社会福祉士を採用する人事担当者にとって、社会福祉士の方々に期待を寄せているのは相談業務をメインにしていただけるかどうかです。

高齢者福祉分野で当てはめて考えた時に、例えば介護士は利用者の方に対して接することがメインですが、社会福祉士はそれに加えて家族や関係機関との密接な関係づくりが必要になってきます。

採用面接を行う際にはそう言った視点から見た時に果たしてこの人で大丈夫なのだろうか等の判断が下されます。

ここでは社会福祉士を取得し生活相談員として採用される際の内容を記載していきます。

社会福祉士の採用面接で聞かれる3個のこと

採用面接において聞かれることの多い事項をまとめましたので、参考にしていただければと思います。

なぜ、我が社を選んだんですか

これはほとんどの企業で聞かれる質問のうちの一つです。

採用担当からすれば、高齢者分野において仕事募集は山のように存在する中で、なぜ我が社を選んで応募してきたのかというのは聞きたい項目の一つです。

ここで回答につまづいてしまっては相手に与える印象が不利になってしまいますので、しっかりと自信を持って答えるようにするのが良いでしょう。

受け答えのコツ

コツとしてはすべての質問に対して言えることですが、しっかりと自信を持って大きな声で回答することです。

又、事前に面接を受ける会社のことはある程度インターネット上で調べ上げ、自分の思いと共感できるポイントをいくつか用意すると良いでしょう。

特に創業者の思いとかをチェックすることをお勧めします。

もし我が社に就職できたらどういったことをしていきたいですか

この質問も聞かれることが多いです。

面接を受ける側にとっては、まずは採用され仕事に就けることが目標になりますが、人事担当者にとってはその人が採用後にどういう動きをしてくれるのかを見ています。

特に相談業務をメインとする社会福祉士を雇うわけですから、きちんと自分のキャリアプランや仕事の信念などを兼ね備えている人をどうしても求めやすくなります。

ただ、言われたことだけをやるという受身の態勢では困ってしまうからです。

受け答えのコツ

これも自信を持って答えていきましょう。

一つのコツとしては採用面接を行う前にイメージトレーニングを行い、この会社の職種で仕事をしている自分を想像してみましょう。

イメージの中において自分は何をしているのでしょうか、自分はどんな1日を送っているのでしょうか、自分はどんな気持ちで、どんな表情をしているのでしょうか、自分のイメージの中なので誰にも見られる事はありませんし明確な正解もありません。

自由にイメージの幅を広げていって頂ければ大丈夫です。

その上で、それを言葉として表現できるように作業を行ってください。

休みの日は主に何をしていますか

この質問は社会福祉士としての業務に一見何の関係もない質問のように思えます。

しかし、実はこういった仕事以外での質問も聞かれるケースがあります。

ここで求められるのは大きく分けて2つあります。

1つ目は休みの日の質問に切り替えることで面接の場の雰囲気を少し柔らかくするための目的で質問すること、2つ目はしっかりとセルフマネジメントができているのかどうかを判断するために質問するということが考えられます。

特に相談業務に関してはいろんな人たちと関わっていくため場合によっては過度のストレスがかかってくる可能性があります。

ストレスを感じてしまうことはある程度仕方のないことですが、問題はそれに対してどう処理していくのかです。

休日の日に遊びに出かけたり没頭できる趣味がある方はそういったことを行うことでストレス軽減ができますが、特に1日ゴロゴロしていますという方にとってはストレス軽減がされずに溜め込んでしまう場合が多く見られます。

採用するからには長い期間働いて欲しいと思っているので、しっかりとセルフマネジメントができるかどうかを仕事以外の質問で見極めているといったケースが存在します。

受け答えのコツ

趣味や没頭できる作業が既にある方にとっては大丈夫なのですが、特にないという方は答えられるように少し考えておく必要があります。

趣味は他の人のを参考にして考えることでも良いですし、実際にやっていなかったとしてもこれから行う予定です等の前向きな回答を準備するだけでも良いと思います。

社会福祉士の採用面接での注意点

先ほども記した通り、社会福祉士は利用者の方以外にも家族や関係機関との関係づくりが求められる場合があります。

会社の外の顔になっていく役割になるので、服装などの最低限のマナーが守られているのかもチェックされる場合があります。

ここでは面接における注意点を記していきます。

服装

これも最低限のマナーが必要になります。

場違いな格好で面接会場に伺う方はほとんどいないと思いますが、一般的にスーツ等が基本になります。

服装だけで判断される可能性も十分に考えられるので、見た目には注意を払ってください。

時間厳守

服装の項目と同様、こちらも当たり前のことです。

電車が人身事故などでどうしても動かない等、自分ではどうしようもできないような事態なら話は別ですが、寝坊をしたり、約束していた面接時間を間違えてしまうというパターンも多く見られます。

時間を守れないということは約束を守れないという話にもつながり、関係性を構築していく社会福祉士としてはあまり印象が良くありません。

ただ、どうしても遅刻をしてしまう場合は事前にきちんと連絡して誠意ある対応が必要になってきます。

この対応がしっかりしていると面接採用者の好感度が上がっていく可能性もありますので、遅刻するからといって焦らずに行動に移していただければと思います。

受け答えはしっかりと

面接において受け答えははっきりと行ってください。

声が聞き取りにくい等も面接評価に響いてしまいます。

又、これと併せて笑顔も見せると尚良いです。

笑顔が全くないと、それだけでも人間性が判断されてしまう可能性もあります。

ほんの少しでも構いませんので、無理のない範囲で笑顔を見せると良いでしょう。

自治体独自のサービス内容は一度は確認する

相談業務はただ相手からの話を聞いてるだけ良いという訳ではありません。

そのことも大切なのですが、相手からの話に対して解決策を提案していく必要があります。

その中で主に活用する制度の全体像や自治体独自のサービスを展開している場合があるので、一度確認しておくと良いでしょう。

例えば高齢者分野だと介護保険制度の全体像は覚えておく必要があります。

又、介護保険とは別にオムツ助成などの自治体サービスも展開している場合があります。

介護保険の流れはインターネットから拾えますし、自治体独自のサービスについてもインターネットもしくはパンフレット等が役所に置かれているケースがありますので、情報収集をしていくことをお勧めします。

事前にリサーチすることで地域の特色を掴むことにもつながり、面接において自治体サービスのことを会話に挟むだけで面接官に好印象を与える良いきっかけになります。

又、面接で採用され就職した場合においても大いに役立つ情報になりますので、その後の仕事の流れがスムーズに運びやすくなります。

まとめ

ここでは幾つかの事例を紹介させていただきました。

就職したいと思った企業が見つかったらまずは、そこの企業が社会福祉士として何を求められているのかをきちんと把握する必要があります。

それが分かれば、それに見合う面接対策というのを考えていければ良いと思います。

ぜひプロの専門職として自信を持って面接にのぞんで頂ければと思います。


関連キーワード

社会福祉士求人

社会福祉士求人についてもっと深堀りした情報を見る

社会福祉士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための注意点

安定した仕事がしたいとか、人の役に立ちなどといった理由から、社会福祉士を目指す社会人の方は多いですよね。福祉の仕事の経験がなくても、社会福祉士に転職することは可能なのでしょうか?著者も会社員を続けながら大学に通い、社会福祉士の資格を取ったので、その経験を基に解説していきます。社会福祉士への転職で狙い目な職場の特徴とは? 社会福祉士の職場と言っても、多種多様な仕事があります。転職する際にはどんな職場を狙ったらよいのでしょうか?具体的に見ていきましょう。前職の経験を生かせる福祉の現場では、福祉系専門学校を出た後にずっと福祉職場で働いているという方も多くいます。もちろん専門職として続けているのは素晴

社会福祉士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

誰かの役に立ちたいという高い志をもって社会福祉士を目指しても、実際のところ、低賃金ではなかなか仕事を続けられない…と考える人は多いと思います。将来結婚したり、子育てをしたりたいと考えている人にとっては、生涯年収がご自身のライフプランに密接にかかわってきますから、当然のことです。資格を取ってしっかり稼いで、理想に近い人生を目指しましょう!社会福祉士の給料の相場はどのくらい?社会福祉士の一般的な年収は250万円~500万円ほどと言われており、残念ながら高給取りとは言えません。しかし勤務地や勤続年数などの条件によっては、年収アップも見込めます。どんな働き方だと給与がよいのか、確認してみましょう。正社

社会福祉士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

社会福祉士は、福祉全般を範囲とする、福祉の専門職です。社会福祉士が担当する分野は多岐にわたり、そこで接する人や抱える問題も様々。そんな社会福祉士の仕事は、どのような人に向いているのでしょうか。社会福祉士の仕事内容を踏まえながら、向き不向き・活かせる経験などをご紹介します。社会福祉士にはどんな仕事があるの?社会福祉士が働く分野は、「病院」「介護」「障害」「子ども」「地域」「公的扶助」と、広い分野を担当します。主に、生活上での悩みを抱える相談者(クライエント)との面談を行い、支援の計画を立てていきます。これを「相談援助」と呼び、社会福祉士の仕事の中心となる業務です。支援計画を立てて終わりではなく、


社会福祉士求人に関するコラム

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

社会福祉士は女性に向いている?向いている点、できること・大変なことなどを解説します

福祉の職場は、女性が多いイメージが強いですが社会福祉士もまた、たくさんの女性が活躍しているお仕事です。人に寄り添う仕事である社会福祉士は、女性に向いているお仕事なのか?社会福祉士が女性に向いている点女性社会福祉士ならではの出来ること女性が社会福祉士として働く上で大変なことなど、社会福祉士を目指す女性に役立つ情報を解説していきたいと思います。社会福祉士とはどんな仕事? 社会福祉士は、生活する中での様々な困り事や悩み事を解決に導くお仕事です。困り事や悩み事の相談にのり、どうしたら解決できるのかを一緒に考え、使える福祉サービスや制度を提案していきます。相談の内容や対象者は、多岐にわたり、高齢者の介護

社会福祉士として働くメリットとは?私が感じた良いところをまとめました

福祉職はまだまだ、「きつい・きたない・きけん=3K」と言うイメージが根強いお仕事です。しかし一方で福祉職を目指したくなるような魅力溢れるお仕事でもあります。私は、社会福祉士として10年間、様々な職場で経験を重ねてきました。人間を相手にするお仕事ですので、人間関係に悩まされること。自分の力の無さに福祉職を辞めようと考えたことも何度もありました。それでも、社会福祉士として働き続けてきた理由は何なのか?私が感じた、社会福祉士として働くメリットと、働いてきて良かった点をご紹介していきます。社会福祉士の仕事ってどんな仕事?社会福祉士の仕事の軸となるのが「相談業務」です。問題や悩みを抱えた人の相談にのり、

社会福祉士の派遣が向いている人の4つの特徴や必要なスキル・適正、働く上での注意点まで。

社会福祉士も正社員やパートなど、様々な働き方があります。他の職業と同様に、派遣会社から出向いて働く派遣社員の社会福祉士も、もちろんいます。社員が育休中で人手が足りない時などに、来てもらうことが多いようです。では、社会福祉士として派遣社員になったら、どんな仕事をするのでしょうか?一緒に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員の仕事とはどんな仕事?社会福祉士として派遣社員になったら、多くは福祉施設や病院で働くことになると思います。仕事内容はその施設によって異なりますが、具体的に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員が得意な人の4つの特徴とは?同じ社会福祉士の中にも、派遣社員として働くことが得意な人と

社会福祉士の服装ってどうあるべき?様々な会社における服装から、あるべき姿まで

社会福祉士の国家資格を持っている方の仕事の一つに相談業務というものがあります。高齢者分野で言えば、地域の高齢者の方もしくは高齢者の方を介護している家族より生活に関する相談が寄せられます。その相談内容について伺い既存のサービスを提案する事で、解決するきっかけを作っていく重要な役割を担っているのが社会福祉士です。相談業務という事は相手との信頼関係をどれだけ作れるのかがポイントになってきます。関係性を作るためには当然相談援助スキルなども必要になってきますが、それ以前に服装などの外見もとても重要な部分になります。ここでは社会福祉士の服装などを中心に記していきます。社会福祉士の服装ってどうあるべき?地域