社会的背景として、ブラック企業の増加は否めません。

数多く存在する企業のなかには、思いもつかないような対応を取ってきたり、部下にとって良くない待遇であったりするケースもみられます。

このようなブラック企業を辞めたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

この記事は、あなたの勤めている会社がブラック企業だと分かったとき、以前からブラック企業だとは分かっていてもなかなか辞めさせてくれなかったときの辞め方の参考にしていただければ幸いです。

それでは早速、みていきましょう。

ブラック企業の辞め方8個の手順と注意点

生活を安定させるために仕事をすることは必至です。

しかし、会社に勤めてブラック企業だと分かったとき、普通なら「こんな会社辞めたい」と考えますよね。

企業のシステムにもよりますが、ブラックであればあるほど辞めたくても辞めさせてくれないというケースもみられます。

そこで、ブラック企業を辞めたいと思っている方に必見です。

ブラック企業を辞める場合は、入念な計画を立てることが大切です。

ここでは、ブラック企業の辞め方の手順と注意点について解説していきます。

辞める理由を明確にする

会社を辞める際には必ず理由を明確にしなければなりません。

理由もなしに会社を辞める人なんていませんよね。

ブラック企業を辞めるときの理由付けは重要です。

会社を辞めるときは、ほとんどのケースでその理由を迫られます。

そんなときに、「この会社はブラック企業だから辞めます」とは言えないですよね。

一般的には保守的な理由付けをする方が多いのではないでしょうか。

例えば、「仕事がきついから」、「今の仕事が合わないから」という理由です。

確かに仕事がきついのは当たり前ですが、具体的にはどのような場面できついのか、何に対して苦痛を感じているのかを明確にする必要があります。

これを、そのまま理由として言わなければならないという訳ではなく、次に自身がステップアップするために必要なことだと捉えるとよいでしょう。

すると、次の転職先で活かせる場面も出てくるはずです。

実際に辞める前に、辞めた後どうするかを考えてみる

退職を考えたときは、一瞬不安になる方も多いでしょう。

一番の不安は収入面だと思います。

安定した生活を続けていくためには、やはり安定した仕事と収入が必要不可欠です。

そこで、実際に会社を辞める前に、辞めた後にどうするのかをシミュレーションするとよいでしょう。

具体的には、いつ頃辞めて転職するまでの期間は何をして、どう過ごしていくのかを明確にすると不安が払拭される場合があります。

将来をどうしていくかは自分次第ですが、どうしても悩んでしまう方は他人の意見を取り入れるのもよいでしょう。

今勤めている会社がブラック企業だから辞めたいと思っていたとしても、次どのようにするのかを決めておかなければ行動することができません。

合わせて、次にブラック企業に転職しないための注意点もおさらいしておくとよいでしょう。

転職活動を同時に進める

退職を考えたときに同時進行しておきたいのが、転職活動です。

退職したいと考えた瞬間から、勤めている会社への意識が遠のいているといえます。

そのため、その仕事で将来的に道筋を立てるのは困難です。

いち早く次のステップに進むためにも、転職活動は同時進行するのがよいでしょう。

このときに注意すべき点として、ブラック企業に転職しないようにすることです。

現在勤めている会社がブラック企業だとして、次に転職する会社もブラック企業だったら精神的にも辛いですよね。

そのため、転職する際は会社をよく調べて見極める必要があります。

転職については、いくつか転職先の候補を挙げておくとよいでしょう。

いずれにせよ、実際に会社を退職するまでには時間がかかります。

場合によっては、辞めさせてくれないブラック企業も存在します。

転職先の募集期間もありますので、その点よく確認しておかなければなりません。

退職したい旨を相談する人を決める

会社を退職したいと考えたときに、あなたは誰に相談しますか?

多くの方は身内や同僚でしょう。

なかには上司という方もいるかもしれません。

退職を考えたときは、まず誰かに相談することは必至です。

そのため、誰に退職に関する相談をするのかを決める必要があります。

退職するということは、自身の人生の中で大きな転機となるケースも少なくありません。

相談する相手が誰でもよいという訳ではありませんので、親身になって聞いてくれる人を探しましょう。

ここで、相談する人を間違えてしまうと自身の将来設計が崩れてしまう危険性があります。

例えば、相談した相手が口の軽い人で言いふらされたり、実はブラックな人だったりする場合がありますので注意が必要です。

自分が会社を辞めたいと相談するのは大変勇気がいると思います。

また、相談を受ける側にとっても、その人の人生設計を大きく変えてしまうプレッシャーを感じることでしょう。

退職したい旨を上司にいきなり伝える前に、知人や友人、同僚など気軽に話せる方に相談してワンクッションおくことで考え方や視点が変わって見えてくることがあります。

退職したい旨を上司に伝える

退職を決意したら、その旨上司に伝えましょう。

退職したい理由や今後どのようにしていきたいという内容は、すでに自身のなかで決まっているはずです。

ストレートに伝えることが、後々尾を引かない退職へと繋がることでしょう。

このとき、必ず上司から退職する理由が求められます。

素直に思っていることを伝えましょう。

しかし、ブラック上司であった場合、その理由についてネチネチと説教してきたり、会社からの評価が下がるからという理由でなかなか辞めさせてくれないというケースも見られます。

それでも「辞めたい」という決意が揺るがないようであれば、退職することを貫き通すことが大切です。

ブラック企業であればあるほど、退職したい旨伝えてもなかなか聞き入れてくれないというケースがみられます。

しかし、自分が「辞める意思を変えない」ことを貫き通し続ければ必ず会社側が折れてくれるはずです。

退職日を交渉する

退職したい旨上司に伝えて納得してもらったら、次にすることは退職日を交渉することです。

このとき、すでにこれまで同時進行してきた次の転職先や今後どのように行動するのかを明確化していると思います。

それに向けた行動を取らなければなりません。

具体的には、次の転職先の企業の入社日が決まっていたり、面接の日程が決まっていたりするケースです。

転職先の入社日が決まっていれば、スムーズに退職して転職できる日程を組まなければなりませんし、面接の日程が決まっていれば転職はまだ先ですので退職日を少し遅めにするなどの対応が必要となってくる場合があります。

いずれにせよ、退職日は会社の都合もありますが、個人的な都合も考慮してもらわなければ次は転職先に迷惑をかけてしまうことがありますので注意が必要です。

しかし、ブラック企業であった場合、退職日を交渉してもなかなかすぐには退職させてもらえないケースも少なくありません。

極端に言えば、退職日を6ヵ月後に設定されたという話も耳にするほどです。

このようなブラック企業に長く勤めることは、精神面でもプラスに働かないことが数多くありますが、退職を考えたらいち早く辞めてしまうことも視野に入れて動いていく必要があります。

辞表を提出する

退職日が決定したら辞表を提出しましょう。

多くの会社で辞めるときには辞表が必要です。

また、辞表を提出することで退職がスムーズに進むケースがあります。

例えば、退職日が設定されていたにも関わらず、退職日に辞めさせてもらえそうにないというケースです。

このような場合は、事前に辞表を提出していることで退職日を双方確認できるとともに、企業側の都合で退職日に辞めさせてくれないというブラックな対応を回避することができます。

ちなみに、辞表は退職願いとして提出される方もいますが同じ扱いです。

主な書き方として、「一身上の都合」を理由にする方がほとんどだと思いますが、一般的にはこの理由で問題ありません。

また、辞表を提出するタイミングはこのときでなくても、退職を申し出たその瞬間でも構いません。

会社によって流れる時間帯が異なりますので、自身のライフスタイルに合致した時間で提出するのがよいでしょう。

ブラック企業のなかには、退職する旨伝えて納得してもらったにも関わらず、いざ辞表を提出すると「どうしても辞めたいのか?」となかなか最後まで辞めさせてくれない動きをする会社があります。

このようなときでも「辞めたい」という意思を貫き通す必要があります。

有給休暇がどれくらい残っているか確認する

退職日が決まって、あとは退職日までどう過ごしていくかは自身で考えていく必要があります。

このときに確認しておかなければならないことは、有給休暇がどれくらい残っているのかということです。

有給休暇は、次の転職に向けての準備期間として活用するとよいでしょう。

そのためには、どれくらいの休暇が取れるのか把握しておく必要があります。

ブラック企業のなかには、有給休暇を取らせてくれない会社もありますが、有給休暇は従事者の権利でもありますので積極的に取っても何も問題ありません。

どうしても企業側が対応してくれない場合は、各地方の労働基準監督署に相談してみるとよいでしょう。

すべてが解決する訳ではありませんが、根拠や理由があれば必ず労働者の見方になってくれるはずです。

注意点

ブラック企業を辞める手順として注意しなければならない点はいくつかあります。

なかでも、退職する理由については退職に向けての動きに直接影響するため、対応と合わせてよく考えていかなければなりません。

また、退職に向けて相談できる人を探しましょう。

ここで、相談する人を間違えてしまうと今後の人生設計に大きく影響してしまうので注意が必要です。

そして、ブラック企業に多いのが、退職に向けて動いた従業員に対しての仕打ちが厳しいことです。

辞めたいのに辞めさせてくれないというのがよい例ですが、実際に「辞めさせない」対応を取るブラック企業が増えています。

そこで注意しなければならないことが、「辞めるという意思をしっかり企業側に伝える」ことです。

何かと理由を付けて辞めさせないように仕向けてくると思いますが、退職に向けて意思を曲げないことが大切です。

ブラック企業が辞めさせてくれないときの対応

会社を辞めたいと思っても、なかなか辞めさせてくれない場合があります。

あなたの勤めているその会社、もしかしたらブラック企業かもしれません。

ブラック企業の特徴としていくつか挙げられるなか、「辞めたくても辞めさせてくれない」というケースも少なくありません。

それでは、なかなか辞めさせてくれないときの対応はどのようにすればよいのでしょうか。

それは、自身が「辞めたい」という意思を貫き通すことです。

ブラック企業の多くは、何かと理由を付けて退職までの日程を意味も無く延ばしたり、退職日に辞めさせてくれないケースがみられます。

しかし、辞める意思を強く持って、そのような企業の思惑に屈しないことが大切です。

仮に、自身の力ではどうしようもないときは、同僚や知人、信頼できる上司やお近くの労働基準監督署に相談するのもよいでしょう。

退職が受理されたらやること

晴れてブラック企業の退職が受理されたら、次にすべきことは決まっています。

ここでは、退職が決定してから転職に向けてどのように動けばよいのかを解説していきます。

有給を消化する

多くの企業では有給休暇を採用しています。

有給休暇は労働者の休む権利であり、企業が勝手に休ませないということはできません。

この有給休暇は次の転職準備のために活用しましょう。

使い方の例として、退職日から逆算して退職日が有給消化日の最終日になるように調整することをおすすめします。

失業保険について確認しておく

次の転職先がなかなか決まらなかった場合、期間に応じて失業保険が適用される場合があります。

失業保険は、失業された方を対象に一時的に収入面のサポートをしてくれる国の制度です。

退職して全く収入がなくなるのは不安ですよね。

失業保険に関しては、お近くの職業安定所やハローワークで相談できます。

次の転職先を決定する

転職先を決めておくことも重要です。

仮に退職時に次の転職先が決まっていなければ探さなければなりませんし、すでに転職先が決まっていればあとは準備を進めるだけです。

ブラック企業を退職した後の次のステップとして、将来どう過ごしていくかを考えていかなければなりません。

まとめ

最後に、ブラック企業に勤めていると、いつの間にかその環境に慣れてしまってブラック企業をブラック企業だと思わなくなってしまう場合があります。

この記事は、もし、ブラック企業だと気付いて退職を考えたとき、どのように動いていけばよいのか迷った方の参考になれば幸いです。