介護業界の人手不足が騒がれる中、社会福祉士の需要は高まりつつありますが、社会的認知度はまだまだ低い現状にあります。

名前は知っているけれど、具体的にはどんな仕事をする人なのか?

どんな役割を担っているのか?

どんなところで働いているのか?

詳しくはわからないという方も多いのではないでしょうか。

今後、ますます活躍が期待される社会福祉士のお仕事。

目指してみたい!興味がある!という方のために仕事の内容や活躍の場、やりがい、向いている人・向いていない人の特徴などを詳しくまとめてみました。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「社会福祉士」の仕事例をチェック

社会福祉士の大まかな仕事内容

社会福祉士のメインの仕事となるのは、相談援助業務です。

生活する上で生じる様々な問題の相談に乗り、必要な制度や施設などを紹介します。

困っている人・支援が必要な方と社会資源を結び付け、正しく利用できるよう調整や管理を行うお仕事です。

社会福祉士になるには?

社会福祉士は、相談援助に関する専門職としての国家資格です。

国家試験に合格した者だけが、社会福祉士と名乗ることができます。

社会福祉士の受験資格を得るためには、最短でも4年かかります。

受験資格取得までのルートは、学歴や職歴により様々ですが、全く違うフィールドからでも社会福祉士を目指すことが可能です。

特に多い受験資格取得のルート例としては、

  • 福祉系の4年生大学で指定科目を履修する
  • 福祉系の短大・専門学校で指定科目を履修し、必要に応じた期間の実務経験を積む
  • 一般の大学を卒業後、一般養成施設で必須科目を履修する
  • 4年間相談援助業務を経験し、一般養成施設で必須科目を履修する

などの方法があります。

1度社会に出てから、改めて社会福祉士を目指す方も多く、年齢を問わずチャレンジしやすい資格と言えるでしょう。

業務独占の資格ではないため、「社会福祉士でないとできない仕事」はありません。

しかし、専門性が求められる福祉分野では、社会福祉士の資格は大きなアピールポイントとなります。

社会福祉士の仕事は大きく5つの分野での役割に分けられる 

社会福祉士は、医療・福祉の分野で幅広く活躍しています。

児童から高齢者まで年齢を問わず、障害や疾患を抱える方など、様々な人の悩みに寄り添い問題解決へと導いていきます。

主な活躍の場は、

  • 高齢者施設
  • 障害者支援施設
  • 児童福祉施設
  • 役所や地域包括支援センター
  • 保健所や病院などの医療機関

など、大きく5つに分類されます。

働く場所により、社会福祉士の名称や業務内容・担う役割は、少しずつ異なります。

それぞれの分野での社会福祉士の具体的な業務内容を見ていきましょう。

高齢者施設での生活相談員・生活支援員としての役割

特別養護老人ホームやデイサービスでは生活相談員。

介護老人保健施設では、生活支援員と呼ばれています。

施設という制限された空間の中でも、より良いサービスを受けられるように希望や要望を聞き取り支援していきます。

高齢者施設での生活相談員・生活支援員の具体的な業務内容とは?

施設での生活は、集団生活のため自宅での生活とは異なります。

その中でも、老後の時間をより快適に過ごせるよう、現場の介護職やケアマネージャーなどと協力し環境を整えていきます。

  • 利用者及び家族の相談業務
  • 家族や関係機関との連絡や調整
  • 施設の入所や退所、サービス利用に関する手続き
  • 1人1人の希望や要望、レベルに応じた個別援助計画書の作成
  • サービスが適切に提供されているかの確認と評価
  • ケアマネージャーへの情報提供
  • 苦情の受付や対応
  • 退所後の生活支援

相談援助業務の中でも苦情処理は、施設や介護職員の質を大きく左右する大切な業務です。

社会福祉士は入居者の生活を支えるだけでなく、施設の雰囲気作りなども担っています。

障害者支援施設での生活指導員としての役割

障害者支援施設では、生活指導員などと呼ばれています。

知的障害者や身体障害者の方が、できる限る自立した生活を送れるように生活面はもちろん就労の支援も行います。

障害者支援施設での生活指導員の具体的な業務内容とは?

障害者の方は、個人のレベルに合わせて目指す目標も様々です。

安心して過ごせるよう、身の回りの介護を受けたい方。

食事や排泄など、できる限り自分で行えるようにしたい方。

就労を目指している方。

など、1人1人の目標達成に向けサポートしていきます。

  • 入所やサービス利用に関する手続き
  • 利用者や家族の相談業務
  • 家族や関係機関との連絡や調整
  • 食事や排泄などの日常生活に必要な訓練のサポート
  • 就労に向けた訓練のサポート
  • 生活面での援助など、障害者の方の生活を支え、自立や就労

などの目標に向けて計画的に支援していきます。

児童福祉施設での役割

児童福祉は主に18歳未満の児童を対象としています。

しかし、児童のみならず子育て中の親への支援も行い、子供を取り巻く全ての人と環境へとアプローチしていきます。

児童福祉施設だけでなく、小学校や中学校などでスクールカウンセラーとしても活躍しています。

児童福祉分野での具体的な業務内容とは?

児童福祉施設に入所している子供たちは、それぞれ複雑な事情を抱えています。

その問題解決には、子供だけでなく親への支援や援助がとても重要になってきます。

児童分野では、子供や親・家庭環境などを総合的に支援していきます。

  • 施設の入所や退所、外出や外泊などの手続きや調整
  • 施設入所児童の社会性や生活習慣を身に付けるための育成や指導
  • 子育てに関する相談
  • 小学校や中学校などで児童や保護者に対するケア
  • 虐待されている児童に対する援助
  • 児童相談所との連携や連絡調整

など、子供の自立を促し家庭環境の改善に努めています。

支援が必要な子供を守り育て、子育てに悩む親に寄り添う役割を担っています。

役場や地域包括支援センターなどでの役割

地域福祉に関する問題に対し、相談業務を行います。

困っているけれど、どこに相談したら良いかわからない。

という方の初めの相談窓口となることが多く、他機関と連携を取り、必要なサービスへと導く役割を担います。

役場や地域包括支援センターでの具体的な業務内容とは?

役所では、主に介護保険や障害者福祉・生活保護に関する課への配属が多いです。

役所も地域包括支援センターも総合的な窓口として、幅広い様々な相談業務を請け負います。

  • 生活保護の受給に関する相談
  • 介護保険に関する相談
  • 障害者福祉に関する相談
  • 高齢者や障害者の権利を守る活動
  • 認知症予防や介護予防教室の開催

など、住み慣れた地域での生活を継続できるような支援やサポートを行います。

保健所や病院での役割

医療機関では、医療ソーシャルワーカーと呼ばれています。

病気で入院・通院中の患者様及びご家族からの相談などに対応します。

精神面だけでなく経済面や今後の生活についても計画的に支援していきます。

医療ソーシャルワーカーの具体的な業務内容とは?

病気になると、今まで通りの生活が難しくなり、仕事やお金・子育てなど様々な問題が出てきてしまいます。

心配事を解消し、安心して療養に専念できる環境を整え、退院後の社会復帰に繋げていきます。

  • 治療費の支払いや医療保険制度に関する手続きや相談
  • 療養上の不安や困りごとの相談
  • 精神面でのサポート
  • 退院後や社会復帰に向けた支援を行う
  • 転院や施設入所の手続きや調整

など、患者様の療養をサポートします。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

社会福祉士の仕事はどんな人に向いている?

社会福祉士の仕事内容を踏まえて、どんな人に向いているのかを考えていきましょう。

人と接することが好きな人

社会福祉士の業務の中心は、「相談援助」です。

対人関係がとても重要となってくる仕事のため、人と接することが嫌いという場合、スムーズに面談が行えない可能性があります。

また、「相談援助」と並び、重要になってくるのが「他職種との連携」です。

病院で働く社会福祉士、「医療ソーシャルワーカー」と呼ばれる人であれば、医師や看護師、そのほかの職員や、病院外の施設、地域包括支援センターなどの職員とも、連絡を取り合うことが不可欠です。

仕事をしていく上で、接する人は年齢も、抱える問題も、職種も様々。

そのため、人と接することが好きという人は、社会福祉士の仕事に向いていると言えます。

臨機応変に対応できる人

対人援助を行っていく中で、マニュアル通りに事が進む、ということはありません。

そして、クライエントの抱える問題、置かれている状況も様々です。

そのため、どのような問題に対しても、冷静に、そして臨機応変に対応できる力が必要となってきます。

観察眼の鋭い人

クライエントは、不安を抱えながら、初対面である社会福祉士に、プライベートな話をしなくてはなりません。

抱える問題は、とても深刻なものも多くあります。

あなたは、初対面の人に、自分のプライベートな話を、包み隠さずすべて話すことができますか?

専門職とは言え、自分の深刻な話を初対面の人にするのは、少し気が引けるし、不安になりますよね。

そのため、社会福祉士には鋭い観察眼が求められます。

言葉にしなくても、顔つき、目線、話し口調などから、クライエントがどう感じているのかを読み取る力が必要です。

相手が本当に思っていることを読み取れる、そんな観察眼や洞察力のある人は、社会福祉士に向いていると言えるでしょう。

向上心のある人

社会の制度というのは、日々変わっていきます。

社会福祉士になる前に勉強した知識だけでは、対応しきれないことも。

そのため、最新の制度やサービスについて、常に把握していなければなりません。

病院や施設での研修、スキルアップのための講習などに参加する必要もあります。

また、社会福祉士にとって、「記録」という仕事も重要な役割を担っています。

担当した案件の詳細を、しっかり記録しておくことで、反省点を考え、今後の仕事に役立たせることができます。

人と接することが中心となりますが、記録をはじめ、事務的な作業もある社会福祉士。

こういった中でも、新しい知識を身につけ、今後のためにも記録を残して反省したり、役立てていくといった、向上心が求められます。

クライエントに寄り添える人

クライエントに対し、失礼な態度を取ったり、中途半端な対応をしてしまったら、その支援はうまくいきませんよね。

また、クライエントの抱える問題は様々ですが、どれも当人にとって深刻な問題です。

今後の人生が、大きく変わってしまう可能性のある問題もあります。

クライエントの抱える問題は、似たような問題があっても、それは同じではありません。

人それぞれ、置かれている状況や、問題の感じ方は違いますよね。

そのため、クライエントを一緒くたにせず、個別化して考えることが必要です。

社会福祉士が抱える案件は、一人一件というわけではありません。

多くの案件を抱える中でも、クライエントひとりひとりに寄り添える、「困っている人を助けたい!」という気持ちは、働く上でとても需要です。

逆に向いていない人の特徴は?

社会福祉士に向いている人の特徴は分かっていただけましたか?

次にご紹介するのは、逆に、社会福祉士に向いていない人の特徴です。

人と接することが嫌いな人

対人関係を築くことが、とても重要になってくる社会福祉士。

そのため、人と関わることが苦手な方や、初対面の人とコミュニケーションをとることが苦手な人は、あまり向いていない仕事です。

しかし、普段の生活の中で、コミュニケーション能力をあげていくことは可能です。

友人の相談にのったり、新しい環境に入っていく力を身につけるなど、小さなことから力をつけていきましょう。

マニュアルのある仕事が好きな人

一つの作業や、決まった仕事をする仕事は、社会に多くあります。

しかし、社会福祉士の仕事は、決まったマニュアルはありません。

また、クライエントの抱える問題は様々で、それに適切な対応をしていかなくてはなりません。

社会福祉士の主な業務である「相談援助」には、様々な決まり事や、押さえておきたい点があります。

「バイスティックの7原則」など、相談援助で欠かせない基本的な原則など、一種の「マニュアル」となる知識も。

決まった「マニュアル」はありませんが、仕事をする中で、大体の対応を身につけることも可能です。

身につけた知識を、どう活かせるか。

そこが重要なポイントとなってきます。

人の本心を見抜くことが苦手な人

普段の友人との関係で、「本当はどう思っているのだろう」と感じることはありませんか?

人は、言葉にすることすべてが本心というわけではないですし、本心をすべて言葉にするというわけでもありません。

そのため、顔つきや、話し口調、目線から、「非言語的」な感情を読み取ることが必要です。

こういったことが苦手な人は、日々の生活でも気をつけながら、観察眼を磨くことで、本心を読み取ることができるようになるかもしれません。

向上心のない人

部活動や趣味などにも共通しますが、練習をしなければ、上達することはないですよね。

元々うまくできる才能があったとしても、練習をしなければ、その腕はどんどん落ちていきます。

社会福祉士にも同じことが言えて、向上心がなければ、この仕事に向いていたとしても、仕事に対応しきれなくなってしまいます。

相談援助では、クライエントの本心を見抜いたり、聞き出す力が必要です。

こういった技術があっても、適切で最新の知識がなかったら、どうでしょう。

制度やサービスは、年々変わっていきます。

適切なものを紹介できなかったら、適切な支援はできませんよね。

そのため、職場での研修に参加したり、ニュースを見たり、再度勉強しなおす、といった向上心が重要となってきます。

クライエントの問題に深入りしすぎてしまう人

友人の相談を聞いていて、こちらも気分が重たくなってしまった、という経験はありませんか?

それは相手の話に親身になっている、ということの表れではありますが、仕事での深入りは注意点も。

クライエントの問題は深刻なものも多く、そして担当する案件も多くあります。

そのため、深入りしすぎると、働いている社会福祉士も精神的に追い詰められてしまうことも。

また、自身が病気や精神的な問題で病院を利用し、そこで会った社会福祉士に憧れ、自分も目指した、という方も多く居ます。

精神的に繊細な部分がある人も多く、こういった場合は特に深入りは厳禁です。

しかし、クライエントの問題に寄り添うというのは、とても大切なことです。

仕事と私生活の両立ができるよう、自身のストレス解消法や、考え方を変えるといった方法が必要です。

仕事に力を入れすぎる人

対人援助の仕事においては、「バーンアウト」という現象が起こりやすくなっています。

「燃え尽き症候群」とも呼ばれるこの「バーンアウト」。

仕事に意欲を持っていた責任感の強い人が、急にやる気をなくしたり、投げやりになってしまうことを指します。

うつ状態になったり、中には希死念慮を抱く人も。

一つのことにのめりこんでしまう人、クライエントを助けたいという気持ちが強い人などは、リスクが高いといえます。

社会福祉士の仕事は、人を相手にする仕事です。

そのため、成果が目に見えにくい、という問題があります。

徐々に進行していく「バーンアウト」。

仕事との向き合い方を変えていくことはもちろん、セルフケアの方法を身につけることが大切です。

社会福祉士の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

社会福祉士の仕事に活かせる経験は、どのようなものがあるでしょうか。

最近の社会の動向をふまえて、ご紹介します。

友達の話を聞くことが好き

社会福祉士の「相談援助」で、とても重要な「傾聴」や「受容」。

相手の話を聞きながら、相手のことを受け入れる、ということです。

資格やキャリアがなくても、学生の頃から身につけられる、そして今後活かせる経験になります。

教員

最近では、虐待や貧困など、学校現場での問題も深刻化しています。

そのため、各都道府県では、学校に配置する「スクールソーシャルワーカー」の人数を増やし、問題に対応してく動きが起こっています。

多くの募集要項に、応募資格は社会福祉士をはじめ、精神保健福祉士、教員などと記載されています。

学校現場をよく知る教員の、これまでの知識や経験を活かすことができます。

弁護士

虐待、高齢者の事件、貧困が要因となった事件など、福祉的な背景によって起きる事件も多い現代社会。

働いている中で、事件の背景には、社会の問題、特に福祉的な課題が隠されている、と感じる弁護士も少なくありません。

そのため、弁護士の資格と合わせて、社会福祉士の資格を取得し、両立しているという方も。

社会福祉士の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

社会福祉士は活躍の場は違えど、メインの仕事は相談業務になります。

人の相談に乗るなんて、ストレスが溜まりそう…。

難しそうで、やりたくない…。

などとマイナスなイメージを抱かれがちですが、それ以上にやりがいを感じられる瞬間もたくさんあるのです。

では実際にどんな時にやりがいを感じられるのでしょうか?

人の人生にじっくり携わることができる

困っている方に対し、じっくりと時間をかけて耳を傾けられるのは社会福祉士の特権でもあります。

現場で介護をしていたら、時間や業務に追われるため、そうはいきません。

1人1人に寄り添い、ゆっくりと話を聞くことで隠れていた悩みや本音を聞き出すこともできます。

しっかりと向き合ったぶんだけ、問題が解決したときの達成感も大きくなります。

コミュニケーション能力が高まる

相談を受けて、問題解決に至るまでには、たくさんの人との関わりが生まれます。

性格も考え方も職種もことなる人たちの意見を聞くことで、様々な考え方を学ぶことができます。

また、認知症や障害などにより、自分の意思表示が難しい方も多いです。

そのため言葉だけでなく、表情や行動などから、その人の気持ちを汲み取る力も養われてきます。

相談業務で培ったコミュニケーションスキルは、プライべートでも役に立つため、公私ともに充実感を得ることができます。

自分の成長を感じられるのも、嬉しいポイントです。

人の人生に貢献できる

誰かの役に立つということは、人として幸福感や満足感を感じやすいと言われています。

相談を受け、その人と問題に向き合い、解決できたときに見られる笑顔やほっとした表情。

「ありがとう。」の一言を聞けたときは、「この人の人生に貢献できたんだな。」と、やりがいを強く感じることができます。

色々な人に出会える

社会福祉士の仕事は、とにかくたくさんの人と関わります。

そのため人脈も増え、「この仕事をしていなければ絶対に親しくならなかった…。」というタイプの方とも仲良くなれたりします。

自分が苦手なタイプの人とも付き合っていくことで、固定概念や先入観を捨てることができるのです。

人との繋がりは、働く上での力にもなりますし、プライベートでも財産となることでしょう。

面白いポイント

人の人生に係わる社会福祉士の仕事をしていると、様々な人間模様を垣間見ることができます。

難しい相談援助業務の中にも「この仕事って面白いな。」と感じられる瞬間が必ずあります。

では、社会福祉士の仕事の面白いポイントとは、どんなところでしょうか?

人間ドラマを見ることができる

支援を必要とする方たちは、様々な問題を抱え、複雑な環境の中で過ごしています。

支援をしていく中で、自信や目標を取り戻していく利用者様。

わだかまりが解け、絆を取り戻していく家族。

人が変わったかのように、笑顔が増えた入居者様。

最近のテレビでも放送しないような、感動的な人間ドラマを生で見て、傍でサポートできるのも社会福祉士の面白さです。

自分の手腕を試すことができる

幅広い分野に対応しなければならない、社会福祉士の仕事は、常に新しい知識と経験が求められます。

向上心を持ち、自分がどれだけやれるのか。

自分の知識で、どこまで対応できるのか。

など、チャレンジし続けることができます。

過去の事例はあっても、全く同じケースはないため、常にメラメラと仕事に取り組めますよ。

修羅場を乗り越えることで人間として成長できる

相談業務を行っていると、感情的に怒鳴る方・泣く方・嫌味を言う方など、色々なタイプの方と出会います。

時には辛いと感じることもありますが、慣れてしまうと少々のことでは動じない強い心を手に入れることができます。

潜り抜けてきた修羅場の数々は、後に仲間内での笑い話として良き思い出になることでしょう。

ただし、守秘義務があるため情報漏洩には注意しましょうね!

自分や家族の生活に役立つ

活用できるサービスや制度を知らないため、不便や不自由な思いをしてしまう方はたくさんいます。

しかし社会福祉士として働いていると、たくさんの知識や情報を得ることができます。

例えば、家族が介護が必要になった場合には、自分の知識と経験で大切な人を守ることができるのです。

自分のレベルを高めることが、仕事だけでなくプライベートにもプラスになるため、学ぶ楽しさも高まるでしょう。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

先ほどもご紹介したように、活躍の幅が広い社会福祉士。

福祉業界はもちろん、これまでの経験は、その他の職種での仕事にも役立たせることができます。

最近導入が進んできているスクールソーシャルワーカーなど、これまでなかった仕事も増えてきています。

NPO団体など、仕事内容や職種、視点にとらわれず、自由な活動をしている場所も。

今後の社会や課題をふまえると、需要の高い仕事だと言えます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

一般企業においても、福祉的な目線が役立つ場面は多くあります。

労働環境や仕事内容が引き起こすうつ病、ストレス、障害のある方の就職など、福祉的な問題が取り沙汰される社会。

そのため、社会福祉士の経験は、労働環境の整備など、福祉的な観点から職場を変えていくことができます。

まとめ

社会福祉士は、仕事の内容も働く場所も多種多様です。

チャレンジ次第で、どのフィールドでも活躍できるため、今後ますます必要とされて行くでしょう。

相談者が主役だとすれば、社会福祉士はその人の人生の道しるべを示す縁の下の力持ちのような存在です。

自己犠牲の精神までは必要ありませんが、奉仕の気持ちが大切になってくるお仕事です。

そのため見返りではなく、やりがいや達成感などを求める方に適した職業と言えます。

誰かの役に立ちたい!と言う思いがある方は、ぜひ社会福祉士を目指してみてはいかがでしょうか。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




社会福祉士求人についてもっと深堀りした情報を見る

社会福祉士で転職エージェントを使って転職活動をすべき7つの理由とおすすめのエージェントの選び方

社会福祉士として転職しようとしている方は、初めての転職だとしたら尚更、どうやって仕事を見つけたら良いのか迷う方も多いと思います。一般企業と違って求人誌を見ても全然仕事が載っていないし、困ってしまいますよね。そんな方に朗報です。転職エージェントを使いこなせば、今の職場で働きながら転職が可能になります。転職エージェントのメリットや使い方、たくさんの転職エージェントの中から最適なものを選ぶ際の注意点などについて、お伝えしていきます。社会福祉士が転職エージェントを使って転職活動をすべき7つの理由とは?なぜ社会福祉士は転職エージェントを使うべきなのでしょうか?それには、もちろん、福祉の専門職ならではの理

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

社会福祉士は女性に向いている?向いている点、できること・大変なことなどを解説します

福祉の職場は、女性が多いイメージが強いですが社会福祉士もまた、たくさんの女性が活躍しているお仕事です。人に寄り添う仕事である社会福祉士は、女性に向いているお仕事なのか?社会福祉士が女性に向いている点女性社会福祉士ならではの出来ること女性が社会福祉士として働く上で大変なことなど、社会福祉士を目指す女性に役立つ情報を解説していきたいと思います。社会福祉士とはどんな仕事? 社会福祉士は、生活する中での様々な困り事や悩み事を解決に導くお仕事です。困り事や悩み事の相談にのり、どうしたら解決できるのかを一緒に考え、使える福祉サービスや制度を提案していきます。相談の内容や対象者は、多岐にわたり、高齢者の介護

社会福祉士として働くメリットとは?私が感じた良いところをまとめました

福祉職はまだまだ、「きつい・きたない・きけん=3K」と言うイメージが根強いお仕事です。しかし一方で福祉職を目指したくなるような魅力溢れるお仕事でもあります。私は、社会福祉士として10年間、様々な職場で経験を重ねてきました。人間を相手にするお仕事ですので、人間関係に悩まされること。自分の力の無さに福祉職を辞めようと考えたことも何度もありました。それでも、社会福祉士として働き続けてきた理由は何なのか?私が感じた、社会福祉士として働くメリットと、働いてきて良かった点をご紹介していきます。社会福祉士の仕事ってどんな仕事?社会福祉士の仕事の軸となるのが「相談業務」です。問題や悩みを抱えた人の相談にのり、

社会福祉士の派遣が向いている人の4つの特徴や必要なスキル・適正、働く上での注意点まで。

社会福祉士も正社員やパートなど、様々な働き方があります。他の職業と同様に、派遣会社から出向いて働く派遣社員の社会福祉士も、もちろんいます。社員が育休中で人手が足りない時などに、来てもらうことが多いようです。では、社会福祉士として派遣社員になったら、どんな仕事をするのでしょうか?一緒に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員の仕事とはどんな仕事?社会福祉士として派遣社員になったら、多くは福祉施設や病院で働くことになると思います。仕事内容はその施設によって異なりますが、具体的に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員が得意な人の4つの特徴とは?同じ社会福祉士の中にも、派遣社員として働くことが得意な人と

社会福祉士の服装ってどうあるべき?様々な会社における服装から、あるべき姿まで

社会福祉士の国家資格を持っている方の仕事の一つに相談業務というものがあります。高齢者分野で言えば、地域の高齢者の方もしくは高齢者の方を介護している家族より生活に関する相談が寄せられます。その相談内容について伺い既存のサービスを提案する事で、解決するきっかけを作っていく重要な役割を担っているのが社会福祉士です。相談業務という事は相手との信頼関係をどれだけ作れるのかがポイントになってきます。関係性を作るためには当然相談援助スキルなども必要になってきますが、それ以前に服装などの外見もとても重要な部分になります。ここでは社会福祉士の服装などを中心に記していきます。社会福祉士の服装ってどうあるべき?地域

社会福祉士になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

福祉のお仕事と聞くと、介護福祉士やケアマネージャーを思い浮かべる方が多いと思います。しかし福祉の需要が高まるにつれ、介護福祉士やケアマネージャー以外にも社会福祉士の必要性が見直されつつあります。そこで今回は、今後活躍が期待される「社会福祉士」についてまとめてみました。社会福祉士になるには?社会福祉士になるためには、国家試験を受ける必要があります。そして、国家試験を受けるためには、受験資格を得なければならず、最短でも4年かかるため決して楽な道のりとは言えません。そこで現役社会福祉士の私が、社会福祉士としての必要な資格や勉強、適性、働き先の見分け方などを徹底解説したいと思います。社会福祉士になるた

社会福祉士の仕事ってないって本当?就職事情を徹底解説!

「求人雑誌を見ていても、社会福祉士の求人ってあまりないんですけど…」と心配になる方がいらっしゃるかもしれません。社会福祉士を目指すご本人だけでなく、これからお子さんが社会福祉士になるという方にとっても、気になるテーマかと思います。決して社会福祉士のニーズが少ないという訳ではないんです!その理由をお伝えしていきます。社会福祉士の仕事ってないって本当???  学生の皆さんは求人雑誌を開いてみると、社会福祉士を募集する求人の少なさに愕然とするかもしれません。求人誌に載っているのは、営業や事務、飲食店や不動産など一般企業が多いですよね。では社会福祉士の仕事は少ないのでしょうか?答えはNOです!社会福祉

社会福祉士が向いてない人の5つの特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

社会人として仕事を行う以上、ある程度の成果だったり仕事の質が求められます。そのことに関してはお金を支払って雇われている以上当然求められてくるものだと思いますし、当たり前のことだとも思っています。しかし、人はみんな完璧ではありません。時には失敗を繰り返しますし、怒られることも皆さん経験があることでしょう。失敗しながら自らの限界を突破していくことが一般的ですが、どの仕事に対しても向いているタイプと向いていないタイプが存在することもまた事実としてあります。今回は社会福祉士の仕事に向いていない方の特徴をいくつか紹介した上で、乗り越え方も併せてお伝えしていきます。社会福祉士の仕事とはどんな仕事?社会福祉

社会福祉士は未経験でも出来る?未経験でもスムーズに仕事に就く方法をご紹介します

福祉職と言えばケアマネージャーが有名ですが、相談援助の専門職である社会福祉士も高齢化に伴い注目度が高まりつつありる資格です。多業種から社会福祉士へと転身する方も多く、「未経験だけど社会福祉士を目指したい!」という方も増えています。そこで今回は、未経験から社会福祉士として働き始めたいと考えている方へ、社会福祉士の仕事内容スムーズに仕事に就くためのポイント社会福祉士として働く上での注意点社会福祉士に活かせる経験など、未経験社会福祉士の就職に役立つ情報をまとめてみました。社会福祉士は未経験でもできるの?社会福祉士の仕事は、未経験でもできるのか?その答えは「YES」です。しかし、社会福祉士の仕事は経験

社会福祉士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための注意点

安定した仕事がしたいとか、人の役に立ちなどといった理由から、社会福祉士を目指す社会人の方は多いですよね。福祉の仕事の経験がなくても、社会福祉士に転職することは可能なのでしょうか?著者も会社員を続けながら大学に通い、社会福祉士の資格を取ったので、その経験を基に解説していきます。社会福祉士への転職で狙い目な職場の特徴とは? 社会福祉士の職場と言っても、多種多様な仕事があります。転職する際にはどんな職場を狙ったらよいのでしょうか?具体的に見ていきましょう。前職の経験を生かせる福祉の現場では、福祉系専門学校を出た後にずっと福祉職場で働いているという方も多くいます。もちろん専門職として続けているのは素晴

社会福祉士の魅力を徹底紹介!あなたも社会福祉士を目指してみては??

福祉にこれまで縁がなかった人でも、社会福祉士という資格の名前くらいは聞いたことがある人が多いかもしれません。実はとってもやりがいがあって、面白い、そして奥深い仕事なんです。そして福祉の世界では、有資格者は重宝されるので、一度社会福祉士の試験に合格してしまえば、それを強みに転職して、どんどんステップアップできます。あなたも社会福祉士の資格を取ってみませんか?社会福祉士の大まかな仕事内容とは?社会の中で困りごとを抱えている方々の希望を聞きとり、ご本人が暮らしやすい環境を整えていくために、各種関連機関と連携、調整を行うのが、社会福祉士の業務です。とても漠然とした表現ですが、例えば障害者や病気の患者さ

社会福祉士の面接で聞かれる3個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

社会福祉士を採用する人事担当者にとって、社会福祉士の方々に期待を寄せているのは相談業務をメインにしていただけるかどうかです。高齢者福祉分野で当てはめて考えた時に、例えば介護士は利用者の方に対して接することがメインですが、社会福祉士はそれに加えて家族や関係機関との密接な関係づくりが必要になってきます。採用面接を行う際にはそう言った視点から見た時に果たしてこの人で大丈夫なのだろうか等の判断が下されます。ここでは社会福祉士を取得し生活相談員として採用される際の内容を記載していきます。社会福祉士の採用面接で聞かれる3個のこと採用面接において聞かれることの多い事項をまとめましたので、参考にしていただけれ

社会福祉士の働き方で皆が悩む5つのこととその解決方法

社会福祉士は仕事柄、人の悩みには敏感ですが自分の悩みは後回しにしてしまいがちです。そのためか、精神的に病んでしまう社会福祉士が増えてきています。人の幸せを願う仕事の社会福祉士ですが、自己犠牲の必要はありません。あなたが社会福祉士として働く上での悩みとはなんですか?気持ちよく仕事に取り組むためにも、自分の悩みと向き合い、解決方法を探っていきましょう。社会福祉士の働き方で皆が悩む5つのこととその解決方法夢や志を持って目指した社会福祉士。働き始めると、机上での知識や実習での経験がほとんど役に立たない…と悩むことも多いでしょう。社会福祉士が抱えがちな、働き方の5つの悩みと解決策をチェックしてみましょう

社会福祉士は男性でも出来る?その理由と男性ができること、大変だったこととは?

福祉の仕事って女性が多いイメージはありませんか?確かに、圧倒的に女性が多い職場も存在するのは確かです。でも職場によっては男性の方が多かったり、男性だからこそ活躍できる仕事もあります。社会福祉士を目指す男性の皆さん、ぜひこれを読んで、福祉の現場で活躍してくださいね!社会福祉士の仕事についておさらいしておこうそもそも、社会福祉士の仕事って、どんなことをするのでしょうか?簡単に言うと、社会で「困りごと」を抱えている人たちや地域を対象に、困りごとが解決できるよう支援する仕事です。主に障害者や高齢者、患者さんなどが対象となることが多く、彼らや家族から相談を受け、困りごとが解決できるような適切な期間に結び

社会福祉士はブラック?そう感じた2個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個のこと。

社会福祉士はブラックな職業なのでしょうか?どういう職業であれ、業務が自分に合わない、キツイと感じるとブラックだと思ってしまう人はいらっしゃると思います。ここでは、「社会福祉士はやめとけ」なんて言われてしまうブラックな仕事だと感じる原因について経験者が解説します。そこに加え、それでも社会福祉士を続けられるやりがいについても併せてお伝えします。ぜひ最後までご覧ください。経験者が紹介!社会福祉士がブラックと感じた2個の瞬間とは?経験者だからこそ感じる、社会福祉士がブラックだなと感じてしまった点をお伝えします。ただ、あくまで個人の主観の部分に当てはまるところなので、あらかじめご了承をお願いします。相談

社会福祉士の募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

社会福祉士は、福祉全般を範囲とするお仕事です。介護分野、障害分野、子ども分野、地域分野、最近ではNPO団体や学校での有資格者の求人も多くなっています。そんな中で気をつけたい、社会福祉士の求人募集の見極め方を、実際の社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士の募集ではどんな求人が募集されているの?福祉といっても範囲は広く、仕事内容も様々。社会福祉士には、どんな求人が募集されているのでしょうか。社会福祉士の募集でよくある募集条件とは?社会福祉士の募集条件としてあげられるのが、「有資格者」と「資格取得見込み」、「経験あり」の3つです。有資格者は、社会福祉士の資格がある人。資格取得見込みは、福祉系

社会福祉士に高卒でもなれるの?社会福祉士になるまでの方法やおすすめの就職方法教えます

社会福祉士の資格を取得するには、大学や専門学校、養成校を出るなど、いくつかのルートがあります。高卒でも資格を取れるんでしょうか?高卒の方が社会福祉士になるための方法や、資格取得後に大卒とはどう違ってくるのかについて、ご紹介します。福祉の仕事を目指している高校生の皆さん、その保護者や教員の方々などにとって、ご参考になれば幸いです。社会福祉士って高卒でも大丈夫?率直に言って、社会福祉士は高卒でも取得することができます。しかし大卒の方とは、取得までのルートが異なってきます。詳しくは、公益財団法人「社会福祉振興・試験センター」のホームページに、取得までのルート図が掲載されています。自分自身はどの道を進

社会福祉士の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う8個の理由

「福祉」について、みなさんはどのようなイメージをお持ちですか?昨今話題となることの多い福祉。社会福祉士は、問題を抱えている方のサポートをしていく仕事です。今回は、実際に働く社会福祉士の現状・意見を元に、社会福祉士を続けていきたい理由、将来性についてご紹介していきます。社会福祉士の仕事内容は?福祉といっても、分野は様々。高齢から子ども、病院から地域、最近ではNPO団体の活躍も増えてきました。介護の問題、児童虐待、貧困、病気によって生計が立てられない、ボランティアや地域とのつながり、そういった問題に対し支援を行うのが、社会福祉士の仕事です。主な仕事内容は、相談援助。問題を抱えている相談者(クライエ

社会福祉士のやりがいとは?経験者の私が感じる4つのやりがいを感じた経験を紹介します

介護の業界において専門職と呼ばれている資格はいくつも存在します。例えば介護福祉士やケアマネジャー等がこれに該当しますが、それに加えて社会福祉士という資格があります。この社会福祉士という資格について、「どういう仕事内容なのか」「社会福祉士としてのやりがいって何があるのか」等を私の体験談も交えながら説明していきます。社会福祉士の大まかな仕事内容について理解しておこう介護福祉士という資格を取得した方の仕事内容は文字通り介護に関することの仕事内容に限られます。その一方、社会福祉士という資格は名前に社会福祉という文字が付いているだけに、仕事業務は介護だけにとどまりません。社会福祉なので高齢者関係はもちろ

社会福祉士の仕事がつらい…と感じる3つの瞬間とその乗り越え方

社会福祉士はつらいって本当?福祉仕事は辛いというイメージが強く、社会福祉士の仕事はきついのでは?そう感じている方がたくさんいらっしゃるかと思います。実際はどのような点なのでしょう?資格を取ったら、いよいよ社会福祉士としての勤務が始まりますよね。今回は、この職業で頑張っていきたい方が知っておくべき社会福祉士の大変さや、その乗り換え方を紹介します!社会福祉士の仕事って大変なの??社会福祉士は病気や障害など、何らかの理由で困難を抱えている方の支援を行うのが仕事です。同じ病気だったとしても生活背景や家族構成などによって、本人のニーズは異なってくるので、一人ひとりに合ったオーダーメイドの支援を考えなけれ

社会福祉士の悩みで多い5個のこととその解決法。

人の悩みを聞くことが仕事の社会福祉士は、とってもストレスフルでもあります。人の役に立ちたい!と高い志を持って、社会福祉士を目指したものの、理想と現実のギャップに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?人の相談にのってばかりで、自分が悩みを抱えてしまっては本末転倒です。世の社会福祉士たちは、どんなことに悩み・どう解決しているのか?社会福祉士に多い悩みとその解消法をまとめてみました。社会福祉士の悩みで多い5個のこととは?まずは、社会福祉士はどんな悩みを抱えやすいのかを見てみましょう。孤独を感じる社会福祉士は、施設や病院に何人もいる訳ではなく、1人で業務をこなすケースも少なくありません。そのため、職

社会福祉士の年収はどのくらい?給料の相場や正社員など雇用形態の違いについてもご紹介!

誰かの役に立ちたいという高い志をもって社会福祉士を目指しても、実際のところ、低賃金ではなかなか仕事を続けられない…と考える人は多いと思います。将来結婚したり、子育てをしたりたいと考えている人にとっては、生涯年収がご自身のライフプランに密接にかかわってきますから、当然のことです。資格を取ってしっかり稼いで、理想に近い人生を目指しましょう!社会福祉士の給料の相場はどのくらい?社会福祉士の一般的な年収は250万円~500万円ほどと言われており、残念ながら高給取りとは言えません。しかし勤務地や勤続年数などの条件によっては、年収アップも見込めます。どんな働き方だと給与がよいのか、確認してみましょう。正社