介護ヘルパーは求人数も多く、よく目にされる事と思いますが、募集内容だけではわからない事もあるかと思います。

高齢者の方などの身の回りのサポートをしてくれる介護ヘルパーのおかげで、自宅での生活が成り立っている方が多く、少子高齢化社会の現代では社会的にとても重要職業です。

今回はそんなやりがい十分な介護ヘルパーの募集や業務の詳しい内容や、よくある疑問を以下に解説致します。

介護ヘルパーへの転職や就職をお考えの方はぜひ最後までご覧ください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

介護ヘルパーのおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

在宅で暮らす要支援者や要介護者の自宅を訪問し、家事や身の回りの介助を行います。

サービス内容は多岐に渡りますが、ケアマネージャーの立てた計画(ケアプラン)にある仕事しか行えません。

介護ヘルパーは介護保険でどういう役割を求められる?

介護ヘルパーの仕事は原則自宅内で行われ、行えるサービスは「これをしてもらわないと生活が成り立たない」「できない事を支援する」というものに限られます。

比較的元気な利用者でも、買い物だけは行けない、調理ができない、掃除が出来ないという方が非常に多く、その困っている所をピンポイントで支援する事のできる介護ヘルパーは、在宅介護を支える重要な職種となっています。

介護ヘルパーがいるから在宅生活が継続できる方も多く、在宅介護を支援する介護保険の中でも無くてはならない存在です。

介護ヘルパーにはどんな種類があるの?

介護ヘルパーは、ここで述べる介護保険のヘルパーのほか、障害サービスのヘルパーもあります。

どちらも申請している事業所も多くありますので、事業所によっては、介護保険、障害、どちらの仕事も割り振られる事があります。

介護ヘルパーの募集でよくある施設や事業形態のパターン

大手の事業所

法人や企業内でたくさんの介護事業所を抱える大手の事業所です。

介護保険のノウハウをしっかり持っていて、福利厚生がしっかりしている事業所が多いです。

法人内異動が頻繁な所の場合ですと、いろいろな職種を経験する事ができます。

単独の事業所

一つの訪問介護事業所だけを経営しており、他に関連施設のない事業所です。

他とのしがらみが無いので、比較的自由に仕事をする事が出来ますし、アットホームな雰囲気で仕事をしている所が多いです。

また、上との距離が近い分、自分の努力や成果がはっきりと目に見える事が多いので、やりがいがあります。

施設に併設する事業所

介護ヘルパーの中でも人気がありますのであまり募集が出ないですが、サービス付き高齢者住宅や住宅型有料老人ホームに併設する訪問介護事業所もあります。

同じ建物の中で、利用者の自宅になっている部屋を訪問しますので、移動が楽で効率的に仕事ができます。

早出や遅出、夜勤や当直がある事業所もあります。

介護ヘルパーの募集でよくある職種

登録ヘルパー

生活援助、身体介護の区別で時給が分かれ、稼動したサービス分だけ給与をもらう、介護ヘルパー独特の働き方です。

ほとんどの事業所で随時募集しており、求人が出ていなくても事業所に「登録ヘルパー募集」と貼っている所がたくさんあります。

常勤ヘルパー

週40時間を基本として働く正職員のヘルパーです。

サービス提供責任者

ヘルパーや利用者の事を全て把握し、訪問介護を支える責任者の職種です。

事務仕事やケアマネージャー、役所とのやり取りを主な仕事とし、介護福祉士もしくは実務者研修修了以上が必須となっています。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

介護ヘルパーでよくある募集内容とは?

では介護ヘルパーの募集内容をひとつづつ詳しく見ていきましょう。

給与相場

登録ヘルパーの場合、基本的な給与は時給で表されています。

生活援助の場合は1400円前後、身体介護ですと1600円前後が相場です。

常勤ヘルパーの場合は月給で16万円~20万円程度、サービス提供責任者は18万円~23万円程度の募集が多いです。

賞与の有り無しでこの月給に関しては幅があります。

勤務時間や休日、残業

登録ヘルパーは勤務時間、休日は希望を聞いてもらう事ができます。

サービスが長引き、それがきちんと介護保険で請求できるものであれば残業分の時給も保障されます。

常勤ヘルパーやサービス提供責任者は、基本的には年中無休の事業所が多いので、休みは交代制になりますし、朝早いサービスや夜遅いサービスも行かなくては成らない事も。

その分残業扱いとなり残業代が付くのか、それとも早出や遅出の変則勤務で対応するのかは事業所によって異なります。

福利厚生

賞与や手当てを含め、福利厚生に関しては事業所によってかなり違いがあります。

募集内容で分からない点に関しては、きちんと面接や問い合わせの場合に聞いておきましょう。

勤務場所

登録ヘルパーは直行直帰で利用者宅でのみ勤務となります。

常勤ヘルパーやサービス提供責任者は、事業所での事務仕事もありますのでそちらに出勤し、事業所から利用者宅にサービスに行きます。

求められる人物像

では、こういう介護ヘルパーが良いと事業所が希望する人物像はどういった方なのでしょうか。

移動方法がいくつかある人

地域にもよりますが、介護ヘルパーの移動方法で一番望まれるのが、原付バイクに乗れるヘルパーです。

小回りが利き、効率的に仕事がこなせますし、買い物代行等のサービスの場合も時間に余裕が出来ます。

自転車での移動のヘルパーも多いですが、何も乗り物に乗れない、という方ですと介護ヘルパーの仕事は少し難しい面があります。

いつでも働く事が出来る人

朝早い起床介助もあれば、夜の就寝介助のサービスもありますし、身体介護の必要な方は一年中サービスが必要な事が多く、この曜日のこの時間しか働けませんという介護ヘルパーよりは、いつでも仕事に入れますという方を求めています。

家事が得意な人

生活援助の需要が多い仕事ですので、掃除や調理が得意なヘルパーは仕事がたくさんあります。

必要なスキルや資格、経験

初任者研修修了もしくはヘルパー2級以上が必須となります。

サービス提供責任者の場合は、介護福祉士か実務者研修の修了が必要です。

介護ヘルパーの雇用形態による違い

常勤ヘルパーやサービス提供責任者の様な正職員と、登録ヘルパーに分かれますが、安定感はもちろん前者の方があります。

登録ヘルパーの場合はどうしても利用者が減ったりサービスがキャンセルになれば仕事が無くなってしまいます。

利用者に対するサービス内容は、どの雇用形態であってもする事は変わりません。

介護ヘルパーについてよくある疑問

介護ヘルパーの仕事に関する疑問をいくつかまとめ、お答えします。

未経験でも応募できる?

サービス提供責任者の場合は、ヘルパー経験が必要な募集もありますが、基本的にはどの職種も未経験での応募が可能です。

とにかく人手不足の仕事ですので、経験の有無にこだわっていられないというのが現状です。

資格は必要?

初任者研修修了もしくはヘルパー2級以上は必須で、サービス提供責任者の場合は介護福祉士取得か実務者研修を修了していなくてはいけません。

この辺りが人手不足の要因にもなっているようです。

合わない利用者ならどうしたらいいの?

人間同士のサービスですので、合う合わないは必ずあります。

我慢できないレベルであれば利用者にとっても良くないので、担当交代を願い出ましょう。

交代しても無理な様であれば、ケアマネージャーに頼んで事業所ごと変更してもらう事もできます。

働く時間は選べる?

登録ヘルパーであれば大丈夫です。

平日だけ、土日だけの他、ピンポイントな時間帯を希望する事もできます。

正職員の場合は、なかなか希望は通りにくい場合が多いです。

まとめ

以上、簡単ではありますが、介護ヘルパーについてまとめさせて頂きました。

敬遠される事の多い介護ヘルパーの仕事ですが、何十年とされている方も多い、とてもやりがいのある仕事ですし、楽しい面もたくさんあります。

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

介護求人