安定した仕事がしたいとか、人の役に立ちなどといった理由から、社会福祉士を目指す社会人の方は多いですよね。

福祉の仕事の経験がなくても、社会福祉士に転職することは可能なのでしょうか?

著者も会社員を続けながら大学に通い、社会福祉士の資格を取ったので、その経験を基に解説していきます。

社会福祉士への転職で狙い目な職場の特徴とは? 

社会福祉士の職場と言っても、多種多様な仕事があります。

転職する際にはどんな職場を狙ったらよいのでしょうか?

具体的に見ていきましょう。

前職の経験を生かせる

福祉の現場では、福祉系専門学校を出た後にずっと福祉職場で働いているという方も多くいます。

もちろん専門職として続けているのは素晴らしいのですが、一般企業の考え方を知らないと少々視野が偏りがちになってしまう方もいます。

そんな中、全く違う仕事から福祉に転職するとしたら、前職の経験を生かせると、職場でも重宝されます。

販売員だった人は、利用者さんが作った作品をどう販売するか考えたりできると良いですね。

著者の場合は前職では編集の仕事をしていたので、社会福祉士として働く今も、職場の広報の仕事を積極的に担当させてもらっています。

支援員の仕事

初めは資格がなくてもできる仕事からスタートするのもお勧めです。

というのも、いきなり社会福祉士として相談員などの仕事をすると、とても専門的で知識も必要なので、相談を受けても答えられないという場面が出てきてしまうことがあります。

初めは、生活支援員や職業指導員など、福祉の経験や資格がなくても就職できる職場で経験を積んだ後、その経験を生かして社会福祉士の資格取得を目指すのもよいと思います。

著者は支援員として勤務している間に社会福祉士の国家試験を受けたので、試験前は少し早めに帰らせてもらったり、休憩時間をしっかり取って勉強するなど、配慮してもらいました。

資格を取ると加算がつき、職場にとってもメリットがあるので、取得を応援してくれました。

重度の方への支援

将来的には、社会福祉士として、障害者と企業の懸け橋となるために就労移行支援事業所を立ち上げたいという目標があったとしても、初めは重度の方への支援の仕事に就くと、後々にとても生かされることが多いと思います。

というのも、高齢者でも障害者分野でも、認知症がかなり進行した方や重度障害者の場合、言葉による会話が難しい方が多いです。

ほかの仕事から転職すると、コミュニケーションを取ることに対して、まず壁にぶち当たると思います。

会話が難しいにも関わらず、本人がどう過ごしたいのか、なるべく読み取らなければならないからです。

その経験は、社会福祉士として働くために、とても大切な経験です。

社会福祉士として長年働いた後に、もっと大きな壁にぶつかるかもしれません。

最初から病気や障害の程度が軽い方への支援だけしか経験していないと、その壁を乗り越えるのに苦労する可能性が高くなると思われます。

最初はとても苦労するかもしれませんが、利用者さんからソーシャルワーカーとして鍛えてもらっているという気持ちで、取り組むと頑張れると思います。

社会福祉士への転職方法

他の職業から転職して社会福祉士になるには、まず働きながら資格を取ることが必要です。

働きながら通信制の大学に行くのは大変、という場合は、仕事を辞めて大学生になって勉強する人もいます。

では、社会福祉士に転職するには、他の職業を続けながら、どんなことを勉強したら良いのでしょうか?

通信制の大学を選ぶ

福祉系の大学を出た方は、すでに社会福祉士の試験を受験できるかもしれません。

しかし他の四年制大学を卒業した方は、1年半以上、通信の学校で学ばなければなりません。

どこの学校が良いか迷うかもしれませんが、学費や学校の場所などを考慮して選んだ方が良いでしょう。

著者は学費が安い大学にしたのですが、アクセスが悪く、片道2時間近く掛かるので、スクーリングは大変でした。

また社会福祉士の試験を受ける前に実習に行かなければなりませんが、実習先がたくさんあり、学生に選ばせてくれるところが良いでしょう。

家族の理解を得る

一人暮らしの方は自由に勉強しやすいですが、パートナーと暮らしていたり、子育てしている場合は家族の理解を得ることが大切です。

実習は23日間に及びますし、その間、実習から帰宅後は日誌を書かなければなりません。

当然家事がおろそかになることもあります。

そういった可能性について、事前にしっかりと話し合っておくことが大切です。

職場に対しても、平日23日間休むということは、丸々1ヶ月以上に及ぶので、かなり前から上司に伝えておくことが大切です。

働きながら実習に行くには?

著者は会社員をしながら大学に通っていたのですが、すでに福祉の仕事への転職を考えていました。

会社を長期に休めそうもなかったので、思い切って実習に合わせて退職し、30日間の有給を消化しながら実習に行かせてもらいました。

ただし職場にも実習先にも迷惑をかけないよう、日程調整は慎重に行いました。

今、福祉以外の仕事をしていて、社会福祉士を目指す方にはおすすめの方法です。

著者と同じ時期に受講していた方は、結局職場の理解が得られず、実習に行けなかったという人もいました。

せっかく学費も払っているので、そうなってしまったら大変です。

社会福祉士への転職で準備・勉強しておくべき4個のこと

通信制大学の学費

福祉の学校は私立も多く、大学の学費は各校によって様々だと思います。

勉強するにあたって、先立つものは必要です。

履修科目が決まっているので、安いからといって、きちんと教えてくれないということはないはずです。

どの学校が丁寧に指導してくれるかや、スクーリングで好きな授業を選べるかなど、いろんな情報を集めてみましょう。

著者の場合は社会福祉士コースと精神保健福祉士コース合わせて、実習費を含めて70万円ほどだったと思います。

そのほかに教科書や国家試験対策のワークブックなどは一冊3,000円程度するので、社会福祉士コースだけでも3万円以上掛かりました…。

お金がどんどん飛んでいきます。

著者の実習先は交通機関で通えるところでしたが、地方在住の方は、実習先に近いホテルに滞在しなければならないケースもあったということですので、少し余裕を持って用意しておきたいですね。

国家試験の受験料や、模試の受験料などもかさみますが、将来のためと思えば、必要経費として考えても良いでしょう。

通信制で学ぶ

実際に通信制の学校に入学すると、年に何度かスクーリングに行くほか、毎月数本、リポートを提出することになると思います。

まずリポートは、教科書を読んで、内容をまとめたり、自分の考えを書くことが多かったです。

文章を書くのが苦手な方にとっては、締め切りを守るだけでもかなり大変だったようです。

リポートの内容は、たとえば福祉施設の運営に経営手法が求められる理由を述べたり、社会福祉士のチームアプローチの種類について、それぞれまとめたりしました。

著者の場合は、会社の昼休みの時間を使ってコツコツ教科書を読んだり、リポートを書いたりしていました。

スクーリングの授業

スクーリングは、土日や夜間に実施している学校も多くあります。

土日に2日間ともスクーリングがあり、月曜日からまた普通に仕事という週もあったので体力的にはキツイ時期もありました。

福祉の職場によっては、資格取得を後押ししてくれるところもありますが、別の仕事をしている人はそうはいかないですよね。

スクーリングでは、科目ごとに講師が教科書の内容や試験に出やすいポイントを説明してくれました。

すでに福祉の現場で働いている受講生の方と情報交換できるのも良かったです。

大学教授以外に、高齢者施設の施設長や病院のソーシャルワーカーなど外部講師も講和してくれ、現場の話を聞けたことも刺激になりました。

著者が通った大学は1年9ヶ月間だったので、1年目に欠席した授業は翌年に行くことで補ってもらえました。

各大学で制度が異なるので、きちんと単位を取るために、大学の事務と話し合っておくことが大切です。

国家試験の勉強

リポートと実習が無事終わり、大学の修了が認められると、国家試験の受験資格が得られます。(最終学歴によってことなることがあります)

そうなればあとは、ひたすら国家試験の勉強をして合格を目指します。

著者は平日は仕事の後3時間、土日は4時間程度勉強しました。

国家試験は2月の初めなので、冬休みは正月返上で1日10時間ほど机に向かい、ひたすら重要項目を暗記しました。

そうして何とか、働きながらでも社会福祉士と精神保健福祉士のダブル受験に成功し、社会福祉士への転職に成功しました。

社会福祉士の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

福祉の職場ってそんなに給与が高くはないイメージですが、年収アップのためにすぐにできることと、長い目線で見たときに年収が上がる方法をお伝えします。

同じ分野でも様々な仕事を経験する

社会福祉士が働く職場では、児童福祉や障害福祉、高齢福祉などさまざまな分野があります。

同じ障害福祉の仕事でも、入所施設から就労支援、生活介護、ヘルパー事業所など様々な職場があります。

その職場によって、仕事内容は全く異なってきます。

就労支援をずっと続けるのも良いのですが、生活介護から就労移行支援まで幅広い分野を経験していると、色々な利用者さんに対応でき、支援課長や施設長、理事長と昇進できる可能性が広まるのではないかと思います。

大学院を出る

失礼な言い方になってしまいますが、福祉の職場では、高学歴の方はそれほど多くはありません。

社会福祉学を大学院まで修めたうえで、現場の仕事の経験もあると、なおよいです。

大学院を出ておいた方が、現場の仕事を経験した後に福祉系の大学で教鞭を取ったり、講演会の講師として呼ばれる可能性も広がります。

大学院なら社会人入学ができるところも多いので、ぜひ働きながら、学問と現場の視点の両方から福祉業界を見つめると、大きな強みになると思います。

社会福祉士以外の資格も取る

社会福祉士は幅広い分野で活躍できる一方で、ジェネラリスト・ソーシャルワーカーと呼ばれるように、「広く浅く学ぶ」イメージです。

精神保健福祉士や介護福祉士など、もっと専門的に特化した福祉系の資格も持っておくと、転職で有利でしょう。

公認心理士やアンガーマネジメントの資格など、今の仕事に直結しなくても役に立つ資格もあります。

自分にあった社会福祉士の求人の選び方や注意点

病院や福祉事業所、社会福祉協議会など、社会福祉士が働く職場はたくさんあります。

どんな職場が自分に合っているのか、悩むのも当然ですよね。

求人の選び方や注意点をお伝えします。

人手不足の状態にないか

要介護認定や障害支援区分に応じて、必要な職員が配置されているか見てみましょう。

福祉の多くの現場では、人手不足で職員がトイレに立つのもはばかられることがある程です。

著者の同僚はあまりの忙しさでトイレに行けず、膀胱炎に4回もなってしまいました。

職員が潤沢に配置されている職場は少ないですが、せめて普通に働ける環境が整備されている職場を選びたいですね。

就職する前に雰囲気を見るため、一度見学させてもらったり、ボランティアで一日体験させてもらうとよく実感できると思います。

休憩は取れるか

人手不足の問題と通じていますが、職員が足りないため、昼休みの休憩が全く取れないという職場も多いです。

利用者さんの食事介助をしながら、職員も自分の食事を済ませ、そのまま片付けや利用者さんの歯磨きに回るといった流れで、職場から離れられないのです。

慣れれば一息つくタイミングを計れると言いますが、慣れる前に倒れてしまう職員もいます。

特に介護の仕事に就く際は、自分の体力や体調と相談して決めましょう。

休日出勤はないか

高齢者や障害者の事業所では夏祭りや運動会などのイベントがあり、休日出勤することもあります。

社会福祉士だけど、夏祭りでたこ焼きを売るなんてこともあります。(それが地域のつながりを生み、社会貢献につながるからです)

祭りの準備のために長時間勤務となることもあるので、事前に確認しておいた方が良いでしょう。

まとめ

ほかの仕事から社会福祉士に転職する方法と、求人を見るときの注意点について、解説してきました。

今の仕事を辞めて、社会福祉士の資格を取るまでの流れについて、少しでも理解が進めば幸いです。


関連キーワード

社会福祉士求人

社会福祉士求人についてもっと深堀りした情報を見る

社会福祉士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

誰かの役に立ちたいという高い志をもって社会福祉士を目指しても、実際のところ、低賃金ではなかなか仕事を続けられない…と考える人は多いと思います。将来結婚したり、子育てをしたりたいと考えている人にとっては、生涯年収がご自身のライフプランに密接にかかわってきますから、当然のことです。資格を取ってしっかり稼いで、理想に近い人生を目指しましょう!社会福祉士の給料の相場はどのくらい?社会福祉士の一般的な年収は250万円~500万円ほどと言われており、残念ながら高給取りとは言えません。しかし勤務地や勤続年数などの条件によっては、年収アップも見込めます。どんな働き方だと給与がよいのか、確認してみましょう。正社

社会福祉士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

社会福祉士は、福祉全般を範囲とする、福祉の専門職です。社会福祉士が担当する分野は多岐にわたり、そこで接する人や抱える問題も様々。そんな社会福祉士の仕事は、どのような人に向いているのでしょうか。社会福祉士の仕事内容を踏まえながら、向き不向き・活かせる経験などをご紹介します。社会福祉士にはどんな仕事があるの?社会福祉士が働く分野は、「病院」「介護」「障害」「子ども」「地域」「公的扶助」と、広い分野を担当します。主に、生活上での悩みを抱える相談者(クライエント)との面談を行い、支援の計画を立てていきます。これを「相談援助」と呼び、社会福祉士の仕事の中心となる業務です。支援計画を立てて終わりではなく、