社会福祉士も正社員やパートなど、様々な働き方があります。

他の職業と同様に、派遣会社から出向いて働く派遣社員の社会福祉士も、もちろんいます。

社員が育休中で人手が足りない時などに、来てもらうことが多いようです。

では、社会福祉士として派遣社員になったら、どんな仕事をするのでしょうか?

一緒に見ていきましょう。

社会福祉士の派遣社員の仕事とはどんな仕事?

社会福祉士として派遣社員になったら、多くは福祉施設や病院で働くことになると思います。

仕事内容はその施設によって異なりますが、具体的に見ていきましょう。

社会福祉士の派遣社員が得意な人の4つの特徴とは?

同じ社会福祉士の中にも、派遣社員として働くことが得意な人と、不得意に感じる人の両方がいると思います。

では、どんな人が派遣社員としての働き方が得意と感じやすいのでしょうか?

仕事内容が職場によって異なるので、職場のタイプごとに見ていきます。

障害福祉施設(入所型)で働く派遣社員の場合

障害のある方が家族から離れて、共同生活を送る場所を入所施設といいます。

入所施設では24時間、職員が交代で入所者さんたちの身の回りのサポートを行っています。

入所者さんたちが自分でできることは自分でやってもらうケースがほとんどだと思います。

それぞれ自分で行うのが難しいところに焦点を当てて、食事介助や排泄、日中の余暇の過ごしのサポートをします。

働き方としては、早番や夜勤があるのも特徴ですね。

正社員との業務内容の違い

正社員だと職員が足りないシフトに優先的に入り、役所に提出する書類を整備するなど、責任のある仕事も行います。

派遣社員の場合は、「社員」という名前こそ付いているものの、実際の業務はパート職員と同等でしょう。

現場での介助が主になると思われます。

排せつなどの介助の仕事もテキパキと行えることが求められます。

相談員の業務とは全く違ってきますし、どちらかというと社会福祉士ではありますが、介護職員のような扱いになりやすいでしょう。

「自分は資格を持っている」という変なプライドを捨てられる人の方が、この仕事に向いていると感じやすいと思います。

障害福祉施設(通所型)で働く派遣社員の場合

通所型の障害福祉施設では、障害のある方に対して就労経験や生産活動の場を提供しています。

そしてその就労で得たお金を、利用者さん達に工賃として分配金しているところが多いです。

障害の種別や程度、活動内容はその施設によって様々です。

施設によっては農作業や手工芸生産などを行っており、活動内容は様々です。

また生活介護と呼ばれる施設では、重度の障害のある利用者さんが通うので、就労や作業よりも、散歩や水泳、アート活動、音楽鑑賞などの余暇が多くなります。

事前に見学するなどして確認しておいた方が良いでしょう。

やりたいことが明確にあるのは素敵なことですが、色々な活動に対応できる方の方が、この仕事は得意と感じやすいでしょう。

正社員との業務の違い

正社員の社会福祉士は就労のスケジュール管理や利用者さんとの面談、仕事を発注してくれる企業との打ち合わせなどを行っています。

また利用者さんとの面談をもとに個別支援計画を作成したり、市役所の監査対応やボランティア希望者の受け入れなども業務になります。

経験の浅い職員やパートは、現場で利用者さんと一緒に就労メニューをこなしながら、利用者さんの様子を観察したり、コミュニケーションを通じて利用者さんについて理解を深めます。

契約社員の場合も、現場で利用者さんと一緒に、チラシ折りや箱折りなどの軽作業を行うのが一般的だと思います。

目の前の利用者さんを大切にし、外部の方とのやり取りは少なめになるでしょう。

高齢者施設で働く派遣社員の場合

最近は高齢化の影響で、デイサービスや養護老人ホームなどの高齢者施設がとても増えていますね。

その分、派遣社員として登録すると勤務先になる可能性は十分あるでしょう。

高齢者施設では、障害者施設と違い、就労や作業はほとんど無くなります。

お年寄りとお散歩や花見に出かけたり、室内で運動したりすることが多いですね。

一見楽しそうに聞こえるかもしれませんが、車椅子の方を解除するのは力仕事ですし、転倒したら骨折する恐れもあるので、神経を使います。

もちろん、何かあった時には正社員が責任を負いますが、派遣社員も現場で介助を行う上で、知識は身につけておかなければなりません。

もし高齢者施設での勤務経験がない場合は、無理せずにあらかじめその旨を伝えておくと良いでしょう。

食事介助や排泄介助、医療機関への同行など、高齢者支援ならではの業務も多くあります。

児童支援施設

発達障害が広く知られる様になってから、幼い頃から療育を受けさせたいという保護者が増えている影響で、発達に心配がある子供達が学校の授業が終わった後に通う放課後等デイサービスが増えています。

放課後等デイサービスでは人手が足りず、常に職員を募集しているような状態ですので、派遣社員として派遣される可能性も大きいです。

放課後等デイサービスでは、通ってくる子供達と一緒に遊びを通じてルールを学んだり、文字を書く練習を行ったりします。

日によっては夏休みの工作を作ったり、買い物に行ってお金の計算をしたりしています。

また、社会科見学のようなイメージに近いと思いますが、近隣の施設に出掛けて、社会のことを学ぶこともあります。

著者の知人が勤務する放課後等デイサービスでは、空港でスタンプラリーを行い、学校やデイサービスだけでは経験できないことを学んでいるそうです。

ちなみに社会福祉士が働く領域として、児童相談所もありますが、児童相談所の職員は基本的に公務員なので、民間の派遣社員が働くというのは、可能性は低いでしょう。

社会福祉士の派遣社員の必要なスキル・適正とは?

社会福祉士が派遣社員として働くことの多い職場での仕事内容について、確認してきました。

では、この様な現場で働く際に必要なスキルはどのようなものがあるのでしょうか?

施設ごとのルールに合わせる

同じ形態で運営されている施設でも、各施設ごとにルールは異なります。

例えば、同性介助を徹底している所もあれば、比較的緩い所もあります。

派遣社員は色々な施設で働く事になるので、行く先々でその施設のルールが違うことに気づくと思います。

つい慣れた方法でやりたくなると思いますが、「郷に入れば郷に従え」を意識していきましょう。

「前の施設ではこうでした」と主張しても、「ここでは違います」と思われてしまいかねません。

仕事の範囲を意識する

正社員の仕事とパート職員の仕事が明確に分けられている所もあります。

派遣社員として働く場合は、どこからどこまでが業務なのか、学びながら意識しておいた方が良いでしょう。

知らずに仕事をしてから正社員に「この仕事は派遣社員はしないでほしい」と言われても、気分が悪いと思います。

派遣社員は働く期間が決まっていたとしても、最後まで気持ちよく働きたいですよね。

極度に遠慮する必要はありませんが、領分はわきまえた方がお互い働きやすいでしょう。

利用者さんとの関わりを冷静に見る

色々な施設に出向いて働いていると、職員と利用者さんとの関わり方に疑問を抱いたり、ショックを受けることもあるかもしれません。

長年働いている職員にとっては、利用者さんとの信頼関係ができているという考えがあり、その関係性が普通になっているのですね。

例えば利用者さんが努力すれば自分の力で行えるので、職員があえて介助せずに、横で見守っていることがあります。

利用者さんが苦しそうな顔をしていると、時にはそれが虐待に映ることもあるでしょう。

正義感から、虐待事案として適切な機関に報告すべきなのかどうか、迷い悩む人もいると思います。

しかし、告発すると派遣社員として、もうその施設で働けなくなるかもしれないという気持ちもあるでしょうし、派遣会社に迷惑がかかると心配される事もあるかと思います。

そんな時は1人で判断せずに、近くの先輩職員に立ち話のついでに相談してみると良いでしょう。

ずっと見てきた職員としては、支援の一環として行っている場合があります。

ただし、支援として行うからには理由が必要です。

理由が述べられないようなら、単純に虐待事案と捉えられる可能性もありますので、職員の行動の裏にきちんとした理由があるかどうかをポイントに見極めると良いでしょう。

モンスター派遣社員にならないためにー事例を交えてー

ちなみに著者の場合は、社会福祉士の実習でお世話になった施設で、職員が毎日のように、いうことの聞かない利用者さんに怒鳴ったり、デコピンをしたりしていました。

これらの行為については、明確な理由が考えられなかったので実習指導者に相談しました。

この時、一方的に職員を批判するよりも「何か理由があって行っているのですか?」と、質問形式にすると穏便に済み易いです。

実習指導者はすぐに職員とのミーティングで話し合い、職員も自身の行動について振り返る機会として受け入れてくれました。

職員も「利用者さんに成長してもらいたいという気持ちと、大きな声を出さなければ伝わらないという考えから、客観的に見れば怒鳴ってしまっていた」と話してくれました。

話し合ってみると職員にも悪気はなかったということが、明らかになりました。

こういう時には、あくまで職員を責めずに、今後どうしていくのか?と前向きな姿勢を忘れずに、より良い支援に向かって行く方向で話し合えると良いですね。

福祉の世界はとても狭いので、あまり声高に批判すると、モンスター派遣社員と言われかねません。

もちろん虐待は、利用者さんの人権を守るために絶対にあってはならないことですが、デリケートな問題なだけに解決方法には慎重を期しましょう。

ハラスメントに注意を

派遣社員は正社員よりも立場が弱く、かつ働く期間が限られているため、ハラスメント被害に遭いやすい傾向にあると言われています。

これは福祉の仕事以外でも共通していることですね。

福祉職の人は心根が優しいためか、あまり自分自身の人権については主張しない人が多い傾向にあるように感じます。

しかし、福祉の仕事は自分自身が疲弊してしまうと、なかなか続けにくいです。

まずは、自分自身の事を大切にし、燃え尽き症候群(バーンアウト)しないことが大切なのです。

派遣社員という働き方を選んだのなら、自分自身の事を大切に考える力と、自分の身を守るために、きちんと主張する力は長く働くために大切だと思います。

派遣先がブラック企業だったら?

特に規模の小さな福祉施設は、労働環境が良くないところも多いようです。

社会福祉士として働く著者が見てきた中では、早朝に出勤しなければならず、労働時間が長かったり、昼休みは利用者さんの介助を行いながら昼食を取って終わってしまうため、休憩がしっかりと取れないといった事例がありました。

その環境に慣れてしまっている正社員は、そんな環境で働いていても体調を壊すことはないのかもしれません。

しかし、派遣社員の方まで、そんな労働環境を受け入れる必要はありません。

無理な働き方をして、体調を壊してしまったら元も子もありませんからね。

体調を崩してしまったときに、あなたのことを守ってくれる人はどれくらいいるでしょうか?

著者は職員の人権や健康も大切にした方が、より良い支援ができると思います。

実際、職員の満足度がサービスの質に反映されるので、顧客満足度と同時に職員満足度を高めることが大切だと言われ始めています。

正社員が劣悪な環境で働いていても、何らかの理由をつけて、きちんと労働条件に沿った働き方をするようにしましょう。

特に休憩が満足に取れないのは、休憩の時間帯はボランティアで働いていることになるので、労働力の搾取ですし、給料以上に働く義務はないのです。

まとめ

派遣社員の社会福祉士として働くときの職場環境や、働く際に必要なスキルについて、お伝えしてきました。

正社員でもなくパート職員でもない、派遣社員だからこそ大変な面もあるかと思います。

でもせっかくの資格を活かして働くのですから、勤務する期間は限られているにせよ、働きやすさを感じられると良いですよね。

福祉の職場は若手の離職が大きな課題になっており、常に人手不足です。

正社員だけではなく、派遣社員の方やパート職員にとっても、誰もが働きやすく長く続けられる職場であってほしいと願ってやみません。


関連キーワード

社会福祉士求人

社会福祉士求人についてもっと深堀りした情報を見る

社会福祉士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための注意点

安定した仕事がしたいとか、人の役に立ちなどといった理由から、社会福祉士を目指す社会人の方は多いですよね。福祉の仕事の経験がなくても、社会福祉士に転職することは可能なのでしょうか?著者も会社員を続けながら大学に通い、社会福祉士の資格を取ったので、その経験を基に解説していきます。社会福祉士への転職で狙い目な職場の特徴とは? 社会福祉士の職場と言っても、多種多様な仕事があります。転職する際にはどんな職場を狙ったらよいのでしょうか?具体的に見ていきましょう。前職の経験を生かせる福祉の現場では、福祉系専門学校を出た後にずっと福祉職場で働いているという方も多くいます。もちろん専門職として続けているのは素晴

社会福祉士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

誰かの役に立ちたいという高い志をもって社会福祉士を目指しても、実際のところ、低賃金ではなかなか仕事を続けられない…と考える人は多いと思います。将来結婚したり、子育てをしたりたいと考えている人にとっては、生涯年収がご自身のライフプランに密接にかかわってきますから、当然のことです。資格を取ってしっかり稼いで、理想に近い人生を目指しましょう!社会福祉士の給料の相場はどのくらい?社会福祉士の一般的な年収は250万円~500万円ほどと言われており、残念ながら高給取りとは言えません。しかし勤務地や勤続年数などの条件によっては、年収アップも見込めます。どんな働き方だと給与がよいのか、確認してみましょう。正社

社会福祉士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

社会福祉士は、福祉全般を範囲とする、福祉の専門職です。社会福祉士が担当する分野は多岐にわたり、そこで接する人や抱える問題も様々。そんな社会福祉士の仕事は、どのような人に向いているのでしょうか。社会福祉士の仕事内容を踏まえながら、向き不向き・活かせる経験などをご紹介します。社会福祉士にはどんな仕事があるの?社会福祉士が働く分野は、「病院」「介護」「障害」「子ども」「地域」「公的扶助」と、広い分野を担当します。主に、生活上での悩みを抱える相談者(クライエント)との面談を行い、支援の計画を立てていきます。これを「相談援助」と呼び、社会福祉士の仕事の中心となる業務です。支援計画を立てて終わりではなく、


社会福祉士求人に関するコラム

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

社会福祉士は女性に向いている?向いている点、できること・大変なことなどを解説します

福祉の職場は、女性が多いイメージが強いですが社会福祉士もまた、たくさんの女性が活躍しているお仕事です。人に寄り添う仕事である社会福祉士は、女性に向いているお仕事なのか?社会福祉士が女性に向いている点女性社会福祉士ならではの出来ること女性が社会福祉士として働く上で大変なことなど、社会福祉士を目指す女性に役立つ情報を解説していきたいと思います。社会福祉士とはどんな仕事? 社会福祉士は、生活する中での様々な困り事や悩み事を解決に導くお仕事です。困り事や悩み事の相談にのり、どうしたら解決できるのかを一緒に考え、使える福祉サービスや制度を提案していきます。相談の内容や対象者は、多岐にわたり、高齢者の介護

社会福祉士として働くメリットとは?私が感じた良いところをまとめました

福祉職はまだまだ、「きつい・きたない・きけん=3K」と言うイメージが根強いお仕事です。しかし一方で福祉職を目指したくなるような魅力溢れるお仕事でもあります。私は、社会福祉士として10年間、様々な職場で経験を重ねてきました。人間を相手にするお仕事ですので、人間関係に悩まされること。自分の力の無さに福祉職を辞めようと考えたことも何度もありました。それでも、社会福祉士として働き続けてきた理由は何なのか?私が感じた、社会福祉士として働くメリットと、働いてきて良かった点をご紹介していきます。社会福祉士の仕事ってどんな仕事?社会福祉士の仕事の軸となるのが「相談業務」です。問題や悩みを抱えた人の相談にのり、

社会福祉士の服装ってどうあるべき?様々な会社における服装から、あるべき姿まで

社会福祉士の国家資格を持っている方の仕事の一つに相談業務というものがあります。高齢者分野で言えば、地域の高齢者の方もしくは高齢者の方を介護している家族より生活に関する相談が寄せられます。その相談内容について伺い既存のサービスを提案する事で、解決するきっかけを作っていく重要な役割を担っているのが社会福祉士です。相談業務という事は相手との信頼関係をどれだけ作れるのかがポイントになってきます。関係性を作るためには当然相談援助スキルなども必要になってきますが、それ以前に服装などの外見もとても重要な部分になります。ここでは社会福祉士の服装などを中心に記していきます。社会福祉士の服装ってどうあるべき?地域

社会福祉士になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

福祉のお仕事と聞くと、介護福祉士やケアマネージャーを思い浮かべる方が多いと思います。しかし福祉の需要が高まるにつれ、介護福祉士やケアマネージャー以外にも社会福祉士の必要性が見直されつつあります。そこで今回は、今後活躍が期待される「社会福祉士」についてまとめてみました。社会福祉士になるには?社会福祉士になるためには、国家試験を受ける必要があります。そして、国家試験を受けるためには、受験資格を得なければならず、最短でも4年かかるため決して楽な道のりとは言えません。そこで現役社会福祉士の私が、社会福祉士としての必要な資格や勉強、適性、働き先の見分け方などを徹底解説したいと思います。社会福祉士になるた