基本的にどこの職場でも自分の思い通りにはならないことは多いです。

ブラック企業であるというのはほとんどそうですが、ストレスのない仕事なんてありません。

医療業界、特に助産師は他の場所と異なり厳しい職業だと言われています。

助産師がブラックな仕事であることは理解しておく必要はありますね。

経験者が紹介!助産師がブラックだと感じた3個の瞬間とは?

助産師がブラックだと感じる瞬間は結構多いですよ。

改めて考えてみると、助産師ってどの職業よりもとっさの対応が求められるんですよね。

インターンや新卒者であれば理解出来るかと思いますが、出産初日は真っ青状態ですし、汚物にまみれまくります。

そして何よりも女だらけという職場がブラック以外のなにものでもないでしょうね。

出産初日は真っ青

助産師初めての人かもしれません。

この辺は真っ青になるでしょうね。

初っぱなから現実を突きつけられる状態と言っても過言ではないでしょう。

何故なら出産初日はあまりにも刺激が多すぎて、看護師として経験していた方でもショックがでかすぎるという話です。

看護師として働いていたのに?と思うかもしれませんが、看護師全員手術に携わっていた人間とは限りません。

女性だらけの職場

女性だらけの職場は看護師の中では当たり前かもしれません。

ほとんどの医療従事者は男性は医者や技術者などが多く、患者の世話をする看護師や医療事務等は女性ばかりですね。

近年男性の看護師や医療事務が増えてきているものの、助産師は女性オンリーです。

医療業界で女性オンリーの職場を私は経験しましたが、女というものは場所によれば人を見下すのだと痛感しました。

女の職場が怖いという話をよく聞くかもしれませんが、人間関係が本当にどろどろしていて良いものではありません。

いじめというよりも接し方を考えないと悪い噂を立てられてしまうことも少なくありません。

実話なのですが、助産師を含めた他の医療スタッフが休憩中に財布などの貴重品を盗難されたという事件があったのです。

犯人は捕まっていないのですが、貴重品を取られたメンバー全員ある助産師と対立していた人間ばかりでした。

汚物まみれ

通常業務はともかく、出産の手術をしていると高確率で汚物まみれになると言われています。

基本的に看護師は人間の糞尿をさわったりしないといけない場面もあるのですが、頭からひっかぶるということはそうそうないでしょう。

赤ちゃんを引っ張り出すための手伝いをするため、場所が場所なので血や羊水などを頭から被ることはよくある話とされています。

あくまでも手術の時だけですが、さすがに初めて見た方には衝撃が強すぎるでしょうね。

それでもこの仕事は楽しいと思う3個の理由

ブラックすぎる仕事ではあるのですが、それでも楽しいと思える仕事は結構多いんですよ。

産まれてくる赤ちゃんに会える、命の大切さを理解できる、誰かの役に立てるなどですね。

子供が好きという方はそこまでいないかもしれませんが、後から子供に抵抗がなくなるという方もいます。

生まれてくる赤ちゃんに会える

親戚や兄弟に赤ちゃんがいる人じゃないと会えないですよね。

生まれたての赤ちゃんに会えるのは助産師さんや医者、お母さんやその家族だけです。

新生児に触れることやその出産のシーンを見ると本当に良かったと思える人もたくさんいます。

命の大切さを理解出来る

今現在幼児虐待などのニュースが相次いでいますが、子供を育てるというのは簡単なことではありません。

虐待したくなる気持ちは子供を持つ親なら理解できるかもしれませんが、本当に虐待する人間は命の大切さに関して理解できていないのです。

よく幼稚だからとか覚悟ができていないとかが原因であると言われていますが、命の大切さを理解している人間など極々少数でしょうね。

出産に携わっている助産師ほど命の大切さについて理解出来る立場にあり、特別な気持ちになるんですよ。

誰かの役に立てる

私自身も元医療従事者だったのですが、やはり医療の仕事の面白さは誰かのために役立てるということを実感できることろでしょうね。

どの仕事でも人の役に立つ仕事ではあるのですが、その中でも1番人から感謝される仕事は医療系以外においてありません。

誰かの役に立てることほど嬉しいと実感出来ます。

患者から感謝してもらてますし、どんなに大変だとしてもやってて良かったなとしか思えませんしね。

助産師の仕事のやりがいは?

助産師の仕事のやりがいに関してですが、みなさんも出産のテレビなどは見たことはないでしょうか?

昔誰かが出産はドラマだという方がいましたが、まさにその通りだと思いませんか?

出産は間違いなくドラマですし、出産のテレビを見て泣いたという方もいるほどですからね。

お産はドラマ

出産の経験をされた方、また妊婦の近くにいる親しい方はご存知かと思いますが、出産というのは本当にドラマと言っても過言ではありません。

出産慣れされている方ならともかく、出産というのは本当に大仕事だからです。

人間として子供を産むのが当たり前だと思っている方もいるのですが、そんな簡単な話でもないのですよ。

母体として未熟な方もいますし、体質的に産むのが難しいという方もいます。

酷い人だと難産の方もいますし、輸血もしなければいけません。

治療は簡単ではないのですが、その手助けをする登場人物として助産師はいるのです。

助産師がいなければ出産は本当に大変ですし、患者の精神を安定させることも厳しくなってしまうんですよ。

患者とのコミュニケーション

同じ女性であるが故に、患者と親しくなる助産師もいます。

出産すれば終わりというわけでもなく、それ以降の経過観察や小児科も一緒になっている病院ですと、また会う機会も増えるのです。

初期の頃は患者とのコミュニケーションは中々とりにくいかもしれませんが、定期的に通ってもらうことによって徐々に顔を覚えてもらえるようになります。

通院という形になるので、親しくなれたりすることもあり嬉しいんですよね。

まとめ

助産師のブラックな部分は確かに多いとは思います。

他の仕事に関しても全てがホワイトな部分も多いのですが、自分自身の気持ち次第でしょうね。

最初は慣れるまで時間がかかりますし、体力的にとてもハードなお仕事であるので、ブラックすぎる!と考えてしまう確率は高いです。

ブラックだと思っても慣れれば良い部分も見えてきますよ。


関連キーワード

助産師求人


助産師求人に関するコラム

助産師になるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

近年看護師を志す方が多くなっています。看護師だけではなく、医療系に勤めたいと考えている方も多いようですね。最初から助産師を目指す方もいますが、中には看護師をしていて途中から助産師になりたいと考えている方もいます。そもそも助産師になるにはどうすれば良いのか?国家資格を取る必要があるのですが、1つだけではいけません。助産師ってどんな仕事をするの?助産師とは古い言い方だと助産婦という言い方をします。時代劇が好きな方であればご存知かもしれませんが、赤ちゃんを取り上げる手伝いをする人のことです。助産師は妊婦の健康管理、運動指導、新生児の世話、出産後の体調管理、母乳指導乳児指導などを行います。まさに産婦人

助産師のデメリットってこんなところ!でもやりがいや嬉しいこともあるから頑張れるんです

助産師って魅力もあるし、やりがいのある仕事でもあります。しかし助産師の仕事にはある大きなデメリットがあることも事実です。仕事というのはいつも楽しい訳ではないのですが、精神的に苦痛を伴うことはあると思っておいてください。助産師大まかなの仕事内容とは助産師の仕事は妊婦、産後のお母さん、そして新生児の健康管理などを行います。一般的に知られているのは分娩などのアシスタントですね。他には妊娠中や産後の食事管理、母乳や乳児への指導を行います。まさに生命の誕生に関わる仕事でしょう。助産師として働くデメリットとは?助産師として働くデメリットは結構あります。もちろんメリットはあるのですが、助産師はどういう仕事な

助産師は未経験でも出来る?未経験でもスムーズに仕事に就く方法をご紹介します

助産師は看護師の資格を取得した後に取れる資格となります。看護師として最低でも2年ほど働いてからでないと資格を取得できません。大体の方は看護師として働きながら助産師の資格を取るようですね。看護師として働いた経験はあるものの、助産師として働いたことがないという方も中にはいます。結構この疑問持たれている方も多いようなので、今回は助産師は未経験でも出来るのかをお答えしていきましょう。助産師は未経験でもできるの?助産師は未経験でも可能です。求人でも未経験可の所が多いですよ。現在は助産師も常に人手不足ですからね。募集項目の欄をチェックしてみましょう。未経験でも可能未経験でも可能です。助産師自体人手不足のと

助産師の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う4つの理由

助産師の将来性に関してですが、今後間違いなく必要になってくる職業であると言われています。現在少子化と言われている時代ではあるものの、徐々に少子化が回復しています。助産師の仕事はこれからどんどん増えていくことでしょうね。今回は助産師の将来性についてご紹介していきましょう。助産師の仕事内容は?助産師の仕事内容に関してですが、助産師は出産時のアシスタント、妊婦や赤ちゃんのお世話、診療時のアシスタント、その他看護師業務を行います。その他妊婦に対して新生児のケアや沐浴などの指導をしていくのが助産師の仕事。元々助産師というのは看護師であるため、基本業務は看護師と変わらないと思ってください。助産師をずっとや

助産師の面接で聞かれる3個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

助産師の面接でよく聞かれることというのは、志望動機は基本的に多いですね。大体は長所短所、学校生活などベタな部分を聞かれることがあるでしょう。志望動機に関しては結構突っ込んでくる所もあるため、細かく聞かれた時に答えられるように注意しておいてください。助産師の仕事内容助産師の仕事内容に関しては、分娩室のアシスタント業務、診察室のアシスタント、入院患者の世話、点滴や注射などの処置、新生児や妊婦などのケアを行います。元々看護師という職業であるため、助産師の主な業務としては看護業務となります。助産師としての特殊作業は、妊婦への指導ですね。新生児の栄養指導、母乳や逆子などの体操、沐浴指導という感じです。助