社会福祉士は、福祉全般を範囲とするお仕事です。

介護分野、障害分野、子ども分野、地域分野、最近ではNPO団体や学校での有資格者の求人も多くなっています。

そんな中で気をつけたい、社会福祉士の求人募集の見極め方を、実際の社会福祉士の声をもとにご紹介します。

社会福祉士の募集ではどんな求人が募集されているの?

福祉といっても範囲は広く、仕事内容も様々。

社会福祉士には、どんな求人が募集されているのでしょうか。

社会福祉士の募集でよくある募集条件とは?

社会福祉士の募集条件としてあげられるのが、「有資格者」と「資格取得見込み」、「経験あり」の3つです。

有資格者は、社会福祉士の資格がある人。

資格取得見込みは、福祉系大学に通っている人や、今社会福祉士の資格を取得しようとしている人のことを指します。

経験ありの場合、資格が無くても働ける相談員などの経験がある人、有資格者でなおかつ仕事の経験がある人、のことです。

社会福祉士の試験が行われるのは、毎年1月。

結果が発表されるのは3月となります。

大学生やその他学生の場合、4年生の1月に試験、3月に結果発表、という流れです。

4年生の3月から就活、という人も稀にいますが、ほとんどの学生は「資格取得見込み」という条件に当てはまる施設を探して、就活をしています。

また、施設によっては普通免許が必要な場合があります。

車で家を訪問することや、地域の施設との行き来をするために必要とされています。

福祉系の仕事に就きたいと思っている人は、免許があると良いでしょう。

面接で普通免許を持っていないから落とされる、ということはありませんが、採用されたのち、「免許をとっておくと便利だよ」と伝えられることも。

社会福祉士の募集でよくある仕事内容とは?

社会福祉士は、どんな仕事内容の募集がかけられているのか、詳しく見ていきましょう。

医療機関の場合

埼玉県にある医療機関の、仕事内容を見てみましょう。

まず、応募条件は「有資格者・3月資格取得見込み」となっている求人です。

入院患者・家族に対する仕事として、「入院に伴う経済的な問題解決、退院に関わる全般の支援」。

外来や在宅の場合、「受診支援、地域の福祉事業関係者との連携窓口」の2つの仕事が主な内容となっています。

医療機関では、こういった「患者・家族への支援」「地域との連携」を、主な仕事内容としてあげる場所が多いです。

勤務時間は、8:00~17:00となっていますが、時間外勤務あり、と注意書きがされています。

残業をはじめ、患者さんやその家族との面談が17時以降になってしまうこともあるので、医療機関の募集の場合、勤務時間ぴったりに終われる、というわけではありません。

しかし、勤務時間はそのほかの施設よりも安定している場所が多いです!

介護分野の場合

神奈川県にある介護施設の募集内容を見てみましょう。

こちらの募集は、「生活相談員」という名前で募集されています。

介護分野で働く社会福祉士の場合、生活相談員として募集されている場合が多くなっています。

応募条件は特に設けてありませんし、経験や学歴も不問、とされています。

この施設での仕事内容は、「入居生活の相談」、「日常生活の相談」、「行政機関やそのほか関係機関との連携・調整」となっています。

勤務時間は8:30~17:30、土日祝は交代で勤務、とされています。

応募条件を設けていない、とありますが、「社会福祉士・精神保健福祉士有資格者は優遇」とされている場合も。

求人によっては、資格手当がつく場合があります。

ちなみに、精神保健福祉士は、簡単に言えば、「社会福祉士は福祉全般が範囲、精神保健福祉士は精神分野(病院や施設)を極めている」と考えてもらって大丈夫です!

仕事内容は、相談援助や支援計画のプランニングなど、社会福祉士とほぼ同じです。

仕事内容に関しては、社会福祉士の仕事内容に沿った流れです。

児童養護施設の場合

児童養護施設では、「児童指導員」という名前での応募がされています。

神奈川県の児童養護施設の募集内容を見てみましょう。

応募条件は、「経験不問、ただし社会福祉主事・社会福祉士・児童指導員・保育士・小中高の教員免許保持者」となっています。

仕事内容は、「施設で暮らす子供たちの起床から就寝までの生活支援」と意外と大雑把。

年齢によって仕事内容は変わりますが、おむつ替え、宿題を教える、話を聞く、学校の書類提出など様々です。

また、学校や病院等への送り迎えが必要な場合もあり、施設によっては「要普通免許」とされている場合も。

持っていない人は、時間のあるときにとっておくと良いでしょう。

NPO団体の場合

神奈川県にあるNPO団体、主に貧困で悩んでいる人の支援にあたる、入所施設の募集内容を見ていきましょう。

応募条件は特になく、経験も資格も必須ではありません。

ただ、有資格者・経験者には手当があったり、給料に差が出てきます。

勤務時間は9:00~18:00、土日祝はお休みです。

仕事内容は、「行政職員との連携・入所者の通院や手続きの支援・相談業務・新規入所者の送迎」となっています。

入所型の施設なので、入所者の支援が主な仕事です。

住民票の移動や、病院への通院、生活保護を担当している市役所や区役所など、行政機関との連携も必要です。

社会福祉士求人の良い求人、悪い求人の見極め方とは?

おおまかに、社会福祉士の求人についてご紹介しました。

大体の仕事内容や、応募資格は把握できましたか?

次に紹介するのは、いい求人・悪い求人についてです。

求人に出している給料が高すぎる!

求人を見ていて一番気になるのが「給料」ですよね。

福祉の仕事は給料が低い、なんて言われていますし、一番不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

求人サイト等を見ていると、明らかに給料が高い施設が出てきます。

給料が高いのはいいことなのですが、他の求人と比べてあまりにも高すぎるなら、一度確認が必要です。

ネットでその施設のことを調べてみる、離職率などサイトに出ているなら確認するなど、一度考えてみましょう。

いくつも求人を出している施設は危険?

社会福祉士の仕事、といわず、ネットでアルバイトを探した経験はありますか?

よくチェーン店の募集などで見かけますが、いくつも求人を出している仕事がありますよね。

それは、人が足りていないということ。

人が足りていないと、しっかりとした教育や研修が受けられないことに。

それは、適切な支援ができない、ということにつながります。

ネットでその施設を検索、従業員数が分かるなら、しっかり確認しておきましょう。

求人に、「現在社会福祉士は〇人で~」と明記されている場合もありますが、求人を出している場合、その人数が少ないことも多いです。

「社会福祉士が1人しかいないため、募集しています」と明記されていることもあり、未経験者は特に注意が必要です。

年齢層に偏りはないか確認する

求人内容に、「〇歳から〇歳の人まで働く、にぎやかな職場です」なんて書かれている求人、見たことありませんか?

こういったように、募集内容に年齢層が記載されている場合があります。

そこで注意してほしいのが、年齢層に偏りがないか、という点です。

若い人しかいない場合、長くは続かない、すぐにやめてしまう仕事である、ということ。

ベテランしかいない場合も、若い人が辞めてしまう、人間関係に問題がある、という場合もあります。

年齢に偏りなく、様々な年齢層の人が働いている職場がおすすめです。

また、社会福祉士の場合、先輩社会福祉士からの指導は不可欠です。

未経験で社会福祉士が居ない職場で働くのは、避けたほうが良いでしょう。

経験不問はちょっと危険?

社会福祉士の求人について、「経験不問」となっている募集をよく見かけます。

社会福祉士の仕事内容を、もう一度考えてみましょう。

生活上の悩みを抱える相談者(クライエント)の話を聞き、支援の計画を立て、他職種との連携を図ります。

クライエントの悩みが解決できるように支援を行う仕事です。

話を聞くこと、制度やサービスについて知ること、他職種との連携…これって、経験がないとなかなかできない仕事ですよね。

また、自分がその施設や機関で働き始めたことを考えてみましょう。

先輩職員が、こういった経験もなく、経験もまだまだ浅かったら…。

社会福祉士の仕事は、責任のある仕事です。

経験不問、となっている場合、こういった可能性があることを頭に入れておきましょう。

とはいえ、有資格者であれば経験が無くても大丈夫!という場合や、福祉系大学を出ていれば経験不問な場合もあります。

職員に有資格者が居る場合もありますから、その施設や機関について下調べをしっかりしておきましょう。

採用人数に注意

採用人数が多い場合、「多く採用してあとはそれぞれの力に任せる、無理な人は辞めてもらう」といった考えを持っている可能性が。

職場の環境や待遇が悪いため、離職率が高い場合にも、採用人数を多く出していることもあります。

また、入所施設の場合は、入所者数にも注意が必要です。

100人入所しているのに、社会福祉士が1人しかいなかったら、一人の担当は100人にも及びます。

2人になっても50人、本人だけでなく家族を相手にすることもありますし、他職種との連携もあります。

福祉に携わる人数が少ないのが現状ですが、自分の力に見合った求人を見極めることも大切です。

採用情報に関してのサイトは確認を

ネットの求人のみでなく、採用に関して詳しく情報を明記しているサイトを用意している施設もあります。

最近では、クリエイティブ系のNPO団体などは、公式サイトも見やすく、採用に関する特別サイトが用意されていることも。

こういった場合、施設や機関、団体の内部を見ることができますよね。

実際に働く職員のインタビューや、写真、利用者の顔など…。

資格を取得するまでの流れや、福利厚生についても詳しく知ることができます。

また、経営理念を知ることもできるので、自分に合っているかを見極めることもできます。

福利厚生を要チェック

働く上で大切なのが福利厚生。

求人には明記されている場合が多いですよね。

社会福祉士として働く中で、仕事を辞める原因となる1番の理由が「出産・子育てと両立できない」からです。

女性は特にですが、男性の育休も取りやすい施設や団体だと尚いいですね。

施設に保育所が併設されている場所もありますから、子育てと仕事の両立を考えている方は、とても重要な項目です。

医療機関では、保育所が併設されている場所も多いです。

子どもが生まれて仕事に復帰しても、まだ小さいと病気になってしまったりすることもありますよね。

そういったときに、勤務時間を遅くできる、という施設もあります。

また、介護施設なのに自分の介護休暇がとれない、なんて、ちょっとおかしいですよね…。

育児休暇のみでなく、介護休暇、リフレッシュ休暇、夏や年末年始の休暇の有無もチェックしましょう。

人と接することの多い社会福祉士、予防接種は必須ですが、意外に高いもの。

中には予防接種のお金を出してくれる施設や団体もありますから、細かい福利厚生も要チェックです。

社会福祉士の募集でちゃんとした仕事を探さないと大変なことに!

ちゃんと仕事を探さないと、こんなことになるかも…。

実際に働く社会福祉士の声をご紹介します。

給料が全然違う!

求人に明記されていた給料は、月収20万円以上。

また、昇給もありと明記されており、面接でも説明されたので、期待していたAさん。

Aさんは勤続5年を過ぎましたが、人は減っていくのみ、昇給もなく、実際に明記されていた給料よりも低い金額に…。

求人サイトに「モデル年収」などが掲載されている場合も多いですが、それを鵜呑みにしてはいけません。

また、給料が低いからやめたい!と思っても、人が少ないとなかなかやめられない状況になります。

介護施設での問題

介護施設で生活相談員として働き始めたBさん。

支援計画を立てることを仕事の中心だと考えていましたが、実際に働いてみると、介護しかしていない!なんてことが。

実際、ありがちなのが「介護施設で介護が中心」になってしまう社会福祉士。

入所者の相談援助を行う場合、確かに入所者とのコミュニケーションはとっても重要です。

しかし、介護福祉士や介護をするスタッフが足りていない場合、介護を行うことが中心となってしまう可能性も。

求人をよく見ること以外にも、面接の時点で話をしっかり聞いておくことをおすすめします。

人がすぐに変わってしまう

離職率が高い職場の場合、人が固定しないので仕事がしにくい状況に。

クライエントの支援には、長い期間が必要です。

そのため、途中で人が居なくなってしまう、引継ぎがうまくいっていない、という場合、適切な支援ができなくなってしまいます。

また、人がすぐに変わってしまうことで、職員同士のコミュニケーションや協調性が無くなってしまうことも。

仕事が増えてしまうこともありますし、うまく連携がとれない、それはクライエントに不安を抱かせる理由となります。

想像とのギャップがある

社会福祉士は、クライエントと顔を合わせて、話をして、支援の計画を立てて、とにかく「相手に寄り添う」ことが大切な仕事です。

「相手に寄り添う」ことを目標に、難しい国家試験に合格、ようやく現場で働ける!と、意気揚々と働き始めた人も多いでしょう。

そんなときにどうしても感じてしまうのが「想像とのギャップ」です。

介護の現場で、介護中心の仕事になってしまう、病院では仕事が多すぎて、実際に患者さんと話す機会が少ない…。

思っていた「社会福祉士の仕事」とは違う、というギャップが生まれてくることも。

社会福祉士の仕事を辞めるきっかけにもなりますし、事前に仕事内容と自分の想像・理想のギャップがないか確かめることが重要です。

社会福祉士の募集で良い求人を探すための方法

自分がなりたい社会福祉士になるには、どのような求人を探せばいいのでしょうか。

良い求人を探すための方法をご紹介します。

医療分野の場合

病院で働く社会福祉士「医療ソーシャルワーカー」を目指している方がまず注意したいのは、病床数について。

病床数が分かったら、次は医療ソーシャルワーカーの人数を確認しましょう。

あまりにも見合っていない人数しかいない場合、患者さんとコミュニケーションが取れず、うまく支援が進まない可能性もあります。

入院している全員が支援を必要としている、というわけではありませんが、みんなそれぞれ不安を抱いています。

コミュニケーションをとることができる時間や、他職種との連携を図るためにも、病院の規模は把握しておきましょう。

介護分野の場合

介護分野の場合、入所施設なのか、デイサービスなのか、短期入所施設なのかなど、施設の種類をまず確認しましょう。

施設の種類によって、問題も様々ですし、なにより働く時間に違いがあります。

また、入所施設は365日、24時間支援が必要です。

日勤の募集が多いですが、中には土日祝は交代勤務という場合も。

利用者の家族の面談をする場合、仕事の休みに合わせる必要もありますから、休日についても要チェックです。

夜勤がある場合もあるので、その際の手当等も確認しておきましょう。

子ども分野の場合

子ども分野と言っても、仕事は様々です。

児童相談所の場合、非常勤でなければ、公務員試験を受ける必要があります。

福祉職として採用されたものの、場合によっては、すぐに児童相談所に配属されるわけではありません。

最近では、児童相談所に配置する有資格者を増やす、という動きが活発になってきています。

最近の社会の動向もしっかり確認しておきましょう。

児童養護施設においては、保育士のような仕事も増えてきます。

相談援助、というよりは、一緒に生活したり遊んだり、家庭のようなコミュニケーションが必要とされます。

夜勤がある施設も多いため、手当はもちろん、どのくらいの頻度で夜勤があるのか、など確認することも重要です。

自分の目標をしっかり定める

社会福祉士の仕事は、とっても範囲の広い仕事です。

子どもからお年寄りまで、お金のある人ない人、単身者も家族の多い人も、障害のある人もない人も、多くの人が相談にやってきます。

そんなとき、あなたは何をしたいのか、どんな人にどんな支援をしたいのか、しっかり定めておくことが大切です。

社会福祉士の仕事の範囲が広いということは、当然求人の幅も広くなっています。

「資格が生かせる仕事」とぼんやり考えていては、ぴったりの求人は見つかりません。

範囲を広げすぎることで、良い求人・悪い求人の見極めも難しくなってしまいます。

良い求人を見つけるためにも、まずは自分がなりたい社会福祉士像をしっかりと描くことが重要です。

施設の見学をする

求人サイトを見るだけでは、どうしても施設の職場環境や人間関係を把握することは難しいですよね。

そんなときに必ずしておきたいのが、施設の見学です。

学生であれば、インターン、ボランティアなど、積極的に参加していくことがおすすめです。

求人に「見学OK」と記載されている募集もありますし、気軽に連絡をしてみましょう。

見学をしたからといって、必ずその施設で働かなくてはならない、というわけではありません。

見学をする際に確認しておきたいのは、仕事内容、職員同士の挨拶や雰囲気、施設利用者とのコミュニケーションはどのくらい取れるのか、ということです。

また、雰囲気が自分に合っているのか、自分の目標にたどり着ける場所なのか、をしっかり吟味しましょう。

学生は講演などをしっかり聞く

学生の場合、先輩や施設・団体の職員が来て、授業中に講演を行う、という機会があると思います。

実際に働く人から話を聞くことができるのは、学生だからこそ。

だからこそ、しっかり話を聞くこと、質問をすることはとても重要になってきます。

講演に来てくださったNPO団体に興味を持ち、質問をしたり、イベントに参加し、そこから内定をいただいた、という学生もいます。

内定につながらないとしても、実際に働く社会福祉士の話はとても貴重です。

少し恥ずかしい…と気が引けてしまう学生も多いですが、授業終わりに少し質問をしてみたり、仕事について詳しく聞いてみたり、積極的な行動も大切です。

また、ゼミの先生に求人について質問したり、実際に働いたことのある人だからこそわかる内情も。

福祉系の大学や短大、専門学校に通っている人は、ぜひネットワークを大切にしてください。

まとめ

社会福祉士の求人募集について、気をつけたい点をご紹介しました。

ネットの求人のみで探すことは難しく、もっと詳しく調べたり、見学する、といったことも大切です。

自分に合った職場を見つけること、自分が理想としている社会福祉士像に少しでも近づける、参考になれば幸いです。


関連キーワード

社会福祉士求人

社会福祉士求人についてもっと深堀りした情報を見る

社会福祉士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための注意点

安定した仕事がしたいとか、人の役に立ちなどといった理由から、社会福祉士を目指す社会人の方は多いですよね。福祉の仕事の経験がなくても、社会福祉士に転職することは可能なのでしょうか?著者も会社員を続けながら大学に通い、社会福祉士の資格を取ったので、その経験を基に解説していきます。社会福祉士への転職で狙い目な職場の特徴とは? 社会福祉士の職場と言っても、多種多様な仕事があります。転職する際にはどんな職場を狙ったらよいのでしょうか?具体的に見ていきましょう。前職の経験を生かせる福祉の現場では、福祉系専門学校を出た後にずっと福祉職場で働いているという方も多くいます。もちろん専門職として続けているのは素晴

社会福祉士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

誰かの役に立ちたいという高い志をもって社会福祉士を目指しても、実際のところ、低賃金ではなかなか仕事を続けられない…と考える人は多いと思います。将来結婚したり、子育てをしたりたいと考えている人にとっては、生涯年収がご自身のライフプランに密接にかかわってきますから、当然のことです。資格を取ってしっかり稼いで、理想に近い人生を目指しましょう!社会福祉士の給料の相場はどのくらい?社会福祉士の一般的な年収は250万円~500万円ほどと言われており、残念ながら高給取りとは言えません。しかし勤務地や勤続年数などの条件によっては、年収アップも見込めます。どんな働き方だと給与がよいのか、確認してみましょう。正社

社会福祉士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

社会福祉士は、福祉全般を範囲とする、福祉の専門職です。社会福祉士が担当する分野は多岐にわたり、そこで接する人や抱える問題も様々。そんな社会福祉士の仕事は、どのような人に向いているのでしょうか。社会福祉士の仕事内容を踏まえながら、向き不向き・活かせる経験などをご紹介します。社会福祉士にはどんな仕事があるの?社会福祉士が働く分野は、「病院」「介護」「障害」「子ども」「地域」「公的扶助」と、広い分野を担当します。主に、生活上での悩みを抱える相談者(クライエント)との面談を行い、支援の計画を立てていきます。これを「相談援助」と呼び、社会福祉士の仕事の中心となる業務です。支援計画を立てて終わりではなく、


社会福祉士求人に関するコラム

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

社会福祉士は女性に向いている?向いている点、できること・大変なことなどを解説します

福祉の職場は、女性が多いイメージが強いですが社会福祉士もまた、たくさんの女性が活躍しているお仕事です。人に寄り添う仕事である社会福祉士は、女性に向いているお仕事なのか?社会福祉士が女性に向いている点女性社会福祉士ならではの出来ること女性が社会福祉士として働く上で大変なことなど、社会福祉士を目指す女性に役立つ情報を解説していきたいと思います。社会福祉士とはどんな仕事? 社会福祉士は、生活する中での様々な困り事や悩み事を解決に導くお仕事です。困り事や悩み事の相談にのり、どうしたら解決できるのかを一緒に考え、使える福祉サービスや制度を提案していきます。相談の内容や対象者は、多岐にわたり、高齢者の介護

社会福祉士として働くメリットとは?私が感じた良いところをまとめました

福祉職はまだまだ、「きつい・きたない・きけん=3K」と言うイメージが根強いお仕事です。しかし一方で福祉職を目指したくなるような魅力溢れるお仕事でもあります。私は、社会福祉士として10年間、様々な職場で経験を重ねてきました。人間を相手にするお仕事ですので、人間関係に悩まされること。自分の力の無さに福祉職を辞めようと考えたことも何度もありました。それでも、社会福祉士として働き続けてきた理由は何なのか?私が感じた、社会福祉士として働くメリットと、働いてきて良かった点をご紹介していきます。社会福祉士の仕事ってどんな仕事?社会福祉士の仕事の軸となるのが「相談業務」です。問題や悩みを抱えた人の相談にのり、

社会福祉士の派遣が向いている人の4つの特徴や必要なスキル・適正、働く上での注意点まで。

社会福祉士も正社員やパートなど、様々な働き方があります。他の職業と同様に、派遣会社から出向いて働く派遣社員の社会福祉士も、もちろんいます。社員が育休中で人手が足りない時などに、来てもらうことが多いようです。では、社会福祉士として派遣社員になったら、どんな仕事をするのでしょうか?一緒に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員の仕事とはどんな仕事?社会福祉士として派遣社員になったら、多くは福祉施設や病院で働くことになると思います。仕事内容はその施設によって異なりますが、具体的に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員が得意な人の4つの特徴とは?同じ社会福祉士の中にも、派遣社員として働くことが得意な人と

社会福祉士の服装ってどうあるべき?様々な会社における服装から、あるべき姿まで

社会福祉士の国家資格を持っている方の仕事の一つに相談業務というものがあります。高齢者分野で言えば、地域の高齢者の方もしくは高齢者の方を介護している家族より生活に関する相談が寄せられます。その相談内容について伺い既存のサービスを提案する事で、解決するきっかけを作っていく重要な役割を担っているのが社会福祉士です。相談業務という事は相手との信頼関係をどれだけ作れるのかがポイントになってきます。関係性を作るためには当然相談援助スキルなども必要になってきますが、それ以前に服装などの外見もとても重要な部分になります。ここでは社会福祉士の服装などを中心に記していきます。社会福祉士の服装ってどうあるべき?地域