ここでは、「期間工」という職業について全般的な内容とそれに伴う詳細な内容について解説したいと思います。

この記事を読むだけで期間工という職業がどんなもので、自分自身にとってのメリットは何か、デメリットは何かを分かりやすく理解できるように紹介したいと思います。

色々な「期間工」に関する紹介コラムがありますが、中には否定的な意見に偏った記事や、極端に良い面しか書いていない記事が多いようです。

ここでは、公正中立的な立場を心掛けて記載します。

したがって、「期間工」に関してネガティブな話、ポジティブな話、両者を均等に書き進めたいと思います。

一つの事柄に対して良い面、悪い面二つの視点がある事を理解して頂ければと思います。

期間工とはどんな仕事?

そもそも、期間工とはどんな仕事か?ということを初めに紹介したいと思います。

期間工とは、「期間従業員」の事を指します。

一定の期間を定めて同じ職業に従事する従業員の事を「期間工」と呼びます。

主に工場での就業がメインになっています。

工場では需要(顧客の購買意欲)の多寡(多い、少ない)によって生産量を調節しています。

売れないものを多く作っても損をするだけです。

逆に売れ筋商品や新製品の場合等増産体制で臨まなければ儲けが出ません。

そこで、多くの従業員が必要となります。

そんな時臨機応変に対応できるよう「期間工」の募集が入ります。

期間工を募集する主な工場は、「自動車メーカー」「電気部品メーカー」「造船メーカー」「家電メーカー」など様々な業種があります。

これらのメーカーの製造ラインで働くことになります。

内容的には、比較的簡単で未経験者でも取り扱えるような工程を担当します。

生産の品質、数量が工場にとって重要な指標になります。

期間工の場合、このうち数量に関係する場合が多いようです。

品質管理などは正社員等が担当することになっている場合が多いようです。

ただし、期間工だけを品質管理に配置している会社もありますのでよく注意することが必要です。

期間工のうち多くはそのメーカーの工場に直接雇用されている場合が多いです。

しかし、一方では、その工場と派遣契約を結んだ派遣会社から派遣される派遣スタッフも案外多く存在します。

以下に、期間工に関する各種の詳細を記載しますので、まず気になる項目をご覧いただいても結構です。

期間工の役割とは?

期間工、つまり期間従業員という職業がなぜ存在するのかをその果たす役割をご紹介することで理解して下さい。

工場の生産体制に関する調整役

工場でわざわざ「期間工」として迎い入れられることは、その工場の生産体制の調整役になるからです。

このことが、期間工の大きな役割の一つになります。

ある製品が未来永劫、同じ数量を同じ品質で生産し続けられることはありません。

品質を変えたり、型番を変えたり、新製品を新たに生産したりしなければなりません。

また、「特需」という現象もあります。

これは、一時(数か月~数年)ある商品の需要が急増する場合があります。

こうした時に、工場側では、数年間に限って臨時に「期間工」を募集する場合があります。

正社員は企業にとってあらゆる意味で「雇用リスク」があるため、正社員募集にはならないのです。

その点「期間工」は、そう言った雇用リスクが少ないので工場は積極的に期間工募集を行うのです。

期間工の役割の大きな意味がそこにあります。

工場での生産性向上の主役

工場は、工場長をトップに全ての従業員が生産性を求められます。

いわゆる仕事の効率を求められます。

この意味で「期間工」はその主役的位置づけにあります。

正社員の中でも効率の悪い、つまり生産性の低い従業員がいます。

そうした人は、正社員と言う地位があるために中々生産性を向上させるように動かすことが出来ません。

その点、期間を制限された期間工の場合、生産性を向上させるために雇用していると言うことで直接的な生産向上に繋がっていると言う役割があります。

その点、期間工が誇りに思える点でもあります。

正社員、契約社員、バイト、派遣などで求められる役割は変わる

上に少し「期間工の役割」でご紹介したように、期間工と他の働き方の種類では役割が大きく変わります。

正社員の場合、永くその工場に勤めて数十年の期間でその工場に貢献することが求められています。

その結果、永年勤続や定年退職時までの長期雇用が設定されている訳です。

そのため、各種福利厚生や賞与等の恩典がついてきます。

契約社員は、期間限定の面では期間工と同じですが、一般的には1年更新でその仕事の専門性を買われて雇用契約が結ばれています。

さらにアルバイトの場合、より単純化した仕事の内容で、いつ本人都合で辞めても良いような仕事に就いています。

正社員や期間工のヘルプ的な役割が与えられることが多いようです。

派遣社員の場合、派遣期間を通じて派遣目的である業種にのみ専従して給料は派遣会社から支給されます。

派遣社員(派遣スタッフ)と契約社員の違いは、雇用主が全く異なると言うことでしょう。

求められる役割は類似しています。

大きな意味での期間工の役割

期間工の役割を語る上で、工場における役割ばかりを紹介している場合が多いようです。

しかし、大きな意味での期間工の役割を紹介していないことに気付きます。

ここで言う大きな意味とは、「地域経済、日本経済の下支え」という非常に大きな役割があります。

多くの工場は、広大な敷地を要することから郊外の言わば辺鄙な地域に立地している場合が多いです。

いわゆる人口減少地域に存在します。

しかし、工場周辺では近隣に寮があったり、住まいを設ける場合が多くあります。

その意味から人口維持、地域経済の活性化が自然と行われます。

さらに大きい視点では、期間工が生産の柔軟性を支える大きなファクターになっていることです。

生産の柔軟性を維持できることは日本の製造業の強みであり、国際競争力の源泉にもなっています。

そうした大きな意味での役割が「期間工」には存在すると言うことを忘れないでください。

期間工の具体的な仕事内容とは?

年間を通じて募集が継続している自動車メーカーと電子機器メーカーに関してご紹介したいと思います。

初めに自動車メーカーの各種作業内容、次に電子機器メーカーの各種作業内容をご紹介します。

なお、代表的なものだけを記載しますので、この他にも期間工として募集されているケースもある事をご承知おきください。

具体的な業務

自動車製造に係る組立作業

ここで言う組立作業とは、自動車組立工として完成車組立部門に属します。

自動車を製造する工程の中で、この組立作業は、エンジン、トランスミッション(変速機)、車軸などの部品を取り付けて行きます。

主にその作業工程はベルトコンベアで移動する車両ボディに対して組み込んでいきます。

多くが現在では、オートメーション化されロボット組み立てが行われていますが、人間の手でなければ組み立てらない部分が数多く残っています。

自動車製造に係る塗装作業

ここで言う塗装作業とは、自動車本体ボディへの塗装が主要作業になります。

しかし、この部分は先ほどもご紹介したようにオートメーション化が進んでいる作業工程になります。

ただし、各種部品に関する塗装工程等もあり、人手を要する部分も多いと言うことです。

自動車製造に係る溶接作業

ここで言う溶接作業とは、自動車ボディへの直接圧着させるための溶接作業や、その他パーツの溶接作業になります。

溶接には資格試験を受けなければならないケースが多く、その会社独自の基準を設けている場合があります。

そうした場合には、ベテラン期間工の方々が就くケースも多いように言われています。

自動車製造に係るプレス作業

ここで言うプレス作業とは、各種の部品を成形する場合に、大型プレス機により型抜きの技術で出来上がるパーツを作る工程のことです。

自動化が進む中人間による目視が重要な作業工程でもあります。

電子機器メーカーに係る組立作業

電子機器メーカーと言っても色々な電子機器がこの世の中には出回っています。

パソコン、携帯電話、スマホ、デジカメ、半導体など様々です。

そのような製品を組み立てるための作業になります。

多くはベルトコンベアで流れてくる部品を組み立てることやネジ締めやシール貼り等の作業が主体になります。

ベルトコンベアで次から次へと流れてきますので、テキパキと作業を行う事が必要になります。

電子機器メーカーに係る加工・検査作業

電子機器メーカーでは、何よりその細かな品質が求められます。

電子機器メーカーにおける工場内での作業はほぼ全て機械が行ってくれます。

そこで、加工作業では人間が機械のコントロールを行う必要があります。

いわゆる機械オペレーターという職種になります。

機械のスピードの調節やイレギュラーに対応する職種になっています。

加工機械も万能ではないので、この加工機械を制御する役割になります。

電子機器メーカーに係るクリーンルーム作業

電子機器メーカーでは、その微細な作業の行程の中でコアな作業として、クリーンルーム内での作業があります。

クリーンルームとは塵や埃の混入を完全に防いだ部屋での作業になり、防塵服等を全身頭から足先まで覆われた服で作業を行う内容です。

ちょっとトイレに行きたくなったので作業場を離れると言うようなことは出来ない職場になります。

仕事の流れ

期間工としての仕事の流れを、代表的な自動車メーカーの仕事の流れから見てみましょう。

多くのメーカーではその各々の仕事が部門に分かれており分業体制で進められているのが実情です。

代表的で主要な仕事の流れを大まかにご紹介しましょう。

鋳造・鍛造行程

自動車には、数々の部品が使用されますが、その中でも金属加工品の割合は今でも非常に多いものになっています。

その中で、自動車金属部品の加工方法には、「鋳造(ちゅうぞう)」と「鍛造(たんぞう)」があります。

鋳造とは金属を液化し鋳型に溶かし込んで成型する方法の事を言います。

主にエンジン部分などがこの方法で製造されます。

また、鍛造とは、金属をたたいて成型する加工方法になります。

主に車輛のボディ部分やドア部分に使われる方法になります。

この工程で、各種の部品パーツが出来上がります。

機械加工工程

上に示した、各種部品を機械を使用して、形を整える工程になります。

鍛造・鋳造で粗方の製品(部品)を綿密なサイズや表面加工によりより精度の高い部品を作る工程です。

成形行程

機械加工工程で80%程度の成形品を更に詳細な単位で成形する工程になります。

この工程で全ての部品類は完成形に成形されるわけです。

エンジン組立工程

車体のシャーシー(自動車の車台)部分にエンジンを組み入れる作業になります。

自動車メーカーにおける自動車製造工程の中でも最もメインになる部分として位置付けられています。

この作業の多くは人手で行われているのが大部分になります。

屋内クレーンで吊り下げられたエンジンをベルトコンベアに乗って運ばれて来たシャーシーに取り付けると言う作業になります。

車体塗装・完成車組立工程

別系統では、車のボディやドア部分に塗装が施されます。

自動車にとってはほぼ1年365日、屋外での気象に曝されています。

酷暑、極寒という自然環境にも適応できる塗装を施さなければなりません。

また、外観上も美しい仕上がりでその車の売上にも影響を与える部分になります。

ほとんど機械噴霧器により塗装が施されますが、その機械をオペレーティングするには人手が掛かります。

その後、ほぼ仕上がった車両本体に取り付けが行われ完成車として出荷されて行きます。

期間工はどういう人と仕事で関わるの?

期間工でも一人で働くわけにはいきません。

多くの人たちの関わりの中で仕事を順調に進めなければなりません。

そうした中で、どのような人たちとの関わりがあるのかについて簡単にご紹介したいと思います。

同じ職場でのアルバイト

同じ工程では、アルバイトとして働いている人たちもいる現場があります。

あくまでもメインの仕事ではありませんが、時給で働く人たちがいます。

こうした人たちは正社員や期間工と異なり、時間で働いているせいもあるのでしょうか、あまり積極的に仕事に取り組まない傾向があるようです。

期間工として作業する上では指導する立場になりますので、十分彼らの働きを引き出すことを心掛けなければなりません。

同じ職場の派遣社員

同じ職場に派遣会社から派遣された派遣スタッフとして働く人たちもいます。

いわゆる「製造派遣」という種類になります。

彼らは派、遣会社から給与を貰い時給で働いています。

つまり、そもそも就労条件が期間工とは全く異なっていると言うことが出来ます。

しかし、多くの工場では期間工よりも派遣スタッフの方が費用が割高になっているという実態があります。

同じ職場での契約社員

ここで言う、契約社員とは期間工とは異なり、何か特殊な技能や専門知識を持つ人材と工場が直接期間契約を結んで就労している人たちがいます。

主にその方々の専門性を重視した雇用契約になりますので、期間工とは大きく異なります。

中には専門技術を持った正社員の方が定年退職後も就労するような場合、契約社員として残っている場合等もあります。

この場合「嘱託社員」などと言われる場合も多いようです。

専門技術や知識を持っている方々が多いので、それなりに学べる部分が多くありますので、その部分を学び取ることも将来の為に良いかもしれません。

同じ職場での正社員

同じ職場には、正社員の従業員も多くいます。

期間工を受け入れるような工場は過去から数多くの正社員を迎えています。

そのため彼ら正社員自身は、期間工に対する接し方には慣れています。

初めて期間工として働く方々にとっては、何か特殊な思いがあるかもしれません。

しかし、多くの正社員は管理職であったり、ライン長であったりします。

したがって指示される内容をしっかり把握し作業することが求められます。

人事評定なども彼らが行う可能性もあるので、十分過ぎるほど真面目に対応する方が良い場合が多いようです。

期間工の給料事情は?

さて、期間工と言えば高収入というイメージを持っている方も多いと思います。

最大2年11カ月、つまり3年未満の雇用契約で働くわけです。

その意味では、短期集中的に働くことから月給は相当高く設定されているケースが多いです。

例えば名だたる自動車メーカーの場合で、年収が500万円弱稼げるという場合が平均的になっています。

年収500万円とすると、12ヵ月単純割りで約42万円程度の支給になります。

あくまでも支給額ですので、税金や年金などの控除を考えれば手取り額はこれよりも低くなります。

しかし、期間工の場合各社がこぞって募集を行うため売り手市場(求職者に有利な市場)になっています。

つまり、あの手この手でメーカーは期間工を迎い入れようとしているケースが多いので良く比較することが重要です。

例えば、「入社祝い金制度」が最近は目につきます。

期間工募集では無いサービス業のような場合は、数万円しか出ない募集が多いです。

しかし、自動車メーカーでの期間工募集では、なんと平均で70万円程度の入社祝い金が支給されています。

ある意味、入社時に貰う賞与的な意味合いがあるように思えます。

また、最後に2年11カ月勤め上げた場合退職一時金のような金銭も支給される場合が増えてきました。

よく期間工の場合「可処分所得(自分で自由に使えるお金)」が多いと言われます。

これは、期間工の場合ですと「寮完備」の仕事が多い為です。

住居費が掛からないか、もしくはほとんど気にならない程度の金額ですみます。

期間工募集の中には、食事も寮で取ることが出来る場合もあり食費も節約できる場合があります。

おまけに、大手自動車メーカー等の大工場は郊外の辺鄙な立地もありお金を消費する場所が少ないと言う事情があります。

期間工で働く人たちの中には、期間工として就労している間に貯金に精を出す人たちがいます。

まとまったお金で自分の好きなお店を独立させると言う夢を持っている人も案外多いようです。

期間工の仕事でやりがいを感じること

ここでは、期間工として働くことに対するやりがいにはどのようなものがあるかをご紹介したいと思います。

どのような仕事にも質や量の差がありますが「やりがい」を感じる瞬間と言うものがあります。

期間工の場合もそれが如実に示される場合が多いようです。

筆者の経験も交えて期間工としてのやりがいをご紹介したいと思います。

短期集中での工場への貢献

期間工は、最長3年未満の契約で工場就労する人たちです。

この期間を通じ、その工場が期間工の人たちを必要な人材として積極的に認めてくれている実態があります。

もし、彼ら期間工が居なければ工場の操業自体が不可能となる場合も多くあります。

短期間とは言え工場の求める人物像に合致している限り、その工場へ貢献できているということにやりがいを感じることが出来ます。

正社員への事前準備

期間工の人の中には、短期契約を何回も継続して行く場合もあります。

正社員を望む人にとっては、正社員になる事前準備として何回かの契約の後、正社員になる場合が有ります。

その方々にとっては、仕事そのものがやりがいであり、正社員への道としての道程の一コマとして感じ取っている場合なのだと思います。

逆に、自身が期間工としてやりがいのある職場であると感じたからこそ正社員になりたいと言うケースも多くあるようです。

預金通帳の残高

先ほども、期間工の給与事情でご紹介したように、短期間で高給が望める職業であることにやりがいを感じる人たちが多いようです。

余計な遊興費や飲食費に費やすことなく給与を貯蓄に回し積みあがっていく預金通帳の残高にやりがいを感じる人たちです。

こういう人たちは、概ね将来に何らかの夢ややりたいことを持っている方が多くいます。

短期集中的にまとまったお金を貯めることでそれらを実現させようとしている人たちです。

期間工に向いている人のタイプは?

どのような職業にも向き不向きがあります。

身体を動かすことが好きな人に、1日中デスクで座っての仕事は、不向きな職業になります。

また、逆に一日中パソコンを扱っても何ら問題なく持続的に仕事が出来る人がいます。

乞おう言う人の多くは、時間中に身体を動かし続け、体力が勝負の仕事には不向きになります。

以下にどのようなタイプの人が、期間工が向いているのかをご紹介します。

ご自身がどのようなタイプなのかを合わせて考えてみてはいかがでしょうか。

真面目に就労できるタイプ

ここで言う「真面目に就労」という言葉は、なにも態度や素振りの話だけではありません。

真面目に毎日決められた時間に出勤し、まじめに働き、決められた時間に退勤するということを言います。

中には学生気分やフリーター気分が抜けずに、遅刻、早退等を繰り返す方も多くいます。

こうした人たちには、期間工は不向きだと言えます。

短期間の就労のうち遅刻、早退、欠勤等が続くようでは、工場の責任者も対応を考えざるを得なくなってしまいます。

よほどのイレギュラーが無い限り真面目に毎日働くタイプが期間工には向いています。

単純作業でも継続的に続けられるタイプ

複雑な作業が好き、いつも違う仕事をしたいと言うタイプより、反復的に同じ作業が続くことが好きなタイプが向いています。

どのような業種の工場でも、ライン作業に多くの期間工が従事しています。

そこでは、決められたスピードで決められた作業の繰り返しが多く存在します。

こうした作業が好きな人が期間工に向いていると言えるでしょう。

グループでの作業が好きなタイプ

一人コツコツと行う作業より、グループの皆で一つの仕事に取り組むことが好きなタイプが向いています。

就労者は、個人により作業の速さやリズムが異なります。

これを一人で行うことが好きなタイプの人は、どうしても自分のスピード、リズムで仕事がしたくなります。

その場合、ラインで同調することにストレスを感じるようになります。

みんなと同じスピード、リズムに合わせて作業することが好きなタイプには期間工として向いていると言えます。

期間工の仕事で大変なこと

期間工には、いくつかの仕事上で大変なことがありますので、その各々についてご紹介しましょう。

仕事に慣れるまでの期間

期間工の場合、そんなに複雑で高度な仕事を任せられることはありません。

それでもちょっとした方法やコツを身に付けなければ出来ない仕事が割り振られることがあります。

そうした場合に、その仕事に慣れたり身に付けたりするまでの期間が必要ということが大変です。

経験を活かしきれない場合がある

期間工として繰り返し就労しているような人でも、毎回同じ業種に限って就労するとは限りません。

つまり、業界を跨ぐような場合には、過去行った経験が活かせないと言う事があります。

この場合、一からのスタートになることが大変です。

期間工になるためにはどうしたらいい?

期間工になるためはどのようにすれば良いのかを簡単にご紹介しましょう。

期間工に就職するために

期間工として就職するには、まず期間工専門の求人サイトを見ることです。

更に、そのサイトで見つけた募集企業のホームページにある「募集要項」や「エントリーシート」を見て直接応募するようにしましょう。

比較検討も1社でも多くの工場と比べて来てみても良いかもしれません。

資格は必要?

資格は、その職場に必要とされるものがあれば必要になりますが、期間工のカテゴリーではほぼ不要です。

何かの資格が有利に働くこともあるので、応募時には必ず記載しておくことが良いでしょう。

必要なスキルや経験は?

期間工としての必要スキルや経験は、大部分の期間工募集要項でも不要になっています。

「未経験者大歓迎」とか、「必要スキルは当社にて教えます」といった募集要項もあります。

期間工で転職を成功させるために

今から期間工として転職するに当って成功させるための秘訣をご紹介しましょう。

余分な邪念に囚われない。

ここで「邪念」と書きましたが、いわゆる「遊興関係」「趣味関係」に溺れないことが成功の秘訣です。

多くの期間工は、男性が多く貰う給与が高額な為、すぐに遊興費や賭け事、趣味にお金を投じてしまう方が多いようです。

期間工としては、出来るだけストイックな生活を行うことでまとまったお金を作っておくことが成功へのカギになります。

ベテラン期間工への道

多くの期間工の方々がいる中、ベテラン期間工と言う方々も多くいます。

つまり期間工を何回も繰り返して働いている方のことです。

こういう人たちは一種職人の風格で期間工として優遇される場合があります。

こうした人たちの多くは、同じ会社の期間工として継続的に就労している場合が多いようです。

正社員と同じ動機を持つ

いくら期間工と言えども、正社員と同じモノづくりを行っていることに違いはありません。

そのため、やる気であったり信念が正社員と同等もしくは同質のものを持つことが成功へのカギになります。

期間工の将来性は?

現在、わが国日本においては工場現場のみならず、ありとあらゆる就労現場で人材不足が叫ばれています。

極度な少子高齢化の影響が出始めています。

その結果、政府が外国人技能実習生の制度などを活用し、外国人就労者を増やそうとしています。

しかし、それにも限度があります。

期間工としての将来に関する予見をご紹介したいと思います。

人材不足による期間工の将来

先のも書きましたように、国内のあらゆる産業において人材不足が深刻さを増しています。

そうした中、期間工についても同じになります。

その傾向は、この先何年も続くことが想定できます。

期間工としての募集は、この先も継続的に続いて行くことは確かです。

外国人人材との競合

では、外国人技能実習生との競合はどうでしょうか?

あくまでもこの制度は、限られた外国人に限ってのことになります。

日本の人材不足を一挙に解決し、期間工を圧迫するような事にはここ当分はならないでしょう。

10年先、20年先は不明な所が多いですが、少なくともここ10年は心配は無用だと思います。

受入企業側の将来

では、日本国内のメーカー各社の将来はどうでしょう。

数年前まで海外への工場移転が大きな話題になっていました。

しかし、その問題もひと段落しました。

また、アジアにおける環境も未だ不透明のある中、工場移転問題も冷えて来ていると言っても過言ではないでしょう。

期間工としての職場は日本国内に健在出来ると思われています。

期間工の仕事がおすすめな理由

短期で集中的に高給をGET

上に何度も書きましたが、最長2年11カ月の就労期間中に獲得できる給与は、通常正社員でも追いつけないほどの金額になる場合が多いです。

短期集中で可処分所得を1円でも多く貰えることがあります。

自身がラインで組み立てた自動車が街中を走行!

自分が組み立てた自動車が街中を走っている姿が見れます。

なかなかできない経験です。

自信と誇りをもてるようになりことが上げられます。

その気になればいつでも夢を持てる

期間工として働くことで、短期間にまとまった金銭を手にできます。

その金銭を元手に自身の夢を果たせることが可能になります。

このことは、アルバイト・フリーターでは出来ない事でもあります。

人間関係の煩わしさから解放

期間が決まっているので、延々と嫌な人間関係を維持し続ける必要がありません。

一時、我慢すれば別の職場に気分一新できます。

期間が限られている期間工の良い面でもあります。

まとめ

以上、期間工に関してあらゆる側面から解説を行いました。

まだまだ解説不足の所もあると思います。

しかし、一旦期間工として成功してみようと思われる諸兄にとっては少なからず参考になったと思います。

この他にも、期間工に特化した記事をいくつか掲載しますので、是非そちらも閲覧して下さい。