仕事に就くということは、生活の基盤を構築するうえで大変重要なことです。

社会には、さまざまな職種があり、それぞれの企業で待遇が異なります。

また、同じ業種でも、会社が違えば働き方や人間関係も異なってくるでしょう。

そのなかで、「この仕事はきつい」と思ったり、一方で「楽な仕事だ」と感じたりする方もいると思います。

さらに、きつい仕事のなかには、従業員の許容範囲を超えたボリュームで仕事をさせたり、上司の権限を誇示して無理やり押し付けたりするケースも少なくありません。

ここでは、そんな無理難題を従業員に要求してくるブラック企業の見分け方やポイントについて解説していきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ブラック企業の見分け方

ブラック企業とは、社内の規律を守る意識が低く、労働時間の超過や上司からのパワハラ、モラハラ、セクハラなど、さまざまなハラスメントが蔓延る個性的な社風を持った企業のことです。

他にも、仕事とは関係ないことを押し付けられたり、理由もなく給料が下げられたりする企業もブラックといえるでしょう。

そもそも、ブラック企業にはどんな歴史があるのでしょうか。

バブル崩壊で騒がれた1991年頃、企業は軒並み右肩上がりだった売り上げも停滞し、次第に下降に転じるようになりました。

そこで、会社を守るために、経費削減や人員削減という動きが出てきたことから、リストラや就職難といった言葉が生まれました。

「就職氷河期」という言葉をよく耳にした方も多いのではないでしょうか。

この頃から、ブラック企業という言葉が生まれて現在に至ります。

実質、ブラック企業はバブル崩壊前もありましたが、それまで社会問題化されるようなことはありませんでした。

これも時代の流れでしょうか。

企業が従業員を苦しめるつもりはなくても従業員が苦しみを感じるケースは次第に増えていったことで、バブル崩壊というマイナスイメージが社会的背景と相まって「ブラック企業」という概念が誕生しました。

しかし、ブラック企業に見分け方はあるのでしょうか。

外観や噂だけで企業をイメージするのはよくありません。

しっかり下調べして確認したうえでブラック企業かどうかを判断していく必要があります。

ここでは、そんなブラック企業を見分けるポイントを解説しています。

それでは早速見ていきましょう。

ブラック企業を見分ける15個のポイント

ブラック企業とはいっても、どんな企業がブラックなのか分からないという方も多いでしょう。

ブラック企業は、従業員に無理難題を押し付けてくるだけではありません。

一般的に「この企業はブラックだ!」と言われているからブラックなのだと思い込んでいませんか?

ブラック企業だと感じるかどうかは、その人の受け取り方で変わってきます。

まずは、自身でしっかり確認することが大切です。

それでは、ブラック企業の見分けるポイントを解説していきます。

口コミ評価が低い

企業を客観的に判断する材料として、世間からの口コミはブラック企業かどうかを見極めるポイントといえます。

口コミは、そのときに社会的にマッチした情報が提供されていることが多く、社会的に企業がどのような印象を受けているのかを確認し、判断することができます。

そのため、マイナスイメージが強い口コミが多く寄せられている場合は、ブラック企業の可能性があります。

しかし、口コミだけで一概にブラック企業と判断することは危険です。

一般的に、口コミは誰でも投稿できるシステムであり、悪意のあるユーザーが意図的に口コミを投稿している場合もありますし、すべてが正しい情報とはいえません。

そのため、口コミはあくまで参考としながらも、自身でよく確認する必要があります。

長時間労働時間が強いられる

ブラック企業と判断するポイントとして、長時間労働が強いられることも挙げられます。

一般的に労働時間は1日に8時間以内と定められています。

サービス残業という言葉をよく耳にする方も多いと思いますが、給料が発生しない残業を強いられる企業も少なくありません。

本来、従事すればその時間帯の給料は貰える義務がありますが、企業がそれを真っ向から否定し、従業員に賃金を支払わないというケースもあります。

このような場合は、ブラック企業として判断してもよいでしょう。

休日出勤が多い

企業にはそれぞれ公休が定められています。

企業で定められている規定によって異なりますが、休日をローテーションしている企業もあるでしょう。

しかし、会社の休みの日に出勤させられるというケースも少なくありません。

特に、24時間営業で年中無休を謳っている企業に多くみられますが、休日に忙しいからといった理由であったり、クライアントからのクレームで急遽対応しなければならないといったケースであったりします。

何はともあれ、休日出勤が多い企業はブラック企業として判断せざる負えない社会的な背景があるのも事実です。

給料形態が不明

企業によっては、月々に支給される給料が不安定であるところもあります。

特に、営業職に多いようですが、前の月と比べて半分しかもらえなかったり、そもそも給与形態が規定に則っていなかったりというケースがあります。

例えば、一般的な給与形態として、基本給にプラスして手当てが支給されますが、手当の実態が不明であったり、基本給が増えたり減ったりする場合です。

働いて賃金を得ることは、生活していくうえで大変重要なことですので、このようなブラックな一面を持った企業はおすすめしません。

給与が低すぎる

地域によって額は異なりますが、それぞれの都道府県で「最低賃金」が定められています。

働いている企業から支給される給与の額を時給換算すると、最低賃金を下回っていませんか?

もし、最低賃金を下回っていたらブラック企業の可能性があります。

ポイントとして、時給換算した場合の給与です。

単に、月額で支給される給与が低いというだけでは、ブラック企業として判断できませんが、時給に換算した場合に最低賃金を下回った場合に、ブラック企業と判断する材料となる場合があります。

入社時の募集要項と待遇が異なる

ほとんどの企業では、入社時に休暇や給料などさまざまな待遇について説明があります。

そのなかには、企業のこれまでの歴史や社会的背景、社内での規則や研修も含まれます。

しかし、入社時に説明を受けた内容と、実際に働いてから分かってくる内容と異なる場合があります。

特に、給与面や休暇について大きな違いがあれば要注意です。

例えば、入社時に基本給が15万円で公休日が毎週土曜日と日曜日と説明を受けたにも関わらず、実際に働いてみると、基本給が13万円で公休日が毎週日曜日と月曜日だったというケースです。

企業の方針が急遽変更がある場合を除いては、普通このようなことは考えられませんので、ブラック企業として判断してもよいでしょう。

離職率が高い

離職率は職種によってさまざま異なりますが、異常に離職率が高すぎる企業も存在します。

離職率が高いということは、企業のなかで何かがある場合が多いです。

しかし、その“何か”に気付くまでには少し時間がかかるでしょう。

ポイントとして、職種によって目安とされている離職率と比べてその企業の離職率が高すぎる場合は、何かブラックな要素を含んでいる場合がありますので、注意しておきましょう。

休みたくても休暇が取れない

風邪を引いてしまった、体調を崩してしまった、子供が熱を出してしまったなど、さまざまな理由で仕事を休みたいという場合も出てくるでしょう。

しかし、休みたくても休暇が取れない、という企業もありますので注意が必要です。

企業の休みには、公休以外にも有給や欠勤などがありますが、それらを取らせないという企業が多いのも事実です。

社会的に、そのような企業はブラックとして認識されていますが、従業員にとって休む権利はありますので、それを無視した会社はブラック企業として判断せざるを得ないでしょう。

従業員同士の陰口が多い

ブラック企業で多いのが従業員同士の陰口です。

マイナスイメージの強い陰口ですが、人の悪口を言ったり同調したりすることで、同じ従業員を傷つけてしまうことがあります。

社内において、人間関係は非常に難しいですがブラックな要素を含むケースも少なくありません。

この陰口が、いずれイジメやハラスメントに発展する恐れもあります。

そのため、従業員同士の陰口もブラック企業かどうかを判断するポイントといえるでしょう。

仕事とは関係ないことを押し付けてくる

上司の権限を利用して、部下に仕事とは関係ないことを押し付けてくる場合もブラックといえるでしょう。

これが、企業全体として定着しているようであれば、ブラック企業として判断せざるを得ません。

例えば、上司の私物を買い物に行かされたり、仕事以外で送迎を頼まれたりする場合です。

このように、仕事とは関係のないことを押し付けてくることが常習化している企業はブラックといえるでしょう。

上司や同僚からセクハラがある

上司からセクハラを受けたという声を聞いたことのある方も多いでしょう。

上司の権限を利用して部下が言えない環境を作り出し、それが常習化してしまったことでセクハラが横行している企業はブラックといえるでしょう。

場合によっては、民事だけでなく刑事責任まで生じてしまうことがあるため、注意する必要があります。

ポイントとして、セクハラは体に触れる行為だけでなく、言葉によるセクハラもあるということです。

卑猥な言葉を異性に放ったり、コンプレックスを指摘したりすることもセクハラと認められる場合があります。

何はともあれ、相手がセクハラだと感じたら、それはセクハラですので言動には十分注意しなければなりません。

上司からのパワハラがある

上司からのパワハラもブラック企業のポイントといえます。

上司という個人的な範囲でのブラックとも取れますが、これが企業全体としての方針であった場合はブラック企業として認めざるを得ません。

例えば、勤務時間内で終わるはずのない量の書類整理を任されたり、終業前にも関わらず大量の仕事を無理強いされたりする場合です。

パワハラと就業時間は密接な関係にあることから、上司の言葉1つでパワハラだと認めざるを得ないケースも少なくありません。

さらに、「~しなさい!」と命令口調で話してきたり、上司からの仕事を断ることができない環境を作るのもよくありません。

このような環境を作ってしまう企業はブラック企業といえるでしょう。

従業員間でさまざまなハラスメントがある

ハラスメントには、2次被害を被るセカンドハラスメントや従業員を無視するモラルハラスメント、男女を差別するジェンダーハラスメント、部署の移動などを強要するリストラハラスメントなど、さまざまな種類があります。

ポイントとして、従業員同士でこのようなハラスメントが横行している企業はブラックといえるでしょう。

このような嫌がらせは、場合によっては人権侵害にまで被害が大きくなってしまう恐れがあるため、注意しておく必要があります。

仕事を辞めたくても辞めさせてくれない

仕事をしていくなかで、辞めたいと思うこともあるでしょう。

そんなときに、上司や同僚が相談に乗ってくれなかったり、辞めたくても辞められない状況に陥ったりしてしまう場合があります。

それが、企業の思惑であるケースも少なくありません。

社会的な背景として、社会の企業数が年々増加傾向にあります。

それに伴い、少子化問題や景気などが左右して思うように就職できない方も多くみられます。

そのため、企業としても人員確保い努める傾向が強く、それが結果的に在職中の従業員を辞めさせない傾向がみられるようになってきました。

時代の流れもありますが、一般的に仕事を辞めることは本人の自由ですので、それを拒む企業の対応はブラックといえるでしょう。

企業の方針がコロコロ変わる

時代の流れや売上にもよりますが、日や週ごとに方針が変わる企業も存在します。

基本的に、企業は方針に則って運営していますが、その方針があやふやな企業はブラックといえるでしょう。

例えば、「明日からはどんどん営業をして集客に努めましょう!」という方針を打ち出したにも関わらず、いざ当日になって「やっぱり営業は止めて、実績の分析を中心にしていきましょう!」という方針に理由もなく切り替わったとします。

急な対応は従業員にとって負担となり、精神的にも苦痛に感じられるケースも多いため企業にとってもこのような対応は好ましくありません。

従業員のモチベーションの維持にも直結するため、注意しておく必要があります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

逆にホワイト企業の8個のチェックポイント

ブラック企業が社会に蔓延る一方で、ホワイト企業も存在しています。

ブラックとは打って変わって、さまざまなプラスな一面で注目を浴びているホワイト企業ですが、具体的にはどのような企業がホワイトと言われているのでしょうか。

ここでは、そんなホワイト企業のチェックポイントについて解説していきます。

給与形態が明確

企業に入社するときに必ず説明がある給与形態ですが、その内容がしっかりしている企業はホワイト企業といえるでしょう。

ポイントは、給与の支給額はもちろんのこと控除される内容までしっかり記載があることです。

他にも手当や業種によっては処遇改善加算など記載があれば、給与形態はしっかりしているといえます。

さらに、給与形態一覧として、公務員にように、どの役職でどのくらいの給与が支給されるのかを開示している企業もみられます。

このことから、給与形態の明確化だけでなく開示してあるかどうかもポイントとしてみておく必要があります。

有給の取得率

一般的に、有給が取りにくい企業はブラック企業としてみられますが、逆に有給が取りやすい企業はホワイト企業としてみられる場合が多いです。

仕事をしていくなかで、従業員には休む権利は必ずあります。

多くは有給や欠勤などで処理されますが、休暇の形態には企業によってさまざまな種類が取り入れられている場合があります。

例えば、失恋休暇やユーモア休暇など聞いたことのないような休暇が取得できる企業もたくさんあります。

このことから、有給に限らず休暇の取得率が高い企業はホワイト企業としてのポイントも高いといえるでしょう。

ダイバーシティーが浸透している

ダイバーシティとは、年齢や性別関係なく誰でも起用してビジネスに活用していくことです。

このダイバーシティが浸透している企業はホワイトといえるでしょう。

例えば、女性だからこの仕事はできない、年齢が高いから無理だろう、などといった事象を除いてしまうことで強力なビジネス戦略に繋がるといえます。

このメリットを活かすためにも、ダイバーシティを取り入れる企業も少なくありません。

しかし、そのような社会的背景がみられるにも関わらず、ダイバーシティ自体の認知度はまだまだ低いです。

離職率が低い

企業にとって人材は宝ともいえる存在です。

いかにどれだけ長く勤めてもらうかで、その企業のプラスに働く面が多くみられるといっても過言ではありません。

離職率が高いほどブラックな要素が強いとされていますが、一方で離職率が低ければ低いほどホワイト企業としてのポイントも高いといえるでしょう。

実際に、企業も従業員が辞めない環境つくりをしており、さまざまな負の要素を排除する動きがみられます。

社会的にこのような動きがあるにも関わらず、ブラックな一面を改善しようとはしない企業も多くみられるため、注意しておく必要があります。

人材育成に力を入れている

OJTという言葉を耳にする方も多いでしょう。

OJTとは、On-The-Job Trainingの略称で、実務を通して従業員のスキルを向上させる訓練のことを指します。

人材育成には、さまざまな手段がありますが、共通していえることは真剣に従業員と向き合っているということです。

1人1人の従業員を大切にしている証拠であり、尊重しているといえます。

このような企業は、ホワイトな一面も強くポイントとしてみておくことで、就職した時にメリットも多く、就職した後もプラスに働く面が多くみられることでしょう。

企業方針の軸がブレない

企業は一定の方針に則って運営しています。

これは、企業理念として支えられながら時代に沿った内容で受け継がれていますが、方針がブレない企業は比較的安定して運営ができている証拠といえるでしょう。

社会のルールは、方針に則っているケースも少なくありません。

そのため、企業方針の軸がブレないということは、ある一定のルールに沿って運営されているため、ホワイト企業としてのポイントも高いといえます。

就業規則が整備されていて明確化されている

企業方針とは異なり、仕事をするうえで給与形態や休暇の取り方、就業時間についての取り扱いについて気になる方も多いでしょう。

それらの決まりごとは、すべて会社の就業規則に記載してありますので、見てみるとよいでしょう。

企業によって異なりますが、従業員はいつでも就業規則が見られるように推奨されています。

そのため、企業が就業規則を隠匿している状況であればブラックを疑う必要性があります。

しかし、就業規則に記載されている内容は、一般では難しい言葉がたくさん使われており、理解しにくい箇所も多くあるでしょう。

就業規則がしっかりと整備されていて、明確化されている企業はホワイトといえます。

社内の人間関係が良好

社内の人間関係が良好で、トラブルもない企業はホワイト企業としてのポイントも高いでしょう。

従業員が複数人いる会社は、従業員同士の相性もあり、人間関係の構築が難しい場合があります。

しかし、そのようなトラブルもなく、従業員同士の仲がよければ仕事でも上手くいきやすいといわれています。

人間関係が良好であると、精神的な不安も解消されるため、プラスに働く面も多いでしょう。

ブラック企業に就職しないための秘策

誰でもブラック企業に就職したいとは思わないですよね。

就職する前の事前のリサーチでブラック企業に気付けばよいですが、実際に就職してブラック企業だと気づく方も多いでしょう。

そもそも、ブラック企業に就職しないためにはどのようにすればよいのでしょうか。

不況という社会的背景のなか、ブラック企業は増加傾向にあります。

ここでは、そんなブラック企業に就職しないための秘策について解説していきます。

【秘策①】残業代が出るか社員にヒアリング

ブラック企業のポイントとしても高い残業代が出るかどうかという判断ですが、実際に働いている社員にヒアリングするのもよいでしょう。

もし、自身の周りにそのような方がいれば聞いてみてはいかがでしょうか。

ただし、ブラック企業かどうかの判断は、最終的に自己判断によるもので、他人がブラック企業だと言っていたからブラック企業なのだと思い込むのは非常に危険です。

自身の目でしっかり確認することも必要ですが、他人からの視点を参考にするのもよいでしょう。

それを踏まえたうえで、残業代が出るのか社員に聞いて確認することをおすすめします。

この残業代については、一時社会問題化したこともありました。

そのため、企業だけでなく従業員も含め社会全体で意識が高いようです。

サービス残業の有無についても問題視されており、政府の働き方改革で取り沙汰されたり、労働基準監督署の立ち入りが強化されたりするなどの動きも活発化されています。

残業代が出るかどうかは、社員だけでなく、世間的に寄せられる口コミなどから判断するのもよいでしょう。

【秘策②】有給の取得率を把握する

有給の取得率については、職業安定所や企業のホームページで公開されている場合も多いです。

そのため、就職する前に確認することもできますが、実際に入社してみると実情は異なったというケースもみられます。

また、ホームページや職業安定所の記載内容は事実かどうかも確認する必要があります。

あくまで、有給の取得率を確認することはブラック企業を判別するための要素の1つとしてみることをおすすめしますが、必ずしも有給の取得率が高ければホワイト企業とは限りませんので、注意しておく必要があります。

また、実際に働いている従業員から聞くのもよいでしょう。

きちんと有給消化が出来ているかどうかも判断材料になります。

有給の取得率が低いことでブラック企業とは一概にいえませんが、休みを取りにくいかどうかの判断はできると思います。

実際に働いてから有給が取りにくいのは嫌ですよね。

そのため、企業に入社する前にある程度情報を集めておく必要もあるでしょう。

【秘策③】女性でも働きやすい会社を探す

男女雇用機会均等法が制定されてからというもの、女性でも活躍できる場が広がっています。

時代とともに、女性が活躍できる場がどんどん広がり、今や女性が企業の代表というケースも珍しくありません。

一方で、古風な会社で今でも女性の立場が低いという声も耳にします。

このように、男女で差別するような企業はブラック企業といわれても仕方ありません。

企業にとって、能力の有無で判断されるのは理解できますが、男女差別で判断されるのは従業員にとっても不利益を被るだけです。

ダイバーシティの認知度はまだまだ低く、この概念を取り入れている企業は少ない現代だからこそ、社会全体で考えていかなければならないと思います。

しかし、時代の流れによって受け入れられるかどうかはその瞬間によって左右されるでしょう。

男性が中心の社会というブラックな考え方はもう古いです。

これからは、女性でも働きやすい会社を目指すことが大切です。

【秘策④】働いている社員の見た目は活き活きしているか確認

仕事をしていて「楽しい!」と思えるような会社は一体どれくらいあるのでしょうか。

現代ある企業の多くは、社員が活き活きしていない場合もあると思います。

仕事をするうえで大切なことはさまざまありますが、モチベーションが最も重要です。

やる気がなければ仕事をする意欲がわきませんし、仕事をしていて楽しむことができません。

また、やりがいも見失ってしまうでしょう。

従業員のモチベーションを維持するためには、上司が部下の仕事に対する意欲を掻き立てるような言動で奮い立たせる必要があります。

その理由として、仕事は1人でしているわけではなく、会社というチームで強調しながら行っているためです。

会社で働くことが楽しいと思えるようになれば、必然的に社員の見た目も活き活きしてくるのではないでしょうか。

しかし、社員が活き活きしていない企業がブラックとも言い切れません。

その理由として、企業の職種によって従業員の体質も異なるためです。

職種にマッチした対応と、それに対しての従業員の動きが左右するため、それに応じた適正な判断が必要とされる場合があります。

【秘策⑤】企業先の口コミを参考にするなどして情報を集める

現代はインターネットの普及により、SNSをはじめ企業のウェブサイトなどでその企業に関する口コミを調査することができます。

便利になったとはいえ、偽の情報と正しい情報の見分け方が難しいですが、口コミを真に受けず参考程度に留めておいて企業の内部事情を確認することはできます。

社会的に情報を漏らす行為は法律でも認められておらず、情報を集めるのに少し苦労するかもしれませんが、概要は掴むことができるでしょう。

しかし、すべての情報がブラックだからといってブラック企業だと容易に判断するのはよくありません。

口コミはあくまでその人の個人的な感想が書き込まれているため、最終亭な判断は自身であることに違いはありません。

そのため、判断に迷うこともありますが、さまざまな企業の情報を分析した結果、最善の道を選ぶことをおすすめします。

ブラック企業に就職しないための秘策として、就職したい企業の情報を集めることは必要最低限のことです。

その方法として、SNSや企業のウェブサイトから情報を集めるのは、現代では王道といえるでしょう。

ただし、その得られた情報がすべて正しいとは限りません。

情報を得た後は、しっかりと自身で確認して判断することが大切です。

まとめ

最後に、現代社会にはブラック企業と呼ばれる企業が多く存在しますが、他人がブラック企業だからといってブラックだとはいえません。

具体的な概念は定まっておらず、個人的な思想がそうさせている可能性が高いためです。

つまり、自身がブラック企業だと思えばそうなのです。

視点を変えた考え方でしっかり確認し、見極める必要があります。

そのためには、まずブラック企業とは何なのかをよく知っておく必要があります。

ここでは、ブラック企業の見分け方やポイントを解説してきました。

これから就職、転職する方、また、在職中でも「おかしいな?」と思っている方の参考になれば幸いです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード


仕事の悩みについてもっと深堀りした情報を見る

調剤薬局事務の仕事を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

調剤薬局事務を辞めたいという方はぜひこの記事をご一読ください。調剤薬局事務といえば、勤務形態が選べるため結婚・出産後も働きやすいイメージで女性に人気の職業ですよね?しかし、実際に働いてみるとその大変さから辞めたいと感じるケースも多くあるそうです。この記事では、そんな調剤薬局事務員が辞めたい理由とその乗り越え方について解説していきます。調剤薬局事務は忙しいながらも、そのやりがいを知っていただけたらと思います。調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じた6個の理由と乗り越え方とは?調剤薬局事務は患者さんから処方箋を受け取ってお薬代を計算したり、薬剤師のサポートを行ったりする業務がメインとなります。一見する

言語聴覚士の仕事を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

言語聴覚士辞めたいと感じてしまう原因って何だと思いますか?言語聴覚士は専門性が高い仕事であるが故に難しい判断を迫られる場面が多くあります。しかし、後先考えずに辞めると未練が残り、後悔する事があります。そこで今回は、辞める前にやっておくべき事、知っておくべき事、また、辞めたいと思った時の乗り越え方をご紹介致します。言語聴覚士がつらいというあなたの状況が打破できれば幸いです。言語聴覚士の仕事を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?言語聴覚士を辞めたいと感じるのは、患者さん、他の言語聴覚士、他職種との人間関係が原因となる事が多いです。辛い思いを共感しなければならない何かしらの障害を持っている方

航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とそれでもやりがいを感じる4個のこと。

航空会社というと、華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、体力勝負の仕事ですし、シフト勤務で大変な仕事でもあります。こんなに大変なのに、この苦労は報われない…そんな時、ブラックだな、と感じることがあります。私は空港で働いていたので、現場寄りの偏った意見になってしまいますが、客室乗務員やグランドスタッフ、整備士やグランドハンドリグといった職種には、何か1つ当てはまる内容になっていると思います。航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とは?航空会社の仕事の中でも特に人気なのが、客室乗務員とグランドスタッフです。客室乗務員やグランドスタッフは、多少条件が悪くても、なりたいと思う人は

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気をつけること

事務の休み事情についてご存知でしょうか?今回は、事務職の方が休みを取る際に気をつけることなどを詳しく見ていきましょう。また、アルバイトや派遣、正社員の休み取り方は違いがあるのでしょうか?今回は事務の業務にフォーカスする形で、雇用形態別に掘り下げてご紹介させていただきます。事務職を目指している方は是非ご一読いただき、参考にしていただければと思います。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、雇用形態別に休みの取り方に違いはあるのでしょうか?事務職と一口に言っても、正社員や派遣社員などその働き方は様々です。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていた

行政書士が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

行政書士と聞くと士業の仕事の一種であり、難関試験を突破して高収入が望める仕事とイメージする人がいるかもしれません。他には、行政書士と司法書士の違いよく分からないという人もいるかもしれません。行政書士の資格試験は、どちらかというと司法書士を目指している人が、司法書士のすべり止めもしくは実力試しとして行政書士の試験を受けるというのをよく聞くかもしれません。 行政書士の仕事は、一体どのようなもので、行政書士をしていると何が大変・辛いつらいことで、何がやりがいなのか、意外と分からないことが多くあります。この記事では、行政書士の仕事に関して、イメージしづらい実際のところを深く掘り下げていきたいと思います

期間工の仕事での人間関係でストレスに感じる7個のこと。その解決方法も合わせて解説します

期間工として働くことに興味を示されている方々は、その収入の良さなどに惹かれていることと思います。当然、短期間にまとまったお金を稼ぐのには、これほど適した職業は無いはずです。しかし、いずれにせよ人間として多くの人たちと共に働くことになります。そのため、人間関係で大きなストレスを感じてしまう方々も中におられます。ここでは、期間工を目指している人たちのために事前に「期間工」として働く場合に起こりうる人間関係におけるストレスについてご紹介したいと思います。期間工として働いた場合には、どのようなストレスがあり、その解決策にはどのようなものがあるのかをご紹介したいと思います。期間工のおおまかな仕事内容とは

育休から職場復帰する時に心配なこととその対処法とは?

育休復帰を悩む方、多いのではないでしょうか?妊娠期間を経て、無事に出産を終え、育児をしながら次は…と考えると仕事のことが頭をよぎりますよね。しかし、実際に仕事に復帰をしようと思ったとしても、事前にやっておくべきことや職場に戻った後での悩みは尽きないものです。ここでは、筆者自身や友人たちが実際に感じた、育休明けまでにやっておくことや、心配事、その対処法について紹介していきます。仕事に復帰することを希望されている方は必見です。私はこんな形で育休取得をしました筆者はもともと中学校の臨時講師として勤務しておりました。臨時講師は、勤務内容は正規職員である教諭とほぼ一緒ではありますが、雇用形態は契約社員の

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

社会福祉士を辞めたいとお考えの方は必見です。老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな一見やりがいの持てそうな社会福祉士を辞めたいと感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の忙しいというリアルな声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上に問題を抱える相談者や施設の利用者、時にはそのご家族に寄り添う仕事です。相談技術はもちろん制度

栄養士の悩みで多い5つのこととその解決法。

栄養士の悩みって意外と多いんです!女性ばかりの職場なので、栄養士は出会いがありませんし、「栄養士は楽な仕事でいいよね」なんて皮肉を言われたことがある人もいますよね?実際は、栄養を考えた献立作成をしたり、実は献立を考えるのは好きだけど、料理が苦手なんて人だっているんです。栄養士であるが故の悩み事は本当にすごくあります。そこで今回は、そんな栄養士の悩みで多いことや、その解決法についてご紹介したいと思います。栄養士に多い五つの悩みそれでは栄養士の悩みで多いこととは何でしょうか?リストアップしてみたので見ていきましょう。料理上手だと思われているこれは栄養士の皆さんに確実に共感して頂けると思います!栄養

農業の悩みでよくある7つのことと対処法

どんな仕事でも言えることですが、その仕事特有の悩みと言うものがありますよね。農業という仕事でも当たり前ですが悩みがあります。農業において、農家はいち経営者となります。経営者なので、農作物の管理から販売、金銭管理もこなさなければならないため、実は悩みの数は多いのです。この記事では、農業におけるよくある悩みごととその対処法を、経験者である筆者の見解をもとに紹介していきます。農業でよくある7つの悩みとその解決法は?では、農業ではどんな悩みがよくあるのでしょうか?また、その悩みはどうしたら解決できるのでしょうか?それらについて解説していきます。病気と害虫農業でまず大きな悩みとなるのが、農作物に被害をも

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士に向いていない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回は、私って歯科衛生士に向いていないかも…とお悩みの方におすすめな情報をまとめました。上手く乗り越えるためにやるべきことを詳しく解説しますので、今の業務に自信を失くしている現役の歯科衛生士さんにはぜひ最後まで読んでいただきたいと思います。歯科衛生士とはどんな仕事?歯科衛生士の仕事は主に「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などです。歯科医のアシスタント、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士に向いていない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人とはどのような人でしょうか?また、どのよ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

栄養士の仕事がブラックな仕事だな…と感じた4つの瞬間とそれでもやりがいを感じる3つのこと。

最近では様々な企業が「働き方改革」として、勤務時間の見直しや仕事内容の見直しなどを行っています。仕事だけでなく、家庭や個人の時間を大切にできるような工夫がなされている企業も増えています。しかし栄養士の仕事をしていると、ここがブラックな部分だな、と感じる場面に出くわす場面があります。今回は栄養士の仕事がブラックな仕事だなと感じる瞬間と、楽しさ・やりがいを感じられることに注目して見ていきたいと思います。経験者が紹介!栄養士がブラックだと感じた4つの瞬間とは?栄養士の仕事内容や待遇は現場により変わってきますが、主な仕事内容は献立作成・調理業務・簡単な栄養指導です。そんな中で栄養士の仕事って何だかブラ

歯科衛生士の仕事に飽きてしまった・・・。他の仕事に転職するなら?オススメな4つの仕事

歯科衛生士が飽きたと感じてしまっている方は最後までご覧ください。ある程度、歯科衛生士としてベテランになってきて、毎日充実しているはずなのに、この職業に飽きてきたなんて方も実は少なくないかと思います。患者さんとのコミュニケーションは楽しいけれど、歯を見る以外の職業も経験してみたい....。そう感じる瞬間がある歯科衛生士の方々に向けて、今回は他の職業に転職するとき、歯科衛生士の資格を活かせる仕事とは何があるのかを、詳しくご紹介させていただきます。歯科衛生士の仕事に飽きてしまう時ってどんな時?私自身が歯科衛生士として働く中で、飽きてきたな、他の職業も経験してみたいなと思う瞬間は冬の退勤時です。診療中

歯科技工士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う4つの理由とその乗り越え方とは?

昨今は歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって起こる様々な病気が見つかっています。人間の歯は一度欠けたり取れたりしたら、再生するということはありません。その場合は歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらうことになりますが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番キツいと言われている仕事の一つでもあります。ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの二つが大きいですね。そしてもう一つ、粉まみれになることです。粉ま

物流倉庫の仕事での人間関係でストレスに感じる5つのこと。その解決方法も合わせて解説します

物流倉庫の人間関係について気になる方はぜひご覧ください。広い倉庫の仕事と言えども避けて通れないのが職場での人間関係ですよね。仕事を続けていけるのかどうかに大きく関わってくる「倉庫の仕事の人間関係」や「業務内容」についてここでは詳しくお教えしたいと思います。オフィスなどに比べると幾分かストレスも少なそうに感じる物流倉庫の人間関係ですが、実際はどうなのでしょうか?興味のある方は、最後までご一読いただけたらと思います。物流倉庫のおおまかな仕事内容とは?物流倉庫での仕事内容はとてもシンプルです。特にパートやアルバイトでの雇用となると仕事内容は限られています。主な仕事内容は、倉庫に運ばれてきた荷物を更に

栄養士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う10個の理由とその乗り越え方とは?

栄養士として働いて数十年。私の栄養士としての「ぜったいやりたいこと」は献立作成でした。献立作成に関われたら、現場仕事も洗浄作業も乗り越えることができました。幸い希望通りの仕事が新卒当時からできているので、自分は恵まれているのかなぁ…と思います。それでも辞めたいと思ったことは、数えきれないほどあります。現に、今も少しだけ辞めたいと思っています。本当に辞めるかどうかは別として、この一年で辞めたいと感じたことは数えきれないです。筆者は今までに一度だけ仕事を辞めたことがあります。その仕事を辞めた時は一年前から話をしてあり、職場と相談した結果退職をしたので円満退社でした。仕事を辞めた理由はキャリアアップ

薬剤師の悩みで多い3つのこととその解決法。

薬剤師で悩みを抱えている方は必見です。薬剤師は安定している仕事で、憧れる人が多い仕事であると言われています。しかし、そんな薬剤師にも悩みがあることはご存知でしょうか?どういう悩みを抱えているのか、特に薬剤師の新人の悩みについてご紹介していきます。医療系のお仕事は責任重大な場面が多い職業なので、悩みを解決させてストレスなく職場で活躍できるようにこの記事で解決策を知ってみてはいかがでしょうか?薬剤師の悩みで多い3つのこと薬剤師の悩みで多いのは患者さんを待たせてしまうことや、給料をアップさせたい、コミュニケーションが上手く取れないということです。その中でも一番の悩みは、実は「コミュニケーション」だっ

社会福祉士が向いていない人の5つの特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

社会人として仕事を行う以上、ある程度の成果だったり仕事の質が求められます。それはお金を頂き雇われている以上当然求められてくるものだと思いますし、当たり前のことだとも思っています。しかし、人は皆必ずしも完璧ではありません。時には失敗を繰り返しますし、怒られることも皆さん経験があることでしょう。失敗をしながら自らの限界を突破していくことが一般的ですが、どの仕事に対しても「向いているタイプ」と「向いていないタイプ」が存在することもまた事実としてあります。今回は、社会福祉士の仕事に向いていない方の特徴をいくつか紹介した上で、乗り越え方も併せてお伝えしていきたいと思います。社会福祉士の仕事とはどんな内容

ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法。

ウェディングプランナーの悩みについてここでお教えしちゃいます。特に女性にとっては、ウェディングプランナーは人気の職業の一つであり、結婚式に立ち会うことができ、多くの感動も味わうことのできる職業ですが、その反面、悩みを持った方も沢山います。この記事では、そんなウェディングプランナーの大変なことについて、実際の経験を基にご紹介します。ウェディングプランナーに向いてない人、向いている人、ご自身はどっちなのかをご参照いただけたらと思います。ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法とは?一見華やかでおしゃれなイメージがあるウェディングプランナーですが、その裏側にはどのような悩みがあるので

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士に向いてない人の特徴をここで詳しくご紹介させていただきます。そもそも管理栄養士になるためには何が必要だと思いますか?何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!栄養士に向いていない人に該当してしまった方も、乗り越え方を知って、諦めずに頑張ってみてください。管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献

歯科衛生士の仕事の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

歯科衛生士の休日事情が気になる方も多いのではないでしょうか。歯科衛生士は、働き方によってシフトや休日の組み方が異なります。働く上で、休日が多いのか、連休が取りやすいのかどうかはとても気になるところですよね。今回は、雇用形態別に歯科衛生士の休日事情についてご紹介します。有給休暇の取り方や歯科衛生士の勤務時間についてぜひ参考にしてみてください。歯科衛生士の休みは多いの?歯科衛生士の休みは、正社員や派遣社員では月8日程度のところが多く、アルバイトでは比較的自由に休みの日数を決められます。では、具体的に勤務形態別に紹介していきます。正社員正社員は基本的には休診日に加えて1日休みがある場合が多いです。働

歯科衛生士の悩みで多い6個のこととその解決法。

歯科衛生士の悩みで多いのは、何だと思いますか?現役の方は、今回ご紹介させていただく「悩み」に共感される方も多いのではないでしょうか。人により様々な悩みがあると思いますが、今回は歯科衛生士の仕事をする上で、技術的なことを中心に様々な悩みをご紹介いたします。更に解決法もお教えしますので、悩みを解決させたい歯科衛生士さんは必見です。歯科衛生士の悩みで多い6個のこと歯科衛生士の悩みについて、基本技術的なことを6個ご案内します。歯科医師のアシスタントが上手くできない歯科医師のアシスタントは、上手くできないと先生に注意されることが多いですよね。怒られるとガックリきますし、自信を失くしてしまいます。上手なア

助産師の仕事がブラックな仕事だな…と感じた3個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個の理由。

助産師がブラックな職業と感じてしまう理由って何だと思いますか?就職する前は応募した会社がブラックだなんてわかりませんし、そもそもストレスのない職業なんてありません。そんな中でも医療業界、特に助産師は厳しい職業だと言われています。今回は助産師が楽しくない原因についてお話ししていきたいと思います。また、助産師の現実を知った上で、それでも感じられるやりがいについてもご紹介させていただきます。経験者が紹介!助産師がブラックだと感じた3個の瞬間とは?助産師がブラックだと感じる瞬間は結構多いですよ。改めて考えてみると、助産師ってどの職業よりもとっさの対応が求められるんですよね。インターンや新卒者であれば理

社会福祉士はブラック?そう感じた2個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個のこと。

社会福祉士はブラックな職業なのでしょうか?どういう職業であれ、業務が自分に合わない、キツいと感じるとブラックだと思ってしまう人はいらっしゃると思います。ここでは「社会福祉士はやめたほうがいい」と言われてしまうようなブラックな仕事だと感じる原因について、経験者が解説します。そこに加え、それでも社会福祉士を続けられるやりがいについても併せてお伝えします。ぜひ最後までご覧ください。経験者が紹介!社会福祉士がブラックと感じた2個の瞬間とは?経験者だからこそ感じる、社会福祉士がブラックな職業と感じてしまった点をお伝えします。これからお伝えする内容はあくまで個人の主観的部分に当てはまるところなので、ご了承

農業は楽しいばかりじゃない。農業を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

農業辞めたいそう感じた時の乗り越え方をこの記事ではご紹介させていただきます。皆さんは農業に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。どんな仕事にも辞めたいと思う瞬間が一度や二度があるのではないでしょうか。ここでは農家の方が農業をやりたくない理由についてや、その乗り越え方を詳しくお話しさせていただきます。また、徐々に農家を辞める方向に向かいたい方が知っておくべき情報も紹介していきます!農業を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?正直にいうと、農業は辞めたくなる瞬間が多いのかもしれません。特に自然に振り回されることが多いので、気持ちの行き場がありません。しかし辞めたいと思う瞬間が多い分、人

薬剤師を辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

薬剤師を辞めたい原因についてお話していこうと思います。ハローワークなどの求人に掲載されている給料や時給は高い方なので人気のある職業なはずの薬剤師。だからといってお金がたくさんもらえることだけが良い事とは限りません。多くの人が憧れる薬剤師にも特有の悩みだってあるんです。今回は、薬剤師を辞めて違う仕事に就こうかとお悩みの方に向けて、薬剤師を辞めたいと思う理由や乗り越え方、辞めた後のおすすめな仕事を紹介します。薬剤師を辞めたいと感じた4個の理由と乗り越え方とは?薬剤師として働き出して順風満帆だったかと言われるととても答えにくいというのが正直な意見でしょうか。大学を出て働き出すときは、夢と希望に溢れて

社会福祉士の仕事がつらい…と感じる3つの瞬間とその乗り越え方

社会福祉士はつらいって本当?福祉仕事は辛いというイメージが強く、社会福祉士の仕事はきついのでは?そう感じている方がたくさんいらっしゃるかと思います。実際はどのような点なのでしょう?資格を取ったら、いよいよ社会福祉士としての勤務が始まりますよね。今回は、この職業で頑張っていきたい方が知っておくべき社会福祉士の大変さや、その乗り換え方を紹介します!社会福祉士の仕事って大変なの??社会福祉士は病気や障害など、何らかの理由で困難を抱えている方の支援を行うのが仕事です。同じ病気だったとしても生活背景や家族構成などによって、本人のニーズは異なってくるので、一人ひとりに合ったオーダーメイドの支援を考えなけれ

歯科衛生士の仕事での人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も併せて解説します

歯科衛生士で人間関係にお悩みの方は必見です!「歯科衛生士を辞めたい」と感じることの一つに、職場での人間関係があります。どこの会社でも人間関係の問題はあると思いますが、歯科医院は特に狭い空間で来院した方や同僚とコミュニケーションを取るため、歯科衛生士のストレスは主に人との間に生まれるものが多いのです!今回は、そんな歯科衛生士が辛いと感じる人間関係についてお話します。また、そんな状況でもやっていける歯科衛生士という職業のメリットもお伝えできればと思います。歯科衛生士のおおまかな仕事内容とは?歯科衛生士とは、簡単に言うと歯科医院の看護師です。主に予防歯科を行っています。プラークと呼ばれる細菌の塊が石

社会福祉士の悩みで多い5個のこととその解決法。

人の悩みを聞くことが仕事の社会福祉士は、とてもストレスを感じやすい職種と言われています。人の役に立ちたい!と高い志を抱いて社会福祉士を目指したものの、理想と現実のギャップに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?人の相談に乗るばかりで、自分が悩みを抱えてしまっては本末転倒です。世の社会福祉士はどのようなことに悩み、どう解決しているのでしょうか?社会福祉士に多い悩みとその解消法をまとめてみました。社会福祉士の悩みで多い5個のこととは?まずは、社会福祉士がどんな悩みを抱えやすいのかを見てみましょう。孤独を感じやすい社会福祉士は施設や病院に何人もいるわけではなく、1人で業務をこなすケースも少なくあり