老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。

時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。

そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。

直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。

社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?

社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。

相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。

そんな社会福祉士の仕事の中で、辞めたいと感じる瞬間と、その乗り越え方をご紹介します。

大学卒業後すぐに就職!知識が足りない…

多くの社会福祉士が、福祉系の大学にて指定科目を履修、社会福祉士の国家試験を経て、社会福祉士として働いています。

大学4年生の1月に行われる国家試験は、合格率30%未満。

難関をクリアし、福祉の現場に飛び込んだにも関わらず、面接の難しさや、制度や法律の知識が足りない…と感じる社会福祉士も少なくありません。

社会福祉士と面談を行う相談者や、施設の利用者、その家族は、初めての面接で心を開いてくれるわけではありません。

また、社会福祉士に相談をする方は、今後の生活が脅かされる、複雑で誰にも言えない問題を抱えている、という場合も多くあります。

大学や試験では、面談の方法について学びますが、それを実際に活かせるかどうか、不安に感じる学生、新社会人も少なくありません。

社会福祉士は、面談を行い、支援の計画を立てていきます。

その中で、相談者に適したサービスや制度を紹介していかなければなりません。

サービスや制度は、毎年のように変わっていきます。

勉強したものがすでに変わっていることもあり、知識が無ければスムーズな支援が行えないという苦悩を抱く方も多いでしょう。

その乗り越え方とは?

社会福祉士の仕事は、常に勉強の毎日です。

最初からうまくできる社会福祉士は本当にわずかで、ほとんどが経験を積み、徐々にスキルアップを図っています。

施設や事業所によっては、研修が頻繁に行われている場合も多く、積極的に参加し、知識を得ることも大切です。

先輩の社会福祉士に相談する、仕事を始めたばかりの新社会人であれば、不安なことを大学の教授に相談しても良いでしょう。

また、学生の頃からの交友関係において、相談技術を向上させることも可能です。

意識しながら話を聞く、要約やあいづちなど、基本的な技術を自然と身につけることができるでしょう。

仕事内容と給料が見合わない

社会福祉士の仕事内容は、先ほどもご紹介したように、多岐にわたります。

最近では高齢化のため、介護分野での需要は高まるばかりですし、児童虐待やDVなどの問題も深刻化しています。

また、ごみ屋敷や高齢者の一人暮らし、なかなか施設に入所してくれない高齢者など、家庭訪問が必須となる案件も。

介護施設の例を挙げると、介護スタッフが不足しているため、宿直や夜勤のある仕事になってしまったり、一人一人の責任が重くなるという現状があります。

社会福祉士が支援を行う相談者や利用者は、深刻な問題を抱えている場合がほとんどで、社会福祉士が一つでも支援を間違ってしまえば、最悪の事態に陥ることも、ないとは言えません。

社会福祉士の月収は、平均して20万円ほど。

低い合格率である国家資格という難関をくぐりぬけ、その結果就職をしたのに、責任感と給料が全く見合っていない、と悩む社会福祉士も少なくありません。

その乗り越え方とは?

社会福祉士の仕事は、転職することでスキルアップを図れる仕事です。

社会福祉士の求人サイトを見てみると、これまでの経験を活かした仕事ができる、これまでの経験を考えて給料を設定する、という求人も掲載されています。

現在の職場が人手不足で、なかなかやめられないという場合でも、体調が第一。

自分の体調を考慮しながら、ライフスタイルに合った転職先を探すことも、一つの方法です。

人手が足りない!しっかりと仕事が行えているのだろうか…

人手が足りず、常に仕事に追われる毎日を過ごす社会福祉士も少なくありません。

一人の担当件数が増えれば増えるほど、一人一人に割いてよい時間も限られてきます。

仕事に追われた生活をしていく中で、一人一人にしっかりと向き合えているのだろうか、という不安を抱える社会福祉士も居るでしょう。

社会福祉士が担当する案件は、短期間で終わるものではありません。

相談者によっても様々ですが、長期的に見て、サービスや制度を提供していくこと、その評価を考えていきます。

評価の結果、この支援が適切ではないと感じた場合は、また最初に戻って支援方法を考えていかなければなりません。

同じような案件を抱えることによって、「この人もこうなのだろう」という決めつけが起こってしまうこともあります。

その乗り越え方とは?

社会福祉士の基本的な知識として、「バイスティックの7原則」というものがあります。

その一つが「個別化の原則」です。

同じような問題を抱えていても、全く同じということはありませんし、価値観や考え方は人それぞれです。

感じ方も違いますし、ラベリングをすることは適切な支援を妨げる原因となります。

「忙しそうですね」とクライエントに言われた、同僚に言われた、そんな場合には、自分の対応を考え直してみましょう。

実際に働く社会福祉士の乗り越え方として、スケジュールに分かりやすくまとめる、という方法があります。

一人一人の相談者の生活リズムや問題を把握しておきます。

家族内での問題がある方は、仕事が休みでみんなが集まる週末に問題が起きるかもしれませんし、そういった問題が可視化できるというメリットがあります。

目に見える形で問題を把握できるということで、社会福祉士はもちろん、相談者も分かりやすく整理できることにもつながるため、忙しいからこそ、スケジュール管理を忘れないように行いましょう。

夜勤もあって生活リズムが崩れた!

介護施設や、障害のある方の入所施設、児童養護施設等では、夜勤や宿直のある場合があります。

常に夜勤、というわけではなく、夜勤も日勤もあるシフト制の仕事も多く、生活リズムを安定させることは大変です。

夜勤あけに朝に帰り、そのまま寝てしまうともう夕方、遅いと夜に…。

買い物や行かなければならない手続きなど、ほとんどが夕方や夜の早いうちに終わってしまうため、眠っただけで一日を無駄にしてしまった、と感じる方も。

また、友達との日程が合わず遊びに行くことができない、家族との時間が短くストレスを感じる、という場合も少なくありません。

体調不良の原因にもなってしまいますし、夜勤の仕事は辞めたいけれど、手当等がつくため、なかなかやめられない、という声も挙がります。

その乗り越え方とは?

ほとんどが日勤の場合、夜勤の日の過ごし方で生活リズムを保つことができます。

まずは、夜勤の日は普段通り起きて仕事へ行くこと。

夜に眠くなってしまいますが、休憩時間に軽く仮眠をとるようにしましょう。

次の日家に帰ってきてからは、買い物や夜遅くには済ませられない手続き、掃除や洗濯など家事を終わらせて、一日を過ごします。

その後早めに夕食をとり、いつもより早めに寝るようにしましょう。

仕事が疲れている中では難しいことですが、週に1回か2回夜勤の場合には効果的です。

夜勤の方が体調的にも、生活リズム的にも働きやすいと感じる方もいるでしょう。

福祉の仕事には、夜勤専従の仕事もありますし、そういった仕事へ転職することもおすすめです。

夜勤が多く、なかなか生活リズムが整わない、家族との時間や子育てが困難である場合は、転職や退職を視野に入れることをおすすめします。

子育てが難しい…

社会福祉士として働く女性も多く、家庭と仕事との両立が困難であると感じる方も少なくありません。

社会福祉士として働く女性が、社会福祉士を辞める理由となるのが「子育てと仕事の両立が困難であるため」。

先ほどもご紹介したように、夜勤や宿直がある場合は、子どもが小さいうちもなかなか一緒にいることができなかったり、残業があるなど、生活において仕事が多くを占めるようになってしまいます。

しかし、社会福祉士の需要は高まるばかり、福祉の現場は人手不足が問題となっています。

子育てをすることで仕事を辞めても、金銭面の問題はつきものです。

その乗り越え方とは?

就職をする前、求人を探す際にまず気をつけたいことが、育児休暇の有無。

ほとんどの場合が育児休暇有と記載していますが、その実績は分かりません。

公式サイトに詳しく掲載されている場合もあるため、ぜひ確認してください。

病院の場合には保育園の利用ができる施設が多くあります。

その際の料金や、何時から何時まで預けられるのか、24時間預けられるのか、などを確認しておくとよいでしょう。

また、出産が決まった後は、上司や職場のスタッフに必ず相談、シフトの変更や出勤時間の変更が可能か話し合いましょう。

職場に子育て経験のある方が居れば、どのように両立させていたのか話を聞くこともできます。

中には子どもを連れて出勤してもよい職場もありますから、相談してみるとよいでしょう。

しかし、現在の福祉の現場は、子育てしやすい環境とは言い切れません。

出産前や直後は体調が良くない場合もありますし、早めの相談、早めの決断が必要不可欠です。

今後は、男女ともに子育てしやすい環境の整備が求められています。

これまではやる気があったのに・・・

社会福祉士を目指す方には、「人を助けたい」「人に寄り添った仕事がしたい」と考える方が多く居ます。

実際に福祉の仕事は、人に寄り添うことで支援ができますし、笑顔や感謝の気持ちを伝えられると、やりがいを感じる方がほとんどです。

辛い仕事、辛い現状に直面することもありますが、やりがいを感じられる仕事だからこそ、「今後もがんばろう」と考えるでしょう。

しかし、これまでやる気があったのに、急に落ち込んでしまいやる気が起きない、体調不良などの身体的な不調が起きやすい、という状態に陥ることがあります。

これは「バーンアウト(燃え尽き症候群)」と呼ばれ、対人援助を行う仕事に携わる方に見られる現象です。

対人援助は、その効果は目に見えません。

そのため、つい頑張りすぎてしまう、無理をしてしまう社会福祉士が居ます。

うつ状態になり、心身共に疲労、仕事を辞めたいと悩む方も。

その乗り越え方とは?

自分では気づかないこともある「バーンアウト」。

その原因が分からず、もやもやして、なかなか回復に向かわない、ということもあります。

そんな時に大切にしたいのが、周囲からの声。

人手が足りずつい焦ってしまう時には、相談者や職場からの「忙しそうだね」という声や、家族からの声で気づかされる社会福祉士も居ます。

また、これまでは綺麗好きだったのに、家が散らかっているなど、普段はできていたことができなくなっている、という場合も。

自分では気づきにくい表情や、急に変わってしまった点など、周囲の声を聞きながら、自分の問題と向き合っていきましょう。

そして、「バーンアウト」は短期間で元の状態に戻るわけではありません。

長期的に見て、ゆっくりと休むことが大切です。

普段はなかなかできない旅行に行くこと、遊びに行くこと、運動をすること、食生活の見直し、適度な睡眠などで、気分転換をはかりましょう。

また、どうしても今後仕事を続けるのが困難、休職や転職、退職が必要だと思った際には、無理せず体を休めることを考えましょう。

なかなか仕事に就くことが難しい現在、続けてきた仕事から離れるのは、恐怖や不安がつきものです。

そういった場合のためにも、ある程度の貯金をしたり、利用できる制度を確認しておくことをおすすめします。

いろいろ試したけれど、やっぱり辞めたい!辞める前にやっておきたいこととは?

様々な問題に対する乗り越え方をご紹介しましたが、中には「もう続けられない」と感じている方も居るでしょう。

そんな時には、まずは上司へ相談。

環境の改善を行ってくれるかもしれませんし、問題解決の糸口が見つかるかもしれません。

また、状況によっては病院での診察が必要な場合もあります。

どうしても辞められそうにない仕事の場合、病院での診断が大きな役割を果たすことも。

これまでの仕事の引継ぎや、情報の共有も大切です。

引継ぎができていないと、相談者に対し、適切な支援ができなくなってしまうこともあり、特に引継ぎは重要事項と言えます。

これまでの記録や、気づいた点はしっかり伝えておきましょう。

まとめ

社会福祉士を辞めたいと感じる瞬間と、その乗り越え方についてご紹介しました。

辛い点もありますが、社会福祉士の仕事は、人と寄り添い、支援を行うやりがいのある仕事です。

だからこそ、責任感の重さや、バーンアウトを引き起こしてしまう可能性もあります。

自分で「いつもと違うな」「いらいらしてしまう」と感じたら、まずはしっかり休むこと。

心身ともに疲労しきってしまう前に、休職、退職、転職など、環境を整備することも視野に入れ、無理のない範囲で仕事をしましょう。


関連キーワード

社会福祉士求人

社会福祉士求人についてもっと深堀りした情報を見る

社会福祉士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための注意点

安定した仕事がしたいとか、人の役に立ちなどといった理由から、社会福祉士を目指す社会人の方は多いですよね。福祉の仕事の経験がなくても、社会福祉士に転職することは可能なのでしょうか?著者も会社員を続けながら大学に通い、社会福祉士の資格を取ったので、その経験を基に解説していきます。社会福祉士への転職で狙い目な職場の特徴とは? 社会福祉士の職場と言っても、多種多様な仕事があります。転職する際にはどんな職場を狙ったらよいのでしょうか?具体的に見ていきましょう。前職の経験を生かせる福祉の現場では、福祉系専門学校を出た後にずっと福祉職場で働いているという方も多くいます。もちろん専門職として続けているのは素晴

社会福祉士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

誰かの役に立ちたいという高い志をもって社会福祉士を目指しても、実際のところ、低賃金ではなかなか仕事を続けられない…と考える人は多いと思います。将来結婚したり、子育てをしたりたいと考えている人にとっては、生涯年収がご自身のライフプランに密接にかかわってきますから、当然のことです。資格を取ってしっかり稼いで、理想に近い人生を目指しましょう!社会福祉士の給料の相場はどのくらい?社会福祉士の一般的な年収は250万円~500万円ほどと言われており、残念ながら高給取りとは言えません。しかし勤務地や勤続年数などの条件によっては、年収アップも見込めます。どんな働き方だと給与がよいのか、確認してみましょう。正社

社会福祉士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

社会福祉士は、福祉全般を範囲とする、福祉の専門職です。社会福祉士が担当する分野は多岐にわたり、そこで接する人や抱える問題も様々。そんな社会福祉士の仕事は、どのような人に向いているのでしょうか。社会福祉士の仕事内容を踏まえながら、向き不向き・活かせる経験などをご紹介します。社会福祉士にはどんな仕事があるの?社会福祉士が働く分野は、「病院」「介護」「障害」「子ども」「地域」「公的扶助」と、広い分野を担当します。主に、生活上での悩みを抱える相談者(クライエント)との面談を行い、支援の計画を立てていきます。これを「相談援助」と呼び、社会福祉士の仕事の中心となる業務です。支援計画を立てて終わりではなく、


社会福祉士求人に関するコラム

社会福祉士は女性に向いている?向いている点、できること・大変なことなどを解説します

福祉の職場は、女性が多いイメージが強いですが社会福祉士もまた、たくさんの女性が活躍しているお仕事です。人に寄り添う仕事である社会福祉士は、女性に向いているお仕事なのか?社会福祉士が女性に向いている点女性社会福祉士ならではの出来ること女性が社会福祉士として働く上で大変なことなど、社会福祉士を目指す女性に役立つ情報を解説していきたいと思います。社会福祉士とはどんな仕事? 社会福祉士は、生活する中での様々な困り事や悩み事を解決に導くお仕事です。困り事や悩み事の相談にのり、どうしたら解決できるのかを一緒に考え、使える福祉サービスや制度を提案していきます。相談の内容や対象者は、多岐にわたり、高齢者の介護

社会福祉士として働くメリットとは?私が感じた良いところをまとめました

福祉職はまだまだ、「きつい・きたない・きけん=3K」と言うイメージが根強いお仕事です。しかし一方で福祉職を目指したくなるような魅力溢れるお仕事でもあります。私は、社会福祉士として10年間、様々な職場で経験を重ねてきました。人間を相手にするお仕事ですので、人間関係に悩まされること。自分の力の無さに福祉職を辞めようと考えたことも何度もありました。それでも、社会福祉士として働き続けてきた理由は何なのか?私が感じた、社会福祉士として働くメリットと、働いてきて良かった点をご紹介していきます。社会福祉士の仕事ってどんな仕事?社会福祉士の仕事の軸となるのが「相談業務」です。問題や悩みを抱えた人の相談にのり、

社会福祉士の派遣が向いている人の4つの特徴や必要なスキル・適正、働く上での注意点まで。

社会福祉士も正社員やパートなど、様々な働き方があります。他の職業と同様に、派遣会社から出向いて働く派遣社員の社会福祉士も、もちろんいます。社員が育休中で人手が足りない時などに、来てもらうことが多いようです。では、社会福祉士として派遣社員になったら、どんな仕事をするのでしょうか?一緒に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員の仕事とはどんな仕事?社会福祉士として派遣社員になったら、多くは福祉施設や病院で働くことになると思います。仕事内容はその施設によって異なりますが、具体的に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員が得意な人の4つの特徴とは?同じ社会福祉士の中にも、派遣社員として働くことが得意な人と

社会福祉士の服装ってどうあるべき?様々な会社における服装から、あるべき姿まで

社会福祉士の国家資格を持っている方の仕事の一つに相談業務というものがあります。高齢者分野で言えば、地域の高齢者の方もしくは高齢者の方を介護している家族より生活に関する相談が寄せられます。その相談内容について伺い既存のサービスを提案する事で、解決するきっかけを作っていく重要な役割を担っているのが社会福祉士です。相談業務という事は相手との信頼関係をどれだけ作れるのかがポイントになってきます。関係性を作るためには当然相談援助スキルなども必要になってきますが、それ以前に服装などの外見もとても重要な部分になります。ここでは社会福祉士の服装などを中心に記していきます。社会福祉士の服装ってどうあるべき?地域

社会福祉士になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

福祉のお仕事と聞くと、介護福祉士やケアマネージャーを思い浮かべる方が多いと思います。しかし福祉の需要が高まるにつれ、介護福祉士やケアマネージャー以外にも社会福祉士の必要性が見直されつつあります。そこで今回は、今後活躍が期待される「社会福祉士」についてまとめてみました。社会福祉士になるには?社会福祉士になるためには、国家試験を受ける必要があります。そして、国家試験を受けるためには、受験資格を得なければならず、最短でも4年かかるため決して楽な道のりとは言えません。そこで現役社会福祉士の私が、社会福祉士としての必要な資格や勉強、適性、働き先の見分け方などを徹底解説したいと思います。社会福祉士になるた