に導くお仕事です。困り事や悩み事の相談にのり、どうしたら解決できるのかを一緒に考え、使える福祉サービスや制度を提案していきます。相談の内容や対象者は、多岐にわたり、高齢者の介護

社会福祉士の派遣が向いている人の4つの特徴や必要なスキル・適正、働く上での注意点まで。

社会福祉士も正社員やパートなど、様々な働き方があります。他の職業と同様に、派遣会社から出向いて働く派遣社員の社会福祉士も、もちろんいます。社員が育休中で人手が足りない時などに、来てもらうことが多いようです。では、社会福祉士として派遣社員になったら、どんな仕事をするのでしょうか?一緒に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員の仕事とはどんな仕事?社会福祉士として派遣社員になったら、多くは福祉施設や病院で働くことになると思います。仕事内容はその施設によって異なりますが、具体的に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員が得意な人の4つの特徴とは?同じ社会福祉士の中にも、派遣社員として働くことが得意な人と

社会福祉士の服装ってどうあるべき?様々な会社における服装から、あるべき姿まで

社会福祉士の国家資格を持っている方の仕事の一つに相談業務というものがあります。高齢者分野で言えば、地域の高齢者の方もしくは高齢者の方を介護している家族より生活に関する相談が寄せられます。その相談内容について伺い既存のサービスを提案する事で、解決するきっかけを作っていく重要な役割を担っているのが社会福祉士です。相談業務という事は相手との信頼関係をどれだけ作れるのかがポイントになってきます。関係性を作るためには当然相談援助スキルなども必要になってきますが、それ以前に服装などの外見もとても重要な部分になります。ここでは社会福祉士の服装などを中心に記していきます。社会福祉士の服装ってどうあるべき?地域

社会福祉士になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

福祉のお仕事と聞くと、介護福祉士やケアマネージャーを思い浮かべる方が多いと思います。しかし福祉の需要が高まるにつれ、介護福祉士やケアマネージャー以外にも社会福祉士の必要性が見直されつつあります。そこで今回は、今後活躍が期待される「社会福祉士」についてまとめてみました。社会福祉士になるには?社会福祉士になるためには、国家試験を受ける必要があります。そして、国家試験を受けるためには、受験資格を得なければならず、最短でも4年かかるため決して楽な道のりとは言えません。そこで現役社会福祉士の私が、社会福祉士としての必要な資格や勉強、適性、働き先の見分け方などを徹底解説したいと思います。社会福祉士になるた