期間工として働くことに興味を示されている方々は、その収入の良さなどに惹かれていることと思います。

当然、短期間にまとまったお金を稼ぐのには、これほど適した職業は無いはずです。

しかし、いずれにせよ人間として多くの人たちと共に働くことになります。

そのため、人間関係で大きなストレスを感じてしまう方々も中におられます。

ここでは、期間工を目指している人たちのために事前に「期間工」として働く場合に起こりうる人間関係におけるストレスについてご紹介したいと思います。

期間工として働いた場合には、どのようなストレスがあり、その解決策にはどのようなものがあるのかをご紹介したいと思います。

期間工のおおまかな仕事内容とは?

まずは、期間工に関して簡単に大まかな仕事内容を「おさらい」的にご紹介します。

期間工の仕事には、主に自動車製造工場、電子部品工場、食品加工工場など色々な職種で実施されています。

主な仕事の特徴は、製造関係の職種、特に自動車関係の製造工場での仕事が非常に多くなっていることです。

また、その名の示すように就労する期間を決めて雇用され、2年11カ月という期間が主になっています。

期間工の仕事の人間関係でストレスに感じる7個のこと

この期間工は、期間限定社員とも言いますが、就労期限があるからと言っても気楽に過ごせる職場かと言えばそうでない一面もあります。

様々な人間関係に伴うストレスを感じる場合もあると言うことです。

正社員として定年まで勤める場合に比べれば、比較的ストレスは少ないと言うことが出来ますが、皆無ではありません。

そこで、ここでは期間工として働いた場合に感じる人間関係におけるストレスを列挙します。

その各々のストレスの内容と解決策についてご紹介したいと思います。

会社上司との関係性におけるストレス

当然、就労するからにはその会社には上司がいます。

その上司との人間関係がおかしくなったり、違和感を感じ始めた場合にはストレスとして大きな負担となる場合があります。

指示されたことが素直に聞けなくなったり、何を言っているのかが分からなくなったりします。

しかし、一方では人見知り程度の違和感であれば、時間と共に解決してくれます。

逆に、違和感自体が次第に悪化してしまい、口もききたくなくなる場合もあります。

こうした場合には、正社員の場合より辛い思いをすることになります。

期間工として、約3年間我慢しなければならなくなります。

こうした場合には、次に示します解決方法がありますので参考にしてください。

その解決方法とは?

人間関係のストレスで最も大きな原因は、自分がストレスを感じる対象者に対する見方にあります。

つまり、ストレッサー(ストレスの要因)として、自分自身でストレスの対象者を決め込んでしまうことが多いです。

そのためこの場合、上司を自分のストレス原因であると思い込んでしまうことが大きな悪化原因ともなります。

要するに、上司に対する自分の考えや印象、感想を一度白紙に戻す努力を行って下さい。

先入観を無くすことで、一からその上司に対する見方を変える良い機会になるかもしれません。

難しいかもしれませんが、期間工として約3年間だけその現場では働かないわけです。

そういう事実からも、一時の我慢だとして考え直されてはいかがでしょうか。

具体的には、自分がその上司に感じるストレスが何かを見つけ出します。

例えば、口やかましいのでストレスを感じるのか、嫌味やきつい言葉を掛けられるからなのかを見極めて下さい。

そうした場合、「あの人は、○○だから嫌いだ」となるところを、白紙に戻して見てみることも大切になります。

同僚(期間工)との関係性におけるストレス

次に、期間工同士における人間関係があります。

多くの期間工の場合、期間工として働き始めた理由も目的もバラバラで入社されます。

年齢や経歴も異なることから価値観も相当異なっていると言わざるを得ません。

そのため、気にいらない同僚や反りの合わない同僚が出てくることは珍しくはありません。

かえって自然だと言えるかもしれません。

「あいつと一緒に働くなんて・・・」と思わされることもあります。

そこでこのような場合には、次の解決策をご紹介しましょう。

その解決方法とは?

そういった同僚とのストレスを感じ始めた時に、出来るだけ距離を置くことです。

顔を見ない、話さない等接触を出来るだけ絶つことで意識を遠ざけることが先決です。

限られた年限での就労になるので、上手くすれば自然と距離が空いてストレスを感じなくなることになります。

また、どうしても距離を空けることが出来ない状況になれば、職場の正社員の上長に相談することが一番ですね。

同期に近い正社員との関係性におけるストレス

さて、期間工として入社した時期が、その年の新卒社員と同じになる頃、つまり4月5月近辺ですと同じ職場に同期になる正社員が配属されてくる可能性があります。

若い18歳もしくは22歳の人と同期入社と言うことになります。

一般的な期間工の職場では、上手く期間工と正社員との職域を区分しています。

しかし、どうしても分けられないような職場が現実問題として存在します。

そういう時にどうしてもストレスを感じてしまうことはよくある事です。

そこで、そうしたストレスを解消するためにどのような方法があるかご紹介しましょう。

その解決方法とは?

まず、ストレスの原因が何かを考えてみましょう。

自分より若いのに同じ職場で働き、同じ作業を行うことに対する劣等感から来るのか?

単に若い未成熟な人間が嫌いなだけなのかという問題です。

そういう内容であれば、考え方を変えるべきです。

自分が期間工として約3年の期間だけ高給で就労していると言う自負心を持ってください。

しかし、決して上から目線にならないで、心に余裕をもって接触することにしましょう。

10歳以上離れていれば尚更、人生の先輩として良いアドバイスを与えられるぐらいの気構えで接すればストレスは解消できるでしょう。

家族関係におけるストレス

やっかいなストレスになります。

正社員や公務員などへの就職を望む、価値観が固い家族の場合になります。

一般的サラリーマンになって欲しいと思っている家族からのストレスです。

「せっかくここまで育てたのに・・・」とか言われることがあります。

昔は「季節工」とか「出稼ぎ工」等と揶揄された時代もありました。

そんなイメージ先行で家族も心配して言わせるのでしょう。

しかし、聞く方はストレスになります。

こうした家族からのストレスの解消にはどうすれば感じなくなるのでしょう。

その解決方法とは?

まず、家族に「期間工」の認識を改めてもらう努力をすることです。

日本を代表とする超一流自動車メーカー等での期間工であれば、その点を理解してもらうと良いです。

期限も3年となれば中学や高校の修学年限と同じなので、その間は貯蓄のための期間として理解を得る方法もあります。

多くは全寮制ですので、そういう意味では家族から離れると言う点も理解してもらう方法になります。

自身の将来の夢や目標を明確にし、家族を納得させることも必要になります。

家族は一番の応援団ですので、決っして無視したり断絶したりしないようしてください。

友人・知人関係におけるストレス

次に、友人知人との人間関係におけるストレスがあります。

先ほども触れましたが、期間工の場合ほぼ全寮制を取っています。

そのため、ある程度生活に規則なりルールが存在しています。

自由に友人や知人と自宅で騒いだり、遊んだりできないことにストレスを感じるケースがあります。

今までの自由奔放な生活をしていた人たちも多く、色々な生活面でのルールに縛られると言うことがあります。

そうした場合の解決策を見てみましょう。

その解決方法とは?

解決策というものは、生活自体がルール化されていることから考えを変えるしかありません。

今までの生活様式が大きく変わることを理解して下さい。

それに合わせて考え方も変えざるを得ません。

友人や知人と付き合うには、休日を利用するか、自由になる時間を工夫し、付き合うと言うことに慣れましょう。

そうすることでストレスは解消されるはずです。

出身学校の恩師や指導者におけるストレス

出身中学校や高校、中には大学・専門学校等もあると思いますが、そこからのストレスを感じる人がいます。

学校から期間工を積極的に勧めているところはほとんど無いのが実態です。

新卒として勤めるには、短すぎる就労期間等の諸条件で勧められない理由になっています。

そうした中でも、自身が期間工として就労することに消極的な印象を持たれていると思ってしまうことです。

「あの先生は勧めなかったのに、こうして期間工として働いてしまっている」等の想いが募り、ストレスに感じてしまう人がいます。

こうした場合には次の解決策を提案します。

それを乗り越えるための方法とは?

こうしたことにストレスを感じる人は、就学していた学校に対する信頼が高く、恩師などに恩を感じている人が多くいます。

しかし、あくまでも自分自身の生活なので進路や人生の選択はそうした人たちが決めるのではなく、やはり自分自身で決めることだと言うことです。

言ってみれば完全に「切れている」関係なのです。

どれほど親しい間柄でも、自分の人生を重んじた進路であることに誇りと自信をもって考えるようにしましょう。

これが出来ればこうしたストレスは感じなくて済むようになります。

寮生活における人間関係のストレス

期間工の場合、何回か書きましたように全寮制が多いです。

生活に係る出費が非常に安価に済むことで、期間工を望まれる方々の中にはこの条件に惹かれて就職している人も多いです。

自分は人付き合いが悪く、寮の仲間に対して溶け込む自信が無くストレスに感じてしまうということがあります。

しかし、多くの寮は、ワンルームマンションのような作りになっているケースが多く、昔の寮のイメージにはなりません。

そのため、同じ職場で働く同僚や先輩の期間工の方々ともそんなに密接な付き合いをしなければならないと言うことはありません。

しかし、当然同じ建物内に住むことで顔を合わせることになります。

そんな時にストレスを感じる場合があります。

そうした人付き合いに関してどのように対処して行けば良いのでしょうか。

それを乗り越えるための方法とは?

簡単に言ってしまえば、定番、ルーティーンを作ってしまうことです。

期間工の場合3交替制や2交替制を採っている現場が多いです。

そのため、一般サラリーマンのように、定時出勤、定時退社ということではありません。

隣の住人との接触があった場合には、挨拶を定番化してしまえば良いのです。

相手が話しかけてくれば、それなりにあしらう程度で留めておくことで良好な人間関係を築くことができます。

こうすることでストレスなく生活できるようになります。

ストレスを感じることもあるけど、期間工がおすすめの理由

なんといっても高給!

期間工の最大のメリットは高給になります。

期間も限定されていますが、平均で年間400万円~500万円と非常に高給に設定されています。

この金額は諸手当である入社祝い金などを含んだ金額です。

こうした高給の為には、少々のストレスを感じても良いと思います。

最大で3年未満でしかないのですから、我慢しても期間工としての就労をおすすめする訳です。

期限が定められている

人間関係でストレスを感じる人の多くは、「この人とずっと一緒に仕事をするなんて・・・」という思いがあります。

そういう人たちには、かえってこの期間工がお勧めです。

最長2年11カ月我慢すれば良いわけですから、永遠と続くような人間関係は必要ないと言うことになります。

同じ目標を持った人間が共に暮らす寮のシステム

期間工のメリットは何といっても寮・社宅にあると言う人も良くいます。

同じ期間工として働く人と言うことは、価値感や社会人としてある一定上の常識を持っていると言うことです。

全く見ず知らずの隣人に囲まれて生活するよりも快適な生活が営めるはずです。

まとめ

以上のように、期間工として働く場合に感じるかもしれない人間関係でのストレスを列挙しました。

また、それら各々のストレスに関する解決方法にも言及しました。

色々なストレスがありましたが、それでもやはり期間工として働く魅力があります。

そうした魅力に関するおすすめポイントに関してもご紹介しました。

皆さんが、これから期間工としての道を歩もうとされる場合には、是非読んで頂き事前にある程度の心積もりをしておくのも良いと思います。


関連キーワード

期間工求人

期間工求人に関するコラム

期間工の勤務時間やスケジュールは?仕事の1日の流れに密着!

期間工として働く場合には、時間に制約されます。2交替制や3交替制などの勤務形態を採用している企業が殆どです。そうした期間工におけるスケジュールがどのようになっているのかを簡単にご紹介したいと思います。ここでは、そうした交替制の部分も含めてご紹介します。また、単に勤務形態のご紹介でだけではなく、そうした勤務体系に基づく生活パターンという側面からの選択基準にも触れてみたいと思います。これから期間工として就労したいと思われる方にとって、どの会社の期間工が自分に合っているかを選ぶ基準としてもご活用ください。期間工の大まかな仕事内容期間工に関する仕事の内容は、既に多くの方々がご存知だと思います。まず、期

期間工でホワイトな会社の6個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

どのような会社でもホワイトとブラックに分かれます。グレーゾーンの働き方を行っている企業は直ぐにでもブラック化すると見て良いでしょう。企業として、ホワイトを保つためには、ヒト、モノ、カネを要し、大変な努力をしなければ維持できない状態になります。就労者を人と見ない、出来るだけ安価に長時間働かせると言うことが企業利益に繋がると信じている経営者もまだまだ多い為です。当然ですが、期間工として就労する場合でもこのホワイト企業、ブラック企業と色分けできる場合があります。そこで、今回は、ホワイトを維持できている会社の特徴を5つ上げさせていただきました。また、それらを具体的に見分ける方法についてもご紹介します。

期間工の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う8個の理由

期間工、期間限定社員というと就労する期限が決められており、その後の事を心配する人が多いと思います。いくら期間中高給に恵まれていても3年弱という期間が気になる所だと言われます。また、期間工そのものの将来はどうなるのかということを不安視される方も大勢います。どのような職業でもそうですが、将来が確実にこうだと言うものはありません。また、期間工だからと言っても将来不安だらけであると言うこともありません。そこで、私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う8個の理由をご紹介します。皆さんにも一度期間工としての働き方に関して考えて頂ければと思います。期間工の仕事内容は?そもそも、期間工と言うのは製造工場で

期間工は未経験でも出来る?未経験でもスムーズに仕事に就く方法をご紹介します

「期間工として働きたいけれど未経験なので・・・」という声をよく耳にします。そこで、未経験者の方が期間工としてやっていけるのかについてここでご紹介したいと思います。期間工は未経験でもできるの?まず、回答から「出来ます」。逆に未経験者が歓迎される工場も多くあります。その理由について以下にいくつかを上げてご紹介したいと思います。未経験者が歓迎される理由未経験者だからこそ、自社の製造ラインの「色」に染まって貰えることがあります。同業他社での経験も意味はありますが、自社独自のやり方があるため、経験者よりも未経験者の方が歓迎される場合があります。未経験者でもやっていける理由当然、未経験者であれば製造ライン

期間工の面接で聞かれる8個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

期間工として多くの募集が行われています。中には自分にピッタリの期間工募集も見つかると思います。そうした時に応募は直ぐにでも出来ます。いざ面接の時になれば何を聞かれるのか、どんな服装で行けば良いのかと言った疑問が出てきます。そのような方々のために簡単に解説してみたいと思います。期間工の仕事内容そもそも、期間工の仕事内容についておさらいしてみましょう。期間工としての仕事内容は、色々な業種に分かれています。多くの期間工を募集している自動車メーカーの場合には、鋳造、鍛造、機械加工、プレス加工、溶接、塗装、組み立て、運搬、完成車検査前後の補助作業等に分かれます。各々ある程度体力的にきつい仕事が多いようで