「福祉」について、みなさんはどのようなイメージをお持ちですか?

昨今話題となることの多い福祉。

社会福祉士は、問題を抱えている方のサポートをしていく仕事です。

今回は、実際に働く社会福祉士の現状・意見を元に、社会福祉士を続けていきたい理由、将来性についてご紹介していきます。

社会福祉士の仕事内容は?

福祉といっても、分野は様々。

高齢から子ども、病院から地域、最近ではNPO団体の活躍も増えてきました。

介護の問題、児童虐待、貧困、病気によって生計が立てられない、ボランティアや地域とのつながり、そういった問題に対し支援を行うのが、社会福祉士の仕事です。

主な仕事内容は、相談援助。

問題を抱えている相談者(クライエント)の相談を聞き、適切な支援計画を立てることにつなげていきます。

ここでは、クライエントが話しやすい環境をつくること、話してくれるような面接技術が重要となってきます。

あなたは、自分に不安や悩みがあった時、誰かに相談することはありますか?

相談した人が、全く話を聞いてくれなかったり、知っている人に見られているような環境だと、「もう話すのはやめよう」と感じてしまいますよね。

そもそも、社会の中で悩みを抱え、社会福祉士に相談したとしても、社会福祉士は全くの他人であることがほとんどです。

初めて会った人に、自分のプライベートな悩みを打ち明けるのは、抵抗がある方も多くいらっしゃいます。

そのため、クライエントと社会福祉士は、ラポール(クライエントとの信頼関係)を築いていくことが大切です。

次に行うのが支援計画を立てること。

クライエントのニーズに合った計画を立てることは、そう簡単にはいきません。

社会福祉士一人ではなく、他職種との連携を図り、より適切な支援計画を立てていきます。

病院の場合を例に説明しますが、医師や看護師、作業療法士など、患者さんと接することの多い他の職種から話を聞かないと、分からないこともたくさんありますよね。

また、退院後、地域のケアが必要だと判断した場合、その地域の福祉施設との情報共有ができていなかったら、どうなるでしょう。

適切な支援を行うことはできませんし、他職種との連携がどれほど重要なのか分かっていただけたかと思います。

支援計画を立て、計画に沿ったサービスの提供や、制度の利用が開始されます。

社会福祉士は、ここで仕事が終わり、ではありません。

実際にサービス等を利用してみて、クライエントはどう感じているのかを確かめる必要があります。

実際に経験してみないと分からないことがたくさんあることは、みなさんも分かっていただけるかと思います。

この評価は、一度行えば終わり、というわけでもありません。

始めは嫌だったけれど、途中で慣れてきて大丈夫になった、なんてこともあり得ることです。

そのため、定期的に評価を行っていくこと、適切な支援ではなかったと判断されれば、支援計画を立て直す部分に戻ります。

また、実際に支援が行われ、クライアントの問題が解決の見通しが立った場合、支援の終結へ向かっていきます。

その場合にも、今後も利用できる支援やサービスの紹介など、フォローアップのとれる環境を整備していくことも必要です。

この一連の流れを記録することで、今後の技術の向上へとつなげていきます。

社会福祉士をずっとやっていたいと思う8個の理由

実際に働く社会福祉士の声をもとに、「社会福祉士を続ていきたい」という理由をご紹介します。

給料が安定している

社会福祉士の多くは、社会福祉法人や医療法人で採用されています。

そのため、一般的な企業よりも給料が安定しているという点が挙げられます。

また、社会福祉事務所や児童相談所、社会福祉協議会などでは、公務員として採用されることもあり、公務員水準の給料や福利厚生といった、待遇のいい面が利点でもあります。

とはいえ、分野や施設によって給料も差が激しいのが現状です。

転職でスキルアップを図れる

社会福祉士の資格を持っている方は、転職をすることも多くあります。

職場を変えることで、新しい福祉課題を見つけたり、自分の技術を磨くこともできる仕事です。

復職もしやすい

転職についてもご紹介しましたが、復職のしやすい仕事でもあります。

社会福祉士は国家資格。

信頼度も高いですし、育児や家族の介護など、福利厚生の充実している職場であれば、戻りやすいというケースも。

今後福祉の仕事は需要が高まっていくばかりですし、一旦離職しても、戻りやすい職種ではあります。

仕事のやりがいがある

「悩みを抱えている友達の話を聞いていただけなのに、友達が元気になってくれた」

「友達にアドバイスをしたら、笑顔になってくれた」

社会福祉士の資格を持っていなくても、これまで専門的な支援をしたことがなくても、友人との関係でこういったことを感じたことはありませんか?

困っている相手の話を聞き、時には聞き役に徹したり、アドバイスをしたら元気になってくれた。

とても嬉しいことですよね。

それに専門的な技術を合わせ、仕事を行っているのが社会福祉士です。

クライエントの話を聞いて、支援計画を立てる。

その時、クライエントが笑顔を見せてくれたり、解決へ向かっていく姿、感謝の言葉、そういったことから、とてもやりがいを感じられる仕事です。

自分の家族にも還元できる

老老介護や、介護を苦にした心中、子どもへの虐待、障害を持つ子どもへの差別や虐待など、現代の福祉課題は多くあります。

家族が病院に入院した!なんてとき、金銭的に余裕が無かったり、退院後は家の改築が必要となる場合もありますよね。

そんなとき、自分の家族にも還元できる仕事が社会福祉士です。

こんな時に利用できる制度があったな、こんなサービスが受けられそうだ、と知識を生かすことができます。

毎日が発見の連続

対人援助を主な仕事としている社会福祉士。

人が相手となると、一日一日がずっと同じ、なんてことはありません。

施設の利用者が、昨日できなかったことも今日になったらできるようになっていた。

昨日まではあまり話をしてくれなかったクライアントが、ちょっとしたことをきっかけに、たくさん話してくれるようになった。

児童養護施設の子どもが、今までは挨拶をしたら逃げていたのに、懐いてくれるようになった。

とても悩んでいたクライエントに、笑顔が増えていった。

小さいことから大きなことまで、新しい発見の多い毎日を過ごすことができます。

自信が持てるようになる

社会福祉士の資格合格率は、約30%。

年によっては、30%を切ることも多いという、低い合格率です。

しかし、受験資格を得るまでの道のりも長いもの。

毎日何時間も勉強して、実習もして、それでも合格しないことも多くあります。

でも、現在社会福祉士として働いている方は、少ない合格者の中の一人。

「社会福祉士」という言葉は、資格を持っていないと名乗ることのできない資格です。

社会福祉士という資格を取得していることで、仕事をする際に特別な手当がもらえることも。

また、資格のあるなしで仕事内容が変わってくる場合もあります。

「よく頑張ったね」と、自分を褒めてあげることも。

社会福祉士の仕事は、責任のある仕事です。

その責任に押しつぶされそうになりながらも、クライエントの笑顔が見られた時、やりがいを感じるとともに、自分に自信が持てるようになる。

自信が持てると、「また頑張ろう」という気持ちになりますよね。

毎日うまくいくことばかりではありませんが、自分に自信を持ちながら、どんどんスキルアップを図ることができる仕事です。

社会問題を間近で見ることができる

テレビや新聞、ネットで目にすることの多いニュース。

画面越しに映るその光景は、どこか「自分の住んでいる世界とはちょっと違う」と感じがちです。

また、大変なニュースを画面越しに見たところで、今の自分にできることはないのではないか、何もできないのではないか、と思ってしまいますよね。

社会福祉士は、福祉課題を目の当たりにすることばかりの仕事です。

そして、その支援を行っていくことで、福祉課題の解決につながります。

社会福祉士の役割は、クライエントの問題解決の支援を行っていくことがよく挙げられますが、社会を変えていくことも一つの大きな役割。

その役割を担っていること、今後の社会のために行動をしていくこと、それは大きなやりがいと感じられる点です。

けど、社会福祉士って大変なところも・・・。

社会福祉士の仕事のやりがいについてご紹介しましたが、仕事をしていく中でつらく思うことも。

社会福祉士の現状をご紹介します。

給料が低い

社会福祉法人や医療法人の場合は給料が安定していること、公務員として採用された場合も、公務員水準の給料がもらえるということをご紹介しました。

しかし、そういった施設ばかりではないのも現状の一つ。

特に介護の需要は高まり、社会福祉士の資格を持っていても、最初は介護を行うこともあります。

介護の仕事は給料が安い、ということでも知られていますが、実際の仕事内容はハードなものばかりです。

夜勤になることもありますし、一つの行動で利用者がけがをしてしまったり、最悪の場合は亡くなってしまうことも。

介護の現場に限らず、社会福祉士の仕事は、人の人生を左右することのある内容ばかりです。

給料が安定している職種であっても、実際の仕事内容と比べると、割に合わないな、と感じることも。

出産・子育てとの両立が難しい

社会福祉振興・試験センターが行った「平成27年度就労状況調査」の結果を見ていきましょう。

社会福祉士の資格を持っているが、現在仕事をしていない女性の、仕事を辞めた理由の1位は、「出産・子育て」でした。

出産・子育てとの両立が難しいとして仕事を辞めた、約95%の女性が「末っ子が未就学児」という結果です。

また、過去福祉の現場で働いていたが、今は他職種として働いている方の、仕事を辞めた理由を見てみましょう。

ここでも、「出産と育児の両立ができないから」と答えた割合が22.6%と、女性の辞めた理由1位となっています。

なぜ転職する際に福祉に戻らなかったのか、という理由に関しても、「仕事と家庭の両立が難しそうだった」と回答したのは30.9%となります。

しかし、復帰意欲に関しては、「条件があえば働きたい」と回答している人が、資格はあるが現在働いていない人全体で52.0%と一番多くなっています。

現在福祉の現場以外で働いている人も、「条件があえば働きたい」と回答している割合は48.4%。

現在就労していない人では、54%が「条件があえば働きたい」、15.3%が「ぜひ働きたい」と回答しています。

復帰意欲はあるものの、復帰のめどが立っているか、に関しては66%が「決まっていない」と回答。

復帰する際に最も重視する点は、労働時間や休日など、環境に関する点と回答したのが28.2%と最も多くなっています。

復帰する際の支援として、「最近の制度改正等の動向に関する研修」と答えたのは64.7%と最も多い結果に。

この結果から、出産や育児に対する対応が未熟であることが分かります。

しかし、条件が合えばまた働きたいと考えている人が多いのも現状。

過去働いた経験のある方は即戦力です。

女性の働きやすい環境づくり、そして復帰の際に行う研修の充実が求められています。

施設の運営に不満がある

社会福祉振興・試験センターの「平成27年度就労状況調査」の結果を再度見ていきます。

社会福祉士として働いていた女性が仕事を辞めた理由の1位は、「出産・子育てとの両立が難しい」という理由でした。

性別ごとに見てみると、社会福祉士として働いていた男性が仕事を辞めた理由の1つが、「法人・事業所の理念や運営に不満があった」という理由です。

もう一つの理由は、「より魅力的な職種が見つかった」という理由になっています。

また、現在の職場として福祉を選ばなかった理由としては、「給与・諸手当が低かった」と回答している男性が多くなっています。

この回答をしているのは、社会福祉士として働いていたが、現在は社会福祉士として働いていない、という項目です。

社会福祉士として働いていた当時、高齢者関係施設の正規職員として働いていたのが34.3%と最も高くなっています。

介護に関して言えば、最近では開放的な施設が増え、職員の待遇の改善も行われてきています。

しかし、実際に働く人が満足している環境なのかといわれると、まだまだ不十分。

仕事をする際には、実際に体験したり、見学をしたり、そういった情報開示の必要性も高まっています。

責任が重すぎる

実際に社会福祉士の仕事をしている人の声としてよく耳にするのが、責任の重さ。

社会福祉士は、悩みを抱えるクライエントの支援を行う仕事です。

そのため、クライエントの笑顔や感謝の気持ちを伝えられると、とてもやりがいを感じることができる仕事でもあります。

しかし、その責任は決して軽いものではありません。

福祉の職場といっても、働く人の役割はそれぞれ。

その場で働く人みんながみんな、社会福祉士の資格を持っているわけではありません。

そのため、一人の社会福祉士が担当する案件は数が多くなっているのが現状です。

また、仕事内容の多さ、すぐに解決する問題ではないことも多く、クライエントと接する期間も長くなっています。

大きな問題が起こってしまうことと隣り合わせであることを自覚しながら、責任感のある仕事を行っていかなくてはいけません。

その責任感と、出産や子育て、家庭のこと、職場に対する不満を持ちながら働くことは、とても難しいというのが現状です。

バーンアウトに注意

「燃え尽き症候群」とも呼ばれるバーンアウトは、クライエントに寄り添う仕事だからこそ起こってしまう可能性が。

社会福祉士の仕事が、とてもやりがいのある仕事で、そのぶん責任の重い仕事であることが分かっていただけたでしょうか。

だからこそ、仕事に熱心に、クライエントに一生懸命寄り添おうとする社会福祉士がたくさんいます。

しかし、そこでストレスを感じることも。

現実とのギャップや、クライエントと家族等の間の摩擦、安定しない労働環境、そこから起こってくるのがバーンアウトです。

社会福祉士が担当する案件は様々で、思い通りにいかないことも、成果が目に見えないことも。

やる気がなくなってしまったり、難しいことから目を背けるという状態にも。

ストレスからくる不眠などにより、体調不良を感じることもあります。

また、元から疲れやすい、ストレスを感じやすい、心の病気を抱えていた、という社会福祉士も少なくありません。

実際に自分が心の病気となり、病院で見かけた社会福祉士や精神保健福祉士に興味を持ち、自分もなろうと思った、という人もいます。

自分のストレスとうまく向き合っていくことも大切ですが、今後の労働環境の整備が求められます。

社会福祉士の将来性とは?

福祉的な課題が増えていく現代。

そんな社会で働く、社会福祉士の将来性とはどういったものでしょうか。

介護分野において

介護は大きな問題となっています。

家族に介護が必要な人がいる、という方も多いですよね。

介護分野での需要はとても高まっています。

しかし、低い合格率を潜り抜けても、相談業務はちょっとだけ、主に介護をしているという社会福祉士も。

給料の面で不満があり、介護の手が足りていないのも現状です。

最近では、施設に入所して介護をするのではなく、地域の中でケアをしていく、という動きも。

今後は労働環境、支援する環境、施設の情報開示などが求められます。

子ども分野において

少子化が進む中でも、子どもの虐待など心が痛むニュースが増えてきました。

児童相談所での仕事は、まず採用をもらうまでが大変です。

そして、作業と給料が見合わない。

職場の異動もありますし、人が定着しないという問題も。

一人の担当件数も多く、手が回らない状態です。

また、貧困や障害を持っている子どもである場合も多く、親が精神的な疾患を持っているという場合も。

他の職種との連携、アウトリーチが求められますが、人手が足りません。

有資格者・経験者の人材の確保、そのための労働環境整備が求められます。

医療機関において

医療機関の社会福祉士(医療ソーシャルワーカー)は、安定した収入が期待でき、働きたいと考えている社会福祉士の卵も多く居ます。

また、最近では地域でのケアを行っていくという働きもあり、より密接な他職種との連携が求められています。

とはいえ、医療機関によっては給料が安いことも多く、患者と家族、医師や看護師の板挟みになることも。

知名度が高いとも言えず、役割を理解していない人や、相談できる人が居ないという問題もあります。

中には、「事務職の一人」だと思われている、なんて声も。

事務作業などを行う場合もあり、仕事に見合った給与が求められます。

NPO団体において

最近では、クリエイティブな団体が増えているNPO団体。

開放的な環境であったり、柔軟性があったりと、人気な分野です。

しかし、給料に関して不安がある場合も。

福祉だけでなく、様々な知識が必要となります。

実際に施設等で働いていた社会福祉士が独立し、設立することもあり、仕事内容としては画期的なものも多いです。

一つのものにこだわらず、自由な発想や行動、そして社会を変えていきたい、という方にはおすすめですし、今後需要が高まっていくでしょう。

学校分野において

虐待やネグレクト、貧困、暴力行為、不登校など、学校での問題も様々。

最近活躍が期待されるのが「スクールソーシャルワーカー」です。

また、震災の心のケア、被災した家庭の経済的な問題など、担当する範囲も広くなっています。

神奈川県の例を見てみると、平成29年度、配置しているスクールソーシャルワーカーは、小・中学校で36人、高校で25人となっています。

小・中学校の場合は、県内の4教育事務所に配置型24人、巡回型12人、計36人。

高校の場合は、拠点校型25人、25校に一人ずつ配置されています。

平成28年度よりも、相談件数が362件増加しており、知名度も徐々に上がってきていることが分かります。

しかし、問題は深刻化しており、他職種との連携、長期間での支援が必要という課題も。

今後全国的に増えていくであろうスクールソーシャルワーカー。

社会福祉士をはじめ、精神保健福祉士、臨床心理士、教員経験のある人が働いています。

問題が多様化する中で、ますます需要が高まる仕事です。

まとめ

社会福祉士の将来性についてご紹介しました。

問題も多いですが、やりがいのある仕事、今後の需要や期待が高まっている仕事ということが分かっていただけたでしょうか?

社会福祉士を目指す人、福祉の仕事に就きたい人もそうでない人も、社会福祉士について知るきっかけとなれば幸いです。


関連キーワード

社会福祉士求人

社会福祉士求人についてもっと深堀りした情報を見る

社会福祉士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための注意点

安定した仕事がしたいとか、人の役に立ちなどといった理由から、社会福祉士を目指す社会人の方は多いですよね。福祉の仕事の経験がなくても、社会福祉士に転職することは可能なのでしょうか?著者も会社員を続けながら大学に通い、社会福祉士の資格を取ったので、その経験を基に解説していきます。社会福祉士への転職で狙い目な職場の特徴とは? 社会福祉士の職場と言っても、多種多様な仕事があります。転職する際にはどんな職場を狙ったらよいのでしょうか?具体的に見ていきましょう。前職の経験を生かせる福祉の現場では、福祉系専門学校を出た後にずっと福祉職場で働いているという方も多くいます。もちろん専門職として続けているのは素晴

社会福祉士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

誰かの役に立ちたいという高い志をもって社会福祉士を目指しても、実際のところ、低賃金ではなかなか仕事を続けられない…と考える人は多いと思います。将来結婚したり、子育てをしたりたいと考えている人にとっては、生涯年収がご自身のライフプランに密接にかかわってきますから、当然のことです。資格を取ってしっかり稼いで、理想に近い人生を目指しましょう!社会福祉士の給料の相場はどのくらい?社会福祉士の一般的な年収は250万円~500万円ほどと言われており、残念ながら高給取りとは言えません。しかし勤務地や勤続年数などの条件によっては、年収アップも見込めます。どんな働き方だと給与がよいのか、確認してみましょう。正社

社会福祉士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

社会福祉士は、福祉全般を範囲とする、福祉の専門職です。社会福祉士が担当する分野は多岐にわたり、そこで接する人や抱える問題も様々。そんな社会福祉士の仕事は、どのような人に向いているのでしょうか。社会福祉士の仕事内容を踏まえながら、向き不向き・活かせる経験などをご紹介します。社会福祉士にはどんな仕事があるの?社会福祉士が働く分野は、「病院」「介護」「障害」「子ども」「地域」「公的扶助」と、広い分野を担当します。主に、生活上での悩みを抱える相談者(クライエント)との面談を行い、支援の計画を立てていきます。これを「相談援助」と呼び、社会福祉士の仕事の中心となる業務です。支援計画を立てて終わりではなく、


社会福祉士求人に関するコラム

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

社会福祉士は女性に向いている?向いている点、できること・大変なことなどを解説します

福祉の職場は、女性が多いイメージが強いですが社会福祉士もまた、たくさんの女性が活躍しているお仕事です。人に寄り添う仕事である社会福祉士は、女性に向いているお仕事なのか?社会福祉士が女性に向いている点女性社会福祉士ならではの出来ること女性が社会福祉士として働く上で大変なことなど、社会福祉士を目指す女性に役立つ情報を解説していきたいと思います。社会福祉士とはどんな仕事? 社会福祉士は、生活する中での様々な困り事や悩み事を解決に導くお仕事です。困り事や悩み事の相談にのり、どうしたら解決できるのかを一緒に考え、使える福祉サービスや制度を提案していきます。相談の内容や対象者は、多岐にわたり、高齢者の介護

社会福祉士として働くメリットとは?私が感じた良いところをまとめました

福祉職はまだまだ、「きつい・きたない・きけん=3K」と言うイメージが根強いお仕事です。しかし一方で福祉職を目指したくなるような魅力溢れるお仕事でもあります。私は、社会福祉士として10年間、様々な職場で経験を重ねてきました。人間を相手にするお仕事ですので、人間関係に悩まされること。自分の力の無さに福祉職を辞めようと考えたことも何度もありました。それでも、社会福祉士として働き続けてきた理由は何なのか?私が感じた、社会福祉士として働くメリットと、働いてきて良かった点をご紹介していきます。社会福祉士の仕事ってどんな仕事?社会福祉士の仕事の軸となるのが「相談業務」です。問題や悩みを抱えた人の相談にのり、

社会福祉士の派遣が向いている人の4つの特徴や必要なスキル・適正、働く上での注意点まで。

社会福祉士も正社員やパートなど、様々な働き方があります。他の職業と同様に、派遣会社から出向いて働く派遣社員の社会福祉士も、もちろんいます。社員が育休中で人手が足りない時などに、来てもらうことが多いようです。では、社会福祉士として派遣社員になったら、どんな仕事をするのでしょうか?一緒に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員の仕事とはどんな仕事?社会福祉士として派遣社員になったら、多くは福祉施設や病院で働くことになると思います。仕事内容はその施設によって異なりますが、具体的に見ていきましょう。社会福祉士の派遣社員が得意な人の4つの特徴とは?同じ社会福祉士の中にも、派遣社員として働くことが得意な人と

社会福祉士の服装ってどうあるべき?様々な会社における服装から、あるべき姿まで

社会福祉士の国家資格を持っている方の仕事の一つに相談業務というものがあります。高齢者分野で言えば、地域の高齢者の方もしくは高齢者の方を介護している家族より生活に関する相談が寄せられます。その相談内容について伺い既存のサービスを提案する事で、解決するきっかけを作っていく重要な役割を担っているのが社会福祉士です。相談業務という事は相手との信頼関係をどれだけ作れるのかがポイントになってきます。関係性を作るためには当然相談援助スキルなども必要になってきますが、それ以前に服装などの外見もとても重要な部分になります。ここでは社会福祉士の服装などを中心に記していきます。社会福祉士の服装ってどうあるべき?地域