介護ヘルパーの求人数も多く、よく目にされる事と思いますが、募集内容だけではわからない事もあるかと思います。

募集や仕事の詳しい内容やよくある疑問を、以下に解説致します。

介護ヘルパーのおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

在宅で暮らす要支援者や要介護者の自宅を訪問し、家事や身の回りの介助を行います。

サービス内容は多岐に渡りますが、ケアマネージャーの立てた計画(ケアプラン)にある仕事しか行えません。

介護ヘルパーは介護保険でどういう役割を求められる?

介護ヘルパーの仕事は原則自宅内で行われ、行えるサービスは「これをしてもらわないと生活が成り立たない」「できない事を支援する」というものに限られます。

比較的元気な利用者でも、買い物だけは行けない、調理ができない、掃除が出来ないという方が非常に多く、その困っている所をピンポイントで支援する事のできる介護ヘルパーは、在宅介護を支える重要な職種となっています。

介護ヘルパーがいるから在宅生活が継続できる方も多く、在宅介護を支援する介護保険の中でも無くてはならない存在です。

介護ヘルパーにはどんな種類があるの?

介護ヘルパーは、ここで述べる介護保険のヘルパーのほか、障害サービスのヘルパーもあります。

どちらも申請している事業所も多くありますので、事業所によっては、介護保険、障害、どちらの仕事も割り振られる事があります。

介護ヘルパーの募集でよくある施設や事業形態のパターン

大手の事業所

法人や企業内でたくさんの介護事業所を抱える大手の事業所です。

介護保険のノウハウをしっかり持っていて、福利厚生がしっかりしている事業所が多いです。

法人内異動が頻繁な所の場合ですと、いろいろな職種を経験する事ができます。

単独の事業所

一つの訪問介護事業所だけを経営しており、他に関連施設のない事業所です。

他とのしがらみが無いので、比較的自由に仕事をする事が出来ますし、アットホームな雰囲気で仕事をしている所が多いです。

また、上との距離が近い分、自分の努力や成果がはっきりと目に見える事が多いので、やりがいがあります。

施設に併設する事業所

介護ヘルパーの中でも人気がありますのであまり募集が出ないですが、サービス付き高齢者住宅や住宅型有料老人ホームに併設する訪問介護事業所もあります。

同じ建物の中で、利用者の自宅になっている部屋を訪問しますので、移動が楽で効率的に仕事ができます。

早出や遅出、夜勤や当直がある事業所もあります。

介護ヘルパーの募集でよくある職種

登録ヘルパー

生活援助、身体介護の区別で時給が分かれ、稼動したサービス分だけ給与をもらう、介護ヘルパー独特の働き方です。

ほとんどの事業所で随時募集しており、求人が出ていなくても事業所に「登録ヘルパー募集」と貼っている所がたくさんあります。

常勤ヘルパー

週40時間を基本として働く正職員のヘルパーです。

サービス提供責任者

ヘルパーや利用者の事を全て把握し、訪問介護を支える責任者の職種です。

事務仕事やケアマネージャー、役所とのやり取りを主な仕事とし、介護福祉士もしくは実務者研修修了以上が必須となっています。

介護ヘルパーでよくある募集内容とは?

では介護ヘルパーの募集内容をひとつづつ詳しく見ていきましょう。

給与相場

登録ヘルパーの場合、基本的な給与は時給で表されています。

生活援助の場合は1400円前後、身体介護ですと1600円前後が相場です。

常勤ヘルパーの場合は月給で16万円~20万円程度、サービス提供責任者は18万円~23万円程度の募集が多いです。

賞与の有り無しでこの月給に関しては幅があります。

勤務時間や休日、残業

登録ヘルパーは勤務時間、休日は希望を聞いてもらう事ができます。

サービスが長引き、それがきちんと介護保険で請求できるものであれば残業分の時給も保障されます。

常勤ヘルパーやサービス提供責任者は、基本的には年中無休の事業所が多いので、休みは交代制になりますし、朝早いサービスや夜遅いサービスも行かなくては成らない事も。

その分残業扱いとなり残業代が付くのか、それとも早出や遅出の変則勤務で対応するのかは事業所によって異なります。

福利厚生

賞与や手当てを含め、福利厚生に関しては事業所によってかなり違いがあります。

募集内容で分からない点に関しては、きちんと面接や問い合わせの場合に聞いておきましょう。

勤務場所

登録ヘルパーは直行直帰で利用者宅でのみ勤務となります。

常勤ヘルパーやサービス提供責任者は、事業所での事務仕事もありますのでそちらに出勤し、事業所から利用者宅にサービスに行きます。

求められる人物像

では、こういう介護ヘルパーが良いと事業所が希望する人物像はどういった方なのでしょうか。

移動方法がいくつかある人

地域にもよりますが、介護ヘルパーの移動方法で一番望まれるのが、原付バイクに乗れるヘルパーです。

小回りが利き、効率的に仕事がこなせますし、買い物代行等のサービスの場合も時間に余裕が出来ます。

自転車での移動のヘルパーも多いですが、何も乗り物に乗れない、という方ですと介護ヘルパーの仕事は少し難しい面があります。

いつでも働く事が出来る人

朝早い起床介助もあれば、夜の就寝介助のサービスもありますし、身体介護の必要な方は一年中サービスが必要な事が多く、この曜日のこの時間しか働けませんという介護ヘルパーよりは、いつでも仕事に入れますという方を求めています。

家事が得意な人

生活援助の需要が多い仕事ですので、掃除や調理が得意なヘルパーは仕事がたくさんあります。

必要なスキルや資格、経験

初任者研修修了もしくはヘルパー2級以上が必須となります。

サービス提供責任者の場合は、介護福祉士か実務者研修の修了が必要です。

介護ヘルパーの雇用形態による違い

常勤ヘルパーやサービス提供責任者の様な正職員と、登録ヘルパーに分かれますが、安定感はもちろん前者の方があります。

登録ヘルパーの場合はどうしても利用者が減ったりサービスがキャンセルになれば仕事が無くなってしまいます。

利用者に対するサービス内容は、どの雇用形態であってもする事は変わりません。

介護ヘルパーについてよくある疑問

介護ヘルパーの仕事に関する疑問をいくつかまとめ、お答えします。

未経験でも応募できる?

サービス提供責任者の場合は、ヘルパー経験が必要な募集もありますが、基本的にはどの職種も未経験での応募が可能です。

とにかく人手不足の仕事ですので、経験の有無にこだわっていられないというのが現状です。

資格は必要?

初任者研修修了もしくはヘルパー2級以上は必須で、サービス提供責任者の場合は介護福祉士取得か実務者研修を修了していなくてはいけません。

この辺りが人手不足の要因にもなっているようです。

合わない利用者ならどうしたらいいの?

人間同士のサービスですので、合う合わないは必ずあります。

我慢できないレベルであれば利用者にとっても良くないので、担当交代を願い出ましょう。

交代しても無理な様であれば、ケアマネージャーに頼んで事業所ごと変更してもらう事もできます。

働く時間は選べる?

登録ヘルパーであれば大丈夫です。

平日だけ、土日だけの他、ピンポイントな時間帯を希望する事もできます。

正職員の場合は、なかなか希望は通りにくい場合が多いです。

まとめ

以上、簡単ではありますが、介護ヘルパーについてまとめさせて頂きました。

敬遠される事の多い介護ヘルパーの仕事ですが、何十年とされている方も多い、とてもやりがいのある仕事ですし、楽しい面もたくさんあります。

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。


関連キーワード

介護求人

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

介護支援専門員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

現代日本は過去に例を見ないほどの高齢化社会を迎えています。加齢や疾病により介護が必要となる高齢者もそれに比例して増えており、要支援・要介護の認定を受けている高齢者は平成30年10月現在で650万人を超えている状態です。2000年から介護保険制度が開始され、それとともに介護支援専門員、通称ケアマネジャーと呼ばれる資格も創設されました。誕生から19年が経ち、介護支援専門員の活躍する場所も多く存在するようになっています。今回は介護支援専門員が活躍している働き先やおすすめの求人について紹介していきたいと思います。介護支援専門員のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容介護支援専門員の仕事は、日常で介護が必

生活相談員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

生活相談員の転職についてどのような点に注意したらいいか、よりよい職場環境とはいったいどういった場所なのか。転職について注意点、転職活動の成功させるポイントをご紹介します。生活相談員の転職で注意したほうが良い2個のこと業務範囲生活相談員は事業所の規模や会社が生活相談員に求める役割についてどの程度言及しているかによって大きく異なります。利用者や家族との会話から日々の様子を知り、変化があれば福祉職の観点からその変化が後々の生活環境に影響するのか推測し相談するためにも送迎という役割を担うことが多いです。生活相談員が添乗員として行く場合だけなく、生活相談員自身がドライバーとなり送迎をすることが多いです。

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回り

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機関などとの連絡・調整を行い、各種介護サービスの手続きや介

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、週2~3の入浴介助が一般的な介護になります。仕事上の役割とは?特別養護

居宅介護支援事業所求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

介護業界で働くにあたり、資格はたくさんありますが、その中で一番取得が難しいのがケアマネージャーの資格です。試験や研修も大変ですが、何よりも基礎資格での5年以上の実務経験が必要ですので、受験資格を得るまでも簡単ではありません。それでも、今も根強い人気のあるケアマネージャー。この仕事を目指している人はたくさんいます。そんな方にもわかりやすいように、居宅介護支援事業所でのケアマネージャーの仕事やおすすめ求人のポイントを詳しくお話していきます。居宅介護支援事業所にはどんな仕事があるの?居宅介護支援事業所で居宅ケアマネージャーとして働く場合、その仕事内容は一言では言えない位多岐に渡りますが、基本的な仕事