仕事が向いてないか見極めるためのチェック項目についての写真

人はどのようなときに仕事向いてないと感じるのでしょうか。

色々なタイプの人間がいるように仕事の種類も多種多様に存在します。

数が多ければ合う合わないといったことは必ずありますし、それは仕事だけに限ったことではありません。

ですがそもそも向いている向いてないを決めるものは何なのでしょう。

仕事をしていればこの仕事向いてないと思ったことは誰しもあると思いますが、そう思わせる要因とは何なのでしょう。

これからご紹介していくことは仕事が向いてないと感じる理由だったり本当に向いてないのかを見極めるための一つのツールとして参考にしていただければと思います。

「今の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

仕事が向いていないと感じるのはなぜ?

なぜ向いてないと感じてしまうのか。

このように思うときにはいくつかの共通点があります。

まずは失敗です。

人は物事において失敗が続いてしまうと、向いてないんじゃないかと勝手に思ってしまいます。

他にも刺激がなかったり、楽しくなかったり、自分の能力を活かせないと感じるときに向いてないと思うのです。

これは仕事に限らず勉強でもスポーツでも言えることです。

勉強は楽しくないからとか、勉強しても成績が伸びないから向いてないなどというように自分がどれだけ向上できるか、それができないと判断したときに向いてないと感じるのです。

この共通点を聞いたら確かに自分もそうだったと思い出したりすることもあると思います。

向いてないと感じる時にはマイナスな事が起きたときに多く、自己嫌悪に陥ったときや、諦めた時の理由付けとして向いてないと思ってしまうのです。

向いていないと自分一人で決めつけないで、こちらから相談してみてはいかがでしょうか。

「今の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

仕事が向いてないか見極めるための17個のチェック項目

では仕事においてどのような要因が向いてないと判断させてしまうのか。

これから幾つかのチェック診断をしていただきます。

その中で各項目の最後に丸かバツを選んでそれを覚えといてください。

全てのチェック項目が終わりましたら数を足してその結果を見てみてください。

あなたが今の仕事にどれだけ向いてないかが分かるかもしれません。

やりがいがない

やりがいがない。

やりがいやりがいとよく言いますがそもそもやりがいとは何なのでしょうか。

やりがいとは、充足感や手応え、張り合いなどという意味があります。

意味は分かったところでなぜこのやりがいが必要なのか。

では例として、レベル1から育てて強くしていくゲームと、最初からレベル100のマックスでどれだけ敵を倒してもレベルアップしないゲーム、どちらが楽しいでしょうか。

豪快さがあってゲームが進めやすいのは後者です。

最初はその豪快さなどから楽しいと思えるかもしれませんが、必ず飽きがくるのは後者です。

対して一からやっていく面倒さはありますが、強くなっていく喜びや自分の力でゲームを進めていく手応えなどは前者のほうが大きく、また長く続くのもこちらでしょう。

これがやりがいです。

例えはゲームでしたが仕事でも同じことです。

毎日働いている充足感や仕事に対しての張り合いがあったほうが絶対に楽しいはずなのです。

このようにやりがいと言うだけではやっていけば見つけるでしょーとぼんやりした存在だと思いますが、明確にすることで何に充足感を得ているのか、何に手応えを感じているのかが分かるのです。

ですがこのやりがいがないと、毎日仕事していてもつまらないと感じたり物足りなさを感じたりするばかりで、仕事に対して熱も出てきません。

では質問です。

あなたは今の仕事にやりがいを持っていますか?

持っているという方はバツを、持っていないという方は丸を選んでください。

自分が成長している実感がない

皆さんは仕事で自分が成長したなと感じているでしょうか。

何が成長か分からないということもあるでしょう。

では入社する前に比べて今は出来ることが増えましたか?

自分が成長したかしていないかはとても大事なのです。

先程も述べたように成長していないことは能力を活かせないと感じてしまうからです。

働いている年数にもよってここは差が出てくると思いますが一般的には勤続年数と成長は比例します。

勤めている年数が長ければ長いほどそこの職場で経験が大きいわけですからどうしても成長するはずなのです。

自分では気づいていないだけで成長しているというケースも大いにあります。

人は日々の僅かな変化には気づきにくいため自分では成長していないと思うことも無理はないのです。

成長を感じることで充足感だったり自信になったりするものですし、それらがまた大きな成長へのバネになります。

ですが成長を感じていない成長したと思えないようだと、仕事に対してのモチベーションも下がってしまいますし、これまでを否定してしまうことにも繋がってしまうかもしれません。

では質問です。

あなたは仕事において自信の成長を感じれていますか?

感じれているという方はバツを、感じていないと思う方は丸を選んでください。

仕事の悩みが尽きない

働いていて悩みがないという方はいないのではないでしょうか。

どんな仕事にも悩みはあるものです。

また悩みは仕事内容から対人関係、給料や休暇、福利厚生などその悩みの質というのは職種の数、人の数だけありますから悩みを無くすということは無理といっても過言ではないでしょう。

ただ、仕事の悩みが多いと精神的疲労が大きくなってしまいます。

家に帰っても仕事の事を悩んでいる状態だと相当精神的にキツいのでは無いかと思います。

ただ悩むことは決して悪いことではないのです。

悩むということはあなたがその問題に対して真面目に取り組んでいるからこそ出てくるものなのです。

稀に悩みはないという人がいますがそういう人は何も考えていなかったり真面目に取り組んでいなかったり、引きずらないようなタイプの人なのです。

このような人は楽観的過ぎるだけなのでそういう人と自分を比較するのはやめましょう。

比較することで自分ばかりこんなに悩んでいるという劣等感も感じるようになりますし、ますます仕事に対しても悪影響になります。

まずは一人で悩まずに相談できる人を見つけることで悩みも軽減されて仕事にも熱が入ることでしょう。

では質問です。

あなたは今の仕事に対してどれほど悩んでいることがありますか?

毎日のように悩んでいるという方は丸を、多少の悩みはあるけど問題ないという方はバツを選んでください。

仕事で目標がない

目標と言うものは誰かが作ってくれるものではなく自分で作るものです。

目標というのは本当に大事で、何をするにも目標をもって取り組むのと何も掲げずに取り組むのとでは結果に差が出てしまうものです。

それだけ目標というのは必要で、また目標を立てられる環境にいることもとても大事なのです。

目標を作ることは誰にだってできます。

ですがそれを達成できるかできないかは個人差が出ます。

もちろんノルマであれば達成したときに会社から報酬だったりがあるかもしれませんが目標ではそれがないのです。

ですが報酬がないからこそ、それを達成できるかできないかで変わってくるのです。

仕事は養う家族がいれば別ですが一人の人にとっては自分のために働くことが働く意義になっていると思います。

目標なんか作らなくても仕事はできますし、ちゃんと働いていれば給料ももらえます。

生活していく上で問題はないでしょう。

ですがもし刺激を求めていたり向上する気持ちが少しでもあるのであれば自分に厳しくならなければいけないこともあります。

それが目標です。

また目標は達成することで仕事のスキルアップにも繋がれば自信にもなります。

これは働いていく上で大きなアドバンテージです。

最初から大きな目標を作らずに小さな目標からでもいいかもしれません。

では質問です。

あなたは今の仕事において目標はありますか?

目標があるという方はバツを、特に目標はないという方は丸を選んでください。

職種が合っていない

今のご時世仕事は自分で決めることができる世の中で、なろうと思えば何にでもなれてしまいます。

それは素晴らしいことで本人の努力次第でいくらでも理想とする職に就く可能性があるわけですから。

ですがその分、職を選ぶ選択肢が多くなります。

選択肢が多いというのは迷いにも繋がっていきます。

仮に職についてもなんか合わないと感じると今の仕事向いてないのかなーと勝手に思い込んでしまったり、別の仕事だったら合っているかもと根拠のない理由から仕事を辞めてしまったりして一つに定着しにくい状況にあるのも事実です。

選択肢が多いため、職を探す前からちゃんと自己分析や自己適性の見極めが大事になってきます。

自分はどんな仕事がしたいのか、なぜその仕事がしたいのか、またその仕事は自分の適性に合っているのかなどをしっかりと確認する必要があり、ここを怠ってしまうと自分でもどんな仕事がしたいのか分からないけど、何となく合わないから向いてないから辞めたという結果に陥りやすいです。

では質問です。

あなたは今の仕事が自分に合っていると思いますか?

合っていると思う方はバツを、合っていないと思う方は丸を選んでください。

自分に合っていないと思った人は、こちらから自分に合った仕事を探して貰うと良いでしょう。

人間関係が良くない

人間関係が良くない

人間関係は時に一番厄介なものになることがあります。

職場での人間関係は仕事以上に大事になってきます。

若いときや尖っているときなんかは一人で何でもできるような気持ちになったり、馴れ合うことが嫌いだったり、人見知りやコミュニケーション下手などからあまり職場の人と交流を取れない人が多いのではないでしょうか。

人間関係は働く上で精神的に大きな影響を与えるのです。

仕事で何か聞きたいことがあっても聞けなかったり、チームで仕事をするのに上手く打ち解けられずにチームの輪に入れなかったり、その結果社内で孤立したりいじめに遇ったりと大袈裟に聞こえるかもしれませんが充分に起こり得ることなのです。

どれだけ仕事が向いていて転職だと思っていてもコミュニケーションが上手くとれていなければその仕事での活躍は見込めないでしょう。

仕事において信頼とは二つ存在し、一つは実績による信頼。

これはどれだけの実力があってどれだけできるのか、いわゆる目に見える信頼です。

そしてもう一つがコミュニケーションによる信頼です。

心の信頼です。

この二つの信頼があって初めて周囲から頼られたり受け入れられたりするのです。

それだけ人間関係は大事で仕事をくれるのが人ですから協調性や最低限のコミュニケーションは仕事を円滑に進める上で必要不可欠です。

では質問です。

あなたは今の仕事で良い人間関係が築けていますか?

築けているという方はバツ、あまり築けていないという方は丸をを選んでください。

やりたいことじゃない

今やっている仕事が本来やりたい仕事ではないという人は多いのではないでしょうか。

先ほど述べたように今のご時世様々な職種があります。

自分がやりたい職種もあることでしょう。

ですがやりたい職種に全員が全員就けるかと言ったらそれは無理です。

人それぞれ抱えている状況は違いますし、家庭環境も違います。

やりたい事があっても目指すことすらできない人も多くいます。

また目指すことはできても時間制限があったり、挫折して諦めたりと理由はたくさんあります。

その中でもとにかくがむしゃらに追い続けた人だけが就くことができる、それがやりたい仕事です。

ですからやりたい仕事じゃないから仕事がつまらないと思うことは仕方ないことかもしれませんが、がむしゃらになってでも追い続けなかった自分が悪いのです。

またやりたい仕事を追い続けて生活をするためにやむ終えず別の仕事をしている人も多くいます。

確かに今のあなたからしてみたらやりたい仕事ではないでしょうが、やりたい仕事を追うための手段と割りきれば何ら不満はないはずです。

他にも色々な理由からやりたい仕事に就いていない人は数多くいます。

ですがそこまで執念深く諦めきれないのであればまた目指せばいいのです。

完全に諦めない限りは勝ちの途中です。

やりたい仕事じゃないと嘆くよりも目の前の仕事にちゃんと取り組んで、その上で本気でやりたい仕事に就きたいのであれば目指してみればいいのではないでしょうか。

では質問です。

あなたは今の仕事がやりたい仕事でしたか?

やりたい仕事だという方はバツを、やりたい仕事じゃないという方は丸をを選んでください。

他の人との比較や上司からの評価

会社に属しているとどうしても他の人と比較してしまうことがあるでしょう。

ですが比較する事も気持ちをプラスに持っていく力があればこそ役にも立ちますが、マイナスな気持ちにいってしまうようであれば比較はしないことです。

酷なことに他の人と自分を比較したときに成績や評価が明確に分かってしまいます。

もし自分の評価や成績が悪ければ人によっては自分自身を否定されたように感じることもあります。

そう感じると今の仕事をしていてもモチベーションが上がることもなければ自分は必要とされていない劣等感などから徐々に仕事への気持ちが無くなってしまうのです。

ここで勘違いしてほしくないのが成績や評価の捉え方です。

これはあなたの仕事振りを評価した結果であって、あなた個人を評価しているわけではないという事を再認識してください。

そう認識するだけで気持ちは変わりますし、仕事振りを変えれば評価も変わります。

私達は小学生の時からどうしても気になってしまうのが評価や成績と言ったもので、これは社会人になっても変わることはありません。

ですが評価ばかりを気にして働くことは精神的に大きなプレッシャーにもなりますし、結果が伴わなかったときに落胆してしまいますから、評価を気にすることはやめて、目の前の仕事に全力で取り組んでみてはいかがでしたでしょうか。

では質問です。

あなたは職場での評価や他の人と比較して落ち込むことはありますか?

あるという方は丸を、ないという方はバツを選んでください。

ストレスが大きい

ストレスが大きい

職場でのストレスは大きければ大きいほど精神的にしんどくなってしまいます。

またそのストレスを上手く発散できるかできないでも大きく変わっていきます。

職場でのストレスとはどんなものがあるのでしょうか。

例えば仕事量が多いと言うのも大きなストレスになります。

残業もストレスになりますし、些細な事かもしれませんがこれが毎日となると小さなストレスが大きなストレスになるのです。

ストレスが大きくて発散ができないと最悪、精神的疾患を抱えることにもなりかねないのです。

仕事ではどう工夫したってストレスはかかります。

できることならストレスフリーに働きたいものですがどんな仕事でもそれは出来ないでしょう。

どのようにストレスと向き合って一人で抱え込まないかが重要になってくるのです。

また自分ばかりがストレスを抱えていると思わず、みんなストレスを抱えていると思うだけでも気は楽になります。

では質問です。

あなたは今の仕事でどのくらいストレスを抱えていますか?

毎日大きなストレスに悩まされているという方は丸を、ストレスはあるが生活に支障はないという方はバツを選んでください。

今の仕事で将来が見えない

今の仕事をしていて将来のビジョンは描けますか?

5年後、10年後の自分がどうなっているかキャリアプランや将来プランが描けますか?

今の仕事で将来のキャリアパスや将来プラン、どうなっているかどうなっていたいか思い描けたり、考える事ができるなら今の仕事を自分が続けたいという意思を持っているということと仕事が向いている、仕事を続けたいと思っている事になります。

もし、仮に今の仕事でのキャリアプランを描けない、描けたとしても「今の仕事を続けないといけないのか」や、「このまま仕事を続けたらとりあえずマネージャーにはなるのかな」などと、前向きにキャリアプランや将来プランが描けないのであれば、仕事に向いているとは言えません。

将来ビジョンが負のイメージであれば自分に仕事があっていないと判断できるかもしれません。

今の仕事が楽しいと思えない

今の仕事は楽しいですか?

と聞かれて楽しいと言い切れるなら仕事に向いていると言っても過言ではありません。

仕事に向いていないのであれば、今の仕事が好きじゃないのであれば、仕事が楽しいと言えません。

ただ、仕事が楽しい=わいわいした職場で楽に仕事をこなして給料も高いなんていう美味しい仕事ではありませんし、そのような仕事はほぼ皆無です。

仕事が楽しいというのは仕事が好き、やりがいを感じる、達成感があるなどの要素を総合して仕事をしていて楽しいということになります。

もしどれかの要素がかけていたら仕事を楽しいと思えませんし、機械的に仕事をこなしているだけなら、仕事に対してやりがいなどを感じることはありません。

ただ、注意したいのは、転職しようと思っても自分が仕事のどのような要素があれば、どのような要素を感じることで仕事が楽しいかどうかは考える必要があります。

そうでないといざ転職活動をした時、転職した時に同じ内容で悩む可能性が高くなります。

満足していない

仕事をする上で達成感や満足感はモチベーションを保つ上で大切な要素です。

達成感や満足感などの要素がかけてしまうと仕事へのモチベーションが下がったり、仕事に対して不満を抱き、今の仕事が好きでなくなるきっかけになります。

仕事をしていて満足しているかどうか、仕事に対して達成感があるかどうか考えてみる必要があります。

例えば、入社当初は、仕事で小さなプロジェクトであっても任されて全うすると満足感や達成感があります。

しかし、何度も同じ成功体験を繰り返しているうちに小さなプロジェクトでは達成感も満足感もなく、逆に小さなプロジェクトしかもらえないのではと仕事に対して疑問を抱くと仕事に対しての満足感はどんどん薄れていきます。

ただ、それだけで仕事が向いているかどうか判断するには判断要素が少ないので仕事が向いているかどうかはよく考える必要があります。

今の仕事に自信を持てない

仕事に自信を持てるかどうかは大切は判断要素になります。

なぜなら、今の仕事に自信を持てるかどうかと聞かれて「はい」と答えれる人は、今の仕事に満足していると言えますし、今の仕事が好きと言えます。

それは、今の仕事に自信がなかったり、好きでない場合は、仕事に対して自信を持てることがないからです。

例えば、仕事で成功体験を繰り返したり、楽しさややりがいを感じると仕事が好きになりますし、仕事に対して自信を持てます。

逆に仕事で失敗を繰り返したり、上司や先輩に怒られた、楽しさがないとかやりがいを感じないとなると仕事に対してのモチベーションや自信は下降してしまいます。

仕事に向いているなら今の仕事に自信を持てますし、仕事に向いていないなら自信を持てない可能性は高いです。

今の仕事が好きじゃない

今の仕事が好きかどうかについてインスピレーションの話になりますが、直感的に今の仕事が好きかどうかも仕事が向いているか向いていないかの判断材料になります。

周りの評価は高くても仕事をそつなくこなしていても、自分がなんだか合わないとかいまいちしっくりこないというのは仕事があっていない、あまり好きでないのかもしれません。

今の仕事が好きかどうか一度自分自身に聞いてみることも大切かもしれません。

今の仕事が好きもしくは好きかどうかわからないけど、そつなくこなすことができるし、なんとなくあっている感じがする、今の仕事を続けているイメージが持てると思うのであれば、今の仕事は向いている可能性が高いです。

何かひっかかるものがある、何か思い当たる節がある場合は、もしかしたら仕事に向いていない可能性もあります。

チャレンジしようとか頑張ろうとポジティブになれない

仕事をする上でやりがいに含まれますが、何か新しいことや難しいことにチャレンジすること、チャレンジしようというモチベーションをもつこと、仕事に対してポジティブなイメージがあるかどうかは大切です。

例えば、今の仕事を続ける中で来週はどうなっているかどうしていたいか、1年後は自分がどう成長しているか、5年後にはどういうキャリアアップの計画があるか、仕事の量は多くて大変だけどやりがいがあるや仕事は大変で辛いけど、尊敬する上司や先輩の仕事ぶりが勉強になる、もしくは同期の成長が刺激になるなど自分に対していい刺激となるイメージ、自分の成長につながらプラスのイメージを持てるかどうかも大切なことです。

もし、仕事に対してポジティブなイメージやポジティブな感情、新たな仕事や新たなタスクにチャレンジしようというモチベーションがない、おきない場合、今の仕事に向いていない可能性があります。

今の仕事が嫌なところを10個あげることができる

心理的なものになりますが、今の仕事を嫌と思ったまま仕事をしても事態は改善しません。

ただ、今の仕事で嫌なところを10個あげてみようと思うと意外と挙がらなかったりします。

今の仕事で嫌なことを10個以上あげてみて検証すると、大抵ほとんどの割合を個人的な感情で埋め尽くしている時があります。

仕事が嫌や職場が苦手と思うことはよくあることですが、必ずしも嫌であること=退職すること、転職につながるというわけではありません。

また、今の仕事が嫌になって辞めようと思っているが踏ん切りがつかないとか、シンプルに仕事が嫌だと思ったら、まずは今の仕事で嫌なところを10個挙げてみて下さい。

今の仕事に対して嫌なことが10個挙がって、どれも改善の余地がない場合は、転職を考えるきっかけかもしれません。

職場に切磋琢磨できるライバルがいない

仕事をしていてモチベーションに繋がるのは、仕事へのやりがいだったり、仕事環境や職場環境、尊敬できる上司や目標となる先輩がいるかどうかです。

しかし、意外とモチベーションに繋がるのが切磋琢磨できる同期のライバルです。

ライバルを作ることで日々の仕事への刺激になり、同期よりさらに仕事をしてやろうとか同期より先に出世したいなどと対抗心が芽生え、ライバルと思える同期がいるのであれば今の仕事は向いているとなります。

また、切磋琢磨できる同僚やライバルがいることは仕事をする上でいい刺激になり、モチベーションの継続や仕事が楽しくなるきっかけになります。

切磋琢磨できる同期がいないとかライバルに思える存在がいないなどの場合は、今の仕事は向いていないもしくは転職を考えるタイミングかもしれません。

「今の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

チェック項目、いくつ当てはまるものがありましたか?

ここまでチェック項目を全て見ていただきました。

ここからは丸の数を足していただいてそれに該当する結果を見ていただけれと思います。

丸の数が0個〜5個の方

丸の数が5個未満のあなたは仕事が向いてないと思うこともあるかもしれません。

ですが今向いてないからと投げ出してしまうのはもったいないです。

本当に今の仕事が向いてないと思いますか?

誰しもが働いていれば壁にぶつかるときもあります。

思うように結果がでなかったり、時にはストレスが溜まったりして嫌になってしまうこともあります。

ですがそれらはもしかすると時間が解決してくれたり、一時的な問題なことが多いかもしれないのです。

また壁にぶつかると言うことはあなたが成長するチャンスでもあります。

これを機に大きく成長することができるかもしれないですし、結果も後からついてくるかもしれません。

向いてないと思って辞めることはいつでもできます。

ですから簡単に辞めてしまうよりもまずはやれることをやってみるのはいかがでしたでしょう。

一時的な感情で物事を決めてしまうと後々後悔することもあります。

もう少し我慢できれば根気強くやれていればと思うことも出てくるかもしれないですから今は向いてないと決定付けずにもう少し頑張ってみてはどうでしょう。

それでも向いてないとしみじみ思うのであればその時に辞めたらいいのです。

丸の数が6個〜10個の方

丸の数が6個から10個の方は今の仕事が向いてないと思っているかと思います。

自分でもこの仕事向いてないんじゃないかなーと考えることも多いのではないでしょうか。

でも今一つ向いてないという理由だけで辞めることに引っ掛かっていたりするのではないでしょうか。

確かに向いている向いてないはある種適性みたいなところも絡んできますし、向いてないから辞めるというのは少し悔しい気もあると思います。

どんな仕事にも言えますが向いている人だけがやるものでもありません。

向いていなくてもその分野で頑張って成功を納めた人だっています。

逆に向いていても並みで終わる人もいます。

向いている向いてないなんてものはもしかすると無いのかもしれないですね。

全てやりたいかやりたくないかの二択だと思うんです。

やりたいことや自分の好きな事は向いてないと思わないでしょうし、また仮にスポーツが趣味で向いてない事は分かっていても好きならやるわけで、嫌いなら絶対にやらないですよね。

言葉が違うだけで向き不向きはやりたいかやりたくないかでもあると思います。

ですから本心では向いてないと言いながらただやりたくないだけなのかもしれません。

これを踏まえた上で続けるのか違う道を選ぶのかはあなた次第でいいと思います。

丸の数が11個〜17個の方

丸の数が11個以上の方は完全に今の仕事が向いてないと感じていると思います。

向いてないと思うことや、やりたくないと思う事を続けるのは相当しんどいですよね。

何か特別続けなければいけない理由でもあれば別かもしれませんが、辞めれるようなら辞めたいと思うのは普通なことです。

ここで無理やり精神的ストレスを溜めながら仕事を続けて、心療内科にお世話になる末路が想像できるならば違う道を模索することをオススメします。

ですがこれが一度なら単に合わなかった仕事だった。

で済みますが二度や三度と同じ経験をしている人はこれが慢性化している可能性があります。

癖になっているため恐らく違う道にいっても同じ事を繰り返すでしょう。

酷なことを言うようですが癖になっている人は一度心療内科に相談してみるのも一つの方法です。

こんな事で心療内科に受診してもいいの?と思うかもしれませんが、仕事が向いてないからとすぐに辞めてしまう人は仕事が続かない人の典型的思考と同じです。

この場合、自力でどうにかしようとするよりも専門医によるカウンセリングなどで改善があるか試してみたほうがいいでしょう。

もし、心療内科に行くことに抵抗がある人は、こちらの転職エージェントで話しを聞いて貰うのも良いでしょう。

仕事が向いてないと思いながらも続けるには?

ここまで仕事が向いてないかを見極めるチェック診断をしていただきました。

どうでしょう、少しでも該当したり日々の仕事を続けていく上でヒントになるような事がありましたでしょうか。

続いては向いてないながらも仕事を続ける方法について幾つかご紹介していきたいと思います。

仕事が向いてないと感じるとつい辞めたくなったりしてしまいますが、仕事は向いている人だけのものではありませんし、向き不向きは誰が決めるでもなく自分自身です。

つまり向いてないと思いながらも続けることは簡単なのです。

向いてないと割りきる

この仕事向いてないなーと憂鬱になりながら仕事をしていくことは難しいでしょう。

ですが向いてないことを認めて割りきることで気持ちは楽になります。

また肩の力が抜けることによって視野も広がりますし、その中で自分ができることも明確に見えてくるはずです。

また自分を過小評価して仕事に取り組むことで少しの結果でも大きな達成感を味わうことができますし、こういった達成感がやりがいに変わったり自信に変わったりしていくのです。

それが半年も続けば自分がこの仕事向いてないことなど忘れて毎日懸命に働くことができるでしょう。

人は暇で時間を持て余したり、モチベーションが低いと余計なことを考えてしまうものです。

正直仕事が向いている向いてないという問題は余計なことです。

周りからしてみればそれはどうでもいいことであなた自身の問題です。

そもそも向いている向いてないなんてことはその仕事をやりきってみないことには分からないもので所詮は結果論でしかないのです。

向いてない理由を考える

仕事が向いてないと思うのであれば何故向いてないのかを考えてみましょう。

そしてそれが解決できないことなのかを考えるのです。

仕事が向いてないと思う理由はたかが知れています。

それらの問題に解決策がないはずがないのです。

例えば失敗ばかりするから向いてないと思うのであれば、失敗しないようにすればいいのです。

そのためには何故失敗したのかを分析する必要がありますし、ちゃんと物事を整理して冷静に考えることが求められます。

考えるときに感情的になってしまうと上手く整理ができなかったりするため、冷静に客観的な観点から失敗をみる必要があります。

このように向いてない、できないだけで投げ出すのではなく、向いてない理由やできない理由をしっかりと受け止めてどうしたら解決できるのかを考えるだけで仕事の質も向上し、向いてないなんてことも思わないようになります。

自分が何をしたかったのか初心に返って考える

今の仕事に満足していないならまず今の仕事を始めるにあたり何が自分のモチベーションであったか、何を決め手に今の仕事を選んだのかを振り返ってみるといいです。

小さな成功体験を積み重ねることは大切ですが、同じことを繰り返していると成功しているのにマンネリ化していて、本当はよく考えたら達成感や満足感があり、仕事が好きだけど満足感や達成感がなくなってしまっている、感覚がマヒしてしまっている可能性があります。

自分が何をしたかったか振り返ってみて、やっぱり今の仕事に満足していない、もともとやりたいことと違っていたとなるなら転職活動を始めるきっかけになります。

充実した過去の仕事や取り組んでいるプロジェクトを列挙してみる

仕事が楽しいか、仕事にやりがいや達成感があったかどうかは過去の自分の実績を振り返ってみましょう。

過去に充実した仕事やプロジェクトもしくは今取り組んでいるプロジェクトが楽しかったか、楽しいと感じているか考えてみましょう。

仮に過去の仕事やプロジェクトが楽しかったけど、今の仕事が楽しくないというのであれば、転職の前になぜ過去の仕事は楽しくて今の仕事は楽しくないのかをしっかりと考える必要があります。

もしかしたら仕事はあってるかもしれないけど、仕事を楽しく感じる要素だけが足りていない可能性があります。

仕事が向いていないと判断する前に、もしくは転職活動を始める前に、一度過去の仕事やプロジェクトもしくは今の仕事や取り組んでいるプロジェクトを振り返ってみましょう。

キャリアプランを考えてみる

キャリアプランを考えてみるのも一つの方法です。

やりがいを感じているなら、今の仕事でのキャリアアップにポジティブなイメージが描けますし、逆にネガティブなことしか考えれないのであれば転職活動をするべきかもしれません。

キャリアプランといっても昇進ばかりではありません。

例えば、他部署への転籍もキャリアプランの一つと言えます。

ただ、仕事にやりがいがない、楽しくない、仕事に満足していないとなると昇進や他部署への転籍を考えるだけで憂鬱になってしまいます。

今の仕事でキャリアプランを考えれるのは仕事が好きでないとできません。

もしどうやってもネガティブにしかキャリアプランを考えれない、そもそもキャリアプランを思い描けないのであれば、今の仕事が向いていないと考えていいかもしれません。

協力者を作る

どんなに向いてないと思うことでも協力者がいるのといないのとでは全く違ってきます。

勉強にしても苦手な人が一人で黙々とするよりも、勉強ができる人を協力者にして、その人に教えてもらいながら勉強するほうが吸収がいいです。

また信頼できる、頼れる人がいるというのは精神的にも大きな安心感を得られますし、メンタルが不安定な人も安定してきます。

仕事で協力者を作るのであれば、まずは同僚とか仲の良い人にすることでもっと距離も縮まりますし、仕事の相談や愚痴だったり色々とストレス発散にも繋がるので是非協力者を作ることをオススメします。

あなたのプライドが許すならば仕事ができる部下や年下の社員でもいいと思います。

年下の社員も年上の社員や上司から頼られることは嬉しいですし、これをきっかけに信頼できる関係にもなるかもしれません。

仕事において同僚が横の線、上司や部下が縦の線。

どちらの関係が重要かは説明するまでもないですよね。

社内で横の線の数よりも縦の線の数が多いことは明白ですし、そことの関係が仕事をしていく上では肝になるのです。

ですから縦の線の協力者を得てもいいかもしれません。

今の仕事を続けていきたいけど、辛くなった時は、こちらで一度話しを聞いて貰うと良いでしょう。

「今の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまで仕事が向いてないかを見極めるチェック診断をしていただきました。

仕事は一つのことだけをやっていればいいという訳でもなく複数のことをこなしたり、また企業に属して働くというのは簡単そうに見えて難しいこともあります。

どんな仕事をするにしても合う合わないや向き不向きはありますが、合う仕事でも向いている仕事でも我慢や努力というものはどうしても必要です。

元々持っている才能なんてものはホント小さくてそれだけでやっていけるほど人生は甘いものではありません。

どんな才能や素質も努力して大きくしていかないと力は発揮できないのです。

ですから仕事が向いているか向いてないかは努力した先に分かることなのかもしれません。

最後に冒頭でも述べたようにここでご紹介したことは、あくまでも仕事が向いてないかを見極めるための物差しとして参考にしていただければと思います。

どんな仕事も向き不向きは他人が決めることではなく自分が決めることなのです。

「今の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分に合った仕事を見つけるには、こちらの記事を参考に!




仕事の悩みについてもっと深堀りした情報を見る

調剤薬局事務の仕事を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

調剤薬局事務といえば、勤務形態が選べるため結婚・出産後も働きやすいイメージで女性に人気の職業。しかし、実際に働いてみるとその大変さから辞めたいと感じるケースも多くあります。この記事では、調剤薬局事務員が仕事を辞めたいと感じる理由とその乗り越え方について解説していきます。調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じた6個の理由と乗り越え方とは?調剤薬局事務は患者さんから処方箋を受け取ってお薬代を計算したり、薬剤師のサポートを行ったりする業務がメインとなります。一見すると受付に立って応対するだけの簡単な仕事に見えるため、実際の業務の大変さとのギャップに苦しむ人が多いようです。それでは、調剤薬局事務員が仕事を

言語聴覚士の仕事を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

言語聴覚士辞めたいと感じてしまう原因って何だと思いますか?言語聴覚士は専門性が高い仕事であるが故に難しい判断を迫られる場面が多くあります。しかし、後先考えずに辞めると未練が残り、後悔する事があります。そこで今回は、辞める前にやっておくべき事、知っておくべき事、また、辞めたいと思った時の乗り越え方をご紹介致します。言語聴覚士がつらいというあなたの状況が打破できれば幸いです。言語聴覚士の仕事を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?言語聴覚士を辞めたいと感じるのは、患者さん、他の言語聴覚士、他職種との人間関係が原因となる事が多いです。辛い思いを共感しなければならない何かしらの障害を持っている方

航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とそれでもやりがいを感じる4個のこと。

航空会社というと、華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、体力勝負の仕事ですし、シフト勤務で大変な仕事でもあります。こんなに大変なのに、この苦労は報われない…そんな時、ブラックだな、と感じることがあります。私は空港で働いていたので、現場寄りの偏った意見になってしまいますが、客室乗務員やグランドスタッフ、整備士やグランドハンドリグといった職種には、何か1つ当てはまる内容になっていると思います。航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とは?航空会社の仕事の中でも特に人気なのが、客室乗務員とグランドスタッフです。客室乗務員やグランドスタッフは、多少条件が悪くても、なりたいと思う人は

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

事務の休み事情ってご存知でしょうか?今回は、そんな事務職の方が休みを取るときに気をつけることなど、詳しく見ていきましょう。また、アルバイトや派遣、正社員の休み取り方は違いがあるのでしょうか?今回は事務の業務にフォーカスする形で雇用形態別に掘り下げてご紹介させていただきます。事務職を目指している方はぜひご一読いただき、参考にしていただければと思います。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、どのような雇用形態に休みが多いのでしょうか?正社員や派遣社員など、その働き方には色々あります。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていたり、雇用期間の定めが

行政書士が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

行政書士と聞くと士業の仕事の一種であり、難関試験を突破して高収入が望める仕事とイメージする人がいるかもしれません。他には、行政書士と司法書士の違いよく分からないという人もいるかもしれません。行政書士の資格試験は、どちらかというと司法書士を目指している人が、司法書士のすべり止めもしくは実力試しとして行政書士の試験を受けるというのをよく聞くかもしれません。 行政書士の仕事は、一体どのようなもので、行政書士をしていると何が大変・辛いつらいことで、何がやりがいなのか、意外と分からないことが多くあります。この記事では、行政書士の仕事に関して、イメージしづらい実際のところを深く掘り下げていきたいと思います

期間工の仕事での人間関係でストレスに感じる7個のこと。その解決方法も合わせて解説します

期間工として働くことに興味を示されている方々は、その収入の良さなどに惹かれていることと思います。当然、短期間にまとまったお金を稼ぐのには、これほど適した職業は無いはずです。しかし、いずれにせよ人間として多くの人たちと共に働くことになります。そのため、人間関係で大きなストレスを感じてしまう方々も中におられます。ここでは、期間工を目指している人たちのために事前に「期間工」として働く場合に起こりうる人間関係におけるストレスについてご紹介したいと思います。期間工として働いた場合には、どのようなストレスがあり、その解決策にはどのようなものがあるのかをご紹介したいと思います。期間工のおおまかな仕事内容とは

育休から職場復帰する時に心配なこととその対処法とは?

妊娠期間を経て、無事に出産を終え、育児をしながら次は…と考えると仕事のことが頭をよぎる方が多いのではないでしょうか。しかし、実際に仕事に復帰をしようと思ったとしても、事前にやっておくべきことや職場に戻った後での悩みは尽きないものです。ここでは、筆者自身や友人たちが実際に感じた、育休明けの仕事に向けての心配事やその対処法について紹介していきます。私はこんな形で育休取得をしました筆者はもともと中学校の臨時講師として勤務しておりました。臨時講師は、勤務内容は正規職員である教諭とほぼ一緒ではありますが、雇用形態は契約社員のようなものです。保険や給与面、福利厚生は教育公務員に準じているためしっかりとして

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

栄養士の悩みで多い5つのこととその解決法。

栄養士の悩みって意外と多いんです!女性ばかりの職場なので、栄養士は出会いがありませんし、「栄養士は楽な仕事でいいよね」なんて皮肉を言われたことがある人もいますよね?実際は、栄養を考えた献立作成をしたり、実は献立を考えるのは好きだけど、料理が苦手なんて人だっているんです。栄養士であるが故の悩み事は本当にすごくあります。そこで今回は、そんな栄養士の悩みで多いことや、その解決法についてご紹介したいと思います。栄養士に多い五つの悩みそれでは栄養士の悩みで多いこととは何でしょうか?リストアップしてみたので見ていきましょう。料理上手だと思われているこれは栄養士の皆さんに確実に共感して頂けると思います!栄養

農業の悩みでよくある7つのことと対処法

どんな仕事でも言えることですが、その仕事特有の悩みと言うものがありますよね。農業という仕事でも当たり前ですが悩みがあります。農業において、農家はいち経営者となります。経営者なので、農作物の管理から販売、金銭管理もこなさなければならないため、実は悩みの数は多いのです。この記事では、農業におけるよくある悩みごととその対処法を、経験者である筆者の見解をもとに紹介していきます。農業でよくある7つの悩みとその解決法は?では、農業ではどんな悩みがよくあるのでしょうか?また、その悩みはどうしたら解決できるのでしょうか?それらについて解説していきます。病気と害虫農業でまず大きな悩みとなるのが、農作物に被害をも

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士に向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回は、「私って歯科衛生士に向いてないかも。」とお悩みの方におすすめな情報をまとめました。上手く乗り越えるためにやるべきことを詳しく解説させていただきますので、現役の歯科衛生士さんで、今の業務に自信を失ってしまった方はぜひ最後までお読みいただけたらと思います。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

栄養士の仕事がブラックな仕事だな…と感じた4つの瞬間とそれでもやりがいを感じる3つのこと。

最近では様々な企業が「働き方改革」として、勤務時間の見直しや仕事内容の見直しなどを行っています。仕事だけでなく、家庭や個人の時間を大切にできるような工夫がなされている企業も増えています。しかし栄養士の仕事をしていると、ここがブラックな部分だな、と感じる場面に出くわす場面があります。今回は栄養士の仕事がブラックな仕事だなと感じる瞬間と、楽しさ・やりがいを感じられることに注目して見ていきたいと思います。経験者が紹介!栄養士がブラックだと感じた4つの瞬間とは?栄養士の仕事内容や待遇は現場により変わってきますが、主な仕事内容は献立作成・調理業務・簡単な栄養指導です。そんな中で栄養士の仕事って何だかブラ

歯科衛生士の仕事に飽きた・・・。他の仕事に転職するならオススメな4つの仕事

ある程度歯科衛生士としてベテランになってきて、毎日充実しているはずなのに、歯科衛生士というお仕事に飽きてきた...患者さんとのコミュニケーションは楽しいけれど、歯を見る以外のお仕事も経験してみたい....そう感じる瞬間がある歯科衛生士は少なくありません。では、他の職業に転職するとき、歯科衛生士で培ったスキルを活かして働くためには、どのような職が向いているのでしょうか?歯科衛生士の仕事に飽きてしまう時ってどんな時?私自身が歯科衛生士として働く中で、飽きてきたな、他の職業も経験してみたいなと思う瞬間は、冬の退勤時です。診療中は忙しくて飽きたと感じる瞬間もなく、時間が一瞬で過ぎ去っていきます。また、

歯科技工士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う4つの理由とその乗り越え方とは?

今や歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって色々な病気が見つかっています。人間の歯は欠けたり取れたりしたらまた再生するということはありません。歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらえるのですが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番きついと言われている仕事なんですよ。ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの2つが大きいですね。もう1つの粉まみれとは何か?ということですが、これは差し歯などを削って作成して

物流倉庫の仕事での人間関係でストレスに感じる5つのこと。その解決方法も合わせて解説します

広い倉庫内での仕事と言えども、避けて通れないのが職場での人間関係です。物流倉庫のように沢山の人が働くところでは、人間関係は仕事を続けていけるのかどうかに大きく関わってきます。オフィスなどに比べると幾分かストレスも少なそうに感じる物流倉庫の人間関係ですが、やはりそれなりにストレスを抱えている人もいます。今回は物流倉庫での仕事とそこでの人間関係に注目してお話します。物流倉庫のおおまかな仕事内容とは?物流倉庫での仕事内容はとてもシンプルです。特にパートやアルバイトでの雇用となると仕事内容は限られています。主な仕事内容は、倉庫に運ばれてきた荷物を更に細かな地域ごとに分けていくことです。入ったその日から

栄養士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う10個の理由とその乗り越え方とは?

栄養士として働いて数十年。私の栄養士としての「ぜったいやりたいこと」は献立作成でした。献立作成に関われたら、現場仕事も洗浄作業も乗り越えることができました。幸い希望通りの仕事が新卒当時からできているので、自分は恵まれているのかなぁ…と思います。それでも辞めたいと思ったことは、数えきれないほどあります。現に、今も少しだけ辞めたいと思っています。本当に辞めるかどうかは別として、この一年で辞めたいと感じたことは数えきれないです。筆者は今までに一度だけ仕事を辞めたことがあります。その仕事を辞めた時は一年前から話をしてあり、職場と相談した結果退職をしたので円満退社でした。仕事を辞めた理由はキャリアアップ

薬剤師の悩みで多い3つのこととその解決法。

薬剤師で悩みを抱えている方は必見です。薬剤師は安定している仕事で、憧れる人が多い仕事であると言われています。しかし、そんな薬剤師にも悩みがあることはご存知でしょうか?どういう悩みを抱えているのか、特に薬剤師の新人の悩みについてご紹介していきます。医療系のお仕事は責任重大な場面が多い職業なので、悩みを解決させてストレスなく職場で活躍できるようにこの記事で解決策を知ってみてはいかがでしょうか?薬剤師の悩みで多い3つのこと薬剤師の悩みで多いのは患者さんを待たせてしまうことや、給料をアップさせたい、コミュニケーションが上手く取れないということです。その中でも一番の悩みは、実は「コミュニケーション」だっ

社会福祉士が向いてない人の5つの特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

社会人として仕事を行う以上、ある程度の成果だったり仕事の質が求められます。そのことに関してはお金を支払って雇われている以上当然求められてくるものだと思いますし、当たり前のことだとも思っています。しかし、人はみんな完璧ではありません。時には失敗を繰り返しますし、怒られることも皆さん経験があることでしょう。失敗しながら自らの限界を突破していくことが一般的ですが、どの仕事に対しても向いているタイプと向いていないタイプが存在することもまた事実としてあります。今回は社会福祉士の仕事に向いていない方の特徴をいくつか紹介した上で、乗り越え方も併せてお伝えしていきます。社会福祉士の仕事とはどんな仕事?社会福祉

ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法。

特に女性にとっては、ウェディングプランナーは人気の職業の一つであり、ウェディングプランナーを目指すための専門学校も多く存在しています。結婚式に立ち会うことができ、多くの感動も味わうことのできるお仕事ですが、その反面、仕事に取り組む中で悩みを持った方も沢山います。この記事では、ウェディングプランナーの悩みについて、実際の経験を基にご紹介します。ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法とは?一見華やかでおしゃれなイメージがあるウェディングプランナーですが、その裏側にはどのような悩みがあるのでしょうか。実際の経験談を基に、定番のお悩みやその解決策について紹介します。業務量が膨大まず、

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士になるためには何が必要なのでしょうか。管理栄養士の仕事と言われると、何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献立作成まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中

歯科衛生士の仕事の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

歯科衛生士の休日事情、気になる方も多いのではないでしょうか。歯科衛生士は働き方によってシフトや休日の組み方が異なります。働く上で、休日が多いか、連休がとりやすいかはとても気になるところですよね。今回は、雇用形態別に歯科衛生士の休日事情やどのように有給を取るのかについてお伝えします。歯科衛生士の休みは多いの?歯科衛生士の休みは、正社員や派遣社員では月8日程度のところが多く、アルバイトでは比較的自由に休みの日数を決められます。では、具体的に勤務形態別に紹介していきます。正社員正社員は基本的に、休診日に加えて1日休みがある場合が多いです。働く歯科医院によっては、その休日にプラスして1日半休が取れると

歯科衛生士の悩みで多い6個のこととその解決法。

歯科衛生士の悩みで多いことって、なんだと思いますか?現役の方は今回ご紹介させていただく「悩み」に共感される方も多いのではないでしょうか。人によって、色々な悩みがあるかと思いますが、今回は歯科衛生士の仕事をする上で、技術的なことを中心に様々なことをご紹介いたします。さらに解決法もお教えしますので、悩みを解決させたい歯科衛生士さんは必見です。歯科衛生士の悩みで多い6個のこと歯科衛生士の悩みについて、基本技術的なことを6個ご案内してみますね。歯科医師のアシスタントが上手くできない歯科医師のアシスタントは、うまくできないと先生に注意されることが多いですよね。怒られるとガックリ来ますし、自信をなくしてし

助産師の仕事がブラックな仕事だな…と感じた3個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個の理由。

基本的にどこの職場でも自分の思い通りにはならないことは多いです。ブラック企業であるというのはほとんどそうですが、ストレスのない仕事なんてありません。医療業界、特に助産師は他の場所と異なり厳しい職業だと言われています。助産師がブラックな仕事であることは理解しておく必要はありますね。経験者が紹介!助産師がブラックだと感じた3個の瞬間とは?助産師がブラックだと感じる瞬間は結構多いですよ。改めて考えてみると、助産師ってどの職業よりもとっさの対応が求められるんですよね。インターンや新卒者であれば理解出来るかと思いますが、出産初日は真っ青状態ですし、汚物にまみれまくります。そして何よりも女だらけという職場

社会福祉士はブラック?そう感じた2個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個のこと。

社会福祉士はブラックな職業なのでしょうか?どういう職業であれ、業務が自分に合わない、キツイと感じるとブラックだと思ってしまう人はいらっしゃると思います。ここでは、「社会福祉士はやめとけ」なんて言われてしまうブラックな仕事だと感じる原因について経験者が解説します。そこに加え、それでも社会福祉士を続けられるやりがいについても併せてお伝えします。ぜひ最後までご覧ください。経験者が紹介!社会福祉士がブラックと感じた2個の瞬間とは?経験者だからこそ感じる、社会福祉士がブラックだなと感じてしまった点をお伝えします。ただ、あくまで個人の主観の部分に当てはまるところなので、あらかじめご了承をお願いします。相談

農業は楽しいばかりじゃない。農業を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

農業辞めたいそう感じた時の乗り越え方をこの記事ではご紹介させていただきます。皆さんは農業に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。どんな仕事にも辞めたいと思う瞬間が一度や二度があるのではないでしょうか。ここでは農家の方が農業をやりたくない理由についてや、その乗り越え方を詳しくお話しさせていただきます。また、徐々に農家を辞める方向に向かいたい方が知っておくべき情報も紹介していきます!農業を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?正直にいうと、農業は辞めたくなる瞬間が多いのかもしれません。特に自然に振り回されることが多いので、気持ちの行き場がありません。しかし辞めたいと思う瞬間が多い分、人

薬剤師を辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

『薬剤師っていいよね』とよく言われます。確かにハローワークなどに掲載されている給料や時給は高い方だと思います。だからといってお金がもらえることが良いことばかりとは限りません。多くの人が憧れる薬剤師にも仕事上の悩みだってあるんです。薬剤師は楽しくていい仕事なんだ。そんな一面ばかりでない薬剤師を辞めたいと思う理由を紹介していこうと思います。薬剤師を辞めたいと感じた4個の理由と乗り越え方とは?薬剤師として働き出して順風満帆だったかと言われるととても答えにくいというのが正直な意見でしょうか。大学を出て働き出すときは、夢と希望に溢れていましたが、いざ現実を突きつけられてしまうと辛いなと思うときがあります

社会福祉士の仕事がつらい…と感じる3つの瞬間とその乗り越え方

社会福祉士はつらいって本当?福祉仕事は辛いというイメージが強く、社会福祉士の仕事はきついのでは?そう感じている方がたくさんいらっしゃるかと思います。実際はどのような点なのでしょう?資格を取ったら、いよいよ社会福祉士としての勤務が始まりますよね。今回は、この職業で頑張っていきたい方が知っておくべき社会福祉士の大変さや、その乗り換え方を紹介します!社会福祉士の仕事って大変なの??社会福祉士は病気や障害など、何らかの理由で困難を抱えている方の支援を行うのが仕事です。同じ病気だったとしても生活背景や家族構成などによって、本人のニーズは異なってくるので、一人ひとりに合ったオーダーメイドの支援を考えなけれ

歯科衛生士の仕事での人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

歯科衛生士で人間関係にお悩みの方は必見です!「歯科衛生士を辞めたい」と感じる一つに職場での人間関係があります。どこの会社でも人間関係の問題はあると思いますが、歯科医院は特に狭い空間で来院した方や同僚とコミュニケーションを取るため歯科衛生士のストレスは主に人との間に生まれるものが多いんです!今回はそんな歯科衛生士が辛いと感じる人間関係についてお話しします。また、そんな状況でもやっていける歯科衛生士という職業のメリットもお伝えできればと思います。歯科衛生士のおおまかな仕事内容とは?歯科衛生士とは簡単に言うと歯科医院の看護師です。主に予防歯科を行なっています。プラークと呼ばれる細菌の塊が石灰化したも

社会福祉士の悩みで多い5個のこととその解決法。

人の悩みを聞くことが仕事の社会福祉士は、とってもストレスフルでもあります。人の役に立ちたい!と高い志を持って、社会福祉士を目指したものの、理想と現実のギャップに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?人の相談にのってばかりで、自分が悩みを抱えてしまっては本末転倒です。世の社会福祉士たちは、どんなことに悩み・どう解決しているのか?社会福祉士に多い悩みとその解消法をまとめてみました。社会福祉士の悩みで多い5個のこととは?まずは、社会福祉士はどんな悩みを抱えやすいのかを見てみましょう。孤独を感じる社会福祉士は、施設や病院に何人もいる訳ではなく、1人で業務をこなすケースも少なくありません。そのため、職