期間工の仕事の募集は求人広告を見ていると、大手自動車メーカーの工場での仕事や大手家電メーカの仕事など色々な求人が掲載されています。

給料も高く社会保険も完備されていることから募集したいと考えている人もいると思います。

しかし、どのような仕事があるのか、仕事内容がよくわからない、寮生活に不安があるといった人もいると思います。

今回は期間工の仕事に多い3つの仕事や期間工のメリット・デメリットについて解説します

まず期間工とはどのような仕事かと説明すると、「契約によって働く期間が定められている従業員」になります。

半年から1年くらいの短期間での仕事が多く、特殊な呼び方として期間工と呼ばれることがあります。

期間工を仕事には大手の自動車メーカーや家電メーカーなどが多く、大企業並みの給与や福利厚生が受けられるのがメリットになります。

給与や福利厚生に優れているため外国からの労働者や地方から出稼ぎに来ているフリーターなどが多い傾向にあります。

期間工での仕事は大きく3種類の仕事に分けられる

「部品の組立・組付」

工場ライン内の各ユニットで部品を組立てて製品を作成したり、完成した部品をほかの部品に組付ける仕事になります。

例えば部品と部品を組合わせて自動車のブレーキを作成するのが部品の組立、組立てたブレーキを車本体に取り付けるのが部品の組付けの仕事になります。

一つのユニットに数人掛かりでチームで連携しつつ手際よく部品の組立・組付けをしていきます。

期間工の仕事と聞いて、最初にこの職種を思い浮かべる人も多いと思います

「部品の運搬」

工場内のラインに組立前の部品を運搬したり、完成した部品をさらに別のラインに運搬する仕事になります。

最近は工場内の自動化が進み、組み立ては機械がしているラインも多くなってきているので、部品の運搬が遅れてしまうと組み立ての機械が停まってしまうことになるので地味ながら重要な仕事になっています。

「部品・製品の検査」

完成した部品・製品の検査を行います。

チェックシートにそって完成した部品が正常に動作しているか。

完成した部品に傷や汚れがないのかをチェックしていきます。

正常に動作するか確認する「動作検査」、傷や汚れがないか確認する「不良品検査」などがあります。

コツコツと1つ1つの部品や製品のチェックを行う仕事になるので集中力や根気、丁寧さが必要になります。

部品組みたて・組付けの業務

各ユニット毎に数人位で部品と部品を組合わせて製品を製造していきます。

ライン作業の仕事になり、ユニット毎のチームで連携しながら効率的に部品を組合わせたり製品本体に部品を組付けていきます。

大きな工場ではベルトコンベアで次々と部品が流れてくるので、単純な作業ながら速さや正確さが必要とされています。

部品を組立てるだけではなく、組立てた仕事を組付ける仕事も同じユニットで行ったりするので、求人内容には部品の製造・加工・組付と記載されています。

ユニット毎に多少仕事内容は違っていますが、難しい動作が必要とされない単純作業の繰り返しになるので未経験者でも比較的にすぐに仕事に慣れることができます。

部品の運搬の業務

工場内で部品を運搬していく仕事になります。

工場によって変わりますが組立前の部品は一箇所にまとめて管理されているので、必要な部品を台車に乗せてに各ユニットに運んでいきます。

ユニットごとに使う部品は異なっており、中には似ている部品も多いので、運ぶだけではなく部品と部品を間違わずに見分ける能力も必要になっています。

部品の運搬ルートは決まっており、最初は工場内の地図をみて運搬ルートを覚えていきます。

部品の運搬が遅れてしまうと各ユニットの作業の遅れや組立・組付け作業の機械が停まってしまうので、時間内に決められたルートを回っていく必要があります。

部品・製品の検査の業務

完成した部品・製品を検査していく業務になります。

検査の仕事は工場内で組立・組付けされた部品や製品が問題なく動作するか確認していく仕事になります。

製品によってチェック内容は変わりますが、通常はチェックシートに沿って部品・製品の動作に問題がないか、傷や汚れがないか1つ1つチェックしていきます。

工場によってはベルトコンベアで次々と流れてくる部品や製品を手に取ってチームで連携して手際よくチェックしていく必要があります。

大規模な工場だと検査する部品・製品の数が多いので集中力や根気、それらを持続する体力も必要なってきます。

期間工の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

工場で働くことによって、扱っている自動車や家電製品の知識を身に着けることができます。

どのようなつくりになっているか、どのように自動車や家電製品が作られていくのかが働きながら身に着けることができると思います。

また、モノづくりに携わっている実感もあるのでやりがいを感じられます。

正社員登用される場合もあるので頑張って働くことによって大手自動車メーカーや家電メーカーの社員を目指せるのもやりがいを感じられるポイントです。

期間工の求人は給料も良く、大手メーカーの関連工場であれば待遇面も良くなっているので働きやすさを感じるポイントになっています。

期間工の求人は全国で各所で募集があり住んでいる地方とは離れた地方の寮に住むこともあるので、求人に募集する際に寮の近辺の情報を事前に確認しておきましょう。

給料が良い

期間工の給料は日給で換算されることが多く、日給で8000円~1万円くらいが相場になっています。

残業代もしっかりと出るところが多く、夜勤の勤務もあるので、工場によっては皆勤賞がでるところもあるので1か月休みなく働けば手取りで30万円程度の収入を手にすることが可能です。

正式な社員ではないのでボーナスは発生しませんが期間満了までしっかりと働けば期間満了金がもらえる場合の多いので、働く上でのモチベーションアップにもつながり給与についてはフリーターや契約社員よりも恵まれているといえます。

福利厚生がしっかりしている

期間工の募集要項に社会保険完備と記載されていることが多く、社会保険料は会社が半分を負担してくれるので将来的にもらえる国民年金の支給額も多くなり、福利厚生にも恵まれているといえます。

休暇もしっかりとれる

期間工とはいえ働いている期間中は大手自動車メーカーや大手家電メーカーの社員と同じように働けるので、基本的には週休2日で休みが確保されており、GWやお盆休みも社員と同じようにしっかりとれるので、連休を利用して帰省することもできます。

半年以上継続して働けば有給休暇も使うことができるようになりますし、会社によっては有給休暇を買い取ってくれる場合もあります。

寮完備がほとんどで生活費がかからない

期間工の仕事は大手自動車メーカや大手家電メーカーが募集しているので寮が完備されており、個室がほとんどです。

工場での仕事になるので都会からは離れたところに住む形になりますが大きな工場は従業員数も多く、工場近くに住んでいる人も多いので寮の近くに買い物のできるコンビニエンスストアやスーパーがある所も多いです。

生活費についても家賃が安くなり月々3~4万円くらいあれば充分生活可能な環境になっています。

工場近くに寮があるので、職場と寮を行き来するだけの生活になりやすいですが、その分、生活費や娯楽や交際費に使う余計な出費が抑えられるのでお金を貯めやすい環境で仕事をすることが可能です。

未経験からスタートできる

期間工の仕事は全国で求人募集があり、単純作業がほとんどなので特別な経験やスキルは必要とされていません。

肉体労働の仕事がほとんどなので健康状態は確認されますが、資格や知識がなくとも安心してスタートすることが可能です。

工業地帯に住んでいない、地方から募集する場合は工場近くの寮に入寮する必要があるので、家庭の事情などによって入寮することが難しい場合は期間工として働くのが難しいですが健康状態に特に問題がなければ期間工として働くことが可能です。

一人でコツコツと働きたい人におススメ

チームで連携していく必要はありますが、仕事中は会話は少なく一人でコツコツと働くことが可能です。

期間工は外国からの労働者も多く言葉も通じないこともあるので、余計な雑談などはせずに仕事に集中したい人には向いていると言えます。

仕事中にコミュニケーションを取る場面が他の仕事よりも少ないのでコミュニケーションをとるのが苦手といった人も働きやすい仕事といえます。

期間工の仕事の良くないところ

どんな仕事にも言えることですが期間工の仕事についても良いところばかりではなく、良くないところやデメリットが存在します。

これから期間工として働いていくことを考えているのであればメリットとデメリットを理解していれば期間工の仕事はじめる時に困ることが少なくなりますので良くないところも紹介していきたいと思います。

昇給・昇格がない

働き始める前に契約書で給料が定められますが、正社員登用がない限りは基本的に昇給・昇格はありません。

夜勤や残業、繁忙期によっては休日出勤になる場合もありまで、月によっては給料が良くなることもありますが、契約更新を繰り返し、長期で働いていても基本的に稼げる額は増えることはないので、人によってはイマイチ稼ぎが少ないと感じる人もいいるでしょう。

職歴になりにくい

期間工の仕事は単純作業の繰り返しになることが多く、知識や経験、資格なども必要とされないことから未経験からスタートすることが可能ですが、転職するときに職歴として評価されないこともあります。

体力的な面は一定の評価をされ場合もありますが、職業的なスキルや資格が身に付くことが少ないので人材として評価がされないこともあります。

契約期間が短い、雇用が不安定になりやすい

半年から1年くらいの短い期間での仕事が主になるので、契約期間が満了してしまうと仕事がなくなってしまい雇用が不安定になる心配があります。

すぐに次の仕事が見つかるとは限らず、景気によって期間工の募集人数は左右されやすいので、不景気によって期間工の仕事がしたくても募集が出ていないといった可能性もあるので雇用が不安定になりすく長期で続けるのが難しいといった問題もあります。

単純作業の繰り返しのため年々仕事の面白みが少ない

期間工の仕事は単純作業に繰り返しになるので、単純作業をコツコツ繰り返すのが苦手な人は同じ作業の繰り返しが体力的、精神的に辛くなる人もいます。

すぐに仕事に慣れることができますが、仕事自体の面白みが少なく、寮生活にも慣れずに離職してしまうといった人もなかには見受けられます。

工場によっては生活リズムが不安定なることも

工場によっては24時間稼働している工場もあり、シフト交代制になっている場合があり、昼番と夜番が1週間ごとに代わることもあるので、1週間ごとに昼夜が逆転してしまうといったこともあります。

生活リズムが不規則になり睡眠不足になってしまったり体調を崩すこともあります。

まとめ

期間工の仕事内容については主に「部品の組立・組付け」「工場内での部品の運搬」「部品・製品の検査」と3つの仕事に分けれます。

期間工の仕事に募集する際にどの仕事内容になるか契約する際に決められており、基本的に他の仕事をすることはありません。

どの仕事内容になるか、どのような上司や同僚と仕事することになるか事前情報はなく希望が通ることもないので不安がありますが、どの仕事も単純作業になるので比較的すぐに仕事に慣れることもでき、未経験から期間工の仕事をはじめることができます。

職場も大手自動車メーカーや大手家電メーカーの関連工場で働くことになるので、給与や福利厚生も大企業の並に良く個室寮も完備されている事も多く住環境も保証されており、仕事内容や寮生活に慣れることができれば比較的稼ぎやすい仕事です。

短期間で高収入が望めるので貯金をしたい人、若く職歴が浅い人には期間工の仕事をしながらお金を貯めながら次の仕事を探す準備もできるため人気のある仕事になっています。

ほとんどの人が契約期間満了まで勤め上げているので、短期間で貯金を貯めたい人や働きたい職種の募集がなく仕事に困っている人には期間工の仕事を選択肢の一つとして考えてみるのも十分ありだと思います。