「もう会社を辞めよう」。

そう決断する理由は、人それぞれ。

キャリアアップや結婚など前向きな理由で退職する人もいれば、何らかトラブルや自身の倦怠感から退職する人も少なくありません。

前向きな理由での退職であれば祝福と共に辞められるものの、そうでない場合はなるべくきれいに辞めたいですよね。

そして、なるべくスムーズに次のステップへと進みたいもの。

そこで重要になるのが、辞めるまでにきちんと気持ちを固めておくこと。

今回は、前向きな理由以外で会社を辞めたいと思った時に取るべき行動や、考えるべきことについて解説します。

会社を辞めたいと思ったらやるべき9個のこと

給料が少ない、トラブルに巻き込まれた、職場の人間関係がうまくいっていない…。

会社を辞めたいと思うキッカケや理由は、様々。

いずれにせよ、その環境で長く続けると多大なストレスに見舞われる可能性があります。

体や心が病む前に、次のステップについて考えてみましょう。

なぜ辞めたいのかを書き出してみる

まず重要なのが、辞めたい理由をはっきりさせること。

頭の中だけで考えるよりも、携帯のメモに打ち込んだり、ノートに書き出したりするほうが効果的です。

可視化することで、冷静に見つめ直すことができます。

そのアウトプット見て、再度客観的に考え直してみましょう。

「大したことないな」と感じたり、実は簡単に解決できるものがあるかもしれません。

しかし、そうでなかった場合は、自分にとって重要な問題。

辞める方向で行動し始めていいと言えるでしょう。

信頼できる上司、同僚に相談する

辞めたい理由を書き出し気持ちを整理した上でも尚、客観的に考えられないという方は第三者に相談してみましょう。

第三者に相談することでより冷静な意見がもらえたり、事態が解決へ導かれることもあるかもしれません。

相談相手は上司や同僚など、会社の状況を知っている社内の人間のほうがベター。

なぜなら、状況に応じた的確な答えをもらえる可能性が高いからです。

しかし、信頼できる人でないと、相手の都合のいいように誘導されてしまう可能性があります。

相談相手はしっかりと選んだ方が良いでしょう。

友人に相談する

こちらは気持ちの整理をするためにも有効です。

気の知れた友人であれば素直に話すことができ、それにより新たな気づきへと導かれることも。

また、退職・転職経験のある友人であれば、会社を辞めた後のアドバイスをもらえるかもしれません。

しかしいくら仲が良いと言っても、会社の状況や、あなたを取り巻く環境については詳しく知らないもの。

それを考慮したうえで、意見を聞くことが重要です。

辞めた後のことを考える

「辞めます」と言って、辞めることは意外と簡単。

でも、その後のこともきちんと考えておきましょう。

同じ業界に転職するのか、多業種にチャレンジするのか、それとも独立するのか…。

選択肢はひとつではなく、たくさんあります。

辞めたいと思ったり、辞めると決めた後は、きちんと次のことについて考え始めましょう。

自分に何が向いているか考える

特にやりたいことはないけれど、とりあえず今の会社は辞めたいという方もいるかもしれません。

とはいえ、スパッと会社を辞めて無職になるわけにもいきませんよね。

そんな場合は次の転職先を選ぶため、自分に何が向いているかを考えましょう。

上記で述べた「辞めたい理由」を参考に、同じようなことが起こらない会社を探してみるのもアリ。

また、「やりたい事」「やりたくない事」などをたくさん紙に書き出してみて、今後どのように生きたいかを考えるのもアリです。

”自分に向いている仕事”を探すのではなく、”自分に向いている生き方”を洗い出した上で、「ではどんな仕事ならそれが叶えられるか」を考えてみてください。

理想の仕事や会社の条件を書き出してみる

自分に何が向いているかを考え、ある程度業界や会社が絞られたら、次はこちら。

理想の働き方や条件について、徹底的に書き出してみましょう。

給与、福利厚生、休日、通勤時間など、できるだけ細かく書き出すことで、自分の希望に近い会社に出会う可能性が高くなります。

こちらを考えるときも、最初に書き出した「会社を辞めたい理由」を参考にすると、同じ悩みを抱えなくて済みます。

いくつか転職サイトやエージェントに登録してみる

希望の業界や理想の条件が決まったら、次は転職サイトや転職エージェントに登録しましょう。

いわゆる「転職活動」のスタートです。

転職エージェントに登録すると、エージェントのスタッフと面接を行うことができます。

面接では、上記でまとめたような希望の条件と、自身の市場価値をもとに転職先についての相談を行います。

この面接を通して考えが整理されることもあるため、有効に活用しましょう。

キャリアカウンセラーに相談してみる

働くことや人生についてのプロであるキャリアカウンセラー。

こういった専門家に相談してみるのもおすすめです。

専門家ならではの観点からアドバイスをもらうことができたり、自身の市場価値や現在の社会の状況についても知ることができます。

中には厳しい意見のキャリアカウンセラーもいますが、それも自分のため。

全てを参考に、今後の転職について考えるといいでしょう。

キャリアカウンセラーは個人で活動している人が多いため、ネットで探すのがベスト。

値段やスキルはピンキリですから、口コミを参考にしてみてください。

いきなり一対一での面談は気が引けるという方は、キャリアカウンセラーが行っているセミナーなどに参加してみるといいでしょう。

転職先のあたりがついたら今の会社と辞める相談を

これらの活動を通し、転職できそうな見込みがあり、ある程度固まったら会社に相談しましょう。

会社は、「今日で辞めます!」といって辞められるものではありません。

自分が行っていた業務の引き継ぎや、取引先への挨拶は必要不可欠。

それらをきちんと行うことが、きれいに辞める秘訣でもあります。

また、急な退職は、一緒に働いていた人へ多大な負担をかけます。

周りの人に迷惑をかけないためにも、早い段階で辞める意思を伝えることが重要です。

本当に辞めていいの?辞める決断をする前に考えるべきこと

辞めたいとは思いつつも、「もう辞める!」と完全に決断するのは、やや勇気が必要ですよね。

そんな時は下記を参考に、もう一度辞めるべきかどうか考えてみてください。

もし辞める必要性を感じなくなったらそのまま続けるというのも、選択肢の一つ。

それでも辞めたいと思うなら、それはその選択が正解である可能性が高いです。

ぜひ、ご自身に問いかけてみてください。

なぜ辞めたいのかをもう一度考える

上記「辞めたいと思った時の行動」の中でも述べましたが、なぜ辞めたいと思ったのかをもう一度考えてみましょう。

冷静かつ客観的に考えるためにも、紙に書き出すなどなるべく可視化してください。

その上で、本当に辞める必要があるのか、解決するための努力はしたのか、もうどうにもならないのか、自身に問いかけましょう。

それでもなお考えが変わらない場合は、辞めることを決断してもいいかもしれません。

転職先で、同じトラブルに陥らないかを考える

書き出した「辞めたい理由」を、何度も繰り返さないことが重要です。

転職先は決まっていなくても、その問題は場所を移せば解決される問題かどうかをよく考えてみてください。

仮に自分のミスであれば今後は防ぐことができますが、人間関係のトラブルなどは、次の職場で絶対に起こらないとは言い切れません。

今の仕事は好きなのに、人間関係が嫌で転職してしまった。

次の仕事は好きなものではないのに、そこでも人間関係が嫌になってしまった。

そんな状態になったら嫌ですよね。

場所を移しても同じトラブルで悩む場合は、仕事ではなく自分自身に問題があるかもしれません。

その可能性も含め、もう一度考えてみてください。

辞めた後、生きていく術があるのかを考える

当たり前ではありますが、会社を辞めた後に何らかの収入がなければ、生活できませんよね。

次の転職先が決まっている、個人事業を起こす、結婚するなど、何らかの生きていく術を見出しておく必要があります。

その見当がつくまでは、いくら嫌でも急いで退職しない方がいいでしょう。

転職をする上でのデメリットを考える

転職をすれば、目先の問題は解決されるかもしれません。

しかし、メリットばかりではありません。

時にはキャリアに傷がつくこともあります。

また、給料が下がる、休みが減る、業務が増えるなど、仕事面でもマイナスがないとは言えません。

さらに、職場が変われば引越しを余儀なくされることだってありますよね。

もちろん、それらの作業や環境の変化に伴うストレスもたくさん。

それを背負ってでも転職したいかどうか、もう一度自身に問いかけてみてください。

転職先での働き方と、今の状況を比較してみる

こちらはある程度、転職先の検討がついてからの話です。

次の会社の情報が入ったら、今の会社での働き方と比較してみましょう。

上記でも述べましたが、給料や休み、業務の増減や、職場人数や環境の違いなどは時にストレスを生み出します。

次の会社での働き方・環境をイメージし、もし少しでも今の方がいいと思うなら、転職を考え直した方がいいかもしれません。

この作業は、辞職を上司に申し出る前に行うことが重要。

その段階であれば、在籍している会社に対しても、転職しようとしていた会社に対しても、最小限の迷惑で済みます。

決めきってからでは手遅れですので、気をつけましょう。

転職先でのキャリアについて考える

転職するとき、場合によっては出世を伴うことがあります。

それであれば目の前の悩みも解決され、同時にキャリアアップもできるので万々歳ですよね。

しかし、そうでない場合は、転職後のキャリアについても考えましょう。

在籍している会社であれば確実に出世できるものの、転職したらキャリアはゼロ。

出世には時間がかかるというケースも少なくありません。

それどころか、転職先では新人と同じ扱いを受けるケースも多数。

出世の道がほぼ断たれることだってあります。

それでも尚転職したいと思う場合は、相当気持ちが固まってると言っても過言ではありません。

速やかに次の職場を探すことをおすすめします。

転職に伴う注意点

上司に引き留められた

転職について上司に相談すると、必ずと言っていいほど起こるのが「引き留め」。

それもそのはず。

上司にとって、部下の辞職というのはかなりの痛手です。

業務量はもちろん、自身の評価にも響きます。

優秀な部下だからこそ手放したくない、という思いからの引き留めもありますが、そうでないケースも多々。

流されないよう、自分の決意はしっかり固めておきましょう。

周囲からいろいろ聞かれる

転職が決まり、それが公になると、たくさんの人の興味の対象になります。

エレベーター、会議室、給湯室など、様々なところでいろいろなことを聞かれるでしょう。

そんなとき、自慢げに次の会社の話をしたり、辞める理由を正直に述べるのはNG。

思わぬ反感を買うことがあります。

「少しゆっくりしようと思って」など、ぼやかしておくのが無難です。

辞める当日は感謝の気持ちを!

最終出社日は、送別会などを企画してくれるケースなどもありますよね。

それがあってもなくても、一緒に働いていた人たちへは感謝の気持ちを示しましょう。

言葉だけでもかまいませんが、小さなお菓子などがあると印象がよくなります。

同期や上長へは、最後直接挨拶に伺うとより良いでしょう。

まとめ

以上、会社を辞めたいと思った時にすべきことについてまとめました。

仕事は人生の大部分を占める、重要なもの。

それを辞める・変えるというのは、相当な決意が必要ですよね。

決めるまでに時間がかかるのも、決めた後でも悩んでしまうのも、当然のこと。

いろんな人に相談し、様々な観点から考えるのが最良の答えにたどり着くコツです。

上記を参考に、ぜひチャレンジしてみてください。

そして、「立つ鳥跡を濁さず」とも言うように、辞めることが決まったなら、なるべくきれいに辞めたほうが今後の自分のためなります。

辞める決意ができた時点で段取りを始めるといいでしょう。

周りの人に迷惑をかけないためにも、なるべく早い相談がおすすめです。

転職活動だけでも大変ですが、円滑に退職・転職を進められるよう、少しだけ周りにも気を配ってみてくださいね。