人間生きていればお金が必要になります。

お金を得るには働くしかありません。

どう働いてお金を得るかは多種多様に存在しますが、生涯を通して一つの仕事を貫くという人は数少ないと思います。

また、その少ない中で一度も辞めたいと思ったことがないという人は、皆無と言っても過言ではないでしょう。

つまり、人が働くことにおいてその仕事を辞めたいと思うことは当然あるのです。

ですが、その時に本当に辞めてしまっていいのだろうかという葛藤が生まれると思います。

ここでは、仕事を辞めたいと思ったときのヒントになるような事を提示していきます。

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

仕事を辞めたい時ってどんなとき?

皆さんは働いていてどんな時に仕事を辞めたいと思いますか?

ストレスが大きかったり仕事が合わないなんて思うと辞めたくなってしまうこともあると思います。

また、何か不都合なことや疲れると口癖のように辞めたいという人もいます。

何を基準に仕事を辞めるかは個人の判断であり、何を理由に辞めるも自由でそこを引き止めることは誰にもできません。

仕事を辞めたいという感情は、ほとんどが何か失敗したときや上手くいかなかったとき、つまりマイナス要素が身に降りかかったときそれをプラスに変えることができない場合に沸いてくるのです。

仕事を辞めたいか見極めるためのチェック事項10項目

ここからは現在の仕事の状況だったりその環境についていくつかチェック項目を準備しました。

下記のチェック項目に丸かバツをつけていってください。

給料

働く上で給料は非常に気にするところではないでしょうか。

どんなに好きな仕事をしていても生活ができないほどの給料では辞めたほうがいいのかと不安になることもあります。

またそれとは反対に好きな仕事ではないけど給料は貯金ができるほど貰えているのであれば生活的な不安はないでしょう。

この給料というのはとても大事でどんなに結婚したくても今の給料では暮らしていけないという理由から先延ばしのする人もいるでしょうし、一ヶ月頑張って働いても暮らすのがやっとで贅沢なんてできない状況では仕事へのモチベーションを保つことさえ難しくなってきます。

また給料というのは人生の成功を計る物差し的な役割もあり、同僚や友達など給料が高いほうが優越感を抱くことも事実です。

では質問です。

あなたは現在の給料に満足していますか?

不満があるという方は丸を、満足しているという方はバツを選んでください。

人間関係

続いては人間関係です。

仕事は一人でするものもあればチームとなり職場の人達と一緒に作業をするものもあります。

職場での人間関係はその仕事に大きな影響を及ぼします。

今はあまりいないかもしれませんが、上司にゴマをすっている人間がいい待遇をうけたり出世したりするのも人間関係からくる影響です。

仕事を運んでくるのも人なわけで、世渡り上手な人ほどコミュニケーションが上手くとれたり人間関係の構築は上手かったりします。

また、それとは反対に人間関係が上手く構築できない人は、社内でも孤立しやすく職場の人の名前が知らなかったり、コミュニケーションが取れなかったりすると社内で信頼できる人も少なくなってきて仕事が楽しくなくなっていき、仕事に行きたくないという気持ちが次第に出てくるかもしれません。

このように職場での人間関係は仕事を続けていく上で非常に大事になってくるのです。

では質問です。

あなたの職場での人間関係は良好ですか?

良好ではないのであれば丸を、良好であればバツを選んでください。

仕事内容

仕事を探すとき何を基準に探すのかは人それぞれあると思います。

その中でも仕事内容を気にせず入社したという人はいないと思います。

給料を条件に探しても仕事内容は見でしょうし、福利厚生で探しても仕事内容は見ます。

でも仕事内容は一つじゃないです。

どんな仕事でも業務内容から部署からいくつもあります。

希望する仕事内容であれば毎日仕事も楽しく活力も沸いてきますが、希望する仕事じゃない場合その活力は全く出てこないでしょう。

しぶしぶその業務をこなすしかないです。

また最初は仕事内容に満足していても仕事ができるようになってくると飽きてしまうなんて人もいます。

クリアしたゲームをずっとやっていられないという人はよく分かると思います。

しかし仕事に飽きるというのは誰しもが思ったことがあるでしょう。

それが続くと刺激がなくなり次第に辞めたいと思うようになってくるのです。

では質問です。

あなたは今の仕事内容に満足していますか?

不満があるという方は丸を、満足しているという方はバツを選んでください。

労働時間

一日の労働時間は法律によって規定されています。

原則として一日8時間、一週間に40時間以上を越える労働をさせてはならないと。

ですが、今のご時世この規定内で収まっている企業はどのくらいあるでしょうか。

多くの人が残業をし仕事をこなしています。

また、残業をしないと収入が増えないという理由も背景にあります。

そのために残業はなくならないのです。

近年過労が問題視され残業を減らそうという試みが実施されていますが、規定内で生活ができるくらい給料が増えないことには根本的解決にはならないでしょう。

毎日定時に帰ることができれば、プライベートな時間が確保でき仕事でのストレスも発散することができます。

ですが、残業が続いたり残業をしないといけない境遇にあると、なかなかストレス発散ができなく疲労も増してきます。

そうした悪循環が仕事辞めようかな、仕事変えたほうがいいのかなという気持ちにさせてしまうのです。

では質問です。

あなたは今の仕事の労働時間にストレスを感じていますか?

感じているという方は丸を、感じていないという方はバツを選んでください。

労働日数

労働時間も毎日の仕事をこなすなかで気になるところですが、労働日数も同じく気にするところだと思います。

労働時間同様、労働日数も法律で定められております。

いくら毎日残業がなくても、週休二日はないと疲労も蓄積されていきますししんどくなっていきます。

正直週5日働くのもしんどいと思う人も多いのではないでしょうか。

特に平日出勤で土日が休日だと月曜日ほど憂鬱になることはないですよね。

週末にどれだけリフレッシュしても月曜日はやっぱり月曜日は嫌になります。

また、木曜日は疲労が溜まってしんどくなりますし、働く上で労働時間の次に労働日数は重要になってきます。

小さな精神的疲労や肉体的疲労から、次第に辞めたいという感情が出てくるかもしれません。

今のご時世なかなか週休二日ない企業は少ないと思いますが、休日出勤があったりするところもありますから、可能な限り入社を決める前に把握しておきたいところですね。

では質問です。

あなたは今の仕事の労働日数をどのように感じていますか?

もう少し休みたいという方は丸を、ちょうどいい、まだ出勤しても構わないという方はバツを選んでください。

相性

続いてのチェック項目は相性です。

相性って何?と思うかもしれませんが何事にも相性があり、それは仕事においてもあります。

では具体的に相性とは何か。

もっと分かりやすく言うのであれば向き不向き。

合う合わないです。

仕事を始めたばかりでも続けても向いている仕事や合う仕事というのはあります。

仕事は一生続けるものですし人生で一番時間を注ぐ場所でもあります。

出来ることなら毎日楽しく仕事に取り組みたいと思うのが普通でしょう。

また、そんな仕事も自分の能力を引き出せる仕事だったりすると毎日が楽しくなります。

逆に合わない仕事、向いていないと思う仕事をしていると苦痛で仕方がありません。

ですが、どの仕事が向いているのか合わないのかは、働いてみないことには分からず就職しても失敗したなと思う人もいるでしょう。

合わない仕事ほど毎日の出勤が苦痛で次第に辞めたいと思うようになってくるのです。

できれば仕事選びには失敗したくないものですね。

では質問です。

あなたは今の仕事以外に合う仕事があると思いますか?

あると思う方は丸を、ないと思う方はバツを選んでください。

評価

続いてのチェック項目は評価です。

我々は会社に勤めていると常に評価をされています。

仕事上の評価から個人的評価まで様々ありますが、当然評価の良い方が得をすることが多いです。

これは少し人間関係にも関わってくるところですが評価をするのも人間だと言うことです。

つまり平等に評価されることはまずありません。

言うまでもなく現代社会は理不尽なことだらけです。

上にいるものが権力を乱用し下にいるものは上にいるものの機嫌を取る。

そのようなことをしなくても上にいるものに気に入られているだけで同じ成績を残しても評価は変わってきます。

仕事上の評価は同じでも個人的評価に格差がでて来てしまうものなのです。

正当に評価されないと下にいるものは意欲をなくしてしまいます。

それでも頑張れる人は強い人で多くの人がそんなに強くありません。

正当に評価されないことが続けば仕事を辞めるべきかと迷いもでてきます。

それだけ評価と言うものは大事で、だからこそ正当に評価されなければいけないのです。

では質問です。

あなたは今の職場で正当に評価されていますか?

正当に評価されていないと感じる方は丸を、正当に評価されていると感じる方はバツを選んでください。

ストレス

続いてはストレスです。

今の現代社会においてストレスは切っても切り離せないものになってしまいました。

ストレスは、もちろん仕事だけでなく友人関係だったり恋人だったり、家庭だったりといたるところストレスの温床です。

またストレスは我慢を続けると様々な病に形を変え我々の体を蝕んできます。

いわばストレスとは全病の源といっても過言ではないくらいです。

特に精神病はストレスが主な原因で発症することから病んでいる人は多いと思います。

仕事のストレスと言うと、まず出勤にストレスを感じることもあるでしょう。

もう少し寝ていたいという気持ちを押し殺して起きるわけですから当然ストレスがかかります。

他にも仕事で上手くいかなかった時のストレスだったり上司に怒られた時、接客であれば面倒な客に出くわした時などストレスの根元はたくさんあります。

これだけストレスの根元が多いとストレスフリーな生活を送ることは難しいため、極力ストレスを減らすような工夫だったり上手なストレス発散ができるといいかもしれません。

ストレスから病に発展しては仕事を続けることも場合によっては困難になります。

辞めたいと感じるようになったらストレスが限界に近いサインなのかもしれません。

では質問です。

あなたは今の仕事にストレスをどの程度感じていますか?

毎日強いストレスを感じて溜め込んでしまうという方は丸を、ストレスは感じるが発散できているという方はバツを選んでください。

やりがい

仕事においてのやりがいとはとても大事です。

やりがいは仕事をする上で心の張り合いになったりモチベーションの向上や維持になるものです。

やりがいはその職種や人いないしよって様々です。

販売業であれば自分で商品を売ったときにやりがいを感じることもあるでしょうし、何か成し遂げた時にそのやりがいを感じるかもしれません。

やりがいとはすぐに見つかるものではなく、仕事をある程度続けていった人にこそ味わえるものなのです。

また仕事にやりがいを持っているとイキイキするようになります。

ちょっと嫌なことがあったりしても、やりがいを感じれば気持ちは向上しやる気にも繋がってきます。

人の心と言うのは非常に揺れやすく、ちょっとしたことで気分が上がったり下がったりするものです。

ですから、小さなやりがいが一つでもあれば仕事に苦痛を感じることはないのかもしれません。

ですが、反対に何のやりがいも見出だせない、やりがいを見つけようともしないと仕事が楽しくないものです。

せっかく就く仕事であればやりがいを持って働きたいものですね。

では質問です。

あなたは今の仕事にやりがいを持っていますか?

持っていないという方は丸を、持っているという方はバツを選んでください。

めんどくさい

仕事は正直めんどくさいと思うこともあるでしょう。

めんどくさいという理由の背景には様々なことがあると思いますが、毎日毎日会社に出勤して仕事をするのは大変な事です。

学校の勉強とは違いお金を稼いでいる訳ですから大変なのは当然ですが、このめんどくさいという気持ちは非常に厄介なものです。

この気持ちが少しでも出てくると人間のモチベーションは一気に下がってしまいます。

それだけではなく、態度や行動にも現れてしまうから厄介なのです。

そりゃ日々の仕事において毎日毎日活気に溢れて楽しく仕事がこなせれば文句ないです。

でも現実はそうもいかずうるさい上司や進まない仕事。

残業に休日出勤。

そんな生活が続けばめんどくさくもなります。

でも気をつけなければいけないのが、めんどくさいが常習的になると出勤意欲がなくなっていき、休みがちになってしまうことはよくあることケースです。

そしてそれが続くと出勤しずらくなったりし退職するなんてことに繋がってしまうこともあるのです。

いかにめんどくさいという気持ちを押し殺し、上手く付き合っていくかが重要になってきます。

では質問です。

あなたは今の仕事がめんどくさくて何日も休んだことがありますか?

何日も休んだことがあるという方は丸を、めんどくさくても休まないという方はバツを選んでください。

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

チェック項目、いくつ当てはまるものがありましたか?

ここまでチェック項目を見ていただき、丸とバツの数を数えていただきました。

次は丸の数から仕事を辞めるべきかどうかを見極める結果になります。

ただし、最初に一つお伝えしておきますと、冒頭でもお話したように何を基準に理由に仕事を辞めるかは個人の判断です。

丸の結果が1個でもあなたが本当に辞めたいと思うのであれば辞めても構わないのです。

あくまでも迷っている方に向けての物差し的なツールとして参考にしていただければと思います。

丸の数が0個〜3個の方

この方はまだまだ辞めるべきではありません。

時々辞めたいとよぎる気持ち考えは一時のものに過ぎないため、ここで辞めてしまうと後々後悔したり失敗したと感じてしまうことになるかもしれません。

また、常習的に辞めたいと考えている人は、辞めたい理由について向き合ってみることで案外解決することもありそうです。

誰でも働いていればこの仕事辞めたいと思ってしまうことはよくあることです。

そう言ったときは親や友達、職場の人に相談したり愚痴や話を聞いてもらうことでストレス発散に繋がったり、自分が辞めたいと考える理由に共感してくれたりするだけで気持ちが楽になるでしょう。

一人で抱え込まずに誰かに打ち明けることが大事になってきます。

また、退職理由は次に仕事を探す上でも重要になってきます。

安易な理由ではただ忍耐力がなく我慢のできない人だと決めつけられてしまい、仕事が見つかりにくくなってしまうため、悩んだり辛いことがあるかもしれませんがもう少し今の仕事を頑張ってみたらいかがでしょう。

丸の数が4個〜6個の方

ここに当てはまった方はほとんど自分の中で辞めたいという気持ちが大きくなっているのではないでしょうか。

辞めたい気持ちが大きくなっているけど何か引っ掛かって決断を下せない状況にいるのかもしれません。

本当にやめてしまっていいのか。

でも辞めたい気持ちが強い。

であれば思いきって辞めてしまってもいいのかもしれません。

辞めることを推奨しているわけではなく、何かが引っ掛かって辞めれないという状況はだた辞める一歩を踏み出せていないだけです。

明確に何か理由があるのであれば別ですが気持ちが固まっているのに踏み出せないのであれば辞めても問題ないでしょう。

辞めたい気持ちを抱えた状態ではいい仕事はできません。

ここに該当する方は決断力が一番必要です。

辞めたいなら辞める。

辞めないなら仕事を頑張る。

と言ったように少し自分に厳しく自問自答をしてみることで結果が出ると思います。

耐えたり我慢することは大事です。

ですが、自分を殺してまで耐えたり我慢する必要はなく、一番大事なのは自分がどうしたいかという気持ちです。

自分に素直に生きてみましょう。

丸の数が7個〜10個の方

ここに該当する方は辞める決心をできているのではないでしょうか。

すでにあなたの心は今の仕事にはなく次の仕事だったり辞めた後の事に気持ちがいっていることでしょう。

もしくは、今の劣悪な職場から解放されたいという気持ちにかられている状況なのではないでしょうか。

辞めたい理由が7個以上も該当するのであれば、解決策を考えても無意味に終わる結果が見えていますから、今の職場を離れて気持ちをリセットし再スタートを切った方がいいと思います。

今の気持ちのまま仕事を続けても、精神的にも肉体的にもすり減っていくばかりになってしまうためオススメはできません。

特に肉体的疲労は休むことで良くなりますが、精神的疲労は蓄積されていくばかりでストレスの根元を絶たないことには改善していきません。

また、それをきっかけに精神疾患を患ってしまうと退職後の人生にも大きな影響を与えてしまうため、手遅れになる前に辞めて別の仕事を始めることが体にとっては最良の選択になると思います。

仕事を辞める?それとももう少し頑張ってみる?

仕事を辞めるか考えるとき、きっぱり辞めて再スタートをしようか、もう少し頑張ってみようかと考えるのは当然のことです。

仕事を辞めるのは簡単ですが、仕事を始めるというのは根気のいることです。

後先考えずに仕事を辞めるのは良くないことです。

辞めるにしてもちゃんと先の事も考えた上で決断をするべきですね。

ここからはもし辞めるのであればこれだけはやっておきたい事だったり辞める決断をする前にやるべき事なんかをご紹介していきます。

できるだけ実績を作る

仕事を辞めるときにまずしておかなければ行けないことが実績を作る作業です。

この実績というのは今の職場で作れるもので構いません。

例えば営業だったら契約をある一定数以上取るとか、表彰されたりするような事です。

なぜ辞めようと思っている会社で実績を作らなければいけないのか。

それは転職先のためです。

当然ながら転職先が決まってから今の職場を辞めることになると思いますが、企業は戦力になってくれる人材を求めます。

それは転職先の企業も同じことです。

そのため、前職での実績というのが評価の値に繋がってくるため、辞めるにしても作れる実績は作ってからにしましょう。

また、実績を作ることによって今の職場に対する価値観が変わってくるかもしれません。

こんなやりたいがあったんだという気持ちや会社から評価される喜びなどです。

実績を作るには本気に取り組む必要があり、それによって見えてくる景色も変わってくるかもしれません。

資格取得

仕事を辞めようか考えるとき一番に考えるのは転職先ですよね。

それは一つ前でも実績を作ったほうがいいということで紹介しましたが、なかなか仕事で短期的に実績を残せるかというと難しいところです。

そう言ったときは資格に挑戦してみるというのも一つの方法だと思います。

辞めようと考えてからは案外時間が出てくるものです。

その時間を使って資格を一つでも取ることができれば、次のステップアップに繋がっていくのではないでしょうか。

今は、通信教育が多く簡単に資格取得に必要な教材を揃えることができ、合格に向けてサポートもしてくれるので、勉強が苦手という人や自分一人だと合格できるか不安だという人でも心配要らないと思います。

国家資格を取得してしまえば、手に職をつけたようなものですから、今の職場を辞めた後も仕事に困ることはないでしょう。

また、何か目標を作って日々生活を送ることで活力も沸いてきますし、それが勉強だけに留まらず、仕事にもいい影響を与えて実績を残せたりもするかもしれません。

信頼できる人に相談する

仕事を辞めるか続けるか迷うことは誰にだってあります。

むしろlそう迷うということは自分の人生に本気で向き合っているという証拠でもあります。

しっかりと働きこの仕事が自分に合っているのか、この仕事以外にももっと自分を活かせる仕事があるんじゃないかと言ったように、しっかりと自分と向き合っているからこそ考える事なのです。

ですが、人間にとって仕事を変えるということは結構な労力を必要とします。

また、自分一人の意見では不安なこともあります。

ですから仕事を辞めるか続けるか迷った時は是非誰かに相談してください。

こんな事を人に相談するのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、相談することによって見えてくる景色があります。

あなたのことを陰ながら評価してくれてたり、アドバイスをくれたり、相談することで解決できたりすることはいくらでもあります。

また、迷っている時は誰かに背中を押してもらうというのもいいかもしれません。

相談すると相手も自分に心を許してくれたと感じ内心では嬉しいものなのです。

ですから、自分ですぐに決断を下すよりもまず先に相談してみてはいかがでしょう。

ビジョンを明確にする

仕事を辞めるか続けるか迷っているときは これからのビジョンが明確になっているかが重要です。

要するに計画性です。

後先考えずに辞めても苦痛なところから解放されただけで表面的な解決にしかなっていません。

その後に計画性がないといけないのです。

具体的に言うと転職先で働き始めたところをゴールとし、そこに至るまでの経緯を逆算して計画していきます。

そうなると転職に必要なものが見えてきたり、それを準備する期間や時間、退職するまでのビジョンが見えてきます。

後はその通りに実行できるかです。

このように明確なビジョンがあればこれから何をしたらいいのか、どう行動すればいいのかがわかります。

また、第三者に相談するときもビジョンがあれば説得もしやすく理解も得やすいでしょう。

ただ辞めますと言う人よりも、自分はこうなりたいからそのために辞めますと言うのとでは受け手の印象が変わってきます。

ビジョンを実行していくのはものすごく大変なことですが、本気になっている人には周りも力を貸してくれるものです。

ですから辞める前に一度自分でこれからのビジョンを明確にしてみて、それで判断してみてはいかがでしょう。

それから辞めても遅くないはずです。

家族の理解を得る

もしかするとこれが一番大事になってくることかもしれません。

家族の理解です。

仕事を辞めたくても辞めれない理由の中でも家族がいるからという理由は最も多いのではないでしょうか。

事実、自分が養っている立場にあると仕事は辞めたくても辞めることができません。

自分の収入がなくなっては家族を路頭に迷わせてしまうから責任は大きいですよね。

それでも今の職場を辞めたいと思うのであれば家族の理解は必要不可欠です。

そして理解を得るためにも先程お話したビジョンの明確化は大事になってきます。

家族を持つ人にとって仕事を変えることは大きな買い物をするくらい勇気がいることかもしないですね。

これで分かるように家族を持ってから仕事を変えるということはとてつもなく難しいことなのです。

ですからまだ家族を持っていない人は、仕事を変えるなら今のうちと言うことを肝に命じ、家族を持ったら仕事を貫くという気持ちが必要になってくるのです。

もし、家族の理解を得られなかったら理解を得られる道を創るか、今の仕事を続けるかだと思います。

自分について考えてみる

会社を辞める決断が出来ないのは、自分の中に色々な迷いがあるからで、まずはその迷いを一つづつ明確にしていく必要があるのです。

その為にまずは、自分自身についてじっくりと深く考えてみる事が大切です。

自分は何故この仕事が嫌なのか、自分はこの先何がやりたいのか、その為に必要な技術や資格はあるか、逆に自分がやりたくないのは何か、今出来る事と出来ない事は何か、自分の性格に向いている仕事は幾つあるか、等々。

単なる次の転職先だけではなく、この先の人生の過ごし方までこの際時間をかけて深く考えてみる事です。

自分の考えや生き方がしっかりと固まっている人は、人生であまり迷う事はありません。

何となく入った会社で与えられた仕事を毎日ただ漠然とこなし、そういう生活にあまり疑問すら感じないような人は一体自分が今何を不満に思い、悩んでいるのかという事も自分ではハッキリと分かりません。

なので、まずは今一度自分自身について考え直し、人生や仕事に関するはっきりとした自分の意思と考え方を持つ事が大切だと思います。

変化を恐れない

転職した後の新しい職場では、長年勤めた会社に比べて給料も安くなり、仕事を一から覚えなくてはならないというデメリットもあります。

正社員ではなくアルバイトだとしたら雇用も不安定ですから、将来の事も心配になります。

家庭を持つ人にとっては夫婦不仲の原因が生まれるきっかけになるかも知れません。

しかも、転職先がまた、今度も駄目だったらと想像すると・・・。

こういう風に考えていたら結局は今の嫌な仕事を続けるしかないのか、という結論に至ります。

危険を伴う変化よりも安定した現状を維持した方が間違いは少ないでしょう。

しかし、それでは何も今までとは変わりませんから、ここは一つ勇気を持って大胆に行動を起こしてもらいたいものです。

\今の仕事を辞めるか迷ったら/

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまで仕事を辞めるか続けるかというようなテーマでやってきました。

仕事というのは本当に難しいもので、大人になってからずっとやっていくものです。

最近のCMで大人は長いよーと言っていましたがその通りだと思います。

子供の期間は20年なのに対し大人の期間は20歳から死ぬまであるのです。

いかに大人として過ごす時間のほうが長いかお分かりだと思います。

そして仕事というのも大人になったとき、大人になる少し前から始まるわけです。

そう考えると仕事は長いですね。

そう仕事は長いのです。

だから、一度や二度どころではなく何度も何度も辞めたいと思うときはきます。

弱音は吐いてもいいんです。

しかし、その度に仕事を変えていたのでは何も務まりません。

会社というのは勤続年数はとても大事で、勤続年数が浅いと転職にも不利になりますし給料も役職も上がっていきません。

ですから続けるというのが大事なのです。

ですから何度も辞めたい思ってもいいのです、弱音だって愚痴だって吐いていいんです、ただ続ける事に意味があるのです。

それさえ分かっていれば仕事はやっていけることでしょう。

最後に、ここでお話したことが皆さんの仕事人生において何か一つでも役に立つものがあればと思います。

会社を辞めたいと思った時は、こちらの記事を参考に!




仕事の悩みについてもっと深堀りした情報を見る

調剤薬局事務の仕事を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

調剤薬局事務といえば、勤務形態が選べるため結婚・出産後も働きやすいイメージで女性に人気の職業。しかし、実際に働いてみるとその大変さから辞めたいと感じるケースも多くあります。この記事では、調剤薬局事務員が仕事を辞めたいと感じる理由とその乗り越え方について解説していきます。調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じた6個の理由と乗り越え方とは?調剤薬局事務は患者さんから処方箋を受け取ってお薬代を計算したり、薬剤師のサポートを行ったりする業務がメインとなります。一見すると受付に立って応対するだけの簡単な仕事に見えるため、実際の業務の大変さとのギャップに苦しむ人が多いようです。それでは、調剤薬局事務員が仕事を

言語聴覚士の仕事を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

言語聴覚士は専門性が高い仕事であるが故に難しい判断を迫られる場面が多くあります。しかし、後先考えずに辞めると後悔する事があります。辞める前にやっておくべき事、知っておくべき事、また、辞めたいと思った時にどう乗り越えていくと良いかをご紹介致します。言語聴覚士の仕事を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?言語聴覚士を辞めたいと感じるのは、患者さん、他の言語聴覚士、他職種との人間関係が原因となる事が多いです。辛い思いを共感しなければならない何かしらの障害を持っている方と接しなければならないため、患者さんは精神的に不安定である事が多いです。なぜこんな病気になってしまったんだろう。この病気は治るの

航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とそれでもやりがいを感じる4個のこと。

航空会社というと、華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、体力勝負の仕事ですし、シフト勤務で大変な仕事でもあります。こんなに大変なのに、この苦労は報われない…そんな時、ブラックだな、と感じることがあります。私は空港で働いていたので、現場寄りの偏った意見になってしまいますが、客室乗務員やグランドスタッフ、整備士やグランドハンドリグといった職種には、何か1つ当てはまる内容になっていると思います。航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とは?航空会社の仕事の中でも特に人気なのが、客室乗務員とグランドスタッフです。客室乗務員やグランドスタッフは、多少条件が悪くても、なりたいと思う人は

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

今回は、事務職の休み事情について、休みを取るときに気をつけることなど、詳しく見ていきましょう。休みが多い雇用形態はあるのでしょうか?事務の業務にフォーカスする形で雇用形態別に掘り下げていきます。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、どのような雇用形態に休みが多いのでしょうか?正社員や派遣社員など、その働き方には色々あります。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていたり、雇用期間の定めがなく働けたりと、安定して身分が保障される雇用形態といえば、やはり正社員。正社員としての働き方が安心という方も多いことでしょう。休みの多さはどうでしょうか。正社

行政書士が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

行政書士と聞くと士業の仕事の一種であり、難関試験を突破して高収入が望める仕事とイメージする人がいるかもしれません。他には、行政書士と司法書士の違いよく分からないという人もいるかもしれません。行政書士の資格試験は、どちらかというと司法書士を目指している人が、司法書士のすべり止めもしくは実力試しとして行政書士の試験を受けるというのをよく聞くかもしれません。 行政書士の仕事は、一体どのようなもので、行政書士をしていると何が大変・辛いつらいことで、何がやりがいなのか、意外と分からないことが多くあります。この記事では、行政書士の仕事に関して、イメージしづらい実際のところを深く掘り下げていきたいと思います

期間工の仕事での人間関係でストレスに感じる7個のこと。その解決方法も合わせて解説します

期間工として働くことに興味を示されている方々は、その収入の良さなどに惹かれていることと思います。当然、短期間にまとまったお金を稼ぐのには、これほど適した職業は無いはずです。しかし、いずれにせよ人間として多くの人たちと共に働くことになります。そのため、人間関係で大きなストレスを感じてしまう方々も中におられます。ここでは、期間工を目指している人たちのために事前に「期間工」として働く場合に起こりうる人間関係におけるストレスについてご紹介したいと思います。期間工として働いた場合には、どのようなストレスがあり、その解決策にはどのようなものがあるのかをご紹介したいと思います。期間工のおおまかな仕事内容とは

育休から職場復帰する時に心配なこととその対処法とは?

妊娠期間を経て、無事に出産を終え、育児をしながら次は…と考えると仕事のことが頭をよぎる方が多いのではないでしょうか。しかし、実際に仕事に復帰をしようと思ったとしても、事前にやっておくべきことや職場に戻った後での悩みは尽きないものです。ここでは、筆者自身や友人たちが実際に感じた、育休明けの仕事に向けての心配事やその対処法について紹介していきます。私はこんな形で育休取得をしました筆者はもともと中学校の臨時講師として勤務しておりました。臨時講師は、勤務内容は正規職員である教諭とほぼ一緒ではありますが、雇用形態は契約社員のようなものです。保険や給与面、福利厚生は教育公務員に準じているためしっかりとして

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

栄養士の悩みで多い5つのこととその解決法。

栄養士は仕事についての悩み以外にも、栄養士であるが故に悩むことが多いです。今回は栄養士の悩みで多いことと、その解決法についてご紹介したいと思います!栄養士に多い五つの悩みそれでは栄養士の悩みで多いこととは何でしょうか?リストアップしてみたので見ていきましょう。料理上手だと思われているこれは栄養士の皆さんに確実に共感して頂けると思います!栄養士の職種の中には献立作成が仕事内容になかったり、調理に全く携わらなかったりする職種もあります。それなのに栄養士=料理上手だという世間のイメージが強いため、どんな料理でも美味しく作れるでしょう?と言われることもあります。しかし栄養士は料理人ではありません。美味

農業の悩みでよくある7つのことと対処法

どんな仕事でも言えることですが、その仕事特有の悩みと言うものがありますよね。農業という仕事でも当たり前ですが悩みがあります。農業において、農家はいち経営者となります。経営者なので、農作物の管理から販売、金銭管理もこなさなければならないため、実は悩みの数は多いのです。この記事では、農業におけるよくある悩みごととその対処法を、経験者である筆者の見解をもとに紹介していきます。農業でよくある7つの悩みとその解決法は?では、農業ではどんな悩みがよくあるのでしょうか?また、その悩みはどうしたら解決できるのでしょうか?それらについて解説していきます。病気と害虫農業でまず大きな悩みとなるのが、農作物に被害をも

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士が向いてない人って、どんな人でしょうか?向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回はそんな、歯科衛生士に向いてない人について解説いたします。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人でしょうか?どんな特徴があるのでしょうか?人とコミュニケーションを取るのが苦手な人歯科医院には、老若男女様々な人々が訪れます。しかも、歯科医院が好きだから積極的

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

栄養士の仕事がブラックな仕事だな…と感じた4つの瞬間とそれでもやりがいを感じる3つのこと。

最近では様々な企業が「働き方改革」として、勤務時間の見直しや仕事内容の見直しなどを行っています。仕事だけでなく、家庭や個人の時間を大切にできるような工夫がなされている企業も増えています。しかし栄養士の仕事をしていると、ここがブラックな部分だな、と感じる場面に出くわす場面があります。今回は栄養士の仕事がブラックな仕事だなと感じる瞬間と、楽しさ・やりがいを感じられることに注目して見ていきたいと思います。経験者が紹介!栄養士がブラックだと感じた4つの瞬間とは?栄養士の仕事内容や待遇は現場により変わってきますが、主な仕事内容は献立作成・調理業務・簡単な栄養指導です。そんな中で栄養士の仕事って何だかブラ

歯科衛生士の仕事に飽きた・・・。他の仕事に転職するならオススメな4つの仕事

ある程度歯科衛生士としてベテランになってきて、毎日充実しているはずなのに、歯科衛生士というお仕事に飽きてきた...患者さんとのコミュニケーションは楽しいけれど、歯を見る以外のお仕事も経験してみたい....そう感じる瞬間がある歯科衛生士は少なくありません。では、他の職業に転職するとき、歯科衛生士で培ったスキルを活かして働くためには、どのような職が向いているのでしょうか?歯科衛生士の仕事に飽きてしまう時ってどんな時?私自身が歯科衛生士として働く中で、飽きてきたな、他の職業も経験してみたいなと思う瞬間は、冬の退勤時です。診療中は忙しくて飽きたと感じる瞬間もなく、時間が一瞬で過ぎ去っていきます。また、

歯科技工士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う4つの理由とその乗り越え方とは?

今や歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって色々な病気が見つかっています。人間の歯は欠けたり取れたりしたらまた再生するということはありません。歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらえるのですが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番きついと言われている仕事なんですよ。ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの2つが大きいですね。もう1つの粉まみれとは何か?ということですが、これは差し歯などを削って作成して

物流倉庫の仕事での人間関係でストレスに感じる5つのこと。その解決方法も合わせて解説します

広い倉庫での仕事と言えども避けて通れないのが職場での人間関係。物流倉庫のようなたくさんの人が働くところでは、人間関係は仕事を続けていけるのかどうか?に大きく関わって来ます。オフィスなどに比べると幾分かストレスも少なそうに感じる物流倉庫の人間関係ですが、やはりそれなりにストレスを抱えている人も。今回は物流倉庫での仕事とそこでの人間関係に注目してお話します。物流倉庫のおおまかな仕事内容とは?物流倉庫での仕事内容はとてもシンプル。特にパートやアルバイトでの雇用となると仕事内容は限られています。運ばれてきた荷物を更に細かな地域ごとに分けて行くのがメインの仕事。入ったその日から力になれることも多くありま

栄養士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う10個の理由とその乗り越え方とは?

栄養士として働いて数十年。私の栄養士としての「ぜったいやりたいこと」は献立作成でした。献立作成に関われたら、現場仕事も洗浄作業も乗り越えることができました。幸い希望通りの仕事が新卒当時からできているので、自分は恵まれているのかなぁ…と思います。それでも辞めたいと思ったことは、数えきれないほどあります。現に、今も少しだけ辞めたいと思っています。本当に辞めるかどうかは別として、この一年で辞めたいと感じたことは数えきれないです。筆者は今までに一度だけ仕事を辞めたことがあります。その仕事を辞めた時は一年前から話をしてあり、職場と相談した結果退職をしたので円満退社でした。仕事を辞めた理由はキャリアアップ

薬剤師の悩みで多い3つのこととその解決法。

薬剤師は安定している仕事で、誰もが憧れる仕事であると言われています。しかし、そんな薬剤師にも悩みがあることはご存知でしょうか?どういう悩みを抱えているのか、新人薬剤師が感じる悩みをご紹介していきます。薬剤師の悩みで多い3つのこと薬剤師の悩みは患者を待たせてしまうことや、給料をアップさせたい、コミュニケーションが上手く取れないという方が多いです。一番困っている悩みは実はコミュニケーションだったりします。薬剤師って単純に薬を処方しれいれば良いだけの仕事ではなく、スタッフや患者と接しないといけないんですよね。患者を待たせてしまう患者を待たせてしまうというのは新人の時はよくある話です。患者側の立場から

社会福祉士が向いてない人の5つの特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

社会人として仕事を行う以上、ある程度の成果だったり仕事の質が求められます。そのことに関してはお金を支払って雇われている以上当然求められてくるものだと思いますし、当たり前のことだとも思っています。しかし、人はみんな完璧ではありません。時には失敗を繰り返しますし、怒られることも皆さん経験があることでしょう。失敗しながら自らの限界を突破していくことが一般的ですが、どの仕事に対しても向いているタイプと向いていないタイプが存在することもまた事実としてあります。今回は社会福祉士の仕事に向いていない方の特徴をいくつか紹介した上で、乗り越え方も併せてお伝えしていきます。社会福祉士の仕事とはどんな仕事?社会福祉

ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法。

特に女性にとっては、ウェディングプランナーは人気の職業の一つであり、ウェディングプランナーを目指すための専門学校も多く存在しています。結婚式に立ち会うことができ、多くの感動も味わうことのできるお仕事ですが、その反面、仕事に取り組む中で悩みを持った方も沢山います。この記事では、ウェディングプランナーの悩みについて、実際の経験を基にご紹介します。ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法とは?一見華やかでおしゃれなイメージがあるウェディングプランナーですが、その裏側にはどのような悩みがあるのでしょうか。実際の経験談を基に、定番のお悩みやその解決策について紹介します。業務量が膨大まず、

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士になるためには何が必要なのでしょうか。管理栄養士の仕事と言われると、何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献立作成まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中

歯科衛生士の仕事の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

歯科衛生士の休日事情、気になる方も多いのではないでしょうか。歯科衛生士は働き方によってシフトや休日の組み方が異なります。働く上で、休日が多いか、連休がとりやすいかはとても気になるところですよね。今回は、雇用形態別に歯科衛生士の休日事情やどのように有給を取るのかについてお伝えします。歯科衛生士の休みは多いの?歯科衛生士の休みは、正社員や派遣社員では月8日程度のところが多く、アルバイトでは比較的自由に休みの日数を決められます。では、具体的に勤務形態別に紹介していきます。正社員正社員は基本的に、休診日に加えて1日休みがある場合が多いです。働く歯科医院によっては、その休日にプラスして1日半休が取れると

歯科衛生士の悩みで多い6個のこととその解決法。

歯科衛生士の悩みで多いことって、なんでしょうか?人によって、色々な悩みがあるかと思いますが、今回は歯科衛生士の仕事をする上で、技術的なことを中心に解説いたします。解決法についてもご案内いたします。歯科衛生士の悩みで多い6個のこと歯科衛生士の悩みについて、基本技術的なことを6個ご案内してみますね。歯科医師のアシスタントが上手くできない歯科医師のアシスタントは、うまくできないと先生に注意されることが多いですよね。怒られるとガックリ来ますし、自信をなくしてしまいます。上手なアシスタントについてもらうと、先生も治療をしやすいので、うまくできれば褒められることもありますし、自分の自信に繋がります。ぜひ、

助産師の仕事がブラックな仕事だな…と感じた3個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個の理由。

基本的にどこの職場でも自分の思い通りにはならないことは多いです。ブラック企業であるというのはほとんどそうですが、ストレスのない仕事なんてありません。医療業界、特に助産師は他の場所と異なり厳しい職業だと言われています。助産師がブラックな仕事であることは理解しておく必要はありますね。経験者が紹介!助産師がブラックだと感じた3個の瞬間とは?助産師がブラックだと感じる瞬間は結構多いですよ。改めて考えてみると、助産師ってどの職業よりもとっさの対応が求められるんですよね。インターンや新卒者であれば理解出来るかと思いますが、出産初日は真っ青状態ですし、汚物にまみれまくります。そして何よりも女だらけという職場

社会福祉士はブラック?そう感じた2個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個のこと。

どういう仕事であれ、どういう職種であれ、ブラックだと感じてしまう人はいらっしゃると思います。ここではブラックな仕事だと感じてしまう点に加え、それでも仕事のやりがいを感じる部分も併せてお伝えします。経験者が紹介!社会福祉士がブラックと感じた2個の瞬間とは?経験者だからこそ感じる、社会福祉士がブラックだなと感じてしまった点をお伝えします。ただ、あくまで個人の主観の部分に当てはまるところなので、あらかじめご了承をお願いします。相談業務の幅が広いここでは地域包括支援センターでの社会福祉士としての体験談をもとに説明していきます。地域包括支援センターでのお仕事は相談業務がメインになります。地域住民からの悩

農業は楽しいばかりじゃない。農業を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

皆さんは農業に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。どんな仕事にも辞めたいと思う瞬間が一度や二度があるのではないでしょうか。ここでは農業を営んでいた際に「辞めたい」という気持ち湧いた瞬間。徐々に辞める方向へと傾倒していく場面を紹介していきます。農業を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?正直にいうと、農業は辞めたくなる瞬間が多いのかもしれません。特に自然に振り回されることが多いので、気持ちの行き場がありません。しかし辞めたいと思う瞬間が多い分、人間的に成長できる場面も多く、多少のことでは動じなくなってきます。良い条件の畑を借りることができないさあ農業を始めよう!と思っても、耕す土地

薬剤師を辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

『薬剤師っていいよね』とよく言われます。確かにハローワークなどに掲載されている給料や時給は高い方だと思います。だからといってお金がもらえることが良いことばかりとは限りません。多くの人が憧れる薬剤師にも仕事上の悩みだってあるんです。薬剤師は楽しくていい仕事なんだ。そんな一面ばかりでない薬剤師を辞めたいと思う理由を紹介していこうと思います。薬剤師を辞めたいと感じた4個の理由と乗り越え方とは?薬剤師として働き出して順風満帆だったかと言われるととても答えにくいというのが正直な意見でしょうか。大学を出て働き出すときは、夢と希望に溢れていましたが、いざ現実を突きつけられてしまうと辛いなと思うときがあります

社会福祉士の仕事がつらい…と感じる3つの瞬間とその乗り越え方

資格を取ったら、いよいよ社会福祉士としての勤務が始まりますね。でも社会福祉士の仕事の大変さって、どのような点にあるのでしょう?福祉ならではの大変さやつらさ、その乗り換え方を紹介します!社会福祉士の仕事って大変なの??社会福祉士は病気や障害など、何らかの理由で困難を抱えている方の支援を行うのが仕事です。同じ病気だったとしても生活背景や家族構成などによって、本人のニーズは異なってくるので、一人ひとりに合ったオーダーメイドの支援を考えなければなりません。慣れるまでは大変ですが、利用者さんやご家族から「ありがとう」と言われる機会も多く、人の役に立てていることを実感できるので、とてもやりがいがある仕事で

歯科衛生士の仕事での人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

歯科衛生士が辛いと感じることの一つに職場での人間関係があります。どこの会社でも人間関係の問題はあると思いますが、歯科医院は特に狭い空間で毎日同じ人とコミュニケーションを取るため難しいのではないでしょうか?今回はその人間関係についてお話しします。歯科衛生士のおおまかな仕事内容とは?歯科衛生士とは簡単に言うと歯科医院の看護師です。主に予防歯科を行なっています。プラークと呼ばれる細菌の塊が石灰化したものを歯石と言うのですが、それは歯ブラシで落とすことができないため歯科衛生士が機械を使って落としていきます。そういった定期的なクリーニングや、歯磨き指導、虫歯チェック、歯周病の進行を遅らせるためのアドバイ

社会福祉士の悩みで多い5個のこととその解決法。

人の悩みを聞くことが仕事の社会福祉士は、とってもストレスフルでもあります。人の役に立ちたい!と高い志を持って、社会福祉士を目指したものの、理想と現実のギャップに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?人の相談にのってばかりで、自分が悩みを抱えてしまっては本末転倒です。世の社会福祉士たちは、どんなことに悩み・どう解決しているのか?社会福祉士に多い悩みとその解消法をまとめてみました。社会福祉士の悩みで多い5個のこととは?まずは、社会福祉士はどんな悩みを抱えやすいのかを見てみましょう。孤独を感じる社会福祉士は、施設や病院に何人もいる訳ではなく、1人で業務をこなすケースも少なくありません。そのため、職