女性の社会進出が進むと共に、晩婚化、晩妊化が進み、少子化に拍車がかかっている現代。

同時にハイリスク妊娠も増加しています。

世の中に情報があふれたことで、妊娠や出産、育児も多様化しています。

助産師はどんなお産な家族であっても、赤ちゃんとお母さん、その家族が幸せになることを願っています。

ここでは様々なお母さんと赤ちゃん、家族の貴重な瞬間である妊娠・出産・育児を支え、サポートする助産師だからこそ、感じることのできるやりがいや嬉しかったことを、現役助産師が紹介します。

「助産師」の仕事が自分に向いているか診断したい人はこちら →

助産師の仕事はどんな仕事?

助産師とは「助産又は妊婦、じょく婦若しくは新生児の保健指導を行うこと」と保健師助産師看護師法で定められています。

じょく婦とは、産後のお母さんのことです。

難しいことを言いましたが、つまりは

  • 妊婦にお産の徴候が現れてから、分娩が終了するまでの間、産婦の身近で世話をすること
  • 分娩に付属する処置を行うこと
  • 妊婦や産後のお母さん、赤ちゃんの健康を管理すること
  • 妊婦や産後のお母さんに、必要な指導とカウンセリングを行うこと

が挙げられます。

助産師は女性のプロフェッショナルとして、女性の一生に専門的な知識を持ちます。

子どもを妊娠出産する期間だけでなく、その前後の思春期や更年期というホルモン状態が不安定な時期があります。

また女性にはライフイベントを通して、性と生殖に関わる特有の健康問題や社会的問題があります。

様々な問題に取り組み、女性の健康を保持・増進させる役割を持つのが助産師です。

助産師仕の仕事の具体的な内容とは?

母子業務

産後のお母さんと赤ちゃんの健康管理

産後のお母さんの体調は変化しやすい時期にあります。

分娩による出血が増えてはいないか、子宮の戻りは順調か、傷の治りはよいか、疲れは溜まっていないか、排泄は順調か、ご飯は食べられているか、など順調に妊娠前の体に戻っているかを、毎日確認します。

赤ちゃんの体の変化は更に大きい。

それが故にいつ異常が起こってもおかしくありません。

お母さんのお腹のなかでは、全てをお母さんにまかなってもらっていた生活でした。

しかし産まれた瞬間から、自分で呼吸をし、栄養をとり、排泄をしていかなければなりません。

赤ちゃんの体は色々な機能が未熟です。

赤ちゃんが健康で元気かどうかを毎日確認します。

具体的には、お母さんと赤ちゃんの全身観察を毎日します。

授乳支援

妊娠前後の生活で大きく変わるのは、赤ちゃんの授乳の時間ができることです。

ご存じない方も多いと思いますが、産まれたばかりの赤ちゃんは、1日に8~10回もおっぱいを飲みます。

授乳の方法も赤ちゃんとお母さんによって様々です。

授乳は

  • お母さんのお胸の形
  • どのくらいおっぱいが分泌するか
  • 赤ちゃんのやる気
  • 赤ちゃんがうまく飲めるか、ちょっぴりへたっぴか
  • 赤ちゃんの体重

などなど、様々なことに影響を受けます。

一言に授乳と言っても、お母さんや家族の希望、生活スタイルも様々です。

「できるだけ母乳で育てたい。可能なら母乳だけで、育てたいな。」という人と「そんなにこだわらない。母乳は出る分だけあげて、あとはミルクでもいいかな。」という人と「母乳とミルクの混合で行きたい。なるべく早く仕事に復帰したいから、哺乳瓶にも慣れてくれないと困るな。」という人では、授乳の方法は全く異なります。

その人、その家族にあった方法を一緒に探します。

退院までにはある程度お母さんが自分で判断して授乳できるように、退院後も困らないように、授乳のお手伝いをする仕事です。

育児技術獲得支援

特に初産の人にとって、育児の全てが初めて。

どうやったらいいのか分からない、うまくできないのは当然です。

近年は核家族化が進み、自分の近くに赤ちゃんや小さい子がいて、お世話をするという機会は減っています。

医療や保育の仕事に就いているという人を除けば、ほとんどが初心者。

おむつ交換、抱っこ、沐浴(赤ちゃんのお風呂)の方法、げっぷのさせ方、あやし方など、赤ちゃんを育てる上で必要な育児技術をお伝えし、できるようになるまでサポートします。

退院後の生活についてのお話

入院している間は、いつでもスタッフがいて、分からないことがあれば訊くことができますが、退院後はそうはいきません。

近くに子育て経験のある人がいれば心強いですが、育児はその家庭で様々なもの。

また医療者が常にいる訳ではありません。

なにか異常が起こったときに、それを異常だと察知し、対策を取るか、病院に電話をしてもらわなければいけません。

退院後もお母さんが困らないように、退院後の生活についてのお話しをします。

  • 産後のお母さんと赤ちゃんの体の変化について
  • 体の異常と、その時の対処法について
  • こんなときは必ず病院に電話してほしいタイミング
  • 退院後のサポートについて相談にのる
  • お家の環境は整っているか相談にのる

などが具体的な内容です。

メンタル面の支援

妊娠中もメンタルは崩れやすいですが、産後は更に崩れやすくなります。

妊娠をしていない女性でも、生理の前にイライラしたり暴飲暴食になったり眠くなったりとしんどい。

これらは全てホルモンのせいですが、産後のお母さんのホルモンは、さらに変動が激しいものです。

それに加えて慣れない育児、睡眠不足の日々、言うことも聞かないし何を求めているかも分からない赤ちゃんを抱えての生活。

メンタルが下がるのは当たり前です。

初めての育児だからこそ、うまくできない自分を責めてしまったり、手伝ってくれない夫にイライラしたり。

そんな時期だからこそ、助産師が相談にのり、一緒に解決策を考えます。

よくマタニティブルーというのを聞くと思います。

これは産後に誰もが起こりうる、精神的な変化ですが、これが悪化すると「産後うつ」になります。

産後うつは病気ですので、治療が必要になります。

産後うつにならないためにも、産後うつになりそうなとき、なったときに、お母さん自身がSOSを出せるように、お母さんに寄り添い、相談にのり、お母さんの味方になる仕事です。

分娩の介助

助産師は文字通り「お産 を 助ける」人ですから、助産師の仕事の中でも一番専門的なのが、分娩の介助です。

助産師は分娩において、医師と同じように裁量を持ち、診断を下し、自身の判断でお産が安全安楽に終了するよう、処置やケアをします。

分娩の介助と言っても、赤ちゃんが産まれる瞬間だけ介助するのではありません。

お産が始まって、赤ちゃんが産まれ、お母さんと赤ちゃんの状態が安定するまでの間、助産師は責任を持ちます。

陣痛が始まって、痛みに耐えている間。

破水をしてから、陣痛が始まるまでの間。

食事や環境を整え、安全安楽なお産の妨げになるものを排除し、時にはお母さんを導きお母さんと赤ちゃん、その家族らしいお産になるように、お手伝いをする仕事です。

外来業務

妊婦健診

産科の外来で一番大きな仕事が妊婦健診です。

通常の妊婦健診は医師が主体で行います。

主な業務は

  • 妊婦のお腹回りや子宮の大きさを測る
  • 医師の診察の手伝い
  • 出産が近くなった妊婦に、陣痛と赤ちゃんの心音を見るモニターをつける

などですが、更に重要な仕事が

  • 妊婦の身体精神的な不安や苦痛がないか話を聞く
  • 妊娠生活や分娩、入院に関しての説明

の2つです。

妊婦のライフスタイルに合わせてアドバイスをしたり、お産が始まった時にどう動いてほしいかなどを説明します。

最近では医師ではなく助産師が妊婦健診を行う「助産師外来」もできています。

不妊治療

現代は6組に1組が不妊治療で子供を授かるというほど、不妊治療の技術は進み、身近なものになっています。

しかし、実際に不妊治療をするのは、精神的にも身体的にも経済的にも負担が大きいのです。

不妊治療を始めるまでに、まず検査をし、不妊であることを認めて、治療に立ち向かわなければなりません。

治療が始まっても、また妊娠しないかもしれない、妊娠しても流産するかもしれないという不安や恐怖と闘わなければなりません。

周りの目や心ないこと場に傷つくこともあります。

一度始めたら、どこまでやるか、終わりを決めるのも難しい問題です。

加えてこんなに不妊治療が進んでいるのに、不妊治療に対する市区町村の助成金には地域差が大きいのが現実です。

大きな負担があるからこそ、助産師はコーディネーターや医師との仲介役となり、夫婦を支えます。

両親学級や母親学級

妊娠をし、これから約10ヶ月の妊娠生活や出産、育児を迎えるお母さんやお父さん、家族を対象に行われる教室です。

初めての妊娠、出産、育児だからこそ、事前に学び、必要な準備を進められるように、助産師の視点から話をします。

最近は父親学級やおばあちゃんおじいちゃん学級といった、家族内の役割に応じた学級も行われています。

このように助産師には様々な業務があり、妊娠出産育児のプロフェッショナルである必要があります。

助産師の仕事でやりがいを感じる4個の瞬間

助産師の仕事は、正直大変なことも多いですが、幸せなことがたくさんあります。

他の科とは違い、病気や怪我を治しに来る場所ではなく、命の成長、誕生に立ち会える病棟です。

お産を取り上げたとき

赤ちゃんが産まれる瞬間。

1人の人生が始まり、人生に数回しかない、家族にとって幸せでかけがえのない瞬間に立ち会えるというのは、本当に素敵で幸せなことです。

産婦さんと一緒に辛い陣痛を乗り越え、赤ちゃんが産まれて泣き声が聞こえる。

なんて貴重な瞬間なんでしょう。

毎回、産婦さんと赤ちゃん、ご家族に感謝の気持ちでいっぱいになります。

「助産師さん、ありがとう」「助産師さんがいてくれて良かった」と言われたとき

お産の主役は産婦さんと赤ちゃんとその家族であり、助産師はあくまで黒子に徹しなければなりません。

ですから、「家族で乗り越えられた、いいお産だった」と思ってもらえることがベストです。

しかし、助産師も人間。

ありがとうと言われると嬉しいものです。

頑張って良かったと思います。

本当に頑張ったのはお母さんと赤ちゃんと家族。

私たちは少しのお手伝いしかできません。

こちらこそ、立ち会わせていただきありがとうございます!という気持ちです。

妊娠中や産後に関わったお母さんと赤ちゃんが笑顔で退院していく時

病院で赤ちゃんとお母さんのお世話ができるのは、数日間の短い間です。

毎日同じスタッフが担当できるとは限りません。

ですが、赤ちゃんがかわいいベビー服やベビードレスを着て、笑顔で退院していく姿を見ると、助産師をしていてよかったと思います。

特に自分がお産に関わらせて頂いたお母さんであれば、感動はひとしおです。

以前関わらせて頂いたお母さんが病棟に遊びに来てくれた時、次の妊娠をしてきてくれた時

病院はケガや病気の治療をする場所です。

基本的にはできれば二度と戻って来てもらわない方がいいものです。

しかし産科は違います。

上の子の時に関わらせて頂いたお母さんが、2人目、3人目を妊娠し、また同じ病院を選んでくれ、またお願いしますと顔を見せてくれた時、大きくなった上の子を連れて、病棟に元気な姿を見せてくれた時、とても嬉しく、助産師を続けていてよかったと思う瞬間です。

中には出産後、赤ちゃんが新生児科や小児科に入院し、お母さんだけが先に退院することもあります。

赤ちゃんが退院できる時、小児科だけでなく、産科にも挨拶しに来てくれた時にも、同じように嬉しく感じます。

自分が退院しても赤ちゃんの面会に毎日通い、時間のかかる搾乳をしてきたお母さんに対し、本当にお疲れ様でした、そしておめでとうございますと声をかけます。

幸せな瞬間をたくさん分けてもらうことができるというのが、産科の特権であり、産科で助産師を続けるやりがいの一つだと思います。

「助産師」の仕事が自分に向いているか診断したい人はこちら →

助産師の給料事情は?

給料事情は、働く環境によって様々であると思いますが、一般的に看護師と異なる点をお伝えします。

まず看護師と比べると基本給が多い施設が多いように思います。

それに加え技術料というものが給料に追加されます。

これに夜勤手当や超過勤務手当が勤務時間に応じて追加されます。

病院によってはMFICUやNICU,GCUといったICU加算の取れる病棟が併設していると、病棟手当というものも追加されます。

施設によって様々ですが、大体手取りは23~40万/月程度が多いようです。

助産師の仕事で大変なこと

助産師の仕事は嬉しいことややりがいもたくさんありますが、楽なことばかりではありません。

体力勝負

看護師は体力が必要な仕事ですが、助産師も同じように体力勝負です。

辛い体勢で陣痛に耐える産婦を支援したり、赤ちゃんが生まれる瞬間の介助の時は、どうしても腰が曲がった体勢になります。

その状態で赤ちゃんが生まれるまで30分程度過ごすこともあります。

スタッフの人数が減る夜勤帯で分娩が重なれば休む暇どころか、座って息をつく時間もありません。

しかしお産は待ってくれません。

助産師だけでなく、看護師は体力勝負でしょう。

赤ちゃんが生まれてから数日しか関わることができない

入院期間は施設によって異なりますが、概ね経膣分娩(下からのお産)の場合4~5日、帝王切開術の場合は6~7日程度です。

出産した日を0日として計算しますが、この日数というのは0時で切り替わります。

ですから、0:01に出産した人には0日目が23時間59分ありますが、23:59に出産した人には0日目が1分しかありません。

出産当日はお母さんも分娩で疲れています。

母乳の分泌のためにも、体の回復のためにも、休息は大事です。

また退院の日は会計に部屋の片づけに着替えにと忙しい。

実際にゆっくり関われるのは数日です。

その短い時間に、退院してもお母さんと赤ちゃんが困らないよう、育児技術を伝え、家族に会った授乳方法を一緒に考え、育児環境やサポートの調整を支援しなければなりません。

産後のお母さんはとても忙しいですが、私たち助産師も一緒に忙しくなります。

限られた時間の中でお母さんとの信頼関係を気づき、支援するのは、大変なことです。

助産師の仕事で身に付く経験やスキルは?

助産師は女性のプロ。

女性の身体や妊娠出産育児についてのプロである必要があります。

だからこそ、助産師が身に着ける経験やスキルは、女性のライフイベントに直結すると言えるでしょう。

妊娠生活を快適に過ごす方法

つわり、貧血、腰痛、むくみと、妊娠中に妊婦が抱えるトラブルはとても多いです。

妊娠をすると、正常な経過であっても、このようなことが起こり得ることを学び、日々感じます。

自分が妊娠した時には、妊娠生活を快適に過ごすことに役立つでしょう。

育児のスキル

出産後、特に初めてのお子さんの場合、一番戸惑うのが、おむつ交換や抱っこ、授乳、沐浴といった育児技術でしょう。

助産師はそれをお母さんに教える立場ですから、うまくできて当然です。

助産師は主に新生児を担当しますので、乳児・幼児に関しては小児科の看護師の方がよく知っていますが、出産直後のあらゆる育児に関しては、困ることはないでしょう。

産科での悲しい経験

産科で勤務すれば、幸せなことばかりというイメージが強いですが、産科は幸せなことばかりではありません。

流産や早産、中絶やお腹の中で亡くなってしまった赤ちゃんのお産に立ち会うのも、助産師の重要な仕事の一つです。

流産や早産、中絶、亡くなった赤ちゃんのお産などに立ち会わせて頂く度に、命の尊さと、順調な妊娠出産が当たり前のようで、実はとても奇跡的であることを感じます。

助産師の仕事が向いているのはこんな人

助産師として、お母さんと赤ちゃんの命に責任を持ち、お母さんと赤ちゃんを思いやることができる人が向いています。

これは助産師だけでなく、看護師や医療者なら誰もが当てはまると思います。

責任感を持ち、助産師としてのアイデンティティを持って働ける人が向いていると思います。

精神的な強さを持つ人

上にも書いたように、産科は幸せなことばかりではありません。

流産や早産、中絶や赤ちゃんの死など、悲しいことや辛いことに立ち会う場面も多くあります。

患者さんの思いをくみ取り、一緒に悲しみ、寄り添うことはとても大事ですが、一緒に落ち込んでいたら、患者さんにとって良いケアをすることはできません。

精神的な強さを持ち、患者さんの傍にそっと寄り添えることが向いています。

誰とでもいい関係性を築ける人

現在の日本では、助産師は女性しかいません。

看護師には男性看護師もいますが、産科の看護スタッフは女性看護師と助産師に限られる施設がほとんどです。

産科医には男性もいますが、他の科に比べて女医が多いのも事実です。

女性の世界ですから、意見がぶつかり合うことも多い。

助産師は、自身が裁量を持って分娩の介助ができる免許を与えられています。

一般的に気が強いと言われる女性も多い。

しかし助産師1人では何もできません。

お母さんと赤ちゃんの安全を守るためには看護師、医師、その他の多くの職種と協調協同することが重要です。

誰にでも好かれ愛される性格の人が向いています。

「助産師」の仕事が自分に向いているか診断したい人はこちら →

助産師の仕事に向いている人については、こちらの記事も参考に!

まとめ

長い記事をここまで読んでいただき、ありがとうございます。

助産師は責任も重く、大変な仕事ですが、やりがいも嬉しいこともたくさんある素敵な職業です。

助産師はいつも、全てのお母さんと赤ちゃん、その家族、全ての女性をサポートすることができます。

この文章を読んでくださったあなたが、少しでも助産師という職業に興味を持ち、素敵な職業だなと思っていただけることを、心から祈っております、

助産師の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

~自分にはどの看護師の仕事が向いているか?~


関連キーワード

助産師仕事