社会人として仕事を行う以上、ある程度の成果だったり仕事の質が求められます。

そのことに関してはお金を支払って雇われている以上当然求められてくるものだと思いますし、当たり前のことだとも思っています。

しかし、人はみんな完璧ではありません。

時には失敗を繰り返しますし、怒られることも皆さん経験があることでしょう。

失敗しながら自らの限界を突破していくことが一般的ですが、どの仕事に対しても向いているタイプと向いていないタイプが存在することもまた事実としてあります。

今回は社会福祉士の仕事に向いていない方の特徴をいくつか紹介した上で、乗り越え方も併せてお伝えしていきます。

社会福祉士の仕事とはどんな仕事?

社会福祉士は対人援助を主としています。

高齢者や障害者、ホームレスや低所得者など、日常生活を送ることが困難なケースというのは世の中に数多く存在します。

また、それらに対して適応できるサービスもまた数多く存在します。

しかし、今やその数はかなりの数になっているため何を基準に選んだら良いかわからないケースがあります。

そういう時に社会福祉士が間に入り、相談者が抱える現状に対して適したサービスを紹介していく仕事が一般的な社会福祉士としての役割です。

社会福祉士が向いてない人の5つの特徴

社会福祉士に向いていない人の特徴をこれから書いていきますが、誤解のないように事前に説明すると、ここに書いてある項目に当てはまってしまうからといって諦めてしまう気持ちを持つことはあまりお勧めできません。

事前に社会福祉士に向いていないパターンを見ていくことで、それに該当してしまった場合は今のうちに乗り越えていけば良いだけの話です。

ぜひ、前向きに捉えていただければと思います。

そもそも、人があまり好きではない

社会福祉士は機械や物を扱う仕事ではありません。

人間と関わっていくことが主な仕事内容になります。

もし今の時点で人間以外のものに対してアプローチする仕事をしたいと希望されるようでしたら、社会福祉士としてお勧めできるような仕事はありません。

しかし、その中においては、最初は人間が好きだったけどいろんなことをきっかけに人間全般が嫌いになってしまうというケースも存在します。

もともとは人間好きだけど、今は嫌いという方に対しての乗り越え方をお伝えします。

その乗り越え方とは?

人間全般をきらいになってしまう理由は様々あると思います。

私も実はこのような経験があります。

最初の頃は介護の世界で十年近くやっていましたが、職場の人間関係がきっかけでこの仕事全体が嫌になってしまいました。

職員同士だったり、利用者の関係性だったり数多く種類は存在します。

こちら側が利用者に対してサービスを心を尽くしながら提供しても相手に届かないというケースは山ほど経験してきましたし、この仕事を行っていく人のほとんどが一度は経験したことのあるような話ではないでしょうか。

人間関係の問題に関してはどこの施設に行っても必ずと言っていいほど付きまとってくる問題の一つです。

人間関係で傷つく人はいっぱいいます。

しかし人間関係で傷ついた心を治すのもまた人間関係なのです。

人を無理やり好きになる必要はありません。

自分がとても辛い状況に置かれているのにもかかわらず、他人に優しくできるケースはほとんど無いパターンです。

しかし、よく考えてみてください。

今抱えている人間関係の問題は本当に実在するのでしょうか。

少し考えればすぐにわかってしまいますが、人を好きになるには関係性を良好なものにしていかなければなりません。

関係性を良好なものにしていくためには、相手方に対して一定の好意を持っていることが大切です。

それを決める決定権を持っているのは他の誰でもなくあなた自身なのです。

あなた自身が良い悪いを判断しているのです。

●●がいるから苦手という存在ありきのパターンではなく、私は●●の事を苦手と思っているという自分の意識にフォーカスを当てるアプローチが重要です。

原因を自分以外の他人や環境にするのではなく、自分の意識に当てることで主体性が育ち、そのことで自分の心にも余裕が生まれはじめてきます。

自分の心にも余裕が生まれ始めると、他人に対して一定の好意を持ちやすくなります。

人に対して細かい配慮が苦手

人の相談に乗るということは時に細かい配慮が必要になります。

相談に乗る場所はきちんとプライバシーが保たれるような環境下にあるのかどうか、周りに人がいないかどうか、相談しやすいような雰囲気を作ってあげて入れているのか等の環境的な側面に加え、私たち社会福祉士の聞く姿勢や表情なども相談者はよく見ています。

常に人に対して細かい配慮が求められますが、これらが全くできないとなれば、この仕事は向いていない可能性があります。

その乗り越え方とは?

例えば気になる異性の人があなただけに私の相談を聞いてほしいと言ってきた場合、あなたはどのような行動をとり、どのような姿勢や表情で気になる異性の人の話を聞いているでしょうか。

姿勢や表情に関して言うと、おそらく真剣に聞いている姿が想像できると思います。

相手の相談に対して自分の意見を強めにぶつけたり、否定したりするでしょうか。

表情はどうでしょうか。

つまらないような表情をしていますか。

おそらく困っている相手そのものになって、相手に同調し表情も真剣になりながらその場を過ごしていると思います。

また、私だけに聞いてほしいと言ってくるくらいですから周りに話を聞かれたくないと考え、個室に入るか、仕切りなどを立てて少しでもプライベート空間を作ってしまうなどの行動を取る方もいらっしゃるかもしれません。

このように考えるとどうでしょうか。

仕事として捉えてしまうから難しく感じてしまうだけであり、このように少し違った視点でアプローチしてみると実は自分は人に配慮できる人間だと少しは思っていただけることができたら幸いです。

相談業務に関しては固定したマニュアルはほとんど存在しません。

いかに自分の心が相手のために動くのかということに絞られてくると思います。

相手のために心が動くようになってしまえば、その先の姿勢態度や行動は勝手に出来てしまう場合がほとんどです。

自分に対して極端に自信がない

自分に対して自信を無くしてしまう理由はたくさんあります。

社会福祉士の場合はほとんどの場合、人に怒られてしまったことをきっかけに自信を無くしてしまうことに繋がるケースが多く見受けられます。

利用者やそのご家族、あるいは先輩や上司など、人間を相手にする職業である以上、こういった事態は中々避けることが難しいです。

自分に自信が極端になくなってしまう人に対して、利用者は相談を持ちかけたいって思うでしょうか。

誰にも話せていなかった自分の本音を自信がない人に話したいって思うでしょうか。

本音を話せるような状況じゃないと、本当に適したサービスを提案することができません。

その乗り越え方とは?

結論から伝えると、自分の心を統制できることが大切です。

心は動きそのものです。

日によって又、状況によっても上がったり下がったりします。

怒られてしまうなどが原因で落ち込んでしまうことがあったとしても一時的な状況に過ぎません。

その状況がずっと永遠に続くわけではないのです。

たまたま自分に自信をなくしてしまう思いを抱いてしまう条件が重なっただけのことです。

その反面、自分の気持ちが上がる条件も存在します。

友達と話している時、旅行に行っている時、美味しいものを食べている時等、その条件は人によって異なります。

まずは心は動きそのものであるということを意識に置きつつ、自分の心が上がる瞬間がどういう条件なのかをしっかりと自分自身で把握することが大切です。

そこのコントロールができるようになれば、自分に自信をつけるイメージは自然とやってくると思います。

人の言うことを何でもまともに受けてしまう

人の言うことを何でもまともに受けてしまう人も、もしかしたらこの仕事には向いていないのかもしれません。

確かに相談業務に関しては相手の言っていることをできる限り受け止め、それに対応する手段をできる範囲で提案していくという姿勢が大切です。

相談業務というのは相手の人生経験や人生に対する考え方など普通に接していたら出会わないであろう情報にどんどん出会っていく場面があります。

他人の人生を全て背負ってしまい感情移入してしまいすぎるのは専門家としてどうかと思います。

又、それとは逆に相手からクレームをもらうことも数多くあることも事実です。

こういうのを聞くと怖いって思うかもしれませんが、仕事であればなんであれ少なからずクレームはもらいます。

人間相手に仕事を展開している以上避けては通れない問題です。

クレーム内容によっては時に自分の尊厳や人格が傷つけられてしまうケースもあるかもしれませんが、こう言ったクレームに対して全てまともに受けてしまうと正直体が持ちません。

時には受けながすということも必要な場合があります。

その乗り越え方とは?

まずは完璧な意見を持っている人はいないということを抑える必要があります。

相手からのクレームは確かに必要なものです。

クレームがなければ提供するサービスの質の向上にはつながりませんし、そのような視点からでもクレームというものは時には必要なものになってきます。

しかし、クレームを言う人の中にはスタッフの悪口や人格を傷つけるような発言を平気で言ってしまう人もいます。

そうなってしまった場合、それをまともに受ける必要はありません。

あくまで自分に対する意見の一つだと思ってください。

その人の言っている意見が全て正しいわけではありません。

そこで一つ一つ傷つく必要はありません。

なぜなら、自分のことを嫌いと言ってくる意見が絶対的に正しいのであれば、あなたは世界人口全員から嫌われる存在でなければなりません。

そんな人は存在しません。

嫌いと言ってくる人もいれば、反対に好きと言ってくれる人は必ずいます。

ですので、相手のクレームに対していちいち心が反応しないことがベストだと思います。

自分の考えに固く固執してしまう

利用者が抱える生活課題に対してサービスを提案する際に、これが正解というものは存在しないと思っています。

サービスを展開してみなければわからないこともたくさんありますし、聞き取り調査の時にはこれで良いと思っていたサービスが本人のとって合わなかったケースはたくさんあります。

例えば、本人の社会交流のためにAというデイサービス利用を提案し本人や家族が同意した上でサービスを開始したとしても、Aデイサービスが提供するプログラムが本人に合わずに退会する等と言ったケースです。

こちら側が予想もしないような事態が現場では次々と発生していきます。

福祉に対しての自分なりの考えや信念を持つことは非常に大切なことです。

なぜなら、自分自身の考えをしっかりと持っていない方に本当に適切なサービス提案ができるかが疑問に思うからです。

しかし、自分の考えばかりに執着してしまっても相手が求めるサービスに行き着くかどうかは疑問が残るところです。

その乗り越え方とは?

まずは何においても必ず正解というものが存在するのではないということを今一度意識を持つことが大切です。

なぜなら、正解かどうかは本人や家族が決めることであり、たとえこちら側が本人のためになるサービスではないと思っているサービスを家族が選んだとしても、家族がそれで良しと思えばそれは良いサービスとして存在することになります。

自分の考えや信念を捨てるとまでは言いませんが、固執しすぎてしまうのも問題です。

手放すのと同時に、いつでも自分の横におけるようなイメージを持ち自由自在に考えや信念を活用するくらいの気持ちでのぞめば良いと思います。

出し入れが自由、自分の考えをもっと軽くしておくと良いかもしれません。

まとめ

仕事に対して向き・不向きがあることは仕方のないことです。

誰もが器用に仕事をこなせるわけではありませんし、この仕事は人間相手なので人間に興味関心がなければ無理してやらない方が自分のためでもあり、サービスを受ける利用者のためにもなります。

しっかりと自分の特性を把握した上で、これらの事項も参考にしながら社会福祉士を目指すかどうか判断していただければと思います。


関連キーワード

社会福祉士求人

社会福祉士求人についてもっと深堀りした情報を見る

社会福祉士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための注意点

安定した仕事がしたいとか、人の役に立ちなどといった理由から、社会福祉士を目指す社会人の方は多いですよね。福祉の仕事の経験がなくても、社会福祉士に転職することは可能なのでしょうか?著者も会社員を続けながら大学に通い、社会福祉士の資格を取ったので、その経験を基に解説していきます。社会福祉士への転職で狙い目な職場の特徴とは? 社会福祉士の職場と言っても、多種多様な仕事があります。転職する際にはどんな職場を狙ったらよいのでしょうか?具体的に見ていきましょう。前職の経験を生かせる福祉の現場では、福祉系専門学校を出た後にずっと福祉職場で働いているという方も多くいます。もちろん専門職として続けているのは素晴

社会福祉士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

誰かの役に立ちたいという高い志をもって社会福祉士を目指しても、実際のところ、低賃金ではなかなか仕事を続けられない…と考える人は多いと思います。将来結婚したり、子育てをしたりたいと考えている人にとっては、生涯年収がご自身のライフプランに密接にかかわってきますから、当然のことです。資格を取ってしっかり稼いで、理想に近い人生を目指しましょう!社会福祉士の給料の相場はどのくらい?社会福祉士の一般的な年収は250万円~500万円ほどと言われており、残念ながら高給取りとは言えません。しかし勤務地や勤続年数などの条件によっては、年収アップも見込めます。どんな働き方だと給与がよいのか、確認してみましょう。正社

社会福祉士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

社会福祉士は、福祉全般を範囲とする、福祉の専門職です。社会福祉士が担当する分野は多岐にわたり、そこで接する人や抱える問題も様々。そんな社会福祉士の仕事は、どのような人に向いているのでしょうか。社会福祉士の仕事内容を踏まえながら、向き不向き・活かせる経験などをご紹介します。社会福祉士にはどんな仕事があるの?社会福祉士が働く分野は、「病院」「介護」「障害」「子ども」「地域」「公的扶助」と、広い分野を担当します。主に、生活上での悩みを抱える相談者(クライエント)との面談を行い、支援の計画を立てていきます。これを「相談援助」と呼び、社会福祉士の仕事の中心となる業務です。支援計画を立てて終わりではなく、


社会福祉士求人に関するコラム

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

社会福祉士は女性に向いている?向いている点、できること・大変なことなどを解説します

福祉の職場は、女性が多いイメージが強いですが社会福祉士もまた、たくさんの女性が活躍しているお仕事です。人に寄り添う仕事である社会福祉士は、女性に向いているお仕事なのか?社会福祉士が女性に向いている点女性社会福祉士ならではの出来ること女性が社会福祉士として働く上で大変なことなど、社会福祉士を目指す女性に役立つ情報を解説していきたいと思います。社会福祉士とはどんな仕事? 社会福祉士は、生活する中での様々な困り事や悩み事を解決に導くお仕事です。困り事や悩み事の相談にのり、どうしたら解決できるのかを一緒に考え、使える福祉サービスや制度を提案していきます。相談の内容や対象者は、多岐にわたり、高齢者の介護

社会福祉士として働くメリットとは?私が感じた良いところをまとめました

福祉職はまだまだ、「きつい・きたない・きけん=3K」と言うイメージが根強いお仕事です。しかし一方で福祉職を目指したくなるような魅力溢れるお仕事でもあります。私は、社会福祉士として10年間、様々な職場で経験を重ねてきました。人間を相手にするお仕事ですので、人間関係に悩まされること。自分の力の無さに福祉職を辞めようと考えたことも何度もありました。それでも、社会福祉士として働き続けてきた理由は何なのか?私が感じた、社会福祉士として働くメリットと、働いてきて良かった点をご紹介していきます。社会福祉士の仕事ってどんな仕事?社会福祉士の仕事の軸となるのが「相談業務」です。問題や悩みを抱えた人の相談にのり、

社会福祉士の派遣が向いている人の4つの特徴や必要なスキル・適正、働く上での注意点まで。

社会福祉士も正社員やパートなど、様々な働き方があります。他の職業と同様に、派遣会社から出向いて働く派遣社員の社会福祉士も、もちろんいます。社員が育休中で人手が足りない時などに、来てもらうことが多いようです。では、社会福祉士として派遣社員になったら、どんな仕事をするのでしょうか?一緒に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員の仕事とはどんな仕事?社会福祉士として派遣社員になったら、多くは福祉施設や病院で働くことになると思います。仕事内容はその施設によって異なりますが、具体的に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員が得意な人の4つの特徴とは?同じ社会福祉士の中にも、派遣社員として働くことが得意な人と

社会福祉士の服装ってどうあるべき?様々な会社における服装から、あるべき姿まで

社会福祉士の国家資格を持っている方の仕事の一つに相談業務というものがあります。高齢者分野で言えば、地域の高齢者の方もしくは高齢者の方を介護している家族より生活に関する相談が寄せられます。その相談内容について伺い既存のサービスを提案する事で、解決するきっかけを作っていく重要な役割を担っているのが社会福祉士です。相談業務という事は相手との信頼関係をどれだけ作れるのかがポイントになってきます。関係性を作るためには当然相談援助スキルなども必要になってきますが、それ以前に服装などの外見もとても重要な部分になります。ここでは社会福祉士の服装などを中心に記していきます。社会福祉士の服装ってどうあるべき?地域